追記8 (22/11/9)

バキの再開を今や遅しと待っているッッ
花山がバキの再開を今や遅しと待っているッッ

 バキ道が連載再開だ!
 10月は1回も掲載されなかった。
 前回掲載が9月29日だったので、実に42日ぶりの『バキ道』である。

 間に『我が青春の習志野第一空挺団』や『バキ道外伝 やっぱ猪狩完至は永遠だよネ!』などがあったので、なんか掲載されている感じがあったのが救いですね。
 下ネタばっかりの『我が青春の習志野第一空挺団』が間にあったせいで「蹴速が踵を砕かれて尿を漏らしたんだっけ?」みたいな内容の混乱があるかもしれない。

 踵を砕かれたが、尿は漏らしていない。
 猪狩も出てきていないぞ。
 ただ、猪狩が乱入して蹴速にコブラツイストをかけて勝利しても文句ないけど。

 試合は蹴速と独歩の打撃対決になっている。
 いきなり踵を砕かれた蹴速は、逆転できるのか?
 古代相撲には負傷した状態で使用できる技があるのか?
 そして、砕けた踵で逃げ出すことができるのかが気になる。

 独歩のほうは、本当にノーダメージなのか?
 負傷した蹴速が自爆テロのように独歩と心中してきても対応できるのかが気になる。
 あとは、蹴速が逃げたら追いつけるのかも重要ですね。
 神心会には克巳と末堂と言う足の速い若手がいる。
 彼らを有効活用するのも手段の一つだよな。


週刊少年チャンピオン2022年50号
週刊少年チャンピオン2022年50号