2022年6月23日(30号)
第4話「もう1人の天才少年!!」

 作中時間で10年前の事だった。
 ただ、『ゆうえんち』は『グラップラー刃牙』開始よりも数年前の話なので、現在からすると15年ぐらい前になる。
 愚地独歩はミズノ大サーカスでのショーを見に行き、一人の天才少年を見た。
 5歳にして空中ブランコをこなし、5歳の象と綱引きをして、猛るライオンを静める。
 まさに心技体すべてにおいて天才だ。

 これはグラップラー刃牙で描かれたエピソードですね。
 だが、『ゆうえんち』では、このエピソードに壮絶な裏事情があったと判明する。
 今回はまだ出てきません。
 後半の、忘れたころに出てくるんだよな。

 公演終了後に独歩はサーカス団長の水野に会いに行く。
 独歩は天才少年・克巳の素晴らしさを絶賛した。
 今から鍛えれば誰よりも強い武術家になるだろう、と。
 なんでも戦闘能力で考えちゃうのが空手バカ一代の愚地独歩なのであった。

 そんな独歩にミズノさんは克巳を養子にしないかと持ち掛ける。
 克巳には実母がいるのに、なんで養子に出されたのか?
 これは刃牙シリーズの謎なんですが、その謎の答えが明らかになる。
 サーカス団のメンバーは、克巳たちの才能を世界に出してやりたいと思っていたのだ。

 団員全員の総意らしい。
 克巳はみんなに愛されていたようだ。
 目指すは世界ですか。
 でも、サーカスにいても天才少年として世界に名前を轟かせる存在になったと思うけど。
 たぶん、ミズノ大サーカスには、なにか問題があるんだろうな。

 初登場のころの愚地克巳は、世界大会の切り札として温存されていた。
 だが、独歩が範馬勇次郎に敗北したことで地下闘技場に出場することになったのだ。
 範馬刃牙が飛び入り参加した空手大会に克巳が参加していなかったのも世界大会を見据えて調整していたからだろう。
 そう考えると、最初から克巳は世界一を目指していた事になる。
 それがサーカス団の仲間たちの願いだったのだ。

 いっぽうで独歩はミズノさんがなにか隠している事に気がつく。
 この辺はさすが独歩ちゃんだ。
 相手の異変や動揺に敏感である。
 瓶切りしちゃうのも容赦ない恐ろしさだ。
 服がびしょびしょになっちまう。

 で、脅された訳じゃ無いんだろうけど、ミズノさんは隠していた事を話す。
 独歩に会わせたかった天才少年とは、克巳じゃあなく、その兄の無門だったのだ。
 だが無門は2日前に失踪してしまい、現在行方不明なのだった。
 誘拐、などでは無い。

「あの子は克巳ちゃん以上の大天才だ」
「そんじょそこらの大人に連れ去られる子じゃない」

 天才っぷりを見せつけた5歳の克巳よりも、さらに上の大天才だ!
 事故や事件の可能性が無いのなら、自発的な家出と言うことになる。
 なにか帰ることのできない事情があるのだろう。
 ならば無門を探し出して、家に帰すのは難しい。
 無門を探すことに専念したいから克巳を養子に出すという意味もあったのかも。

 独歩は克巳も無門も、任せろと言う。
 神心会100万人の監視体制なら子供一人見つけ出すぐらい簡単だ!
 実際、簡単に見つけ出しそうなところが怖い神心会なのであった。
 そうですよね、ドリアンさん。

 話題となっている、もう一人の天才少年・葛城無門は中華料理屋で食い逃げをしていた。
 食い逃げしにくそうな店を狙ったな。
 わざとか?
 無駄にチャレンジャーな少年だ。
 それとも危険に身を晒すことが快感となっている困った性癖なんだろうか。

 この中華料理屋って独歩が加藤と行っていた所に少し似ている。
 入口に狛犬みたいに獅子が二匹でおもてなししているのが同じだ。
 ただ、店名が『珍漫樓』と『桜…(不明)』で違っている。
 店が同じという偶然ではなかったようだ。

 家なき子・葛城無門はアクロバティックに逃げる。
 帰る家もないまま雨に降られ、ふと目にしたのは光り輝く東京ドームだった。
 その東京ドームの地下ではルールの無い格闘試合が行われる地下闘技場がある。
 無門は、まだその事を知らないし、将来知ることになるのかも分からない。
 15年後ぐらいに、弟の克巳が地下闘技場で闘うことになるのだが、それはまた別の話だ。

 この時、地下闘技場で勝利した筋肉もりもりの男がいた。
 髭をはやしたダンディーな男だ。
 葛城無門と、その男の奇縁が始まるまで、もう少しの時間が必要であった。
 この筋肉男にも複雑な物語があって、それはバキ本編にも関わっているんだろうけど、謎のままだ。

 天才・愚地克巳の兄は大天才・葛城無門だ。
 この葛城無門が、なぜ『ゆうえんち』を探しているのか、そこで何をするのかという物語になる。
 無門の出自をばらすのが原作小説よりずっと早いのは、焦らしプレイがつらいからだろうな。
 親切設計の漫画版は、次回7/21に掲載予定だ。


週刊少年チャンピオン2022年30号
週刊少年チャンピオン2022年30号



------
・おまけ 新刊情報
バキ道13巻 バキ道13巻が発売される!
ジャック・ハンマーが噛みつきをメインにした戦闘術・噛道を立ち上げた!
噛道、初戦の相手は野見宿禰だ!
古代相撲と噛道の移植対決が激しく熱くなる!
13巻は110話から118話までッ!

小説 ゆうえんち -バキ外伝-5 小説 ゆうえんち -バキ外伝-5巻が発売される!
格闘大河ドラマゆうえんちが、ついに完結する!
クライマックスはもちろん、葛城無門vs柳龍光だ!
だが、それだけでは終わらない。
衝撃のラストで座り小便を漏らすなッ!
収録は、巻の十六133回から!

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻が発売だ!
オーガとの死闘もクライマックスだ!
さらに烈海王の異世界バトルは続くぞ!
2巻は25話から32話まで!

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想