2017年10月5日(45号)
第4部 第176話「屠り去る」 (1155回)

 範馬刃牙が武蔵を殺す宣言だ!<BR>  もっとも現在の刃牙は信用度ゼロなんで、発言の信頼性もゼロをかけるぐらいに考えていた方が良い。
 むしろマイナスでないだけマシだ。
 刃牙の殺害宣言をきかされた鎬昂昇は、意外な言葉に驚くのだった。

「なんか………」
「刃牙さんらしくない言葉だ」

「あまり言ったことないかもね」


 幼年編の最初は刃牙もイキがっていた。
 だが、夜叉猿の死闘を超えたあとで強者としての自信と自負が生まれたのか、性格が穏やかになる。
 強者の余裕だろうが、刃牙は殺す発言をほとんどしていない。

 梢江を拉致したシコルスキーに対しても「パンツはくな」ぐらいだったし。(バキ11巻 96話
 でも、パンツぐらいは広い心ではかせてあげても良かったと思う。
 バキがアニメ化するんですけど、このシーンまでやってくれるのだろうか?
 放送じゃシコルスキーの股間が黒塗りにされるか、光るかだよな。
 やはり、パンツの使用も認めて欲しかった。

 刃牙は母・江珠を父・勇次郎に殺されている。
 だからこそ、殺すという言葉を重くとらえているのだろう。
 最大トーナメント時に出た刃牙増刊号のオマケで、刃牙は「勇次郎を殺す」と江珠の墓に誓っていた。
 コミックスには未収録ですが、私がおぼえている刃牙の殺す発言って それぐらいだろうか。

 鎬は独歩から、あの宮本武蔵がホンモノの実力を持っていると聞いている。
 その武蔵を殺すというのか。
 って、倫理問題じゃなくて実行可能かどうかを問題にしているのかよ!
 人を殺すことの善悪・正邪とかの倫理問題にまるで触れない。

 鎬昂昇も武術家だ。
 万が一の事態が起きた時は、殺人も辞さない覚悟をもっているのだろう。
 とりあえず牛殺しは達成しているしな。
 兄の紅葉がけっこうアレなことをしているんで、倫理については触れたくないのかも。

 宮本武蔵を倒す、ではなく殺す。
 昂昇はそれができるのか疑っているようだ。
 でも、殺すより、倒す・負けさせるほうが難しい。

 武器などを使えば子供でも人を殺すことができる。
 だが、敗北感を与えて倒すのは大人でも難しい。
 最凶死刑囚たちに敗北を認めさせるのが大変だった。
 殺してイイのなら、そっちのほうがずっと楽だ。
 だからこそ、相手を打ち負かすことは讃えられるのだろう。

「そう」「殺す」「葬る」
「屠り去る」

「いちゃいけないんだ あの人は」


 刃牙は念入りに殺害宣言をくりかえす。
 言えば言うほどウソっぽく聞こえるんですけど、どうでしょうか。
 殺すだけなら本部にもできた。
 武蔵が気絶したときに、刺せばやれただろう。実際は、やらなかったけど。
 刃牙は相手の心を折るという困難な挑戦よりも、殺すという安易な道を選んだのか。

 言うだけ言った刃牙は昂昇に礼をして帰る。
 昂昇と弟子は言葉もない。
 リアクションのとりにくい発言を置いていかれちゃったな。
 刃牙さん、本当にナニしにきたんだろう。

 今の刃牙は武蔵に勝てない。
 なので時間を稼ぐため、あちこち移動しているのだろう。
 次はどこだ?
 思いきってオリバとかどうか。米国だ! 遠いぞッ!


 もう一人の当事者である武蔵はマンホールから東京の地下におりていた。
 前にペイン博士が言っていたように下水道は野生動物の天国となっている。(12巻 100話
 武蔵はさっそくハブをつかまえて、食べちゃう。
 生で喰うのかよ!

 ヘビの頭を落として、肉をかみ皮をはがす。
 幼年編でレンジャー訓練中の自衛官も同じ食べかたをしていた。(G刃牙11巻 92話)
 これが自衛隊での基本的なヘビの食べかたなんだろうか。

 しかし、下水道で生きているヘビって、ナニを喰っているんだろう。
 あと、野生動物は寄生虫の心配もある。
 そんなヘビを内臓取って洗ったりせずに生で食う。
 潔癖症な現代人から見ると、戦国の人はほとんど野生動物だな。

 そんな野性味あふれる武蔵が会いにきたのは、原人ピクルであった。
 下水に生息する動物を食料にしてピクルは生活している。
 昔は襲ってくる相手しか食べないという厄介な性癖を持っていたが、命ある限り喰らうという生物の本能に戻ったようだ。
 武蔵に斬られた傷跡が痛々しい。

 武蔵はわざわざピクルに会いにきた。
 花山を斬りきれなかったことで、武蔵に不満が残ったのだろうか?
 やりのこした仕事を完遂させるため、ピクルを斬るつもりかも。
 ちゃんと二本差ししているので、武蔵はやる気だ。
 ピクルは生き残れるのか?
 次回につづく。


 刃牙が試合から逃げるのは予想の範囲内だ。
 しかし、この期に及んで武蔵まで寄り道をするとは。
 徳川さんが試合を組んだようだが、こりゃ開始(はじ)まるのに時間がかかるぞ。
 はたして年内に間に合うのか。

 武蔵がピクルと会う理由は、やっぱり"斬る"だろうな。
 まさか酒を飲むためにやって来たワケじゃなかろう。
 武蔵は手ぶらだし。
 本部みたいに、どこからともなく酒ビンを取りだしたりする可能性もあるが。

 酒は無いとして、ピクルは無事に武蔵から逃げきることができるのかが気になる。
 ピクルが本気で逃げれば、たぶん誰も追いつけない。
 武蔵がマキビシとかで罠を仕掛けていなければ逃げきれる。
 逆に言えば、武蔵がどれぐらい本気を出しているかでピクルの命運が決まるな。

 みんなの守護天使・本部以蔵はまだ入院中だ。
 ピクルを たすけてくれる人はいない。
 ここをどう切り抜けるかが、野生の強さの見せどころだ。

 ただ、武蔵はさっき食べたヘビが気になる。
 生息環境と生食のダブルパンチは怖いぞ。
 四つ足ならテーブル以外なんでも食うと言われる中国人だって、野生動物を捕まえたら数日間残飯などを食わせて毒抜きをしてから食う。(日本にとって中国とは何か
 宮本武蔵、今日の敗因は食あたりかもしれない。


週刊少年チャンピオン2017年45号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2017年45号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(18): 少年チャンピオン・コミックス 刃牙道18巻が発売だ!
武蔵の警官殺しが止まらない!
そして、対武蔵としての切り札が投入される。
18巻は153話から161話までッ!

新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編 (FUTABA NOVELS) 『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』で、ついに松尾象山と磯村露風の出会いが語られる。
丹波文七も、梶原も、そして姫川も動きだす。
この風呂敷は、どこまで広がるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編」感想

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。