2021年1月7日(6号)
第5部 第82話「サッカーボールキック」(1259回)

 神心会空手 愚地克巳(186.5cm 116kg) vs 関脇 獅子丸(182cm 181kg)の試合もクライマックスだ!
 克巳は拳友・烈海王の右腕を移植して最初の闘いだった。
 烈海王が背後霊としてサポートしてくれたおかげか、克巳は獅子丸を追いつめる!
 このままフィニッシュかッ!?

 地面に埋められて首だけ出した人間をサッカーボールのように蹴れば致死ダメージだッ!
 というのが、サッカーボールキックですね。
 昨年末にもやっていた格闘技イベント『RIZIN』でもサッカーボールキックを認めるかどうか選択できるようになっている。
 それだけ危険な技ってことだ。
 昔は、危険な技を認めるかどうかは体重の軽い選手に決定権があった。
 戦闘スタイルに合わせて有利になるよう決める感じですね。

 克巳の蹴りは、まさにサッカーボールキックだッ!
 さらに脳への効かせポイントであるアゴを蹴っている。
 愚地克巳、容赦無し!
 ちなみに義父の愚地独歩も同じことをやっているぞッ!(バキ道8巻 66話
 親子そろって非道(ヒド)いッッ!

 一撃必殺の攻撃で獅子丸は即死だッ!
 いや、死んでない。
 地面に埋まっているワケじゃないから、衝撃がちょっとは逃げて、まだイケる。
 だけど、四つん這いで、立つこともできない。
 力士としては死んだも同然の姿だ。
 生まれたての子鹿よりも弱々しいぞ!

 それでも動けるのでアナウンサーが強靭(タフ)さを誉めている。
 なんか烈海王の一撃を喰らって場外に吹っ飛ばされて敗北しても、動く克巳のタフさを誉めている感じに似ているな。
 フォローできるところが そこだけなのか?
 アニメ・バキで毛海王の紹介文が「闘いの流れを冷静に見極めることができる。」としか書けなかったみたいだ。

 獅子丸はまだ立てない。
 もはや獅子丸の生殺与奪の権は克巳が握っている!
 克巳はトドメを刺すべく、追撃のサッカーボールキックを放つッ!
 だが、寸止めッッ!

 もしかして、もう獅子丸は失神しているのか?
 ダメ押しするまでもなく、落ちていそうだ。
 と思ったら、やりすぎないための寸止めだったらしい。
 克巳と烈の背後霊は、礼をして闘技場から出ていく。
 闘技場を出た克巳を見て、徳川光成が獅子丸の勝利を告げる。

「理由如何を問わず――」
「自らの意志で闘技場をでたら「勝負あり」」
「動かせん規則(ルール)じゃ」


 いや、違うのではないか?
 地下闘技場は審判がいない。
 だから勝敗は闘っている当事者が決めるしかない、はずだった。
 ドクターストップはあるかもしれないが、今回だと違う。

 この場合だと獅子丸に決めさせるべきだ。
 獅子丸が「勝者は自分だ」と言うなら、勝利でいい。
 だが、勝っていないと言うなら、勝負無しの引き分けだ。

 敗者として、控室にもどる克巳を範馬刃牙が待ちうけていた。
 観客席で試合を見ていたのに、恐るべき移動速度だな。
 克巳のローキックは圧縮バットを数本まとめて叩き折る。
 そんな必殺ローキックを顔面に喰らえば、獅子丸はどうなっていたのか?
 刃牙が質問をする。

興味本位であれ以上はできねぇよ
「興味本位であれ以上はできねぇよ」

 良識的な慈悲をみせる克巳を、烈の背後霊が誉めたたえる。
 う~ん、それで良いんだろうか?
 追撃で蹴るのが危険なら、絞め技か関節技で良くない?
 克巳は空手家だけど、脳震盪で朦朧としている相手に技をかけるぐらいならできるだろう。

 最大トーナメントで、イスタスと闘った時は容赦なく試し割りのような攻撃をしていた。
 ドイルの時も容赦なく殴って顔面を陥没させている。
 でも、ドイルには更なる戦闘続行ができなくて止めてしまった。
 今回もそれに近い心情なんだろうか?

 克巳が優勢に闘いながら、予想外の敗北となった。
 大相撲が負け越しとなる4敗目を回避させる作戦だろうか?
 より深く大相撲にダメージを与えるため、わずかな希望を与えているのかも。

 そして次の試合は我らが主人公・範馬刃牙の出陣だ。
 もはや、現在の範馬刃牙は準地上最強の生物である。
 正直、力士など片手だけで勝てそうな気がするぞ。
 だが大相撲に深い絶望を与えるため、刃牙も遊んで敗北する可能性があるな。

 次回からの範馬刃牙 vs 炎は、別の意味で読めない試合になりそうだ。
 だが、次週は休載だ。
 年末年始で、この4週間は実質隔週連載だったのに、さらに休載するのかッッッ!?
 今年もバキ道は油断ならない。


 しかし、なんで克巳は負けちゃったんだろうか?
 もちろん過剰な攻撃は良くない。
 だけど、他にもやりようがあったんじゃないかと。

 試合には負けたけど、勝負には勝った。
 だから良いのか?
 自分のほうが強いと確信できたので、試合の勝ち負けにはこだわらない。
 むしろ相手に塩を送ることで、傷口に塩をすりこむようなダメージを与えることになるかも。

 獅子丸は試合に勝ったけど、弱者として情けをかけられたワケですよ。
 格闘貴族の力士にとって、屈辱的なあつかいだ。
 ぞうきんを飾りたてるような残酷プレイだったのかも。

 克巳の本心はわからないが、敗北した。
 勝利への執念が足りない。
 克巳は烈海王の右腕を得たが、この甘さがある限り使いこなせないかも。
 愚地克巳の課題は肉体ではなく、精神にある。
 もう一度、加藤清澄に弟子入りしてワイルド克巳にイメチェンしたほうが良いのかも。


週刊少年チャンピオン2021年6号
週刊少年チャンピオン2021年6号



月刊少年チャンピオン2021年2月号
月刊少年チャンピオン2021年2月号



------
・おまけ感想
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)
板垣恵介×板垣巴留 親娘 異種格闘対談(2019/9/26)
『激レアさんを連れてきた。』に板垣先生が出演(2019/10/30)

新装版バキ13巻 その後のドリアン感想2回目
新装版バキ14巻 その後のスペック感想2回目
新装版バキ15巻 その後のドイル感想2回目
新装版バキ16巻 その後のシコルスキー感想2回目
新装版バキ17巻 その後の柳龍光感想2回目

・おまけ 新刊情報
バキ道8巻 バキ道8巻が発売だ!
猛剣に腕を破壊された愚地独歩は、逆転できるのか!?
そして、次の試合は花山薫(191cm 166kg)vs鯱鉾(190cm 151kg)の巨漢対決だ!
8巻は65話から

小説 ゆうえんち -バキ外伝- 2 葛城無門は、ついに"ゆうえんち"の正体を知った。
無門は"ゆうえんち"に出場できるのか?
夜の格闘遊技場には、数多の猛者が送りこまれているぞ。
収録は、36回から

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想
「バキ」大擂台賽編 Blu-rayBOX 「バキ」大擂台賽編 Blu-rayBOXが2020/10/28に発売される!
テレビではモザイクのかかった あのシーンも完全公開されているぞ。
大擂台賽からの死闘に加え、死刑囚たちのその後もアニメ化されている。
スペシャルブックレットや原画集など、豪華特典が満載だッッ!
バキ外伝 疵面8巻 バキ外伝 疵面8巻が発売だ!
オマケエピソードのExtra Blowと54撃から始まる新展開だぞ。
でも、早くも休載なんだな、これが。



少年チャンピオンコミックス新刊

期間限定無料お試しマンガ 秋田書店