2011年07月

「ジャイアントロボ バベルの籠城 第4話 / 背水の陣」感想


2011年7月19日(9号)
第4話 / 背水の陣

 ジャイアントロボってタイトルだけど、あまりロボが活躍しない。
 だが、今回はちがう。
 巨大ロボット同士がぶつかる!
 とても文章では表現できない激闘だ!(逃げ)

 韓信元帥と孔明がともにロボを操り戦わせる。
 人を戦わせるのが軍師・策士のお仕事ですね。
 でも、なんで韓信がロボに命令だしているんだ?
 ここで樊瑞が大作の不在に気がつく、さすが十桀衆のリーダーですね。
 つうか、孔明って意外とウカツな人なのか?

 大作は村雨一家といっしょにバベルの塔に侵入していた。
 九大天王もジャイアントロボも自分自身もオトリにした捨て身の作戦が、韓信の『背水の陣』だ!
 ……なんか『背水の陣』と違う気がするけど。
 『背水の陣』は、あえて不利な(背後が川で退却できない)地形に布陣して兵士に必死の覚悟をさせるものだ。
 または、不利な地形に布陣することで敵を引き寄せる。背水の陣には、なんらかのワナがあると思ったほうが良い。

 それはともかく、大作たちは『□□殿』と名前の削られた部屋にたどりつく。
 水滸伝で108の魔星が封じられていた部屋が『伏魔殿』だ。
 しかし、水滸伝の好漢が『伏魔殿』を開放したら、ドラえもんが自分を呼びに未来に行くようなものだぞ。
 中にいるのが108の魔星とは限らないけど。

 大作たちが部屋を開けようとしている。
 それを知った孔明はあわてて走りだす。
 いつも扇子で扇いで四輪車に乗っている孔明が、おりて走りだすほどの緊急事態だ。
 なんか、とてつもなく嫌な予感がするなー

 部屋の中には、石の棺だけがあった。
 棺に触れた史進は力を吸いとられ倒れる。
 だが、大作がふれるとあっさり棺は開いた。
 選ばれた子である大作だけが開くことのできる棺なのか?

 棺の中に手を入れた十郎太はイロイロ吸われてひからびてしまう。
 死亡!? こんなにあっさり!?
 けっこう長い間でていたレギュラーキャラ(地味だけど)が、死んだ!?
 あ、でも死んでるとは一言も言っていない。
 今川キャラはタフだから、お湯で戻せば復活するかも。

 そして、棺から出てきたのは中国風の服を着た謎の男だった。
 この男はビッグ・ファイアじゃない。
 外見はヨミさま!?
 だとしたら、エラいモノを掘りだしてしまった。
 BF団にとっては最大の天敵だぞ。
 でも、今川ジャイアントロボだと国際警察連合のリーダーである黄帝ライセがヨミだったような……


 あの解凍しかけのミイラみたいなのがヨミだとしたら本当にヤッカイだ。
 ヨミさまの死んでも死なずに復活するっぷりは本当に困る。迷惑千万だ。
 名前がヨミだけに、よみがえってばかりだよ。
 つうか、バビル2世はちゃんとヨミの死体を荼毘にふすなりすればいいのに。
 こんなのに復活されたら、そりゃ孔明もあわてるってものだ。

 10年後の現在、大作はビッグ・ファイアと共闘関係にある。
 つまり、両者に共通する強敵があらわれたのだろう。
 そうなると、やっぱりヨミかもしれない。
 1話で言及されていたヒマラヤの連中がヨミだとしたら、復活して10年で世界を支配しつつあるのかも。

 ジャイアントロボの世界が根底から覆されようとしている。
 敵が味方に裏返るのか?
 そして、孔明のGR計画はけっきょくなんだったのだろう。
 仲間になったら急に弱くなる人は多いけど、仲間になる直前に弱くなっちゃいそうな感じだ。
(更新 2011/7/30)

「どげせん 第23話 平身低頭の戦い」感想


2011年7月29日(NO.2274)
第23話 平身低頭の戦い

 土下座マスター瀬戸発(はじめ)にライバル出現か!?
 今田商事の最終兵器(リーサルウェポン)田中部長が登場した。
 だれよりも頭が低いと言われる謝罪の達人だ。
 前回は、電池噛みお漏らし部長で高レベルな謝罪を見せてくれた。
 どちらが、より頭が下がるのか、謝罪の頂上……いや底辺対決は近い?

 田中部長の謝罪パワーはクレームにきた東洋商事を撃退しただけでなく、5倍の注文につながった。
 スゴいカウンター謝罪だな。
 どこがどうなって5倍の注文につながったのやら。
 契約を打ちきったら会社にのりこんで失禁謝罪されそうだと恐れたのかもしれない。
 田中部長も攻めの謝罪だよな。

 さて、田中は日本で4番目に多い姓である。
 よくある姓だけど、同姓の人物が瀬戸のクラスにいたのは偶然じゃない。
 むしろ必然!
 天はどちらの頭が低いのか確かめたいのだ。

 というワケで息子・田中白也の三者面談に田中部長がやってくる。
 田中白也は父と逆に、頭を下げない人生を選択した。
 白也が瀬戸の土下座に反発していたのは、頭を下げることへの反発があったからだろう。

「若いな…」
「低姿勢の本当の価値に気づいてない」
「頭を下げることの尊さ 気高さ厳粛さ」
「そして効果 威力 絶大なお得感」
「オマエは何一つ実感(わか)ってないッッ」


 お得感! 印象論かよ! 「たぶん、得をしている」ってレベルか。
 なんだかスゴいんだか、スゴくないんだかの説得ですね。
 二万五千円のゲーム機が一万五千円に値引きされたかのようなお得感! みたいな。
 とにかく田中部長は、謝罪でのし上がってきた(のし下がった?)男だけに、低姿勢の強みを主張する。

 ところが白也は、頭を下げることの強みを知るようになった。
 もちろん、瀬戸のおかげだろう。
 白也は父を挑発する。

「親父が逆立ちしたって頭を下げられない男がいる」
「世の中 下には下がいるんだよッ」


 誉めてねーよ!
 下には下かよ!
 「どこに出しても恥ずかしい」に匹敵する誉め言葉だ。

 そう言われて引き下がれる(引き上がれる?)田中部長じゃない。
 田中部長はまだ見ぬ強敵に闘志を燃やす。
 心理状態を謝罪レベルにもっていき、いつでも泣きだせる。
 平身低頭の完成だ!

 これは歩きにくそう。
 むしろ肉体的負担も謝罪パワーにかえていそうだ。
 謝罪のための好循環ですね。

「どちらが下に立つかの上剋下(じょうこくげ)!!!」

 なんか、ムチャなことを言っています。
 下剋上の逆かよ。というか、下剋上が常識の逆なんだから、常識どおりってことなのか?
 一流……いや、下流は下流を知るというべきか、田中部長は扉のむこうに強烈な土下座オーラを感じる。
 まさか、すでに瀬戸が土下座で待機中なのか?

「うっかり乗っかってしまいそうなっ」
「圧倒的 低衆波!!!」

「今さら―――」
「上には引けんッッ」


 言語センスがメチャメチャになっていく。
 もう、何が勝利でナニが敗北なのかワカらん。
 とにかく最後に立っていないほうが勝ち、でイイのか?

 扉がひらかれた!
 瀬戸だ。パンツとランニングシャツで、ふんぞり返っている。
 節電でクーラー自粛のため、だらしない格好になっているのだ。
 三者面談も忘れていたらしい。

「センセイ…」
「人との約束を何だと思っているんだ!!!」


 田中部長が怒った!
 怒られた瀬戸は土下座で謝る。
 あわててズボンをはいたから、チンコがハミ出してポロリもあるよ状態だ。

 本人も知らないうちに始まっていた頭が低い対決は、土下座により瀬戸の勝利となった。
 瀬戸の神通力は無意識のうちに勝利させるほど強いのか?
 勝手に勝利を呼んだ土下座だった。
 しかも、ポロリのサービスまでしやがる。

 今回の土下座は、弛緩と緊張の落差による謝罪の消力(シャオリー)だ
 謝罪するために まず怒られる。
 緊張するためにダラけるのだ。

 田中部長は謝罪をするけど、相手を怒らせたりしない。……当たり前だけど。
 相手をイラっとさせる所が瀬戸の武器なのかも。
 怒らせた上での謝罪という落差が土下座を強くしている。
 謝罪するために怒らせるという逆転の発想だ!
 一般人には間違いなくお勧めできない技術(わざ)ですね。

 田中部長は不覚にも怒る立場になってしまった。
 謝罪のエキスパートとして、怒ったままで済まされるのか?
 田中部長の逆謝罪(ぎゃくしゅう)が、あるのかもしれない。


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。8/28(日)にサイン会も開催だ!
収録は1話から

どげせん 2巻 (ニチブンコミックス) 板垣先生がプロデュースする衝撃の話題作『どげせん2巻』が、発売決定だ!
土下座でどこまで昇りつめるのか!? 発売日は6月29日です。
収録は8話から16話まで!

範馬刃牙(29) (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙29巻が6月8日に発売される。
ついに、烈vsスモーキン・ジョー・クレーザーが決着だ! そして、ヘビー級王者登場……。登場したんだよな。
そして親子喧嘩がはじまろうとしている。29巻は236話から243話まで!

ジャイアントロボ(9)地球の燃え尽きる日(完) (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日がついに完結だ!
俺たちの戦いはこれから始まる! 実に今川作品な終わりかたでした。でも、続編がはじまるよ!
大きな謎のいくつかが明らかにされ、話は一応の大団円をむかえる。
最終9巻は4月20日発売だ。

みつどもえ 増量中! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ 増量中! 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ 増量中! 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] みつどもえ 増量中! 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ増量中 1巻~4巻 が発売中+予約受付中
ちなみに4巻の店舗購入特典では収納用BOXもついてくるそうな。
DVD版も1巻2巻3巻4巻とそろっています。
アニメ版の感想はこちらに!

範馬刃牙感想 まとめ 234話~261話 ボクシングから親子喧嘩へ


2011年7月28日(35号)
まとめ 234話~261話 ボクシングから親子喧嘩へ

 今週は刃牙が休載なので、過去の話を振りかえってみる。約7ヶ月分だ。
 186~203話 烈ボクシング挑戦!204~217話 烈ボクシング初陣218~233話 烈ボクシング二戦目1と、レッツ・ボクシングが続いていたのだが、急に範馬親子の対決になる。
 ホント、思いつきで動いているかのような展開です。
 おかげで、烈が超・放置状態ですよ。


234話~241話 烈と刃牙の覚醒(ボクシング二戦目2)
 サブタイトル  内容
 234話 千春イズム 刃牙の千春殺法に追いつめられた千春は、眼つぶしを狙う
 235話 眼突き 刃牙はゴキブリダッシュの超スピードで、千春の指を眼球で折った
 236話 煙払い 烈は空中からの攻撃してクレーザーを追いつめる
 237話 報告 ゴキブリダッシュは時速270キロぐらいある(柴千春/談)
 238話 マッチメイカー   刃物を持った男に、独歩は禁断の空手技を過剰に叩き込む
 239話 好事魔多し 烈の空中殺法をクレーザーは破る。烈は奥の手を使う覚悟を決めた
 240話 一本拳 烈は必殺の一本拳でクレーザーを倒した。ついにチャンピオン登場
 241話 最速と最強 100m走王者にしてボクシング王者ボルト! 勇次郎が料理にむけて動く?  

 思えば烈海王vs.ジョー・スモーキン・クレーザー戦も途中から刃牙に侵食されていたのだ。
 刃牙が勇次郎に勝てそうな気がしてきたので、ボクシングは後回しにしたンだろうか?
 ボクシング編ではついにラスボスが登場だ。
 正統派ボクサーではなく、陸上から移籍した異端者ボクサーだった。
 王者も挑戦者も異端者というイロモノ頂上決戦になってしまいそう。

 正統派ボクシングと中国武術が激突すればどうなるのか?
 中国武術は、アウトボクシングをどうやって攻略するのだろう。
 そんなコンセプトは、あまり実現しなかった。
 ボクサー話は詳しすぎるせいでトンデモネタが出てこないのかも。

 そして、最後の切り札である最速のボクサーが登場した。
 チャンピオン・ボルトがどんなボクシングをするのかはけっこう気になります。
 最速の瞬発力を打撃に活かすのは、どんな打撃なのか?
 でも、ボクシング編の再開は来年ぐらいなんだろうなー



242話~261話 範馬の親子喧嘩 (1)
 サブタイトル  内容
 242話 逞(たくま)しさ 勇次郎の夢は刃牙に倒されることだった
 243話 親子愛 首相は親子喧嘩対策をし、刃牙は渋川先生に会いにいく
 244話 来訪 刃牙は親子邂逅がちかいと予感する
 245話 親子、接触す 範馬親子の食事会がはじまるッ! 勇次郎も食事の前には会釈する!
 246話 教育 意外とマジメに食生活を語る勇次郎であった
 247話 ジャンケン 勇次郎のチョキはグーを砕く!
 248話 機動隊曰く 勇次郎は刃牙を食事に招待し、機動隊をビビらせながら帰る
 249話 最後の晩餐 刃牙と勇次郎の食事会は舌戦から始まり、穏やかに進む
 250話 史上最強の親子喧嘩   大地震の中で二人の親子喧嘩が始まった。まずは仕置きで尻ビンタ!
 251話 真・親子喧嘩 ホテルから落下して、暴れまわる範馬の仕置きであった
 252話 仕置き 勇次郎はダメージを狙わない攻撃で刃牙を打ちまくる
 253話 超えられぬ父 勇次郎は鞭打で刃牙を責めまくる
 254話 窮鼠 痛みは得意だった刃牙も鞭打はキツい。刃牙も鞭打で対抗だ
 255話 絶大なる激痛 勇次郎は激痛で激痛をキャンセルし、刃牙はファイティングポーズをとる  
 256話 反撃の狼煙 本気を出さない刃牙に勇次郎は本気を出してくれと哀願する
 257話 溶解 刃牙こそ範馬勇次郎が作りあげた格闘の最高傑作なのだ
 258話 時速270キロ ゴキブリダッシュは時速270キロぐらいある(範馬刃牙/談)
 259話 都市伝説 範馬親子は最強の親子として都市伝説になっていた
 260話 壁の先 最強範馬親子伝説を聞いた人たちが見学に来た。勇次郎もビックリ
 261話 大観衆 親子喧嘩がニュースで報道されてしまったので、大観衆がやってきた

 そして、刃牙と範馬勇次郎の親子喧嘩が始まる。
 第一次食事会、第二次食事会、仕置き、喧嘩、大観衆と話が展開していく。
 振り返るとワカるンですけど、食事が終わってから話の展開が遅くなっている。
 範馬の親子喧嘩は超スローペースで進みそうだ。

 この調子で戦っていたら、いつ決着がつくというのだろう。
 たぶん決着は来年だとニラんでいますが、もしかしたら再来年かも。
 親子喧嘩に決着がついたら、たぶん『範馬刃牙』も最終回になるだろう。
 『範馬刃牙』は勇次郎と決着をつけるためのシリーズなのだから。

 ……烈とチャンピオンの対決は、放置か!?


・おまけ 新作情報
 今月号では藤澤勇希「BM」復活、そして来月号では板垣恵介×叶精作の新連載。プレイコミックが熱い!
 秋田書店系のプレイコミックの次号(8月25日発売)で板垣先生が原作担当の作品が新連載らしい。
 最近の板垣先生は原作担当に力を入れていくつもりなんだろうか?
 徹底したキャラ立てと、濃いセリフが板垣作品の売りだから、原作担当が向いているのかも。
 来月からは購入雑誌がひとつ増えそうだ……

虎徹、引退か?『TIGER & BUNNY 17話』

『TIGER & BUNNY』#17 Blood is thicker than water. (血は水よりも濃い)
 鏑木・T・虎徹、田舎に帰る。
 そういえば、コイツのTって何だったんだろう。
 モンキー・D・ルフィのDみたいなものか?

 虎徹の実家は『ORIENTAL TOWN』にある。
 オリエンタル(東方)っていうと、だいたいアジアと同じ場所をあらわしているから、中東なんかもふくむ。
 でも日本っぽさが全開の土地柄ですね。
 平屋家屋とか、やや田舎の風景だな。なんか『耳をすませば』状態だ。

 そして、今回は鏑木酒店の全容があきらかになる。
 虎徹の兄がついで経営しているようだ。
 ちなみに兄の名は村正です。
 村正虎徹とは名刀好きな親だったんだろうな。

 虎徹は能力の減退に悩んでいる。
 さすがに母や兄は様子がおかしいと気がついているようだ。
 やっぱり"血は水よりも濃い"ってことですか。
 ちなみに娘の楓は気がついていないみたいだ。
 まあ、経験不足ってことで。

 虎徹は勝手に楓の部屋に入って、引き出しを開けて怒られる。
 そりゃ、怒られるだろ。
 勝手に息子の部屋に入って掃除をして、秘匿されている書物を整理しちゃう母親なみに怒られる。
 虎徹さんも子育ての経験不足が問題だよな。
 一緒にお風呂とか、一緒に寝ようってのは、HENTAIあつかいですか。
 おじさん、切ないな。

 亡き妻・友恵は虎徹にヒーローでいてくれと遺言していた。
 だが、能力が減退してはヒーローではいられない。
 虎徹は一人で涙する。

 楓のピンチで虎徹は残り少なくなった能力をつかう。
 聴覚を高めて楓を見事に救うのだった。
 やっぱり、ハンドレットパワーって五感も高めることができるのか。
 選択と集中で右腕だけ100倍で10分間とかできればいいのに。
 もっとも、腕のパワーにふりまわされて、肩が脱臼しそうだけど。

 みんなのヒーローになれなくても、楓のヒーローになればいい。
 虎徹は予想もしなかった凄い解答を見つけだす。
 人の親としては満点の解答かもな、コレ。
 で、引退を決意してシュテルンビルトに帰っていく。
 だが、すんなり引退できるんだろうか?
 これだけ感動的にしめられて、次回ひっくり返されたら、けっこうツライものがありますよ。

週刊少年チャンピオン11年34号感想

● 週刊少年チャンピオン11年34号感想
・ バチバチ

 鯉太郎は小兵だから投げの打ち合いでも不利なんだろうな。
 力とタイミングで勝負したらタイミングが勝つらしい。
 体格で劣っているから、鯉太郎こそタイミングで勝負しないと今後がつらいだろう。

 でも、土壇場で吽形さんの言葉を思い出したから、新・鯉太郎スタイルが誕生しそうだ。
 鯉は瀧を登れば竜になる。
 二代目・火竜の誕生も近いぞ!

・ 弱虫ペダル
 小野田くんが「この中でアニソンの歌える人はいませんか!?」と募集して集団をアニソンで引っ張る。
 そんな風に考えていた時期が俺にもありました。アニソン集団は恐怖だろうな。
 で、真波くんが最終日にしてついに本気になりそうだ。君、どんだけマイペースなんだよ。
 このイキオイなら、平地で広島呉南の6人に追いついて坂でブチ抜きそうな感じだ。

・ てんむす
 過去、おやきを食べたときに熱くてのた打ち回った記憶がある。
 そんなときは半分にちぎって食べると冷めやすいというのが母から教わった生活の知恵です。厳密に言えば肉まんへの対策として教わったんだけど。
 ありがちな方法だと思うけど、長野女子体育大付属高校は知らないようだ。
 技術ではなく根性で食べる部活なんだろうか。

・ クローバー
 あのハヤトがシャッキリ接客している! 労働は人間を成長させるなー
 マスクにもちゃんとしたワケがあったんですね。
 ハヤトを倒し、刃物傷を持つなど、見た目に反してヤバい筋の実力者っぽい。

・ シュガーレス
 シャケvs兼光の頂上対決は過去の回想も含めてじっくりやって欲しいけど、短期決戦なのか?
 そして、マルモが間に合い安藤が復活した。
 豪華キャストでお送りします。

・ ナンバ
 予想通りのクズ反応だ。剛はクズを見慣れているだろうけど、今回はどうなる。

・ イカ娘
 さすがイカ娘、便利だ。
 本気になったら勇次郎と互角に戦えるんじゃね?
 でも、千鶴さんに負けている時点でダメか。

・ 少年探偵 狩野俊介
 松島幸太朗先生の絵柄がロリプニっぽい感じになった。
 足首が目立たなくなって、指も丸っこい。みつどもえみたいな感じだ。
 自殺の謎については、まったくワカりません。ヒント、プリーズ。

・ 星矢LC 外伝
 この世界の黄金聖闘士では蠍座がイチバンのHENTAIだ。
 獣闘士(ジャガー)ってのは、どこ所属の戦士なんだろう。
 なんか変なバトルになりそうな予感がする。
 そして育ってない感じのサーシャ様はやっぱりイイ!

● ヤンジャン
・ キングダム

 イケメンの兄(もどき)二人の妹が鳥の被り物をして「生存戦略」と説くのが、輪るキングダム。
 やっぱ皇帝になろうとするものはラインハルトみたいに必中もってないとダメか。
 蒙恬が政の長男誕生を祝うってのは、後の歴史を思うと切ない。

・ タフ
 最近、灘神影流の人たちは自信があるから余裕ぶっているのか、虚勢で強がっているのか、実力を過信してピエロになっているのか、わからなくなってきた。
 飛べなくなった尊鷹さんは、どれだ?
 目をやられた鬼龍はピエロになりつつあるよね。それ以前に今回も出番なし。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 杉江って、リーダーシップもあったのか。黒田に引きずられているように思っていたけど、見方を変えれば黒田を押さえていたのね。
 しかし、これだけ問題児扱いされる黒田って……
 ディフェンスの指揮は冷静で本人の能力も高く、杉江はキャプテン向きかも。
 で、やっぱり黒田が問題児か。人の心配している場合じゃないぞ。

 そして、村越の意外な秘密が判明する。
 スポーツ選手の奥さんは芸能人が多いですからね。
 どんな出会いで、どうやって口説いたんだろう。
 ……村越さんも目が光ることがあったんだ。

ゴーカイジャー「22 星降る約束」、オーズ「43 アンクリターンズ」、スイプリ「23 涙は世界で一番ちいさな海」

・ 海賊戦隊ゴーカイジャー「第22話 星降る約束」東映TV朝日
 伊狩は過去のスーパー戦隊名鑑を完成させる。
 これでスムーズなチェンジができるぞ。
 恐竜・動物・乗り物・幻獣系の戦隊は多いから勉強しておかないと難しい。

 寡黙なジョーだけど、仲間への思いは強い。
 積極的に買出しに行くぐらいだし。
 そんなジョーだから友情を大切にする少年に協力しちゃうんだろうな。

 大きな小惑星攻撃はなんか『逆襲のシャア』(AA)みたいだ。
 豪獣神は伊達じゃない!
 ちょっと、あっさり大きな小惑星を壊しすぎだと思うけど。
 大きな小惑星が二つに割れて、片方が地球に落下するんじゃないかと心配したよ。

・ 仮面ライダーオーズ 第43話「ハゲタカと対立とアンクリターンズ」東映TV朝日
 せっかく復活したアンクだけど、超ワガママだ。
 メダルを砕かれて完全復活の望みを断たれたからチョット厳しいことになっているのかも。
 アンクは泉信吾の肉体をのっとって逃亡するのだった。
 なんか今まで築いてきた信頼が台無しだ。今回ばかりは、アンクに裏の考えとか無さそうなだよな。

 で、アンクはウヴァが取りついたっぽい緑目のおっさんからヤミーをつくる。
 誕生したのはハゲタカヤミーだ。
 あー、ヤミーっぽい動物だ。ヤミーというか闇金だ。ハイエナと同じぐらいイメージ悪い感じで。

 風をあやつる厄介なヤミーだ。
 でも、二戦目ではタコ脚の吸着とクレーンアームのワイヤーで吹っ飛ぶのを防いで戦う。
 まさに備えあれば憂い無しだ。
 で、ゴリラ腕のロケットパンチとバースの攻撃で勝利する。
 うん、なんかアンクいなくても問題なくなってきたようだ。

 でも、映司としては戦いをタトバコンボではじめたいらしい。
 防御力が高くて様子見に最適とか、そんな理由があるんだろうか。
 イチバン馴染みのあるフォームだから扱いやすいのかもしれないけど。

 映司のグリード化と紫メダルのもつメダル殺しにアンクや鴻上会長は危機を感じている。
 このままだと映司が孤立無援になってしまいそうだ。
 アンクはカザリたちとも合流し、グリード連合を結成する。
 映司は全方位に敵がいる中で、どう戦うのか?

・ スイートプリキュア♪「第23話 ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」ABC東映
 あいかわらずセイレーンは捨て猫状態だ。
 いや、今の名はエレンか。
 エレンはすっかり捨て鉢になっているようだ。
 知り合った少年マモルに対しても、ヤケクソを推奨している。

「ねぇ お姉ちゃんにもホントはいるんでしょ?」
「大すきな人 大すきに なりたい人」

 ところが、逆にマモルに説教されてしまう。
 子供に説教されるなんて、どんだけ凹んでいたんだか。
 ちなみに「大すきな人」はハミィで、「大すきに なりたい人」が響奏みたいだ。
 響に親友あつかいされてボロ泣きしていたのが効いている。
 ちゃんと奏も入っていてよかったね。

 エレンのプリキュア変身を後押ししたのは、やっぱりハミィだ。
 最近のハミィは男前すぎる。ネコだけどタチだよな。
 そして、トリオ・ザ・マイナーは超級覇王電影弾を使ってきやがった。
 今週はガンダムネタでシンクロニシティーですね。

虎徹さん落下中『TIGER & BUNNY 16話』

『TIGER & BUNNY』#16 Truth lies at the bottom of a well. (真実は井戸の底にある)
 ルナティックは過去を回想する。
 父親の家庭内暴力により、炎のNEXTに目覚め父を焼き殺した日を……
 って、親父の声がレジェンドじゃないですか。
 なんという因縁だ。

 そして、虎徹はレジェンドも能力を減退させていた可能性を聞かされる。
 憧れの人が堕ちていたという話はショックだろうな。
 私もショックだ。

 何事も引き際ってのは難しい。
 歴史を振りかえると栄光をつかむ人は多くいるけど、良き最後を迎えられた人は少ない。
 詩仙の李白も、出生して手柄をたてたあと、さっと引退して良き最後をむかえたいと狙っていたそうだ。
 もっとも、出世できなかったらしいけど。

 レジェンドだけでなく、虎徹も自分の進退を考えねばならない状態だ。
 がんばっているけど、能力の使用時間はどんどん減っている。
 能力が切れたら普通の犯罪者にも負けてしまう。
 スーツさえ着ていれば良かったのに。
 あと、時間が短いんだから、さっさと決めれば良かった。脚を折るとか。

 いっぽう、バーナビーはレジェンドの記録を上回り栄光の絶頂にいる。
 そんなバーナビーこそ落ちそうで心配だよな。
 マーベリックはあいかわらず怪しいし。

 失意の虎徹さんは田舎に引っこみそうな勢いだ。
 アカデミーの教官とかできないもんかなー。
 引退するスポーツ選手って、その後の人生が難しい。

ゴーカイジャー「21 冒険者」、オーズ「42 グリード化」、スイプリ「22 キュアビート」

 遅れてしまいましたがヒーロータイムの感想です。
 縮小感想になっていますが、本当は超盛りだくさんの内容だった。

・ 海賊戦隊ゴーカイジャー「第21話 冒険者の心」東映TV朝日
 ボウケンレッド明石の登場だ。
 変身できなくてもチーフはチーフですね。ちょっとした冒険でゴーカイガレオンに忍びこんでいる。
 私の知る限り、もっとも便りになるレッドだったなー
 ゴーカイレッドのキャプテン・マーベラスも似た感じのレッドだから気があうかもしれない。

 で、そういえばvsシリーズでアカレッドと共演したのが明石だったか。
 ひさしぶりに見たけど、やっぱり明石は頼れる男だった。

・ 仮面ライダーオーズ 第42話「氷とグリード化と砕けた翼」東映TV朝日
 映司のグリード化が進んでいるらしい。
 とりあえず味覚がおかしくなっているそうだ。
 う~む、『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ですな。
 『ベルセルク』のガッツかもしれない。ガッツさん、早く妖精の国にたどりつかないとムチャ死しますよ。

 ガメルはお菓子を美味しいといって食べている。
 でも、ケンダマも食べているので、実際は味覚がないのだろう。美味しいごっこにすぎない。
 メズールさんも そこまでは付き合えないみたいだけど。

 ヤミーに襲われた人たちはオーズに助けを求めるよう強制される。
 助けを求める声にオーズ=映司はこたえようとするが、それは自身の命を削る行為だ。
 比奈は映司を引きとめようとする。だが、映司は振りきって人助けに行ってしまう。
 美少女の引止めよりも、人助け優先ですか。
 つうか、グリード化のせいで比奈ちゃんが可愛く見えなくなっているのかもしれない。
 グリードはつらいな。

・ スイートプリキュア♪「第22話 ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」ABC東映
 猫化できなくなったセイレーンは泊まる家もなく街をさまよう。
 家無き猫だな。
 いきなり変身させられて世間に放り出される。
 なんかヒモなしでバンジージャンプさせられたような突き放しっぷりだ。

 でも、ハミィの信じる心でキュアビートに変身する。
 クール系のキュアビートはカッコカワイイ系だ。
 ハミィとセイレーンのからみだと、響奏が引き立て役になっちゃうよなー

「範馬刃牙 261話 大観衆」感想


2011年7月21日(34号)
第3部 第261話 大観衆 (917回)

 勇次郎に投げられた刃牙が壁をやぶって落下したッ!
 最近の刃牙にとって落下なんてご褒美みたいなモノだから問題なし。
 高い所から落ちたほうがより快感も大きいとか思っていそうだ。

 刃牙は普通に受身をとってことなきを得る。
 普通の受身かよ!?
 五接地転回法は7~8mの高さから落ちても大丈夫らしい。(グラップラー17巻 148話)
 だが、刃牙は普通の受身でそれ以上の効果を出せるようになった。

 進化する怪物だなぁ……
 なんかもう、普通の正拳突きをするだけで剛体術なみの破壊力をだしそう
 それとも、あの受身はG師匠が憑依した"昆虫は墜落死なんてしないんです受身"だろうか?

 刃牙の息の根を止めるには、殺虫剤だけじゃ足りないかもしれない。
 熱湯とか液体洗剤とかホウ酸ダンゴとか、とにかくイロイロ試すしかなさそう。
 ちなみに液体洗剤が効くのは昆虫の呼吸器官である気門を液体がふさいで窒息死するからだ。つまりサラダ油でも代用可能です。
 刃牙もオイルぬってテッカテカになると死んでしまうかも。

 落下した刃牙はワンバウンドで体勢を立て直し、ファイティングポーズで着地した
 師匠はGだけど、この動作は純正の戦士だ。
 性格に問題があったり、師匠が好きになれなかったり、イロイロ困った部分のある範馬刃牙だけど、今回はちょっとカッコ良かった。
 これで女性ファンが7人ぐらい増えたかもしれない。
 ゴキブリダッシュで、91人ぐらい減ったと思うけど。

 ファイティングポーズをとった刃牙は背中に大歓声を受けた。
 ふりかえって、ビックリする。
 そこには大観衆がいた。

「バキか!?」
「これがバキ!?」
「ホンモノか!?」
「小せぇな意外と」
「ホンモノだッッ」
「ガタイいい~ッッ」
「カワイイ~~♥(はぁと)
「バキィ~ッ」
「お父さんはァ!?」
「カッコいい~~ッッ」
「オーガが叩き出したんだッッ」


 みんな、かなりの事情通だ。
 予想外の観客登場で、刃牙も勇次郎もポカーンとなってしまう
 ちょっとカッコ悪いところを見せてしまった。
 闘争はコンマ1秒の奪い合いだというのに、数秒ぐらいスキだらけだったぞ。

 なんでこんなに人が集まったのか?
 それは、新宿区セントラル○○○○○○○ホテルの封鎖がニュースで伝えられたからだ。
 ニュースで伝えちゃうのかよ!?

 しかも、封鎖の理由が『親子喧嘩』だと言っている。
 それはいくら何でもプライベートな話題を配信しすぎじゃないか?
 blogやTwitterで、なにを食べたのか逐一報告している人でも、ニュースで『親子喧嘩なう』を伝えられたらイヤだろう。
 視聴者だって、他人の晩飯メニューを報道されても特に嬉しくない。

 もっとも、ニュースは公共の利益になることを伝える役割もある。
 新宿のホテルが封鎖されたのは、有益な情報だ。
 知人がホテルにいたのなら、その安否だって確認したいだろう。

 で、ホテル閉鎖の原因だって知っておきたい。
 テロか? 事故か? 地震か?
 正解は親子喧嘩でした。
 ホテルに銃を持った男がたてこもっているような危険な状況となっている。

「現場からの中継が入ったもようです」
「春日さん!?」


 台風中継のように現場の春日さんがレポートする。
 範馬親子がダイビングの下敷きにした車をカメラで写す。
 現場で起きている破壊の象徴として、ワカりやすい絵だ。
 ゾウが上にのっても、こんな風に壊れないだろう。

 ちなみに、この車は総理大臣専用車だそうで。
 勇次郎は知ってて狙ったのだろうか?
 だとすれば、なかなかシャレだことしますね。
 親子喧嘩を止めようとして、徳川さんに鞭打(ビンタ)されたりと、首相は痛い思いばかりだ。

 範馬親子の都市伝説を知っている人たちは、この報道に反応した。
 噂だと思っていたことが現実となっている。
 野次馬根性がスパークして点火(イグニッション)しちゃった。
 馬どもはホンモノの範馬親子を見ようと新宿へ向かう!

 作中は何曜日なんでしょうね。
 報道ステーションっぽいニュースで伝わったみたいだから、10時すぎだ。
 今から新宿に行ったら、翌日の学校や仕事が大変ですよ。
 これだけ人が集まっているから、金曜日か土曜日なんだろうか。
 まあ、なんにしてもみんなヒマ人だよな。
 私なら、金曜日か土曜日だったら サイト更新サボってでも行きますが。

「いやァ……」
「ま…………」
「しょうがねェッかァ…」


 刃牙は、この状況を しょうがない で片付けた。
 ものすごい投げっぷりだ。
 細かいことをまったく気にしてない。
 この大らかな性格なら、将来ハゲないんだろうな。

 刃牙は、それでイイかもしれないが勇次郎はどうなんだろう。
 大勢に見られるのは恥ずかしいのか?
 気持ちを素早く切り替えられたぶん刃牙のほうが有利かもしれない。
 範馬親子喧嘩は公開喧嘩へとスタイルを変えた。
 このまま劇場型喧嘩となるのか?
 次回へつづく。


 これだけの人間が集まったのはテレビの報道が原因だったのか。
 東京都の人口は1000万人以上だ。
 視聴率10%だとして、100万人の人間が親子喧嘩の情報を知る。
 そのうち1%の人間が行動したとしても、1万人が集まる。
 テレビの宣伝効果はまだまだ捨てたもんじゃない。

 範馬の親子喧嘩はこのまま独占生中継されてしまうのだろうか?
 そうなったら古舘伊知郎がニュースそっちのけで実況をはじめそうだ
 やはり、コレだけの大一番はみんなに見てもらいたいという天の采配だろうか。

 だが、それでも情報漏洩の原因が気になる。
 たぶん首相の周辺なんだろうけど。
 だいたい、グシャグシャに壊れた車がなんで総理大臣専用車だとワカったのか?
 周辺の人間(あるいは本人)が情報を漏らしたのだろう。
 これはもう罰ゲームとして、勇次郎にオシッコポーズをとらされるの刑しかないな。

 観客ができたことで、刃牙と勇次郎の意識に変化が生じたハズだ。
 とりあえず、全裸にはなりにくくなっただろう。
 刃牙なら辱めを受けるために、あえて全裸になるかもしれないけど。
 写メでパシャパシャ撮られるのが、賞賛の拍手に聞こえるぜ!

 外野がうるさければ、勇次郎も集中力を切らすかもしれない。
 観客におどろいているので、すでに集中力が切れている可能性もありますが。
 刃牙はもともと集中力が足りなくて不意打ちをよく喰らう子なので、まったく問題なし。

 コレだけ世間に知れ渡っているのなら、刃牙たちの友人知人も大集合するかも。
 かつて戦った強敵(とも)たちが刃牙を応援する王道展開だ!
 神心会グループは正拳突きで応援する。
 花山たち暗黒街グループは無言で見守る。
 渋川先生、本部さんなどの武術家グループは解説対決だ。

 烈は米国にいるので、事件を知るのが十数時間後になる。
 あまりの疎外感に、烈はひとりで こっそり泣くのだった。
 そもそも、最近は出番もない放置プレイだしな。

追記 (11/7/27)
 刃牙は一回休みで、来週が三倍祭りらしい。
 あいかわらず誰が喜ぶのかワカらない企画だけど、今回もヤるみたいだ。
 そんなワケで明日は、親子喧嘩のまとめ予定です。
 振り返るとワカることがあるかもしれない。

 一回休載を挟んで、刃牙と勇次郎のバトルは新局面をむかえるのだろう。
 なにしろ二回分だし、話が進むのは間違いあるまい。
 意外と大ゴマで殴りあうだけのシーンが二回つづく可能性もありますが。
 ノーガードで殴りあいはクライマックスでやるものだから、まだ早いか。

 やっぱり、大勢の観客をどう使うかが今後のカギになりそう。
 刃牙も読んでいた小池一夫『人を惹きつける技術』(AA)では、主人公にオーラを、ライバルにはカリスマをと書いてある。
 温かみのある人間的魅力がオーラで、人を恐れさせ支配する力がカリスマだ。
 勇次郎は圧倒的な強さで、人を恐れさせ支配し、ストライダムに会計を清算させる。
 たいする刃牙はオーラを身につけねばならない。
 もう今さら遅い気がするというか、確実に遅いんだけど、なんとかしないと。

 温かみのある人間的魅力ですよ。
 昔はあったような気がするけど、今の刃牙は生温みのある非人間的な魅力の持ち主になっている。
 戦っている途中で人間的に成長して魅力が増すってのは、難しそうだよな。

 でも、克己は花山と戦って人間的に成長した。
 克己にできたのなら、刃牙にだってできるハズ。
 なにしろ、パクるの得意だし。
 だけど、試合に勝って勝負に負けたと、自分の未熟を認める心が必要なんだよな。
 刃牙は土台から作り直さないとダメかもしれない。

追記 (11/8/3)
 次回、刃牙三倍祭り!
 本当は本編19ページ×2 + カラー袋とじ8ページだから、2.5倍祭りなんだけどな。
 カラーで袋とじにすると二倍強いんだよ!
 きっと購買力が二倍になる! ……のはエロだけという気がします。
 Amazonの商品紹介でもエロは3倍売れるというウワサだし。(※ ただし、バキSAGAは除く)

 刃牙もさらに飛躍するのならエロはさけて通れない道かも。
 とりあえず梢江が出てきて無意味にパンチラを連発する。
 ……のは、G師匠が大量に出現するのに匹敵する劇薬だから、やめたほうがいいか。

 そうなると、刃牙と勇次郎のセクシーファイトに期待するしかない。
 いきなり竹ヤリでB-29を落とすみたいな高難易度の課題になった気がするが、梢江ファイトよりはマシかも。
 オイルぬって親子で半裸の絡みあいをすれば、一部好事家にバカ受けするかもしれない。
 大勢あつまった観客は刃牙を「カワイイ~~(はぁと)」「カッコいい~~ッッ」と絶賛していた。
 刃牙のセクシー大アピール作戦はけっこう賞賛が高いのだ。
 作中世界では。

 最近はTwitterなどもあるので、情報の拡散が早い。
 刃牙と勇次郎の闘いもすぐに世界に知れわたることだろう。
 セクシーハッスルバトルが始まってしまったら、無修正の画像が世界中に流出するにちがいない。
 なんか、変な方向での世界征服を完成させてしまいそうだ。

 中国人のこだわりは、性・闘・食だったハズ。
 食事にはじまり、闘いに発展した範馬親子は、エロで幕を閉じるとみた。
 実現したら、一回休んでの刃牙三倍祭りをはるかに凌駕する誰得な展開だな。


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。8/28(日)にサイン会も開催だ!
収録は1話から

どげせん 2巻 (ニチブンコミックス) 板垣先生がプロデュースする衝撃の話題作『どげせん2巻』が、発売決定だ!
土下座でどこまで昇りつめるのか!? 発売日は6月29日です。
収録は8話から16話まで!

範馬刃牙(29) (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙29巻が6月8日に発売される。
ついに、烈vsスモーキン・ジョー・クレーザーが決着だ! そして、ヘビー級王者登場……。登場したんだよな。
そして親子喧嘩がはじまろうとしている。29巻は236話から243話まで!

ジャイアントロボ(9)地球の燃え尽きる日(完) (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日がついに完結だ!
俺たちの戦いはこれから始まる! 実に今川作品な終わりかたでした。でも、続編がはじまるよ!
大きな謎のいくつかが明らかにされ、話は一応の大団円をむかえる。
最終9巻は4月20日発売だ。

みつどもえ 増量中! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ 増量中! 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ 増量中! 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] みつどもえ 増量中! 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
みつどもえ増量中 1巻~4巻 が発売中+予約受付中
ちなみに4巻の店舗購入特典では収納用BOXもついてくるそうな。
DVD版も1巻2巻3巻4巻とそろっています。
アニメ版の感想はこちらに!

週刊少年チャンピオン11年33号感想

 スケジュールの都合で、いまごろ先週の感想を書くことに……

● 週刊少年チャンピオン11年33号感想
・ バチバチ

 うーむ、やっぱりモンゴル蒼希狼は野生のカンで闘うのか。
 頭ではなく本能で闘う鯉太郎とジャンルがかぶっているから実力差が出ちゃいそうだな。
 いや、鯉太郎もスゴいんだけど。

 打撃対決から組み対決に移行した。
 さっそく吽形さんの教えが活きているようだけど、組みじゃまだ不利みたいだ。
 ここから どうやって握力を活かせるかだけど……

・ 弱虫ペダル
 これは意外なカップリングが誕生だな。つうか3人プレイ。
 福富に似ている → 趣味も似ているかも → オレのこと、どう思っている?
 荒北は福富の好感度を探ろうとしているんだろうか?

・ クローバー
 たぶん、クローバー史上、空前にしておそらく絶後のとんでもないヤツが出てきた。丹波文七クラスだな、こりゃ。
 恐怖、動物マスク・ヤンキー。
 そして、ここにも釣り人が……

・ てんむす
 前回の成績通りだと1勝3敗になってしまいそうなオーダーだけど……。
 ついに勝敗の見えない相手とのガチンコ食バトルが始まるのか!
 対戦の組み合わせも実力伯仲で良い勝負になりそう。

・ ドラゴン・ハイドレート
 ギャンブルフィッシュ原作の青山広美が原作の新連載だ。
 メタンが入りこんだ氷メタンハイドレートならぬ、竜が入りこんだドラゴン・ハイドレートですか。
 熱すると竜が出てきたりして。
 魔人・宮本武蔵と、イケメン水戸光圀で、豪華時代劇になりそう。

・ シュガーレス
 バカばっかの大ケンカ祭りだ!
 乗りおくれちゃったマリモたち巨漢組みがちょっとかわいそう。
 そして、ついにシャケが本気を出すときが来た!

・ 星矢LC 外伝
 魚座は師弟愛の話でしたね。
 再開を約束する感動的なラストなのだが、その後の展開を知っているから哀しいオチに見えてしまうのが切ない。

● ヤンジャン
・ キングダム

 狙いは対秦連合ですか。作中時点での秦はかなり強大だからそんなに怖くないのかもしれないけど、ピンチはピンチだ。
 外交には外交で対抗するのが上策だろう。秦の首脳陣はどんな手を打つのか?
 しばらくは政治の話になるんですかね。

・ タフ
 不利なところで闘うほうが勝つってのが、バトル漫画法則か?

● モーニング
・ GIANT KILLING

 川崎はテンション高い選手が多いなー。撮るなーはちょっと笑ってしまった。
 村越はベンチ入りもせずに完全休養で、トニーとガブが入ってくる。
 攻撃、というか機動力重視の布陣だろうか。

 で、守りはキャプテン杉江にかかっている。
 杉江は良い選手だけど、指揮能力はどうだったか……
 なんかいつも黒田とつるんでいて、みんなを引っ張るタイプには見えない気もするけど。
 反省と自己分析ができる冷静さをもっているから、頭脳に不安は無いんだけどね。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)