2013年12月

真・餓狼伝「37話 / 骨肉」感想


2013年12月26日(4+5号)
第三十七話 / 骨肉

 素手vs木剣ッ!
 圧倒的に不利な条件で素手の丹波文吉は木剣の黒岡京太郎と闘う。
 文吉はすでに何度も木剣で打たれている。
 そろそろ骨が何本か折れているんじゃなかろうか。

 などと困ったときは父・久右衛門の教えですよ。
 冒頭から回想開始だッ!

「骨で受けず肉で受けるのじゃ さすれば効かぬ」

 その手があったか!
 硬い骨で木剣を受けると衝撃をマトモにうけて折れる。
 だが、筋肉で受けるなら衝撃は分散・吸収されて少しマシになるのだ。

 でも、モノには限度があるよな。
 久右衛門は自分の腹を木剣で打たせて見せて、悶絶する。
 自分は鍛えていないから死にそうになっているが、鍛えた腹なら大丈夫だ!
 あまり説得力を感じないのだが……
 とにかく、骨で受けるよりはマシだ。
 たぶん骨折もしない!

 頭脳派の久右衛門が教えた秘策で、なんとか骨も折れず心も折れていないようだ。
 でも、骨が折れなきゃイイってワケでもない。
 人間は尻を蹴られて死ぬこともあるのだ。
 上野正彦さんが解剖した死体にも尻を蹴られて死んだのがあったそうだし。

 さらに言うと文吉が若すぎるのが問題だ。
 まだ成長期なので体つきが華奢で肉が足りない。
 小説・餓狼伝の丹波文七ですら、防御力を高めるため筋肉をもっとつけたほうが良いと言われるような世界だ。(餓狼伝
 肉の足りない文吉はどこまで攻撃に耐えられるのか?

 実際に文吉のダメージは深刻だ。
 太浦警視総監の見立てでは、そろそろ限界らしい。
 いっぽう文吉をなかなか倒せない京太郎は、文吉が肉で受けていることに気がつく。

(丹波ァ)
(頭ぁふっ飛ばしてやるぜ)


 狙いは頭か!?
 それは死ぬぞ。
 木剣対策もバレて、丹波文吉が大ピンチだ。

 海岸のスイカ割りのように丹波の頭が割れてしまう!
 京太郎の木剣が容赦なく丹波の頭蓋を割りにいく!
 威力を高めるため、ハンマー投げ選手なみに回転して威力を高めたトルネード兜割りが襲いかかる!

 パシイィ

「へへへへ」
「親父やっと先が読めるようになったぜ」


 丹波文吉が両の掌で木剣をはさみこんだ。
 これは伝説の秘技・真剣白刃取りか!?
 いや、真剣じゃないから木剣白刃取りと言うべきかも。

 相手が木剣だから掌で受けとめるような形で白刃取りを成功させたのだろうか。
 京太郎が丹波の頭を狙ったコトで軌道が読みやすくなったのも成功要因だ。
 真剣白刃取りは実戦向けの技じゃないと言われている。
 文吉はイロイロな条件が重なって奇跡のように成功したのだろう。

 合掌のように木剣をはさむ形は、南無三宝残月独楽の手刀攻撃の形に似ている。
 もしかして、木剣をはさんだ状態で前方回転してカカト落としにつなげたりして。
 2013年に誕生した日本古来の伝統『オ・モ・テ・ナ・シ』は南無三宝残月独楽の合掌がルーツなのかもしれない。
 白刃取りで迎えて、カカト落としでおもてなしだッ!

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「42 せいぎのクリスマス」、鎧武『11 クリスマスゲームの真実』、ドキプリ「45 宿命の対決」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ42 ワンダホー! せいぎのクリスマス」東映TV朝日
 ドゴルドのダイゴ父のっとり作戦は成功するのか?
 のっとりに成功したら中身のエンドルフが解放されて悪事がバレるんじゃないかと思うんだけど。
 意外と知性派のドゴルドだから、ちゃんと考えているんだろうな。
 そんなふうに考えていた時期が先週のオレでした。

 ドゴルドの計画は上手くいき、ダイゴ父にマスクをかぶせた!
 だが、のっとり失敗だ。
 ポケモンゲット失敗みたいなションボリ感がただよう。

 ダイゴ父は大地に選ばれた王(キング)だったのだ。
 だから、トリンはダイゴをキングと呼ばなかったなど伏線が回収される。
 となると、キョウリュウジャーはダイゴ父に率いられて地球侵略のデーボス軍と最終決戦となるのだろうか。

 そして、ドゴルドは体内(なか)からエンドルフが叛乱をおこす。
 相手をダークサイドに堕としてからゲットするという手順を踏まなかったのがダメだったんだろうか。
 上司にもバレて、ドゴルド大失態の巻だ。

 キャンデリラがイイ幹部っぽさをさらにアピールしているが、デーボス軍の内部分裂につながりそうだ。
 最終決戦が近そうだけど、全滅論者のトリンは軟化したんだろうか。

・ 仮面ライダー鎧武 第11話『クリスマスゲームの真実』東映TV朝日
 ロックシード狩りイベントに見せかけたヘルヘイムの森調査が開始される。
 紘汰は、とりあえず予定通りと言うが森に入る前からイレギュラーが発生しているぞ。
 不安のうずまく開幕であった。

 バロンたちライダーがロックシードじゃなくて、ライダー同士を狩りはじめてしまう。
 これも予定通りなんだろうか。
 ひとつワカったのが、ライダーたちは協力できない。
 それどころか平和的なスポーツ勝負すらできないだろう。
 戦わずにいられない闘争本能がアーマードライダーの本性なのかも。

 そして、白い悪魔メロンライダーがやってくる。
 これは予定通り。
 ライダーたちを次々に容赦なくフルボッコしている。
 これも予想通りだけど、ちょっとヒドい作戦だな。
 オトリというか、捨て石あつかいだよ。

 うまく潜入した紘汰はユグドラシルが自分たちをモルモットとして実験していることを知る。
 それをロンに教えてあげたら激おこ烈海王ブンブン廻し級に怒ってドゴルドが中身にしたがること間違いなしだ。
 でも、真実を知らせてもライダーたちは共闘できないのだろう。
 ロックシード狩りすら、まともにできないんだし。

 これだけムチャクチャになりながら、ロックシード狩りはちゃんと結果集計をしていた。
 龍玄213、バロン8、グリドン3、ドリアン0、黒影0だ。
 二桁ちがう!
 スーツケースゲットの効果は文字通り桁違いだな。
 しかし、目先のゲームで勝っても人生レベルで負けそうだぞ。

・ ドキドキ!プリキュア「第45話 宿命の対決!エースVSレジーナ」ABC東映
 あらゆる知識が詰め込まれた黄金の冠、それがエターナルゴールデンクラウンだッ!
 超便利アイテムだな。
 つまり今の亜久里はすべてのエロ知識を制覇している!

 エロはともかく、戦闘知識も増えたんだよな。
 知識だけじゃハエも殺せないとは言いますが、けっこう強くなっているハズだ。
 覚醒キュアエースの実力はどんな感じだろう。

 ナゾをすべて解いてしまった亜久里は大きな悩みを抱えてしまう。
 とりあえずトランプ王国関係者を集めて協議をした結果、レジーナとの決闘を決めるのだった。
 ライダーなみに共闘できない人たちだ。
 トリンもそうだけど、今のヒーロータイムは史上まれに見る殺伐タイムだな。

 覚醒キュアエースは変身の制限時間もない。
 戦術レベルもなんか高まっているっぽいぞ。
 ならば、幼女のまま戦うことだってできそうだな。
 それこそが真のエースだと言ってくれ。

 なにもできないソードは、さっそく泣きがはいる。
 弱い。弱すぎる。
 そんなんだからコミケの男性向けスペースで大人気なんだよ。
 けっきょく、マナに頼ってしまう。

 で、亜久里とレジーナはピッコロと神みたいな関係だったらしい。
 どっちか殺しちゃったら共倒れにならないか?
 最終目的は合体なんだろうけど……
 いや、エロい意味でなく。

キョウリュウジャー「41 ヤナサンタ」、鎧武『10 森の謎を暴け』、ドキプリ「44 マナのいないクリスマス」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ41 ヤナサンタ! デーボスせかいけっせん」東映TV朝日
 クリスマスにデーボス復活!
 と思ったらクローンだった。
 しかも再生怪人のくせに強いぞ。
 ガンダムとかは違うけど、本来だと量産型のほうが性能高いことが多いんだよな。(参考:「量産型よりも優れたプロトタイプ」って実在する?

 ところで、ドゴルドは中の人であるエンドルフの影響を受けている。
 共食いは生物の中でも禁忌だし、よくない影響があるのかも。
 狂牛病も肉を取った後の牛の骨をエサにした(つまり共食いだ)ことが原因と疑われているし。
 ドゴルドさんの脳はとっくの昔にスポンジ状じゃよ!
 いや、ドゴルドに脳ってあるのか?

 世界同時多発クローンデーボスを各個撃破だ!
 って、それかっこげきは【各個撃破】の意味 - 国語辞書ちがう。
 敵の分散にあわせて分散してどうする。
 とりあえず日本のクローンデーボスを全力で撃破して次にいかなきゃ。

 で、この同時多発はドゴルドの作戦だった。
 あっさり引っかかっている。
 キョウリュウジャーは馬鹿じゃないけど、性格の悪い作戦を考えたり見破るのってニガテなんだろうな。

 そして、ドゴルドはキングの父に狙いをさだめる。
 わりと仲の良さそうなデーボス軍だけど、ドゴルドだけが極端に和を乱しているんだよな。
 キョウリュウジャー勝利のカギは、ドゴルドにあり。

・ 仮面ライダー鎧武 第10話『ライダー大集結!森の謎を暴け!』東映TV朝日
 ヘルヘイムの森のナゾを探りたいけど、マスクド・メロンが怖いから作戦を考えなきゃ。
 と言うわけで、光実が作戦を考えてくれました。
 本当に頼りになるな。

 ライダーによるロックシード狩りと見せかけて、鎧武が森の秘密を探る!
 でも、光実の作戦は細かいところが弱かった。
 細かい気配りのできる参謀が欲しいところだ。
 乱入者があったり、出遅れたりと計画がまるで進まない。

 そもそも調査するとかの知的な仕事は光実に任せたほうが良さそうなんだけど。
 光実には、メロンの正体が兄じゃないかと言う疑惑があって、ハッキリさせたいのもわかりますが。
 しかし、光実は頭良いんだけど戦闘が頼りない。
 新披露のキウイでも勝ちきれなかった。
 今のままメロンとであったらフレッシュジュースにされちまうぞ。

・ ドキドキ!プリキュア「第44話 ジコチューの罠!マナのいないクリスマス!」ABC東映
 プリキュアの強さも弱点も、要であるマナだ!
 的確に急所を狙われた。
 プリキュアの強さはチームワークにもあるから、分断されると弱くなるんだよな。
 でも、それがワカるってことは、レジーナも友情とかを理解しはじめているのだろう。

 って、ちがった。愛だ。
 今回はマナLOVEが炸裂しまくる話だった。
 つまり、本妻の六花が最新の愛人レジーナに、マナへの接し方を教える構図だな。
 なんか大奥みたいな世界だ。

 六花は、新愛人レジーナにマナの前で愛の告白をさせるという羞恥プレイを成功させた。
 恐ろしい技を仕掛けやがる。
 このドキドキがドキプリの強さか!
 マナが男だったら、すごい規模のハーレム作っているんだろうな。

週刊少年チャンピオン2014年2+3号感想

・ 実は私は
 委員長も決戦か!
 未来に委員長のところの宇宙船と同型っぽいのが浮いていたから、どっかでカミングアウトして地球と友好条約を結ぶ可能性は高いんだけど。
 でも、カリスマ痴女には勝てなかったんだよな。

・ 浦安鉄筋家族
 あいかわらずの大食いノムさんだ。
 きっと破滅的なオチが待ち受けているのだろうと思ったらハートフルだった。
 浦安鉄筋家族史上で最大の衝撃だったかもしれない。

・ 弱虫ペダル
 手嶋にアニメで出番を奪われた古賀の怒りが爆発!(違ッ)
 しかし、いまだに鳴子がスプリンターやめるって誰も知らないんだ。
 みんながスプリンターとして計算しているけど、手遅れにならないうちにチーム編成を考え直さないと。
 鳴子本人も忘れていたりして。

・ 次号予告の予告
 板垣先生の新作っぽい。

・ バチバチBURST
 そういえば石川の所には外国人大関とかがいたんだっけ。
 強いヤツと戦える経験があるってのは優位点だ。
 しかし、相手は王虎だけにあまり届く気がしないんだよな。
 王虎の実力はすでに幕内クラスだろうし。
 高く上がると落ちた時のダメージも大きいぞ。

 激情の一撃が決まった!
 でも、出血させているから脳を揺らす一撃になっていなさそうだ。
 これで王虎がさらに覚醒しちゃったら手がつけられない。
 虎は手負いになってからが怖いと言うぞ。

・ 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
 蟹座のデストール、顔はデスマスクよりはるかにマズイが、性格がイイ人っぽい。

・ 錻力のアーチスト
 女が出た! 喋った!
 シュガーレスのドラマ化で無理やり女子キャラ入れられたときに反省したんだろうか。
 夜中の素振りや自主ランニングなど地道なトレーニングをする清作には好感がもてる。
 だが、球場を凍結させるバッティングは走りこみじゃ生まれないと思うので、特殊な特訓したほうがイイんじゃなかろうか。
 やっぱ、崖に飛び込んで死に際の集中力を身につけるのが手っ取り早いのかな。

・ クローバー
 真田がダウンした!
 ここで妹から電話がかかってきて、ヒコイチ現象が発生すれば……。
 次は順番通りに真木の出番か。
 そうなると次の次は対抗心燃やしている吉良になりそう。
 どっちにしても、みんな食いすぎ注意だぞ。

・ ペーパーブレイバー
 女の子の眼に特徴を感じるけど、まさか職(ジョブ)もち?
 それにしても、もう勇者のレベルアップは忘却のかなたなんですね……
 いや、不誠実とレベルアップしないという現象の間に関係があるのかも。

・ 囚人リク
 椿の情報は新たなハードルの存在を示している。
 でも、今までの問題に比べたら簡単そうな気もするけど。

 しかし、ペンダントと鬼道院の弱点写真の伏線がここでつながるとはッ!
 そして、ケシ畑をなんとかするという、新たな課題が生まれちゃった。
 この困難を乗り越えられたら鬼道院に勝てそうだから、がんばれ!

・ 名探偵マーニー
 狂言家出(?)と見せかけて、ひとひねりしている。
 探偵も犯人も見事なしかけですな。

・ ドカベン ドリームトーナメント編
 阪神が特別あつかいされている気がする。
 やっぱ、甲子園をもっていると強いのか?

・ ムーメン
 チンコが100mmも縮むなんて、日本男子なら二日で全滅だよ!
 くだらないけど笑えた。

・ 真・餓狼伝
 36話感想はこちらへ
 掲載位置がちょっと心配だ。

・ 雨天決行
 この町並みをよく長いあいだ維持できたな。
 なんか心理的な抵抗が生まれるようなしかけがあったのかも。

・ 777 スリーセブン
 速攻バレた。
 証拠がなくても動くのがヤクザだって『本気!II』で言っていたぞ。
 とりあえずボコって777の活動が停止したらそれで良し。ダメなら次をボコる。
 って行動に出られそう。

・ バーサスアース
 危険地帯で子供を見かけたら怪物フラグとメン・イン・ブラック(AA)で言ってた。
 でも、子供の姿をしていたら油断もするし攻撃しづらい。
 嫌な敵だな。

 さらに嫌な敵No.1のドレッドまで登場だ。
 この局面を乗りこえることができるのか?
 現在おくれている玲央姉が鍵を握っていそうだ。

 しかし、ケイランさんはなんでインサートするとき、あんなにノリノリなんだろう。

● ヤンジャン
・ キングダム

 王族に大将をさせて、有能な副将をつけるってのは昔から良くあるパターンだ。
 で、王族がつかまって身代金を要求されちゃうとかもあるんだけど。
 ここまでは間違いのない黄金パターンだったハズなんだが……

 日本では身内じゃない大将に大軍を預けることも多い。
 なんでなのか疑問だったけど、日本の武将は小領主でもあるので自前の軍を率いて戦ってんだよな。
 中央集権は大量動員と武装・訓練の統一ができるメリットがあるけど、将軍に大きな権限を渡しにくいと言う弱点もあるのかも。

● モーニング
・ GIANT KILLING
 たぶん試合における監督業でイチバン難しくやりがいのあるのは選手交代のタイミングだ。
 まだ、もつ。は、ヤバいぞ。

・ グラゼニ
 投手としての凡田は精密なコントロールを誇る。
 だが、交渉人としての凡田は危険球ばかりだ。
 言葉のビーンボール投げまくりだよ。
 これもボールエリアに投げる勇気なのか!?

予告の予告

 次号のチャンピオンで「世界震撼衝撃重大発表アリ!!」らしい。
 なんでも「地上最強の拍動再び」だそうだ。

 こりゃ、いかにも刃牙的ですぜ。
 範馬勇次郎が再び活動しようとしているのか?
 それとも勇次郎に認められた刃牙が目標を見失って寝っぱなしなので起きると言うコトなのか?
 とにかく、板垣先生の新作っぽい予感にこちらも心拍数が上がるッッッ!

 しかし、この謎予告って、「次号でスゴい発表がありますよ」って予告だよね。
 つまり、予告の予告だ。
 花火中継を見ている人の中継みたいなメタ構造だな。
 予告の予告が成りたつんだから、それだけ迫力がある……じゃなくて期待が高いって寸法だ。

 次号はクリスマス週でもある。
 いったい、どんなプレゼントが待ちかまえているのか!?

真・餓狼伝「36 敵わぬ相手」感想


2013年12月12日(2+3号)
第三十六話 / 敵わぬ相手

 拳vs剣というキビしい闘いをすることになった。
 丹波文吉と黒岡京太郎の死合いもそろそろクライマックスか?

 京太郎のふるう木剣は長く鋭く重い。
 丹波は後方に跳び、倒れこみ、転がり、ふたたび跳んだ!
 すごい運動能力だぞ。
 でも、武士っぽくない。
 回避成功が逆に剣の、武士の時代が終わったことをしめしているようだ。

 せっかく必死で回避したのに、立った瞬間を京太郎に狙われた。
 腹にキッツイ一撃を喰らう。
 大丈夫、音が「ドンッ」だから骨は折れていない!
 いや、折れてなくてもダメだろうな、こりゃ。

 文吉は壁まで吹っ飛ぶ。
 真剣だったら死んでたな。
 いや、左側から攻撃を受けたから腰に刀をさしているとみなせば逆胴で無効だ!
 問題ない、イケる!
 虚勢でガンバレ!

 見学者たちは声も無い。
 みんな、文吉が死亡確認的な状態になっていると思っているんだろう。

 京太郎は剣術の強さに酔いしれていた。
 これほど強い剣なのに、なぜ父はひとりで死を選んだのか?
 けっきょく疑問はそこに戻っていく。

 でも、京太郎だって剣を振るう機会をえられず腐っていたじゃないか。
 最強の勇者だって魔王を倒して世界が平和になったら、強いだけの潜在的脅威として肩身の狭い生活になるだろう。
 戦国時代に遅れて生まれた武士みたいなもので、平和な世に居場所がないのだ。

 打たれた丹波が走る。
 メチャメチャ元気じゃないか。
 脅威のタフネスだ。
 主人公っぽいぞ。

 右拳!
 左拳!
 右蹴り!
 左拳!
 恕等の連打だ。

 明治時代はまだ打撃格闘技が発達していない。
 これだけの打撃技をだせる丹水流は かなり研究熱心で特殊な武術だ。
 だが、京太郎もまた丹水流だ。
 文吉の打撃を、剣を使うまでもなくぜんぶ回避している。
 京太郎は体術もかなり優秀だ。

 剣を防御に使用(つか)わない。
 攻撃のためにこそ剣を使用(つか)う!
 丹波の肩を打って動きを止め、ふたたび胴を打った。

 さらに京太郎の攻撃がつづく。
 どうも打撃が首より下に当たっている。
 せめての情けで、頭は狙っていないのだろうか。

 丹水流門下生は、京太郎の圧倒的な強さに驚愕している。
 剣さえもてば強いのだ。
 廃刀令のご時勢じゃ、発揮できない強さだけどな。

「…けど」
「驚くべきは…」
『…文吉の折れぬ心じゃ』


 これだけ打たれても前にでる。
 不屈の闘志に太浦警視総監も冷や汗を押さえられない。
 太浦も一流の剣士だから、文吉のスゴさがよくワカるのだ。

 たしかに丹波の折れない心はスゴい。
 が、それよりも折れない骨もスゴいぞ!
 これだけ打たれても折れていないなんて、骨がアダマンチウム合金でコーティングされているんじゃないのか?
 いや、ガマンしているだけで本当は折れているのかもしれないが。

 イスラエルの格闘術『クラヴ・マガ』では棒の攻撃に対して、腕の角度つけて防御する技術を紹介している。(『最強護身術 クラヴマガ感想
 棒の攻撃を垂直に受けると腕が折れるから、腕をナナメの角度にして受け流すように防御するそうだ。
 理屈はその通りだけど、ナナメに受けると防御範囲が減るから熟練が必要になりそう。

 とにかく文吉もなんかの技術でうまく防御しているのだろう。
 いやに吹っ飛んでいるのは、威力を殺すためかも。
 当たっているところも、肩や腹といった肉の厚い部分だ。
 意識的に丈夫なところで受けているのだろうか。
 よし。今度は尻で受けろ!

 防戦一方の文吉だが、まだ倒れていない。
 前進する限り、チャンスがあるハズだ。
 父・久右衛門が授けた秘策はあるのか?

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年1号感想

・ 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話
 アテナを裏切るしかない?
 ワカりにくいことを言っているが、理由はとうぶん言えないんだろうな。
 瞬たちも裏切らないとダメな状況に追い込まれるんだろうか。

・ 弱虫ペダル
 ウィークポイントを狙うってことですね。
 最弱なのは手嶋だ!
 ケガ人続出で、広島には良い思い出なさそう。
 広島代表もイメージの良くないところだったし。

・ 実は私は
 50年後の みかんなのか?
 顔を見せても歴史は変わらないってことなんだろうな。
 そして、朝陽がついに動く!
 でも、たぶん伝わらないだろうなー
 ガッカリする準備はできているぞ! 任せろ!

・ バチバチBURST
 得意の打撃戦でもさばかれ、打ち返される。
 やっぱ実力差があるな~。
 石川が勝つ道はどこだ!
 いや、それより死なないルートというか、山に行かない道はどれだろう。

 最後に攻撃を当てているけど、勝てる気がしない。
 角度と当たっている場所が良くないんだよな。
 ボクシングでもっともKO率の高いパンチは左フックだぞ!(刃牙法則)

・ イカ娘
 おなじイカの話題ならダイオウイカの話とかどうなんだろう。
 イカ娘のイカ友とかじゃなイカ?

・ 浦安鉄筋家族
 股引は冬だけでなく夏もイイと聞いたことあるなー
 小学生デビューはやっぱ早すぎだろ。
 のこりの長い人生を怠惰に過ごしてしまうぞ。

・ 囚人リク
 椿がロッカーに潜む!
 強いだけでなく器用なのか。すごい人材だな。
 あんな細いロッカーじゃ江田史郎が入ったら絶対ハミ出していたぞ。
 人選が椿でつくづく良かった。

・ ペーパーブレイバー
 巨乳は母性の象徴だから、貧しい人は母性低い→料理下手という仮説はどうか。
 白窓さんがちょろすぎて心配なのは同じだ。
 うっかり裸エプロン姿でもOKしちゃいそうだよ。

・ クローバー
 妹からの電話で復活したら鞍馬彦一っぽかった。
 ゲンゲンって真田に勝っていたハズだが、余裕だな。
 衝突するコトで友情が生まれるっぽい。
 真木と吉良がぶつかっているのも炎の友情フラグだろうな。

・ 錻力のアーチスト
 球場ごと凍りつかせる恐怖のバッティングが炸裂する!
 今のところ弍織兄の精神破壊攻撃が最強だ。
 もしかしたらテニプリの世界に行ってもやっていけるかも。
 炎属性の技を会得しないと試合中に凍死しちゃうそうだ。

・ 777 スリーセブン
 やっぱり警察は腐っていたか。
 そして、警察に目をつけられてしまった。
 まだバレちゃいないが、どうごまかすのか?
 過去を洗われたら警察への恨みがバレちゃいそうだよな。

・ 真・餓狼伝
 「35話/遠き処」感想はこちらに。

・ 名探偵マーニー
 超能力による悩み相談は得てしてこういうものですね。
 三国志には道教系の宗教団体太平道五斗米道が悩み相談による健康法をやっていたのだが、きっとこういう手法を使っていたのだろう。
 陳舜臣『秘本三国志』(AA)では待合室で得た情報をどう伝達するのかのトリックがあるんだけど、史書の記述をうまい解釈していてちょっと感動した。

・ 雨天決行
 ネネさんの萌パワーがすさまじく強化されている。
 いつのまにかメインヒロインの座を奪ったっぽいな。
 えっ、最初からメインヒロインだったとか?

 いっぽう、みんなは情報戦で負けている。
 組織的に弱いのに、みんな自分勝手に動いちゃうからな。
 みんなイイやつなんだけど、自由すぎ。
 妖怪だから、しかたがないか。

・ バーサスアース
 シェリカが陥落(おち)だッ!
 ちょっとフラグが立ったと思ったら、速攻で周りをコンクリートで固めるような動きだ。
 これが主人公パワーなのか!?
 でも、林さんをあきらめないであげて。

 そして、ハルトが隻腕での出撃だ。
 限界まで研ぎ澄まされ、カミソリの鋭さとカミソリの脆さをあわせもった、超名刀状態で挑む。
 スゲェ、折れそう。帰宅は担架にのせられて、なんだろうな。

・ 3LDKの花子さん
 おなじアテナ様でも、けっこう違いがありますね。
 星矢連載中にやってしまう、この勇気!

● ヤンジャン
・ キングダム

 王族の兄弟とかって一緒に暮らしていないせいか、仲悪いことが多い。
 歴史書の記述で見たら、ただの兄弟喧嘩と思われちゃうんだろうけど、どんな展開がッ!?

・ デストロイ アンド レボリューション
 前回の感想書き忘れていました。
 大槻無双、と思わせつつ限界も見える。
 脅さないと居場所を聞き出せないし、顔見せもNGだ。
 冷静に狙撃すれば倒せそうなんだけど、そのこと知らないからな。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 つねに合理的選択で動いていると、行動を読まれやすいってことですね。
 接触を避けようとするカルロスなら怖くない!
 だが、本番はここからだ。
 このフリーキックを決められたら、すごく助かるんだけど……

・ グラゼニ
 ある意味、球投げている時より真剣な心理戦だ。
 これがグラゼニの真骨頂ですね。

・ 宇宙兄弟
 順調に見える時ほど気をつけなければいけない。
 目を見たら、わかる。
 信頼できる人が信頼するから、信頼する。信頼の連鎖が素晴らしい。

キョウリュウジャー「40 お見合い」、鎧武『9 インベス捕獲大作戦』、ドキプリ「43 亜久里の授業参観」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ40 グッとくーる! オッサンはつらいよ」東映TV朝日
 のっさんがお見合いだ!
 そして、相手はキャンデリラだった。
 こういうときは「そっくりな人もいるもんだな~」と気がつかないものだが、一発でバレる。
 だが、バレたうえでメロメロだッ!
 覚悟完了しまくっているな。

 確実にフラグを立てている のっさんとキャンデリラだが、その道は修羅の路だぞ。
 たしかに、キャンデリラとラッキューロは悪いヤツじゃない。
 でも、トリンが許さないんだろうな。
 君がッ! 泣いても! 殴るのをやめないッ!(発言は個人の想像です)

 最後のほうでチョット心が動いていたみたいだけど……
 長い年月かけてデーボス軍と憎みあってきたトリンがいまさら和解できるのだろうか。
 単純にデーボス軍を倒すよりも難しい。
 真のラスボスはトリンだ。
 この困難を乗り越えることができたら歴史的快挙になるぞ。

・ 仮面ライダー鎧武 第9話『怪物インベス捕獲大作戦!』東映TV朝日
 鎧武は仮面ライダーシリーズではめずらしく怪人があまり人を襲わない。
 ライダーは主にライダー同士で闘っている。
 が、ついに怪人インベスが人を襲いはじめた。
 人助けをしてこそ仮面ライダーだッ!
 これで、社会的地位を向上させろ!

 だが、他のチームは怪人退治に参加してくれない。
 強いものには弱いものを助ける義務が生じる的なことをバロン戒斗は言う。
 まさにヒーローの宿命だ。

 強いヤツがその強さを自分のためだけに使うのは良くない。
 これって、人類不変の法則らしい。(ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか
 とくに財産を蓄えられない狩猟採取生活だと極端な平等主義をとるところが多いとか。
 狩りがうまいからといってエラそうにすると村からはじき出される。
 よく和を乱す人間を許さないのは日本が農耕社会の島国根性だと言いますが、狩猟民族の風習だ。
 考えてみたら日本が農業始めたのは大陸より後なんだから、狩猟生活に近いのも当然なのかも。

 つーワケで強いものの義務として治安を守れ!
 でも、イバっちゃダメだ。
 ヒーロー業の大変なお仕事だけど、龍玄=光実のおかげでなんとかなった。
 頭がイイ人いると助かりますなー。

 鎧武=紘汰は悪いヤツじゃないんだけど、頭が悪い。
 戦いかたも雑だ。
 光実のフォローがないとヤバい。
 仲間を大事にしろよ。

 いろいろあって、ヘルヘイムの森とユグドラシルの関連に気がつく。
 あとは、ロックシードの果実を喰った人がどうなるのかが気になる。
 なんかインベスになっちゃいそうな気がするんだけど。
 調子にのって今までインベスを木っ端微塵にしていたけど……と青くなる展開が待っていそうだ。

・ ドキドキ!プリキュア「第43話 たいせつな人ヘ!亜久里の授業参観!」ABC東映
 ついに亜久里=エースの正体がバレた。
 オマケに亜久里の秘密もあきらかになる。
 うつぶせに寝る亜久里のふくらはぎや、靴下のまま外に飛び出す秘密とは一体!?
 すいません、真剣には見ていますが、マジメに見ていません。

 亜久里は赤ちゃん状態で降ってきて、いきなり成長したらしい。
 やっぱ、アン王女との関係が疑われる。
 そうなるとアイちゃんの存在はどうなるのだろう?

 マナたちが、そろそろツッコんだり疑問をもったりしてもイイころだと思うのだが。
 あと冷凍保存されているアン王女の肉体のありかとか、状態とかも気にして欲しい。
 けっこう大きな疑問が山積みなんだけど、ちょっとでも解決にむかって動いて欲しいものだ。

真・餓狼伝「第三十五話 / 遠き処」感想


2013年12月5日(1号)
第三十五話 / 遠き処

 拳vs剣ッ!
 明治の格闘技は超なんでもアリだ!
 素手の丹波文吉は、木剣の黒岡京太郎に勝てるのか?

 とりあえず、文吉は素手の攻撃がとどかずに一撃も当てることができない。
 逆に京太郎の木剣でフルボッコにされています。
 攻略の糸口すらない。
 こりゃ文吉もあせって表情がグニャっているだろうな。

「全ッ然」
「効かねぇな~~~~~」


 文吉、元気だ。
 でも、奥歯が折れているぞ。
 効いてないと言っても、説得力まるでなし。
 だが、文吉の異常性が伝わってくる。
 この男、本物の変態! じゃなくて、餓狼だッ!

 文吉は京太郎の剣には迷いがあると言う。
 その言葉に京太郎は迷うのだった。
 ッッッ!?
 迷ってるじゃなくて、迷わせてるんじゃねーか!
 なんだ、この展開ッ!

 文吉が知性派の戦士であれば、みごとな心理戦と評価できる。
 だが、文吉は猪突猛進の猛将タイプだ。
 本気の京太郎と闘いたいと言っていたのに、弱体化させてどうする。
 文吉からの精神攻撃を受けた京太郎は回復すべく、三年前のことを回想するのだった。
 う~ん、怪我の功名だな。

「暫(しばら)く」
「旅に出る」


 京太郎の父・黒岡喜八はそういって家をでた。
 出立にあたり、喜八は黒岡家の伝統である長い刀を京太郎にわたす。
 三年前の京太郎少年は驚きながら刀をうけとる。

 この頃の京太郎は可愛かったんだな。まだ、刀疵も無いし。
 輝く瞳をもった少年がたった三年で血走った目で刀を振り回しているんだから、武士道無残としか言いようが無い。
 あの傷跡は、いつ誰によってつけられたのか?
 京太郎の抱える闇はまだまだ深そうだ。

 京太郎に見送られ、喜八は旅立つ。
 具体的な土地に行くのでなく、黄泉路への旅だ。
 城を遠景で望む高台で喜八は切腹した。
 介錯なしだと出血多量で死ねるまで一晩かかるとか言いますが、楽に逝けたんだろうか。

『我が剣術の刻(とき)は別せり
 次の時世(とき)へと期するもの也――――――』


 明治は武士身分が崩壊していく時代だ。
 幕府は倒れ、廃藩置県で藩も無くなり、ちょんまげが消え、廃刀令が出された。
 喜八は消え行く武士階級に殉じたのだろうか。

 切腹ってのは武士的行為の象徴だ。
 職業戦士である武士は死を恐れない事が前提であり、失敗に対して自分で責任をとって死ぬことができるというのが切腹である。(図解 武士道のことが面白いほどわかる本
 じゃあ、喜八はなにに対して責任を取ったんだろうと言う話なんだけど……
 なんか時代に置いてかれたから、隠居するかわりに死にますって感じだ。
 ちょっと逃避っぽい。

 京太郎は父親に捨てられたような状態だ。
 文吉は父が捨てようとした武をひろった。
 二人の少年は時代に逆行して武を極めようとしている。
 境遇は正反対に近いが、おなじ武の道を行くもの同士で仲良くできないものだろうか。

 つーか、文吉は天然の言動で京太郎の心を掻き乱さんでほしい。
 純粋な闘争から、だんだんズレてきている気がするぞ。
 でも、無意識にやっちゃうから天然なんだろうな。
 マネのしにくい天然素材である丹波文吉は、すごい天才なのかもしれない。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

キョウリュウジャー「39 10だいキョウリュウパワー」、鎧武『8 マンゴー!』、ドキプリ「42 はじめての誕生日」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ39 せいぞろい! 10だいキョウリュウパワー」東映TV朝日
 ついにキョウリュウジャー10人がそろう日が来た!
 それは置いといて、今回の怪人は劇場版のヤツですか。
 特別なヤツだけに強そうだけど、協調性はなさそうだ。
 やっぱ、劇場出身のヤツは微妙によそ者あつかいなんだろうか。

 そして、キョウリュウジャー10人が大集合だッ!
 名乗りを上げる時間も10人分だぞ。
 キョウリュウジャーの攻撃体勢は完全にととのった。
 デーボス軍を一匹のこらず殲滅するため動く日も近そうだ。

 相手を追いつめている感じがでる戦隊モノって珍しいな。
 ただ、殲滅の響きが暴力的だし、その後のトリンが自決しそうで不安だ。
 平和的解決がないものだろうか。

 それはそうと、弥生はなにを考えてアイドルを撃ったんだろう。
 タイミング的にちゃんと見抜いていなさそうだったけど……
 この物騒な感じがキョウリュウジャーなのか。

・ 仮面ライダー鎧武 第8話『バロンの新しき力、マンゴー!』東映TV朝日
 沢芽市はユグドラシルコーポレーションがきてから地元企業が廃れてしまったそうだ。
 地方都市の悲哀を感じる。
 私の住んでいるところも、大型ショッピングセンターができるらしいのだが、地元のお店はビビっているんだろうなと複雑な心境だ。
 世の中、なにが正解なのかワカらず難しい。

 地元のお店廃れあるあるでバロン戒斗と鎧武の舞は気があってしまう。
 なんか風都LOVEで気があってしまった翔太郎霧彦みたいだ。
 これは共闘できる可能性がありますな。
 と、同時に「どうだ、キサマが死ぬほど嫌っていたユグドラシルに命がけで貢献していたと知った気持ちはッ! 140文字以内で述べよ!」と言われそうな予感がする。
 で、その直後に爆死。

 バロン戒斗は定期的にロックシード狩りをやっていたようだ。
 けっこう地道な努力をするタイプですね。
 そんな戒斗が弱いままで終わるワケがない。

 でも、チームバロンはランキングダウンしている。
 仮面ライダーバロンが雑魚に負けるとは思えないので、今は外征を控えて地道にロックシード狩りで潜在力を高めているのかも。
 と、思ったら戒斗はまだ負傷していたのか。
 ドリアンにやられた傷か、加藤ッ!?

 加藤……じゃなくて戒斗はパイン鎧武を見て、新たなロックシードを試す気になる。
 出でよ、マンゴー
 バナナといい、バロンは南方の果実がお好みのようだ。
 紘汰はカッコイイと言っていたが、……そうか?
 まあ、戦鎚(メイス)の一撃は強力そうだし、意外とマンゴーと似ている!

 これでチームバロンも再浮上するのか?
 そして、光実がどこまで暗黒面に堕ちるのかが気になるところだ。

・ ドキドキ!プリキュア「第42話 みんなで祝おう!はじめての誕生日!」ABC東映
 亜久里は養女で自分の誕生日も知らないそうだ。
 アン王女とのつながりが強調されてきたな。
 でも、トランプ王国滅亡との時間差があるんだけど、その辺はどうなっているんだろう。

 占星術ってのはイロイロな地域で発達している。
 トランプ王国でもさかんだったようだ。
 庶民は生まれた年ぐらいしか覚えていないだろうけど、王族だと生まれて死ぬときの年月日をちゃんと記録するだろう。
 もし、亜久里が生年月日を知っていて話せていたら、アン王女との一致を真琴が気にしたかもしれない。

 亜久里の誕生日をかってに設定して祝おうとする集まりにレジーナが襲来する。
 引かれあい憎みあう二人は、やっぱ因縁がありそうだ。
 二人の年齢を足せばアン王女と同じぐらいになりそうだし。

 ところで、レジーナにはプリキュアのO・MO・TE・NA・SIが効いているようだ。
 やっぱ、マナがレジーナをかっさらってきて愛を教えればイイんじゃなかろうか。
 無限のスィーツ責めで甘くとろかせろ!
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)