2013年05月

真・餓狼伝「十五話 / 断月独楽」感想


2013年5月30日(26号)
第十五話 / 断月独楽

 ついに丹水流の秘奥義が炸裂した。
 その名も『南無三宝断月独楽』だ。

 この技は、どんな理合なのか?
 解説に本部さんが欲しいところだ。
 そんなときは知識だけは天下一品といわれる丹波の父・久右衛門さんの出番である。
 回想で登場だ!
 ……やっぱ、すでに他界しているんですかね。

「両の手を合わせた手刀で」
「先ず擬似攻撃をし」
「前回転の」「猫三寸で」
「足のかかとに全体重を乗せ」「相手の頭部を襲う…」
「これが丹水流秘奥義」
「「南無三宝断月独楽」じゃ」


 二段構えの攻撃か。
 三宝だから、さらにもう一段あるかと思っていたのだが……
 まだ隠していると言う可能性もあるかもしれない。
 単に両手を合わせた手刀が拝む姿に似ていて、南無三って意味かもしれないが。

 断月独楽は頭部への打撃で完成するらしい。
 前田光世はとっさによけて、脇腹に被弾した。
 やっぱり実戦で使ったのははじめてだから上手くいかなかったんだろうな。

 そもそも丹波文吉は親子で修行していたから、一連の闇討ち騒ぎが初の実戦だったのだろう。
 最初のうちは、けっこうドキドキしながら闘っていたんだろうな。

『この時代』
『打撃系ではまだ』
『「回し蹴り」さえ存在していない』


 さらにナレーションが入った!
 久右衛門、早くも解雇か!?
 たしかに現代の観点から解説することは、この時代の人間じゃムリだ。
 時空を超えた解説はナレーションにまかせるしかあるまい。

 明治のころは蹴り技のバリエーションが少なかった。
 前田光世はいきなり未知の攻撃を喰らって動揺していたハズだ。
 それでも頭部への直撃を防いじゃうあたりがタダ者じゃない。

 しかし、脇腹への打撃で肋骨は折れて、一部が外に飛びだしている。
 オマケにカカトがアゴ先を掠めたせいで気絶していた。
 どうみても戦闘不能です。
 丹波文吉の勝利だ。
 ナレーションも文吉の勝利を宣言した。

 勝者・文吉は背をむけて去ろうとする。
 だが、背後からせまる気配が歩みを止めた。
 立っている。
 前田光世が立っている。

 肋骨が皮膚を突き破って飛び出したままだ。
 目はうつろで意識は戻っていない。
 闘争本能だけで立ち上がったと言うのだろうか?
 前田光世、恐るべし。

『文吉』
『躊躇なく仕留めに行く』
『この機を逃してはこの漢(おとこ)には永遠に勝てない――』


 思いっきりがいい攻撃だ。
 だが、前田の負傷は深刻である。
 放置しておけば勝手に倒れそうなほどの深手だ。
 あわてて追い討ちをかける必要があるのだろうか?
 逆に文吉が追いつめられているように見える。

 必殺技のハズが倒しきれなかった。
 丹波は内心おおきく動揺しているのかも。

 トドメを刺そうと文吉は再びジャンプして、回転カカト落としだ!
 南無三宝断月独楽の"断月独楽"部分ってところか?
 今にも死にそうな相手に対して、ちょっと大げさな攻撃っぽい。
 やはり丹波はあせっているのか?

 トドメに使用する大技が吉とでるのか、凶となるのか?
 もう決着はついたハズなのだが、不安が消えない。
 次回こそ、完全決着となるのか!?


------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝(1) (少年チャンピオン・コミックス) 新にして真の餓狼伝がはじまる!
舞台は格闘技のワンダーランド明治だ。
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の二人が激突する!
1話から。

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想


キョウリュウジャー「15 ドゴルドのやぼう」、ウィザード「37 指名手配」、ドキプリ「17 奪われたクリスタル」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ15 はらだたしいぜッ! ドゴルドのやぼう」東映TV朝日
 中身がイマイチになっていたドゴルドは強さを求めているっぽい。
 今回の狙いはノッさんの友人・中里が作ったロボットだ!
 いや、普通にカンブリ魔を使ったほうが良くないか?
 定期的な交換は面倒だろうけど、カンブリ魔のほうが強そうだ。

 ノッさんと中里は人助けをすると言うのが行動の原点だった。
 べつに人型ロボットである必要はなさそうなんだけど、そこがロマンなんだろうな。
 このあたりは普通にイイ話なんですが、お子さんよりお父さんの心の琴線狙いまくりって感じですね。

 作戦失敗したドゴルドは初心にかえって、空蝉丸のような強い生物を狙うらしい。
 単純に強い生物でイイのなら、象とか虎とかライオンとか、そのあたりだろうか。
 いやホッキョクグマだな。
 ちゃんと改名して本気で挑んでいただきたい。
 間違ってパンダとか取り込まないように。

・ 仮面ライダーウィザード 第37話「絶望! 指名手配」東映TV朝日
 放火の容疑者となった根本をかくまうために奈良が暴走する。
 凛子もけっこう流されやすい人ですね。
 しかし、根本はめんどうな人だ。
 範馬遺伝子を注入したら、丁度イイ感じになったりしないかな。

 今回はファントムが九官鳥だとわかっている。
 つまり犯人が判明している状態だ。
 まさか放火まで九官鳥が仕組んでいたとは思わなかったけど。
 根本じゃなくても、放火犯として逮捕されたらかなりの人が絶望しそうだよな。
 わりと恐ろしい作戦だったのかもしれない。

 オチなんですが、アレはギャグなのか真剣に次回に続くのか、どっちなんだろう。
 九官鳥でアレだけの絶望を生みだせたんだから、ミサたんが美人局っぽくダマせばイチコロじゃないのか?
 ワイズマンがミサにハニートラップを命じたら世の男子は滅びるぞ。

・ ドキドキ! プリキュア「第17話 ショック!奪われたクリスタル!」ABC東映
 今回はイロイロな事実が判明した。
 レジーナは姫でありながらナニカに操られている気配がある。
 せっかく友達フラグが立ったのに折れちゃったな。
 キングジコチューは娘ですら駒として使いすてる気なのだろうか?

 で、いかにも裏がありそうなお兄さんは、トランプ王国の戦士だった。
 しかも、女王の婚約者だ。
 そんな重要人物のことをソードは知らなかったのか。
 ソードって脳筋で天然だから、知らないことが多いんだろうな。
 トランプ王国の人でもタマゴぐらい知っている。

前回コメントから
> でも今回のグータラっぷり見るとモチベーション維持は不可能っぽいですね。
 たしかに、面白い感想や鋭い分析を書ける人はけっこういるんですけど、継続的にできるってのがわりと貴重なのかも。

> 逆にウィザードは察しが悪くて、自分からピンチ作ってる気がします
 ほぼ万能の魔法が使えるから、雑でも平気なんでしょうね。
 今回も魔法で証拠を捏造すればOKだったかもしれないし。

週刊少年チャンピオン2013年25号感想

・ 777 スリーセブン
 新連載だ!
 多重人格か。フィクション的にはなんらかの大きなトラウマが原因にあるんだろうけど。(現実にはそうでもないらしい。参考:多重人格
 主人公(?)と冒頭のマスクマン(?)は別人らしい。
 タイトルからするとヒーローは3人または7人いるんだろうか?

・ 弱虫ペダル
 ハコガクは仲がイイな。総北より、よっぽど主人公の学校みたいだ。
 認めあう三年生たちが燃える。
 つられて真波もいきなり羽根モードだよ。
 小野田くんもなんか出せないものか。モビルスーツ的なナニカを。

・ イカ娘
 キャトルミューティレーションは野生動物の仕業だとチャンピオンのオールドファンなら知っているのだが、もうずいぶん昔の読切作品だしな。

・ ペーパーブレイバー
 女の子と二人っきりでカラオケですか。
 なんというリア充だ! なんという勇者力だ!
 白魔法は無機質ムリなのか。
 隠蔽するの大変だな。

・ 浦安鉄筋家族
 仁は浦安の良心、というか良識をちゃんともっている子供だ。

・ 真・餓狼伝
 十四話感想はこちら
 細かい事ですが、13話とサブタイトルが「丹水流奥義」→「丹水流秘奥義」で一字違いってのは狙っているのか、ミスなのか。

・ 囚人リク
 レノマさん、あんたイイ顔してんよ。
 本当は手を組まなくちゃいけないってワカっていた。そのジレンマが解消された開放感だ。
 そして、リクにとっての おじさんのように、自分にも信頼できる大人ができた喜びもあるのだろう。
 手を取り合うリクと田中とか、女性向け同人誌が多数出そうな感じのいい話でした。
 映画『ショーシャンクの空に』(AA)のように、弁護士知識をいかして刑務所内部で成り上がるつもりか?

・ バチバチBURST
 常松は名前が売れそうだからという理由だけじゃなかったっぽいな。
 空流親方がちゃんと尊敬できると知っていやがった。
 ちゃんと計算しているんですね。
 そのわりに親方の言うコト聞かないけど。

 あの技は空気投げか。
 真餓狼伝でも出てくるかもしれない伝説の技だけに、簡単に会得できないだろうけど。
 体格で劣る鯉太郎にとっては理想の技だよな。

 鯉太郎は、前しか見ないから親方の過去をくわしく知らないのだろうか。
 たまには振り返ろうや。
 そして、次回決戦だ。
 とりあえず常松は負けそうだな。

・ 実は私は
 悪魔幼女校長ですか。
 どうりで、変人がおおく存在する学校なワケだ。
 みんながアタアタする姿を見て愉悦にひたっていたのか。まさに、悪魔ッ!

・ いきいきごんぼZ
 夜道で前方にいる女性に追いついて痴漢に思われそうな心配をしたときは、コースを変えるのが正解だ。
 そこまでしたくなければ、道路を渡って反対側の歩道を歩くだけでも効果があるぞ。
 逆につけられていると思ったら、反対側の歩道に移動して反応を見るのが吉だ。

・ 名探偵マーニー
 なるほど、発想の転換ですね。
 人間でいえば白血球に裏切られたようなものだ。
 うまいオチだな。

・ バーサスアース
 兵真の死亡フラグがビンビンなんだけど、玲央への思いが届いていないから助かるんじゃないかという希望的観測がある。
 でも、死んでもイチバン困らないのが兵真だしなー
 腕を切り落とされたのは、もう完全に死亡への道まっしぐらだし、自爆までしている。
 もう、ダメっぽいんだけど、ハルトが目覚める兆しを見せていて、そこに一縷の望みが……
 ……あって欲しい。

・ ハーベストマーチ
 人間技をなめんな!ってところですね。
 人外の強さと能力に対抗するには技術なんだろうな。
 『堕天兵器』って、どんな技術なのだろうか。
 単に切れ味のいい武器ってことはなさそうだ。
 騎士の体組織を死滅できる成分を含んでいるのだろうか?

 しかし、もうちょっと飛び道具を活用したほうがイイ気もしますが。
 飛び道具こそが人間とテッポウウオの持つ危険な兵器なのだ。
 戦車級だから飛び道具はいらないってコトですかね。

● ヤンジャン
・ キングダム

 姿を見せるだけで、兵を生き返らせる!
 これぞ王のお仕事ですね。
 孫権も似たようなことやっていますが、もっとスゴい!
(死んだ兄のあとを継いだ孫権は、喪服を脱がされて馬に乗せられ軍人を巡察させられた。って言いなりだよな)

● モーニング
・ GIANT KILLING
 なるほど、セカンドステージの開幕ですか。
 より高く飛ぶためには、溜めも必要なんですね、たぶん。
 やっぱ、高いレベルでプレイした経験のある緑川は頼れるだな。
 村越には、そういう経験ないのがつらい、か。

・ 宇宙兄弟
 責任は私が取ります。砂の栄冠のガーソにも言ってもらいたいセリフだよな。
 それにしてもオヤジがカッコイイ漫画だ。

真・餓狼伝「十四話 / 丹水流秘奥義」感想


2013年5月23日(25号)
第十四話 / 丹水流秘奥義

 明治37年(1904年)の死闘も決着が近づいている。
 丹波文吉は父と共に開発した丹水流秘奥義を出す気だ。

 それを受ける前田光世にはどんな技があるのか?
 講道館には山嵐・天狗投げ・空気投げなどステキな技が実在している。
 前田はそういった技を持っていないのだろうか?
 けっこう地味でマジメな人だから、キラキラした技をもっていなさそう。

「丹水流秘奥義」
「「南無三宝断月独楽(なむさんぽうだんげつごま)」」
「いくよ」

「…………」
「来い」


 先に技名を言った!
 長い。漢字8文字だよ。
 しかも、なんか難しそう。
 前田が思わず「…………」となったのは、「なむさんぽうだんげつごまってどんな字だろう」と思ったにちがいない。

 とにかく、名前からは技が想像できにくい。
 奥義ってのは流派にとって重要機密だから技名を知られても平気というのが、けっこう重要なのだ。
 戦車をTANKと言うのは、開発したイギリスが情報漏れを警戒して水タンクと呼んでいたという説がある。(戦車謎解き大百科wikipedia
 また、イギリスの特殊部隊SAS (Special Air Service)が陸軍なのにAirが入っているのは、設立時に偽装していたためだ。
 さらに、イギリスの情報機関がMI-6とかSISとか名称が定まらないのも、いろいろと情報を操作した結果らしい。と、作家のフレデリック・フォーサイスも書いているが、この人の著書でも表記ゆれがあるので困る。
 とりあえずイギリス人の言うコトは疑ってかかったほうが良いらしい。

 話がそれたが、技名を聞いても疑問がふくらむだけで良いコトはない。
 前田は最後の攻防だというのに、ちょっとスキを生んだかも。
 これを狙って技名を先に言ったのだとしたら、丹波文吉はかなりの策士だ。

 『大帝の剣』(AA)で宮本武蔵が「なぜ鞘を捨てる」と言って、佐々木小次郎の気をそらしたと評価している。
 よくワカらんことを言って、相手を一瞬悩ませるのも有効なのだろう。
 疵面の「謎が解けた」って、どーいう意味か知っているかい?


 丹波文吉が疾走(はし)った。
 そして、跳躍(と)ぶ。
 まだこれだけの体力が残っていたのか?
 ちなみに、この頃の日本人は三段跳に優れていて、白人を恐れさせていた。
 当時の白人は有色人種を知力・体力に劣る存在だと考えていたのだ。(人種とスポーツ
 前田光世が、のちに世界をまわって戦うのはそういった偏見を打ち破るためと言う面もあった。

 上空高くとんだ文吉は両手をあわせて振り下ろす。
 全身のバネをつかった渾身の一撃だ。
 その身を一振りの刀と化したような一撃が前田光世にせまる!

(防御)
(まずい)(早い)
(両手で受けるか)(全体重)(高い)
(ダメだ)(体中が痛い)(疲労)(遠心力)
(両腕とも砕かれる)(左?)
(動け)(右?)(回避)

(半歩後ろにッ)
(間一髪)

 渾身の一撃がよけられた!
 防御不可の攻撃だったみたいだけど、よけられたらダメか。
 立派すぎる名前だった南無三宝断月独楽だけど、デビュー戦が不発ってのは寂しい。

 だが、南無三宝断月独楽は終わっていなかった。
 手刀を空ぶった文吉はそのまま回転していく。
 そして一回転してカカト落としに変化した!

 低空状態での胴回し回転カカト落としが前田の脇腹に刺さる!
 1話で前田の脇腹にあった傷はこの時のモノか!(1巻
 手刀とカカト落とし、二段構えの必殺技だ。
 これが、南無三宝断月独楽かッ!

 脇腹から出血し、前田光世は倒れる。
 長かった死闘もついに決着か。
 不敗の前田光世も、ホントウは敗北していた!?
 それとも、まだ立ち上がるのか?
 次回へつづく。


 ついに丹水流の必殺技・南無三宝断月独楽が披露された。
 技名長いうえに、高度すぎるよ。

 手刀の一撃をよけられたら、もう一回転してカカト落としに変化する。
 こんな体術は猫の三寸返りができるぐらいの力量が必要だろう。(5話
 つまり、現在のところ丹波文吉と西郷四郎ぐらいじゃないとできない。
 流派の技にするには難しすぎるな。

 歴史上、何人も使える人間がいたとは思えない。
 丹波久右衛門が文吉の身体能力を見て考えだした技じゃなかろうか。
 父親の愛がつまった技ですね。名前が妙に長いのも愛情過多の影響だろう。

 南無三宝も仏教用語だ。
 丹水流は仏教徒のつながりがあるのだろうか?
 禅寺でもある少林寺とのつながりがあるのかもしれない。

 なお、三宝とは仏教における三つの宝である仏・法・僧(ぶっぽうそう)をさす。
 そう考えると南無三宝断月独楽は、三段階に変化する技と言う可能性も考えられる。
 仏=打つ、法=砲、僧=槍で、カカトも避けられたら、地面からはねあがって手刀を槍に変えて刺してくるとか?
 南無三宝断月独楽は、まだ真の姿を隠していそうだ。


------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝(1) (少年チャンピオン・コミックス) 新にして真の餓狼伝がはじまる!
舞台は格闘技のワンダーランド明治だ。
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の二人が激突する!
1話から。

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「14 がさつお嬢さま」、ウィザード「36 九官鳥は語る」、ドキプリ「16 マナはあたしのモノ」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ14 あぶなァーい! スピリットベース」東映TV朝日
 ピンク=アミィのキャラクター性は驚愕の足技だ。
 なんかイマイチ薄いな。
 と言うわけかどうか知らないが強化習慣です。

 アミィはガザツお嬢さまのポジションを確立しようとしている。
 う~む、まだ男性陣のほうが萌え力高いな。
 もしかすると、この残念女子力と言うところがアミィの魅力なのか?

 いっぽうラッキューロは少女マンガにハマっていた。
 ページをめくるごとにツッコム熱のいれようだ。
 うむ、君は感想サイトの素質あるぞ。
 チャンピオン読んで感想書いてみる気はないか?

 爆弾をセットしたのに最新号の展開が気になって脱出できないとか、ちょっと共感してしまう行動だ。
 こんなヤツでありながら、敵地侵入をはたすなど意外と知性派だしな。
 そして、ラッキューロの狙いを即座にみやぶるトリンは天才だよ。
 キョウリュウジャーはちょっと察しがよすぎて、ピンチをすぐに解決しちゃうから苦労知らずに見えるんだよな。

 アミィはがさつお嬢さまとして今後もやっていくようだ。
 だが、よく考えて見ると、アミィってお嬢さま要素がほとんどないよな。
 なので、今後はがさつキャラとしてやっていくのだろう。

・ 仮面ライダーウィザード 第36話「九官鳥は語る」東映TV朝日
 はたしてコヨミの正体はなんなのか?
 一度、裸になってもらってじっくりと調べたいな。
 でもヨコミの秘密についてはスルーですか。
 嫌なことは先送りしたくなるのが人情です。ワカっちゃいるけど止められない。

 奈良は今回も(悪い意味で)大活躍だ。
 やっぱ、コイツたすけンじゃなかった。
 今までなんどか倒す機会があったのに……

 放火は証拠がけっこう残るから犯人かどうかワカりやすいだろう。
 なのに警官を攻撃して逃げ出しちゃうなんて……
 放火に関しては、本当に無罪かもしれない。
 でも、公務執行妨害で確実に罪を犯しちゃった。

 奈良は人をたすけようとしているのか?
 それとも罪を重ねさせてトドメを刺そうとしているのか?
 じつに困った助手だ。
 グレムリンは迷惑な人間のままファントムになっているが、奈良も人格そのままのファントムになれるかもしれない。

・ ドキドキ! プリキュア「第16話 レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!」ABC東映
 レジーナがマナを友達にしてあげると言い出す。
 これまた困った人だ。
 ウィザードの奈良だけでお腹一杯ですよ。
 奈良のときに、せめて美少女なら……と思ったけど、たしょう美少女でもイラっと来ることに変わりがないと知った。

 マナは何がしたいのだろう?
 敵の姫と仲良くなれば、もしかしたら友好的な関係をむすぶことができるかも。
 そういう世界平和なことを考えているのだろうか?

 仲良くなって油断したところを背後からブスリとやる。
 って言い出したら、真琴もどん引きしそうだけど。
 ありすは割と腹黒なので卑怯も平気だし、六花はマナが好きすぎて盲目だから平気だ!

 敵と仲良くなって共存するというのは理想的かもしれない。
 でも、そのためにはレジーナの自己中心的な考えを改めてもらわないと。
 プリキュアだけが成長すればイイわけじゃない。
 敵にも成長してもらわないと!
 かつてないほど、達成困難な目標ですね。

前回コメントから
> レジーナ姫に今後、バターコーンのあだ名がつくと予想。色的にもぴったりですし。
 バターコーンは面白い表現だったんですけど、今回は出てこなかったですね。
 お茶に対する興味の変化などを見ると、レジーナ姫はかなり気が変わりやすい人みたいなので、もうバターコーンも忘れているのかも。

> 賢者の石とか出てくるなら、コヨミちゃんはホムンクルスという展開かも?
 鋼の錬金術師か!?
 コヨミ最強説の誕生ですね。

来月からチャンピオンREDで『バキ外伝 拳刃(けんじん)』が新連載!

 Twitterで教えてもらったんですが。
 というか、まだちゃんとチャンピオンREDを読んでいなくて気がつかなかったのですが。

 来月からチャンピオンREDで『バキ外伝 拳刃(けんじん)』が新連載だ!
 昭和を舞台に若き愚地独歩が暴れまくる!
 [原作・構成]板垣恵介  [原作協力]浦秀光  [漫画]宮谷拳豪
 宮谷拳豪は週刊チャンピオンで短期集中連載『秘境ハンター』の作画をしていた人ですね。
 『いきいきごんぼ』で、さっそくネタに使われたあたりが、刃牙との強力なシンクロを感じさせる。(そんな理由でかよ)

 最近の板垣先生は原作担当で絵を描かせるパターンが多いですね。
 原作の仕事が増えると、忙しくて本編の再開が遅れるとしたらファンとして困ったことですが。
 どちらにしても、来月からのチャンピオンREDはさらに熱量が増えそうだ!

週刊少年チャンピオン2013年24号感想

・ 真・餓狼伝
 感想はこちらに書いています

・ イカ娘
 イカ娘はイカをどう思っているのか謎だ。
 海岸だと屋台でイカ焼きを売っていそうなんだけど、どう接しているんだろう。
 みんなイカ娘に気づかってイカ食禁止になっているのかもしれない。

・ ペーパーブレイバー
 2012年47号48号49号で『愛のかたち』シリーズを描いた藤近小梅の新連載だ!
 相変わらず女の子が可愛いな。
 ダメダメな勇者とのかけあいが面白い。
 やる気は無いけど、サボることには全力を出しているっぽい!
 ダメだ!

・ 弱虫ペダル
 シートをとったあとのパイプ部分に座っちゃった。
 肛門へのダメージで痔にならないか心配です。
 『シェイプアップ乱』でそういうネタあったんだよな。
 獣医がひどい飼い主のシートとってこれでお通じが良くなると言うヤツ。

・ 囚人リク
 知られざる脱獄王の姿ですね。
 みそ汁は、実際にやった人がいるし、やっぱ必須のアイテムなんだろうか。
 基本的にヒューマンエラーを突く作戦みたいだ。
 極楽島も少なくとも看守二人が穴だったワケだし。

・ 浦安鉄筋家族
 金鉄じいさん、ひとり大冒険だな。
 最初の第一歩で小指をぶつけて死にかけるあたりとか、ベタだけど笑ってしまう。
 笑いは奇をてらえばイイってワケでもないんですね。

・ バチバチBURST
 来たよ、最後の砦・白水ですよ!(笑)
 "笑"がついてしまうが、最後の砦として期待していたことは確かだ。
 って、過去ログ見たらあまり期待していなかった。
 イロイロあるけど白水は強い。身体はデカいしツッパリのパワーがある。
 なにしろガチで鯉太郎に勝っているのだ。

 幕下で王虎に勝てるのは、もう白水しかいない。……かも。
 意外と渡辺あたりが勝ってしまうかもしれないけど。
 相手の弱点を分析して、上手く突く能力はピカイチだしな。

 しかし、濃い取り組みばかりだ。
 石川×常松、鯉太郎×大鵠、王虎×白水!
 常松は再び前を向けるかどうかの試練である。
 鯉太郎は外道とどう闘うのか実に興味深い。
 そして、最後の砦・白水だ。
 なんか、先にのっている名前が勝ちそうな感じですが……

・ 実は私は
 ロリババァで腹黒悪魔っ子!
 これまたフックだらけの戦力が投入されたな。
 ツノは硬球貫けるほど硬いのか。さすが悪魔だ。

 ちなみに戦国武将のカブトについているような角はすごく弱くて折れやすい。
 黒田長政はカブト作りが得意だったので、ある人がカブトを作ってもらった。
 完成品をもらったらツノ部分が弱いつくりだったので指摘したら、長政にカブトを奪いとられた。
 林の中などを通るとき、ツノが頑丈だと枝に引っかかって命取りになる恐れがある。武人たるもの常にイザと言うときを意識しなくてはならないのだ。
 『ベルセルク』で悪魔のコスプレ(?)していた人も角が枝に引っかかって困っていた。
 つまり、悪魔に追われたら林に逃げ込めばいいのか?

・ バーサスアース
 命と言う名の盾となれ!
 これが兵真への非情なる指令か。
 ほー いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので。
 こういう状況だからこそ兵真の強さが光りますな。
 命が尽きるときこそ、もっとも光り輝くというコトを見せてくれ!

 林がリスク分散しないとって言っています。
 ……気がつかなかった!
 兵真が命を捨てるのは置いといて、リスク分散して悪いことないよな。
 やっぱ、ヒミコさんもテンパっているのかも。

・ ドカベン ドリームトーナメント編
 四番の仕事だ、Kジロー!
 でも、ホームラン打てないあたりに弱体化が見えますな。
 高校生記録をもつ阿久根と互角の速力を持つKジローだが、山田は刺せるのか?

・ あまねあたためる
 そりゃ露出の多いほうがいいな。

・ いきいきごんぼZ
 男子勃ち(おとこだち)!
 やっぱ、ギャグはベタなぐらいがちょうどイイか。

・ 名探偵マーニー
 喪服は美人度が2割り増しになるらしい。
 かなり理にかなった作戦だ。

・ 泳げ! ひなのちゃん
 みんなで練習して、成績のいいほうとコンビ組むってのじゃダメなのか?

・ 朝日の野球部
 沼ジュンの読み切りだ。
 策士だけど、鼓舞するだけか。
 戦隊でいえば勢いだけで何とかするタイプですね。

・ ハーベストマーチ
 メガネないと困るってのは共感できるなー。
 それにしても目が3になってしまうと、美人が台無しだよ。
 パティが騎士討伐隊ってのはバレバレだったから意外性は少ないんだけど、フル装備の禍禍しさがイイね。
 ガスマスクつけているから、毒ガスの使用も辞さないのだろうか?

● ヤンジャン
・ キングダム

 負傷したときほど元気な姿を兵に見せて鼓舞しなきゃいけないんだよな。
 王と言う弱点を抱えたが、逆に言えば最上のエサを手に入れたワケだ。
 オトリとして利用すればイイんじゃないか?

● モーニング
・ GIANT KILLING

 達海がほめただけあって、サポーターの応援がスゴいな。
 これに応えないでどうするって感じだ。
 そう思えているかぎり選手たちも大丈夫っぽい。

・ 宇宙兄弟
 責任は俺が持つって一度ぐらい言われてみたい。本当に責任もってくれるのかが難しい所だけど。
 俺は知らなかったことにするってのは、たまに聞く話ですが。
 やっぱ宇宙を愛する人たちの集団なんだよな。

・ グラゼニ
 投げやりで、ザツなプレイがケガを生むってことですか。
 凡田って、けっこうケガしますね。
 ケガをしやすいところが最大の欠点かもしれない。

先週のコメントより
> やはり離脱の可能性を考えての2月なんでしょうね
 2月は危険な月か。プロの世界は厳しいですね。
 コレを知ると、カレンダーもちがう印象で見えてきますね。

> 格差社会の意味わかってないだろ?
 ギャグってことで大目に見てください。

真・餓狼伝「第十三話 / 丹水流奥義」感想


2013年5月16日(24号)
第十三話 / 丹水流奥義

 明治37年(1904年)夜の路上でひそかに最強対決が行われていた。
 丹波文吉 vs. 前田光世だ。
 かつて最強と自称していた丹水流と、飛ぶ鳥を落とす勢いの講道館との代理戦争ともいえる。
 そんな、ふたりの闘いもそろそろ結末をむかえようとしているらしい。

「…月」「か?」

「うん」


 闘いのさなかに丹波が月を見ていた。
 よそ見するとは、余裕だな。
 むしろ、打撃を受けすぎてボーっとしていたのかもしれない。

 そんな丹波に不意討ちしないで話しかける前田は大人だ。
 いや、もうこの二人は拳で語りあって友情を深めちゃったっぽい。
 妙に詩的な会話をかわしている。
 二人とも、つぎの攻防が最後になると確信していた。
 これが最後の会話だ。

 文吉は文吉で、月に思い入れがあるらしい。
 父・久右衛門との修行で、月が大きな役割をはたしていたのだ。
 文吉は日本刀で斬る修行をしていた。
 厳しい鍛錬のすえに、巻藁を縦に一刀両断できる技量となる。
 だが、丹水流は無手の流派なので刀をつかわない。

 古流の武術は武器を使うことが基本だ。
 なにしろ武士は基本的に帯刀している。
 もっている武器なら使うしかないでしょう。

 だが、武士は刀を抜けないときもある。
 登城中などは刀を抜けない。
 テロ防止や主との力関係を見せつけるためにも、気楽に抜刀されちゃこまるのだ。

 またケンカを売られたときに抜刀するのも勇気がいる。
 江戸時代は喧嘩両成敗だ。
 喧嘩したものは穿鑿(せんさく)しないで処罰する。
 穿鑿、つまり「動機・事情」を聞かない。黙って二人とも切腹だ
 実際に「自分が一方的に恨んでいるだけで相手は事情を知らない」と言った武士もいる。
 自分が死ぬ気になれば相手を破滅させることができるのが武士社会なのだ。

 もちろん回避方法もある。
 相手が抜刀して襲ってきたときに、自分も刀を抜くと喧嘩になってしまう。
 逃げたら武士として失格となり、切腹すらゆるされず斬首と言う可能性もある。
 だが、素手で相手を取り押さえたら喧嘩ではなく「乱心者を取り押さえた」という言い訳ができるのだ。

 もちろん素手で取り押さえるのは非常に難しい。
 しかも、相手は自分を破滅させる気で襲いかかっているワケだ。
 取り押さえるには、そうとう高度な技術が必要になる。
 そこで、素手の丹水流ですよ!
 ってコトなのかもしれない。

 丹水流が素手にこだわるのは武家社会を生き延びるために必要だったのかも。
 そして、丹水流は素手でも戦えるおそろしい技を編みだしたのだ。
 父・久右衛門は語る。

「これより」
「丹水流秘奥義を伝授する」
「「その身を以て刀となす」」
「必勝を期す その時お前自身が大刀となるのじゃ」


 無手でありながら、斬撃を放つ!
 これが丹水流の技か。
 素手と日本刀の間には、かなり大きな溝があるんですけど、どう埋めるんだろう?

 文吉は日本刀で斬る修行をしていた。
 まっすぐ垂直に斬り込む方法だ。
 垂直に斬ると丈夫な額の頭蓋骨にあたる。
 頭蓋骨に当たってすべり仕留めそこなう可能性があるだろう。
 カブトをかぶっている相手のことも考えると、首筋に打ち込むほうが理にかなっている気がする。
 垂直の斬撃にはなにか理由があるのだろうか。

「雲を割(さ)き月を断つつもりで斬り込むのじゃ」

 これが丹水流秘奥義の極意らしい。
 見事なまでに観念的な説明だ。
 これなら他人に聞かれてもまったく問題ない。情報隠匿の効果がバッチリですね。
 技名は『雲割月断』とか、そんな感じだろうか。
 漢語風にするなら動詞が前にくるから『割雲断月』になるけど、どっちだろう。

 月を断つつもりってのは天空に届かせるような心持で打ちこむとか、そういう話だろうか。
 武術の中には「大地のエネルギーをうける」とか「宇宙との融和」とかの、東洋哲学的な悟りまで達しちゃうものだってあるのだ。
 月に武術があっても、おかしくなかろう。(い~や、おかしい)

 丹波は飛び上がり、月を断つのかのごとき一撃を振りおろした!
 このが丹水流の秘奥義かッッ!?
 ついに飛び出した必殺技は成功するのか?
 次回につづく。

 小説・餓狼伝に登場する必殺技の"虎王"は名前が出てから正体があかされるまで10年かかった。
 丹水流秘奥義は同じ道を歩むのか?
 この時の決着はさておき、と前田が回想を切り替えちゃったら非常にこまる。

 すでに、丹波文吉が嘉納治五郎を悪く言う理由が後回しにされているのだ。
 丹水流秘奥義も肝心な部分を隠して10年間熟成させるかも……
 お願いですから、来週すなおに正解発表してください。


------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝(1) (少年チャンピオン・コミックス) 新にして真の餓狼伝がはじまる!
舞台は格闘技のワンダーランド明治だ。
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の二人が激突する!
1話から。

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
三国志から最強の武将・呂布が参戦して、大作たちは大ピンチになる。そして、さらにとんでもない展開がッッ!
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

バキ外伝 創面「12時間目 / 今夜はもう帰りなさい」感想


2013年5月12日(6月号)
12時間目 / 今夜はもう帰りなさい

 花山薫は15歳にして花山組の組長だ。
 わかっているだけで前科一犯である。
 少年法の適用がどうなっているのかワカらんが、対立しているヤクザを素手で壊滅させた罪で逮捕された。
 15歳だけど組長だから大人の付きあいもしているよ!
 ひょっとしたら、週末はゴルフに行っているのかもしれない。

 昼は平凡(と本人は思っている)な高校生で、夜はヤクザ組長をやっている。
 変身魔法少女のようなステキ設定ですよ。

 いっぽう夜の繁華街で若者を指導しているのが若草気一郎だった。
 問題のありそうな若者に声をかけて帰れとうながしている。
 熱血教師系の人ですね。

 そんな気一郎はバー「BLACK HEART」に行く。
 不良学生が入るには高級そうだ。
 補導目的じゃなくて、ちょっと休憩するつもりかもしれない。
 そこにいた先客が花山と木崎であった。

「数多くの青少年を見てきたつもりだが」
「こんな少年もいるのだな」

「刻まれた疵でワカりにくいが」
「皮膚は正直だ」
「賭けてもいいッ 君は10代だッッ」
「しかも後半(ハイティーン)ではないッッ」


 花山はお肌ピチピチだ!
 アルコールとケンカでてっきり肌荒れしているのかと思っていたけど、若いお肌らしい。
 過度に鍛えず天然で育成しているから肌にはイイのかも。

 刃牙は食事に気を使って脂肪を控えめにしている。
 そうなると肌への油分がたりなくて、意外と肌荒れ気味なのかも。
 勇次郎は好き勝手な食事をしているから、40代と思えないような肌かもしれない。

 低年齢ジュニアアイドルのファンは肌ピチピチがたまらんとTVインタビューに答えているのを見たことがある。
 ローティーンの肌は一級品ってコトなのだろう。
 つまり15歳花山の肌もスゴい!
 現在の19歳花山がその肌を維持しているのかどうか不明だけど。

 飲酒・喫煙に労働というか、ヤクザ組長をやっている。
 気一郎にとっては言語道断の状態らしい。
 たしかに花山って、どこからツッコんでいいのかワカらん存在だよな。
 マジメにツッコミいれるとどうなるんだろう。
 恐竜時代に人間なんていませんよ!(← やっちゃいけないツッコミ)

 ここで、気一郎に恨みをもつ三人組が乱入してくる。
 金属バットと鉄パイプで気一郎の頭をジャストミートしようと襲いかかってきた。
 だが、花山がいるのをみて三人組は萎縮してしまう。
 リーダーの館岡は素顔をさらして謝罪する。

 花山組は裏社会の健全化(?)も推進しているようだ。
 シマじゃ売春はダメらしい。
 じゃあ花山組はどんなシノギをしているのだろう。
 なりすまし系のサギとかは似合わないけどなー

「この辺は物騒だ…」
「今夜は」
「もう帰りなさい」


 いつも自分が言っていることを逆に言われた気一郎であった。
 正論と気魄で戦ってきた気一郎だったが、花山にはかなわなかったようだ。
 なにしろ花山は気魄だけじゃなく肉体で闘う男だから。
 迫力がちがう。物理的に。

 どちらにしても日本一ワイルドターキーが似合う15歳は今日も勝利したのだった。
 でも、まちがいなくアニメ化とかメディアミックスできないな。
 花山の活躍を描けるのは別冊チャンピオンだけ!
 チャンピオンREDでもイケるとは思いますが。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝(1) (少年チャンピオン・コミックス) 新にして真の餓狼伝がはじまる!
舞台は格闘技のワンダーランド明治だ。
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の二人が激突する!
1話から。

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

どげせんR 2巻 (ヤングキングコミックス) どげせんR 2巻』が、1月28日発売だ!
底知れぬ土下座教師の伝説もついに完結するらしい。
収録は7話から!

バキ外伝 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面1巻が1月8日に発売される!
最強の喧嘩ヤクザ花山薫がムリして平凡な高校生活をいとなもうとするぞ!
まるっきり失敗しているっぽいけど。
1巻は1話から!

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から5話まで!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「13 ハートをまもりぬけ」、ウィザード「35 空の向こう側」、ドキプリ「15 真琴のアイドルな日々」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ13 ジャキリーン! ハートをまもりぬけ」東映TV朝日
 空蝉丸もすっかりなじんでいる。
 ソウジへのラブレターを拾ったらイアンに相談に行く。
 女がらみならイアンがこわい!
 メンバーの特性をつかみはじめたようだ。

 今回はソウジと幼馴染の恋愛話、と見せかけてソウジとイアンの友情話でもあった。
 最初は仲が悪かったのに、ここまで信頼するようになったのか。
 一瞬ホモを疑ってしまったのはナイショだ。

 キョウリュウジャーは理性とギャグと熱血がほどよく混ざってとても楽しくて好きな作品なんだけど、時にホモっぽい気がしてならん。
 まあ、気のせいなんだろうけど。
 火は便利なものだが、多すぎると災いになる。
 熱すぎると危険が増すってコトですね。

 ちなみにキングの女装は純粋なギャグだったので大安心して見ていられた。
 手が見えたところで、男だとわかってしまう。
 やはり男の手はゴツイな。
 ちなみに、戦隊モノでイチバン印象にのこっている手はタイムレンジャーのレッドだった。
 あの人は空手やっているから拳ダコがあるんですよ。
 説得力のある拳であった。

・ 仮面ライダーウィザード 第35話「空の向こう側」東映TV朝日
 ファントムでありながら人間の心を保っていると言うソラ=グレムリンだった。
 でも、コイツは人間の頃から怪物だったようだ。
 昔からの快楽殺人犯だったのかよ。
 どうりで人間を殺すような企てにためらわないワケだ。

 晴人も、そのへんを考えておけばよかったのに。
 でも、ファントムにもイイ奴がいて欲しいと言う潜在的な願望を突かれたんだろう。
 救えなかった人間のなれのはてがファントムだから、救えるなら救いたいのだろうな。

 そして、コヨミの存在にも疑惑がもちあがる。
 ファントムを生みだした人間は姿を保てない、か。
 そもそもコヨミから生まれたファントムがどんなヤツなのか気になっていた。
 実はコヨミこそ人間の心を保ったファントムなのかも。

 コヨミがファントムに覚醒するときはあるのだろうか。
 または、コヨミから生まれたファントムでも良いんだけど、コヨミの姿をした敵を倒せるのかという問題がある。
 女性型ファントムが少ないのは、やっぱ女性をブチのめすのが絵的につらいんだろうな。

・ ドキドキ! プリキュア「第15話 大いそがし!真琴のアイドルな日々!」ABC東映
 真琴はアイドルだけでなく女王さがしも行っている。
 そりゃ過労ですよ。
 人生の優先順位を決めないと。

 とりあえずアイドルは続けるようだ。
 けっきょく人に必要とされるってコトは重要なんだよな。
 人は働いているほうが精神的に満足感を得られやすいらしいし。

 レジーナ姫さまは、人の心を強制的に黒く染めてジコチューを生みだせる!
 なんとおそろしい能力だ。
 プリキュアだって狙い撃ちされたら防御不能だろうな。
 レジーナが不真面目だからたすかっているけど、本気になられたら全滅しそうだ。

 プリキュアは力を合わせて勝利した。
 だが、この結束も心を染められたら崩壊しちゃうんだろうか。
 敵が精神攻撃をしてくるとワカっているんだから、プリキュアに精神防御の特殊効果とかあればイイんだけど。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)