2013年11月

真・餓狼伝「第三十四話 / 剣の時代」感想


2013年11月28日(52号)
第三十四話 / 剣の時代

 素手vs木剣ッ!
 武士にとって最大級の異種格闘技戦だ。
 興行規模としては相撲のほうが上かもしれないが。

 矢とか鉄砲とかの飛び道具はさすがに格闘じゃない。
 槍とかの長物も戦争用の武器だ。
 日常の延長で考えたら腰にさしている刀が異種格闘技戦の限界だろう。
 でも、廃刀令のせいで刀装備ダメになったけどな!

 素手の丹波文吉は、木剣の黒岡京太郎の猛攻に押されている。
 木剣のリーチ・速度・破壊力は素手より上だッ!
 文吉は飛んだり跳ねたり転がったりで攻撃をよけている。
 すごい運動能力だ。
 猫の三寸ができる文吉ならではの動きである。1巻 5話

 しかし、文吉の動きは柔術家も武士も超えて忍者のそれになっている。
 いや、忍者と言うよりニンジャ。なんか間違って伝わった感じの超戦士っぽさがにじみ出ているぞ。
 油断したら3mぐらいは跳躍しそうだ。ちゃんとしたニンジャなら30mは跳ぶのだろうけど。

 文吉は剣撃の嵐をかいくぐり打撃で反撃しようとする。
 そりゃムチャだ。
 案の定、拳を伸ばしきる前に回避行動しなきゃいけない状態におちいっている。
 体を反らせるマトリックスよけで文吉は被弾をさけた。

「分かったか」
「未だ 剣の時代は終わってなどいない!」
「剣は最強だ」


 剣をもった京太郎はイキイキしている。
 ちょっとヤバいまでの輝きだ。
 武士の時代に生まれていたら、さぞ高名の辻斬りになっていただろうな。

 剣最強を宣言しているが、槍や弓矢や鉄砲には勝てないぞ。
 いや、今の京太郎は本気で鉄砲にも勝てると思っているかも。
 作中時間の数年後にあたる明治42年(1909)に改正された『歩兵操典』は白兵主義を打ち出すことになる。(刀と首取り
 まさか、京太郎の剣最強が警視総監を通じて政府に影響していたりして。

(円の中心を取れば勝機が)

 こりずに文吉は接近戦を狙う。
 ほかになんか策は無いのか?
 あまりに愚直すぎるぞ。
 ダメだ、バカッ!

 ガッ

 つかんだ!
 なんだ、つかめちゃったよ。
 文吉がわりとアッサリ京太郎の襟をとった。
 このまま相手を引きずりまわせば逆転できる。

 と思ったら、京太郎は刀を返し、柄で文吉のアゴを打ちあげた。
 近い間合いでも万能だな。本当に刀最強かもしれない。
 白土三平の漫画でも柄で打つ剣術が出てくるが(「カムイ伝」の竜之進とか)、古流剣術にはよくある技術なのかも。

 相手をつかめば勝てると思っていた文吉はアゴを打たれて倒れる。
 ガッカリで死亡寸前だ。
 このまま敗北してしまうのか?
 というか、本当に無策で闘っているんですかい。

 剣最強を感じている京太郎は、なぜ父がすべてを捨てて死を選んだのかという疑問を考えはじめる余裕すら出てきた。
 これは回想が始まりそうな予感がする。
 うまくすれば京太郎が回想しているスキにダメージ回復の時間がうまれるぞ。

 もっとも、無策だったら回復してもまたやられちゃうだけなんだけど。
 次回は、回想か、回復かッ!?
 とにかく回る!

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2013年51号感想

・ 実は私は
 未来がどエラいことになっている!
 いや、痴女が席巻している世界だから、どエロい世界か?
 で、みかんが未来の嫁だと!?
 種族を考えたら妥当な選択なんだろうけど、これは意外だ。
 多重世界で複数の未来があるという可能性もありそう。

・ 弱虫ペダル
 周回遅れや最下位が似合う男が小野田くんだッ!
 ハンデ無いと楽勝すぎてつまらん!
 総北の練習って弱い人を強くするものじゃ無く、才能の無い人をふるい落とすものだよな。厳しい。
 そして、もうひとりのメガネの人・古賀が走る。
 アニメでもそろそろ喋るポイントが来るし、鏑木を蹴落として代表入りか?

・ 浦安鉄筋家族
 アベベが順子さんってワケじゃなかったのか。
 大鉄って意外とモテのオーラもっている。
 ヒモの素質がありまくりだ。

・ 囚人リク
 やっと島からの脱出方法を発見したけど、新たな問題発生か。
 ヘリポートを確認する威力偵察だ!
 ここでの失敗が計画の失敗につながる、超重要かつ超危険な任務だな。

 やっぱり、消去法で考えると椿がイチバン一般人に近いかな。
 なんかゾウの中でイチバン馬に似ているのはどいつだって感じの無謀さがあるけど。
 リクは小さすぎ。レノマは迫力ですぎ。江田はでかすぎ。天野はバカすぎ。松尾は顔が不気味すぎ。沢田は論外だ。
 そうなると周と椿の二択だよな。

・ バチバチBURST
 天雷、ここで敗退か。
 なんかここ一番で負けることが多いな。
 どっかに精神的弱点があるのかも。
 期待されずに育ってきたから、期待が増えると弱いとか?

 暗黒力士となった王虎なら手を打ち合わせるだけで場内を黒一色に染めそうな気がする。
 あいかわらずの見開きで迫力をみせるヤツだな。
 前作ラストで石川は瞬殺されていただけに報復相撲(リベンジマッチ)だ!

・ バーサスアース
 ASURAって、想定を超える鬼畜仕様だな。
 これもミスター・ピラーから人権無視して入手したアイテムなんだろうか。
 利き手じゃないほうの手を入れるって……
 髪の毛とか血液400mlとかじゃダメなんですかね。
 このままじゃ世界一隻腕率の高い漫画としてギネスブックに登録されちゃう!

・ 錻力のアーチスト
 そういえば腰を悪くしていたんだっけか。ゴムチューブまいとけば一試合ぐらいなら平気ですよ。
 リラックスした清作のフォームは弍織兄と似ているらしい。
 弍織弟のパワーにテクニックまでもっているとしたら、本当に手がつけられないな。
 打撃の要は弛緩と緊張の振り幅だッ!

・ ペーパーブレイバー
 経験値300かよ。
 ドラクエならホイミぐらい使えるようになりそうな感じなんだけど。
 じゃない、3000か。序盤終わって本格的な旅にでるあたりだよ。なぜ、レベルが上がらん。
 宿屋に泊まらないとダメなのか?

・ 真・餓狼伝
 33話感想はこちらに。
 文吉の生きる明治の雰囲気が知りたくて『明治のこころ-モースが見た庶民のくらし-』に行ったんですが、明治時代って風情ありますね。

・ 777 スリーセブン
 三人そろったらフィーバーして止まらない。777の名前がやっと出てきた。
 そりゃ、普通の人から見たら、777のほうが異常者に見えるよな。
 厳密に言えば警察官は正義や悪を判定するんじゃなくて、法を破っていそうな者をとりあえず確保するのが仕事だよな。
 候補者が悪であるのを証明するのは検察官だし、正義・悪の判定をするのは裁判所だ。

・ クローバー
 真田の特色はタフネスだったのか。良く憶えていなかった。
 病院行って包帯グルグル巻きにされた翌日に包帯のままリベンジしていたのは印象に残っているけど。
 いっぽう、真木と吉良が対抗しあっているようだ。
 知性派同士、反発しあうんですかね。

・ 名探偵マーニー
 フリープラネットって、『フランケン・ふらん』にも出ていたような。
 本家の『シーシェパード(海の羊飼い)』の迷える子羊を導いてやると言う傲慢さには負けるけど。
 昔から叛乱に参加する知識人の子息ってのはいるものだ。
 建前の正義にしたがうのと、私利私欲にはしるのと、どっちがイイのか悩みどころだけど。

・ 少年ラケット
 新人とは思えないほど絵が上手いな。
 話は序章って感じで、本番が見てみたかった。

・ 雨天決行
「考えずに行動してどうなった?」
 や~い、怒られてやんの。ばーか、ばーか。

 ってのは置いといて、主人公の考えや行動や価値観ってのは常に正しいと限らない。
 唯一神でもない限り間違いもあれば失敗もする。
 つうか、自称唯一神の又吉イエスが選挙に当選する事すらできないぐらいだから、唯一神だってダメダメなのだろう。

 なので主人公への反対意見があるのは当然だ。
 主人公が常に賞賛されているほうが不自然といえるだろう。
 だから、主人公への反対意見があったり、主人公がやり込められたりする展開ってのが、好みのタイプだ。
 刃牙でも、刃牙と勇次郎は意見が違うし、「強いだけではつまらんぞ」と言っちゃう寂海王もいる。

 異なる主義のぶつかり合いこそ葛藤となり燃える展開の土壌だ。
 というわけで、甲人の甘い考えは失敗しそうだけど、反対意見とかに叩かれて鍛えられて理想と現実の折り合いをつけてくれるんじゃないかと期待している。
 夜行は、外道の赤マントを倒すため自分も外道になるを辞さずって考えっぽい。
 これはこれで倒した後のことを考えていなさそうだ。
 やっぱ、みんなで協力して足りない所を補い合えれば良いんだけど。

● ヤンジャン
・ キングダム

 てっきり呂氏春秋の大公開かと思ったよ。
 自分の文化的価値を高めて、政の上に立とうとするって感じで。
 もっと直接的に大買収ですか。
 なにしろ出自が大商人だから銭もってるんだよな。

● モーニング
・ グラゼニ

 なんか知らんあいだに凡田がすごい投手になっているような……。
 年棒の事を考えなくなったのが効いたのか?
 そして、反動で年棒を気にしすぎる契約更新だ。
 グラゼニは、ここがクライマックスですね。

・ GIANT KILLING
 ペペというストロングポイントを倒すことはあきらめて、封印する!
 大物食いの真価が発揮されてきそうな感じだな。
 しかし、実際のところハーフタイムでの指示ってどんな感じなんだろう。

キョウリュウジャー「38 少女漫画」、鎧武『7 スイカ』、ドキプリ「41 花がつないだともだち」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ38 らぶタッチ! うつくしすぎるゾーリま」東映TV朝日
 少女マンガネタがまさか活きてくるなんて……
 というワケで作者の正体と、熱心なファンと、アミィの活躍がはじまるのだった。
 で、トリンも漫画を読んでいたらしい。
 デーボス軍が出てこないときはヒマだろうし、トリンってけっこうサブカルに詳しそうだ。

 いっぽうデーボス軍は戦力不足のままだ。
 こりゃキョウリュウジャーの勝利も近いな。
 だが、こういうあと一歩のときこそ危ない。
 キョウリュウジャーたちは浮かれていないから大丈夫そうだけど。

 今回はゾーリ魔がパワーアップして襲ってきた。
 雑兵が強くなると言うのはキケンな兆候だが……
 強い幹部が一体増えるよりも、無数の雑兵が強くなったほうが恐ろしいぞ。

 この現象がイレギュラーなものであってくれればいいのだが。
 キョウリュウジャーのなかで誰も危機感をもっていないのは、やっぱ浮かれているんだろうな。
 当事者だったら、仕事のキツい山を超えたあとでホッとしているだろうし。
 どっちかというと愉快なギャグの回だったけど、青空に小さな黒雲を見つけたような不安を感じるのだった。
 ラッキューロも変に人間への同情心をもったら仲間に粛清されそうだし、もとからトリンは抹殺する気でバッドエンド真っ直ぐだぞ。

・ 仮面ライダー鎧武 第7話『大玉スイカ、ビックバン!』東映TV朝日
 ドリアンライダーが緊急参戦だ!
 なかの人はフランス軍で落下傘連隊に所属していた本物らしい。
 ムチャな経歴だな。
 でも、空挺部隊出身の漫画家がいるんだから、空挺部隊出身のパティシエがいても、自然じゃッ!

 ドリアンは圧倒的な実力でチームを次々と倒していく。
 観客は喜んでるけど、こんなのちっともいい試合じゃない。
 ドリアンは烈海王なみの蛮勇を振るっているな。

 そりゃ強いほうが一方的になぶるのは、ただのイジメだ。
 でも、鎧武よ。
 お前もザコいロックシードの怪物(インベス)を一方的にいたぶってきた気がするんだが……
 自分がメロンにいたぶられて、反省したのか?

 偉そうなことを言っていたバロンもドリアンに敗北する。
 いつも偉そうなことをいっていただけに、これは恥ずかしい敗北だ。
 強さこそ正義理論の人って、負けちゃったら自己弁護しにくいのが最大の問題である。

 ドリアン急襲にたいして鎧武は新ロックシードのスイカを使用(つか)う!
 巨大果物スイカだけに巨大ロボだ!
 これはなんか反則臭がただようんですけど。
 圧倒的な武力で蹂躙するのはダメじゃなかったのか?
 まあ、人助けしているから良しとしましょう。

 スイカの機動フォームは転がる!
 これは目が回ってしまいそうな気がするんだけど。
 ライダーは三半規管が強くないとつとまらないのかもしれない。

 だが、ライダーたちの活躍もすべてユグドラシルコーポレーションの手の上でおどっているだけにすぎないのだろうか。
 DJも企業側の人間だったし。
 今のところ、管理された戦国時代だ。
 だが戦乱と言うものは管理しきれずに広がっていく。
 企業の手に負えなくなったとき、世界はどうなるのだろう。

・ ドキドキ!プリキュア「第41話 ありすの夢!花がつないだともだち」ABC東映
 また五星のお嬢さんが登場ですか。
 じつはありすと仲良くなりたかった。
 お嬢さんはツンデレ属性を無料でオプション装備できるのだ!

 今回のジコチューは成層圏に居座る。
 すごいな。宇宙規模かよ。
 そこまで飛べる飛行機をもつ四葉財閥もスゴい。
 さらにすごいのが五星財閥だ。プロペラ機で、その高度まで飛べるのかよ。

 レジーナには愛の精神攻撃が効くようだ。
 これはもうマナがレジーナを拉致って身体に愛を直接叩きこんだらどうか。
 なんか最近はマナの愛人sも協力的だし、イケる!

真・餓狼伝「第三十三話 / ありがとよ」感想


2013年11月21日(51号)
第三十三話 / ありがとよ

 明治は格闘技のワンダーランドである。全ての試合がなんでもありの総合格闘技だった。(夢枕獏)
 なんでもありの究極が「武器の使用も認めます!」だ
 若き餓狼・丹波文吉は木剣との死合をはじめようとしていた。

 そして、文吉がいきなり驚愕する!
 相手の黒岡京太郎の構えはごく普通だ。
 切っ先を相手の目の位置に向けて中段に構える正眼をとっている。
 正攻法の構えなのに、どこに驚いたんだろう。

 京太郎の木剣は、ごく普通の構えに見える。
 だが、対する文吉には剣が巨大化して見えていた。
 迫力が剣を大きく見せているのか!?
 強者は身体がデカく見えるの法則発動だ!

(達人の構えは)
(己が剣で我が身を隠すと云う)


 剣の達人でもある警視総監・太浦が解説をする。
 切っ先で相手の視界を防ぐ技術なのか。
 それとも気力によるものだろうか。

 チャンピオンの名作『魔界都市ハンター』でヒロインさやかの祖母が同じように剣で体を隠していた。
 剣といっても、なぎなたですが。
 達人は剣で体を隠せて一人前なんだろうか。
 一流ボクサーもグローブで我が身を隠せたりしそうだな。

 圧倒的な剣気がまとわりつき、丹波は身体が動かない。
 血液のような粘度の高い液体が体に絡みつくような圧力、これが剣気だ!
 たぶん生命危機を感じて肉体がビビっているのだろう。
 背をむけて逃げ去りたいような感覚があるにちがいない。

 だが、文吉は逃げない。
 京太郎の刀を折ったとき、殺される覚悟をしたのだ!
 ……折る前じゃなくて、折った時に覚悟したのか。
 あちゃ~、やっちゃった。こりゃ、殺されるかもしれない。って感じですね。
 文吉は衝動的な生きかたをしているな。

 覚悟を決めたら、楽しくなってきた。
 闘う相手の京太郎に、ありがとう。
 対戦相手に礼を言いだしたら、すでに餓狼伝ワールドの精神世界に鼻まで漬かっている状態だ。
 開始直後からクライマックスかよ。

 恐怖を喜びに変化させて丹波文吉が進む。
 だが相手は木剣だ。
 近づく前に、たちまち腹と肩付近に攻撃をくらう。

 木剣の一撃をまともに受けたら簡単に骨折しそうだぞ。
 文吉のダメージはどうだ!?
 次回につづく。


 素手で剣とどう戦うかの方針のないまま精神世界に入っちゃいそうだ。
 順番が逆だろ。
 一方的に撲殺されながら、ほうけて死ぬ気か?

 丹波文吉のこれからに不安を感じつつありますが、とにかく試合が始まってしまった。
 それにしても文吉は驚愕体質ですね。
 いきなり驚きすぎだ。
 戦士としての素質よりも、驚き役としての素質のほうがあったりして。

 こりゃ、京太郎の打撃をうけたら、イイ反応しそうだな。
 次回は丹波文吉のリアクション芸が炸裂するのか?
 なんか、その道は出番がでてこない丹波文七っぽくて、らしいけど不吉だぞ。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2013年50号感想

・ バチバチBURST
 闘海丸の右腕力は負傷している天雷の左を上回るッ!
 だが、天雷はけっこう技術力も上げていた。
 力と技が加われば、まさに死角なしッ!
 いや、ケガと先を見すぎる気持ちが死角になっているか。

 で、ここで兄貴登場だ!
 やっぱ覚醒条件といったらコレっしょ。
 体力温存など考えず、目前の闘いに集中した。
 これで勝利だ!

 と、思ったら土壇場でのうっちゃりか。
 天雷のほうが先に落ちているように見えるが……

 あと、天雷は素で山本って憶えていたのかよ。
 記憶力にも死角があったな。

・ 3マッスルズコラボ漫画
 世界観も時代も違う三人がそろっただけで、すでにギャグだ。
 文吉の腕を鯉太郎がつかんだ時点で、原因不明の笑いがこみ上げる。

 なんでこんなに笑えるのか、何度か読みなおしてみたんだが……
 鯉太郎が野外でまわしを着こなしちゃっているのが変なんだ。
 服着ようよ。それじゃ変態だ。

・ 囚人リク
 外に出たリクを引き上げて回収する!
 やっぱ軽量級のリクにしかできないことですね。
 江田だと重さ的に無理な作戦だ

 そして、リクがリーダーに仮決定された。
 みんなをまとめて、目標にむけて引っぱっていく。
 強くも賢くもないが、リクこそがリーダーだ。

・ 弱虫ペダル
 名物の1000km合宿と、名物の嫌がらせだ!
 今年はちゃんと意味のわかる嫌がらせだ。
 去年も意味があったのかもしれないけど、嫌がらせのおかげで速くなったり、なにかに開眼したワケじゃないしな。
 あと、小野田くんが新しいパーツをもらうなら、このタイミングか?

・ 名探偵マーニー
 大掛かりなロール・プレイングだな。
 わりと心理療法に忠実な治療だったりするのが面白い。

・ 浦安鉄筋家族
 そういえばハッチは知力が高かったな。
 訪問販売とかも撃退できたし。
 こりゃ、チンパンジーのスタスキーとか出番減るよ。

・ 実は私は
 こんどは未来に行った!
 宇宙船が多数浮いているから、宇宙との交流がすすんでいるみたいだ。
 時間旅行は宇宙科学なんだろうか。
 ちなみに、七不思議になるような小っちゃい人は、浦安鉄筋家族にもたまに出ている。

・ イカ娘
 清美をレイプするなら、私をレイプするゲソ!
 という話なんだが、栄子は好きにしていいゲソというあたりに寂しさが。
 このさい、じっくりとイカ娘を抱き倒せばよかったのに。

・ 真・餓狼伝
 32話感想はこちらに。
 やっと試合がはじまるぞ!

・ クローバー
 ライダースタイルでビシッと決めている吉良だけになにを食ってもギャグになる。
 コーヒーゼリー好きですか。
 はやくも皆に染まりつつある。
 決勝の相手候補に頭脳派垣内チームってのがいるけど、アホばっかのミサキチームにとって天敵になりそう。

・ ドカベン ドリームトーナメント編
 う~む、水島新司のマイキャラ超リスペクト姿勢は本ッ当にブレないな。

・ ペーパーブレイバー
 命の危機でも目覚めなかった勇者力をどうやって起こすのか。
 範馬ならヘソに指を突っ込むと効果あるんだけど。
 死にかけても目覚めないあたり、なんというガンコさなんだ。

・ バーサスアース
 なんというサービス回だ。おしりがツヤツヤだぜ!(※ 男です)
 林さんが意外に……らしいのだが、ケイランの狙いは棒なのか?
 だったら、林さんの尻は安全だ。
 よかった、これで解決ですね。

 兵真っぽい敵が登場した件に関して、深刻な相談が行われる。
 みなを守る姿は兵真そのものだ。
 そして、本当に兵真なら玲央を傷つけるようなことをイチバン嫌がるはず。
 ならば、自分が倒す!
 普通ならグダグダなやむような大問題だけど、ハルトの覚悟完了っぷりはスゲぇな。
 この三段活用は普通思いつかないよ。

 玲央も下着姿をサービスだ。
 だが傷痕が痛々しい。
 そして、パワーアップ提案ですか。
 ユミを利用した非・人道的な装備でも完成させたんですかね。

・ 777 スリーセブン
 ナオは、殴られて腫れたほうが可愛いですね。
 性格も良くなったし、ハーブが抜けたのか?

・ 錻力のアーチスト
 主人公・清作、けっこう空気読めるヤツですね。
 清作は「打撃がスゴいからって俺様気取りやがって」と煙たがれていたのだろう。
 安保センパイの場合は「実力も無いのに偉そうにしやがって」って雰囲気だ。
 おなじ悪い空気でも方向性がちがうだろうな。

 清作はセンターで守備も上手いと評判だったから、レギュラーの座が近いのは確かだよな。
 ここで一発男を見せろや!
 ところで、攻撃が5番から始まっていますが、弍織がアウトになったってコトですね。
 3打数2安打1ホーマー5打点なら充分怪物だけど、凡打するときもあるのか。

・ 雨天決行
 夜行も、人間キョウらしい一面を見せますね。
 今の性格になったのは、そうとうヘビーな目にあったんだろうな。
 で、新番傘の予感だ。
 氷属性か? 雨と合わせたら最強っぽいかも!

● ヤンジャン
・ キングダム

 李牧と春申君の退場が秦の躍進につながるんだよな。
 敗戦の責任はとんなくちゃいけないんだけど、家のなかで喧嘩しているスキに壁を壊されたりしているような状態だぞ。
 で、秦国も家のなかで大喧嘩だ。
 先送りしていた問題だけど、ついに手をつけるのか?

● モーニング
・ グラゼニ

 戦術は結果論になりがちだからね。
 スパイダースの監督って考え方は有能とは思えないけど結果出しているから有能って評価だろうし。
 一般的に戦略は慎重にやり、戦術は果敢に攻めろと言いますが。
 チャレンジして負けたなら、評価してあげよう。

・ GIANT KILLING
 赤崎のメンタリティーは頼もしいな。さすが代表選手だ。
 そして、久しぶりに監督の悪い笑みか?
 守るも崩すも大変そうなんだけど、どうする。
 椿をもっと下げて守備に専念させる。と、見せかけて要所でオーバーラップさせる。と、見せかけて相手をゆさぶる。とか?

・ 宇宙兄弟
 ISSとドッキングだ! 合体だ!
 合体は男のロマンだ! 女性だけど。
 長年の夢がかなった時の達成感はスゴイだろうな。

キョウリュウジャー「37 入れ替わり」、鎧武『6 ドリアンライダー』、ドキプリ「40 まこぴー新曲発表」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ37 リベンジ! ゆうれいデーボスぐん」東映TV朝日
 前回の作戦が失敗して心身ともにダメージを受けたカオスはしばらく休養する。
 留守のあいだは全権をドゴルドに預ける。
 う、うぅ~~ん。って、消去法で考えればドゴルドしかいないか。
 中間管理職のカオスもけっこう大変そうですね。

 で、ドゴルドはちゃんと仕事をしようとしている。
 デーボス軍は悪の軍団にありがちな足の引っ張り合いをしないぶん手ごわいですね。
 もっともサボり屋がいるから、うまく機能しない。
 やっぱ、カオスのポジションって大変そうだ。

 今回は復活のデーボモンスターだ。
 新技として精神の入れ替え攻撃をする。
 ギャグっぽいけど地味に困る攻撃をしやがるな。

 剣属性同士が入れ替わっても大丈夫ってのがイイな。
 互いの剣筋は学んでいる!
 いつもとちがう感覚で戦うコトで新手に開眼してほしかったな。

 トリンの剣技に魅了されていたソウジは、こっそり技を研究していた。
 羽根を出さないとマスターできないと言われないで良かったな。
 これでキョウリュウジャーもさらにパワーアップだ。
 弱体化していくデーボスがちょっと気の毒に思えてくるほど絶好調ですな。

・ 仮面ライダー鎧武 第6話『ドリアンライダー、参戦!』東映TV朝日
 新ライダーが二人登場した!
 そして、さっそくバロンを裏切ったぞ!
 人を使い捨てようとした人徳の無さが影響していますね。

 つうか、バロンけっこう弱いぞ。
 二人相手に負けるのは仕方が無いけど、この実力で鎧武と龍玄に勝てる気でいたのかよ。
 前回戦って疲れていたのと、最初の奇襲がけっこう効いていたのかも。

 バトルロイヤルの基本はとりあえず協力してイチバン強いヤツを倒すことだ。
 ゆえに三つ巴以上の戦いになると最弱でも勝てる可能性が出てくる。

 だが、鎧武と龍玄は卑怯すぎるとバロンへの攻撃を止めてしまう。
 もったいない気もするけど、みんなの憎まれ役を生かしておいて自分たちへの攻撃を弱めると言う意味で有効かも。
 バロンがいなくなったら、狙われるのはライダーを二人かかえるチーム鎧武だろうし。
 無意識のナイス選択だったかも。

 そして、さらに新ライダーが登場する。
 トゲトゲのドリアンだッ!
 ドリアンかよ! なんかフランフの香りだ。ラヴィ~(人生)!
 なんか臭そう。じゃなくて、強そうだ。
 不気味な新ライダーの登場で、ライダー戦国時代はどうなるのか。

・ ドキドキ!プリキュア「第40話 とどけたい思い!まこぴー新曲発表!」ABC東映
 王女のために歌っていた真琴がレジーナのために歌ってみようと言いだす。
 う~む、やっぱ因縁なんですかねー。
 亜久里もしっかり歌で籠絡されているあたりにも関係性を感じる。

 レジーナ急襲で真琴が歌う!
 マクロスよりもはるかに歌で世界を救いそうな勢いだ。
 こりゃ心に届く。
 関係ない私の心に届いているんだから、レジーナにだって届いているだろう。

 つうか、ほほに手を当てつつ歌うとかどんなプレイだよ。
 誰向けのサービスだよ。
 たぶん届けたいものとは違うものが届いたんだけど、これはこれで大事に頂いておきます。

 レジーナに対してすらアレだ。
 アン王女にはもっとすごいサービスしていたんだろうな。
 というか、サービスさせられていたのか?


前回コメントから
> トリンはああ見えて肩書きが賢神なのでマッドトリンは魔賢神官ではないでしょうか
 いちおう魔剣神官は公式サイトの記述に従いました。
 思うに、デーボス軍にいたときのトリンは魔剣神官と名乗っていたんだけど、キョウリュウジャーに入ったとき物騒な名前を捨てて賢神になったのかも。

> 松ぼっくり自体は食べられませんが、実は、種(胚乳の部分)は食えます。
> 俗に言う、「松の実」というヤツですね。
 いちおう食べられるんですか。
 あの二人は、やられ役のポジションっぽく微妙な食品ポジションですね。
 きっと新しいロックシードを入手しても銀杏あたりなんだろうな。

> 体調は大丈夫でしょうか?
 爆弾を抱えただけで、体調自体はいたって通常どおりです。ご安心ください。

真・餓狼伝「32話 / 父の握り」感想


2013年11月14日(50号)
第三十二話 / 父の握り

 武器の使用もすべて認めます!
 超過激ルールで特別試合が開始されようとしている。
 立会人は警視総監・太浦だッ!
 つまり警察公認の死合です。

 木剣で打たれたら死ぬ可能性が おおいにあるけどイイよね?
 と、丹波文吉は太浦に念押しをされてしまう。
 やっぱ死んだら責任問題になるから予防線を張っておいたのだろうか。

 文吉は真っ直ぐな目で了承する。
 主人公に必須な澄んだ瞳だ。
 こりゃ、太浦さんは、保身のためでなく、文吉の覚悟を確認するために質問したっぽいな。
 文吉が戦いを恐れぬ武士(もののふ)であるかを試したのだろう。
 で、好みのタイプだったワケですね。

 いっぽう京太郎はかつて亡父の使っていた木剣を握っていた。
 持ち手の部分がすれてエグれている。
 さらに血でドス黒く変色していた。
 父の執念が染みついている。

 父の形見である日本刀は折られてしまった。
 だが、こっちの木剣を新しい形見にしても良いかもしれない。
 日本刀には敵の血がしみこんでいるが、木剣にゃ父の血がしみこんでいる。
 より形見っぽい!

 どっちも、呪われていそうなアイテムですが。
 寝室にはあまり置きたくないアイテムだ。
 夢に出てきそう。
 いや、夢でなく現実に化けて出てこられたら、漏らしてしまうかもしれない。

「京太郎」

「振りし数のみが」「己の力となる」


 父の教えがよみがえる。
 初めてもった木剣が手になじみ、ふるう姿が父とダブった。
 小柄な黒岡一族にとって不釣合いなほどの長剣だ。
 これを使いこなすのはかなりの技量がいるだろう。

 父の木剣を得て、京太郎は新たな境地に立ったようだ。
 もう、ムリに闘わんでも良さそうな気すらするんだけど。
 丹波文吉・撲殺ショーはやっぱり開始されるみたいだ。

「はじめい」

 容赦なくはじまった!
 が、いきなり文吉が驚愕している!
 京太郎がなんか変な構えでもしているんだろうか。
 それとも、文吉を無視して仲の悪い道場生を叩きのめしていたりして。

 しかし、素手で剣とどう戦うんだろうと心配して二ヶ月以上たっているんだけど、まだ解決していない。
 文吉は驚いている場合じゃないぞ。
 なんか対策はあるのか?

 それとも京太郎が剣を捨て素手になったりして。
 せっかく作戦を用意したのに不発に終わったら泣ける。
 どちらにしても、次回から素手で剣と戦う方法の解答編だ!
 ……たぶん。
 この遠回り感こそが、餓狼伝の醍醐味だッッ!

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2013年49号感想

・ 囚人リク
 脱獄プランも大変だ。
 江田の体重で綱渡りはムリとか内心思っていたけど、新方法なら安心っぽい。
 前に書いたけど、やっぱ手錠はオトリに使うほうが吉だな。
 新プランでは、リクだけ単独で脱出してってコトなんだろうか。
 イチバン過酷な道を行くのが主人公だッ!

・ イカ娘
 働け、婦警。
 というか、渚もイカ娘に調教完了だな。

・ 弱虫ペダル
 総北は実質一周差で勝っているんだよね。そりゃ図抜けた優勝候補だ。
 こうなるとライバルも強化しないと盛り上がらない。
 仏の顔も三度までの人とかも強化復活だな、こりゃ。

 新生ハコガクは、今までレギュラーにもなれなかった人がやたらイバっていますが、ちゃんと実力あるんだろうか?
 鏑木の例もあるし、今後バケるかも。

・ 浦安鉄筋家族
 地味三人組が地味にヒドい。
 打つな!

・ バチバチBURST
 天雷 vs. 闘海丸!
 バチバチでは意外に珍しい力と力のぶつかり合いだ!
 主人公の鯉太郎が細いそっぷ型だから、あまり力勝負にはなりにくいし。
 打撃戦とはまた違った燃えですね。

 天雷は背筋力が強く、闘海丸は腕力が強そうだ。
 こういうギリギリの勝負だと闘海丸の経験値がモノを言いそうだけど……
 天雷も、なんか回想シーンとか用意して無いのか?
 兄貴の登場はまだか!?

・ 真・餓狼伝
 第三十一話感想はこちらへ。

・ ペーパーブレイバー
 八兵衛はからかわずにはいられない子。
 でも、良い子って所ですね。
 武道家を おちょくるのは命がけだろうに。

 そして、勇者の勇者たるゆえんは……。
 光ったり飛んだりできんのかね。
 魔法使えるから、一番ファンタジーっぽいのが白窓さんだよな。

・ 実は私は
 葉子、どんだけパン食い競争が好きなんだ。
 今日、家でパン食い競争やるけど来ない?って誘ったら100%きそうだな。
 いつも大口開けられない反動なんだろうか。

・ 777 スリーセブン
 ボクを怒らせない方がいい、は怒らせてくださいってコトですね。
 ツンデレならぬ、ツンオコだ。
 ダメだ、ゴロが悪すぎる。

・ クローバー
 敵地での飲食に気をつけろというのは、雑兵物語Jドリームアカギガンダムビルドファイターズでも指摘している所だ。
 占領地の井戸水とか、女子供のくれた水は飲むと危険である。
 チャンピオンだとギャンブルフィッシュで牛用下剤を飲まされた例がありますね。
 主にゲンゲンの腹具合が心配です。
 ウンコした後にカレー食うと言う不吉な連鎖が気になる。

・ 錻力のアーチスト
 ホームランを打たれていないから大丈夫。
 その考えがまるでダメ! ダメダメダメ!
 相手チームが前回勝てたのって、桐湘が前の試合までで すごい消耗していたからだろうか。
 だから体力トレーニング増やしたんだよね?

 あいかわらず頼れる殺人打音だ。
 そのままの意味で敵チームをかき乱しているな。
 なんかダメそうな人もでてきたけど、レギュラーだから強いんだよね?
 いや、ギャグ要員か?

・ 名探偵マーニー
 現実が見えているってのは時に悲しいですね。
 でもって、ゆかりちゃんの真の本命はマーニーだ。きっとマーニー。

・ ウチコミ!!
 顧問の考えが読めない。
 もうちょっとヒントがあったほうが、気になる展開なんだけど。

・ バーサスアース
 幹部がさらに二人いる!
 ノルマが山盛りだ!
 今週の見どころ、というか見え無いどころは、見えそうで見えないスリルですね。
 股間が、魚が、ナイスフォローにッ!
 ラランの服も肝心なところを隠している。これはダメなフォローだ。

・ 雨天決行
 角は水に強いけど、雨で砕けるっぽい。
 みつどもえの関係なのか?
 甲人は自分がいると言っていますが、キミも人間じゃないしな……
 と茶化さずにはいられないほど、まっすぐすぎる行動がまぶしすぎる。
 雨の後には虹が出るんだよ。

● ヤンジャン
・ キングダム

 偉大なるジッちゃん逝く、か。
 武将にとって病死は、ある意味で勝ちだよね。敗死とかじゃ無いんだし。
 そして、三人で大将軍を目指す方針と言う、大きな土産もいただきました。
 老将は去り、若き世代が台頭してくるぞ!

● モーニング
・ 宇宙兄弟

 宇宙飛行士はみんなのヒーローだ!
 北村さん、昔からスゴかったんだな。
 せりえなコンビは同期の中じゃ最強かもしれない。

キョウリュウジャー「36 きせきのシルバー」、鎧武『5 友情のイチゴアームズ』、ドキプリ「39 レジーナふたたび」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ36 ギガガブリンチョ! きせきのシルバー」東映TV朝日
 トリンっぽい敵幹部は魔剣神官マッドトリンだ。
 デーボスによって生みだされたからカオスと兄弟だというが、それってデーボス軍全員が兄弟ってことか。
 家族経営だったんだな、アイツら。

 マッドトリンは声がトリント違うと書いたが、よく聞くと悪い声なだけでゴーヤーンよりはトリンに近いか。
 トリンはマッドトリンの言葉責めにけっこう動揺している・
 やっぱ、かつての仲間(兄弟)を裏切ったことが負い目になっているんだろうな。
 極端なデーボス抹殺主義も、この負い目からくる反発かもしれない。

 トリンは人間とながく付き合っていたうちにブレイブが溜まりまくっていたらしい。
 なんかチャンピオン的なノリになってキョウリュウジャーシルバーに大変身だ。
 強いぞシルバー、歌つきで超盛りあがる。
 でも、変身前のダンスは大変そうですね。

 強すぎて封印していたトリンの剣技にソウジが魅せられている!
 人間技じゃなさそうだから変に学ぼうとするとバランス崩しそうだな。
「ちがう、ソウジ! まず、羽を出すんだッ!」

・ 仮面ライダー鎧武 第5話『復活!友情のイチゴアームズ!』東映TV朝日
 ぶどうライダー誕生だ!
 って、けっこう初戦で苦戦していたのか。
 飛行タイプは倒しにくいってのが世界の定番ですね。
 武器が飛び道具で良かったな。

 ライダー戦国時代は、ついにライダー同士のバトルに発展する。
 紘汰も復活参戦だ。
 そして、いちごフォームを装着する。
 い・ち・ごッ! これも美味しそうだ。

 いちごの武器はクナイっぽい。
 仮面ライダー史上で最小の武器じゃなかろうか。
 これも投擲武器だからけっこう強そうだ。
 弾数も多そうだし、わりと扱いやすいのかも。

 必殺技は苺クナイがシャワーのようだ。
 いちごの本体は黒いツブツブだけに、数沢山だな。

 だが、この猛攻を耐え切ったバロンもスゴい。
 バナナだけに皮が厚いんだろうか。
 でもって、松ぼっくりドングリも参戦だ!
 ドングリはともかく、松ぼっくりは食えないよな。
 果物勝負の強さって、どこで決まるんだろう。

・ ドキドキ!プリキュア「第39話 会いに来たよ!レジーナふたたび!」ABC東映
 レジーナ復活でベールはジコチュー乗っ取り計画の変更を余儀なくされる。
 そして、狙うのは三種の神器だ。
 みんな、もっと三種の神器のことを気にかけようよ。
 一個入手しただけで満足したのか?

 と思ったら、槍のありかはすでに判明していて、だからアン王女の身柄がほしかったと。
 おおっ、ツジツマがあっている!
 じゃあ、槍を亜久里が抜けばなんかの奇跡が起きるんじゃないだろうか。

 で、ひさしぶりにジョナサンが登場だ。
 私は、タコヤキのところで正体に気がついたがマナたちはもっと早い段階で気がついたらしい。
 怪しいと思いながらも、もらったモノを食うなよ。
 まだ、チャンピオン感想書いていないんですが、敵地での飲食は気をつけないとダメだ。
 あとで思いだしたけど、ギャンブルフィッシュで牛用下剤を飲まされたのも味方のフリした敵だったし。
 まあ、つまりプリキュアが薬をもられて大変なことになる妄想が巨大に膨らんだのも、しかたがないってコトで。

 ニセジョナサンにつれられて、みんなは槍の前へ。
 さっさと亜久里に槍をさわって欲しかったのだが、キュアエースだけが敵とマジメに戦ってしまう。
 肝心な人が何をしている!

 でもって、槍はレジーナが抜いてしまう。
 う~む、亜久里とレジーナはドラゴンボールで言えば神様とピッコロの関係なんだろうか?
 そうなると合体すれば究極の切り札キュアロイヤルストレートフラッシュだ!
 ……長いよ。

真・餓狼伝「第三十一話 / 生きている」感想


2013年11月7日(49号)
第三十一話 / 生きている

 拳と剣で死合いを行うッ!
 まさに異種格闘技だッ!
 素手側にはせめて防具の着用を許可してあげて欲しい気もするけど。

 このトンデモ試合を宣言したのは警視総監の太浦だ。
 警察のトップがお墨付きをくれるなら、違法行為で逮捕とかもないだろう。
 その点だけは安心だ。
 文吉の身体は心配すぎるけど。

「こりゃあ」

 ここで空気を読まない怒声がひびく。
 紀州丹水流の当主(だよね?)である剣三郎だ。
 自分ぬきで話をすすめられたのが気にくわないらしい。
 権威主義者の道場主としては、自分が中心でないとゆるせないのだろう。

 ここで剣三郎は、自分が怒鳴った相手が警視総監・太浦金武だと教えられる。
 権威主義者は、自分より肩書きが上の人間に弱いのが定番だ。
 警視総監の肩書きに剣三郎は大人しくなってしまう。

 とくに証明も無く、いきなり信用したのかよ。
 なんか偉そうな肩書きを見せられたら、剣三郎はあっさりサギにあいそうだ。
 とにかく、これで死合い決定となる。

 文吉は京太郎をたきつけるため、京太郎の父・喜八の形見である日本刀を踏んだ。
 鞘が割れただけじゃないかとチョット期待していたのだが、折れています。
 ツバ近く、はばきのすぐ先で折れていた。

 こりゃ、ダメだ。完全にアウトだな。
 と、思ったがすりあげたら短めの刀として再生できそうだ。
 長い刀の根本のほうを折って柄に入れられるように再加工するのがすりあげなんですが、とうぜん銘が無くなっちゃう欠点がある。
 隆慶一郎『鬼麿斬人剣』(AA)でも、刀が長すぎるんで短くしたいけど、そうするとせっかくの清麿銘が台無しだという会話があった。

 まあ、喜八はどう考えても貧乏だったので安い刀だから銘は関係ないだろうけど。
 西南戦争の実戦くぐりぬけて血だけはたっぷり吸っていそう。
 なんかすごい妖気をまとっていそうだから、短くするぐらいで丁度いいのかも。

 太浦さんも、同じぐらいのポジティブ思考で文吉が京太郎を認めているから、ここまでの事をしたのかもと言う。
 いや、それは……ちょっと好意的に考えすぎじゃね?
 でも、文句いっても折れた刀が戻るわけじゃないし。
 同年代の同門である文吉と友情フラグを立ててあげることが現状のベストなのかも。

 いっぽう文吉は父・久右衛門に怒られていた。
 そりゃ怒られる。
 だが、文吉は逆ギレ返しだ!
 京太郎はすごい剣術を持っているのに、過去にとらわれて前に進もうとしない。

「京太郎の」
「過去を取っ払っちゃえば」
「少しだけ…」「少しだけでも」
「前に進めんのかな……」
「なんて…」


 形見の刀を折ったけど、良いことした系の発言だな。
 しかし、刀は再利用できるし、廃刀令のせいで装備できないんだから、短くなっても残れば良いんじゃなかろうか。
 けっきょく形見って、過去の記憶を呼び出すためのキッカケにすぎないんだろうし。
 葬式と同じで、形見も生きている人のためのものだろうな。

 それはそれとして、素手で刀にどうやって勝てばいいのか?
 文吉は久右衛門に質問をする。
 丹波文吉、実はなにも考えていなかった。
 考えずに感じた結果がコレか。

「……剣術の」
「熟練者に勝つことなぞ無理じゃよ」


 終わったッ!
 拳VS剣 編、完ッ!
 と、なりそうだけど、久右衛門にはなにやら策がありそうだ。

 防具だね。防具!
 武器の使用は禁じたけど、防具は禁じてないと言い張れ!
 いや、違うか。

『江戸時代の初期に、戦場経験の豊富な黒田家の侍が剣術者と立ち合った話がある。この男は、剣術者の打ち込んでくる木剣を左手を上げて受けとめる』『その侍は戦場ではいつもこうだといって、刀疵だらけの鉄籠手を見せた』(刀と首取り
 と言う話もある。防具の使用を認めさせたら勝ちも出てくるかも。

 京太郎は父・喜八が使用していたと思われる木剣をわたされる。
 刀を装備しただけで、危険度が3倍になったような感覚だ。
 こりゃ、おとなしく骨を折られて負けを認めたほうが良さそうな気がする。
 次回は丹波文吉の公開撲殺なのか!?


 形見の刀を踏み折ったコトは父・久右衛門もドン引きでした。
 けっこう武士って刀を大事にしていないのだが、形見となると話が違うだろうな。

 『葉隠』第七(26)に、次のような話がのっている。
 ある人が、町家へ行った時のことだ。用がすんで帰るとき、預けていた刀が抜けかけていることに気がついた。知らん顔で宿にもどり調べると、はばきをこじり取ろうとしたあとがあった。金メッキのはばきなので、全部取らなかったようだ。男は貧乏暮らしで恥をかいたと言う。「金の鎺(はばき)を盗ませてこそ、さすが鍋島侍の刀はちがうと評判になったろうに」(葉隠 中 原本現代訳

 なんか価値観が違いすぎてツッコミどころ満載なのだが、刀よりも体面というか世間体を大事にしていることがワカる。
 その場で怒って皆殺しにするような無分別を葉隠は推奨していたハズだが、セレブ気取りのほうが良いのだろうか?
 足元が暗いとき、札束に火をつけて足元を照らすような行為をすれば、さすがお侍さまと評判になると思っていたりして。

 まあ、そういう事もあるし、刀の恨みは忘れてもらいたい。
 警視総監の名前が大浦兼武じゃないのも、実在の人物をいじるワケにもいかないと言うコトで忘れておきたい。
 でも、丹波文吉が試合で撲殺されたら、動機は形見の刀を折られたからとなりそうだ。

 未来の文吉は、父の無念を晴らすため闇討ちを行っているっぽい。
 京太郎が過去にとらわれていると行っていた本人が、過去にとらわれてしまう。
 この一戦で、文吉の精神が京太郎に影響されるのかも。
 それは、妖刀の呪いだったりして。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)