2013年10月

キョウリュウジャー「35 ギガントキョウリュウジン」、鎧武『4 ぶどうライダー』、ドキプリ「38 アイちゃんジコチューになる」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ35 チョーすげえッ! ギガントキョウリュウジン」東映TV朝日
 カオスの企むワナとは、ふたたびトリンを暴走させる策か!?
 と思ったらちがっていて、大地の魔神ガドマの復活だった。
 意外と普通ですね。これならあまり怖くない。
 と思ったら音楽を乱されてキョウリュウジャーはパワーダウンのうえに新本部をのっとられてしまう。
 これは恐ろしい。

 キョウリュウジャーの強さの根源をおさえられてしまった。
 ある意味、兵糧攻めにあったようなもので、これでは戦えない。
 だが、街の人たちの声援が新たなパワーとなる。
 今までの戦いと絆はムダじゃなかった!
 助けた人に助けられる。これが戦隊道だ!
 イアン彼女ズがいないのは、ちょうどみんな新しい楽しみを見出しているときなんだろうか。

 そして、復活のブラギガスがギガントキョウリュウジンに変身だ。
 デカァァァァァいッ説明不要!!
 13本の獣電池とか、豪華すぎて負ける気がしない切り札である。
 強すぎるから、なんか制限が無いとワンサイドゲームになってしまいそうだ。

 などと余裕のある心配をしていたら、序盤の黒トリン(仮称)が出現するのだった。
 声も違うし、トリンとは別鳥か!?
 そうか、こっちのピンチが残っていた!

・ 仮面ライダー鎧武 第4話『誕生!3人目のぶどうライダー!』東映TV朝日
 ふたたび謎の森に入った鎧武は仮面ライダーメロンと出会う!
 メロンだ! 完璧にメロンだよ。
 果物の王様だァ~~!
 これは、勝てる気がしない。
 いや、メロンは厳密に言えば果物じゃないから除外ってことでイイか。

 鎧武はメロンに説教されながらフルボッコにされる。
 心も体もキズだらけだ。
 キズものの果物は値段がさがるから、これは深刻だ。
 死の恐怖を味わって鎧武=紘汰は再起不能(リタイア)となる。

 一般人なら、死ぬかもと言われたらやっぱ引くだろうな。
 どっちかと言うと、死ぬとかよりも一生のこるダメージとかのほうがキツいと思うけど。
 インベスゲームみたいな危険でナゾのゲームを楽しんでいるのに、そのあたりを考えていない紘汰は甘いよな。
 麻薬と同じようなモンで、一時は楽しいだろうけど危ないシロモノだ。

 紘汰がすっかりダメダメになったので、光実がライダー候補に名乗りでる。
 ブドウライダーが誕生だ!
 これまた、ブドウだけに粒沢山で散弾状の攻撃ですな。
 やはり、スカッとジューシーだ。

 仲間の覚悟を見せつけられて、仮面ライダー鎧武は復活できるのか?
 二人がかりならメロンにも勝てそうだ。
 しかし、白いアーマードライダーって言いかたは無いよな。
 どう見ても、"白い"より"メロン"だろ。

・ ドキドキ!プリキュア「第38話 ベールのたくらみ!アイちゃんジコチューになる!?」ABC東映
 アイちゃんをジコチューにさせる計画が発動する。
 ひとの人生を破壊しようなんて、地味に恐ろしい計画だ。
 赤ちゃんは満腹中枢が未発達だから際限なくものを食べようとするらしい。
 ちゃんとめんどう見てやら無いとダメなのだ。

 今回はとくに教育的な内容だった。
 ワガママ良くないと子供にもわかるだろう。
 わかってくれるとイイな~。甥と姪が見ているだろうから。

 復活アイちゃんパワーでベールを撃破したものの、レジーナが復活する。
 レジーナの復活で今後の展開はどうなるんだろう。
 トランプモチーフのプリキュアには、まだジョーカー枠が空いているぞ!

週刊少年チャンピオン2013年47号感想

・ 弱虫ペダル
 ほぼ一周差を追いつくためのプランとはッ!?
 そうか、合宿と同じ状況か。
 インターハイには出場していないけど、実力をつけてきた三年二人の進化が見られるワケですな。
 青八木は高速モードに変形できるようになった!
 二年生をほとんど使わず予選突破だ。やっぱ、本番は全国大会ですね。

・ 錻力のアーチスト
 練習量は増やすと言っても、全員坊主とは言わない超フリーダム野球部だ。
 実際、ロング毛の野球部員ってどれぐらいいるんだろう。
 そして、イロイロと因縁が出てきましたね。ホモ疑惑も。
 中学のチームメイトに対する執念こそが、ヤバい気がするけど。

 自分にあったスタイルに目覚め、ベンチ入りもした。
 どっかで代打の切り札として相手の心を砕くバッティングを披露してくれ。
 いや、新スタイルは心臓を斬り裂くような一撃か?

・ 実は私は
 う~む、オールスターバトルになっている。
 みんな個性的すぎて、みかんとか探さないと気がつかないレベルに。
 カリスマ痴女から巨体吸血鬼まで参加するとは、こりゃ血をみるな。鼻血で。

・ 囚人リク
 最初はトボけたヤツっぽかった周の正体がだんだん見えてきたような……。見えないような……。
 垣間見えるのは国家への反逆思想か。警察官殺しを大絶賛しているし。
 椿への態度も気になる。血縁でないファミリーを大切にするタイプか?

・ バチバチBURST
 天雷の相手は、ジャイアンとのび太+スネ夫みたいなコンビの闘海丸コンビだ。
 うん、見た目はのび太だけどど、中身はスネ夫だな、やっぱり。
 つまり軍師スネ夫の立身出世物語である。って、闘海丸くんの立場は?

 闘海丸くんの強さは腕力(かいなぢから)にあるらしい。
 金剛力の天雷とかぶりますね。
 大森山を持ちあげるほどの天雷に勝てるとは思えないのだが、スネ夫の献策がありそうで怖いぞ。

・ 浦安鉄筋家族
 仁ママが超絶ホラーだ!
 これはバイオハザードに出てもおかしくないレベルですよ。
 浦安アベンジャーズ全員出動が必要だ!

・ イカ娘
 5回つづけて1を出す確率は1 / 7776 か。

・ ペーパーブレイバー
 初の巨乳キャラかも。うかつ可愛いな。
 筋妹(KINMAI)Tシャツなんてどこから入手したんだろうか。
 しかし、パンツ見えそう。見えても良いパンツはいているとしか思えん動きしとる。

 勇者を探しているのに勇者がトラウマとか困るなー
 せっかく戦闘職と知り合えたのにと頼れなさそう。

・ クローバー
 東京のドリームチームだからこれぐらいは楽勝してくれないと困るよね。
 ゲンゲンは、こんな困った過去までもっていたのか。
 頭が弱いだけでなく、緊張にも弱いとは……
 準決勝からは、もうちょっと苦戦するんだろうか。

・ 真・餓狼伝
 二十九話感想はこちらへ。

・ 雨天決行
 やっぱ、赤舌は闇の甲人だよな。
 それにしても、甲人の行動力って前進のときだけに発揮されるんですね。後退のネジを外している。
 たまには逃げても良いと思うのだけど。
 ここで夜行が登場だ。角は水に対して属性優位なのか?

・ バーサスアース
 右前腕が縦切りにされたうえに、左腕喪失か。
 これはヒドい。
 そりゃ、前回で肩がトゲトゲしているなーとは思っていたけど、こうなっちゃうとは。
 この先、不幸に進めても幸せに戻ることができないんじゃなかろうか。チームワークは良くなっているっぽいけど……
 カナ全泣きフラグだ。

 自分の負傷に関しては意に介していないハルトの不退転さが危うすぎてカナでなくとも心配だ。
 そして、ひさしぶりに深柱少年が登場か。
 しゃべったのは何ヶ月ぶりだろう。
 こいつもキケンな相手だし、苦しい戦いがつづくな。

・ 名探偵マーニー
 あー、こういうギアチェンジのやつ、私が子供のころにはまだあったな。
 というより、ギアつきはそういうものだと思っていた。
 美しさとは、時にムダとか役立たずとか不要なものに宿る。
 手袋は指が分かれているより、親指以外がまとまっているミトンのほうが美少女度が上がる、みたいな。
 機能美って考えもありますけどね。

・ 777 スリーセブン
 バカップルの破局が予想よりも早かったと言うか、もはや別人みたいな過去改変疑惑だよ。
 アレでつきあっていないって認識が通ると思っているのか?
 やっぱ、シャブやってるからかな。(※ ハーブです)
 脱法ハーブって、そんな雑に作れるのかと思ったら、けっこう簡単な作りかたっぽいですね。(都内マンションの一室で…「脱法ハーブ」製造工場に潜入

● ヤンジャン
・ キングダム

 そうか、羌瘣のやったことって蚩尤の全否定につながりかねないのか。
 思ったより物騒なことになっているんだな。
 これで羌瘣が飛信隊にもどれば戦力も大幅にアップだ。
 秦国はもう敵なしの状態だし、進撃あるのみですね。
 敵がいなくなると呂不韋との暗闘が始まりそうだけど。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 ブラジル、甘く見ていた。ペペ強ぇ~な。
 そろそろこの辺で監督の動くところという気もしますが……。
 ここは前を向いて進む気になった選手たちの自主性に任せるところか?

・ 宇宙兄弟
 地元の応援団ってテレビで見る限りこんな感じだよな。実際に体験したことないんだけど、どんな感じなんだろう。
 ムッタのときもアイツは昔から変なヤツでって言われそう。

・ グラゼニ
 投手に求められるのは点をやらない事であって、速球を投げる事じゃない、ですね。
 ただ速球を投げることができたほうが、相手に与える脅威が大きいってのは確かなんだけど。
 凡田がスピードよりコントロールに目覚めたところですかね。

真・餓狼伝「第二十九話 / 剣に、父に、丹水に。」感想


2013年10月24日(47号)
第二十九話 / 剣に、父に、丹水に。

 紀州丹水流の総道場生勝ち抜き戦に丹波文吉が優勝した!
 そのめでたい瞬間に、黒岡京太郎が出現する。
 警察用の馬をブッた斬る罪状でつかまったが、起訴されないですんだようだ。

 現代風に言えばパトカーを爆破したようなもんだよな。
 直せないほど粉みじんにした。
 未成年とはいえ、放置していいものだろうか。
 損害金額って現代換算でどれぐらいだろう。
 騎兵隊って日露戦争でも活躍していたし、馬はまだ現役なんだよな。
 ……高そう。

 紀州丹水流の剣三郎は丹水流の看板に泥をぬったと京太郎に鉄拳制裁をくわえる。
 武術は指導者の技量が高ければ体罰など必要ないという説があります。(「オリンピック選手に体罰」が行われる謎を解く
 いっぽう柔道の木村政彦はシゴキともいえるほどの壮絶な練習を受けていた。(木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか)
 教える牛島辰熊は超一流の技量を持っていた。
 武術者ではないが会計の家系である加賀の猪山家ではソロバンで頭を殴るようなスパルタ教育をしていた。(武士の家計簿

 個人的に体罰は良くないし、非効率的だと思う。
 ただ、教わる側の意欲や教える側の必死さなどで、体罰が生じてしまうのは避けられないのかも。

 剣三郎は京太郎に破門を言いわたす。
 門下生が文吉に負けたから気が立っているんだろうな。
 太浦警視総監がとりなそうとするが、剣三郎は聞く耳をもたない。

「引っ込んどれッ」
「ワシは署長とは昵懇ぞッ!」
「余計なコト言うとクビ飛ばすぞッ!!」


 うわっ……
 知らんとはいえ、警視総監になんてことを。
 昵懇の署長のほうがクビ飛ばされちゃうよ。
 このへんの権威主義的な言動は武士らしさの悪い部分でしょうね。

 相手が何者かを剣三郎が知ったら、どんな謝罪をするのだろうか。
 丹水流の超必奥義・南無三宝落日土下座(高い跳躍から一回転して頭を地に叩きこむ土下座)が炸裂だな!

 ところで警視総監の名前が大浦ではなく、太浦になっている。
 本名丸だしだと、多少問題があるのかもしれない。
 あるいは、『レッドクリフ』に登場したオリジナル武将と同じような意味で、死亡フラグかも。

 時代に捨てられ生きる目標のもてない京太郎は自暴自棄になった。
 京太郎の言動に、みな多少なりとも動揺している。
 剣は早い時期に捨てられた。
 柔術もいずれ捨てられていくとの予感がある。明日は我が身だ。
 少なくとも文吉の父・久右衛門は武の終わりを感じていたから、文吉に学問をさせていたのだ。

 だが、そこに口を挟むのが文吉です。
 文吉は若いから、まだ武の立場をワカっていないのだろう。
 でも、怖いもの知らずの行動が物事を動かしたりもする。
 こんな大人、修正してやれ! これが若さか……

 難しいことはわからんが、とりあえず……
 闘やらないか!
 文吉は京太郎の父・喜八が残した刀を踏み折って挑発するのだった。
 京太郎が怒りのあまり福本伸行絵みたいに、ぐにゃっているッ!

 これは確かに勝負するしかない流れだが……
 勝負したら全部解決するのだろうか?
 夢枕空間に引きずりこんで闘えば理解しあえるのが餓狼伝なのだ。
 しかし、折れた刀は元にもどらないぞ。

 京太郎や時代に取り残された武士の無念を浄化することができるのか?
 丹波文吉 vs. 黒岡京太郎
 この戦いは、素手 vs. 日本刀となるのか!?

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2013年46号感想

・ 実は私は
 委員長、ハートマーク弁当とか作っちゃう人なのか。
 テンションあがると人格変わる系ですね。
 凛が葉子を手なずけているのは、血縁のなせるワザなんだろうか?
 祖父ラブなのは良いとして、祖母をどうする気なんだ?

・ 弱虫ペダル
 エースってそういう意味でか!
 好き勝手にやらせるという意味でなく、みんなでサポートする。
 今年も伝説を生みまくりそうだ。
 毎回、最下位からトップに登りつめろ!

・ 囚人リク
「壁をぶっこわして」「新しい世界を作りたい」
 これが新目標か!
 エンディングが見えるようなでっかい構想を持ち出してきたな。
 しかし、鬼道院を殴るよりもはるかにハードル高いぞ。

・ 浦安鉄筋家族
 G師匠の恐ろしさは刃牙で証明済みだ!

・ イカ娘
 大丈夫、夏休みは終わらないよ!
 304話になっても、まだ終わらないんだから、ずっと終わらないだろう。

・ ペーパーブレイバー
 ジョブ持ちは目に特徴がある。
 剛島(妹)の目からすると……。
 聖利は剛島(兄)のパワーにも注目しているようですが。

 しかし、勇者はレベルアップをあきらめちゃったんだろうか。
 巨乳にたいする執着はこんなにあるのに。

・ バチバチBURST
 より速く、より強く、より低くですね。(この感想二回目)
 相撲は神事でもあるんだから、真っ向勝負をしてこそ神様も喜ぶってもんですよ。たぶん。
 一切の妥協も卑怯もせず、全力を尽くしての真っ向勝負だ。

 鯉太郎が勝ったのは押し一本のスタイルが、岩の藤のトルネードより連打が効いたからだろう。
 たぶん、岩の藤は今までほぼ一発で相手を倒してきたから連打戦の経験が無かったんだろうな。
 鯉太郎は勝ったけど、頭打ちすぎてちょっとルー大柴っぽい英語脳になってしまったっぽい。
 次の取り組みまでに治ればよいのだが……

 次は天雷とジャイアン臭を出している闘海丸か。
 天雷が体調万全なら問題ないんだろうけど、いまは負傷しているしな。
 これは予想がつかなくなってきた。

・ 錻力のアーチスト
 野球ってのは結局のところ投手と打者のタイマン勝負だ。
 そんなふうに考えていた時期が彼にもありました。
 自分の打席で相手側に励まされて、チームを意識するってのは斬新だ。
 でも、つなげるバッティングに目覚めちゃうのはちょっともったいない気も……
 あくまで精神破壊打撃にこだわって欲しい。

・ クローバー
 世の中には二種類の人間がいる。
 HAMMERHEADが読める人間と、読めない人間だ。
 クローバー世界は8割が後者ですね。
 いっそうのこと、カタカナ表記にしちゃいな!

 あと、ゲンゲン……、みじめ。
 トイレの帰りに道に迷って決勝まで帰ってこなさそう。

・ 雨天決行
 甲人も一歩間違えていたら同じように人類の敵になっていかもな。
 運だけの差って感じだ。
 まあ、甲人も人間社会からこぼれちゃっているんだけど。

・ 真・餓狼伝
 28話感想はこちらに。

・ ウチコミ
 何もしないより、負けても挑んだほうが価値があるってことですね。
 最近、エロ方向に何もしていないのだが、反動で高価値な展開がまっているのだろうか。

・ 名探偵マーニー
 犯罪の狙いが意外なところってのはお約束な展開ですね。
 マーニーのスタンガン対策が頼れすぎて超安心だ。

・ 777 スリーセブン
 フェイクが化粧で別人のようになれるんだから、誰でも美人になれそう。

・ バーサスアース
 ハルトが捨て身すぎてヤバい。
 そして、ドレッドを一発で見破っちゃうのか。
 で、兵真は深柱の戦士になっても守る男なんだな。
 これは、良い修羅場の予感だ。

● ヤンジャン
・ キングダム

 深く、長く、早く潜ることを考えていたけど、逆転の発想だな。
 潜りすぎてももどる命綱が強さの秘密か。
 今までの蚩尤にはなかった新手のようだ。
 龐煖(ホウケン)も山にこもって(人との関係を絶って)強くなるタイプだから、絆の命綱を知らないのだろう。
 これが大将軍の強さなのか?

● モーニング
・ GIANT KILLING

 相手チームにも事情とか執念とか歴史がある。簡単には勝てないワケだ。
 でもって、不破さんの嫌われっぷりの安定感がスゴいな。

・ グラゼニ
 これが監督の決断ですね。
 責任も権力もあるから、魅力ある職業だ。
 しかし、コーチは自分の意見が通らなくても腐らず前向きでイイ人だな。これで二度目だし。
 こういうチームが強くなるんだろうか。

キョウリュウジャー「34 ふっかつブラギガス」、鎧武『3 バナナ変身』、ドキプリ「37 ニンジンVS亜久里」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ34 ふっかつ! ブラギガスしゅつげん」東映TV朝日
 ついに最後の秘石を探しに行くことになった。
 ラストはブラギガスだ!
 アバレンジャーのときもブラキオサウルスが巨体をイカした収納役だったりした。
 やっぱ、まとめ役は巨体のブラキオサウルスですな。

 カオスはカオスでなにか考えているようだ。
 発想のスケールで上回らないとヤバいぞ。
 というか、発想のスケールで負けた感がある。

 スピリットベースはブラキオの頭部にあったらしい。
 と言うコトは、今までワープして体内に入っていたってコトですね。
 今まで普通に活動していたけど、ブラキオは直立したまま固まっていたのだろうか。
 いや、重力制御だろうな。
 ロボが転んでも内部で大惨事になったりしていないし。

・ 仮面ライダー鎧武 第3話『衝撃!ライバルがバナナ変身!』東映TV朝日
 鎧武が快進撃中だ!
 インベスよりはるかにデカい鎧武がなぎ倒すってのは、ちょっとズルい気がする。
 機体の性能差だけで勝っているようなもんだしな。

 バロンのリーダー駆紋戒斗も無様な戦いに不満のようだ。
 そんなことを言うからにはコイツも変身できるのかと思ったけど、そんなコトなかった。
 偉そうだけど、まだ未熟な部分もあるようだ。

 だが、戒斗もベルトをもらってライダー二大決戦状態になる!
 バロンの果物はバナナだ!
 うわ~っ、本当にバナナだよ。
 笑ってイイところなんだよな。いや、笑わずにはいられないんだけど。
 そのバナナでカッコつけるから、余計に面白みが増すって寸法だ。

 そして、仮面ライダーバロンの必殺技はバナナ槍だった。
 バナナが刺さった!
 これはちょっと、美味しそうとは違うかな。

 バナナはかなりギャグっぽいけど、確かにバロンの戦いかたは鎧武よりスマートだ。
 無様ってのは、ライダーの強さを引き出せていないとかでなく、純粋に動きがなっていないってコトだったのか。
 機体性能が互角なら、操縦技術で勝負がつく。
 鎧武一強の時代は終わりそうだ。

・ ドキドキ!プリキュア「第37話 なおせ好きキライ!ニンジンVS亜久里!」ABC東映
 アイちゃんはニンジンを嫌がるようになった。
 うむ、赤ちゃんのころはなんでも食べるんだけど、知恵がついてくると好き嫌いを言うようになるんだよな。
 で、亜久里もニンジンが嫌いらしい。
 これはニンジンを食べさせられる同人誌が大量に発生する予感だ。

 ニンジン嫌いを直すため六花は食育で、マナがきぐるみだ。
 得体のしれない展開だな。
 語尾がニンジンとか、斬新すぎて実用向けじゃない。

 生産者の現場に行って苦手をなおすと言う作戦に落ち着いた。
 美味しいニンジンを食べて苦手意識を無くすってのは常道ですね。
 イーラの失敗はニンジンでなくお菓子をジコチューにしたことだろう。
 ニンジン ジコチューならもっと青臭いニオイとかで攻めたてて戦意を喪失させられただろう。

 お子様のイーラでなく、ニンジン料理もできるマーモが出陣したほうがヤバかったな。
 というか、ベールが自分で働かないのが最大の問題なのかも。

真・餓狼伝『第二十八話 / 父の汗』感想


2013年10月17日(46号)
第二十八話 / 父の汗

 紀州丹水流の総道場生勝ち抜き戦もクライマックスだ!
 もう、クライマックスかよ。
 さすがに選手入場から初めて全試合を中継するワケには行かなかったようだ。

 丹波文吉は飛びつき腕十字で雲藤を倒し、決勝進出を決める。
 やっぱり、文吉はまだ打撃をマスターしていないようだ。
 小兵ゆえの身軽さを利用してアクロバティックな戦いをしている。

 ところで、丹水流の道衣は現代の柔道や空手と同じくズボンのすそが足首まである。
 もっとたけが短いタイプが当時の主流だったハズだ。
 長いズボンは蹴り技の多様と共に普及していったらしい。
 丹水流には蹴りを含む打撃要素があるのだろう。

 決勝戦は文吉 vs. 能見だ!
 選手紹介が無いから能見が強いのか弱いのか、さっぱりワカりませんが。
 本家からきた文吉にとって、紀州はアウェーである。
 よくぞ決勝まできたもんだ。

 決勝戦までのあいだ、父・久右衛門が文吉の体をマッサージしている。
 丹水流の回復術らしい。
 剣三郎は、回復術など役に立たない技術だと言う。

「武は」「寝る間も惜しんで稽古に稽古を重ね体を痛めつける」
「これに尽きます」


 古い考えだ。
 少なくとも近代スポーツでは適度な休息をとったほうが筋肉の発達に良いとされている。
 昔の人だから根性論を言っているのかもしれない。
 ただ、経験を積み重ねて完成していった武術では、筋トレを不要とするものが多いのだ。
 紀州丹水流は当時としてもちょっと変わった流派なのかも。

 決勝戦は延長戦に入った!
 ずいぶん近代的なシステムですね。
 柔道でも戦前の高専柔道は決着がつくまで終わらない制限時間無しだ。
 現代の相撲だと立合い前の仕切りに制限時間と待った罰金があるが、昔はなかった。
 江戸時代の相撲は仕切り中に出て行った人が、帰ってきてみたらまだ立合いが始まっていなかったと言う笑い話があるぐらいだ。

 丹水流はスポーツとしての形式を整えつつあるのかもしれない。
 もしかしたら、嘉納治五郎の影響があるのかも。
 文吉が嘉納治五郎をうらむことになるエピソードはいつになるんだろう。

 とにかく、延長戦がはじまる!
 だが、すでに能見は息を乱していた。
 文吉は汗をかいているが、呼吸がみだれていない。
 これは余裕の投げ! アンド、袈裟固めっぽく押さえて、左ヒジを極める!
 見事な複合技で文吉の一本勝ちだ!

 文吉の勝因は疲労の少なさだった。
 どー見ても回復術のおかげですね。
 剣三郎はグヌヌと怒るしかなかった。

 優勝した文吉は勝利の余韻にひたるヒマもない。
 警察官の馬を斬殺して逮捕された黒岡京太郎がいた!
 もう出てきたのかよ。

 というか、乱入する気か?
 素手部門だけでなく、剣道部門もあるんだろうか?
 さすがに素手で剣道と勝負するのはムリだよな。
 オマケに真剣を装備されたら、道場が血の海になりますよ。
 次回、どうなる?


 武術は健康術や医療とも関わりがある。
 回復術って充分に実戦的だとおもうのだが……
 板垣先生が所属していた空挺部隊も富士山一周での休憩時間にクツ紐ゆるめたりとか回復のテクニックがあったし。
 そういった回復の知識を知ったら富士山一周も楽勝で、一度も座らずにクリアできたと板垣先生は言っていましたが、……やっぱ刃牙の作者だよね、この人の言動は。

 イブニングで連載している自転車漫画『のりりん』で、疲労には筋肉の疲労と心肺系の疲労があって、筋肉の疲労は回復しにくいけど、心肺系は回復しやすいって話があった。
 丹水流の回復術も呼吸を整えて、心肺系を回復させる術なのかも。

 剣三郎はヘタに戦う才能があったから、直接戦闘に関わらない部分を軽視しているのかもしれない。
 久右衛門は古流の武術と、近代のスポーツを両立させることのできる逸材だ。
 武術とスポーツの両立は、嘉納治五郎も目指しているかもしれない。
 そうなると、久右衛門の功績を嘉納治五郎が盗んだ(と文吉が思っている)可能性があるのだが……
 真相はいつごろワカるんだろう。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 2 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝2巻が発売される!
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の死闘がさらにヒートアップする。
そして、丹波の流派・丹水流の秘奥義が炸裂するぞ!
8話から。

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2013年45号感想(2)

・ ドカベン ドリームトーナメント編
 この試合、お互いにノーヒットのまま終わりそうだ。
 やっぱ、ホームベースでの交錯は緊迫感がでるな。
 返球がそれたフリとかしなかったし。

・ ツクモモモ
 短期集中連載だ。最近のチャンピオンは怪異率が高いな。
 九十九さんは可愛いのだが、パンチラを恥らってもらったらより良い。(※ 個人の嗜好です)

・ ウチコミ!!
 こりゃ、顧問の登場より早く真壁が部員になるフラグか?
 急いでオリジナルスタイルを編み出さないと!
 目指すは、ハンドポケットからの居合い柔道だ! いや、ダメだ。
 投げると見せかけて寸勁で倒す打撃系柔道だ! これもダメだ。

・ 名探偵マーニー
 女の子が可愛いのは置いといて、マーニーって犯人探しだけなら警察以上ですな。
 しかし、メカニックについては考えなくなっているみたいだ。
 前回のエピソードはしばらく放置か。

・ ペーパーブレイバー
 やっぱ、直接刺激しないと成長しないんだよ!
 おつかいプレイはRPGっぽいな。
 お金を欲しがる女子高生は援助をこうているみたいで背徳的だ。

 直接刺激といえば、勇者の特性は勇気だから勇気を使わないと経験値が上がらないのかも。
 前のバトルでは多少勇気をつかった気もするんだけど……

・ 777 スリーセブン
 ブスという自覚はあるのか。
 これは「ちょっと可愛いと思って生意気なんだよ!」とブチ切れる伏線と言う気が。

・ バーサスアース
 たとえ右腕が二つに裂かれても、体を刃に貫かれても、戦う決意は鈍らない!
 ハルトが戦士として覚醒した!
 でも、なんか落とす前ふりとして持ちあげている気がして、ハラハラする。
 だって、新手のドレッドが参戦したら絶対に心がポッキリ折れますよ。
 と言いつつ、ヒドい修羅場を期待してワクワクが止まらないのであった。

● ヤンジャン
・ キングダム

 家族同然に思っている信を殺せば覚醒できる!(違う)
 ちなみに帰ったら、男装ロリ娘枠を奪われているので、暴れまわって覚醒する可能性は高いと思う。

 それはさておき、幽連(蚩尤)は羌瘣を恐れているよね。
 自信があるなら援軍を呼んだりしないだろう。範馬勇次郎なら、ストライダムに戦わせたりしない。
 だから、羌瘣には潜在的に勝てる見込みがあるのだ。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 椿が活躍すると盛り上がる傾向があるんで、やっぱそこを押さえられるとつらいんだよな。
 達海もブラジルトリオよりも、そっちを気にしているようだし。
 逆転の秘策は後半からか?

・ グラゼニ
 現在の安定をとるのか、未来の可能性をとるのか?
 難しい選択だけど、やっぱチャレンジですかね。
 セコイ話をすると渋谷は北王子が引っぱってきた選手だから、活躍してもらわないと困る。
 ここはムリにでも使いつづける勇気が必要なんじゃなかろうか。

週刊少年チャンピオン2013年45号感想(1)

 すいません。また、分割感想です。
 つづきは明日書きます。

・ 弱虫ペダル
 これは鏑木が成長しそうな予感がする。
 練習や理論よりもエピソードが人を強くする!
 うんこ我慢して変顔になったほうがパワーアップしそうな気もするんだけど。

・ 囚人リク
 なんか脱獄への障害とノルマが増えまくっておりますな。
 名前だけは出てきたレノマがチーム名の参考にしたドラゴンクロス、その二代目か。
 脱獄メンバー一人増えました。
 レノマの心当たりってコレだったのか。

 見どころはヤングレノマだな。
 やっぱり、入獄当初はあの体格だったんですね。栄養価の少なそうな食事でよくぞ育った。

・ 実は私は
 未来孫、このボケっぷりは白神葉子の血を引いているっぽいが、朝陽もそうとうなボケキャラだしな。
 朝陽の脳内で嫁候補は白神>委員長>みかん、か。
 しかし、委員長(宇宙人)とは子作りできないんじゃね? サイズ的に。
 いや、宇宙テクノロジーなら可能かッ!

・ バチバチBURST
 ものすごい頭突き合戦だよ。
 地道な鍛錬を重ねてきた岩の藤だが、鯉太郎だって長年鍛えているんだぞ。
 なんかもコークスクリュー頭突きとか開発しそうな勢いだ。
 拳が当たってから力をねじこむ中国拳法のようなブチカマシを新開発しちゃったのか?

・ 雨天決行
 屋内戦闘で雨が使えない、を上まわる大ピンチだ。
 相手は水操作系である。こりゃ、勝てない。
 こっちは雨操作系だから、雲とかも操作できるんじゃなかろうか。
 やっぱ、新しい杖をさがさんとダメだな。

・ 浦安鉄筋家族
 いきなりビートルズネタか。
 ビートルズをどう変換すると苺畑になるんだろう。
 名前のほうは見事な日本名変換ですね。

・ イカ娘
 リピーター増やしたいと言いながら、増えそうも無いスタンプ内容だ。
 真の目的は常連からさらに搾取するつもりだったりして。

・ 真・餓狼伝
 27話感想はこちらに。

・ クローバー
 団体戦における主人公のポジションと言えば、切り込み隊長の先鋒か、大将だ!
 次鋒ってのは無いよね。
 なんでバキは次鋒だったんだろう……

 と言うワケで勢いをつける主人公ハヤトの一発KOだ。
 最初に一番手を買って出たのが吉良だったけど、義理堅いヤツだな。
 ゲンゲンは強いはずなんだが、どうもギャグ担当になっていて不安要素が……

・ 錻力のアーチスト
 ヤジりあって、イガミあっているけど、仲間意識が強い!?
 コイツら、見た目(圧倒的な、坊主率の低さ!)と態度は不優良健康児だけど、野球に対してマジメに取り組んでいるからな。
 練習試合なら、仲間の弱点バラしまくって不利になったほうが丁度いいぐらいに思っていそう。
 そして、次回は主人公の打席だ。砕けるか、心臓をッ!

キョウリュウジャー「33 レディはおれがまもる」、鎧武『2 パインキック』、ドキプリ「36 ラケルの初恋」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ33 マキシマム! レディはおれがまもる」東映TV朝日
 最近忘れていましたが、空蝉丸はガチホモだった。
 戦国時代はガチだから仕方がない。
 なんで戦国時代がガチホモなのかは、勉強不足でよくワカらんが。

 イアンがモテモテで復讐の女性とつきあっているのが、空蝉丸には気に入らないらしい。
 戦国時代は一夫多妻でハーレムを形成するもんだ。
 複数と付き合ったり結婚したり子供を作ったりに対する抵抗感は現代人より低いハズだが……
 殿への嫉妬か?
 いいのかそれで、戦国時代の人よ。

 イアンが悪いヤツでなく立派にハーレムを形成していると知って 空蝉丸もイアンを認めるのだった。
 これでキョウリュウジャー内の結束がより高まったようだ。
 ところで、アイガロンってキャンデリラのことが好きだったらしい。
 感情的に相性悪そうなんだけど、やっていけるのだろうか。
 もっともトリンが一匹のこらず殲滅するすると言っているので、待ち受けているのは悲劇っぽいけど。

・ 仮面ライダー鎧武 第2話『必殺!パインキック!』東映TV朝日
 前回のあらすじを聞いてチーム鎧武のリーダーが失踪したことを知りました。
 そうか、あのまま失踪あつかいになっていたのか。

 で、アーマードライダーに変身した主人公・葛葉紘汰はライダーの能力を私物化しようとするが上手くいかない。
 そりゃ戦車を乗用車がわりにしようとしても上手くいかないだろう。
 どう考えても戦闘兵器なんだから日常では使いにくいよね。
 破壊はできても創造にむかない。

 そして、人を守るための闘争こそが正しい使いかただと気がつく。
 やっぱ戦ってナンボですよ。
 驚愕のミカンアタックも日常では使えないだろう。
 アレやったら周囲が見えなくなりそうだよな。

 敵にはパイナップルをかぶせて視界を奪う(のか?)。
 パイナップル・ライダーキックは缶詰のパイナップルみたいで美味しそうだ!
 今後も美味しそうな新技がでまくるんだろうか。

・ ドキドキ!プリキュア「第36話 ラケルはりきる!初恋パワー全開!」ABC東映
 またまた珍獣たちが人間化した。
 今回はラケルが人間の女の子に恋をする。
 気をつけろ、ヤツは見た目が少年だけど中身は獣だ!

 いろいろあるけど、ラケルがイチバン好きなのは六花だろうと指摘されている。
 真琴の例もあるが、トランプ王国の生物が愛ともいえる過剰な忠誠心をもっているようだ。
 忠誠心の強化が戦国ガチホモの正体って説もありますが、イマイチ納得できない。
 愛憎のもつれで殺人事件とかってよく起きるじゃないですか。副作用を考えたらヤバいよね。

 プリキュア化しても珍獣の意識はのこっている!
 というか、プリキュア本体を動かすほどの、執念ッッッ!
 素晴らしきプリキュアヒップアタックだった。

真・餓狼伝「第二十七話 / 黒岡の剣」感想


2013年10月10日(45号)
第二十七話 / 黒岡の剣

 黒岡京太郎が拘留されていたころ、丹波剣三郎ひきいる紀州丹水流では総道場生勝ち抜き戦が開始されようとしていた。
 勝者は丹水流交流会の出場資格を得る!

 丹波文吉と父・久右衛門は丹水流本家の人間だから別枠で参加できそうなんだけど。
 文吉が勝ち抜いたら、剣三郎の道場から出場できる人間がいなくなってしまう。
 わりと空気読まずに勝利をかっさらうのが丹波親子だから、いいのか。
 細かいことを気にしていたら道場破りや、闇討ちなんてできません!

 文吉は久右衛門にストレッチを受けながら、京太郎の黒岡一族と丹波との因縁を聞くのだった。
 試合前とは思えない緊張感の無さだ。
 それだけ文吉の強さは図抜けているみたいだしな。
 でも、油断禁物だぞ。

 黒岡家は丹水流の分家だった。
 本家・丹波と黒岡はライバルなのだ。
 当時は剣術全盛期だった。
 え~と、江戸末期ごろだよね。
 物騒な時代なので剣術が大流行していた時期だな。

 丹波久右衛門と黒岡喜八は同年代の友となる。
 のちに京太郎の父となる喜八は、当時10歳にして剣の達人であった。
 久右衛門はこのころから才無しのぼっこれ(壊れた)武道家である。

 だが、喜八の剣術を見ているうちに、久右衛門は彼の剣術を読めるようになってきた。
 のちに理論派となる久右衛門の土台は、この幼年期につちかわれたのだろう。
 でもって、下手に天才的な友人を持っちゃったから、才能に対する自信をなくしちゃったんだろうな。
 武術理論はしっかりしているんだから、ちゃんと修行していたら人並み以上の実力になっただろうに。

 さらに大きな問題があった。
 幕末の動乱を生き延びたのは丹波文吉、久右衛門の親子と黒岡京太郎の三人のみだ。

「…他は全員 明治の変革で」
「死んでしもうた」


 ほぼ全滅かよ!
 って、剣三郎はノーカウントなのか。
 というか、にわき藩の丹水流が全滅したってコトなのだろう。
 前に久右衛門が、父や5人の兄弟は戊辰戦争で死んだと言っている。(2巻 九話
 東北の藩だから、最新の銃で武装した薩長連合に虐殺されたんだろうな。

 次回は秘められた丹波家全滅の歴史が語られるのだろうか?
 鉄砲の前に武術は無力であり、武を学ぶ虚しさを知ったのかもしれない。
 武吉と京太郎はどちらも時代に置き去りにされた存在だ。
 二人は、仲良くなれると思うんだけど。
 武を極めようとする限り、二人は戦う運命なのかもしれない。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 2 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝2巻が発売される!
無敗の男・前田光世と若き餓狼・丹波文吉の死闘がさらにヒートアップする。
そして、丹波の流派・丹水流の秘奥義が炸裂するぞ!
8話から。

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

ジャイアントロボ(4)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」4巻が発売だ!
新たなる敵は三国志の五虎将軍たちだ!
そして、さらに新キャラが登場する!
4巻は19話から24話まで。

エクゾスカル零 4 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 4巻』が発売される。
ヒロイン六花を加えて、世界がちょっとだけ華やかになったぞ。覚悟の精神はより荒廃しちゃったけどな。
4巻は二十歌から

謝男 (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)2巻』が発売される。
バリエーション豊かな土下座技が繰り広げられる。
一話分がみょうに増ページだから話数は少なく、エピソードの盛り上がりは多いぞ。
2巻は6話から。たぶん、尿エピソード満載だ!

バキどもえ(1) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 1巻』が、2月8日発売だ!
元ネタが濃いからパロディーも必然的に濃くなる!
特濃のギャグが襲いかかってくるぞ!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)