2011年11月

剣と爆破と偵察と『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』

 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』(AA)をボチボチやっています。
 剣は期待していたほど動きをトレースしていないかな。
 というか、剣の角度をすばやく変えると、その動きを拾って攻撃しちゃう。
 角度自体はちゃんと感知しているんだけど。
 雑魚であるボコブリンもガードが固いから、ちゃんと考えて斬らないといけないんだけど。

 冒険はやっぱり楽しい。
 いきなりマックス楽しいってワケじゃなく、爆弾の出てくるオルディン地方に行ってからが格段に楽しいな。
 でも、そりゃ爆破するのが楽しいだけかもしれないが。
 しかし、ちょっと自爆が多くて死にそうです。
 まだ、オルディン地方のダンジョンにすらたどり着いていないし。

 新アイテムのクワガタ型操作メカ・ビートルが楽しい。
 操作は難しいんだけど、遠くのアイテムも取れるし非常に便利だ。
 なにより、飛ばして偵察ができるってのが良い。
 これで、物陰に潜んで不意討ちができたら良かったのに。いや、それじゃちがうゲームだ。
 もっとも敵の背後を取って忍び足で近づいて微塵切りにするのはできる。

 だんだん面白くなってきた所なんだけど、マリオカートが発売されたら一時中断です。


7SPOT 「NEWラブプラス」スタンプコレクション
 東京23区内のセブンイレブンで「NEWラブプラス」のスタンプコレクションと体験版ができるらしい。
 って、23区かよ! 市民は東京都民じゃないといわんばかりの仕打ちだ。
 と、23区に行くより埼玉と神奈川のほうが近い東京都民は嘆くのだった。

Fate/Zero『9 主と従者』、ガンダムAGE『8 決死の共同戦線』

・ Fate/Zero『第九話 主と従者』
 即死しなかったのは奇跡とまで言われたケイネスだが、魔術師として終わっている宣告を婚約者ソラウに受ける。
 ソラウはケイネスの指を折って、令呪を譲渡を迫るのだった。
 ちなみに、アレは安全な折りかたをしているのでマネしちゃダメだ。
 肉体がほとんど死んでるので痛くないらしいぞ!

 ランサーの望みは騎士としての忠義を全うすることだった。
 たぶん今回のマスターでは遠坂時臣ぐらいしか相性良くないよ。
 切嗣とも仲が悪いだろうな。
 騎士道大原則を貫きたいランサーだけど、本人の望まぬままに昼ドラっぽい世界に放り込まれてしまうのだった。
 ランサーもヤバい空気を感じているんだろうけど、わずかに残った忠義の可能性にかけてしまうんだろうな。
 なんか、ギャンブルで破綻していく人を見る心地です。

 セイバーも主敵の設定で切嗣ともめている。
 左手を負傷したままのセイバーを元に戻すにはランサー陣営を倒さねばならない。
 逃げる敵には追い討ちをかけるのが常道だ。
 ランサーとケイネスを狙うのは正しい。
 が、子供が犠牲になっている現状を放置するのは倫理的に問題あるよな。騎士道的にも。

 大きな幸せのために小さな犠牲を無視する。
 指導者として考えは間違っていない。
 というか、セイバーさんも生前はそういう王様で臣民から冷たいと非難されていたんだけどな。(Fate/stay night)
 王の立場から退いただけで、地の性格が出てきちゃったってコトでしょうか。

 いっぽう、ライダーとウェイバーは川の魔術残留物からキャスターの居場所をつきとめる。
 地図見て穴があったと即答できちゃうライダーはすごいな。
 漫然と眺めるのではなく、伏兵や偵察のことを考えながら地形を見ていたのだろう。
 さすが戦争の天才だ。

 そして、即座にライダーは出陣する。
 危険があるとウェイバーは止めるが、ライダーが止まらない。
『一般に、軍事作戦では、すべての敵情を入手するまで作戦開始を待つことはない。』『約二五パーセントの情報が入手できれば、攻撃開始である。』(ゲリラの戦争学
 こちらが敵のことをワカらないように、敵もこちらのことがワカらない。
 ならば先制攻撃で主導権を奪うほうが良いってことだろう。

 キャスターは外出中だったが、かわりにアサシンがいた。
 ライダー陣営もアサシンの健在と、裏での動きを察知したことになる。
 これで背後からアサシンに刺される可能性がグッと減った。
 つうか、本当に切嗣はアサシンと相性バツグンだよな。
 アサシンとなら、いかに背後から刺すか仲良く作戦会議できただろうに。
 嫁はドン引きするかもしれないけど。


・ 機動戦士ガンダムAGE『第8話 決死の共同戦線』
 赤いパワータイプのタイタスがお披露目だ。
 意外と強くないな。
 敵を蹂躙するほどじゃなく、1対1で戦えば充分勝てるレベルだ。
 ガンダムAGEはRPGみたいに段階的に強くなっていって、敵も同じように強くなる。
 だから爽快感が少ないんだよな。
 デビュー戦ぐらい大活躍しても文句ないんだけど。

 と思ったら大活躍だ!
 ウルフの新機体Gエグゼスが強い!
 つうか、もう完成かよ。量産している自動車だってこんな早く納車されないぞ。
 タイタスがすごいガンバって初めて破壊できた敵装甲も、Gエグゼスのビームサーベルなら一発だ。
 AGEシステム、意味ないな。

 でも、前向きに考えればフリットは、コレを期に裏方に回って機体開発に専念できるかもしれない。
 命令を無視するし、考えは浅いし、操縦技術も特別高くなさそうだ。
 機体開発をしていたほうがイイと思うぞ。

 それはともかく、コロニー「ファーデーン」で戦争ゴッコをしていた連中も共通の敵を見つけて仲直りだ。
 Gエグゼスのビームサーベルさえ量産できれば勝てそうな気もするけど。
 そうか、ガンダムにもビームサーベル持たせればいいんだ!

ゴーカイジャー「40 未来は過去に」、フォーゼ「12 使命賢命」、スイプリ「40 ノイズの正体」

・ 海賊戦隊ゴーカイジャー「第40話 未来は過去に」東映TV朝日
 未来にいるタイムイエローことドモンからビデオレターが届く。
 なんでイエローなんだよ。って、タイムレンジャーのリーダーはドモンだったな。反対する人がいなかったから立候補でそのまま決定って感じで。

 なお、未来戦隊タイムレンジャーは仮面ライダークウガと同時期にはじまった戦隊であり、私がちゃんと戦隊を見るようになったのはこの作品からだ。
 思い入れが強いわけじゃないと思っていたけど、メインと追加戦士の6人をしっかり覚えているので、本当は大好きだったのかもしれない。
 今回の変身シーンで、タイムレンジャーの特徴であるマトリックスっぽいカメラ演出が出たときは、思わず身を乗り出しちゃったし。

 ドモンは過去にあまり干渉するなと言っていた。
 しかし、ゴーカイジャーは手を出すし、口を出すしで、やりたい放題だ。
 お前らノリで行動するタイプの戦隊だよな。
 もっともドモンも現代人に種付けして帰っていった人間だから、大きなこと言えないだろうケド。
 出てきた子供の母が記者だと聞いて、ドモンJr.とわかる。
 正直、ドモンJr.のその後より、不治の病を抱えたまま未来に帰ってしまったブルーの安否を教えてほしいんだけど。

・ 仮面ライダーフォーゼ 第12話「使・命・賢・命」東映TV朝日
 賢吾を月に残したまま連絡通路が途切れてしまう。
 孤独な月面基地で賢吾はブチ切れるのだった。そりゃ、キレる。
 というか、人間は一人で長期間すごすと精神に異常をきたしちゃうらしい。
 早く助けないと、ヤバいことになってしまう。

 いっぽうピクシス・ゾディアーツは自分をふった女子生徒を抹殺する計画をたてていた。
 なんかすごいアクティブな男だったんですね。
 生徒をチェックする量がハンパない。

 で、ユウキにしていたようなストーカー行為を他の女子生徒に満遍なくやっていたんだろうか?
 地獄へのバスツアーにユウキが含まれていなかったのは、それなりに執着を残していたってことだろうな。
 ユウキだけが特別ってことで、改めて狙う機会を考えていたのかもしれない。

 なんとか立ち直った賢吾の助言でフォーゼはピクシス・ゾディアーツを撃破する。
 ステルス、強いな。つうか、最初から使っとけよ。
 ロッカーも廃棄されていないことがわかって一安心だ。
 これで7人の仮面ライダー部が誕生した!

・ スイートプリキュア♪「第40話 ルルル~!雨音は女神の調べニャ!」ABC東映
 転向して間もない雨の日、アコはカサをわすれてしまう。
 そんなアコに奏介はカサをさしだす。
 ギャルゲーかよ!?
 プ、プレイさせろ。いや、やらせてください。

 つらい目にあっているアコを音吉さんはいつも助けてくれたらしい。
 二人とも庶民じゃないからイロイロと生活に苦労があったのだろう。
 音吉さんはたぶん天気予報とか良くわかっていなかっただろうし。
 経済予測とかならできるかも知れないけど。

 そんな音吉さんだけど、ピーちゃんが怪しいことに気がつく。
 このネタ、長く引っぱらななくてよかった。
 ノイズは鳥のような姿をしていたらしい。
 は恐竜から進化した生物だ。いわば竜の末裔といえる。
 ノイズも竜の末裔なのかもしれない。

 正体が確定したノイズをトリオ・ザ・マイナーが迎えにくる。
 ついにノイズとの全面対決が始まりそうだ。
 とりあえず、ノイズを近くに抱えたままの危険な状況が回避できてよかった。
 あのままだと、いつ音吉さんが死ぬか。アコが夜中にエロい攻撃されるかワカらん状況だったよ。
 音吉さんはともかく、アコへの攻撃はちょっと惜しい気もするが。

週刊少年チャンピオン11年52号感想

・ バチバチ
 身近なところに思いもしなかった強敵がひそんで居やがったぜ。なんか今週の白水は男前にすら見える。
 場所での鯉太郎は速い。強いぞ。
 先手を取った鯉太郎だが、攻めきれない。
 鯉太郎のブチカマシをハジキ返せるヤツなんてなかなか居ないぞ。

 いっぽう、一撃必殺のつもりだった白水のゴリラ張り手だが、鯉太郎は倒れない。
 こっちも相当なタフネスだ。
 なにしろ鯉太郎は殴られなれているからな。

 兄弟弟子が一歩も引かない壮絶な打撃戦をしている。
 体格では白水が有利だし、ダメージを受けている部位が胸だから、その点も有利だ。
 だが、鯉太郎も負けちゃいない。
 この勝負、どう転ぶかワカらん! 相撲だけに。

・ 弱虫ペダル
 部員に投げっぱなしでフォローしない金城さんは王様体質だよな。
 今回も小野田くんがやってくれました。
 小野田がいなかったら総北はなんど脱落していたことか。
 そう考えると、けっこう活躍している主人公だ。

・ てんむす
「春風の名字にダンゴ頭?」
 大食いの血族フラグですか?
 名字ってことは母じゃないよね。それとも父親が婿養子ですか。
 才能に頼りきって努力や作戦を放棄している天子は、このへんで痛い目を見て努力と作戦の重要性を認識しておけってコトですかね。

・ 星矢LC 外伝
 フリージングコフィン!
 弟子にむけられる師からの氷の棺だ!
 これは聖闘士星矢への偉大なるオマージュか。
 しかも、ここで絶対零度に目覚めるとはッ!
 オールドファンは感涙にむせび泣くのであった。

・ クローバー
 勢力拡大をしたがらない仲間を裏切り、他組織を引き込んで叛乱か。
 これは確かにトラウマになるような事件だよな。
 そりゃ性格までかわってしまう。

・ 囚人リク
 ハバナ葉巻ならぬバナナ煙草か。
 消毒用エタノールは明らかに体に悪そうなんだけど、美味そうだ。

・ 空が灰色だから
 お願いだから続きを描いてフォローしてください。

・ ハンザスカイ
 いつもと違い応援されたので調子狂っちゃうって、気の毒な人だ。
 普段から応援してあげればいいのに。
 武士が登城するときに乗る駕籠は、緊急事態に走っていると庶民に不安を与えるってことで日常的に全力疾走しているらしいぞ。

・ シュガーレス
 全力で殴り合っても変わらぬ友情か。
 サンタさん、良いキャラだけど他校の人だから出番少ないんだよな。惜しい。
 で、謎のトラックが乱入してくる。
 正門と岳はすでに闘っているから、正門を倒してリザーバー夜叉猿の登場に期待だ。

● ヤンジャン
・ キングダム

 油をかけて火を放つ!
 ビジネスジャンプで連載されていた興亡三国志でも同じ戦法をしていたな。
 桓騎、さすがの有能っぷりだ。頼れる!

・ タフ
 ブロッケン現象じゃなくて二酸化炭素中毒による幻覚か。
 灘の当主は精神面が弱いよな。

・ デストロイ アンド レボリューション
 「学生を小さな幸せを求める人材にしか育てられない教官は、罪悪である」(クラウゼヴィッツ
 とは言いますが、友達を守れず見捨てるのは人間としてダメだよな。
 ユウキが冷たいのは、マコトが警察にマークされて危険な状況にいるから安全を考えてってコトであってほしい。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 これが椿ののびしろか!?
 シュート練習もやっている椿だけど、ロングパスの練習にもなっていたってことか?
 そして、広い視野も持っているのかもしれない。
 ボランチとしての強みをさらに発揮しそう。

 で、おいしい所をもって行くのは王子ですか。
 この活躍はのびしろと関係なく普段どおりって感じだけど。
 なんか王子が守備にも参加しそうなのは気配だけだったってことだろうか。

範馬刃牙「第278話 秘技・秘術」感想


2011年11月17日(52号)
第3部 第278話 秘技・秘術 (934回)

 身体を動かすために、脳が信号をおくる瞬間ッ!
 その引き金(トリガー)を起こす瞬間を読みあう究極の早撃ち・居合系勝負だ。
 と、思わせておいて勇次郎が手を抜く。
 まただ。また、この人は息子を甘やかした。
 厳しいようでダメパパだよ。

 『ユーザーイリュージョン』ではニールス・ボーアが自主的に銃を抜くより、相手の行動に対して反射で抜くほうが早く銃を撃てるという理論と実験を行っていた。
 これは、別の人も同じような結果を出している。(西部劇の「電光石火の早撃ち」、科学的に立証? 英研究

 この実験結果をふまえると、先に動いたほうが不利だ。
 純粋な勝負にならない。
 勇次郎は攻撃の開始をカウントダウンすることで、両者が反射による攻撃という互角の状況を作ったのかも。
 息子との勝負で公平を望むという親心だ。
 コイントスとかでも良かったんじゃないかと思うけど。

(今!!!)


 勇次郎が動く!
 その気配を察知した刃牙も動いた。
 って、けっきょく引き金(トリガー)対決になっているよ。
 前回をマルっと無駄にした気分だ。

 まあ、とにかく刃牙が動いた。
 刃牙のパクリ能力は超達人レベルだ。
 龍書文のハンドポケット抜拳術だって見ただけでパクる。
 なんども抜拳術を喰らってもパクれなかったオリバさんの立場がない。

『結果 少年の肉体が選択(えら)んだ最速は』
『手をポケットから引っこ抜かず』
『手拳の位置はそのままに』
『身を沈めることにより抜拳した』
『それはあたかも』
『柄(グリップ)を地に接地したまま』
『腰を切る(開く)ことにより抜刀する』
『居合抜きの理合(身体操作法)に似ることとなる』


 居合いの原理を抜拳術に応用したッ!
 って、なんでも応用すればイイわけじゃないだろう。
 格闘漫画をエロ漫画に応用したら『バキSAGA』(AA)が生まれた!
 なんでも混ぜたり応用すればイイわけじゃないんだ。

 居合いは、室内や座った状態からでも刀を抜く技術でもある。
 いつなんどき敵が襲ってくるかもしれない。
 福岡藩黒田家に奥女中として仕えていた「ひさ」さんは、精神的に武士だったそうだ。
『ひさは、寝顔を決して人には見せず、朝は四時頃に起きた。また、道は必ず真ん中を歩いた。もし、横道から狼藉者が出てきたら、対処できないからだという。』教科書には出てこない江戸時代
 女であっても、この心がけですよ。男ならもっと用心していただろう。

 立ちションしている所を背後から襲われても反撃できる技と心構えをもってこそ、武士だ。
 いや、立ちションしている時点で武士として問題あるかもしれませんが。
 村上春樹がジョギングにおける各国人の国民性を感じた話がある。
 イタリア人はジョギングウェアに凝り、多人数でおしゃべりしながら走り、誰かが立ちションすると雑談しながら待つ。
 アメリカ人なら待たずに先に行くだろうし、ドイツ人ならそもそも立ちションをしない。……そうだ。
 ドイツ人は立ちションしないィィィ!(ジョジョのシュトロハイムっぽく)
 きっと武士もしないな。

 居合いが腰を切るのは、手と腰を同時に動かして少しでも早く抜くためだろう。
 また、室内でも刀を抜けるようにする技術だ。
 刃牙が腕を動かさず身体を動かすのは、なんかちがう気がする。
 腕より身体全体のほうが重い。
 重いほうを動かすから、より大きな力が必要だし初速も遅くなるぞ。

 でも、早く抜けてしまうのは刃牙の身体能力がゴキブリダッシュ並みだからだ。
 理合が間違っていても、身体能力で乗り切るのが範馬一族の怖いところである。
 刃牙世界は細かい技よりもパワーなんじゃよ。

「ヤアアァァアアア」

 せっかくガンバって抜拳したのに勇次郎は、ゆっくりした打撃をだす。
 ゆるゆるした動きがフェイントになったのか、刃牙は思わず動きを止めてしまった。
 達人・渋川が柳龍光のお湯パスに引っかかったように、殺気のないゆったりした動きをされると対処できないのかも。
 野球で言えば、意表をついたスローボールを投げられて見送り三振になるような感じで。

 勇次郎の大きなこぶしが、ゆっくり刃牙の頬までたどり着いた。
 刃牙は棒のように動かず接触をゆるしてしまう。
 このミスター油断大好きめ。また、不意打ち喰らう気か?

 拳が触れた状態から勇次郎は力をこめる。
 寸勁か?
 ジャック・ハンマーが渋川先生と闘ったときの合気対策"ゆっくり動いて相手に触れる"みたいだ。
 勇次郎の寸勁で刃牙の頭がフッ飛んだ!

『息子 刃牙からの 今宵 最大の贈り物(プレゼント)
『上顎(あぎと)と………』
『下顎………』
『噛み砕く虎の顎になぞらえた 秘技』


 刃牙は勇次郎の攻撃を受けながしていた。
 飛び上がって、勇次郎の首に上から左足をかけてロックする。
 そして右足は下から膝蹴りとなって勇次郎の顎を打つ。
 ロックされ逃げ場のない勇次郎の頭に打撃の衝撃が走る。

 崩れ落ちた勇次郎の左腕を腋固め風に極めて落とす。
 打撃と関節技が複合された必殺のカウンターだ。

『その名も虎王(こおう)!!!』

 餓狼伝でおなじみの竹宮流奥義『虎王(こおう)』!
 虎王完成ッ!!
 刃牙が勇次郎に一矢報いた。
 いや、一矢どころじゃない。
 一肩間接を報いた!

 幼年編で親衛隊長・加納秀明を倒した虎王が久しぶりに登場だ。グラップラー刃牙20巻 180話)
 刃牙が幼年期を終えて少年王者にかわる節目を飾った技である。
 それが父親越えという更なる人生の節目で登場した。
 意外と因縁の技だ。
 実はバキSAGAでも、技の流れの中で出てきていたりして。
 梢江が股で挟みこみつつ腕をロックする感じで。

 刃牙に勝が見えなかった親子喧嘩だが、ここで流れが変わった。
 勇次郎の油断とサービス心がアダとなり虎王を喰らってしまう。
 これは、もしや勇次郎の初脱臼か!?
 次回につづく。


 虎王だよ!
 まさかココで虎王を出すとは思わなかった。
 いや、もう虎王は出てこないと思っていたさ。

 虎王は餓狼伝で何度も出てきたので新鮮味が薄れてきている。
 オマケに虎王もザクの派生タイプなみにバリエーションが豊富だ。
 だから、あえて原点回帰でオリジナル虎王を出したのだろうか?

 ちなみに虎王の各バリエーションを書いていくと……
・ 虎王:基本技。藤巻が謎の技として使用してから正体が判明するまでに10年かかったという幻の大技。丹波文七やキマイラシリーズの宇奈月典善も使用している。
・ 双龍脚タイプ:頭をカカト落としと前蹴りではさむ。姫川が使用した。キマイラシリーズの龍王院弘は双龍脚と呼んでいる。
・ 虎王返し:相手の腕を取って虎王をかけようとした瞬間に、地面に落とす虎王のカウンター技。小説で姫川が使おうとした。
・ フェイク虎王:虎王返しをしようとした相手の腕を逆に極めて折る。小説で長田が使用した。名前はゲーム版から。
・ 虎王三角絞め:仮称。基本の虎王と同じように入り、膝蹴りを決めた後で三角絞めをする。小説で堤城平が使用した。
・ 虎王(上):仮称。基本の虎王と同じだが、下からヒザで蹴るのではなく、上からカカトで蹴る。小説で堤城平が使用した。

 ザクのバリエーションには負けるだろうけど、やっぱり多い。
 虎王は奥が深いというか、愛されている技ですね。

『虎王は合作というか、板垣さんが絵にすることで完成した。』(夢枕 獏)

 『餓狼伝 格闘士真剣伝説』での対談で虎王誕生秘話が語られている。
 熱い必殺技の影には熱いドラマがあるのだ。
 で、名前が登場してから10年後に正体が明らかになるのだが、夢枕先生は技をちゃんと考えていなかった。
 そこで板垣先生と二人で、技によるダメージからどんな攻撃だったのかを推測して、板垣先生が動きのコンテを切って虎王が完成する。
 先のことを考えていないあたり、板垣・夢枕の両先生は似たもの同士だよな。

 さて、勇次郎にちゃんと虎王は効いているのだろうか?
 漫画版・餓狼伝では姫川が虎王を喰らいながら逆転した。
 ポイントは"歯"だ。

 顎をヒザで蹴る虎王は喰らうと普通は歯が折れる。
 だが、姫川は歯が折れなかった。そして、逆転した。
 勇次郎も歯が折れていない。
 肩を脱臼した可能性は高いだろう。
 しかし、歯が折れていない以上、まだ敗北していないと予想する。

 グラップラーにとって歯は命なのだ。
 歯が折れるのは心が折れるに等しい。
 逆に言えば、歯が無事なら勝機はじゅうぶんにある。

 例外は花山薫だ。
 あの人は勝っても負けても歯が折れすぎ。
 しかも、次に登場するときはちゃんと歯が元に戻っている。たぶん、差し歯だろうな。
 花山は戦う前にメガネを外すけど、差し歯も外せばいいのに。

追記 (11/11/30)
 刃牙、まさかの虎王完成だ!
 さすが古武術の奥義だ、勇次郎にも効く!
 刃牙はこれで勝てなかったら本当に勝ち目がないな。

 今回、刃牙が虎王を使ったこと対し、ネットで反響が大きかった。
 Twitterでも話題になっている。
 『やべぇやべぇやべぇやべぇやべぇやべぇバキ超やべー!!!!?』に まとめられているので、当時の雰囲気がわかるだろう。

 刃牙が虎王を使うのはこれで二回目だ。
 そして、作者の板垣先生も虎王誕生にかかわっている。
 という裏話を意外と知らない人も多い。
 なので、チョット虎王誕生についての話をします。

 虎王の誕生秘話は『餓狼伝 格闘士真剣伝説』での対談で明かされた。
 最初は小説を漫画にする際の苦労についての話題だ。
 竹宮流の技は、イメージ先行でどんな技か決めていないモノが多いらしい。

夢枕「仰月、浮舟、片羽千鳥……名前だけでも、グッとくるものがあるでしょう。」

 この編は小説と漫画という媒体のちがいでしょうね。
 小説は、読者にイメージの余地を残すことで、読者の脳内に最高の技が生まれるであろう。
 逆に漫画は明確な答えを読者の前に提示しなくてはならない。

 板垣先生が餓狼伝の漫画化で技の形を夢枕先生に聞いたら、決めてないといわれて困ったようだ。
 その反動なのだろうか。板垣先生が原作をかなり弄って漫画化しちゃっているのは。
 イチバン、アレだったのは藤巻が夢精したシーンだろうか。
 原作じゃあんなこと無かったのに。

 そして、技を決めてないの究極が虎王だ。
 すこし長いが引用しよう。

板垣「獏先生から電話をもらって「いよいよ虎王が原作に出てくる」って言うの。小説の中(『餓狼伝III』に、虎王って名前が出てきて、実際に書くまで10年も引っ張ってきた(笑))。僕も一ファンとして、どんな技なのかずっと気になっていたんです。そしたら、具体的な動きは何も考えていないって」
夢枕「考えてなかったんですね(笑)。」
板垣「じゃ、一緒に作ろうかってことになったんだけど、まず、虎王のダメージが体のどこに残るのかを確認し合った。」


 二人ともよく電話で話をしているようです。
 話をしながらお互いに情報のやり取りをしているのだろう。
 イメージ+情報量+妄想力の夢枕先生と、ビジュアル+実戦経験+妄想力の板垣先生がタッグを組めば、スゴい妄想が生まれる!

 面白いのは、二人が技のダメージから虎王の動きを解析しようとしているところだ。
 まるで事件現場の遺留品から犯人を割りだすかのように分析している。
 松尾象山は、首と肩にダメージがあった。
 つまり首と肩にダメージの残る技だ。

 で、夢枕先生はサンボの飛びつき逆十字をイメージしていたらしい。
 一応イメージはあったんですね。
 飛びつき逆十字の応用で、首と肩にダメージが行く技を板垣先生が提案し、言葉じゃうまく伝わらないから、絵を描いてFAXでおくった。
 ちゃんとコマを割った、動きのわかるヤツを。
 格闘漫画家の最高峰である板垣先生がコマ割りしたんだから、動きが良くわかったに違いない。

板垣「で、共同作業のお駄賃というか、「この技を『刃牙』のほうでも使えないか」って頼んだら、獏先生は快く承諾して下さった。」

 これがグラップラー刃牙20巻 180話の虎王につながるわけです。
 今回の、虎王も夢枕先生に許可をもらったのかもしれない。

 なお、グラップラー刃牙180話はチャンピオン1995年30号に掲載された。だいたい6~7月のあたりですね。
 虎王は餓狼伝VIで正体が判明した。
 餓狼伝VIは小説推理'94年11月号~'95年3月号に掲載されている。
 だいたい小説の半年後に刃牙が虎王を使ったワケだ。

 少年・刃牙が技名を出さなかったのは、餓狼伝未読の読者に対する配慮だろうか?
 餓狼伝VIが発売されたのは1995年3月30日であり、チャンピオン掲載時だと2~3ヶ月しかたっていない。
 板垣先生、すぐに使っちゃったみたいですね。

 なんにしても、格闘物語の作家として最高峰の二人がタッグを組んで生まれた技だ。
 カッコ良さ、理論、威力など、どれも素晴らしい。
 それにしても、この時 二人の仕事がどうなっていたのかが気になる。
 虎王は対戦相手だけでなく、担当者をもノックアウトしたのかもしれない。


餓狼伝 格闘士真剣伝説 (デラックスコミックス)餓狼伝 格闘士真剣伝説
板垣先生と夢枕先生の対談が収録されている。
あと、コミックス未収録の丹波文七vs日本刀のオリジナル読みきりもあるぞ。

追記 (11/12/7)
 先週は刃牙が休載だった。
 というワケで、改めて勇次郎のダメージが問われる。
 虎王は勇次郎の肩関節を破壊できたのか?

 でも、今までのパターンからすると効いていなさそうな感じだけど……
 今までを振りかえると、勇次郎は刃牙の新技を喰らうと、それ以上の技で返している。
 だから、今度は勇次郎が虎王以上の必殺技を出しそうだ。
 虎と上回るなら、竜王か!? それとも獅子王かも。
 いや、鬼王か?

 虎王は、打撃と関節技の同時攻撃だ。
 その上を行くなら、打撃と関節と投げと絞めも必要だろうか。
 いったいどうすれば、全部の要素を組み合わせることができるんだろうか?
 ジャンプで連載されていた『THE MOMOTAROH』では、モモタロウ・ストライク・スリーという打撃・関節・投げの三要素を合わせた技がでていた。
 これに絞めも加えれば完璧なんだろうけど。

 相手を殴って打ち上げて空中でチキンウィングフェイスロックを極めて関節と絞めをしながら、落下してダメージを与える。
 もう、ワケわからん状態で、どっちにダメージがあるのやらだ。
 親子心中っぽくて勇次郎に似合いの技かもしれない。
 むしろ刃牙がやったほうがイイのかも。

 なんにしても、幼年編思い出の技まで出してきた。
 決着は近そうだ。
 たぶん、2012年中に決着つくな。
 ……つくよね?


------
・おまけ 新刊情報
範馬刃牙(32) (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙32巻が12月8日に発売される。
刃牙は新必殺技のゴキブリダッシュを披露する。ここから技比べだ。
32巻は258話から!

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。収録は第零歌から第六歌まで。

ジャイアントロボ(9)地球の燃え尽きる日(完) (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日がついに完結だ!
俺たちの戦いはこれから始まる! 実に今川作品な終わりかたでした。でも、続編がはじまるよ!
大きな謎のいくつかが明らかにされ、話は一応の大団円をむかえる。
最終9巻は4月20日発売だ。

マリオ503人殺し『スーパーマリオ3Dランド』

 こんにちは。マリオを503回殺して『スーパーマリオ3Dランド』(AA)裏ステージのワールド7まできました。
 途中であきらめたステージもいくつかありましたが、ワールド7はさらに激ムズだ。
 そろそろ心が折れるかもしれない。

 ゼルダ(AA)も発売になったことだし、しばらくお休みかな。
 来週にはマリオカート(AA)が出るから、そうなったらゼルダもお休みだ。
 個人的にイチバン楽しみにしているのはマリオカートなんで、そっち優先です。
 聖闘士星矢(AA)をやるのは来年かなー。


 朝目新聞さんの更新でアサメグラフ アニメ特集12だ。
 今回はTIGER&BUNNYやまどか☆マギカなど人気ネタが多いですね。
 TIGER&BUNNYは劇場版が2012年公開決定だし、来年も楽しみだ。

漫画やアニメの登場人物のモデルになった実在の人物
 当然のように刃牙ネタ多し。

プログラマー刃牙
既婚男性がシグルイ風に愚痴るスレ
 シグルイ風プログラマーのネタも前に見た気がするし、入れ替えても通用する鉄板ネタですね。

ジャイアントロボ バベルの籠城「第8話 / 混世魔王」感想


2011年11月19日(1号)
第8話 / 混世魔王

 バベルの塔から最終爆弾ロボット兵器ガイアーが出てきて周囲を爆破する。
 勢いあまって地球まで燃やし尽くさなきゃいいのだが。
 基本的にジャイアントロボの登場人物は加減が苦手だ。
 OVAの冒頭に登場したジャイアントロボは、飛行するためのジェット噴射で街を爆破しているようにも見えるから恐ろしい。

 バベルの塔は崩壊したが、黄帝ライセは生きていた。
 さすが、殺しても死にきれないしぶとい男よ。
 ライセの場合は死体を確認しても安心できない。
 ちゃんと火葬しても、骨が残っている限り不安だ。

「お……おのれ」
「一度ならず二度までもワシの塔を」
「こうなればビッグ・ファイアの手の者など 返り討ちにしてくれる!!」


 バベルの塔ってライセの物だったのかよ!?
 そういえば、ライセが人間に命じて建築させる回想シーンがあったような。
 すると爆発はガイアーがやったんじゃなくて、純粋にビッグ・ファイアがやったのだろうか。
 で、塔を爆破したから中からガイアーが出てきたと。
 こりゃ、ライセじゃなくても激怒する。

 ガイアーをもっていたとなると、ヨミは地球観察者なんだろうか。
 見てるだけに飽きて、自分で支配したくなっちゃったのかも。
 で、それをビッグ・ファイアが止めている。
 頼むから人の家の中で喧嘩しないでくださいって感じだ。

 ……という話が10年前にあって、現在の草間大作は梁山泊の棟梁として復活した。
 打虎将の李忠、小覇王・周通もやってくる。
 李忠とヒィッツカラルドが一緒にいるのは食い合わせが悪そうだよな。

 梁山泊の連中は、棟梁に説明責任を求める。
 大作は仕方がなくといった風に説明を始めるのだった。
 いや、それぐらい説明してあげようよ。

 九大天王と村雨一家は、大作に別れを告げる。
 前作『地球の燃え尽きる日』から敵となったり、説教したり、部下となったりして活躍した彼らもここで、さらばでございます。
 てっきり爆発で吹っ飛んで世界各地に飛ばされるていどで済むと思っていたけど、死んじゃった!?
 あまりに唐突な大量死に、泣くヒマさえない。
 実は生きていました! とかで復活しますよね。いや、しないか。

 混世魔王樊瑞は10年のあいだ一睡もしないで大作を守りつづけた。
 いや、寝ようよ。仲間を呼んで三交代制にすれば8時間労働ですむよ。
 おかげで樊瑞は白髪になってふけている。
 寝ていないから、3倍ぐらいのスピードで老いてしまったのかも。

 10年の間にライセは勢力をのばし、大作を探すように部下に命じていた。
 樊瑞は大作を隠すため不眠不休で決壊をはっていたのだ。
 仲間を呼ぶ暇もなかったのだろう。
 飲食やトイレをどうしたのか疑問だけど……
 もしかしたら、結界内は時間のながれが遅いのかも。
 樊瑞はすごい勢いで老いながらも、体感時間的には1日ぐらいとか。

 大作が目覚めたのを感知して、すぐに騎馬隊がやってきた。
 速いな。自動車やヘリなんかよりも速い。
 機械より速くて強いのがエキスパートです。
 車に乗るぐらいなら、走れ!
 こんな連中が敵なのだから、不眠不休なのも仕方がないのかも。

 すでに消耗しきっている樊瑞は、大作を逃がすための盾となる。
 射かけられる矢を樊瑞は身体で受けとめた。
 BF団十桀衆のリーダーである混世魔王樊瑞も散っていく。

 一話中に主要人物が11人も死んだ!
 怖ぇ~、ジャイアントロボの世界は怖ぇ~よ。
 恐るべきキャラクターの使い捨てだ。
 今回が8話だから、話数よりも死んだ主要人物のほうが多いよ。
 最終回で何人が生きのこるんだろうか。

 そして、もうひとつ恐ろしいのは、長かった回想が終わったと思ったら、また回想が始まったところだ。
 いつになったら最終回にたどりつくのだろうか。
 寄り道すれば、そのぶん人が死にそうで怖い。
(更新 2011/11/22)


------
・おまけ 新刊情報
範馬刃牙(32) (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙32巻が12月8日に発売される。
刃牙は新必殺技のゴキブリダッシュを披露する。ここから技比べだ。
32巻は258話から!

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。収録は第零歌から第六歌まで。

ジャイアントロボ(9)地球の燃え尽きる日(完) (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日がついに完結だ!
俺たちの戦いはこれから始まる! 実に今川作品な終わりかたでした。でも、続編がはじまるよ!
大きな謎のいくつかが明らかにされ、話は一応の大団円をむかえる。
最終9巻は4月20日発売だ。



・ ジャイアントロボ関連商品
チャンピオン RED (レッド) 2012年 01月号 [雑誌]
チャンピオンRED
2012年1月号

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 8 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 8巻

(11/19)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 7 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 7巻

(5/20)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 6 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 6巻

(9/18)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 5 (5) (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 5巻

(4/20)

ジャイアント ロボ THE ANIMATION 地球が静止する日 CUSTOM COMPOSITE BOX [DVD]
OVA
DVD-BOX

(1/23)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 4
地球の燃え
尽きる日 4巻

(9/19)

リボルテック No.18 ジャイアントロボ
ジャイアント
ロボ
リボルテック No.21 GR-2
GR-2

Fate/Zero『8 魔術師殺し』、ガンダムAGE『7 進化するガンダム』

・ Fate/Zero『第八話 魔術師殺し』
 騎士道まっしぐらなセイバーとランサーが実に楽しげに戦っています。
 この二人は本当に相性バツグンだな。
 仲間として出会っていればどれだけ幸せだったことか。
 騎士道バカなところが似た者同士なんだけど、主との相性が悪すぎるところもそっくりだ。
 酒飲んでグチを言いあえば親交が深まるだろうな。

 その相性の悪い主たちは激しく戦っていた。
 狩猟用ライフルの大口径弾を使用できるよう銃身を交換した物騒な切り札、トンプソン・コンテンダーが火を噴く!
 ケイネスの水銀防御を突破した。
 でも、当たったのは肩かよ。

 水銀ごしだから狙いが定まらなかったのだろうか。
 眉間に当たっていたら一撃必殺だったのに。
 でも、切嗣としては、これで一手進んだ状態らしい。
 攻撃の失敗が、次の攻撃への布石となる。
 これが魔術師殺し衛宮切嗣の策略だ。

 まずはトンプソン・コンテンダーの威力を見せつける。
 相手は銃を警戒し、次の攻撃時に最大の魔力で防御するだろう。
 そこで撃ちこむのが起源弾だ。
 相手の魔力を暴走させて自滅させる、魔術師殺しの本領発揮だ。
 ケイネスと遠坂時臣以外には効果がイマイチなんだろうな。

 思いっきり魔術が裏返ったケイネスは、雁夜おじさんみたいな感じになってしまった。
 雁夜おじさん、今頃なにやっているんだろう。
 というか、雁夜おじさんに起源弾を撃ちこんであげたら、間違った回路が正常に繋がって健康体になるかもしれない。

 雁夜おじさんみたいになったケイネスにトドメを刺そうとしたら、ランサーが飛んできた。
 ここでジャマをしないようにするのがセイバーの仕事じゃね?
 と、内心でツッコンでいる切嗣さんであった。
 令呪も使えないぐらいグッタリしているケイネスをきっちり殺すチャンスだったのに。

 そのころ、切嗣の奥さん(アイリ)と愛人(舞弥)は、切嗣に狙いをさだめる言峰綺礼を止めようと必死に戦っていた。
 セイバーだけじゃなく切嗣もモテモテですね。
 舞弥の銃弾も効かず、達人級の八極拳がうなりをあげる。
 綺礼も立派なバケモノだな。

 アイリの針金細工で両腕を木にしばりつけるものの、寸勁で木を折られてしまう。
 あんな不安定な位置で縛られても寸勁が使えるとは……
 やはり達人だ。
 綺礼もセイバーがやってくると聞いて退散する。
 妙なところで似たもの同士なんだよな。
 ただ、二人は葛藤の種類が似ているけど、その方向性が別物なんだけど。

・ 機動戦士ガンダムAGE『第7話 進化するガンダム』
 フリットはあっさりザラムのドン・ボヤージにつかまってしまう。
 鹵獲したMS(モビルスーツ)は全部オレのものみたいな人じゃなくて良かったな。
 ザラムとエウバが、昔の恨みでいつまでも戦っているのは間違っている!
 フリットはそういうが、オマエだってUEに殺された家族の仇をとろうとしてるじゃないかと言い返されてしまう。
 まったくそのとおりですね。説得力が皆無だよ。

 でも、ザラムとエウバは土木作業MSデスペラード一機が出てきただけで共闘しちゃうていどに仲がいい。
 UEが出てきたら、もう共闘しているよ。
 というか、前回のUEがあまりに不自然な動きをしていたから、てっきりザラムかエウバと繋がっているのかと思っていたよ。

 UEは抵抗するMSよりも、逃げ出す子供を殺すほうにご執心だ。
 なんか幼稚園のバスを襲撃する怪人のような精神構造だな。
 やっぱり、軍事力を低下させずに敵の怒りを煽ろうとしているのだろうか?

 早くもドッズライフルが完全に役立たずになってしまった。
 だが、AGEシステムは新しい武装を開発していたらしい。
 パワータイプの登場だ!
 おおっ、ちょっとカッコ良いかも。
 この手足を量産機につけてドッズライフル持たせたら、ガンダムいらないんじゃね?
 という疑問は常に消えないのであった。

ゴーカイジャー「39 高校」、フォーゼ「11 消失月戸」、スイプリ「39 音符が消えた」

・ 海賊戦隊ゴーカイジャー「第39話 どうして? 俺たち高校生」東映TV朝日
 今回はメガレンジャーの大いなる力を目指す。
 ナビィの予言が今までになく具体的だ。
 これなら鎧がいなくてもゲットできたんだろうな。
 というワケで戦隊モノでは定期的に訪れるコスプレの回だ。

 ゴーカイジャーは学校にいったことのない人間が多い。
 公式の説明によれば、ハカセと鎧は学校に行っている。むしろ、ハカセが学校に行っていたのが意外だよ。
 現地の人間に教育をあたえるとして、宗主国に従順な人間を育てるのも植民地の政策だ。
 マーベラスみたいな人間がいることだし、宇宙帝国ザンギャックは攻め取ることは得意でも、治安が苦手なのかもしれない。
 キングダムの感想で書き忘れていたけど、秦も似たような感じなんだよな。

 で、学園生活を楽しむのがメガレンジャーの大いなる力、なのか?
 学校に仕掛けられた無数の爆弾も青春チームワークで切り抜ける。
 爆弾をタイムレンジャーの圧縮冷凍技で動きを止めた。
 圧縮冷凍って犯罪者を捕らえるときに使っていたんだけど、今思えば人道的にヒドいよな。怪人だけど。

・ 仮面ライダーフォーゼ 第11話「消・失・月・戸」東映TV朝日
 城島ユウキはもともと天文部にいた。
 宇宙好きなら当然の選択だよな。

 でも、キモい部員がいたんであまり天文部には行かなくなりました。
 オマケにライダー部はガチで月面に行けるし。
 ユウキがこなくなったことで、キモい部員・牧瀬は逆恨みしている。
 ピクシス・ゾディアーツの誕生だ。
 らしんばん座の聖闘士は出てこなかったよな。

 いっぽうライダー部は月面部室との通路であるロッカーを撤去されて大ピンチだ。
 しかも月面には賢吾が取りのこされている。
 酸素とか水とか食料は大丈夫なのか?
 というか、水と食料はともかく酸素は今までどうしていたんだろう。

 ロッカーのありかを探るためユウキは牧瀬=ピクシス・ゾディアーツの力に頼る。
 交換条件は牧瀬と付きあうということだ。
 人命には変えられないけど、ちょっとキツイ条件だよな。
 どう解決するんだろう。

 ところが、牧瀬は外道なのでロッカーの場所を見つけるが、ロッカーを破壊しようとする。
 牧瀬が悪人だから約束は無しってことで。ある意味ラッキーだ。
 もっとも、約束を守ってもゾディアーツとしてボコって長期入院させれば何とかなったかも。
 いや、それヒーローっぽくないよな。

 中身がアレなんで弱そうなピクシス・ゾディアーツだったけど、相手の動きを操作できる能力がありけっこう強い。
 飛び道具は不利だから組技で戦ったほうが良さそうだ。
 ライダー零式棺を使え!
 だけど、情報不足のまま弦太朗はミサイルを撃ってロッカーを粉みじんにしてしまうのだった。
 賢吾、月面で餓死か?

・ スイートプリキュア♪「第39話 フギャー!音符がぜーんぶ消えちゃったニャ!」ABC東映
 せっかく集めた音符が消えてしまった。
 謎は謎として、プリキュアたちは再び音符集めをはじめる。
 大人の考えだと、問題が起きたときに原因を追求して再発防止を考えなくてはいけない。
 メンバーに大人がいないのはプリキュアの弱点だ。

 音符集めで、みんな楽しそうだ。
 一番年下のアコが大人びた反応だよな。
 と思ったらけっこう負けず嫌いだ。
 黒ミューズのブーツはシークレットブーツなのか!
 伸びすぎだよ。ムリありすぎじゃね?

 前回感想で黒ミューズには音吉さんのパワーも入っているかもとの指摘を受けました。
 言われるとおり使う技が同じだ。ちなみに劇場版でのメフィストも似たような技を使っていた。
 アレはメイジャーランドの王家に伝わる技なのかも。
 事情があるとはいえ黒ミューズがあまり関わってこなかったのは、音吉さんのエネルギー切れを心配してのことかもしれない。
 で、もう年なのでサポートできないとか。

 まあ、とにかく今回はみんなのコンビネーションで敵を倒す。
 音符も大量ゲットだぜ!
 だが、音符はピーちゃんに奪われてしまうのだった。
 コイツがノイズか!
 身近なところに大敵が潜んでいる。
 プリキュアが危ない!
 寝ているときとか、風呂とか、そういう時が危ないことを期待する……じゃなくて、心配だ。

エクゾスカル零「地獄編 第十三歌」感想


2011年11月19日(1号)
地獄編 第十三歌

 無人の廃墟に目覚めた葉隠覚悟はついにともに歩める人間とであった。
 エクゾスカル雪=初夜六花だ。
 なんか表紙でセーラ服を着てるんですけど、どんなサービスですか?

 そのころ、エクゾスカル震電=動地 憐(どうち れん)は氷雪の廃墟を歩いていた。
 三名の震電挺身隊は後方にて待機させている。
 4つのエンジンがついた垂直離着陸機で来たみたいだ。
 未来の乗り物だなー。構造が複雑そうだけどメンテナンスできるだけの文明レベルを維持しているってことだろう。

 憐は単身である人物を訪問する。
 その人物は老人だった。
 憐の訪問を老人のかたわらにあるカバンが察知する。

『老人は「鎧の守護者」である』

 6人の覚醒者の一人だろうか?
 なんで老けているんだろう。
 長期睡眠からの解凍に失敗したのかも。
 それとも目覚めた時期が他よりもずっと早かったとか?

 憐は老人に零式特殊武装の譲渡を迫る。
 だが、老人は憐の悪い噂を聞いていた。
 噂? 噂が発生するほど人間がいるのか? または、いたのか?
 人口密度と人の交流、情報伝達の手段などが整っていた時期があったのかもしれない。

「動地憐なる正義失格者が」
「人間の尊厳を侵略する「改造」を行い」
「「牢獄」の街で牛馬の如く虐待していると!」


 メデューサ計画とは、人体改造を行っているのか?
 人間を過酷な環境に対応できる怪物に改造しているのかも。
 いままで登場した甲殻人間や吸血人間も改造された人類だったのだろうか?
 人間のまま滅びるのと、怪物となって生き延びるのと、どちらがマシなんだろう。

 憐と老人の正義は一致しない。
 ゆえに戦いは不可避なのだ。
 最初からエクゾスカルを装着していた憐は本気で平和解決する気がなかったのだろう。

「エクゾスカル雹!」


 老人は鎧を瞬着する。
 雹か!
 覚悟のススメで、覚悟の父・朧が使用した強化外骨格が雹だ。
 6名の覚醒者リストに雹の名は無い。
 別件で生き残った戦士なのだろう。

 両者は交錯する。
 雹の攻撃で震電はヒザをつく。
 だが、震電は老戦士の腰椎を抜き取っていた
 エクゾスカル震電は物質を通過することができるのだ。

「神造兵器 分子振動貫通拳」

 骨抜き技といえば竜童のシグだ。
 原理的には「キテレツ大百科」のかべぬけ服みたいな感じだ。
 憐は鎧を傷つけずに、老戦士を葬った。
 雹は今作でもやられ役なのか。残念だ。

 兵器を集め、憐は確実に勢力を伸ばしている。
 覚悟は敵を知る前から追い詰められているようだ。
 だが、老戦士のように味方になる可能性のある戦士もいる。
 もっとも必要な情報がほとんどないのが覚悟の状況だ。
 どーすればイイのやら。

 そして、覚悟がどーしているのかと言えば、六花とドライブしていた。
 六花の服は3タイプに可変する。
 そして、制服モードを披露した。これが表紙のセーラ服か。
 さらにパンチラだ!
 だが戦士・覚悟は動揺しない。まあ、覚悟の位置からだとパンツ見えないんですけど。

 覚悟たちは、よりそって息絶えた男女二人の遺体を前にする。
 現実的で冷静な覚悟とちがい、六花は常に前向きだ。
 覚悟さん、たぶんときめいていますね。
 メガネをかけているのは動揺を隠すためだろうな。

 六花のエクゾスカルは6輪の装甲車に置かれている。
 食料もたっぷりあるぞ。
 見た目はゴツい装甲車だけど冷凍車らしい。
 改造されているんだろうか?

 元は装甲兵員輸送車だったのかも。
 キャタピラじゃなくタイヤなので、舗装された道路を走行する前提の車だ。
 都市での運用を前提に考えられているらしい。
 6輪だから、それなりに重いものを運ぶ前提なのだろう。
 エクゾスカル単体を運ぶだけだから、やや軽い構造になっているのかも。

 さて、六花のエクゾスカルとは?
 潜陸砕氷外殻 雪
 女性型のフォルムで、前腕部に回転パーツがある。
 潜陸・砕氷というからにはドリルなんだろうか。
 地にもぐるジェットモグラとか、古い砕氷船みたいに、ドリルは必須だ。
 しかし、マニアックな運用だよな。

 六花は起動に二つ必要なエクゾスカルチップをひとつ憐に奪われている。
 そのためエクゾスカルを装着できない。
 動地憐は六花の婚約者だ。
 正義執行者には人並みに幸せがないハズ、だが婚約者とはいったい?
 さらに、どういう経緯で六花はチップを奪われたのだろう。
 謎は次回で明らかになる、かも。

・ おまけ
1/72 電動ジェットモグラ 小松崎画伯PC
サンダーバードに登場するジェットモグラです。
地底を行くドリルメカの代表機種だ。エクズスカル雪も潜るんだろうか?


------
・おまけ 新刊情報
範馬刃牙(32) (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙32巻が12月8日に発売される。
刃牙は新必殺技のゴキブリダッシュを披露する。ここから技比べだ。
32巻は258話から!

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。収録は第零歌から第六歌まで。

ジャイアントロボ(9)地球の燃え尽きる日(完) (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日がついに完結だ!
俺たちの戦いはこれから始まる! 実に今川作品な終わりかたでした。でも、続編がはじまるよ!
大きな謎のいくつかが明らかにされ、話は一応の大団円をむかえる。
最終9巻は4月20日発売だ。

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)