2018年3月8日(15号)
第4部 第194話「送る」 (1173回)

 クローン技術と降霊術で現代によみがえった宮本武蔵を除霊したッ!
 って、除霊しちゃうの!?
 格闘士なら拳で決着でしょ!?
 あまりに衝撃的な展開に夢オチを疑うことすら忘れてしまった。

 宮本武蔵が昇天したという情報は東京ドームの外にも伝わる。
 警視正・日野豊一と警視・馬渕尚ひきいる機動隊1000人は、ふり上げた拳のやり場に困っている状態だ。
 死刑囚たちが暴れていたころの警視正は園田盛男だったが、いつの間にか変わったらしい。
 『バキ』がアニメ化するんですが、そっちでも園田警視正が居なくなっていなきゃ良いんだけど。

 武蔵討伐隊を100人から1000人に増やしても犠牲者が増えるだけのような。
 それとも死者多数の大参事を起こすことが目的だったりして。
 どちらにしても警察官1000人は命拾いした。
 人命を救ったという点で、刃牙の行為は善行だったと言えるのかも。

 いっぽう、刃牙たちは魂のぬけた武蔵の肉体を囲んで反省会だ。
 宮本武蔵を現代によみがえらせる。
 それはキングコングのような怪物を街にときはなつような行為だ。
 なにが起きるかは、容易に想像できる。
 だが、好奇心に勝てず、やってしまった。
 徳川寒子はそう語る。

「万死に価する 所行じゃ………………」

 そして、徳川光成も同様の戦犯だと寒子は責める。
 徳川さんも汗を浮かせて恐縮しているようだ。
 でも、烈の時みたいに翌日には もう反省も忘れてるのだろう。8巻 67話
 けっして楽しむことを諦めない、それが徳川光成なのだッ!
 良く言えば、スゴい前向きですね。

 刃牙もまた反省している。
 宮本武蔵と言う破壊者の強さ残虐性を確認したくなり、戦いを挑んだ。
 そういわれると、武蔵を修羅道に追いこんだのは刃牙たち戦士だったのかもしれない。
 最大戦犯は徳川光成で間違いないんですけど。

 武蔵に対し戦いを挑むのではなく、現代の料理などでもてなしていたら、死体の山は作られなかっただろう。
 肥満体の男がひとり完成したかもしれないが。
 そうかんがえると、武蔵に対しもっとも平和的に接したのは範馬勇次郎だったのかも。(10巻 89話

 そして、武蔵の抜け殻を敬意をもって見送る。
 遺体(?)を運ぶのは範馬刃牙(左前)、愚地独歩(右前)、渋川剛気(左後)、ジャック・ハンマー(右後)だ。
 えっ、ジャック兄さんにも作業をさせるのか?
 本部との戦いで足首が半分斬れるほどの重傷だったのに。
 というか、すでに杖もついていないので治ったようだ。
 恐るべし範馬の回復力と言ったところだろうか。

 しかしバランスの悪い人選だ。
 身長のバランスが悪い。バランスの良い山本選手が見たら怒るぜ。
 刃牙168cm、独歩178cm、渋川155cm、ジャック243cmだ。
 渋川さんとジャックでは1m近い身長差がある。
 これで担架の四隅をもって歩くと高低差が大きくてガタガタだぞ。

 貴人の乗り物に輿駕籠がある。
 戦国武将もケガや病気で馬に乗れないときは輿や駕籠をつかう。
 これらも人がかついで運ぶのですが、安定を良くするため同じぐらいの身長の人間を集めるそうだ。
 武蔵は死んでいるから、乗り心地とか関係ないという合理性だろうか。

 単純に強そうな人間か、武蔵と縁があった人間を選んだのかもしれない。
 でも、そうなると、やっぱりジャック兄さんがハズレだ。
 最近は負けてばっかりで弱体化が心配されるし、武蔵に近づいたことも無いよね。
 ジャック兄さんだけ、なんか罰ゲームっぽい。

 愚地克巳、鎬昂昇、鎬紅葉、オリバ、柴千春、寂海王、郭海皇たちが見守る中で、武蔵の肉体は退場していく。
 そして救急車にのり、向かうは634mの塔・スカイツリーだッ!
 って、まだ何かやんのかッ!?
 もう、生命をオモチャにするのやめましょうよ。

 スカイツリー地下には武蔵クローンを作った施設があります。
 武蔵の抜け殻をそこに運んで、ナニをする。
 宮本武蔵の戦闘情報を抜き出すのか?
 それとも、武蔵2号を作って、同じ過ちを繰り返すのかも。
 徳川光成の辞書にッ、"反省"なんて言葉は無いッ!

 始まりのスカイツリー地下は終焉の地になるのか?
 それとも、ここで新たな始まりとなるのかも。
 武蔵編もそろそろ決着か?
 次回へ、つづく。


 園田警視正が退場していたのは、ともかくとして武蔵も本格退場だ。
 武蔵ほどの闘争本能があれば、ぬけた魂が自力で戻ってくることもあるんじゃないかと期待していたんですがね。
 あとは肉体をどう処分するのかが最後の課題か。

 今回は武蔵の魂と肉体をもてあそんで、無用の危機をまねいたと大反省会だ。
 いろいろあったけど、とにかく徳川さんが悪い。
 これで改心するような人じゃないと知っていますが、せめて今夜は大人しくしていて欲しいところだ。

 しかし、警察も成仏しましたで良いのだろうか?
 報告書に「色々あって魂がぬけたようです」って書くんですかね。
 お堅い役所で許される内容なのか?
 とりあえず警察には死んだと思わせることができたようだ。
 これも大いなる偽装の一部なのだろうか?

 徳川さんが、宮本武蔵というオモチャをあっさり手放すとは思えない。
 また、世間に迷惑な計画をたてていそうだ。
 実はのう、おぬしの祖父・範馬勇一郎のクローンもこっそり作っとったんじゃ!
 ぐらいは言いだしそう。


週刊少年チャンピオン2018年15号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2018年15号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 20 (少年チャンピオン・コミックス) 刃牙道20巻が発売だ!
花山薫vs宮本武蔵も決着し、ついに範馬刃牙が動く。
刃牙vs武蔵に向けて圧力が高まる!
20巻は171話から179話までッ!

刃牙道(19): 少年チャンピオン・コミックス 刃牙道19巻が発売だ!
花山薫vs宮本武蔵もクライマックスを迎える!
武蔵の凶刃に花山の肉体は耐えられるのか!?。
19巻は162話から170話までッ!