2019年9月19日(44号)
第5部 第41話「VS関脇 猛剣」(1218回)

 相撲が地下闘技場に挑む!
 初登場の総合格闘家を順調に力士たちが倒していく。
 そろそろ波乱が起きても良い気がする4人目力士が関脇・猛剣(177センチ 161キロ)だ。
 対するのは総合格闘家ライトヘヴィ級・桑田巧美(184センチ 88キロ)である。
 コイツは、濃厚な獣の……噛ませ犬のニオイがするぜ。

 桑田は力士などデブだとなめていた。
 だが、161キロを目前にして、デブじゃないと認識を変える。
 目の前にしないとワカらなかったのか!
 というか、今までに倒された3人の試合は見ていなかったんだな。
 技巧派といわれる桑田だが、かなりヌケている性格のようだ。

「今宵集めた選手」
「マイナー団体とはいえ」
「いずれも実力という点では折り紙付き」
「世界で通用する強者揃いじゃ」


 いまごろ徳川さんが選手の説明をする。
 それって、最初の岩浪混沌(カオス)を出したときに言うことじゃね?
 みんなガチ勝負ばかりで強いんだけど、客受けが悪いタイプなんだろうか。
 マイナー団体だから、大ケガさせて試合に出られなくしても、あまり文句も言うまい。
 徳川さんなら、そこまで考えていそうだ。

 まさに使いすてるために集められた試し割りの瓦たちである。
 桑田が前の試合を見ていないのは、悲惨な先人たちの姿を見て逃げ出すのを防止するためだろうか?
 だが、彼らとて、ただ割られるために来たワケじゃない。
 寝技は超一流の桑田が奇跡をおこすのか!?

 いっぽうの猛剣は「博士」「匠」と言われる角界きっての相撲マスターらしい。
 これは技巧派対決になるのか?
 猛剣が静かに桑田へ迫っていく。
 桑田が高速のローキックを放つ。
 蹴り足が速すぎて見えない、マッハの蹴りだ!
 特技は寝技じゃなかったのか!?

 さらに桑田がハイキックを放つ!
 また蹴り!? 得意の寝技はどーした!?
 と、思ったらハイキックをフェイントにした片足タックルだ。
 これで倒したら、今度こそ桑田の得意な寝技だぞ!

 だが、力士の足は重かった。
 単純に体重が重い、だけではない。
 地から足が浮くことすら恥とする力士には、持ち上げさせぬ技術がいっぱいあるのだ。
 57キロ級レスリング元世界王者の江藤正基は自衛隊時代の板垣恵介に自分の片足を持たせて倒してみろと言ったが、片足立ちの江藤をまったく動かせなかったという。(格闘士烈伝
 相手の首をコントロールするのがコツらしいが、猛剣も桑田の首を制しているようだ。

 だが、桑田もここで終わらない。
 自分の首にかかる、猛剣の腕をとり、肘関節狙いだ!
 だが、猛剣は腕を押しこみ、肘が極まらない位置に変えた。
 相撲とは思えぬ、関節技の読みあいだ!

 猛剣は、そこから桑田を持ちあげ、桑田の腕を抱えた。
 相手の関節を極めながら投げる小手投げか!?
 寝技じゃないけど、桑田はこの技の危険度を一瞬で感じた。
 大量の冷や汗がふきでる。
 直後に折られた!

 容赦も警告もなく、いきなり折りやがる。
 猛剣は名前通り、猛々しい人なんですね。
 「博士」「匠」という異名だが、本性は荒ぶる力人なのかも。
 桑田巧美は重度の剥離骨折で全治7か月だった。
 やっぱ、休んでも問題ないような人を呼んできたのか?

 相撲陣は今回も危なげなく勝利した。
 今回はパワーをあまり発揮することなく、猛剣が技術で勝つ。
 パワー・スピード・巨漢・技術と相撲の奥深さを見せつける展開だ。
 で、この後に試合をするマイナー団体の選手たちは情報遮断で控室にいるんだろうな。

 のこる力士は関脇・獅子丸と前頭・鯱鉾だ。
 二人は相撲のさらなる奥深さを見せてくれるのだろうか?
 打撃格闘技としての相撲を見せてもらいたいかも。
 次回につづく。


 今回の作者コメントは『相撲を描きながら、今更ながら思う。佐藤タカヒロとバチバチやりたかった…。』だった。
 去年急逝した佐藤タカヒロ先生とチャンピオン誌面で相撲対決の予定だったんだろうな。
 リアル相撲とファンタジー相撲の対決になって、大変なことになったかもしれないけど。

 ただ『バキ道』の野見宿禰や金竜山は、現在の相撲に対して否定的だ。
 いま腕試しをしている横綱・零鵬たちは立派な力士に見えるのだが、それでも不満があるのだろうか?
 現代相撲の闇が見えてくるのは、これからかもしれない。

 『バチバチ』シリーズの主人公といえば、体重が増えずに苦労する鮫島鯉太郎だ。
 6人の力士には、鮫島鯉太郎とおなじ魚編をもつ鯱鉾がいる。
 魚つながりで、なにかスゴいものを持っているかもしれない。
 とりあえず、魚だから足が無いし、足のつかない縁起のいい名前か。


週刊少年チャンピオン2019年44号
週刊少年チャンピオン2019年44号



------
・おまけ感想
大塚明夫氏+津田健次郎氏トークショー レポート(2019/1/30)
板垣恵介 大相撲ジャーナル インタビュー感想(2019/3/6)
板垣恵介インタビュー in バキ 大解剖 最大トーナメント編(2019/3/13)
板垣恵介インタビュー in バキ 大解剖 激突! 地上最強編(2019/3/27)
那須川天心インタビュー in バキ 大解剖 最大トーナメント編(2019/4/3)
吉岡里帆インタビュー in バキ 大解剖 激突! 地上最強編(2019/4/10)
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)
板垣恵介×板垣巴留 親娘 異種格闘対談(2019/9/26)

・小説『餓狼伝』『獅子の門』感想
 新・餓狼伝1感想新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想
 獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想


・おまけ 新刊情報
バキ道(3) バキ道3巻が7月8日に発売だ!
こんどは相撲だ!
金竜山プロヂュースの宿禰が相撲協会へケンカを売る計画が発動する!
そして、戦いの舞台は東京ドーム地下へッ!
3巻は20話から28話までッ!

バキ外伝 疵面8巻 バキ外伝 疵面8巻が発売だ!
オマケエピソードのExtra Blowと54撃から始まる新展開だぞ。
でも、早くも休載なんだな、これが。



新装版 バキ(1): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(2): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ 3 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版 バキ 4 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版バキ 5 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版バキ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(7): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(8): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(9): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(10): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(11): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(12): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(13): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(14): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
新装版バキ15巻 新装版バキ16巻 新装版バキ17巻 新装版バキ18巻
『バキ』のアニメ化にともなって新装版が発売だ!
毎月2巻ずつ発売で、板垣先生描き下ろし新作エピソード収録(13巻以降)だぞ!
12月は17~18巻で完結だ!

新装版バキ13巻 その後のドリアン感想2回目
新装版バキ14巻 その後のスペック感想2回目
新装版バキ15巻 その後のドイル感想2回目
新装版バキ16巻 その後のシコルスキー感想2回目
新装版バキ17巻 その後の柳龍光感想2回目

少年チャンピオンコミックス新刊

AKITA電子祭り 冬の陣 2018-2019 | 秋田書店