2014年02月

真・餓狼伝「45話 懇願」感想


2014年2月27日(13号)
第四十五話 / 懇願

 丹水流を最強たらしめているのは、当代最強者を倒す"証(しょう)"を80年に1度おこなっているからだ。
 今回の証を行うのはわずか15歳の丹波文吉である。
 なお、証に失敗したら殺されるらしい。
 まことに迷惑な伝統だ。

 文吉の父・久右衛門は、息子をそんな危険な目にあわせるわけにいかないと大反対だ。
 しかし、証の運営をする水鵺のジイさんたちは掟だからダメだと譲らない。
 もう明治になって日本の武術も衰退しはじめている。
 武術の最強を誇っている場合じゃない気もするんだけど。

 もっともそう言うコトがワカるのは、後の歴史を知っている身だからだ。
 この時代の日本で問題に気がついているのは講道館柔道の嘉納治五郎ぐらいだろう。
 水鵺の老人たちは時代の変化を考えずに、ひたすら掟を守ろうとしているようだ。

 世の武士たちは収入が無くなってしまい、誇りとか掟どころじゃなくなる。
 老人たちは、いまさら働かなくてもイイので武に没頭できているのかもしれない。
 というか、普段はなにをやっているんだろう。
 世捨て人のように定職につかず暗殺武術を極める日々なのかも。
 中二病をこじらせたまま老人になっちゃったような人生なんだろうか。

 水鵺たちも文吉が若すぎるのが不安らしい。
 なので、闘って試す!
 水鵺の一人が文吉に襲いかかる。

 この老人は左目から耳にかけて大きなアザがあった。
 いや、アザではない。
 左耳が無く、穴だけが残っている。
 耳を引きちぎられ、皮膚も一緒にちぎれて、現在のアザ状になったのかもしれない。
 かなり異常な戦いをしたんだろうな。

 水鵺の老人たちは瞬間移動のような動きをする。
 いきなり背後にいたり、軽やかに攻撃をかわす。
 これは水鵺の秘奥義だろうか?
 スクネ流の動きに似ているのかもしれない。

 片耳の老人は文吉の腕をとって投げる。
 倒れた文吉の顔面を踏んだ。踏む、踏む!
 たちまち文吉の顔が血だらけになる。
 文吉が弱ったところで腕の関節を狙いにいく。

 投げて、打って、極める。
 格闘要素を総合的に使いまくって闘っているな。
 片耳老人は文句なしに強い。
 もしかして、前回"証"の実行者だろうか。
 って、前回20歳で参加していたら、いま100歳だよな。そりゃ無いか。

 ヘタしたら文吉の命は今宵かぎりだ。
 殺されない程度に善戦して、骨折ぐらいすれば許してもらえそうな気もするんだけど。
 なんか久右衛門さんを人質に取られて死ぬ気で闘わされそうだ。
 ジイさんたち、こんなに強いんだから自分たちで証をやればいいのに。

 回想前の状態から察するに、丹波親子の悲劇は不可避である。
 もう、あとはスゴい悲劇か、ほどほどの悲劇か選ぶぐらいの自由しかない。
 せめて水鵺秘伝の技とか教えてほしいものだ。

 あと、文吉が証を実行するなら、やっぱ黒装束を着てドクロの雰囲気を演出するんだろうか?
 15歳だけに、中二病感がツボに入って病みつきになってしまうかも。
 恐怖の記憶は精子を通じて遺伝すると言う報告もある。
 以後、丹波文吉の遺伝子には"闇討ち大好き"の要素が刻まれてしまったりして。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年12号感想

・ 弱虫ペダル
 御堂筋、去年負けたのに果てなき上から目線だ。
 偵察に来て置いて、この言い草かよ。
 素直にビビっているから偵察に来ましたって言えればいいのに。
 古賀の評価が高いのはイイとして、鏑木はどうなんだろう。

・ 実は私は
 ドラゴン、家でもあったのか。
 ひとり暮らしとしてはイイ物件ですね。
 痴女と友情って韻をふんでいるようで、ふんでない。
 惜しい二人であった。

・ 刃牙道
 新連載の一週目は4話掲載!
 二週目と三週目が2話掲載! 合計195ページ超だッ!
 これは、いくらなんでも描きすぎ! ほぼコミックス一巻分だよ。
 感想書く人にも優しくない!

・ 浦安鉄筋家族
 今回は刃牙ネタだ!
 背景で歩いている人までがキケンすぎる。
 ついでに、いきいきごんぼと毒手ネタかぶりだ。
 シワシワにしろ、ツルツルにしろ、極端すぎ!
 そして、バイオレンスすぎだッ!

・ 思春鬼のふたり
 銃の持ち方だけで、ダメ出しされて、童貞(※ 敵を初めて殺すこと)を見破る。
 殺し屋にひたってますなー
 銃を忘れる新キャラはうっかりだけにレベル低そうだけど、逆にそこが怖そうだ。

・ バチバチBURST
 悪童大関・火竜と大横綱・虎城の出会い。
 鯉太郎と王虎、ふたりの父から始まる因縁だ。
 やっぱ火竜はムチャクチャだな。
 なんか性格的に仁王のほうが息子っぽいけど。

 であったころは格の差がハッキリしていたのか。
 最終的に虎城は火竜を嘔吐を催すほどに恐れるのだが……
 ここから加速度的に成長するのだろうか?

・ 囚人リク
 椿がバレかけている!
 ヘタにイケメンだから印象に残っちゃったんだろうか。  問題多発だな。
 イチバン心配なのが沢田の暴発だけど。
 レノマさん、あまり刺激を与えないでください。

・ 錻力のアーチスト
 清作が暴言の大ホームランだ!
 でも空気を良くしたぞ。
 これはナイス空気読まない!
 わざとやっているのなら策士なんだけど、天然なんだろうな~

・ クローバー
 ゲンゲンは強いはずなのにそうは見えない。なぜなら作中最大のバカだから。超心配だ。
 そして、花京院も釣り属性だった!
 戦いが終われば、みんなで釣りだ!

・ ペーパーブレイバー
 勇者が魔王の手に落ちた! という緊迫のシーンだというのに……。
 緊迫感をもてない勇者ですね。
 ホント、いつになったらレベル上がるんだろう。
 ちなみに風呂にはお兄さんがついてきてくれると信じている。
 そして、力強く洗ってくれてボッキボキに折れるのだ。

・ 真・餓狼伝
 44話感想はこちらに。
 雨天決行と、鵺ネタかぶりだった。
 浦安鉄筋家族といきいきごんぼもそうだし、今週のチャンピオンは、なんかかぶっている。

・ いきいきごんぼZ
 毒手ネタかぶりだ。
 保険医のダウンが刃牙っぽくてイイね。

・ 名探偵マーニー
 メカニックは二人いた?
 髪の毛がストレートとカールの二種類いるもんな。
 巻き毛はマーニーのトレードマークでもあるし、マーニーとメカニックには共通点が多い?

・ バーサスアース
 ハルトの覚醒はジャック・ハンマー的な、何かを削る不健康な覚醒だからいろんな意味でハラハラする。
 ほぼ戦闘マシーンになろうとしているが、アゴは人間に戻るんだろうか?
 このままじゃ、カナとチューできないよ。
 そして、次回最終回!
 まだエピソードが回収し切れていないのにッ!?

・ 雨天決行
 ツチノコは自信マンマンだけあって強いな。
 そして校長は鵺だった。
 見た目は、ぬらりひょんだけどな。

・ ウチコミ!!
 女顧問、やはり実力者だった!?
 というか、過去画像が別人すぎ!
 脂肪だけ落としたから、パワーそのままでスピードアップしているかも。

● ヤンジャン
・ キングダム

 弟、強いな。見くびっていた。
 陰で剣の修行していたんだろうな。
 最期に惚れた女を守ることができたんだから、その修行はムダじゃなかった。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 椿うまい!
 王子をうまくおだててノセている。
 なんかスゴイ進化したんじゃないか?
 王子を走らせることができるヤツなんて、そんなにいないぞ。

 椿-王子ラインができたんだから、椿にラストパスと思わせて、夏木だ!
 そして、この展開かよ。
 点を入れたばっかでマーク厳しかっただろうに、よくぞキメた。
 やはり意外性の男だな。
 これは逆転もイケるか!?

・ 宇宙兄弟
 刻んできた、には笑ってしまった。

トッキュウジャー『2 俺たちはここにいる』、鎧武『19 贈られた秘密兵器』、ハピプリ「4 転校生はお姫様」

・ 烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅『俺たちはここにいる』東映TV朝日
 トッキュウジャーの五人は死んだも同然の状態だッ!
 などと言われて動揺したりしなかったりする五人であった。
 確かに記憶がほとんどないってコトは「何をしてきたのか」「何をすればいいのか」がワカらない。
 もしかしたら、五人は人間に絶望して敵の軍団に参加しているのかもしれないのだ。
 組織内で結婚して子供もいたりしたら、子供の未来が暗くなるぞ。

 なんか都合のイイ部分だけの話をされて、いいように使われているかもしれない。
 死ぬ気で戦って勝て! 負けたら死ね!
 トッキュウジャーはブラック戦隊でござるか。
 ところで、販売員のワゴンさんはキャンデリラが再就職したのかと思ったよ。
 人間がいないのは労働基準法に縛られたくないんだろうな。と、すっかり疑うクセがついてしまった。

 烈車は闇に染まりかけている街をおとずれて解放しまくる旅をしている。
 ブラック組織同士が派閥争いをやっているような気もするんだが……
 列車での旅ってのが黄泉路への旅みたいだよな。
 『銀河鉄道の夜』みたいな感じで。
 たぶん列車は人類が初めて手に入れた安価な長距離移動の手段だったため、風景の急激な変化が異界への旅を連想させたんだろうな。

 とりあえず目の前の敵を倒すとレッド=ライトがはりきる!
 グリーン=ヒカリは、危うさを感じるのだった。
 よかった、アホばっかりじゃなくて。
 赤がアクセルなら、緑はブレーキだね。
 って、信号と逆じゃねェか! 混乱するよ。

 しかも名前がライト⇔ヒカリで被っている。
 この二人は双子とか そんな因縁があったりするのかも。
 赤と緑は補色の関係でもある。
 お互いを引き立てあえッ!

・ 仮面ライダー鎧武 第19話『贈られた秘密兵器』東映TV朝日
 仮面ライダー鎧武の前にでてきたのは、同じレモンの仮面ライダーデュークだッ!
 中身はプロフェッサー戦極である。
 なんか、メチャ強いぞ。
 自分用のライダーだから強化してんじゃないのか?

 デュークレモンは鎧武につづいてバロンもサクっと倒す。
 秒殺できなかったメロンとか涙目の強さだな。
 もう、お前が自分で戦えよとヤケ酒くらっていそう。

 バロン戒斗はユグドラシルの秘密を暴くことに専念するつもりだ。
 惨敗した直後なのにポジティブ思考というか、折れない心だな。
 ヘルヘイムの森に突っこんで戦術的撤退しても すぐに再チャレンジするなど、とにかくメゲない。

 DJサガラは相変わらず、ナゾの行動を取っている。
 見守っているだけと言っていますが、本当だろうか。
 今のところ(少年たちにとって)悪い人じゃないみたいだけど。

 そして、紘汰は貴虎に例の秘密を見せてもらえるっぽい。
 どんなヒドイ秘密が待っているのか。
 次回が気になるぞッ!

・ ハピネスチャージプリキュア!「第4話 転校生はお姫様!!ひめの友達ゲット大作戦!!」ABC東映
 ひめが転校してくる!
 リアル姫だけに騒動がもちあがるんだろうな。
 めぐみがフォローしてくれるから大丈夫か。
 そんなふうに考えていた時期がオレにもありました。

 めぐみは自分の友達と話すのに夢中で、ひめを放置する。
 あー、ありがちな状況だな。
 チームの弱い所をもうちょっとカバーする気配りがほしかった。
 めぐみは強い人間だから弱い人間の心がわからないところがあるのだろう。

 ひめは自己紹介でもダメっぷりを発揮する。
 多勢の知らん人に見られたら、そりゃ緊張するよ。
 場数を踏んでなれるしかないと思うが、ひめは姫なんだから早く慣れないと大変だぞ。

 ひめは落ちこんでいる先生と共感できたりする。
 これは、めぐみと逆に弱いからこそ弱い人の心がワカるのだろう。
 うまく成長できれば優しい姫になることができそうだ。
 ひめは、ポジション的にサブヒロインだけど果たすべき役割がメインだぞ。
 戦って未来を勝ちとれ!

前回コメントより
> 桃の錠前ランクはC+
 今回バロンが新型のシグルドとそこそこ戦えていたので、やっぱ中の人の強さが重要っぽいですね。

>「烈」車だったり
 2000km前に通過しているッ! と、いつか車掌さんが激昂しそう。

> プリキュアの恋愛禁止を見てふと、舞-乙HiMEを思い出しました
 ハピネスチャージしたら資格停止だ。いろんな意味で。

> 誠司が否定したのって先にめぐみが否定したのを受けてそうだと相槌打っただけなんで
 それにしてもリアクション薄すぎなんで、今のところは気がないんでしょうね。
 めぐみが狙っているのは妹のほうで、本人も隠していないし!

真・餓狼伝「44話 闇の伝言」感想


2014年2月20日(12号)
第四十四話 / 闇の伝言

 丹波文吉は丹水流の交流会で優勝し、本家復活を見せつけた。
 だが、喜びに浸る間もなく、不気味な影が丹波親子に忍び寄る。
 ドクロの顔をした黒衣の者だッ!

 いきなりトンでもない中二病っぽさが炸裂する。
 この格好で家から出たんだろうか?
 それとも外で着替えたのかもしれない。
 どちらにしても、ご近所さんには見られたくない姿だ。
 隠密行動だからね!

 三体の影が久右衛門の寝室に忍びこむ。
 ヤバい、久右衛門が襲われる!
 エッチな拷問されちゃう!
 と、思ったがそんなコト無かった。

 ドクロは見間違えで、黒衣の爺さんだ。
 う~む、しなびた感じがドクロってことなのか?
 身にまとったただならぬ気配がダークな感じでドクロっぽくて最強に見えるのかも。
 こんなんでも家に帰ると孫に甘いお祖父ちゃんだったりするのだろうか。

「丹水流水鵺… 「証(しょう)」の言伝に参上した」

 丹水流本家である久右衛門すらウワサ程度にしか知らなかった"水鵺"だ!
 ぬえは妖怪だが、水がつくとは面妖な。
 丹"水"流だけに、水が重要なんだろうか。
 とにかく、名前からしても中二病っぽさがスパークしている。

 丹水流では80年に一度「その時節で"最強"と謳われる流派・人物に」門下最強の刺客を送りこみ倒す習慣がある。
 なんて迷惑な習慣をもっているんだ。
 ひそやかな死闘なので世間的な知名度はない。
 一部の武芸者などに丹水流が最強とおそれられているのは、この勝負"証"があるからだ。

「陰水の流れ止め得ぬ八十年 餓鬼を見下ろす冷月に似て
 日の当たる表舞台に出ること無く丹水流は世の武芸者衆へと睨みをきかせ続けてきた」


 前半ナニ言ってるのかワカらんが、とにかく丹水流最強ってコトらしい。
 で、今年が八十年目なので"証"を実行する。
 選ばれたのは交流戦で優勝した丹波文吉だッ!

 "証"に負けたら死ね!
 逃げたら一族ごと殺す!
 なんかキッツイ使命がきちゃった。
 すぐに殺すとか死ねと言うのは、やっぱ中二病だぞ。
 丹波文吉、十五歳にして死寸前の大ピンチだ。
 次回につづく。


 水鵺…ですか。
 ナゾの組織内組織が出てきた。
 陰水とか言っていますが、とことん陰属性をつらぬいているようだ。
 陰ってことは、陽もあるハズなんだが……
 そっちが表の組織なんだろうか。

 で、ぬえだよ。
 合成生物、つまりキマイラだ。
 まさか、『キマイラ・吼』と関連はしないと思うけど……
 餓狼伝世界とキマイラ世界は、気の運用などの武術法則がちがう世界だから混ざらないと思うんだけど。

 逆に混ざっちゃったら、『陰陽師』とも混ざりそうだ。
 陰陽師の陰で武をふるっていたのが丹水流だったりして。
 で、武の陽として世間に姿を見せていたのがスクネ流とか?
 妄想が膨らみすぎて収集がつかなくなるな。

 とにかく、80年に一度の殺戮の宴だ。
 80年に一度ってのは周期長いな。
 前回に参加した人なんて生きていないだろう。
 12年に一度ぐらいにしておけば、知識の継承もできるだろうに。

 だいたい、80年に一度って周期がわからん。
 日本の暦だと60年で一周期なんだが、なぜに80年だ?
 でも、たぶんなんかの理由があるんだろうな。
 80年周期のせいで、本人たちも知らないかもしれないが。

 "証"の案内人・水鵺は、みな年寄りだ。
 さすがに80年も生きていないだろうが、前世代の水鵺とは会っているかもしれない。
 年寄りばかりだから、うまくすれば全員倒せそうな気もするんだけど。
 やっぱ、体力があふれている現役世代もいれないと組織が腐るよ。

 とにかく、今回のターゲットが気になる。
 現在、もっとも勢いのある流派は講道館柔道だろう。
 丹波文吉が講道館への刺客となるのか?
 そして、久右衛門は文吉を死なせないための行動を取りそうな予感がする。
 真・餓狼伝のクライマックスが近い!

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年11号感想

・思春鬼のふたり
 巻頭カラー新連載だッ! (※ チャンピオンでは珍しい)
 いきなりカラーで殺害現場だッ!
 ボランティアで殺人をやっている主人公と、ストーカー気味なヒロインのハートフル殺人ラブコメか。
 ぶっ飛んだ設定とコメ部分は面白いし、ヒロイン可愛いのでラブ成分も申し分ない。
 今後、新手のボランティアとかが多数でてくるんだろうか。

・ 弱虫ペダル
 なんで、鏑木やめて古賀さんで行きましょうと誰も言わないんだろう。
 迫力的に古賀のほうが数段上っぽいのに。
 いや、鏑木が1000km走れず脱落と言う線が残っている!

・ イカ娘
 だからイカ娘は地球産なんだって!
 未確認生命体だけど。

・ バチバチBURST
 体調万全でも勝てる気がしないのに満身創痍で王虎と闘うのか。
 だがッ! 鯉は激流を登って竜となる。
 鯉太郎の中のドラゴンが目覚めるのか!?
 火竜の息子だから、五行で考えれば、火から生じる土で土竜だ!
 あれ、読み方がモグラ? しかも、土がついているのは不吉だし。

 今まで鯉太郎が父の遺伝子を感じさせたコトは無かった。(はず)
 パワー・技術・スタミナを全部出し切ったあとで、残っていた火竜の遺伝子が目覚めるのか?
 もっとも、それは王虎も同じなんだろうけど。

・ マッスル コラボ漫画
 あいかわらずマワシで外出している鯉太郎であった。
 先週の筋肉鼎談で話が出ていたけど、文吉はしまった体型だ。
 そして、鯉太郎もそっぷ体型なんだよな。
 この作品内では、みんなチョット増量している感じだ。

・ 囚人リク
 センサーをいぶして、誤動作大作戦ですかね。
 そして、かつての同房仲間が助けになる。
 脱獄チーム初めての共同作業は上手くいくのか?

・ 真・餓狼伝
 43話感想はこちらへ。
 予想外の中二病的な新展開だ!

・ 実は私は
 きゅんとなる校長にきゅんとなる。
 しかし、痴女バナナとかの珍チョコはどれだけ本気で作ったんだろう。
 みんな珍スキルを持ちすぎだ。

・ バキシリーズ最新作のタイトル発表!
 『刃牙道』それが、新タイトルだッ!
 戦いの歴史が、ついに人生になっちゃったのか?
 それとも一流をひらいちゃうとか。
「刃牙道初段 加藤清澄、キャオラッ!」とかの展開があったりして。刃牙道では「押忍」のかわりに「キャオラ」を使う。

 オレはオレの刃牙道を貫く! とか、刃牙道とは肉のことと見付けたり とかな展開なんだろうか。
『刃牙道』って事は、反・刃牙道もありそうだ。筋肉系 vs 技術系の抗争になったりして。

 新シリーズタイトルの刃牙道は憶えやすく意外性もあり、そしてネタ臭がにおいたっている。
 つい、なんにでも道をつけてネタにしたくなるあたり、やっぱ良きタイトルだと思う。
 これぞ、チャンピオン道だ(※ 王道にあらず)。

・ 浦安鉄筋家族
 さわやかなバレンタインネタと思わせておいて、酷いな、オイ。
「チョコはロッテ」
 ああ、そうだったね。そりゃ、ロッテだ。
 酷いけど正しい。
 でも、正しいことが良い事ではないのだ、少年よ。

・ クローバー
 のこったのはハヤトとゲンゲンのツートップだ!
 カイジ的にみるとdown(アホ)カードが二枚のこってしまった感じですな……
 大丈夫だろうか、どっちもアホだぞ。

・ 錻力のアーチスト
 左薙さん、試合中に(手足の長さが)成長してないか?
 見た目のキモさは精神ダメージにつながるので有効なんだろうな。
 前の試合で火達磨になっていたのは、守備練習も兼ねていたっぽい。
 負けない程度に打たれて練習にする。
 効率重視のわりに危険を愛する男だな。不気味な強敵だ。

・ ペーパーブレイバー
 なんということだ、黒髪のほう男の子だったなんて……
 それにしても、勇者は脱がされるのが似合いすぎる。
 もう日常の一部になりかかっているのか、ほとんど動揺していないぞ。

 で、魔王降臨だッ!
 白窓父を殺害できる年齢じゃないんだけど、別人なのか?
 それとも、見かけは子供でも年取っていたりして。
 メールのタイミングが一致しているので先生の子供説も消えないし、かなり複雑な状況っぽい。

・ 名探偵マーニー
 インチキ霊能力者って楽屋でここまで ぶっちゃけトークしているんだろうか。
 霊能バトルだよな。
 マーニーの活動は幅が広がるなー。

・ バーサスアース
 ハルト、さらに人外化が進む。
 なんかドーピングしまくって戦っている人を見守っているような心境だ。
 もはや、ジャック・ハンマーだよ。
 でも、最終的にマックシングして、深柱を吐き出せば元通りか?

・ ウチコミ!!
 判断や決断の早さもスピードだッ!
 と、考えればスピード勝負といえるかも。

・ 雨天決行
 両陣営、勢ぞろい!
 あとは夜行さんが来たら完成ですね。
 なんか、最終回直前のテンションなんですけど。
 5週後には刃牙道が始まるってコトは、なにかが終わる!
 超クライマックスも、近いか!?

● ヤンジャン
・ キングダム

 成蟜は、もう遅いか早いかの差だけで、死ぬの確定みたいな状態だよね。
 こりゃ、政の右腕はもがれたも同然だ。

● モーニング
・ グラゼニ

 億単位の商取引やっているのに、このテンションの低さ!
 で、まさかのスーパー選手・上原登場だ。
 これをチャンスに話を流せるのか!(後ろ向きな積極性)

・ GIANT KILLING
 椿が王子に文句いった!
 我が目を疑うような発言している!
 そりゃ、王子も溜めに溜めた後で驚愕するよ。
 これが新生ETUなのか? 業界、激震だよ。

 馴れ合いでなく、本気でのぶつかりあい。
 妥協せずに上を目指す。
 椿の姿勢が真のプロ意識か。
 村越も貪欲に上を目指している。
 目標は日本代表かよ!

 椿の笑顔は消えていない。
 パスは椿から王子へ。
 次のパスがなにかを生み出しそうな予感がするぞ。

トッキュウジャー『1 特急烈車で行こう』、鎧武『18 さらばビートライダーズ』、ハピプリ「3 プリキュアの正体は絶対秘密」

・ 烈車戦隊トッキュウジャー 始発駅『特急烈車で行こう』東映TV朝日
 列車+イマジネーション=トッキュウジャーかッ!?
 よーし! なんだかわかんないけど、わかった!
 いや、ワカらん。ちょっと危険なニオイのする主人公だな。

 つまり、思い込みの力だ。
 リアルシャドーって寸法だな。
 前向きってのは重要だ。すごく重要だけだ、考えなしに突進するのはキケンだぞ。
 刃牙が強いのは精神力が強いからと言うより、肉体が常人と違いすぎるからだし。
 コイツらが強敵と向かい合ったとき、精神力だけで切り抜けられるのだろうか?

 トッキュウジャーは互いの色をチェンジできる!
 列車だけに乗り換えができるのだ!
 これは画期的な変身だな。
 男の子でもピンクつかってイイよ! ってコトですね。
 でも、やっぱピンクを着ている男は違和感があるなー。

 この色チェンジはなんか応用がありそうだ。
 応用を考えるイマジネーションも重要か。
 それはともかく、ロボは下半身がスラっとしすぎてカッコ悪いな。
 このロボをカッコ良く改良するのもイマジネーションだッ!

・ 仮面ライダー鎧武 第18話『さらばビートライダーズ』東映TV朝日
 チーム鎧武は世間の評判をなんとか取りもどそうとガンバる。
 鎧武は街の人をたすけても罵声を浴びせられ、合同イベントの提案も受けいれてもらえない。
 情報操作はユグドラシルのほうがずっと上だろうしな。

 ユグドラシルの内部意思が統一されていない事と、そもそもの目的に問題がありそうなところが弱点だ。
 その弱点のおかげで、素人でも無事にすんでいる。
 いや、モルモットとして観察されているのか?

 戒斗はチームバロンを抜けてユグドラシルとの戦いに専念する。
 そうはいっても、どう戦えばいいんだろう。
 会社に忍び込んで破壊工作でもする気なのか?
 これじゃ本格的な犯罪者になってしまう。

 DJサガラは共同ダンスイベントを後押しするような行動を取っている。
 貴虎メロンとプロフェッサー戦極とだけでなく、DJサガラも勝手に行動しているのだろうか?
 ダンスイベントはライブ的には失敗っぽいがネット中継で成功したのかも。

 そして、ダンスイベントにドリアンも乱入してくる。
 ドリアン乱入、って言葉のひびきが刃牙っぽくて良いな。
 鎧武はジンバーレモンにならずとも、けっこう戦えている。
 こいつもずいぶん戦闘に慣れてきたってことだな。
 単純に性能差で勝っているだけでなく、ライダーに適応しはじめている。

 チームバロンのNo.2で、現リーダーのザックも変身だ。
 仮面ライダーナックルの誕生だッ!
 昨今の武器に頼るライダーのなかにあって、拳で戦う姿は気持ちがいい。
 もっとも、拳が武器みたいになっていますが。
 ブラック★ロックシューターのストレングスみたいな腕に惚れてしまう。(参考おまけ

・ ハピネスチャージプリキュア!「第3話 秘密がばれちゃった!?プリキュアの正体は絶対秘密!!」ABC東映
 プリキュアの正体は秘密だ!
 恋愛も禁止だぞ!
 なんかアイドルグループみたいな掟だ。
 恋愛のもつれ、だけでなく、なにか裏がありそうが気がする。

 正体は秘密だけど、すぐにバレそうだ。
 プリキュアの超技術で記憶の消去とかできないんですかね。
 もらった携帯電話はなんか触感すら伝えていそうな超技術なのに。

 幼馴染の危機に、めぐみの怒り爆発だ。
 プリキュアは感情によって強くも弱くもなるようだ。
 だから恋愛禁止をするのか。

 めぐみと誠司は完全に脈がないな。
 むしろ、ひめが危ない。
 あの人、男子に免疫ないから弾みで落ちそうだ。
 ブルーはそのへんのことを読めているのか?

真・餓狼伝「43話 二人の想い」感想


2014年2月13日(11号)
第四十三話 / 二人の想い

 丹波文吉と黒岡京太郎の素手と木剣の長かった死闘もついに終わった。
 長かった。
 ほんとうに長かった。
 とにかく終わったのだ。長かったけど。

 丹波親子は紀州から東北の自宅へ帰る。
 文吉は、丹水流の交流会に参加するつもりだ。
 各地の丹水流が代表者を出し最強者を決める。それが交流会だ。

 丹水流って、けっこう全国に広がっているんですね。
 油断していたらシベリア丹水流とか出てくるかもしれない。
 武術にとって門下生の数は難しい問題だ。
 多くの人間に学んでもらい、勢力を拡大したい。
 だが、多くの人に知られると研究されて弱点も知られる。

 江戸時代に各藩が御留流として、武術の秘密を守ろうとしたのも弱点を隠すためだ。
 なので、全国各地に丹水流が分派しているのは、けっこう異常なことである。
 これは丹水流の成立や技術体系などに関わるコトなのだろうか?

 丹波久右衛門は本家の人間なので、なんか知っているハズだ。
 だが、秘密があるそぶりすら見せない。
 当事者だから自分の流派の歴史はあたりまえで、べつに触れることもないんだろうけど。
 文吉は強いけど、まだ元服前の十五歳だし、まだ秘密を教えていないのかもしれない。
 ナゾがあるのかどうかすら、ナゾの状態である。

『数か月の後 丹波親子は』
『丹水流交流会の当日を迎えた』

『決勝戦の相手は当交流会の大本命と目されし男 "千切り締め"の杉村真澄』
百進百退の攻防の末――――――――』
『今 丹水流交流会を丹波文吉が制したのである』


 早ッ!
 京太郎との試合を長くやっていた反動なのか、回想で流しやがった!
 たしかに交流会はあまり重要じゃないのかもしれない。
 話の本筋は、丹波久右衛門と嘉納治五郎の因縁だ。
 そろそろ本題にもどるべき時かもしれない。

 京太郎は一見関係なさそうだけど、文吉と同年代の友であり兄弟弟子という縁ふかき相手である。
 第一話の表紙にも出ているっぽいし、京太郎は文吉にとっての重要人物だ。
 いつか文吉が苦しみ抜け出せなくなったとき、助けに来てくれるかもしれない。
 警官になる予定だから、助けるよりも取り締まる側になる可能性高いですが。
 身内だから、よけいにキビしくいくぞ!

 とりあえず、丹水流本家が優勝して、復活をアピールした。
 丹波文吉は当面の目標を達成したといえる。
 すると、次にすることはなんだろうか?
 他流との交流か?

 だが、事件は向こうからやってくる。
 交流会が終わり、帰宅した丹波親子に迫る影があった。

『その晩』
『闇よりも深き漆黒を纏いし人影が…』
『丹波家へと接近(ちか)づいていた』


 黒いフードをかぶりドクロの面をつけた人影が、5人以上いる!
 なんだ、この中二病まるだしの連中はッ!?
 いきなり雰囲気が あやしくなってきた。
 超・柔術で能力バトルになったりするのか?

 いきなり世界観を破壊するような刺客がやってきた。
 まさか普通に玄関から入って、弟子にしてくださいと土下座したりしないだろう。
 黒だから夜に目立たない格好のつもりだろうか。だが、間違いなく変態です! と主張している衣装だ。
 白い服を着ているよりも、キケン度が高い。
 彼らの本気度がワカる。なにに本気なのかワカらんが、正気を疑うレベルの本気だ。

 武術家の家はいつ襲われてもいいように要塞化している、かもしれない。
 丹波親子は黒衣のドクロ集団をしりぞけるコトができるのか?
 そして、無事に世界観を守る事ができるのか?
 緊迫の次回につづくのだった。


 前にも書いたが、小説餓狼伝に登場するナゾの古流柔術・スクネ流にはタンスイという技(または毒物)がある。
 それが丹水流とかかわりがあるのかもしれない。
 自体は、硫化水銀や薬の総称だ。
 タンスイとは、いかにも毒物っぽい名前である。

 鉱物の採掘には土地を探さないといけない。
 全国各地を巡り有望な土地を探す山師を、政府が派遣していたことだろう。
 各地を回るのだから、ついでに情報収集もしたはずだ。
 実際に旅をする商人や僧などはスパイの役割も果たしている。

 そうなると身の危険も増えるので、独自に護身術を編み出したかも。
 こうして日本の各地に丹水流を名乗る武術家が増える。
 そんな妄想が広がる。
 スクネ流は天皇の護衛であり、暗殺者でもあった。
 そんなスクネ流の出先機関として各地に散らばるタンスイ流があるのかもしれない。

 丹水流に誕生した稀代の天才・丹波文吉を真の本家であるスクネ流が狙っているのかも。
 餓狼伝では、嘉納治五郎がスクネ流の秘伝書を持っていたことになっている。
 秘伝書といえば、久右衛門が数多くの本を書いているのだが……

 ついに、餓狼伝から始まるナゾの武術が明らかになっていくのだろうか?
 なぞ、この物語が、"真"餓狼伝なのか?
 すべての謎が明らかになるかもしれない。
 たぶん、ずいぶん後になってからだろうけど。

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年10号感想

・ 弱虫ペダル
 青八木が信じていてくれるから!
 最後の最後で、心の支えがそれかッ!
 手嶋が逆転勝利だ。
 でも、負けた古賀も強かった。
 もう、髪染めて伸ばして鏑木ですって偽装して出場しちゃえよ。

・ 浦安鉄筋家族
 16年ぶりのアニメ化!
 前は放送できないネタが多すぎて不自由な感じだったが、今回はどうなる?

 最近出番がすっかり減っている桜姉ちゃんがメインだ。
 たまに出てくるとすごい反抗期に入った感があったけど、思ったより普通ですね。
 順子ママの血が顕在化して、バイオレンスに強くなりそうな感じがする。

・ 囚人リク
 殺し屋・沢田のカンが冴える!
 いびつながらもチームとして機能しているな。
 同型のロックは練習台なのか?
 農場の動かし方がワカれば応用であけられるぞ! ……たぶん。

・ バチバチBURST
 すべて出し切った、と思ったところから、さらに湧きでた!
 地道な稽古は裏切らない。
 思わず常松も信頼しちゃうのは、そばで稽古を見続けていたからだ。
 ぶちかまし、空気投げにつづいて、出てきた勝利パターンは基本の基本・押し相撲だった!

 闘海丸は右上手を取ろうとして、重心が上がっちゃったんだろうな。
 負けて、闘海丸が感動している。
 この感動で稽古すれば、さらに強くなるだろう。

 王虎だって地道で陰惨な稽古を積んでいるから侮れないんだよな。
 相手すら感動させる火の相撲が鯉太郎だ。
 王虎は相手を破壊し観客をも凍りつかせる氷の相撲をとる。
 相反する属性の二人がぶつかる時、土俵が震撼するぞ!

・ ペーパーブレイバー
 可愛い女の子が出てくると、すぐ新手かッ!?と身構えてしまうクセがついてしまった。
 どう考えても新手なんですけどね。
 年齢的に魔王ってことはないだろうけど、どんな職業だろう。
 子供だから、黒魔道師とかの戦闘・後衛職か?

・ 実は私は
 どこであれほど強力なロシアンシューを作成したんだろう。
 みかんも超技術を有しているんだろうな。
 そして、新属性・魔法少女の入手おめでとう。

・ 錻力のアーチスト
 強打者でも打てない時があるのが、錻力のリアリティーだ。
 心臓ブッ叩いてもホームランにはならないのか。
 清作はチームバッティングに目覚めたワケでなく、新たなホームランの予感に喜んでいるだけだと思う。

・ イカ娘
 ケンカするほど仲がいいってヤツですかね。

・ クローバー
 やっぱ、吉良は蹴らないと。
 意地張って相手の殴りあいに付き合っちゃったってコトなのか。
 残りはハヤトとゲンゲンだけど、ゲンゲンに一抹の不安がのこる。

・ 真・餓狼伝
 42話感想はこちらへ。

・ ドカベン
 Kジロー、敗れても解説者として登場か。
 あいつは野球知識もあるから最適かもしれない。

・ バーサスアース
 ライツもやられた!?
 なんかもう、はやくひと思いに楽にさせてくれって感じの戦線崩壊っぷりだ。

 兵真はゲトレーの弟子だったのか。
 弟子を我が手にかけねばならぬというのも厳しい試練だ。
 それでも折れぬ強き心と、したたかな準備が必要ってことか。
 ハルトも学ぶんだ! あ、気絶中ですか。

・ 名探偵マーニー
 誘拐と思わせて、保護だったと言う逆転現象か。
 ひねりの効いた展開ですね。

・ ウチコミ!!
 顧問はけっこう深い洞察力もっているみたいだな。
 柔道の猛者なのかもしれない。
 紅林も中学生時代は仲良かったんですね。

・ 雨天決行
 ノヅチツチノコか。
 けっこう有名どころがきたな。
 なんかちがう的な能力だけど、能力吸収と土操作系で強そうだ。
 五行だと土は水に勝つ、ので天野くんにとって天敵っぽい。
 なんか、天敵多い気がする。

・ バキ
 来週のチャンピオンでバキ新シリーズのタイトル発表だ!
 やっぱり、どこかに"バキ"が入ると思うのだが、どうか?

 たとえば、バキの細胞をSTAPで増殖させて皆に移植して全員バキ化、遺伝的にハンデ無しの状態で主役交代して再スタートとかどうだろう。
 タイトルは「バキップラー加藤」。

● ヤンジャン
・ キングダム

 叛乱の大義名分の有名例「君側の奸を除く」を使用していたのか。 そりゃ、住人も乗せられちゃうよな。
 水戸黄門を倒したいときに、直接に黄門さまを襲うと大罪になるし人が付いてこない。
 だから、印籠をかってに使っている助さん角さんという「君側の奸を除く」と言えば、叛乱を起こしやすいのだ。

・ デストロイ・アンド・レボリューション
 大槻の行動を見ていると「片思いってつらいよね」という場違いな感想が出てくる。
 ガンダム世界では、ニュータイプが誕生しても人と人が分かり合えなかったと安彦良和が言っていた。
 こっちの世界じゃ、ワンネスを手に入れても分かり合えないんだよな。

● モーニング
・ グラゼニ

 高校生時代はスピードガンを見ても、オフシーズン無理に速球を投げない自制心を評価されていた凡田だけど、交渉事に流されてばっかりだ。
 流れ流され米国の東海岸まで流れてしまうのか!?
 レッドソックスには日本人選手もいるんだし、ブルーソックスにもいそうだ。
 環境はイイよ、たぶん。(無責任ななぐさめ)

・ GIANT KILLING
 防御を4枚から3枚に減らす。
 村越を守りに使い、椿を上げる。
 なるほど、村越はこう使うのか!
 いなくなった黒田のぶんまで働かなきゃいけないんで大変だろうけど、がんばれ!

 そして位置取りじゃなくて口元に注目かよ。
 笑っている! フットボールを楽しめ!
 問題解決は原因が分かれば解決したも同然と言いますが、だったらコレだとゴールしたも同然か!?
 やっぱ、椿は何も考えずに走るのがにあう。

キョウリュウジャー「終 さよならキョウリュウジャー」、鎧武『17 桃のライダー、マリカ光臨』、ハピプリ「2 ハピネスチャージプリキュア結成!!」

・ 獣電戦隊キョウリュウジャー「ブレイブ ファイナル だいばくはつ! さよならキョウリュウジャー」東映TV朝日
 最終決戦だッ!
 傷つきながらもみんなはキングをデーボスのもとへ送り届ける。
 キングもそうとう負傷しているけどな。

 そして、ラスボスと生身でファイトだッ!
 キング、変身してなくてもイイ動きしやがるッ!
 みんな歌で応援してキング大勝利だ。
 画面にはうつっていないけど、きっと今までキョウリュウジャーに助けられた人たちも歌っているんだろうな。

 キャンデリラとラッキューロは地獄でカオスの撃破に協力する。
 二人を危険だと判断して切り捨てたことが、かえって首を絞めたワケだ。
 デーボス軍は因果応報というか、他人にした仕打ちで滅びるヤツらが多い。
 一時期は仲の良かった家族企業だったのに、業績優先で非情になって、逆に滅んだのか。

 そして、キャンデリラとラッキューロは普通に生き延びる!
 トリンも認めてくれた。良かった!
 和解エンドに行くには、あいつがイチバン恐ろしい障害だったからな。

 キャンデリラとラッキューロは人助けに生きると決意する!
 怪人姿のままでッ!
 おまえら、ありのままの自分すぎるだろう。
 もうすこし優しいウソをついてもいいんだぞ。
 せめて人間形態になって人助けしようよ。

 キョウリュウジャーの戦いはまだつづく!
 ついでに、キャンデリラとラッキューロの人助けもつづくぞ!
 なんか、ふつうに第二期が始まってしまいそうな最終回だった。

・ 仮面ライダー鎧武 第17話『桃のライダー、マリカ光臨!』東映TV朝日
 龍玄=光実はユグドラシルのメンバーとして活動すると決意した。
 う~む、ナニを見たんだろうな。
 で、紘汰の鎧武ベルトを奪うのが最初のミッションだった。

 直接たたかって奪うのは気が引けるので、すごく回りくどく奪う作戦をたてる。
 卑怯なうえにややこしい!
 こりゃ、失敗するよ。
 昔から人質交換は、同時に人質を歩かせるか、交換アイテムを中央に置かせるもんだろ。

 なんかツメが甘いと思っていたら、実行部隊のドリアンと桃ライダーのマリカには思惑があったと、あとで判明する。
 チームの意思統一ができていないと上手くいかないってことですね。
 つまり、今後のチーム鎧武もヤバいんじゃないか?

 鎧武ジンバーレモンは、ドリアンとの技術差を超え、マリカすら圧倒する。
 こりゃガンダム級の強さだな。
 光実は紘汰を助ける。
 が、うまくプロフェッサー戦極を抱きこんでユグドラシル在籍もつづけるのだった。

 これは、矛盾の先延ばしだよな。
 やりたくない選択をしないってのは、すごく良くわかる。
 だが、かかえている問題が大きいだけに、このツケが重くなりそうだ。
 これも新たな不幸フラグだろう。

 ちなみに紘汰にしっかりと立っている不幸フラグは「就職できない」だ。
 最終回までにバイトか就職が決まるんだろうか。

・ ハピネスチャージプリキュア!「第2話 ひめとめぐみの友情!ハピネスチャージプリキュア結成!!」ABC東映
 ひめ様、めんどうくさい人だな。
 だが、キュアラブリーを助けるための攻撃が頭突きだ!
 姫とは思えない攻撃だな。
 あと、声がかなり勇ましい。

 ダメダメなひめを、めぐみがおだてる!
 異常なまでの前向き思考だ。
 これぐらいハッピーじゃないとプリキュアのピンクはできないんだろう。

 強くなるには、変身ポーズから!
 カッコ良く見えるのはけっこう重要だぞ。
 とくに ひめ様はテンション落ちやすいし。
 ハピネスチャージのチャージする相手は、ひめ様ってワケですね。

前回のコメントより
> ありがちですが、ヘルヘイムは未来の世界だったりして。兄が見せたのは朽ちたユグドラシルタワーとか。
 今までの残月の行動を見直すと、けっこう公平で正義感のある人なんですよね。
 おおくの人を救わなくちゃと言う使命感が彼らを動かしていると言う感じはあります。

真・餓狼伝「42話 / 誓い」


2014年2月6日(10号)
第四十二話 / 誓い

 出会いがあれば、別離(わか)れもある。
 丹波文吉と黒岡京太郎は、出会い、闘い、理解しあえた。
 短い期間だったが、濃密なまじわりをした二人は長年の友のようになっている。

 文吉は学校で孤立していた。
 その後は父・久右衛門と二人だけで修行している。
 友達の少ない人生だ。
 やっと同年代の友ができた。
 でも、お別れです。

 東京にいく太浦警視総監は京太郎を連れいていく。
 いまの京太郎なら紀州に残していても、みんなに認められて育ちそうだ。
 でも、やっぱり責任をもって自分が育てるってことなのか。
 太浦のところで生活すれば肉もたっぷり食えそうだし、もしかしたら大きくなれるかも。
 小兵のハンデに苦しんでいた黒岡一族が身長を手にいれたら、最強だ!

 もはや言葉を交わさずとも通じあってしまっている文吉と京太郎であった。
 だが、それはそれとして京太郎の父・喜八の剣を踏み折った件をわびなきゃイケない。
 文吉のとった責任とはッ!

「詫の印に金輪際甘い物」
「食わね――ゼ」


 ッ!
 好物の甘い物を断つ!
 この壮絶な決意にみんな大爆笑する。
 たしかにガキっぽい決意だけど、文吉が下戸だったら人生に大打撃だぞ

 こうして文吉と京太郎はわかれていく。
 京太郎は東京で警官を目指すらしい。
 のちに文吉が講道館柔道を狙って闇討ちするようになる。
 警官になった京太郎が、犯人見つけて刀でブッた斬ってみたら、文吉だったなんてオチはないよね。

「喜八は」
「誇り高き武人じゃった…
 おそらくは死を選んでまでも…」
「京太郎君に強き侍の姿以外を見せたく無かったのじゃろう…」


 久右衛門は喜八切腹の理由をこう考えた。
 ずっとナゾのままだった喜八が自害した理由が判明したぞ!
 久右衛門の推測だけど、親友の言うコトだから大きく外れていないだろう。

 しかし、喜八はもうちょっと説明してから切腹してほしかった。
 タダでさえ切腹と言う衝撃が大きいのに、さらに大きな疑問まで置いていくなんて。
 武士はなりと投げっぱなしですね。
 それとも急な病気とかで、いきなり衰えていたのかもしれない。

『皮肉にも…この時 丹波久右衛門の身に喜八と同じく…』
『"死"の選択が近づいて…いた!!』


 って、久右衛門に死かよ!
 やっと本題に入ったな。
 ながい遠回りの回想だったが、ついに久右衛門の死に関する謎があきらかになりそうだ。
 もう、これ以上の寄り道はしないよね?

 久右衛門はいまさら体面を保つ必要もない。
 自分から戦うようなこともないだろう。
 死ぬ要素があまり思いあたらないのだが……

 文吉は講道館の嘉納治五郎をうらんでいた。
 うらむだけの問題がこれから起きるのだろう。
 文吉は京太郎の闇を闘うことで吹き飛ばした。
 だが、自分自身の闇を消すコトはできなかったようだ。
 純粋な格闘技好きの少年が、闘争に餓えた狼と化す瞬間が迫っている!ッ

------
・おまけ 新刊情報
バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)