2021年12月31日
Netflix 10話「笑えねぇのかい!?」

 素手を究めればここまで強い!という所を見せつける範馬刃牙であった。
 まさにアンチェインが見る風景だな。
 これでオリバのポジションに達した。
 範馬勇次郎にも、かなり近づいたかも。

 オリバの地位を脅かす実力を見せつけた刃牙であった。
 だが、刃牙はここで成長した訳じゃあない。
 刑務所に入った時点で今の強さを持っていた。
 つまり、今までの展開は回り道と言うか、寄り道していた事になる。

 ゲバルと闘って何かを得る展開のほうが王道だったかも。
 だが、ゲバルと闘ったのはオリバだし、オリバは戦いの動機を見せつけるという機会を得た。
 つまり、今までの展開ではオリバを強化していたのだ。
 刃牙と闘うために強者と闘うアライJrと方向性が同じなんだよな。
 なんか、オリバに噛ませ犬っぽいポジションを押しつけているようで切ない。

 ここからの展開は刃牙とオリバの対決に向かって行く。
 ――行くように見えてグダグダだ!
 刃牙とオリバは相手の思い通りにはしない事に全力を出しすぎて、会話のキャッチボールができていない。
 会話の素振り合戦だよ。
 この辺は話が進まなくてグダグダ展開と感じてしまう。

 不満を感じるのは、オリバがちょっとカッコ悪く見えるせいだろう。
 登場して以来、オリバはかなりの実力者っぽくふるまっていた。
 それでいてお茶目で知性も感じさせる。
 かなり好感のもてるキャラで好きだった。
 そんなオリバが、怒って物に当たる姿は見たくなかったな。

 悪いのはバイクじゃあばく刃牙なのに。
 投げつけて破壊するのなら、刃牙にやれば良かったのに。
 アンチェインであろうとしすぎて行動選択の自由が奪われている!

 刃牙に追い詰められたオリバはさらなる蛮行を重ねてしまう。
 拘束されている刃牙に放尿をするという暴挙だ!
 オリバさん、そういう酷いことをする人じゃなかったと思うんだけど。
 刃牙から受けた謎のプレッシャーにチン●を出すしかなかったのだろうか?
 もはやチン●を衣服から開放することでしか自由を実感できない状態なのかも。

 ただ、オリバの尿を浴びながら高笑いする刃牙は面白かった。
 最初のころの刃牙は素直で陽気な少年だったけど、今じゃ どこに出しても恥ずかしいほどの変態だ。
 シコルスキーに尿をかけられた猪狩だって笑いだしたりしなかった。
 尿まみれで笑いだしたら、シコルスキーもしりごみスルーしたかもしれない。
 とにかく、刃牙は尿をかけられても嫌がるどころか喜んでしまう。

「うンめェ~~~~~~~~~~~~」

 そう言って飲み干す刃牙であった。
 いや、飲み干したのは別の液体だけど、尿はそのままだし混ざっていそう。
 もはや、無敵の範馬刃牙と言うしかあるまい。


●範馬刃牙 連載時の感想
1話「世界一の高校生」範馬刃牙1話7話
2話「異"種"格闘技」範馬刃牙8話14話
3話「監獄と地獄」範馬刃牙15話19話
4話「2 (セカン)」範馬刃牙20話25話
5話「恐怖の三つ子」範馬刃牙26話31話(途中)
6話「海の賊」範馬刃牙31話(途中)38話
7話「超雄と超雄」範馬刃牙39話44話(途中)
8話「ジルベルトスタイル」範馬刃牙44話(途中)50話
9話「決着の刻」範馬刃牙51話56話
10話「笑えねぇのかい!?」範馬刃牙57話62話

 漫画『範馬刃牙』はマンガクロスで無料公開中だッ!



・おまけ 商品情報
「バキ」大擂台賽編 Blu-rayBOXが2020/10/28に発売される!
テレビではモザイクのかかった あのシーンも完全公開されているぞ。
大擂台賽からの死闘に加え、死刑囚たちのその後もアニメ化されている。
スペシャルブックレットや原画集など、豪華特典が満載だッッ!