2017年3月9日(15号)
第4部 第148話「常日頃」 (1127回)

 現代によみがえった宮本武蔵は警官二人を斬殺し、姿を消した。
 人斬りしかできない宮本武蔵をどうするのか。
 武蔵の凶刃から現代人を守護(まも)るには、どうすればいいのだろう。
 そして、武蔵にこれ以上の罪を犯させないにはどうすれば良いのか?

 というワケで、武蔵を倒せば単純にハッピーエンドとは行かなくなった。
 みんなを守護(まも)り、武蔵をも守護(まも)る。
 難易度の高いミッションだ。
 これを達成できるのは、主人公・範馬刃牙しかいないッ!
 と、いうワケで久しぶりに刃牙の登場です。

 場所は神心会の道場だ。
 館長・愚地独歩が「針金切り」の妙技を見せている。
 見守るのは独歩の養子で隻腕空手の愚地克巳と、われらが範馬刃牙だ。
 克巳の腹心・寺田と思われる男が指でつまんだ針金を手刀で切ろうというのだ。

 簡単にまがる針金を、切る!
 宙にうく紙を切るような難しい試割りだ。
 克巳が言うには、独歩のオリジナルらしい。
 音速の打撃を身につけている克巳にもできそうな気がするんだけど、スピード以外にも必要なモノがあるのかも。

 独歩の手刀が一閃し、みごとに針金を切った!
 が、ちょっとバリがでているので本調子じゃないらしい。
 本調子ならどれだけ切れるんだか。

 独歩はかつて、最凶死刑囚ドリアンの使用(つか)うアラミド繊維を手刀で切っている。(バキ6巻 52話)
 アレが絶好調の切れ味なんだろうか。
 とにかく武神・愚地独歩は復活しつつある。
 武蔵に負けて引きこもりたいと言っていたが、それは強くなるための引きこもりだ。

 そういえば本部自慢のアラミド繊維上着は、ジャックの歯を通さなかった。(11巻 95話
 でも、武蔵の愛刀・金重はアラミド繊維をあっさり断つ。(15巻 132話
 そう考えると、独歩の手刀はジャックの噛みつきを凌駕し、武蔵の刃より劣るぐらいの威力だろうか。
 やっぱり、本部は武器を使用(つか)っても独歩を一分で殺すのムリじゃね?

 現状の強さを確認した刃牙、独歩、克巳たちは車座になり、vs武蔵会議をはじめる。
 警官二人を殺した武蔵は、危険な状態だ。
 というか、本当に二人は死んだのか。
 武蔵のエア斬撃で死んだと思いこんでいた可能性もチョットだけあった。
 岩間隊長が「そうです。あの時、首を刎ねとばされました」とインタビューに答えているんじゃないかと、ちょっとだけ期待していたんだよな。

「ケーサツってな基本「強く」あるべきもんだが」
「イチバン強ぇえケーサツってのがそれだ」
「仇討ちを決意(ちか)ったケーサツよ」


 警官殺しに対する警察官の怒りは強い。
 だが、相手は剣豪・宮本武蔵だ。
 たとえ武蔵を射殺できたとしても、反撃で多数の死者が出るだろう。
 むしろ、やっぱり射殺をためらい、警官の殉職者ばっかり増えるかも。

 この最悪の結末を止めることができるのか?
 独歩が決意をかためる。脱・引きこもりだッ!
 克巳が笑みを浮かべた。
 神心会の二大巨頭がついに動くか?

 だが、遅いッ!
 帰り道の刃牙はそう考える。
 刃牙はとっくに守護(まも)る気でいた。
 行動はしていなかったけど、やる気だけはバッチリな刃牙である。

 武蔵と言う武人を相手にするとき、常日頃の自分でないとダメだ。
 戦う三日前に爪を切るのがベストとか、試合のための特訓とか、良くない。
 不自然主義だった刃牙が急に考えをかえたようだ。

 世界最高峰のエベレストにのぼるなら、非日常的な準備が必要である。
 だから、非日常的な特訓をする。
 刃牙はそういうスタイルだったハズだ。
 思いきって非日常を日常にしちゃったんだろうか?

 前回のタイトルが「非日常(ファンタジー)」で今回が「常日頃(つねひごろ)」だ。
 非日常(ファンタジー)の存在である武蔵に対して、刃牙は常日頃で行く。
 う~ん。大丈夫なんだろうか?
 普段から勉強しておけばテスト前に改めてする必要ない主義だけど、刃牙らしくないような。
 刃牙の事だから「普段から勉強しないし、テスト前でもしない」と、なりそう。

 とにかく、すでに刃牙は決意をかためていた。
 ついに最終決戦、刃牙vs武蔵が始まるのか!?
 いや、気持ちの上ではもう開始(はじ)まっているぞ!
 次回につづく。


 とっくの昔に、ヤる気だ!
 本部の見舞いに行ったときから、刃牙の中で戦いが始まっていたのだろうか?(15巻 134話
 やはり、本部がカギか。
 本部は刃牙の ヤる気スイッチを入れるために戦い、重傷を負ったのかも。

 備えると言っているようでは遅い。
 と言うのが刃牙の主張だが、やっぱり武蔵対策が必要だ。
 正確には武蔵の刀への対策である。
 具足とアラミド繊維で身をかためた本部でさえ、斬られまくった。

 武蔵と戦うには、日本刀で対抗するしかないんだろうか?
 本部に頼んでアラミド繊維シリーズの新アイテムを用意するのも吉だ。

 ところで、今週の刃牙は首にマフラーらしきものを巻いている。
 上が半袖のシャツ1枚っぽいのに首にはマフラーだ。
 寒さ対策がおかしなことになっているぞ。
 マフラーするぐらいなら、上着を着ろッ!

 が、もしかしたら、これが日常的に身につけているアラミド繊維のマフラーなのかも。
 これを腕に巻けば防刃効果が期待できそうだ。
 ジャック兄さんに噛まれても、マフラーを間にはさめば楽勝で逆転できる。
 範馬刃牙マフラースタイルこそが、vs武蔵の秘密兵器なのかも。

 いっぽうの神心会側には秘策があるのだろうか?
 刃牙に、いまごろ備えるんじゃ おそい。とダメ出しされている。
 でも、独歩は針金切りで仕上がり具合を確認していた。
 ちゃんと備えているようですよ。

 なら、克巳はどんな備えをしているのか?
 今回は特に動かなかったので、パワーアップしているかどうか不明だ。
 ただ、パッと見の印象が、なんか、太った?
 なんとなく全体的に丸くなったような……
 稀勢の里が横綱になったことに影響を受けて、体形改善とかしたんだろうか?


週刊少年チャンピオン2017年15号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2017年15号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 15 (少年チャンピオン・コミックス) 刃牙道15巻が発売された!
宮本武蔵vs本部以蔵の変態バトルが始まった!
本部はどこまで守護ることができるのか!?
15巻は126話から134話までッ!

新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編 (FUTABA NOVELS) 『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』で、ついに松尾象山と磯村露風の出会いが語られる。
丹波文七も、梶原も、そして姫川も動きだす。
この風呂敷は、どこまで広がるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編」感想

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。