2017年3月16日(16号)
第4部 第149話「英雄」 (1128回)

 現代によみがえった宮本武蔵が警察官を2人斬殺した。
 もはや武蔵の命運は決まっただろう。
 どれだけ抵抗しても最終的に数で圧殺される。
 なにしろ、現代よりも人口が少なく装備も貧弱な戦国時代でさえ、武蔵は腕力による天下統一を果たせなかったのだから。

 阿部総理は警視総監・内海旬三から、武蔵マジやばいっすと報告を受けている。
 いまごろかよッ!
 路上で警察官数名を撃破したあたりで気がついて欲しかった。(4巻 35話
 お役所仕事のことなかれ主義かよ。

 内海は武蔵が切った強化アクリルの楯を持参した。
 強化アクリルかよ! 防弾能力が無いだとッ!
 機動隊の盾は防弾能力もあるポリカーボネート製なのだが、わざわざ弱い盾を用意したらしい。
 これが日本の思いやり・おもてなしの精神である。
 相手を立てるため、あえて弱い装備を使用したのだろう。

 ポリカーボネートは樹脂の中では最強クラスに丈夫で透明性・吸湿性に優れるためCDやDVDに使われている。
 アクリルは透明性と成形性で勝っているが、吸湿性に劣るためCDの樹脂に採用されなかった。
 性能面の利点からLDに採用されたが、吸湿性の問題で腐食によりLDの寿命短い説の根拠となっている。
 CDを大量に重ねて体に巻いておくと簡易防弾チョッキなるという小ネタになりそうだが、実際に試すのは勇気いるだろうな。

 ここで阿部総理はあることを思いだす。
 徳川のジジイがやってた武蔵クローン復活計画だ!(1巻 4話
 いまごろかよッッ!(本日2回目)

 わりと衝撃的なイベントだったはずだが、阿部総理は今まで忘れていたらしい。
 政治家にとって記憶を失う能力は、ときに法律知識よりも有効になる。
 つまり、阿部総理は優秀な政治家なのだ。
 自称・宮本武蔵については、まったく記憶にございません。

 内海は火器の使用許可をもらいに来たらしい。
 いまごろかよッッッ!(本日3回目)
 というか、警部補の大塚平兵衛がすでに発砲しているんだけど、アレは良かったのか?(143話
 拳銃ではなく、もっと大型な火器の使用許可をもらいにきたのかも。

 だが、阿部総理はアレが本物の宮本武蔵と知っている。
 許可をもらいに来たことで、逆に許可がおりない予感がする。
 と、思ったら阿部総理は一気に武装解除をしまくるのだった。
 なんか、予想外の反応が来たぞ!

 人間のクローンと言う厄介な問題を闇にほうむるため、確実に攻める気か?
 阿部総理の思惑はワカらない。
 早くも徳川さんが禁忌の人間クローン体を作っていたことを忘れたのだろうか?
 徳川さんとは会った記憶がありません。

 国家の治安を守る警察が、個人の戦闘力に後れをとってはならない。
 武蔵を英雄としないため、最大兵力を使用許可がおりたッ!

『対特殊兵器装甲車両』

『特殊戦術急襲部隊STAT(Special tactical assult team)』


 本気のラインナップが来たッ!
 日本のどこで使うんだよ、って感じのゴツイ装甲車だ。
 で、中には機関銃をもったSWATならぬSTATが乗っている。
 どっちにしても特殊部隊ですね。
 今度こそ射殺する覚悟で出動だ。

 二機のヘリコプターに、多数の装甲車が武蔵を囲む。
 さっそく見つかったらしい。
 常識で考えるなら、もう武蔵の死は確実だ。
 遠距離から一方的に銃弾を浴びせるだけで勝てる!

 でも、例によって警察が優しさやプライドで、殺さないよう気づかって近づき反撃させることもあるだろう。
 武蔵が生きのびるには、そのへんのスキをつくしかなさそうだ。

 大塚に拳銃で撃たれたとき、武蔵は瞬間移動のような動きをしていた。(143話
 遠距離からの射撃も同じようによけられるのだろうか?
 たぶん武蔵は殺気のようなものを感じて動いている。
 殺気も距離があるとあまり感じ取れないようなきがするけど、どうだろう。

 さらに多数の銃器による攻撃をされたらマズい。
 100人が100発の銃弾を撃ちこんだら、さすがによけられないだろう。
 刀で防御するのも難しそうだ。
 これは、詰んだ状況かも。

 武蔵の命運はまさに尽きようとしている。
 そして、攻める警察側も不用意に近づいて被害がでるだろう。
 警察官と武蔵の両方を守護(まも)るには、常識を破壊するような奇策が必要だ。
 いまこそ主人公・範馬刃牙の出番だぞッ!
 と思うんですけど、いかがでしょうか。
 次回につづく。


 総理がなにも手を打っていないどころか、武蔵のことを忘れていた!
 道理で警察の対応がお粗末なワケだ。
 スカイツリーから帰る総理に、徳川さんが記憶消去の処置をしていたりして。
 でも、これで警察も本気で動けるというワケだ。

 あと、最近は徳川さんも動きが見えない。
 武蔵が言うこと聞かないので、怒って見放しているのだろうか?
 裏から手をまわして総理に圧力をかければ、武蔵への対応が今よりさらに優しくなったのかも。

 独歩たち神心会関係者は警察にも顔がきくので、この状況も知っていそうだ。
 前回の流れからすると、刃牙にも情報が行っていると思いたい。
 だが、刃牙はみんなを守護ることができるのか?

 刀を持った武蔵と、銃を構える警察隊、その間に飛びこむのは大変だ。
 なんかインパクトのある動きで双方の度肝を抜かないと話にならない。

 敬愛する父にならってヒョウ柄のパンツ一丁で飛び入り参加するのはどうだろう。(16巻 135話
 予想外の珍客に、武蔵も警官も動きが止まるハズだ。
 思いきってパンツをずらし、ハミ出させるのも良いだろう。(16巻 137話
 でも、武蔵なら逆に冷静になって、ハミ出ているところを斬られてしまうかも。
 やっぱり、あまり武蔵には近づかないほうが良さそうだ。

週刊少年チャンピオン2017年16号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2017年16号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(16): 少年チャンピオン・コミックス 刃牙道16巻が発売される!
日本で武蔵が活躍しているころ、米国では大統領選が決着していたッ!
そうなったら、とうぜんアレですよ!
とにかく服を着ようや。
16巻は135話からッ!

新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編 (FUTABA NOVELS) 『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』で、ついに松尾象山と磯村露風の出会いが語られる。
丹波文七も、梶原も、そして姫川も動きだす。
この風呂敷は、どこまで広がるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編」感想

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。