2012年02月

機動戦士ガンダムAGE『第20話 赤いモビルスーツ』感想

 デシル・ガレットがコールドスリープから目覚めた。
 久しぶりに登場のデシルはゼハートの兄だった。
 おなじガレット姓だから親子だと思っていたけど兄弟なのか。
 コールドスリープで老化を止めていたんですね。コイツら何年生まれなんだろう。

 デシルは昔よりさらに小物臭さが増したな。
 フリットに負けたことで、さらに性格がゆがんじゃったんだろうか?
 ヴェイガンの人間であってもXラウンダーの能力があれば自由意志をもって行動できるらしい。
 命令違反のゼハートに、性格悪いデシルと、能力高いけど扱いにくいヤツばかり生まれている感じだが。

 ゼハートはガンダムのAGEシステムを奪うか破壊することが目的だ。
 25年間、あまり進歩がなかったぐらいだし、フリットたちもAGEシステムを使いこなせていない。
 今のうちに排除しておかないと後で痛い目を見そうだ。
 この方針を考えたのがゼハートはだとすると、なかなかの着眼点ですな。
 ディーヴァの航路も予想しているし、かなりの知将だ。

 で、ディーヴァは伏撃を受けるのだった。
 って受けてねェ!
 モビルスーツ発進も余裕だ。
 ゼハートって戦闘に不向きな騎士道精神をもっているのかもしれない。

 そして、ゼハートは仮面をつける。赤いモビルスーツだ。三倍のスピードだぞ!
 シャアっぽさのテンコ盛りだ。
 デブリ空域で友軍機の三倍のスピードを出すというのは『ガンダムUC 赤い彗星』(AA)で作者の福井晴敏が考えたアイデアである。
 OVAのコメンタリーで、いいアイデアだと自画自賛するほどの自信作だ。
 というワケで、今回の三倍スピードは先人の資産を有用活用している。

 というワケで赤いゼイドラがガンダムAGEと激闘だ。
 唸るビーム、光キック! って、そこで蹴るのかよ!?
 見ごたえのある戦闘シーンなんだけど笑うポイントを入れてくるあたりが油断できない。
 で、ゼハートはトドメをさせないのだった。
 お前のほうが甘ちゃんだよ。
 実力の差を見せつけられたアセムは戦士として立ち上がれるのだろうか?

 前回コメントをイロイロいただきました。
 その中で、不満分子を捨石にするため威力偵察に出したというのが鋭い指摘ですね。
 たしかに不満をもっている人間がいるという話もありましたし、部下を支配するためにやったかもしれない。
 デシルたちXラウンダーが目覚める前に部下を掌握しておきたかったのかも。
 それにしても、AGE世界は厳しい人生を強いられている。

ゴーバスターズ「1 特命戦隊、集結」、フォーゼ「24 英雄願望」、スマプリ「4 キュアマーチ」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ「Mission1 特命戦隊、集結せよ!」東映TV朝日
 今年のスーパー戦隊がはじまる。
 ブルーとイエローは、いきなり変身して敵の戦闘員と戦う。
 なんかわりとリアル路線のアクションだ。

 そして遅れて登場のレッドは病弱の姉に縛られて出動できない。
 でも、レッドは家庭の事情よりも世界の平和を優先して出撃するのだった。
 第一話は本当にレッド中心のエピソードだな。
 レッドのマシーンは単体で車・チーター・ロボットに変形できる。
 前回のガンダムAGE感想でも書いたけど、変形はロマンだ。
 おもちゃ、ちょっと欲しくなったけどチーター形態の足が細いなー

 敵ロボットと怪人を同時撃破だ。
 ロボ戦と戦隊の戦いを同時に楽しめるとは、なんという贅沢な。
 嵐のような第一話だった。
 ブルーとイエローはどんな人かイマイチわからんかったが、それは今後あきらかになっていくのだろう。

特命戦隊ゴーバスターズ バスターマシンCB-01 DXゴーバスターエース

・ 仮面ライダーフォーゼ 第24話「英・雄・願・望」東映TV朝日
 キッグナスは正義ヒーローではなかった!
 その正体は誰だ?
 あと、メテオはキッグナスへの復讐に燃えている。
 牡羊座さがしよりも己の誇りが大切な時もあるってことか。

 キッグナスの有力候補はファンクラブ会長の鳥居崎ミサなんだけど、安易だよな。
 さっそく弦太朗はミサを問い詰めにいく。
 17話でリンクス・ゾディアーツを追い詰めた時と同じだ。
 成長していないなー。ここは直さなくても良いとことなんだろうか。

 いっぽう、友子はメテオの手伝いをしたいと思いキッグナスの正体調査をはじめる。
 流星を巻き込んで。
 面倒な状態だけど付き合って入るのは、流星が善人の仮面をかぶっているからだろうか?
 というか、前回で具合の悪くなった友子に気がついたのは流星だったし、わりと仲がいいのかも。
 流星ってこういう地味に友情をはぐくむタイプの人間なのだろうか。弦太朗とはちがう意味で友情を大切にしていそうだ。
 コイツの戦う動機だって友達のためだし。

 キッグナスの正体は会長じゃなく、江口の別人格だった。
 ゾディアーツはイロイロな作用をもたらすよだ。
 でも、ここは弦太朗の勇気大作戦で江口のラストワンを阻止した!
 と思ったら、ムリヤリにスイッチを押させられる。
 それ、アリなのかよ。強制スイッチでゾディアーツの大量生産とかされたらイヤだな。

 自主的なスイッチじゃなかったせいか、キッグナスはけっこう弱かった。
 いや、本気を出したメテオが強いのか?
 人質をとるぐらいだから元々弱かったんだろうな。

 あ、危うく今日も蟹のことを書き忘れるところだった。
 イロイロ言いたいことがあるんだけど、本編の内容が濃いから後回しにしてしまったよ。
 というワケで次回でイイ?

・ スマイルプリキュア!「第4話 直球勝負!風のキュアマーチ!!」ABC東映
 相変わらず みゆきはプリキュア探しに余念がない。
 狙いが的確すぎる。
 何回か空振りしたハートキャッチプリキュアとは大違いだ。
 野生のカンは知性レベルと反比例しているのだろう。

 というワケで、今回もみゆきはアホだ。
 一生懸命のアホだから好感はもてるんだけど。
 最終回までに何人にプリキュアの正体をばらしてしまうか心配だ。

 今回みゆきが狙うのは緑川なおだ。
 正義感あふれる運動神経バツグンキャラですね。
 ちょっと、あかねと被っているな。
 むしろ、あかねの主成分は関西人だからスポーツはオマケなのかも。

 なおは弟妹が5人もいる!
 すごい大家族だな。きょうだの数がプリキュアより多いぞ。
 ちなみに貧乏人の子沢山という言葉があるが、江戸時代以前に限れば実態は逆らしい。
 貧乏人にはたくさんの子供を養える経済力がないからだ。(人口から読む日本の歴史

 なおは弟妹を守るためプリキュア変身だ!
 あと、キュアピースの変身ではジャンケンに負けた。やっぱ、毎回かわるのか。
 今回はキュアマーチの登場で勝利した。
 運動部の人だから戦闘では期待できそうだ。
 なによりペース配分できそうなのが頼もしい。
 でも、今回みんなムダ弾撃たなかったし成長しているのかも。

『ジャイアントロボ バベルの籠城[第11話]/梁山泊帰還』感想


2012年2月18日(4号)
[第11話]/梁山泊帰還

 草間大作が梁山泊に帰還した。
 だが復活したライセが最初に狙ったのは梁山泊であり、いまは廃墟となっている。
 大作が探しにきたのは父の残したGR=IIとGR=IIIだ。

 やはりコイツらか!
 ビッグ・ファイアに直属の護衛・陸海空の三つのしもべがいるようにッ!
 草間博士がつくった最強ロボット、陸海空の三機のジャイアントロボ兄弟機だ。
 100万の援軍よりも心強い。
 でも、きっと十桀衆や九大天王のほうが強いんだろうな

 GR=IIとGR=IIIは呉先生が修理しておいてくれたらしい。
 でも、バベルの籠城戦につれてこなかったので、整備が充分じゃなかったのだろう。
 戦力が足りない今は整備不良のロボでもノドから手がでるほど欲しい。

 当時の大作はロボット使いが荒かった。
 そのへんを反省しつつ、GR=IIとGR=IIIに力を貸してほしいと頼む。
 大作の声にロボたちが応えた!
 って、応えてない!?
 反抗期か!?

 GR=IIとGR=IIIは大作の言うことを聞かず銀玲をつかまえる。
 ロボの反抗期にしては明確な意思があるようだ。
 大作の命令にしか従わないようにロボにはプログラムされていたはず
 なぜ、ロボ二体は言うことを聞かないのだろう。
 大作の影武者でも用意したのか?

 いっぽう、外で待機している十桀衆の素晴らしきヒィッツカラルドと激動たるカワラザキが何者かに急襲される。
 強力な射撃と、ヒィッツカラルドの指パッチンをハジキ返す防御力だ
 まだ、これほどの強敵が世界にも残っていたのか?
 その男の名はッ!?

「虎牢関・呂布!!!」

 三国志演義における最強の男・呂布の登場だ!
 不朽の名作・三国志から知の最高峰・諸葛孔明につづいて呂布が参戦してきた。
 ってことは、十桀衆を攻撃したのは弓矢か。
 呂布や弓矢も得意で、漫画だと二人まとめて貫通させたりしている。
 敵として登場したのなら、かなり厄介なヤツだ。

 なお、呂布は三国志だと飛将というアダ名がある。
 飛将は前漢の名将・李広のアダ名だ。
 弓矢が得意だった李広のイメージが呂布にピッタリだったのだろう。

 三国志時代の武将はあまりアダ名をもっていない。
 呂布の部下高順は陥陣営というアダ名をもっている。
 アダ名をもっている将が二人もいるってのは珍しい。
 きっとヤクザな荒っぽい軍だったのだろう

 この呂布は虎牢関というアダ名になっている。
 呂布がもっとも輝いた戦いが虎牢関だ。
 劉備・関羽・張飛の三人と互角に戦うし、軍勢をひとりで押しかえす。

「よしお前たちはここで右の兵を食い止めろ」
「俺ひとりで右の兵を片づけてやる」


 って感じで、ひとりで右の軍を蹴散らしてしまう。(文庫版3巻
 ギリギリ人外って感じの強さだ。
 これがジャイアントロボ世界向けにカスタマイズされたら……
 ひとりでGRシリーズを片づけるぐらい やっちゃいそうだ。

------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零(2) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零 2巻』が、発売される!
想像を絶する強化外骨格(エクゾスカル)同士の死闘もついに決着か!?
発売日は3月19日です。収録は第七歌から。

範馬刃牙 33 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙33巻が2月8日に発売される。
刃牙のトリケラトプス拳は奇跡を起こすのか!?
33巻は267話から274話まで!

ジャイアントロボ~バベルの籠城 1 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」が始まる!
1話から、えらいこっちゃな展開だぞ。国際警察連合・梁山泊とBF団の決着はどうなる?
1巻は12月20日発売だ。

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想



・ ジャイアントロボ関連商品
チャンピオン RED (レッド) 2012年 04月号 [雑誌]
チャンピオンRED
2012年4月号

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 8 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 8巻

(11/19)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 7 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 7巻

(5/20)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 6 (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 6巻

(9/18)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 5 (5) (チャンピオンREDコミックス)
地球の燃え
尽きる日 5巻

(4/20)

ジャイアント ロボ THE ANIMATION 地球が静止する日 CUSTOM COMPOSITE BOX [DVD]
OVA
DVD-BOX

(1/23)

ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 4
地球の燃え
尽きる日 4巻

(9/19)

リボルテック No.18 ジャイアントロボ
ジャイアント
ロボ
リボルテック No.21 GR-2
GR-2

週刊少年チャンピオン2012年13号感想

・ バキどもえ
 ある意味、勇次郎よりも怖いのが松本梢江だ。
 一緒にモンハンやるって選択肢は無いんですかね。

・ バチバチ
「見事だ」
 虎城に褒められた!? こりゃ本物だ。
 そして本当に最後の輝きだよ。朝からスゲェ泣きそうになる。
 関係者はもちろん、そうでない人だって泣くよ、こりゃ。

・ 弱虫ペダル
 残った人間のバランスを考えるとエースは今泉ってことは理解できる。
 覚悟を決めてエースとして覚醒だ。
 でも、最後は小野田くんが走りそうな気もするけど。

・ クローバー
 えっ、釣り道具を今装備すんの?
 終わったらそのまま釣りに行く気だったりして。

・ 囚人リク
 見える範囲からの地道な調査で図面が偽物とわかるんだろうか。ピンチだなー
 看守もレノマにちょっと同情しているみたいだけど、この先どうなるんだろう。

・ シュガーレス
 なぜだろう。主人公が白目むいて気絶したほうが、なぜか安心するなんて。
 アノニム、もう全滅ですか。トーナメント編から話がブツ切れになる傾向があるな。

・ てんむす
 まさに箸休めのエピソードだ。大食い漫画だけに。
 優勝すれば願い事がかなうらしいが、誰かの病気を治すため負けられない戦いになる展開になったりするんだろうか。

・ バイオハザード
 新連載。叔父さんの昔の恋人にしては異常に若い理事長が怪しすぎる。
 主人公がいきなりゾンビになっちゃたら困るから、服が歯を通さなかったってオチだろうか?
 勇次郎がジャック・ハンマーに噛みつきのアドバイスをした内容を思い出すんだ!

・ 浦安鉄筋家族
 花丸木くんは癒しのプニプニをもっていた!
 ヤツのセールスポイントをはじめて知ったよ。

・ りびんぐでっど!
 風呂! バストアップ体操!
 なんという眼福だ。

・ ガキ教室
 デカいミスを犯せば校長を降ろすチャンスだけど、学校の評判が下がるピンチでもある。
 副校長は楽観主義者ですね。
 三年のヤンキーにビビってない晶は、やっぱり元ヤンなんだろうか。

・ ドカベン
 やっと2011年のシリーズが開幕だ。
 現実の2012年開幕までに、終わるんだろうか。

・ 空が灰色だから
 なんという不条理で閉所で暗黒な話だ。
 すでに死後とかいうオチだろうか。

・ 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝
 最後まで悪の矜持を貫いたってことですか。
 方向性は違うけど、この精神力はさすがハクレイの弟子ってとこですね。

・ ラッキーストライク
 いままでの鬱憤があるから、このカタルシスがある。
 数で叛乱おこしてNNT(ノーパン人間ティーパッド。睾丸をボールに見立ててゴルフごっこ)を決めてやれ!

・ ハンザスカイ
 能登、スゴいな。
 なんか吹越よりも強そうに見えるんだけど。

● ヤンジャン
・ キングダム

 まだ緒戦だと思うのだが、なんという死闘だ。
 信は良い鎧になって助かっているな、たぶん。
 この辺で剣から王騎の矛に交替して逆転とかどうか?

・ タフ
 いくら達人でも体力の衰えには勝てない。長期戦や打ち合いになったら元気な相手に勝つのは難しいだろう。
 ウルトラマンがいきなり光線撃ったとしたら焦っている証拠ってことだ。
 覚悟も体力を心配して早い仕掛けをしているのかもしれない。

● モーニング
・ 宇宙兄弟

 気をつけろと言われて不安にさせたあとの飛躍感が凄い。
 イエ~イ復活だ。
 まさにツンデレ効果。ちょっと違うか。
 ムッタの背を押すのは、せりかさんなんですね。

・ GIANT KILLING
 ついに村越と羽田が出会いましたか。ここからが本番だ。
 腐っている境遇の自分に勇気を、村越がくれるんだろうな。

範馬刃牙「289話 双節棍(ヌンチャク)」感想


2012年2月16日(12号)
第3部 第289話 双節棍(ヌンチャク) (945回)

 刃牙の祖父・範馬勇一郎が米国戦艦アイオワの乗員を恐怖におとしいれた必殺技"ドレス"とは一体どんな技か?
 父・範馬勇次郎が刃牙に教えてくれる。
 身体に刻みつける形で。
 刃牙は、今度こそ敗北するのか?

 勇次郎が見せる"ドレス"の序章は人間双節棍(ヌンチャク)だ。
 刃牙の手足をつかんでヌンチャクのように振りまわす。
 関節の数は二つ以上あるんだから、双節棍というより多節棍じゃね?
 などというツッコミは無しだ。

 ビュババババ
 ビュババババ(パシッ)
 ビュビュビュビュ(パシ)
 ブババッ
 ボババババ(パシ)
 ムンムンムンムンムン


 合間に刃牙の手足を持ちかえる音をさせつつ、凄まじい風切り音だ。
 ムンムンムンって、どんな音だよ。
 範馬一族を高速でブンまわすとムンムンムンって鳴るのかもしれない
 また、刃牙による豆知識が増えた。明日から自慢しよう。

 で、勇次郎が嬉しそうにブンまわしているんですよ。
 息子をまわすのが、そんなに楽しいのかと。
 いや、実際楽しいのだろうけど。
 勇次郎にしたら、コレは息子とのスキンシップなのだろう。

『人間双節棍(ヌンチャク)

『超高速で入れ替わる映像は』
『一瞬で"過去"になり――』
『"記憶"へと追いやられた』


 想像しただけで乗り物酔いしそうだ。
 加速の方向もバラバラに切り替わり、すごい勢いで回転している。
 洗濯機や乾燥機の洗濯物よりも高速でブン回っているハズ。
 これはさっき高級ホテルで食べた高級料理を高級ゲロとして吐きだしそう。

 しかし、刃牙は酔った気配を見せない。
 高加速に慣れているということだろうか?
 なにしろゴキブリダッシュを実現させた男だし。
 刃牙なら後頭部を打っても景色がドロドロになったりしなさそうだ。

 しかし、もはや現状が把握できないほど回転している。
 フィニッシュに行く前に逆転できる可能性は少ない。
 とりあえず叩きつけられるのを待つしかないのか?

『未体験な遠心力は』
『頭部へと血液を振り集め』
『鼻』
『口』
『耳』
『目』
『それらの"穴"は』
『血液の脱出口として機能した』


 拷問としての逆さ吊りは、血液が頭部に集まることで血圧が高まり脳の血管が破れ脳溢血となり死亡する。
 長く苦しめるためには、コメカミ等に切れ目を入れて適度に血を抜く。
 と、『カムイ伝』に解説があった。

 頭部の穴から出血している刃牙は苦しいだろうけど、生きのこる手段として合格だ。
 範馬の生存本能が出血させているのだろうか?
 本格派のマゾである刃牙としても、苦しいのは嬉しかろう。
 刃牙にとって一粒で二度美味しい出血だ。

 それでも、高速で脳が揺さぶられているには違いない。
 幼児虐待の揺さぶりや、柔道における事故で問題となるのは加速損傷だ。(“必修化”は大丈夫か 多発する柔道事故
 頭を打たなくとも、急激な加速を受けると脳はダメージを受ける
 洗濯機で洗われたタコのように、ぐでんぐでんになってヌメリもすっかり取れてしまっているだろう。
 回されているだけで充分にピンチだ。

『加えて……』
『眼球へと大量に流れ込んだ血液は』
『航空業界で云う所謂………"レッドアウト"』
『夜空をも赤く演出した』


 オマケに眼球にもダメージがッ!
 人間の体で、G(加重)にいちばん弱い器官は目だ。(ガンダムUC パラオ攻略戦
 だそうで、脳より先に目がやられそうだ。
 ユニコーンガンダムのパイロットスーツは血管を膨張させる薬物を投薬したり、血管に圧力をかけたりしてG対策としていた。
 刃牙も動脈を自力で押さえれば、レッドアウトがおさまるかもしれない。
 もっとも、本人がタコみたいに骨抜き状態っぽいし、ロクに動けなさそうだ。

 だが、ピンチはチャンスだ!
 痛めつけられているってコトは脳内麻薬が出て刃牙的に逆転フラグですよ。
 あ、もう脳内麻薬は出てたんだっけか。
 なら、アレだ。血液がいつもより集まっているから、いつもより濃い脳内麻薬がでる。
 赤は3倍の法則じゃい!

『突如眼前に発生した巨大なエネルギー』
『一目見て実感する』
『手に負えなさ』
『その危険度はまるで――』
『密室のハンマー投げ』
『父と子の半径100メートルは』
『ほぼ無人と化した』


 密室のハンマー投げは怖いな。
 コレは確かにキツい。
 確かに逃げ出したくなる。
 さすがに100mは逃げすぎだと思うけど。

 100m先だと範馬親子がかなり小さく見えるだろう。
 いくら勇次郎でも刃牙を100m飛ばすことはできまい。
 ……それぐらいなら飛ばせるかもしれない気がしてきた。

 とにかく、範馬ヌンチャク親子の周囲にいるのは独歩・ピクル・徳川さんの三人だ。
 野多は逃げた。オリバはビルの中で安全に見ている。
 巻きぞえを喰らうかもしれない状態で見学するハメになった。
 見学者だって命がけだ。

『人間双節棍(ヌンチャク)の双節棍(ヌンチャク)たる所以はまだ見せていない…』

 まだ、必殺"ドレス"の完成に至ってないのだ。
 ここからが本番ってコトか?
 ヌンチャクたるゆえんって、ナンだ?
 叩きつけてこそのヌンチャクってコトだろうか。

 勇一郎の必殺技"ドレス"は、まだ完成していないようだ。
 ドレスはどんな『装い』を見せてくれるのだろう。
 そして、刃牙はドレスのフィニッシュを喰らっても立てるのだろうか?
 次回につづく!


 って、今週もドレスが決まらなかったよ!
 どこまで引っ張るんだろう。
 オチがあるように装うのもドレスの技なのかもしれない。

 ヌンチャクの構造を考えると、二本の棒を鎖などでつないでいるのが特徴だ。
 持ち運びがしやすく、振りまわすと棒よりも高い威力になる。
 って、コトは刃牙を折りたたんで持ち運びしやすくするのか?
 息子をお持ち帰りするのが勇次郎の目的だった!

 刃牙がまだ動けたら、勇次郎の頭に攻撃したいところだ。
 勇次郎は自分で自分を殴るようなもので、すごいダメージを受けるだろう。
 そんな自爆だったら、俺の攻撃ならしかたないと勇次郎も素直にダウンしそうだ。
 もっとも、刃牙はまるで動けていない。
 勇次郎が動作を誤って本当に自爆するのを待つしかないのか。

 なにしろ、勇次郎は武器をもたない主義だ。
 ヌンチャクだって本当は使えない、というか使わない。
 練習もしないで、こんな難しい技をできるだろうか?

 ヌンチャクを持ったらブルース・リーごっこをやってしまうのは、男子の宿命である。
 そして、自分に当たって痛い思いをするのも宿命だ。
 ヌンチャクのヌンチャクたるゆえんは自爆芸にアリ。
 日米関係なく笑いが取れます。
 勇一郎が勇次郎と対極の存在なら、人を笑わせるのが大好きなのかも。

追記 (12/02/29)
 人間双節棍(ヌンチャク)から最終形態ドレスへッ!
 いつまで引っ張るんだ、このネタでッッ!
 実は勇次郎もココまでしかしらず、フィニッシュをどうするのか悩んでいたりして。

 掲示板で頂いたネタとして。

> あの状態で刃牙が鞭打したら、勇次郎の遠心力が加わって痛そうです。

> やはり何らかの対象物を打撃してこそヌンチャク!
> 避難していないピクルさんの身が心配です…

 たしかにヌンチャクってことは、打撃しないと完成じゃないのかも。
 勇次郎の周囲から逃げ出したのは正解かもしれない。
 戦艦上の勇一郎は人間ヌンチャクで装って周囲の人間をなぎ倒したのかも。

 で、ヌンチャクの速度に刃牙が鞭打をあわせたらスゴい威力になりそうだ。
 はじめての親子の共同作業ですな。
 逃げ出していない人間、つまり標的は独歩・ピクル・徳川さんだ。
 やっぱりピクルに共同作業をブチ当てることになるかも。

「合わせろや、刃牙ッ!」
「応ッ!」

 で、ピクルも轟沈ですよ。
 しかし、これじゃピクルがカワイソウだ。
 ここで、独歩ですよ。
 独歩といえば空手だ。そして空手は琉球武術が基になっている。
 つまり、独歩もヌンチャクが使えるのだ。

 元祖ヌンチャク殺法と範馬流ヌンチャクの激突となる。
 独歩もヌンチャクだとオリジナリティーがないので、人間トンファーかもしれないけど。

「合わせろや、ピクルッ!」
「オキャアッ!」

 しかし、この人間ヌンチャクは他に応用が効かないものだろうか。
 遠心力を利用して打撃以外の攻撃をする。
 刃牙を投げつける人間スリングとかどうだろう。
 ネーミング的には人間ロケットのほうが良いんだけど。
 やっぱり飛び道具は強力だ。
 水鉄砲とかどうだろう。

「合わせろや、刃牙ッ!」
「尿ッ!」

 半径100mを汚染地帯にかえる恐怖の黄金飛沫で、相手の体を装う。
 恐怖、黄金色のドレスがこの技の正体だッ!
 というのはカンベンして欲しい。


・おまけ
モンスターハンター3G
モンスターハンター3G
で、またチャンピオンとのコラボをやるそうです。
まずは、花山の刺青をモチーフにした、仁剣【侠客立ち(おとこだち)】が使えるようになるミッションは2/17から配信だ。
花山さん、素手喧嘩(ステゴロ)主義なのに武器のモチーフになっちゃうの?


ロード オブ アポカリプス ロード オブ アポカリプス
ロード オブ アポカリプス(公式)でも、刃牙コラボミッション「夜叉猿亡きその後に」があるらしいぞ!
今週のチャンピオンのゲームコーナーに掲載されているパスワードを入力だ。


・おまけ
西原理恵子の人生画力対決 3 (コミックス単行本)
西原理恵子の人生画力対決 3

板垣先生が売られた喧嘩を買って画力対決のスペシャルマッチだ!
もう、いろいろとスゴかった。
感想でも書きましたが、アラレちゃんとか伝説になるよ。
というか、この巻の面子は濃い人ばっかりだ。vs三田紀房先生、vs福本伸行先生とか、そんな感じ。
買って読んだから、感想書いた


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零(2) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零 2巻』が、発売される!
想像を絶する強化外骨格(エクゾスカル)同士の死闘もついに決着か!?
発売日は3月19日です。収録は第七歌から。

範馬刃牙 33 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙33巻が2月8日に発売される。
刃牙のトリケラトプス拳は奇跡を起こすのか!?
33巻は267話から274話まで!

ジャイアントロボ~バベルの籠城 1 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」が始まる!
1話から、えらいこっちゃな展開だぞ。国際警察連合・梁山泊とBF団の決着はどうなる?
1巻は12月20日発売だ。

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

機動戦士ガンダムAGE『第19話 アセムの旅立ち』感想

 アセムはついに軍に入隊する。
 ロマリーも一緒だ。
 卒業してから進路決定できるほどテキトーな組織なのか?
 たぶん軍属は特権階級だから人気高くて常時募集を受けつけているのだろう。

 アセムはディケ・ガンヘイルの娘アリーサ・ガンヘイルと出会う。
 親同士は幼馴染だけど、ディケと娘の存在を知らなかったってコトはかなり疎遠だったんだろうな。
 可愛そうに、友達だと思っていたのディケのほうだけだぜ。

 ガンダムはディケに整備されているガンダムAGE-2へと進化していた。
 あ、ちゃんとフリットとディケには交流があったのか。仕事の同僚として。
 しかし、フリットは25年間ガンダムを放置していたっぽいなー
 その間、出世に全精力を注いでいたのだろうか?

 かつての新造艦ディーヴァは25年現役の老朽艦となって帰ってきた。
 巨大艦ってのは作るのに数年かかるし製造費用も高いので長く使用するのだろう。
 米国空母のキティホークは製造に約3年半、48年の現役だった。
 ディーヴァもガンバれば第三部でも現役でイケるかもしれない。

 重要な使命をもっているらしいディーヴァだが、パイロットはウルフ以外が新人2人とヘッポコ2人という面子だ。
 大丈夫なんだろうか?
 もうちょっとベテランを増やすとか、人数を増やすとか。とにかく数が足りない。
 で、案の定ヴェイガンの威力偵察に苦戦するのだった。

 威力偵察
 戦場では、敵がどこにどれだけの戦力を配備しているのかわからない。
 だから偵察する。
 偵察して、報告を受けて、改めて本隊を出発させると時間がかかる。敵だって動いているのだ。好機を失うかもしれない。
 なので、偵察部隊にある程度の攻撃力を持たせて、敵を発見したと同時に攻撃して本隊到着まで拘束するというのが威力偵察……だったと思うのだが。

 ゼハートは偵察部隊が全滅するにまかせている。
 まだ指揮に不馴れなのだろう。
 あと、ヴェイガンは基本的に人命軽視だから戦力のムダ使いとかを気にしないと思われる。
 戦力の逐次投入はヤン・ウェンリーに怒られますよ。

 ガンダムAGE-2は可変モビルスーツだ。
 可変メカの有用性はともかく、ロマンあるよね。
 個人的に1.3倍はカッコ良く見える。
 戦車・潜水艦・航空機・人型の四段変形するモビルスーツとか開発してみようよ。(そりゃ、ムチャ過ぎだ)

 で、ヘッポコな部下を抱えつつウルフは健闘する。
 ガンダムのアクションゲームをやった人ならワカると思いますが、射撃戦の基本は十字砲火だ。
 だが、ウルフは射線に味方がこないようなポジション取りの指揮をまったくしていない。
 パイロットしては優秀だけど、隊長として不適格だよな。

 アセムは父と同じく独断専行の男だった。
 だから機動力があるなら、横をとって十字砲火をだな。
 君、ガンダム VSシリーズでイノシシパイロットと言われるぞ。

 戦術的に未熟でありながら、圧倒的な機体性能と操縦技術で圧倒するアセムとウルフだった。
 現状でなんとかなっているから、反省もしないし改善する気もないのだろう。
 早目に挫折を知って、より高みを目指して欲しい。
 でも、敗北しても戦術を学ぶよりXラウンダーに目覚めて、さらに戦闘力を増やしそうだけど。

ゴーカイジャー「最終話」、フォーゼ「23 白鳥同盟」、スマプリ「3 キュアピース」

・ 海賊戦隊ゴーカイジャー「最終話 さよなら宇宙海賊」東映TV朝日
 ザンギャックの全艦隊が終結して襲いかかる。
 だが、ピンチはチャンスだ。
 皇帝アクドス・ギルが前線に出ているから、倒せば大逆転できる。
 全勢力を集めて前線指揮官に裏切られた場合を考えると、ここは皇帝の親征かないんだろうけど。

 地上は青黄緑桃にまかせて、赤銀で旗艦に乗りこむぜ!
 この配分が絶妙だな。
 リーダーのマーベラスと地球人の鎧がキーマンなワケだ。

 地上は剣士ジョーを中心に激闘だ。
 ズバーンになったハカセが剣化してコッキャコキャになりつつ戦う。
 アレって痛かったんだ。ディケイドはチクっとする程度と言っていたけど。
 最後は生身でゴーカイガレオンバスターだ。コレは燃える!
 アイムだけ吹っ飛びかたがハデなのは、やっぱ体力的に劣っているからだろうか。

 で、皇帝がけっこう強い。
 座ったままで赤銀の攻撃をさばく!
 やっぱ、ザンギャック帝国って実力主義なんだな。そのまんまの意味で。
 そして、のっとり砲撃アタックで帝国艦隊が全滅だ!
 いや、見えない所で生きのこっているんだろうけど。
 旗艦周辺の親衛隊がやられて旗艦も失い指揮系統が乱れて一時的に攻撃不能になっていたのだろう。

 しぶとく生きのこっていた皇帝にレジェンドで豪華な総攻撃だ。
 これはスゲェ。もうコマ送りで何度も見直したいレベルだ。
 微妙に忍者つながりとか車つながりとかでコンボ組んでるんだね。
 最後は戦隊の強化版で戦い、地球人の鎧がキメる!
 この作品における影というか裏の主人公は鎧なんだよな。

 で、なんの疑問もなく鎧も宇宙に旅立つのか。
 最後までゴーカイなヤツラだった。

・ 仮面ライダーフォーゼ 第23話「白・鳥・同・盟」東映TV朝日
 キグナス来たー!
 クールな白鳥座キグナス登場だ。あ、読みかたは『キッグナス』ですか。
 キッグナスはゾディアーツでありながら正義の戦士を名乗る。
 悪の組織に与えられた力で正義をなすのは仮面ライダー的だよな。

 そんな、キッグナスの同好会があるというので、弦太朗たちは見に行く。
 でも、同好会の江口は困っている人を無視してしまう。それではヒーローになれないぞ。
 劉備だって遺言で「努力せよ、努力せよ。悪事はたとえ小さくとも決してするな。善事はたとえ小さくともせずにおくことはならぬぞ。」って言っていた。
 しかし、その後の告白会で正直にサボったことを言ったのは、良し。
 恥じて反省する心があれば、やり直せる!

 で、肝心のキッグナスは正義というより、独善的なヒーローだった。
 自分を批判する相手を許さないならともかく、人質という卑怯な手段まで使う。
 人質で手を出せなくなったメテオは、けっこうお人よしだ。
 そもそも友子を助けに来た時点で砂糖なみに甘い。

 本性をあらわしたキッグナスとフォーゼが戦う。
 そして、流星はどんどん深みにはまってデレの配分が大きくなる。
 優雅に泳ぐ白鳥も水面下では足をバタつかせているというが、みんな本性を隠しているんだな。

・ スマイルプリキュア!「第3話 じゃんけんポン♪でキュアピース!!」ABC東映
 星空みゆきのクラスメイト黄瀬やよいはイラストが得意で弱気なイカ娘だ。
 うん、本当にちょっとテンションの低いイカ娘って感じだな。
 イカ娘もよく泣くし。
 そんな、みゆきがキュアピースに覚醒してダブルピースを決めるという話です。

 今回の幹部は鬼だ!
 童話の悪役がでてきますね。のこる幹部候補は魔女でしょうか。
 意地悪な継母とか限定的なキャラが出てきたりして。
 ちなみに、私の甥が怖いものランキングは鬼、狼、ゲゲゲの鬼太郎らしい。……最後の違うぞ。

 キュアハッピーはまだ戦闘なれしていない。
 あれほど いきなり必殺技を撃つなと注意したというのに。あ、聞こえてないか。ファンメール出さないとダメですか。
 昔、ウルトラマンがなかなか光線を出さないことに不満をもっていたが、アレって弱らせて確実に当てるため出さないんだよね。
 と言うわけで短気なキュアサニーも惜しい。

 アホの子と熱血バカじゃ慎重さが足りない。
 なので、やよいの臆病さはプリキュアに立ち止まって考えるキッカケを与えるかも。
 と、思ったらビビりすぎて戦闘どころじゃない。
 これは千鶴の前に正座するイカ娘状態だ。

 なんか電撃出すたびにビックリするピースを見ていると、なんかムラムラきます。
 たぶん、父性が湧きあがっているンですね。
 ピ-スの必殺技は今後も困り顔のままなんでしょうか。

エクゾスカル零「地獄編 第十六歌」感想


2012年2月18日(4号)
地獄編 第十六歌

 廃墟と化した世界でエクゾスカル震電=動地憐は人類救済のおぞましい計画を立てているらしい。
 あくまで弱者の側に立とうとするエクゾスカル零=葉隠覚悟と動地憐の激突は必然である。
 牙を抜かれた美少女戦士・エクゾスカル雪=初夜六花を仲間とした覚悟は、動地憐の刺客を迎え撃つ。

 覚悟は六花に髪を刈ってもらう。
 これで坊主頭だ。
 『覚悟のススメ』の時は短髪だった(→)が、さらに短くなった。
 軍人らしくなりましたな。
 戦う相手が決まり、本格的な戦闘モードに入ったってことでしょうか。

 そして、六花はパンチラだ!
 しかも、シマパン! SHIMAPAN! JAPANの誇る新文化、それがSHIMAPAN!
 六花も完全に戦闘モードですね。
 ターゲットは違うかもしれないが、全力で首を取りにきている。
  覚悟のススメ 1 (チャンピオンREDコミックス)

 燃えと萌えに覚悟完了した二人の戦士は、ついに動地憐の手勢をむかえた。
 強化外骨格(エクゾスカル)が三体だ。
 戦えるのは覚悟ただ一人だけ。
 この戦力差をどう覆すのか?

 敵のリーダー格は動地憐の妹・動地澪だ。
 十歌に出てきた額に"一"が描かれた美女である。
 やっぱり女性だったのか。
 冷凍睡眠していた動地憐に妹がいたのか?
 義兄弟みたいな関係なのかも。
 零にさんずいを付けた名前で、覚悟との因縁を感じる。

「兄上には六花さまの支えが必要なこと」
「痛いほどご理解なさっている筈」


 澪は六花に帰還をうながす。
 修羅の道を行く憐にも癒しが必要ってコトですか。
 妹じゃダメですか。
 ……ダメだろうな。姉ならどうか!?
 たんに六花の能力が必要なのかもしれないけど。

 歴史上の偉人だって家庭があって、そこでの生活が大切だったりする。
 織田信長朱元璋の部下は正月なのに家族にも会えないと叛乱をおこした例もあるし、人間どっかで息抜きが必要なのだろう。
 憐は、かなり精神に負担のかかる仕事をしているっぽい
 どこかで癒しや支えが必要なのだ。
 六花は、かなりの地雷臭がするんだけど、本当にそれで癒されるんだろうか?

「初夜六花には指一本触れさせぬ」
「俺たちはパンと血を分けあったんだ」

「その言葉 宣戦布告と判断する」
「撃滅せよ 純化零式歩兵!」


 あッ、宣戦布告のセリフとられちゃった。
 先手は取られてしまったか。
 だが、覚悟は正式な戦士だ。純化零式歩兵におくれは取らぬハズ。

 強化外骨格・霆!
 強化外骨格・雹!

 二人の戦鬼が襲いかかる。
 まずは、二対一の勝負だ。

 雹は貫手の連打を繰りだす。
 指先から射撃をしないのは奪った強化外骨格だから使いこなせていないのかも。
 この貫手は、いわばジャブだ。覚悟の動きを牽制している。
 覚悟は本命の打撃にカウンターを合わせようと狙う。

 だが、雹は右のローキックを放つ。
 基本どおり足を浮かせて受けたにも関わらず覚悟は脳が震えるような振動を受ける。
 蹴りおろす形の近代ローキックではなく、蹴り上げている蹴りだ。
 零式防衛術の蹴りだろうか?

 覚悟は、この蹴りの衝撃を逆に利用する。
 蹴りの勢いを回転に変えて、裏拳で反撃だ
 まるで刃牙と末堂の一戦みたいなカウンターである。
 裏拳というより虎眼流の虎拳みたいだ。

『「零」の裏拳が』
『「雹」の頚椎を180度断裂回転葬』


 さすが強化外骨格同士の戦いだ。過剰な破壊力ですな。
 首は重要で弱い部分なのに、防御力弱いですね
 弱点を打撃されるような未熟者は戦士失格ってコトなのか?

 雹に勝利した覚悟に霆が襲いかかる。
 スキだらけの背後から裸絞めだ。
 完全にきまった裸絞めは脱出不能といわれている。
 エクゾスカル霹・九十九猛は背中から刃を出して反撃した。(2巻 七歌
 では、エクゾスカルはどうするのか?

『葉隠覚悟の体勢を反転させたのは』
『「零」背面の加速用噴出口「爆芯(ばくしん)」である』


 足もしっかりホールドされていたが、覚悟は霆の腕の中で半回転した。
 そして、ヒジを目に打ち落とす。
 強化外骨格であっても、目は弱点なのだろう。
 猛も零の目を狙っていた。(2巻 七歌

 この一撃で霆の頭蓋骨は陥没だ。
 猛に比べると打たれ弱い。
 やっぱり中身の強さがちがうのだろう。
 だが、覚悟も戦闘で疲労している。
 無傷の勝利とはいかなかったようだ。

 ところがどっこい、純化零式歩兵は生きている。
 ヤツらは改造人間なのだ。

『その脳部運動野に』
『零式防衛術を入力されたナノチップ埋蔵』
『その肉体を構成する「人工全能性幹細胞」は』
『いかなる身体損傷(ダメージ)でも復元する機能がある』


 ダメージ回復はともかく、体力減少も起きていないようだ。
 傷を治したら、その分は消耗してくれないと割りにあわないな。
 このままだと覚悟は体力が尽きて、いずれ敗北する。
 ……純化零式歩兵が倒れた後に、身体を切断すればいいんじゃなかろうか?
 首を斬ればさすがに死ぬよね。

 だが、覚悟は真剣に危機感をもっている。
 相手の言うことをマジメにとらえすぎだ。
 戦ってばっかりの人生だから、意外と詐欺師には弱いのかもしれない。

 困っている覚悟に六花が助っ人宣言だ。
 エクゾスカル雪を装着できない彼女はどう戦うのか?
 バイク状態でも戦えるのかも。
 機械化軍用犬「月の狼(モーントヴォルフ)」なみに戦えるのなら充分な戦力だ。
 次回、軍用乙女ユキが舞う!

 純化零式歩兵に人体改造をほどこしているあたり、やっぱり憐は危険な思想をもっていそうだ。
 身体の改造はともかく、精神をいじくっていたら完全に危険人物だよな。
 もっとも、覚悟だって不自由な人生と人格を強いられている。
 脳にチップ埋められていないだけマシなのか、逆に不幸なのかは難しい判断だけど。

 覚悟に比べると六花はずいぶん奔放な性格をしている。
 彼女はどんな教育の末に完成されたんだろう。
 そして、この窮地をどう解決するのか?


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零(2) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零 2巻』が、発売される!
想像を絶する強化外骨格(エクゾスカル)同士の死闘もついに決着か!?
発売日は3月19日です。収録は第七歌から。

範馬刃牙 33 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙33巻が2月8日に発売される。
刃牙のトリケラトプス拳は奇跡を起こすのか!?
33巻は267話から!

ジャイアントロボ~バベルの籠城 1 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」が始まる!
1話から、えらいこっちゃな展開だぞ。国際警察連合・梁山泊とBF団の決着はどうなる?
1巻は12月20日発売だ。

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2012年12号感想

・ バチバチ
 なんかもう、早く吽形さんを楽にしてあげてって感じなんだけど。
 外れたヒザ関節を入れなおしても、切れた靭帯が戻るわけじゃない。

 これはもう、吽形の廃業フラグが揺るがなくなった。
 そして阿形も無意識下にのこっていた情が死んで、さらなる過酷な道に突き進んでいく。
 今宵、土俵の鬼が生まれそうな予感がする。
 本来、阿吽の金剛力士は鬼などの仏敵から守る存在なのに、鬼になっちゃうんだろうか。

・ クローバー
 真木もハヤトに感謝しているんだろうな。
 釣りを教えてくれたこと。イージス竹下さんとめぐり合わせてくれたこと。
 主に釣り方面で。

 ドラマのキャスト発表されたけど、知らん人ばっかりです。

・ 弱虫ペダル
 完全に1年生が主役だ。これで優勝したら2・3年をパシリに使いそうなぐらい(それは無い
 鳴子劇場の最終章は壮絶な落車だったんだろうか。

・ シュガーレス
 なんか今回の岳は気絶しないぞ。どういうことだ。
 ヒュウゴが登場する時、アノニムのメンバーは片ヒザついて控えるんですね。
 みんな、やっぱりノリノリだ。

・ てんむす
 5秒の差は覚悟の差だったんですね。
 相手の心を折る作戦は『〈勝負脳〉の鍛え方』(AA)でも推奨されている。
 部長は心技体すべてが高レベルだ。

・ 囚人リク
 やっぱりレノマはチョットあせっていたようだ。
 小さいところからコツコツと籠絡していかなきゃ。
 でも、看守が想像以上にダメ人間だったのでチャンス到来だ。
 なんかゲーム理論の囚人と監獄みたいな展開っぽい。
 しかし、あの看守って結婚していたんだ。そこがもっとも想像から外れたところでした。
 指輪していないのは、すでに売っちゃっていたからだろうか。

・ ハンザスカイ
 財前にとって因縁の相手である能登なんだけど、話は能登視点ですすむのか。
 これは財前が何を考え、どう感じているのかがオチとなる決着ですかね。

・ りびんぐでっど!
 ゾンビ、けっこう怪力なんですね。
 エレベーターにゾンビと閉じ込められるというホラーな展開なのに、なんというほのぼのだ。

・ 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝  問答無用に力技で勝った。
 マニゴルドは根性キャラだな。
 さぞかし師匠の特訓が厳しかったのだろう。
 ジジィ共って言っているから、たぶん二人に鍛えられた。
 そりゃ、超スパルタにちがいない。

・ デザートローズ
 わりと唐突に最終回だ。
 最終回が他校の試合内容を振り返るというあたりが、急な終わりだったんだろうな。

・ 新連載
 帰ってきた芹沢直樹がバイオハザードのコミカライズ。
 鈴木央が読み切り漫画で描いた姉萌えな剣道漫画が連載化。
 竹下けんじろうスポーツチャンバラ(?)の漫画。
 どれもこれも主戦級の連載だ!

● ヤンジャン
・ キングダム

 戦争は非道な行為だからちゃんとした大義名分があるほうが士気があがるらしい。
 平和な世界を作るための天下統一!
 ここにきて、こういう大義名分を得たか。
 実際に政は統一によって平和になったと自画自賛の記念碑をいっぱい作っている。本当に平和になったのかどうかについては、ノーコメントだけど。

・ タフ
 CM漫画がッ! 鬼龍おじさんがッッ!(トヨタbB“煌” ×TOUGHで読めます)
 鬼龍おじさん、お金持ちなんだから普通に買って乗ろうよ。
 って、キー坊にからみたいだけだったりして。

● モーニング
・ 宇宙兄弟

 ムッタからの背中押しパワーがすごすぎて表彰したいレベルだ。
 仲間が勢ぞろいしてヒビトを励ます展開なんて、そのままヒビットのエピソードになりますよ。

範馬刃牙「288 地上最強の孫」感想


2012年2月16日(12号)
第3部 第288話 地上最強の孫 (944回)

 地上最強の生物・範馬勇次郎の父・勇一郎もまた地上最強だった。
 勇一郎はかつて米国に勝利したという。
 米軍を恐怖のおとしいれた技が"ドレス"だ。
 刃牙は歴史の勉強になるッッッ!
 歴史の試験で回答にこまったら、とりあえず『ドレス』と書くんだ!

 いきなり出現した範馬勇一郎の幽霊(?)を見て勇次郎は恐怖の技ドレスを思い出した。
 勇次郎と勇一郎の親子関係は不明のままだ。
 謎は謎のまま、話を自分勝手に進めちゃうのがマイペースと言うかワガママであり、範馬の人間らしい行動である。

「俺と………」
「父 範馬勇一郎はまったくの別人」
「互いが対極に位置する」
「人生観」
「生きかた」
「そして使用(つか)う技術(わざ)も」


 勇次郎が父・勇一郎について語った。
 相手の都合をムシした押しの強い性格とか、そっくりだと思いますが、対極なのだと。
 勇次郎は打撃系で、勇一郎が投技系という違いはある。確かにある。
 だけど、性格や生きかたは同じっぽい。

 二人とも、最強国である米国に素手で戦いを挑んで勝っている。
 単独行動を好み、大義のためというより趣味で戦っているっぽい。
 勇一郎の動機は不明だけど、終戦後も戦っているんだから好きで戦っているンだよな。

 でも、勇次郎が対極といっているのだからちがうのだろう。
 近い環境の人ほど、ささいな違いが気になって仕方がないといいますし。
 ネイティブ関西人はドラマの関西弁の発音にとても厳しいの法則だ。
 刃牙と勇次郎程度には違いがあるのだろう。

 いきなり語りだした勇次郎を見て観客は親子喧嘩が終わったのかと思いはじめる。
 もちろん終わっていない。むしろ、新しいラウンドが始まっているぐらいだ。
 観客数は多いが解説成分が足りない。
 独歩は自分で納得しちゃって、あまり周囲に解説しない人っぽい。求道者タイプだよな。
 その点、本部さんは社交的なんだろうか。アレでも。

 騒ぎの中で、チョット前まで敗北を認めていた刃牙が普通に立ち上がろうとしている。あっさり立った。
 なんという回復力だ。
 やはり、範馬の血は恐ろしい。
 刃牙も寝ていれば"ドレス"とらやを喰らわなくてすむだろうに、わざわざ立ち上がっちゃう
 マゾ……、というかチャレンジャーな血筋だ。

(安心しな皆の衆)
(終わりなんかじゃない)
(範馬勇次郎はそんなタマじゃない)
(もっと我が儘で もっと徹底的で)
(そして――)
(教育熱心なんだ)


 刃牙が突然、皆の衆発言だ。
 カイジの大槻班長か、オマエは。
 18才とは思えない古風な言葉づかいだ。

 そして、圧倒的な父・勇次郎への信頼感がある。
 勇次郎は皆の衆が思うより強大なのだ。
 しかも、教育熱心=親子愛ですよ。
 やっていることは虐待に見えるがちがう。
 お仕置きとかではなく、地上最強を体に教える教育だ。

 勇次郎の過剰で徹底的な愛にこたえるため、刃牙も立ちあがる
 祖父から父に伝わった最強の証明が、今度は子に伝わるのだ。
 勇一郎もわが子の体に必殺技を叩きつけたのだろうか?
 まさに歴史が繰り返されようとしている。

「そんな親父だが」
「たった一つだけ」
「渋々ながらも俺が」
「誇りたくなる技術(わざ)がある」

「この技術(わざ)を海兵隊(マリーン)どもはこう呼んだと云う」
「ドレス」


 勇次郎は足払いで刃牙の足を刈る。
 軽く蹴っただけに見えるが、刃牙の体が半回転するほどの威力だ。
 蹴った下半身が『シェー』のポーズみたいになっているけど、パワーがすごい。
 たぶん、タイミングなども完璧だったのだろう。
 勇次郎は打撃系だけど、投げや関節だって達人レベルなのだ。

 宙に浮いた刃牙の足首をつかむ。
 刃牙が逆さづりにされた
 まるで店先に吊るされた鳥のようだ。
 それとも、これから解体されるイノシシってところだろうか。
 どっちにしても、DEAD ENDっぽさがハンパ無い。
  フリップアップマーカー イヤミ(おそ松くん)


「アキャッ」

 宙吊り状態から刃牙が反撃した。
 なんか夢枕獏っぽい奇声だ。
 追いこまれて急にヤる気が出たのだろうか?
 やっぱり刃牙の教育にはムチが必要らしい。

 だが、刃牙の蹴りがとどく前に、ブンまわされた。
 まるでタオルのようにブルンとふりまわす。
 凄まじい動きで、わずかに残っていた刃牙のシャツがちぎれ飛んだ。
 ココをしのぎきれば、鬼の背中を全開にできる、けど……

「ぬ……」
「双節棍(ヌンチャク)ゥ!!?」


 独歩が見るところ、その動きはヌンチャクのようだ。
 まるでブルース・リーがあやつるヌンチャクのように、人間をふりまわす。
 人間ヌンチャクだ!
 刃牙の顔をワキにはさんでいるのもヌンチャクっぽい。

 勇次郎のワキ圧とワキガはどんな感じなんだろう。
 などと考える間もないスピードと遠心力だ。
 刃牙が出した鼻血はワキにはさまれた圧力なのか?
 それとも、遠心力で頭に血がのぼったのか?

 ヌンチャクは琉球武術が生んだ武器といわれている。
 沖縄近くの島に潜んでいた範馬勇一郎は、沖縄出身なのだろうか?
 勇次郎も御殿手(ウドンデ)の秘術を使える。(G刃牙7巻 57話)
 範馬のルーツは沖縄(琉球)にあるのかもしれない。

「ふしゅる…………」

「直訳するならさしずめ――――」

「"装い"」
「――とでもしておこうか」


 ドレス=装い!
 相手を身にまとわせるような技というコトだろうか?
 そして、遠心力を極限まで高めて地面に尽きさす。
 ドレスで始まり、ドリルに終わるのかも。

 それにしても、勇次郎が「ふしゅる」発言ですよ。
 本部の弟子や、タマ蹴られた後のシコルスキーみたいだ。(G刃牙2巻 9話、バキ16巻 135話
 コレはヒゲでやられ役の音なんだけど……
 もしかして、範馬勇次郎に敗北フラグがたったのだろうか?

(皆の衆…………)
(俺の教育は………)
(やりすぎかい……!?)

 勇次郎も「皆の衆」かよ!

 やっぱり親子、口癖が同しだ。
 というか、コレは刃牙がマネをしたんだろうな。
 父親の影響を受けている証拠だ。

 刃牙は勇次郎の教育を受けようと立ちあがる。
 勇次郎は期待にこたえてキッツい教育をした。
 まさにSとMな親子関係だ。

 刃牙は勇次郎にふりまわされて、地面に激突するのか?
 コンクリートに叩きつけられたら、今度こそ刃牙も終わってしまいそうだ。
 しかし、範馬勇一郎の言葉を信じるなら刃牙が勝つ可能性も高い。
 どうなる、次回!?


 人間ヌンチャクから、人間試着に移行するのがドレスのようだ。
 自分の腕力を見せびらかすパフォーマンス技ですね。
 刃牙世界では強さアピールは重要な行為だ。
 ムエタイ選手を以下に倒すかというムエタイ48手だってある。(ありません)

 ただ、相手を倒すのではなくビビらせつつ勝つのが上策だ。
 周囲もビックリさせれば文句なし。
 勇次郎も気にいった技なんですね。
 きっと蹴りをキャッチして入ることもできるので、ムエタイ料理にも使えるからだろう。

 けっきょく、技というより腕力でムリヤリやっちゃう系の攻撃だった。
 勇次郎の筋肉は勇一郎ほどじゃない。
 だから、威力も若干おちるだろう。
 刃牙が生きのこるには、そこに賭けるしかあるまい。

 足をつかまれていたら、五接地転回法も使えなさそうだ。(G17巻 148話)
 地面に激突するスピードを少しでも遅くするには、どうすればイイのか?
 とっさに、なにかにつかまる。むしろナニにつかまれ!
 勇次郎の股間をつかんでブレーキとする。
 自分の技の威力が自分の股間にかえってきて、勇次郎の自爆で決着だ!


・おまけ
モンスターハンター3G
モンスターハンター3G
で、またチャンピオンとのコラボをやるそうです。
まずは、花山の刺青をモチーフにした、仁剣【侠客立ち(おとこだち)】が使えるようになるミッションは2/17から配信だ。
花山さん、素手喧嘩(ステゴロ)主義なのに武器のモチーフになっちゃうの?


ロード オブ アポカリプス ロード オブ アポカリプス
ロード オブ アポカリプス(公式)でも、刃牙コラボミッション「夜叉猿亡きその後に」があるらしいぞ!
今週のチャンピオンのゲームコーナーに掲載されているパスワードを入力だ。


・おまけ
西原理恵子の人生画力対決 3 (コミックス単行本)
西原理恵子の人生画力対決 3

板垣先生が売られた喧嘩を買って画力対決のスペシャルマッチだ!
もう、いろいろとスゴかった。
感想でも書きましたが、アラレちゃんとか伝説になるよ。
というか、この巻の面子は濃い人ばっかりだ。vs三田紀房先生、vs福本伸行先生とか、そんな感じ。
買って読んだから、感想書いた


------
・おまけ 新刊情報
範馬刃牙 33 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙33巻が2月8日に発売される。
刃牙のトリケラトプス拳は奇跡を起こすのか!?
33巻は267話から!

ジャイアントロボ~バベルの籠城 1 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」が始まる!
1話から、えらいこっちゃな展開だぞ。国際警察連合・梁山泊とBF団の決着はどうなる?
1巻は12月20日発売だ。

どげせん 3巻 (ニチブンコミックス) ついに最終巻である『どげせん3巻』が、11月28日発売だ!
土下座感の不一致により、瀬戸の土下座はここで終了だが、土下座道はまだつづく!
収録は17話から25話まで!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

エクゾスカル零(1) (チャンピオンREDコミックス) 山口先生の最新作『エクゾスカル零』が、発売される!
『シグルイ』のテンションで描かれた新生『覚悟のススメ』だ。強化外骨格 総合格闘技が今はじまる。
発売日は8月19日です。収録は第零歌から第六歌まで。

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)