2019年8月22日(38号)
第5部 第37話「横綱の他流試合」(1214回)

 大相撲の現役力士たちが地下闘技場に参戦する!
 参加するのは横綱・零鵬、小結・炎、関脇・獅子丸、前頭筆頭・鯱鉾、大関・巨鯨、関脇・猛剣の六名だ!
 はたして彼ら力人(ちからびと)の実力やいかに。
 やはりここは加藤あたりを試し割りしてもらって実力アピールが欲しいかも。

 東京ドーム地下に、その場所はある!
 武器の使用以外はすべて認められる格闘の聖地・地下闘技場だ!
 その地下闘技場に力士たちが入場する。
 案内するのは悪魔の興行師・徳川光成だ。
 本番前の施設見学のようですね。

 相撲協会理事長・嵐川将平とともに六人の力士が入場する。
 さすが実戦でバチバチやっているツワモノだ。誰ひとり汗をかいていない。
 あ、嵐川理事長は汗を流しているな。
 やはり現役から遠ざかると、弱くなるのか。

 横綱・零鵬は闘技場の砂をすくい、爪や歯が混じっている事を知る。
 力士だから、地面のコンディションを気にしているのだろうか。
 余裕ある態度だが、ナメている訳じゃない。
 いつもの場所と同じように、戦うだけという心構えか。

 そこへ金髪とヒゲの男が入ってくる。
 白虎(西)の方角、岩浪混沌(カオス)の入場だ!
 総合格闘技で国内無敗の男である。

 あ、うん。こりゃ、わかりやすい瓦が来たな。
 もう割られる前提と言うか、割られ方までイメージできる。
 打撃が通じず、テイクダウン取れず、地面に叩きつけられて終わりそうだ。

 だが、この男の混沌(カオス)というキラキラネームが気になる。
 普通の選手に見えて、じつは変なものを秘めていたりして。
 本名ではなくリングネームかもしれない。
 でも、リングネームならリングネームで、彼の人柄がしのばれる。

「こ、この試合、どーなっとんじゃ!?」
「ふふ……。彼の試合はいつもこう……。荒れるんですよ。混沌(カオス)だけに!
 みたいな会話が後で出てくるかもしれない。

 混沌は力士たちの実力をはかり、なんでもありの地下ルールを体感させる役割のようだ。
 第二代 野見宿禰の時は地下王者である範馬刃牙が胸を貸したのに、待遇がちがうな。(バキ道3巻 27話
 弱い相手をぶつけて油断させる気なのか?
 徳川光成の邪悪なたくらみが開始(はじ)まっている!?

 さて、岩浪混沌(カオス)と戦う力士は誰か?
 混沌はありがたくて自分からは選べないという。
 嵐川理事長の表情が険しくなる。
 遠慮ているようで、混沌が甘く見ていると感じたのだろう。

「じゃ」
「自分からいきますか」


 横綱・零鵬が名乗りでた!
 関取衆がどよめく。
 嵐川理事長が汗を流す。
 いきなりのメインディッシュですか!

 ちょっと気になるのは、零鵬が「自分から」と言っている点だ。
 本気で叩き潰したら、自分で終わりになる。
 ならば相撲の強さを見せつけて、やさしくギブアップさせる気だろうか?
 サバ折りとかとかで痛めつける狙いかも。

「やっぱそう…」
「こーゆーときの俺って…」
「やっぱ「引き」が強ぇぇ」


 岩浪混沌がカマす!
 ちょっと汗が出たけど、自信たっぷりだ。
 この発言、まさにカオスだな。
 どこまで本気で、どれぐらい実現すると思っているんだろうか。
 引いたのは貧乏くじという気もするぞ。

 天下の横綱相手に自分の技を決める!
 混沌は勝つ気でいるようだが、実際にはどう転ぶのか?
 とにかく、観客のいない地下闘技場で横綱・零鵬 vs 岩浪混沌が始まる!

 二人は立ったまま試合開始だ。
 相撲スタイルの立ち合いではない。
 零鵬が本気なら、いきなりブチカマシをかけるところだ。
 つまり、零鵬は岩浪混沌を脅威と見ていない。
 自信のある二人だが、どちらが正しいのか?

 零鵬は動かず、混沌が歩いて距離を詰める。
 相撲にはブチカマシがあるから、充分に零鵬の間合いだ。
 零鵬はあえて、混沌の出かたを待つ気か?

 岩浪混沌が軽く飛んで、回転する。
 奇襲の左バックハンドブローが零鵬の頭に当たった!
 回転バックハンドブローは奇襲の大技だ。
 いきなり使ってくるとはバクチ打ちだな。
 まさにカオスな男だ。

 相撲は正面からぶつかって押し出したり、倒したりする。
 なので、こういう一度背を向ける技は経験が無いだろう。
 さらに横からの衝撃も相撲では珍しいハズだ。
 不意打ちのバックハンドブローは意外と効いているかもしれない。

 だが、受けるのは横綱・零鵬だ。
 この打撃は効いているのか、いないのか?
 次回につづく。
 あ、次号は休載ですか。
 また休載かよ!?


 噛ませ犬として岩浪混沌が登場だ。
 加藤あたりが出てきて無残に散るよりはマシか。
 あとは混沌が、どれだけネタを提供してくれるかどうかだ。
 とりあえず、名前でウケはとれたか。

 なんでもアリの場合はリーチの長い蹴りから始まることが多い。
 混沌はいきなりバックハンドブローという奇襲をかけてきた。
 蹴りは苦手なのかも。
 ムエタイを習っていないって事かもしれないな。
 しばらくムエタイを見ていないから、ぜひとも使って欲しかった。

 混沌は総合格闘技なんだから、組み技もイケるだろう。
 いや、相撲取りあいてに組むと、本部みたいな末路が待っているからダメなんだろうけど。

 混沌の実力も得意技も不明だ。
 彼はいかにして敗北するのか。
 決着は思ったより混乱してきたかも。
 まさに混沌(カオス)か。


週刊少年チャンピオン2019年38号
週刊少年チャンピオン2019年38号



------
・おまけ感想
大塚明夫氏+津田健次郎氏トークショー レポート(2019/1/30)
板垣恵介 大相撲ジャーナル インタビュー感想(2019/3/6)
板垣恵介インタビュー in バキ 大解剖 最大トーナメント編(2019/3/13)
板垣恵介インタビュー in バキ 大解剖 激突! 地上最強編(2019/3/27)
那須川天心インタビュー in バキ 大解剖 最大トーナメント編(2019/4/3)
吉岡里帆インタビュー in バキ 大解剖 激突! 地上最強編(2019/4/10)
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)

・小説『餓狼伝』『獅子の門』感想
 新・餓狼伝1感想新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想
 獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想


・おまけ 新刊情報
バキ道(3) バキ道3巻が7月8日に発売だ!
こんどは相撲だ!
金竜山プロヂュースの宿禰が相撲協会へケンカを売る計画が発動する!
そして、戦いの舞台は東京ドーム地下へッ!
3巻は20話から28話までッ!

バキ外伝 疵面8巻 バキ外伝 疵面8巻が発売だ!
オマケエピソードのExtra Blowと54撃から始まる新展開だぞ。
でも、早くも休載なんだな、これが。



新装版 バキ(1): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(2): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ 3 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版 バキ 4 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版バキ 5 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版バキ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(7): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(8): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(9): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(10): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(11): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(12): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(13): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(14): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
新装版バキ15巻 新装版バキ16巻 新装版バキ17巻 新装版バキ18巻
『バキ』のアニメ化にともなって新装版が発売だ!
毎月2巻ずつ発売で、板垣先生描き下ろし新作エピソード収録(13巻以降)だぞ!
12月は17~18巻で完結だ!

新装版バキ13巻 その後のドリアン感想2回目
新装版バキ14巻 その後のスペック感想2回目
新装版バキ15巻 その後のドイル感想2回目
新装版バキ16巻 その後のシコルスキー感想2回目
新装版バキ17巻 その後の柳龍光感想2回目

少年チャンピオンコミックス新刊

AKITA電子祭り 冬の陣 2018-2019 | 秋田書店