2022年11月10日(50号)
第5部 第134話「蹴速の意地」 (1311回)

 愚地独歩と当麻蹴速が飛び蹴りで激突し、わかれる。
 着地した独歩がとった構えは、天地上下の構えだッ!<BR>  やっぱり愚地独歩と言えば、これの構えですな!
 観客も大喜びだぞ!

("思い付き"の四股立ちよりは コッチに落ち付くかァ…)

 独歩は狙って天地上下の構えをとった訳ではなく、自然と取ってしまったらしい。
 四股立ちが思いつきって事は、遊んでいたのか?
 綿密な計画や作戦をもとに構えたのではなく、即興で合わせたと。

 だからこそ、自然体で定番の天地上下の構えに戻ったようだ。
 これなら相手の攻撃に合わせて3回攻撃で反撃できる!(違ッ
 ならば無意識に蹴速を強敵だと思っているのかも。
 本当に余裕であれば遊びを続行しているだろうに。

 思わず普段の構えに戻ってしまった独歩は、このまま慎重に勝負を決めるのか!?
 と思ったら構えをといてしまった。
 両手ぶらり作戦だ!
 いや、作戦じゃなくて停戦を申し込む姿勢らしい。

「蹴り込んだ足刀の手応え―――――」
「「踵」のものじゃなかった」

 足なのに手応えとは、これいかに。
 と言うのは置いといて、やっぱり感触が違ったらしい。

 幾千もの試し割をして砕きまくった愚地独歩である。
 幾百回と人を殴り破壊しまくった愚地独歩だ。
 破壊した感触で相手のダメージや部位もしっかり分かる!
 この人は、人間のかかとを何回破壊したことあるんでしょうね。

 百戦錬磨の独歩は蹴速の右足が負傷しているのを見抜いている!
 やっぱりダメージ大だ。
 って、それ前回も言ってますよね。
 君がッ 負傷を認めるまで指摘するのをやめないッ!?

 名前の通り、蹴速の得意技は蹴りである。
 右足を破壊されたということは、その蹴り技が封じられたも同然だ。
 当麻蹴速、敗れたり!
 右足を使わずして、如何に勝つつもりか!

 独歩は蹴速に降伏勧告をする。
 徳川光成も蹴速の敗北がほぼ確定と思っているようだ。
 そして、蹴速得意の仕切り直しはできない。
 これが試合の厳しいところだ。
 蹴速は、どうするのか?

 だが、蹴速は降伏を拒否する。
 右足の親指で片方の鼻の穴を押さえて、フンッと鼻をかむ。
 足で手バナだ!
 鼻を押さえている足なのに手バナとは、これいかに。
 と言うのは置いといて、まるで烈の見えない目潰しですね。

 烈の技と違うのは、空気じゃあなく鼻水と言う点だ。
 気体ではなく液体なので威力が大きいだろう。
 当たれば精神的なダメージも大きい。
 空気の目潰しの上位版と言えるかもしれない。

 ただ、イメージ的には、かなり下位ですけど。
 お上品をかなぐり捨てた先に出す究極の裏ワザとして、中国武術でも3000年前ぐらいに通過しているのかもしれない。
 この技を見た人間は殺すか、自分の流派に入門させなきゃいけない、禁断の技だったりして。

 独歩は鼻水をよけてノーダメージだ。
 油断はしていなかったらしい。
 まあ、蹴速の手鼻の目潰しは発射前のモーションが大きいので反応しやすいのだろう。

 蹴速はあくまで戦闘継続を主張し前進する。
 片足負傷でガクガクと身体を揺らしながら進むぞ。
 ダメージを隠していた前回と違って、負傷をアピールしまくっている。
 今度は逆にダメージを大げさに表現していたりして。

「闘志横溢」
「ナイスけはや!」

 徳川さんが喜ぶ!
 さすが人間を闘わせる事に愉悦を感じる男だ。
 ドクターストップなどは、頭の片隅にも浮かばない。
 人間が壊れるさまを大喜びで見ているッ!

 待ち受ける独歩は冷静だった。
 笑いも汗もない。
 近づく蹴速は左手で攻撃する。
 蹴速なのに手技だ!
 やっぱり足のダメージが大きいのか?

 蹴速のパンチは独歩によけられる。
 得意技である蹴りが通じなかったのだから、手技はもっと通じないか。
 同時に、独歩が反撃だ!
 負傷している右足を足刀で蹴った!

 降伏勧告をしたけど、容赦なく攻撃する!
 いや、これが戦士に対する最大限の礼儀と敬意か?
 妥協も油断もしないで全力で倒す気だ!

 蹴速が痛みで止まった!?
 そこに独歩が拳の連打を放つ!
 マグナムのような正拳のつるべ打ちだッ!
 ――――って、なんか既視感(デジャヴ)があるな。
 独歩が範馬勇次郎に正拳五連打を放って効かなかった時の感じだ。

 だが、相手は範馬勇次郎じゃあない。
 蹴速は吐血して、崩れて……
 倒れない!
 と、倒れそうな蹴速が独歩の両肩を掴んだ!
 これは、相撲の間合いじゃねェか!?

蹴速が掴んだッ!

 名前は蹴速だけど、そもそも古代角力の名手だ。
 つかむ間合いは相撲の領域である。
 打撃を打つには、間合いが狭く空手の技が使いにくい。
 まさに相撲の土俵に上がってしまった状態なのか!?
 次回につづく。


 範馬勇次郎はともかくとして、蹴速も仕留められなかった独歩の連打であった。
 よく考えたら空手って一撃必殺を理想とする武術だ。
 路上で多人数と闘うことを想定しているので、一撃離脱でなるべく早く敵の数を減らしたいという思想がある。
 そういう空手だから、連打って苦手なのかも。
 ボクシングあたりを取り入れた技かもしれないが、ちょっと基本思想からズレているとか。
 ここはまあ、独歩の連打に耐えた蹴速を誉めておこう。

 独歩は蹴速に敗北勧告をするなど、気遣いを見せていた。
 相手を気遣うってのは、それだけ余裕があるって事なんだろうな。
 でも、それが油断につながっているかも。

 四股立ちで遊んでみたりと、ちょっと舐めプ(舐めたプレイ)でしたね。
 そこは、愚地克巳の義父だから、そんなもんか。
 今回の教訓としては「舐めプ良くない」ですね。
 わりと、刃牙キャラみんなに刺さる教訓でした。


週刊少年チャンピオン2022年50号
週刊少年チャンピオン2022年50号



------
・おまけ感想
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)
板垣恵介×板垣巴留 親娘 異種格闘対談(2019/9/26)
『激レアさんを連れてきた。』に板垣先生が出演(2019/10/30)
板垣恵介 堀口恭司 対談FIGHT!(2021/3/25)

『グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ』感想を、まとめ中です。

・おまけ 新刊情報
バキ道14巻 バキ道14巻が発売される!
ジャック・ハンマーvs野見宿禰が決着する!
噛道は古代相撲を上回ることができるのか!?
そして、新たなる戦士が登場するぞ。
14巻は119話から127話までッ!

小説 ゆうえんち -バキ外伝-1 漫画 ゆうえんち -バキ外伝-1巻が発売される!
バキ外伝小説が漫画化だ!
微妙にオリジナル要素が入っているぞ。
1巻は1話から4話まで!

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻が発売だ!
オーガとの死闘もクライマックスだ!
さらに烈海王の異世界バトルは続くぞ!
2巻は25話から32話まで!

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想