2020年2月1日(9号)
連載 第83回 巻の十「それは、獣だった」

 葛城無門は、義理の叔父にあたる神奈村狂太に狙われているようだ。
 柳龍光を追って"ゆうえんち"に参加した葛城無門である。
 だが、その葛城無門も神奈村狂太に追われているのかもしれない。

 だが、"ゆうえんち"には未知の戦士がまだまだいるぞ!
 傷害事件が無ければ俺は、ヘビー級チャンピオンになっていた。
 右の拳に絶対の自信を持つ元ヘビー級ボクサー!
 ジャン・ロドリックス(2m 167Kg)の登場だ!

ジャン・ロドリックス

 ジャン・ロドリックスは右パンチが強い。
 顔だろうが、腹だろうが当たれば一発だ。
 それどころか、ガードした腕を砕くこともできる。
 右の拳を当てさえすれば勝てるという自信があるのだ。

 なんか餓狼伝の松尾象山みたいだな。
 松尾象山も肩に当てても倒せる拳をもっていた。
 さすがに松尾象山と同等ってコトは無いだろう。
 ジャン・ロドリックスは、どれぐらい松尾象山なのか?

 酒とクスリに酔った少年に絡まれて、軽く殴ったら殺してしまった。
 人種差別の残る南部テキサス州で、36歳の黒人プロボクサーが14歳の白人少年を殺したのだ。
 ナイフで刺されているし、普通なら正当防衛になるところだが、2年刑務所に入ることになった。
 ボクシングの道が閉ざされたので、総合格闘技(MMC)に転向する。
 そこでも右のパンチを主軸に三戦三勝した。

『総合の練習なんて、しなかった。』
 やったのは、全局面パンチ。
 いつ、いかなる時でも、右のパンチを当てる――そのことに特化して、練習をした。』


 伝説のボクサーであるアライさんのように、全局面ボクシングだ!
 右パンチにこだわるから、ロドリックスのほうがより尖っているかも。
 攻撃はパンチだけと割り切っちゃえば、判断も早くなるし、けっこう理にかなったスタイルかも。
 組みつかれて倒されることだけ警戒して戦うスタイルだな。

 "ゆうえんち"に参加したロドリックスは、ハカマをはいた古武術の男をワンパンで倒す。
 ガードした左腕を折って、そのまま顔面を殴る。
 すさまじい威力だ。
 だが、筋肉怪人である松本太山の弟子・葛城無門なら対応できそう。
 もちろん柳龍光も勝つだろうな。

 ロドリックスは36歳でベルトに手が届きそうになった。
 けっこう年齢が高いので、天才型のボクサーではなく、努力型だろうな。
 いくら強いと言っても、無門や柳のような天才や怪物には勝てないかも。

 古武術の男から500万円をうばったロドリックスは新手の接近に気がつく。
 それは、獣だった。
 というか、ライオンです。
 札束の入った透明なビニール袋を首からさげているので、このライオンも参加者らしい。
 今回の参加者は、本当にバラエティー豊かだな!
 "ゆうえんち"って、毎回こんなに豪華なのか?

 ロドリックスはライオンと戦う決意をする。
 やっぱり右パンチを叩きこむつもりか!?
 バキ世界の定番である動物とのファイトが始まろうとしている。
 次回につづく。


 予想はしていたけど、葛城無門がなかなか出てこない。
 かわりに元ボクサーとライオンが出てきたか。
 新キャラ投入で、葛城無門の出番は遠そうだな。

 バキ世界では野生動物を倒したら一流格闘士だ。
 夜叉猿に倒されたころの加藤は二流ですね。
 現在の加藤はどうかワカらんけど。

 で、ライオンと言えば、神奈村狂太だ。
 こりゃ、神奈村狂太が乱入してくるな。
 ロドリックスがライオンに勝てるかどうか微妙だが、最終勝者は神奈村狂太だろうな。


週刊少年チャンピオン2020年9号
週刊少年チャンピオン2020年9号



------
・おまけ 新刊情報
バキ道(4) バキ道4巻が11月8日に発売だ!
範馬刃牙vs野見宿禰は、まだつづくぞ!
そして、地下戦士たちも登場する。
さらなる激闘につながる新展開だ。
4巻は29話から37話までッ!

バキ外伝 疵面8巻 バキ外伝 疵面8巻が発売だ!
ひさしぶりの疵面は単発ギャグ中心だぞ。
新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS) 小説の感想もあります
新・餓狼伝1感想新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想

少年チャンピオンコミックス新刊

AKITA電子祭り 冬の陣 2018-2019 | 秋田書店