2022年11月17日(51号)
第5部 第135話「初めて耳にする音色」 (1312回)

 神心会空手の愚地独歩と古代角力の当麻蹴速が地下闘技場で激突する!
 試合は序盤から独歩優勢で進む。
 そして、愚地独歩の正拳連打が炸裂だ!
 コンクリートの土管を破壊する正拳が蹴速のブ厚い胸に打ち込まれる。

 だが、蹴速も古代角力の中では打撃系だ。
 打撃を受ける経験は多いだろう。
 さかのぼれば、先祖の初代当麻蹴速は蹴り合いから腰を踏み折られて敗死している。
 過去の失敗を学んで対策しているに違いない!

 ここで透視映像が流れます。
 肋骨と胸骨にひびが入った!
 骨折じゃあねェか!
 亀裂骨折だらけだよ。
 しかも複数本がイッてる。

骨がバキバキだ!

 先祖の失敗に学んでいないのかッ!?
 失敗を仕切り直して無かった事にしているから、蹴速一族の認識ではノーダメージなのかよ。
 敗北を直視しない弊害がこれだ。
 同じ失敗を何度も繰り返す。
 たぶん、未来でもやる。

 蹴速のタフネスを予想した私まで判断ミスだ。
 とんだ赤っ恥だよ。
 すいません。読み違えました。
 物凄いダメージうけていますよ、この人。

 蹴速が吐血する!
 これはフェイクでは無い!
 リアルなダメージだ。
 だが、蹴速はまだ死んでいない。
 骨折という重傷を負いながら、独歩の両肩に手を置いた。

 つかんだッ!
 相撲の間合いだ!
 でも、肋骨は折れているぞ。
 これでも、イケるのか!?

 経験豊富な独歩は、殴った感触で肋骨を折ったと確信しているだろう。
 つかまれても焦ってない。
 汗もかいていないぞ!
 だが、それが油断になったか?

 蹴速が両足を独歩の首に絡ませた!
 この間合いから蹴り技か!?
 と思ったら、三角絞めだ!
 刃牙も使える必殺技・虎王でも仕掛けるのかと思ったが、三角絞めだ。
 漫画化はされていないんですけど、虎王のバリエーションで膝蹴りをしてから三角絞めに入る虎王もある。

 まあ、とにかく飛びつき三角絞めだ。
 蹴速は打撃系と思わせて、ここで組み技を出した。
 しかも相撲では負けにつながる寝技の三角絞めだ。
 二重の奇襲が独歩に決まった!

 関節技や絞め技は完璧に入ると脱出不可能だ。
 絞め技だとすぐに意識を失ってしまう。
 意識があるうちに反撃か脱出しないと敗北だ。
 だが、独歩にはまだ余裕があった。

「全身複数か所の骨折―――」
「気の毒すぎて反撃がやり辛ぇわ」

 と言っても、このままだと蹴速が力尽きる前に独歩が気絶してしまう。
 ならば、容赦なく反撃だ。

 飛びつき三角絞めへの反撃はどうするのか?
 相手の頭を地面に落とすのが効果的だ。
 独歩は親切(?)に蹴速をずっと持ちあげているので、簡単に落とせる。
 あとは、背中の腎臓や後頭部に蹴りを入れるとか。
 普通の試合なら反則になるような所への打撃でも地下闘技場ならOKだ。

 しかし、独歩がとった手段は違った。
 両手を蹴速の耳に持っていき……。
 耳を引きちぎった!
 徳川光成ですら、呆然とする大惨事だ。

 これが、空手!? 空手なのか!?
 いや、これこそが元祖愚地流だッ!
 独歩の養子である克巳は、最大トーナメントでマウントポジションを取られたら脱出不可能と言っていた。
 克巳の意見に独歩は反論しなかった。
 だが、後で脱出不可能なポジションからでも脱出する方法を見せる。
 独歩は相手の足の爪をむしり取って反撃したのだ。
 むしり取る事が、愚地流ですよ!

 強さとは何かという問いかけで、夢枕獏が強く感銘を受けたのが大山倍達総帥の言葉だ。
 指二本で逆立ちができることが、強さだ!
 これだけ指が強いと、相手の耳でもむしり取れる。
 まさに独歩が実践して見せた!

 さらに独歩は鍛え抜かれた必殺の貫手を両脇に打ちこむ。
 脇腹は筋肉が薄く、人体急所の一つである。
 古代ボクシングの「クリマコス」でも、脇腹殴り合いのほうが早く決着するらしい。
 さらに言えば蹴速の肋骨は折れて弱くなっている。
 そこに貫手を打ちこんだのだ。
 さすがの蹴速も完全ダウンで敗北した。

 独歩は蹴速の耳を差し出し、例によってイイ医者を紹介してやると言うのだった。
 最初の激突で蹴速がかかとを砕かれたのが最大の敗因だったらしい。
 たしかに、出だしでつまずいて、そのまま立てなかった感じでしたね。
 もっと慎重な立ち上がりをすれば良かったのかも。
 完全決着となり、次回につづく。


 蹴速のとっておきは三角絞めだった。
 まあ、足技と言えば、足技かな。
 増田俊也木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(AA感想)によれば、三角絞めは高専柔道で開発された技だとか。
 わりと最近にできた技なのだ。

 なら、なんで古代相撲の蹴速が三角絞めを使ったのだろう。
 偶然に似た技を開発してしまったとか?
 単純に最近の技を研究していたのかもしれない。
 どちらにしても相撲に寝技と言う盲点を突いた奇襲技だ。
 本当ならこれを野見宿禰に決める気だったんだろうな。
 宿禰の怪力で地面に叩きつけられそうだけど。

 結果だけ見れば独歩の圧勝だった。
 ろくにダメージを受けていない。
 これが仕切り直して2000年無敗という蹴速一族の実力なのだろう。
 成長のためには、失敗を糧にしなきゃならんのです。

 何度か敗北したことのある独歩は、そのたびに強くなっている。
 なっていると思う。
 右腕を切断されても梅澤医院で治してもらって経験にした。
 今では、対戦相手の耳を落としては病院を紹介している。
 ……最近の独歩は梅澤医師への斡旋料でも貰っているんですかね?
 それもまた、したたかな成長だ。


週刊少年チャンピオン2022年51号
週刊少年チャンピオン2022年51号



------
・おまけ感想
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)
板垣恵介×板垣巴留 親娘 異種格闘対談(2019/9/26)
『激レアさんを連れてきた。』に板垣先生が出演(2019/10/30)
板垣恵介 堀口恭司 対談FIGHT!(2021/3/25)

『グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ』感想を、まとめ中です。

・おまけ 新刊情報
バキ道14巻 バキ道14巻が発売される!
ジャック・ハンマーvs野見宿禰が決着する!
噛道は古代相撲を上回ることができるのか!?
そして、新たなる戦士が登場するぞ。
14巻は119話から127話までッ!

小説 ゆうえんち -バキ外伝-1 漫画 ゆうえんち -バキ外伝-1巻が発売される!
バキ外伝小説が漫画化だ!
微妙にオリジナル要素が入っているぞ。
1巻は1話から4話まで!

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻が発売だ!
オーガとの死闘もクライマックスだ!
さらに烈海王の異世界バトルは続くぞ!
2巻は25話から32話まで!

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想