2013年03月

週刊少年チャンピオン2013年17号感想

・ イカ娘
 イカ娘も太る事あるんだ。
 たぶん、この後は千鶴にしぼられて(イカ墨を)元に戻ったんだろうな。

・ 弱虫ペダル
 さすがに一目見ただけでコピーはできないのか。
 可能なら相手チームのエースをコピーして楽勝だったのに。
 フォームだけなら今泉をコピーすれば良さそうだけど、たぶん尊敬が足りないから失敗する。

・ 囚人リク
 餓狼が目覚める!
「本物の脱獄を教えてやる」
 シビれるセリフだ。これを待っていたぞ!
 「本物の○○を教えてやる」は、どこかで使ってみたいセリフだな。

・ バチバチBURST
 大鵠がカラー表紙かよ。近年まれにみる汚いカラー表紙だ。
 そして想像を超えるド外道作戦だよ。これは汚い。
 反則をやるだけやって、わざと負けやがった。
 昇進を考えなくなった人間だけが取れる作戦だろうか。
 鯉太郎をツブせば、王虎からボーナスが出るんだろなー、こりゃ。

・ 浦安鉄筋家族
 35万円!?
 さすが春巻、予想のはるか下を滑り落ちていく。

・ ドカベン ドリームトーナメント編
 お膳立てが整った!
 前の打席で小次郎に打ち取られたのは、思った以上にイイ球なげちゃったからなんでしょうか。
 岩田監督は、小次郎を超えられるのか!?

・ ハーベストマーチ
 一人残せ、か。虎眼流なみに伊達にして帰す的な発想ですね。
 全裸じゃ無かったにしても、もう少し良い服を調達できなかったものか。
 シイドなんてマントの下は上半身裸ですよ。

・ 真・餓狼伝
 七話感想はこちら

・ クローバー
 親を泣かせちゃならねぇ、か。
 とりあえず髪型が親泣かせな気もするんだけど。
 母無しでもハヤトがねじれなかったのは、理解してくれる友達がいたからなんだろうか。
 でも、再会時のことを考えると年月は残酷だな。

・ 名探偵マーニー
 ヒーローは銀幕の外でもヒーローですね。
 名裁きのセリフなんて一般人にはとっさに出てきませんよ。

・ いきいきごんぼ
 レアカード『天使の胎』は、使うと副作用がありそう。
 とりあえず、仲間割れしているのは副作用なんだろうか。

・ パンダのこ
 やっぱ、パンダを飼うのは法的・倫理的にどうなんだろうって話になるよね。
 だから短期集中連載のラストで返すって決断をするワケだし。
 けっきょく、かわいいから許しちゃうってのが、イロイロな意味でこの作品なんだよな。

・ 泳げ!ひなのちゃん
 雨に濡れた透けブラとか、マニアックなサービス満載だな。
 やっぱ、OWS(オープンウォータースイミン)には環境利用闘法のガイアに参加してもらいたい!

・ バーサスアース
 なんとか作戦通りの勝利だ!
 今後、どれだけ続くのかわからない戦いの中での一勝なワケで、うかれるのは早いんだけど。
 深柱も腕生やしたりと、かなり進化しているし。
 どうしても今後に不安を感じてしまう。

・ サクラノ嵐
 安定のバケモノっぷりだ。
 投げられなかったのは、とっさにつま先を地面に埋めて引っ掛けたってことなのか?
 地面との摩擦力を凌駕するナゾの範馬現象かもしれないが。

・ シュガーレス
 岳の持ち味は倒されても復活するゾンビ能力だ!
 って、さすがにシャケ相手だと立っても攻撃力が落ちちゃうのか。
 ガムシャラ犬モードで逆転できるのか?
 そして、最終回までのこり2話! ……なんだと!?

・ 魔法少女ミルキー☆モウ
 うん、歯は無理だろう。
 ジャック・ハンマーと戦うようなものだよ。(言いすぎ)
 よき変態漫画でした。

● ヤンジャン
・ キングダム

 地味だけに対策の少ない攻め口だ。
 今こそ軍師の出番なんですけど……
 夜襲の時は火を増やして、敵数をちゃんと確認できるようにすればイイのか?
 騒音は、がんばってなれろ。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 点取られて腰が引ける。
 ETUの精神テンションは今! 開幕戦時代に戻っているッ!
 弱腰! 臆病! そのETUが守りを固めるぜ!

 久しぶりに凹んで悪い状態になっているようですね。
 安全策は相手だって予想しやすいから脅威を与えられず、結果的に攻めこまれやすくなっちゃうのか?
 見ているだけの人間がいうのは簡単だけど、やっている選手が切り替えられるのか難しいんだろうな。

・ グラゼニ
 寺杉は本当にお気の毒だ。
 プロやっている以上、誰かを犠牲にして勝っていかなきゃいけないときもあるんだろうけど、犠牲にされる人にはつらいよな。

真・餓狼伝「7話 人助け」感想


2013年3月28日(17号)
第七話 / 人助け

 丹波文吉と前田光世が戦う明治37年(1904年)、その三年前に伏線がある。
 前田光世は横山作次郎に教えを受けていた。
 横山作次郎(六段。のちに八段)は講道館・四天王の一人であり、講道館でもっとも当て身(打撃)に習熟していたと言う。
 通称"鬼横山"である。

 ちなみに講道館柔道で鬼とよばれた人間は四人いた。
 横島作次郎、徳三宝牛島辰熊木村政彦だ。(木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
 強いだけでなく、ムチャをやらかすからこそ、柔道の鬼なのだ
 前田は強かったけど、温厚な性格だったので鬼じゃ無いんだろうな。

 横山が打撃を得意としていたのは、もともと柔術の天神真楊流を学んでいたからである。
 講道館は新興柔術なので、イロイロな流派の人が入っているのだ。
 でもって、横山はわりと暗黒街の付き合いもある。
 無頼のやからと夜の町でケンカです。
 たぶん、わりと日常的のコトなんだろうな。

 前田光世と横島作次郎は数人の男とケンカをしていた。
 男たちは刃物を出すなど、かなりキケンな状態だ。
 だが、横山は余裕で男たちを倒している。
 昔、世話になった獏山先生が柔を教えつつ骨接ぎをやっているので、患者をつくろうという考えだ。

 なんというマッチポンプ、なんという自作自演だ。
 いや、ちょっと違うか。
 とにかく横山は獏山先生の患者を作るべく、アゴ外しの打撃を使いまくる。

「コツはのぉ」
「腕の振りは小さく素早く」
「上アゴに当てる瞬間」
「掌底の腹を」
「素早く返し」
「アゴを外すんじゃ」


 一般人には使いこなせない情報だ
 明日の終末飲み会で披露してもドン引きされそうだし。
 この技ってやっぱ、実戦で練習しないとダメなんだろうな。
 後輩に試して、アゴを外しまくっていたら嘉納先生に超怒られそうだし。

 なので、ケンカは練習のために必要なのだろう。
 そもそも講道館柔道にアゴ外し掌底打ちは必要ないんじゃないかと言う議論は置いときますが。
 合気道の塩田剛三先生も道場で乱取りが禁止されていたので、ヤクザにケンカ売って練習台にしていたそうだ。(合気道人生
 昔の武術家はムチャすぎる。


 前田光世は横山の教えを忠実に再現した。
 丹波のアゴが見事に外れてしまう。
 痛いのかどうかワカらんが、のた打ちまわっている。
 横山が言うには、相手の戦意をそぐのに最適の技らしい。

 だが、丹波は戦意を失わない。
 自分でアゴをもう一度外して、入れなおした。
 これは痛い。
 だが、この痛みは知っていると言う。

 どうも丹波の流派は単純な打撃系ってワケでもなさそうだ。
 打撃を使いつつ、関節を外したりする。
 複合技を使いこなす流派なのだろうか?

 人間は未経験の攻撃には弱い。
 だが、丹波はコアゴ外し攻撃を知っている。
 打撃に関して言えば、前田より知識が豊富かも。

「人を眠らせたきゃ」

(人中!?)

『ちゃんと――――』
『急所狙わなきゃ』


 そして、復活の丹波文吉が跳躍からの中指一本拳で前田に襲いかかる。
 人中はバキや夢枕獏作品ではおなじみの急所だ。
 鼻と上唇の間にある。
 打てば死ぬ事もあるといわれる急所だが、マトが小さいので難易度が高い。

 アゴを外す攻撃は難易度高いワリに倒せない。
 おなじ高難易度なら人中狙いだな。
 また、明日から使えない知識を得てしまった。

 倒せないと言っていますが、アゴ外された丹波君ののたうちまわりっぷりは素晴らしい。
 これなら近いうちに『いきいきごんぼ』でネタとして使われるかも  使用(つか)われるに、50ゴンボ賭けてもイイぞ!

 丹波の攻撃は人中をとらえるコトができるのか?
 そして、丹波の正体はいったい何者なのか?  今回で7話目だけど、丹波文吉のナゾはほとんど明らかになっていない。
 とりあえず、主人公ポジションは前田光世が完全にうばっている。
 登場人物紹介で、前田光世と横山作次郎がいるのに、丹波が無いのは、どんな試練なんだろう。


------
・おまけ 新刊情報
ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「6 うたうキャンデリラ」、ウィザード「28 盗まれたベルト」、ドキプリ「8 ふしぎ赤ちゃん誕生」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ6 ストップ! うたうキャンデリラ」東映TV朝日
 獣電竜アンキドンの体内には500年間もデーボ・ウイルスンが潜んでいた!
 さすが恐竜だな時間のスケールが段違いだ。
 アンキドンのピンチはラミレスのピンチでもあるらしい。

 そこに気がついたのはピンク=アミィだけだ。
 気づかいのできる娘ですな。
 キングも気が回るほうだけど、大雑把なのかもしれない。
 それとも気がついていたけど、ラミレスの覚悟を感じてあえて無視しているのかも。

 いっぽう、キャンデリラは歌いまくる。
 ラッキューロとコンビ組んでいると、一見無害に見えるからキケンだ。
 こいつら倒さなくても良いんじゃね、って気になってしまう。
 一見親切な詐欺師とおなじで、かなりキケンな存在だと思うんだけど。

 アミィによる恋の病でアンキドン復活だ。
 デーボ・ウイルスンが可哀想だと思ってしまった。
 心をいじくられたあげくに、フラれるなんて……
 アミィの攻撃もとても危険だ。

・ 仮面ライダーウィザード 第28話「盗まれたベルト」東映TV朝日
 ビーストの指輪とそっくりなアイテムが発見された。
 さすが、いにしえの魔法使いだな。
 獣電竜なみの時間スケールだ。

 アイテムの発見者は考古学者の中本である。
 おまけに本日のゲートです。
 マッドな研究者ですね。
 狂言強盗でビーストの指輪とベルトをゲットしたっぽい。

 これでビースト仁藤が死んでも、研究のためだから許してくれって割り切りそうだ。
 そんなワケで中本がファントムに囲まれても、この程度で絶望しないだろうと大安心である。
 研究材料を破壊するとか、発表を持ちあげてから虚偽でしたと非難するような上げて落とす作戦のほうがきくだろうな。

 ウィザードさん、敵が複数いるときこそ分身でしょう。
 でないと、いつ分身するんですか。今でしょ。
 と思ったけど、アレかコヨミに注ぎこんだぶんMPが足りなくなっていたのかも。
 コヨミの心配が的中しちゃったのか。

・ ドキドキ! プリキュア「第8話 きゅぴらっぱ~!ふしぎ赤ちゃん誕生!!」ABC東映
 昔から日曜朝の赤ちゃんは飛ぶと相場が決まっていますね。
 というワケでタマゴから赤ちゃん登場だ。
 まるで桃太郎だな。
 子育てネタは日曜朝の定番なんですかね。

 この赤ちゃんは、もう首もすわっている。
 服を着たまま生まれてきた。
 並みの赤ちゃんではないな。
 ベタな展開を予想すれば、この赤ちゃんが女王の転生した姿なんだろうけど、どうか。

 今回のジコチューは眠気をあやつる。
 地味だけど恐ろしい能力だ。
 ギャグじゃなかったら死んでたぞ。

 これでプリキュアたちは愛と言う名の後方支援を得た。
 子供を育てることは、自分を成長させることでもある。
 みんなも子育てと言う試練で成長しそうだ。

 しかし、マナとか異常事態に対する適応能力が高すぎだよ。
 あいつら学園がゾンビであふれかえっても、ふつうに学園生活おくりそうだ。

前回コメントから
> そもそも最初の題が「剣で突くより刀で」とあったので剣と刀の話だと思ったので槍は最初から除外して考えていました。
 ワカりにくかったのかもしれませんが、剣と刀の話ですよ。

 もっとストレートに書きます。
「騎馬は剣で突くより刀で斬るほうが有利といわれている」に対して「突き(中略)威力がない」「切りつける(中略)充分な威力」とのコメントをいただきました。
 これにたいして前回書いたのが、剣で突いても折れるか刺さりすぎるほどのダメージが生まれるので威力不足ということは無いだろうと。

> そこまで極端に片方の相手に特化するのは無理だとおもいます。
> 逃げられない時もあるでしょうし。
 同意します。なので、短い武器で歩兵と戦わなければならない特殊な状況で考えるのではなく、もっと普遍的な状況で考えるべきでしょう。

> 基本的に両方に対応できる得物を使うものだとおもいます。
 個人的に、刀剣は騎馬弓兵の予備武器だと思っています。
 モンゴルの軽騎兵がそんな感じですし。

週刊少年チャンピオン2013年16号感想

・ 浦安鉄筋家族
 バネで何度も立ちあがる!
 このコント的なノリが浦安鉄筋家族の醍醐味だ。

・ イカ娘
 やっぱり、パンツは見せないのか。
 逆立ちすると世界がさかさまに見えるってネタはよくある。
 私の実感だとさかさまには見えない。ちゃんと脳内補正(?)がかかっているようだ。
 世の中の人はどっちが多いんだろう。

・ 弱虫ペダル
 能力バトルだと定番なのが、能力コピーと能力無力化ですね。いや、能力バトルじゃないか。
 巻ちゃんがいるうちに来てほしかった。
 あの巨体でスパイダーだ!
 うまく運用すれば今泉の欲しがっていたオールラウンダーになれるかも。

・ 囚人リク
 田中二郎の家族が死す。
 安全をきするようで、その行為は虎の鎖をちぎるようなものなんだよな。李陵みたいな展開だ。
 解き放たれた野獣がよみがえる日も近い。

 そして、刑務所の切り札は鉄板ですか。
 昔、鉄格子に味噌汁を毎日かけて錆びさせて破壊し脱走した人がいたな。(白鳥由栄
 金属だって無敵じゃないんだ!

・ いきいきごんぼ
 人知れず特訓したくなる気持ちはワカる。
 一歩間違えたら『空が灰色だから』になってしまうような展開だ!

・ 泳げ! ひなのちゃん
 藤川努の新連載だ。
 OWS(オープンウォータースイミング)なんてオリンピックの正式種目になっていたんだ。
 こういうマニアックな競技をあつかうのもチャンピオンの特徴ですね。
 海って深さなどの場所によって流れがちがうらしい。
 ひなのは海流に乗る気か!?
 これぞ、環境利用泳法だ!

・ クローバー
 鬼猿の人たちは良い人ばっかりだな。
 デカいチームだと人柄も重要なんだろうか。
 で、レオの一件はともかく、母親探しをどうするのか。
 もう手がかりは無いんだよな。

・ バチバチBURST
 王虎に匹敵する怪物といわれる男・天雷 vs 先代の天雷を廃業に追い込んだ男・大鵠!
 みんなが心配する因縁勝負ですね。
 白水に負けたように、天雷は奇策に弱い気がする。
 鉄板入り(?)の張り手を受けたら、さすがにダウンしそうだよな。

 大鵠の本命は鯉太郎だろうか。
 王虎からすると、とりあえず実力で勝って気は晴れた。
 後は恨みをぶつけるため破壊する、って心境なのかも。

・ パンダのこ
 バレ友(パンダ飼いの秘密がバレた友達)、追加はいりました!
 しかし、パンダ並みの警戒心の無さだな。
 かわいいから何事も許されて育ってきたんだろうか。パンダも、乃仔も。

・ ハーベストマーチ
 農民やってると村から出ないで一生を終える人も多いからなー。
 国家の機能がしっかりしていると、労役で出張させられることもあるんですが。
 つまり、王国とやらは、けっこうユルい状態になっているのかも。

 ひさしぶりにシイド一行が登場だ。
 あんな全裸に近い恰好で10日以上も、なのか?
 って、まだ10日たっていなさそうだし、よく見たらズボンはいているっぽい。
 どっかで人間を襲って調達したのだろう。
 次回、きっと住民ごと惨殺だ。

・ あまねあたためる
 本人不在を人形で誤魔化せ!
 浦安鉄筋家族を読んだあとだと、バネつけとけばイイんじゃね? と思ってしまう。

・ 名探偵マーニー
 こりゃ、たしかに美しすぎる死体だ。
 幼少期にこんな死体美を愛でちゃったら、性癖に大きな影響をうけそう。
 そしてマーニーは先輩らしい気遣いと良識だな。

・ バーサスアース
 5秒の死角をついて倒す!
 こういう作戦計画は燃える。
 ただ、敵側にも知性ある人間がいるから対策をしている可能性があるんだよな。
 それにしても、実験を1時間に5回×24時間×7日か。三交代制で24時間営業かよ。

 それにしても、新装備って前がガラ空きじゃないですか。
 背中に隙間のある鎧(背中の隙間を埋める板を臆病板という。武士イズムあふれる名前だ)はあっても前はないだろ。
 巨乳が武器だから隠しちゃいけないって設計思想なのか?

・ シュガーレス
 シャケにガッカリされた!
 岳の強味は打撃力じゃなくて、打たれても復活する回復力だ。
 だから、攻撃力が低いのは許してあげて。

・ あの頃のお姉ちゃんはもういない?
 ヤンキー漫画が増えたからバランスをとるため美少女バカ枠を増やしたのか?
 ますますチャンピオンがカオスになっていく。

・ 実は私は
 『ダレン・シャン』でも日焼け止めをつかっていたな。
 吸血鬼にとっても文明社会は素晴らしいものらしい。

・ 魔法少女ミルキー☆モウ
 あのまま特訓していたら、花山はムリでもシコルスキーぐらいになっていたかも。
 天井にあるTKB(チクビ)をつまんでぶら下がりながら読書できるほどの、つまむ力だ!

● ヤンジャン
・ キングダム

 一時的な熱狂じゃ越えられない壁があるもんな。
 未経験のストレスで熱狂も冷めていくだろう。
 野戦に引きずりだされても、集団戦闘を訓練していない民兵じゃ困るものがありそうだし。

 のこった策は精鋭兵による夜襲か?
 当然、警戒されているだろうから、返り討ちにあいそう。
 私の頭脳じゃ、もう対策でてこない。
 来週までに考えよう。

● モーニング
・ 宇宙兄弟

 月の砂を建築資材に使用するって計画は、昔見た覚えがある。
 これに3Dプリンターを組みあわせる!
 枯れた枯れた技術の水平思考ってヤツですね。(宇宙兄弟は近未来の話)

・ グラゼニ
 凡田の性格は高校生の頃とかなりちがっている。
 これって、プロの洗礼をうけて自信が砕け散ったからだと予想しています。
 自信を砕くからには、おなじ属性でより性能の高い相手なのだろう。
 で、サイドスローの中継ぎというよりニッチなところに生息地を移したと。

真・餓狼伝『第六話 / 当て身』感想


2013年3月21日(16号)
第六話 / 当て身

 明治37年(1904年)、新興柔術である嘉納流柔術・講道館が謎の人間に挑戦を受けていた。
 挑戦者の名は丹波文吉だ。
 親父である丹波久右衛門は、講道館にたいし遺恨があるらしい。
 柔術の諸流派を踏み台にして武の天下をとらんとする講道館を阻止しようと言うのだろうか。

 丹波の挑戦を受けているのは講道館の前田光世である。
 二十代の若さであり、勢いのある年代だ。
 体力を削りあう実戦では、技術よりも体力のほうが有利な場合も多い。
 講道館にとって最強に近い手札だといえるだろう。

『「相手を極めるには先ず投げが必要 投げられざれば負けること無し」』

 これが講道館の創設者・嘉納治五郎の考えだ。
 武術にイロイロな流派があるのは、戦いかたにイロイロな方法があるからだろう。
 将棋だって居飛車・振り飛車の二大戦法から、さらに細分化される。

 武術には投げ・打撃・関節の三要素がある。
 これらをどう組み合わせて、どこを重視して戦うのか?
 それぞれに長所・短所があって相性もある。
 正解のないディープな世界だ。

 柔道は、投げて勝ち、投げられなければ負けないという選択をした。
 投げられると落下のダメージはもちろん、不利な状態で寝技に入られて負ける。
 だから、負けるような投げられ方をすると"一本"となって、即負けとなるのだ。

 前田は丹波を投げようとつかみかかる。
 だが、そのタイミングを狙ったかのように、丹波が右拳を突きだした。
 当て身だ!
 前田の左頬が切れた。

 汗が流れている。
 予期せぬ打撃で前田があせっているのだ。
 丹波が追い討ちに打撃を放つ。
 左、右、右!
 フック気味の打撃など、多彩な攻撃だ。
 これはかなり近代的な攻撃ですね。

 しかし、前田は上体を沈めたり、左右に振ったりしてよけている。
 腕にも当たっていない。
 かなりの防御技術だ。
 打撃に不慣れな人間なら腕でガードするだろうけど、ガードしていない。

 ならば、蹴りだ!
 丹波が奇襲的に蹴りをだしてきた。
 下半身を狙う実戦的な蹴りだ。
 中国武術だと実戦では腰より上を蹴らない流派もある。
 上段への蹴りはバランスを崩し倒される危険性があるためだ。
 ある意味、投げの重視に似た考えかたといえる。

 丹波はヒザ関節や釣鐘(金的)を狙った蹴りを放つ。
 全部かわされたあげく、釣鐘狙いは足をつかまれて投げられた。
 さいわい、丹波には"猫の三寸返り"があるので、無事に着地し一本とられずに済んだ。

『本来当て身とは組むために打ち 組んでから突く すなわち柔(やわら)のための技術である』
『しかし丹波文吉が放つ一発一発は』
『相手を沈めるためのものであった』


 江戸時代の柔術は『柔(やわら)』と呼ばれる場合が多い。
 そして、打撃は投げや組み技と合わさった一要素となっている場合が多かった。
 打撃のみで戦う思想は、沖縄で発展した空手(唐手)が本土へ上陸するまで、あまり無かったのだ。

 これだけ打撃を使えると言うことは、丹波文吉は空手の使い手なのだろうか?
 つまり沖縄からの刺客ですかね?
 姓が丹波(京都・兵庫の一部)なのに、沖縄なのか?
 どういう経緯で丹波はこれだけの打撃を学ぶようになったのだろう。

 本来なら、あまり知られていない技である打撃により前田光世はフルボッコになっていたハズだ。
 しかし、見事な防御をしてノーダメージである。
 奇襲が通用せず、丹波にも焦りが……無い!
 なんか余裕というか、楽しんでいる。
 いいのか、そんな気楽で。

 講道館では本来打撃を教えない。
 だが、講道館の先輩がたには打撃を押しててくれる人もいる。
 前田の脳裏にうかんだ人物は四天王・横山作次郎か!?

 そして、前田は丹波の打撃をかわしつつ、投げに行く……
 ――――と見せかけて、掌底で丹波の顔面を張った!
 丹波のアゴの骨が外れる!

 夢枕獏『東天の獅子』(AA)によれば、講道館の門下生で血の気が多い連中はケンカをしては相手のアゴに掌底を食らわせ、アゴを外していたそうだ。
 つまり、この打撃は四天王・横山直伝のケンカ殺法である。

 連載6話目にしてついに丹波がつかまった。
 丹波一族の通過儀礼として"強敵に敗北して復讐を誓う!"が発動しそうだ。
 でも、丹波は打撃に慣れているんだから、打撃へのダメージにも耐性があるよね?
 いや、肝心なところが抜けているのが丹波っぽい。
 アゴ外れて泣きながら逃亡して、東北の花巻まで流れついても私はおどろかないぞ。


------
・おまけ 新刊情報
ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

エクゾスカル零「地獄編 第二十九歌」感想


2013年3月19日(5号)
地獄編 第二十九歌

 高度に発展しすぎた人類が滅亡をむかえようとするなかで、滅びの運命に立ちむかう一人の戦士がいた。
 その巨漢の名こそ動地憐である。
 憐の体をつつむのはエクゾスカル震電だ。
 人類の希望は『神造歩兵 震電』にたくされている。
 前回に続き『帝都戒厳令 衛府の剣(えふのつるぎ)』でお送りします。

 動地憐=エクゾスカル震電の戦う敵も強化外骨格・震だ。
 今までの戦いは、憐がかなり押されている。
 ここから逆転できるのか?

 震が動いた。
 いかん、先手を取られている。
 戦いの主導権を奪われるのはけっこうマズい状況だ。
 ラグビーやサッカーで言えばボールをキープされているようなものである。
 勝つためには、ボールをとらないと話が始まらない。

 とりあえず現状は防御のターンだ。
 震は地をはうような軌道のアッパーカットを放つ。
 地をはう、どころじゃない。
 拳が大地をえぐり、砕いた瓦礫を散弾として飛ばしてきた。
 憐は瓦礫の散弾をガードする。
 いかん、対応が後手後手にまわっている。

 憐が受けにまわったところに、震は強烈な蹴りを撃ちこむ。
 このピンチをチャンスに変える!
 憐は攻撃を防御しつつ、震の軸足にカウンターの蹴りを決めた。
 しかも、ツマ先から刃物が飛びだす必殺仕様だ。
 これで逆転できる!

 そんな風に考えていた時期が憐にもありました。
 三日月脚剣の切っ先は砕け、受けた袈裟蹴りのダメージでダウンする。
 震の液体装甲は瞬間的な衝撃を受けると硬化するのだ!

 エクゾスカル零の装甲は衝撃を吸収するタイプだから、また違った防御方法ですね。
 設計思想や製造者が違うってコトか?
 硬化するなら、打撃を受けると動きがニブるのかもしれない。
 刃物の鋭い打撃ではなく、ハンマーの重い打撃を受けると衝撃で装甲にダメージを与えられるかも。

 どちらにしても、現在ダウンしている憐はこの場をしのぐほうが重要だった。
 震が上から踏みつけてくる。
 ゆっくりとした圧力だ。
 ヘビがネズミを絞め殺すように、圧がかかり胸骨が折れていく。
 瞬間的な衝撃には強い強化外骨格の弱点を突いてきた!

 震は強化外骨格の弱点を熟知している。
 ダテに何度も正義執行者を退けていない。
 憐は経験値でかなり負けているようだ。
 ココで、なにか逆転の秘策が欲しい。

 と、憐の右手が震の足にもぐりこんだ。
 そしてアキレス腱をにぎりとった。
 神造兵器・分子振動貫通拳だ!
 いままで出し惜しみかよ!

『魔震(ましん)電池の95%を消費するこの武装は』
『一度きりの戦技なのだ』


 イッパツ限定かよ!
 最後の切り札にとっておいたのが、延命のために使ってしまったのか。
 今を生き延びることはできたが、勝利から遠ざかった気がする。

 でも、震は足を負傷した。
 もはや歩くこともできまい。
 そんなふうに考えていた時期が……
 震は零式鉄球の力で、アキレス腱を仮修復して立ちあがる。
 覚悟とおなじ戦術だ。(1巻 第六歌
 やはり、同門かそれに近い流派なんだろうか。

 憐は八咫烏から武器を射出させる。
 電池残量5%以下の憐にとって、次の攻撃がラストチャンスとなるのか?

「発震回数一度」
「光刃(こうじん)持続時間0.78(ゼロコンマナナハチ)秒」
『秘技 荷電粒子閃獄剣』


 荷電粒子がまるで糸鋸のように刃となって、震を斬り裂いた!
 見事に真っ二つだ!
 まさに、逆転のトライですな。
 アキレス腱を奪った段階で主導権も奪っていたらしい。

 苦しい勝利だった。
 一度しか使えない兵装を二種も使っている。
 しかも、震は門番にすぎず、本番がこのあと待っているのだ。

 だが、不可能を可能にするのがエクゾスカル戦士である。
 傷つきながらも憐は進むであろう。
 この先にいる現人鬼とは、どんな人物なのか?
 憐は人類救済の秘策を得ることができるのか?
 次回へつづく。

 エクゾスカル震電はイッパツ限りの技が多い。
 これは、やっぱり都市防衛型の兵器だからだろうか?
 長期戦はニガテっぽいつくりだ。
 覚悟が憐と戦うときは、持久戦に持ちこんで相手のパワー切れを狙えばイイのかも。

 この調子で行くと、次回も動地憐の回想シーンとなるだろう。
 回想が長引けば覚悟有利ってコトなのかもしれない。
 出番を切らせて、敵を断つ!


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
3巻は19話から。

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「5 ムシバのアンキドン」、ウィザー「27 姉と妹」、ドキプリ「7 トランプ王国の落日」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ5 ドゴォーン! ムシバのアンキドン」東映TV朝日
 キョウリュウジャーたちはガーディアンズ電池の性能確認に余念がない。
 うん、こういう準備は大切だよな。
 コイツらは基本アホだけど、しめるところはしめる。
 フォーゼの連中とおなじタイプだ。

 今回の敵はケーキを食べさせて人間の喜びエナジーを吸いとるらしい。
 普通にやっていれば成功まちがいなしの作戦だな。
 デーボス軍も内部分裂があるのかもしれない。
 ケーキで喜び作戦が、虫歯で苦しみ作戦になってしまった。
 野生動物にとって虫歯は命取りだ。恐竜にとってもキケンな罠だよな。

 キョウリュウジャーたちは顔バレしちゃっているけど、直接狙われていなくて良かったな。特にブルーとか。
 デーボス軍には宗教的な理由っぽい制約があるからたすかった。

 ブラックは飄々としてクールだ。
 グリーンは名前の通り、まだ未熟かも。
 ピンクはまだよくワカらん。
 ブルーがギャグ担当だ。
 で、レッドがキングとしてみんなをまとめている。
 なんとなく、みんなのポジションがわかってきた感じかな。

・ 仮面ライダーウィザード 第27話「姉と妹」東映TV朝日
 真由は、メデューサを生みだした人間の妹だった。ややこしい表現だな。
 ウィザードでは、心と記憶は別物としている。
 でも、実際は心と記憶って切り離せないものらしい。
 経験した出来事に好き嫌いの判定をして積み重ねていくと心になる。

 だから、メデューサにも姉の心が残っている可能性はあるんだけど……
 ファントムは人間だったときの記憶を完全に他人事として見ているもんな。
 昔見た映画の登場人物にたいする感情移入ぐらいの反応だよ。

 実は、真由もゲートだった。
 コヨミはファントムを見抜けるけど、ゲートを見抜くことができない。
 防御目標がワカらないのが魔法使いたち最大の弱点だ。
 探索の魔法とか開発できないものですかね。

 絶望しかかった真由だが、姉の記憶が絶望から守ってくれた。
 これも新たに魔法使いを生み出したい白い魔法使いの狙いどおりなんだろうか。
 ゲート発見の魔法がないのも白い人が関わっていたりして。
 『指輪物語』だと、冥王打倒を補助すべく派遣された五人の魔法使いのうち、筆頭である白の魔法使いが悪に堕落している。
 ウィザードも、ちょっと心配だな。

・ ドキドキ! プリキュア「第7話 ギリギリの戦い!さらば、プリキュア!!」ABC東映
 トランプ王国興亡史が明らかにッ!
 想像以上に壮絶な話ですね。
 でもって、人間形だな。
 珍獣形が多いプリキュアの里にしては珍しい。

 女王も武闘派ですね。
 ガチで戦ったら歴代プリキュアの里で最強かもしれない。
 そして、そんなトランプ王国を攻略したジコチューたち、恐るべしってコトですね。

 今回は幹部のベールと直接対決だ。
 四人がかりでボコって言うコトを聞かせてやるッ!
 バイオレンス プリキュアだ。
 マナは、雄度高ェなー!

 なんとかコンビネーションでベールを倒す。
 ここから拷問タイムかと思ったら、別方法で帰還できました。
 プリキュア史上で、初となるプリキュアによる拷問がはじまるのかと期待してしまったよ。
 さすがに、そりゃ無いか。

前回コメントから
> 騎馬で槍で突くと、相手に刺さった場合どうしようもなくなる
 そういえば刺さって抜けなくなった場合(刺さるとほぼ抜けない)を失念していました。
 最初に書いたとおり、突くと折れるか抜けなくなるかで武器を無くす場合がほとんどのようですね。
 唐代の猛将である尉遅敬徳は敵の槊(6mぐらいある馬上用の長槍)を素手で奪う名手だったそうです。(武器と防具 中国編
 突く場合は予備の武器を用意するか奪うかで対応していたのかも。三国志の太史慈も予備武器を用意していたような描写がありますし。

> 下半身を固定して重いものをもって片腕で突きの動作をしても速度は大して上がりません。
 槊で思いだしたんですが、槊で突く場合は武器を固定して騎馬の勢いで突いていたようですね。
 武器を動かさなくとも威力は充分のようです。ちなみに槊も片手武器だったりする。

> 片手武器は下面にいる相手が苦手です。
 前回書いたとおり、剣などは騎馬向けに使うんじゃないですかね。
 歩兵と戦うなら長い武器をもてば良いし、戦う気が無いなら速度の差を活かして逃げれば良いのだから。

> ソードが「最後のプリキュア」ってことはトランプ王国はそもそも多数のプリキュアを戦力として持っていた国なんでしょうかね。
 画面に出てこないだけでトランプ王国に多数いそうですね。
 「のこった戦士はあなたひとり」というセリフもありましたし。
 王女さまも、ひょっとしたらプリキュアだったりして。

週刊少年チャンピオン2013年15号感想

・ 囚人リク
 鬼道院が行った悪事、おじさん(ついに本名判明!)がつかんだ証拠、極楽島刑務所、麻薬密造……。
 話が次第につながりつつあるような。
 臓器密売と脱獄計画が加われば一枚の絵になるんだろうか?
 そして、地下にも罠がありそうで怖い。
 脱走の基本はトンネルだから、イチバン警戒していそうなんだけど。

・ 弱虫ペダル
 やはり、杉元が台風の目になるのか?(※ 台風の目は無風です)
 バキの読みすぎで巨人が噛ませ犬に見えてしまう。

・ イカ娘
 すっかり不審者ホイホイとなっている海の家「れもん」だった。
 千鶴さんも充分に不審者だし。

・ 浦安鉄筋家族
 花丸木くんと別れるというのは、ものすごく良いアイデアですね。

・ バーサスアース
 ユミを利用しまくる!
 やはり、トコトン外道だ。
 まあ、左腕だけ見ても誰のかわからんだろうけど。
 マントル教団なども出来ちゃって、人類側に内紛・分裂の策をかけられちゃったな。

・ 真・餓狼伝
「第五話 / 背負い」感想

・ クローバー
 これほど頭部への打撃がスリリングな戦いも珍しい。
 鬼猿はけっこうイイヤツが多そうだ。
 トモキの適切な解説も良いが、もう少し頭部(アフロかつら)の心配してあげて。

・ バチバチBURST
 常松の健闘すらつくられた演出だったのか!?
 でも、油断していてピンチになって、本気出したのは確定だから、悲観しすぎる事もない。
 敗北を噛みしめて、強くなるんだ。なるように努力しよう。なれるとイイなー。
 ……ものすごく心配です。

 そして、次の取り組みがものすごく楽しみです。
 天雷と大鵠だ。
 大鵠は王虎の手札に入っているぐらいだから、何か仕込がありそう。
 肉体的な強さなら天雷のほうが上っぽいけど、大鵠の策略に勝てるのか?

・ あまねあたためる
 実戦じゃ金的への攻撃など基本と言うコトよ。
 そのうち違うイミで責められて大人の階段のぼるんだろうな。

・ シュガーレス
 旗の名前をどうするのかは、けっこう気になっていた。
 決戦にむけて盛りあがっているぞ!

・ 名探偵マーニー
「あれ? なんで私 友達やってるんだ?」
 そりゃ、外見が好みとか、恋とかの理由しかないな。

・ サクラノ嵐
 因縁の対決かよ。
 ジャンプじゃ掲載できないようなムチャ行動のクセに、王道バトル展開だ。

・ いきいきごんぼ
 もう、真餓狼伝ネタをつかってきやがった。
 ウンコに激しく反応したんだろうな。

・ パンダのこ
 パンダの知能ってどれぐらいなんだろう。
 夢は犬や猫だって見ます。
 睡眠の動物実験で酷いことされていました。(『20章でさぐる睡眠の不思議感想

・ ハーベストマーチ
 騎士って、そんなにいるのかよ!
 実はガンダムってけっこう生産しているんですよって言われた気分だ。
 牢でビクビクしているマイラさんが、ちょっと可愛い。
 コップの中身は水じゃなくて、村民が溶けた汁とか、馬の尿だったりして。
 きっと、このあとで村民の成年男子が入れ替わりでやってくるんだろうな。

・ ピンチサーバー
 読み切りだ。
 一球をめぐる攻防ってのが珍しいし、奥が深い。

・ 実は私は
 中の人が銃を持つんじゃなく、外の人に武装させようよ。
 武装できない理由(なんか条約とか)があるんだろうか。

・ 魔法少女ミルキー☆モウ
 これだけ乳首つまんでいても、エロさがあまりないってのも凄いな。

・ スポ×ちゃん!
 最終回だからか、最終回だからこそか、全力のパンツ回だ。
 今までの鬱憤をはらすような、美事なパンツでございました。
 長剣の佐々木と、二刀の宮本が闘う。これが第一話の頃から見え隠れしていた風景だ。
 もっと、話を見たかったなー

● ヤンジャン
・ キングダム

 取りついた敵に襲い掛かってつぶす。
 機動防御の変形みたいなものですね。
 ガンダムAGEだと、グルーデックの生みだした戦術と言うコトになっている。(10話 激戦の日
 とりあえず1日目はのりきったけど、李牧ならなんかやってくれそうという期待感がある。長い夜になりそうだ。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 どこに問題があったのか具体的にわからないと、改善は難しい。
 負けた試合の映像を何度も見ると気が滅入りそうだ。
 黒田の笑え!ってのは、けっこう有効だと思う。

・ グラゼニ
 実は日本シリーズじゃなく、契約更新こそが1年最大の山場だ。
 数字だけ見ると結果出せていないから、年俸UPは難しそうだな。
 というか、監督の金から分けてもらえ。

真・餓狼伝「第五話 / 背負い」感想


2013年3月14日(15号)
第五話 / 背負い

 明治後期は格闘戦国時代である。
 国内では数多の流派が生き残りをかけて争っていた。
 海外では日本人の地位向上のため強いところを見せる必要がある。
 明治の武術家は必死度がちがう!

 そして、夜の路上で丹波文吉と前田光世が激突する。
 路上での野試合だ。
 この実戦性が武術の本質をあらわしている。

『路上の立ち合いは』
『初撃こそ』
『全てである』

 両者、頭突きだ!
 まるで相撲の立ち合いのようにぶつかっていった。
 イキナリ流血しているぞ。
 そして、ふたりとも笑っていた。

 初撃は重要だ。
 ダメージを受けると動きがにぶる。
 動きがにぶったら、さらにダメージを受けるだろう。
 こうしてダメージの差が広がっていって敗北するのだ。

 これがラウンド制の試合だと、ラウンドの合間のインターバルで体力が回復するから逆転の可能性もある。
 実際にダウン寸前まで追いこまれた選手がゴングに救われて、次のラウンドでけっこう回復しているってことも多い。
 だが、ルール無き路上戦闘だと、休憩することができず追いこまれていく。
 最初に大きなダメージを与えたほうが、圧倒的に有利なのだ。

 ところで、最近気がついたのだが、刃牙たちが解説好きなのは休憩のための時間かせぎなのかもしれない。
 意識しているのか無意識なのか知らないが、解説しているスキにヤツラは回復している。
 イッパツ殴っては解説しるというパターンで、不死身のタフネスを演出しているのかも。
 そして、真餓狼伝の連中もやや解説好きの傾向がみえる。
 この闘い、長引きそうだ。

「背負うぜ」

 頭突きの後で、お互いに服をつかんで組み合った。
 この状態で前田が投げを予告する。
 サービスのつもりなのか、幻惑する気なのか?
 くもりのない笑顔を見せているので、どうも本気っぽい。

 予告どおりに、投げるのか?
 と、前田が丹波を勢いよく引きこんだ。
 体勢を崩した丹波のフトコロに飛びこんで、前田が背負い投げだ。
 予告どおりに投げた!

 だが、投げられた丹波はココからがスゴい。
 空中で体をヒネり足から着地した。
 つづけて前田が足払いをかけるが、コレも回転して着地する。

「………驚いたな」
「"猫の三寸返り"ができるんだな」

「…講道館(あんたんトコ)の四天王の一人」
「西郷四郎の…」
「だろ?」

「ああ…」
「四郎さん」
「西郷四郎が得意でな」


 猫が、三寸(約90cm)の位置から落ちても反転して足から着地するように、投げをかわす伝説の技だ。
 つまり丹波に投げは無効ってコトか?
 明治の丹波は天才肌だ。
 四天王の西郷四郎と同レベルなのか!?

 ところで、前田が西郷四郎を「四郎さん」と呼んでいる。
 かなり親しみのこもった呼びかただ。
 ところが前田光世が講道館に入門するのは1897年だ。
 しかし、西郷四郎は1890年に講道館から出て行っている。
 つまり、本来なら二人に接点はない。

 だが、夢枕獏世界の歴史では、講道館をでた西郷四郎が少年時代の前田光世に出会っているのだ。(東天の獅子 第四巻
 前田の「四郎さん」という呼称は、その後も二人が親しく接したことを示唆している。
 いまだ語られていない『東天の獅子』の本編・前田光世編で、二人の交流が詳しく記されるのだろう。

 前田は、西郷四郎から"猫の三寸返り"を直に見せてもらった可能性がある。
 ならば破りかた、対処法も知っているだろう。
 投げが効かないと油断していたら、丹波は文字通り足元をすくわれるぞ。

 解説におる休息は終わった。
 丹波と西郷が、どのような作戦を立てているのかワカらないが、とにかく死闘の再開だ。
 再開と同時に、丹波が突きを放つ。
 打撃は、前田の頬をかすめ皮膚を切って出血した。

 丹波の頬にある裂傷をみて打撃の警戒をしていたハズの前田だが、油断したのか?
 汗を流してしまい、ちょっとピンチっぽいぞ。
 だが、気持ちを切り替えたら丹波の打撃も問題なさそうだ。
 今までの攻防は、どちらに優勢なのか?
 次回、闘いの局面が変わるのか?

 丹波に敗れた講道館門下生と前田は、やっぱりちがう。
 敗れた門下生たちは、いきなり丹波を投げようとしていた。
 対する前田は、頭突き → 崩し → 投げ、と投げる前に下準備をしている。
 丹波に対して油断せずに闘っているのだ。

 そして、丹波も"猫の三寸返り"と打撃を見せた。
 どんどん引き出しの中を見せてくれるのかも。
 先に切り札をきっている丹波がやや不利だろうか。
 今のところ自信たっぷりで闘っているが、丹波は実力の差を思い知らされて凹んでしまいそうな不安がある。
 打撃が通用すると大喜びしていたら、それが死亡フラグって可能性が高い。
 でも、天狗の鼻をヘシ折られるほうが、丹波らしい姿だよな。


------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

バキ外伝 創面(きずづら)「10 偉丈夫(タフマン)」感想


2013年3月12日(13年4月号)
10時間目 / 偉丈夫(タフマン)

 パーフェクトナチュラル強者の花山薫が普通をよそおい学生生活をおくる『バキ外伝 創面』ですが、ついに花山ピンチだ。
 今回は、花山に匹敵する強者が登場するらしい。
 ちなみにパーフェクトナチュラルといっても、天然ボケのコトじゃないぞ。
 『バキ外伝 創面』の花山は、超(スーパー)天然ボケだ!
 普通の天然とは、格がちがう!

 さて、花山に匹敵する強者の名は有下零務(ありしたれいむ)という。
 18歳と2ヶ月だ。
 花山が高校生活をおくるにあたり、学校にアリスター・オーフレイムが転校してきたら不良たちは困るだろうというイメージがあった。(板垣恵介スペシャルインタビュー
 怪物が二人に増えたら、不良たちはますます困ってしまうだろうな。

 有下零務、通称『零(ゼロ)』は、最近までお勤めしていたらしい。
 殺人を犯したのだ。

「未成年ということと…………」
「相手が凶器を持った多人数だったことと…」
「零さんが素手だったこととか……」
「殺人じゃなく過失致死…みたいな」


 さすが不良だけあって、過失致死傷罪を誤解しているっぽい。
 正式な罪状や、服した罪はよくワカらんが、とにかく野獣が解き放たれたってコトらしい。
 素手で日本刀や俗に言う青龍刀(柳葉刀)や銃などを所持した相手を倒すというエピソードは花山と互角だ。
 花山に匹敵すると言うのも本当かもしれない。

 花山と零がぶつかったら、どうなる?
 どちらも最強伝説をもつ男だ。
 最強の盾と矛がぶつかると言うどころの話じゃない。
 これは、最強の矛と最強の矛がぶつかるような状態だ。
 つまり、どーなってしまうのか想像不可能である。

 出所した零はさっそく花山を呼びだすのだった。
 イキナリ対決かよ!?
 バキ本編なら、ここで2話ぐらい引っぱっるところだぞ。
 花山と間違えて花田よんでくるとかして。
 本部の弟子で天才との呼び声高かった元プロレスラーの花田ですよ。
 ちゃんと説明しておかないと忘れている人が多そうな花田純一です。

 そして、怪物二人が向かいあった。
 伝説 VS 伝説だ。
 零は花山の雰囲気に強者のオーラを感じる。
 花山も、話してワカる相手じゃないと感じたようだ。
 学校じゃないから、暴力解禁します。

 花山がメガネをはずした。
 本気の構えだ。
 はずしたメガネをしまうスキも与えず、零が突っかける。
 ブッとい腕で花山の顔面にパンチを叩きこんだ。

 花山は倒れない。
 体は傾いているが無事のようだ。
 これは打撃を喰らって傾いている姿なのだろうか?
 どっちかと言うと、花山が攻撃するときの構えかもしれない。
 被弾した事を気にせず、攻撃準備に入ったのか?

『拳を……』
『使用(つか)わなかった……』
『しかし全力だった』
『偉丈夫(タフマン) 有下零務に対する敬意だった』


 掌で打った!
 でも、破壊力はバツグンだ。
 目玉が飛び出すんじゃないかと言うような衝撃を喰らって零は沈む。
 やはり、花山は格がちがった。

 ちょっとだけ普通の学園生活からハミ出してしまった。
 このことはナイショだよ、とアピールして花山は平凡な学生生活へ帰っていく。
 とっくに平凡と言う入れ物からハミ出して破壊しているんだけど、本人に自覚はないらしい。

 全力とはいえ、拳を使わずに勝利した。
 破壊力は、体重×スピード×握力ッ! だ。
 花山がもっとも優れているのは握力である。
 将棋で言えば飛車なしで勝利したようなものだ。
 やっぱり、花山の強さは圧倒的ですね。

 拳を使うことなく勝利した。
 話を引っぱる事もなく、終了している。
 花山のかわりに花田をつかう事もなかった。
 本部流の活躍は、もう無いのだろうか。



------
・おまけ 新刊情報
エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)