2021年2月11日(11号)
第133回 巻の十六「芸術家」

 葛城無門は師・松本太山の仇である柳龍光とついに闘う。
 想像以上の妖怪性を見せる柳にのまれかかるが、愚地独歩の出現に助けられ無門は冷静さを取りもどす。
 柳の技を警戒する無門は加奈村狂太から学んだ技を仕掛ける。
 片膝ついた状態で闘う御式内の構えだッ!

 初見殺しの技はどの世界でも強い。
 未知の技である御式内なら柳も対応できないだろう。
 だが、柳龍光には神野仁との戦いで使った手袋分銅がある。(ゆうえんち76回)
 アレを出されたら御式内は通用しないんだよな。

「おやおや、そんなことまで知ってるんだねえ。」

 柳、知っていたのかよッ!
 いきなり予定が狂った!
 御式内はかなり秘密主義の武術だと思っていたけど、わりと知られているんだな。
 現代の使い手が、わりとあちこちで闘っているせいだな。
 なにしろ無門も今日知って早速使ったし、今後も使うだろうし。

 柳は無門の構えがつたないのを見ぬく。
 見ぬけるほど御式内に詳しいのだ。
 やはり柳龍光は恐ろしい。

 ただ、無門は御式内だけで勝つ気は無かった。
 時間を稼ぎ、落ち着いて柳を観察するためのつなぎだ。
 改めて見ると、柳のTシャツは前部分が破れていた。
 神野仁との戦いで敗れたのだろうと無門は推測する。
 柳は簡単に修復していたので、パッと見ただけじゃワカらなかった。

 無門は一つの情報を得た。
 だが、情報を吟味する時間を得られない。
 柳は動いた。
 手袋分銅かッ!?
 と、思ったらズボンのベルトをはずしはじめた。
 また予想を上回りやがる!

「武器はね、どんなものでも、どんな時でも、その発想しだいで、まったく新しいものになる。わたしは芸術家だからね。同じ発想のことはしないんだよ。」

 柳はベルトの新技を開発してきたッ!
 芸術家と言うだけあって、こだわりが強いようだ。
 範馬刃牙を一発でしとめた低酸素の毒をその後使わなかったのも、こだわりだったのかも。

 おそらく柳はベルトにテグスを取り付けた。
 ベルトを投げ輪のように投げ、テグスで操る!
 自由自在にベルトを動かして、無門をとらえに行く。
 無門はベルトを払うが、ベルトは軌道を変えて無門の頭にかぶさる。

 頭が引かれた。
 その力にさからわず無門は前に倒れる。
 柳は無門の頭を引っかけ、倒れかかったところに蹴りを入れるつもりだろう。
 無門はその先を行く!
 柳が蹴りの動きに入る前に、前方へ飛び出した。

 無門は柳の両足首をつかむ。
 そのまま逆立ちの動きをする。
 加奈村狂太が見せた最後の必殺技だ!(ゆうえんち109回)
 身体か柔らかい無門はよけることができた。
 柳龍光に、これをかわせるか!?

 じつは新技にこだわりがある芸術家肌の柳龍光であった。
 一方の葛城無門だって、変態数学者である加奈村狂太と美しい数式を作りあげている。
 コピー技の多い無門だけど、だいたいの芸術は模倣(コピー)から始まるものだ。
 この勝負は、無門が闘争のさなかに新しい芸術を生み出し、柳を失禁するほど喜ばすだろう。

 この一撃で柳が倒されるとは思えない。
 だが、立ち直った葛城無門なら、なにかヤッてくれる!
 見学している独歩おもわず乱入したくなる新必殺技を見せてくれ!
 そうなると、蘭陵王が闖入してきそうで、ちょっと心配だ。

 あと、柳のTシャツが破れたところを直している件について。
 柳が直したのには、なにか意味がありそうだ。
 無門がなにかに気がつきそうだったが、ジャマが入ってしまったな。
 逆立ち蹴りをすると、足が柳の胸の前を通る。
 そこに罠があると、ちょっとヤバいかも。


週刊少年チャンピオン2021年11号
週刊少年チャンピオン2021年11号



------
・おまけ 新刊情報
小説 ゆうえんち -バキ外伝- 2 葛城無門は、ついに"ゆうえんち"の正体を知った。
無門は"ゆうえんち"に出場できるのか?
夜の格闘遊技場には、数多の猛者が送りこまれているぞ。
収録は、36回から

バキ道8巻 バキ道8巻が発売だ!
猛剣に腕を破壊された愚地独歩は、逆転できるのか!?
そして、次の試合は花山薫(191cm 166kg)vs鯱鉾(190cm 151kg)の巨漢対決だ!
8巻は65話から73話までッ!

「バキ」大擂台賽編 Blu-rayBOX 「バキ」大擂台賽編 Blu-rayBOXが2020/10/28に発売される!
テレビではモザイクのかかった あのシーンも完全公開されているぞ。
大擂台賽からの死闘に加え、死刑囚たちのその後もアニメ化されている。
スペシャルブックレットや原画集など、豪華特典が満載だッッ!
新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想

少年チャンピオンコミックス新刊

期間限定無料お試しマンガ 秋田書店