2014年04月

真・餓狼伝「52話 弱き者」感想


2014年4月24日(21+22号)
第五十二話 弱き者

 丹水流が陰の最強と言われるのは、世間的に最強といわれる流派を闇討ちで倒しているからだ。
 80年に一度の周期で丹水流は暗躍し、明治の世になってもその活動はつづいていた。
 今回、丹水流から選ばれた刺客は丹波久右衛門だ。
 そして、狙う流派は講道館柔道ッ!
 狙われる側にしたら、すごく迷惑だぞ!

 長い丹水流の歴史上もっとも才が無いといわれるのが丹波久右衛門だった。
 いや、言いすぎか。
 でも刺客である証頂者としてはダントツに才がないハズだ。
 闇討ちするにしても、普通に道場をたずねてしまう。

 いや、それはもう闇討ちじゃない。道場破りだ。
 弟子にとりかこまれてフルボッコにされてもおかしくない行為だぞ。
 やっぱ、才無いのかも……

 牙無きケモノのオーラが出ていたおかげか丹波久右衛門は、講道館四天王の横山に安全判定されて道場に通されてしまう。
 能力に加えて人柄も良いから危険なニオイがしないのだろう。
 久右衛門は才がないなりに強い。
 いっぽ間違えたら、スゴ腕の暗殺者になっていただろうな。

 その夜、道場に通された丹波久右衛門は、講道館柔道の創設者である嘉納治五郎と出会う。
 運命の夜に、なにが起きたのか……

「……そろそろ」
「来る頃だろうと思っていました」
「丹波」「文吉君」


 丹波久右衛門が一子・文吉が治五郎の前にたつ。
 文吉は講道館の猛者たちを闇討ちしまくっていた。
 理由は2年前の久右衛門と治五郎の出会いにあるのだろう。
 しかし、丹水流は本当に闇討ちの好きな流派ですね。

 文吉は前田光世と死闘の末引き分けた。
 若さによる肉体と、経験による技術のバランスを考えれば、前田は講道館最強のひとりだ。
 文吉は前田と互角に闘えたのだから、治五郎あいてなら勝てるハズだが……

「……親父」
「死んだよ」
「近くの神社でさ」
「腹切って」
「果てた」
「あんたと勝負した後にね」
「もう二年も前だけど」


 久右衛門、やっぱり死んでいたか!
 しかも、切腹で。
 自殺のなかで、もっとも痛くて死ににくくて損傷も激しい、キッツイ方法だよ。
 江戸時代の武士・松平外記は、同僚を切り殺したあと切腹したが死にきれず土間へ下りて箱段の下で咽(のど)を突いてそのまま果てたという。(参考:男の嫉妬)
 切腹しても、人間って動き回れるものらしい。

 久右衛門の親友である黒岡喜八も切腹して果てた。
 ほろびつつある武士の時代に二人は殉じたのだろうか。
 おそらく二人とも残していく息子を案じながら逝ったのだろう。
 残念ながら、ふたりの息子はふたりとも、親の気持ちが届かず暴走してしまうのだが。

 文吉は父がなぜ死んだのか知らなかった。
 真相を突きとめるため二年かけて丹水流の暗部を探り、嘉納治五郎にたどりつく。

「親父の遺体を見たよ」
「親父の全身は腫れて痣だらけだった」「数か所骨折もあった」

「講道館は… 嘉納治五郎は」
「"弱い"者をああまで痛めつけて己の強さを証明するのか」


 丹波文吉が執拗に講道館を狙い、恨んでいた理由がこれかッ!
 一流であれば、すぐに久右衛門が弱いとワカる。
 ワカったうえで、痛めつけた。

 武術とは女子供のような弱い人間でも勝てるための術だ。
 だから、弱いものいじめをするためのモノじゃない、ハズ。
 安全に生きるためにも、むやみに敵をつくらないコトも大切だし、恨みを買う行為はつつしむべきだ。

 嘉納治五郎は人格者であると、歴史資料が伝えている。
 理性的にも性格的にも、嘉納治五郎が久右衛門を痛めつけるとは思えない。
 久右衛門を、いたぶったように見える傷痕にも理由がありそうだ。

 だが、頭に血がのぼりきっている丹波文吉は、難しいコトを考える余裕がない。
 生きていた父を痛めつけられ、死した父を侮辱され、ブレーキも後退のネジもハジケとんだ!
 文吉は一直線に治五郎へ飛びかかる!
 まだ、治五郎は肝心なぶぶんを話していないぞ!
 こんな状態で、次回につづいちゃう!


 久右衛門は、やっぱり死んでいた。
 しかも、かなり苦しい死にかたをしている。
 予想よりも、はるかに悪かった。
 嘉納治五郎はスマートに投げ倒すと思っていたんだけど。

 そう、嘉納治五郎ほどの男が、なぜ久右衛門をいたぶるようなコトをしたのか?
 久右衛門は才もないし強くないのだが、理論を語らせるとスゴい。
 我が身を実験台にして、嘉納治五郎と武術談話をしたのかも。
 久右衛門は死ぬのが確定みたいな状態だし、最期に己の理論を伝えたかったのかもしれない。

 嘉納治五郎も才よりも理論で強くなった男だ。
 二人は通じ合うものがあったのかも。
 そして、嘉納は久右衛門から教えられた技術を文吉に伝える気かもしれない。
 すべての真相を知ったとき、文吉はどうするのか?
 ついでに前田光世との決着もどうするんだろう。

------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

真・餓狼伝 5 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝5巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘もクライマックスだ。
そして、丹水流の不気味な闇が迫ろうとしている……
5巻は37話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

トッキュウジャー『10 トカッチ、夕焼けに死す』、鎧武『27 真実を知る時』、ハピプリ「13 強敵登場プリキュアハンター」

・ 烈車戦隊トッキュウジャー 第10駅『「トカッチ、夕焼けに死す」』東映TV朝日
 今日はちゃんと録画できていて一安心だ。先週の録画失敗はなんだったんだろう。
 トカッチは体力強化のトレーニングに励んでいた。
 肉体を鍛えるのはいいけど、トッキュウジャーの場合はイマジネーションや戦闘経験をつむことも重要っぽい。
 要はバランスですね。山本選手のようなバランスが重要だ。

 で、トカッチは烈車をおりて、一駅分はしって追いかけるトレーニングをする!
 やりすぎだッ!
 バランスが重要なんだって。

 今回の怪人タイプシャドーは勝手にタイトルをつけて、そのタイトルを実現させてしまう能力がある。
 烈車は去っていき、トカッチは「トカッチ、夕焼けに死す」と予告されてしまう。
 マジメに使えば、スゲェー怖い能力だな。
 怪人がアホでよかった。

 シャドーラインの幹部たちは今日も考えていることが全員バラバラだ。
 タイプシャドーも使いかたをみんなで相談していれば必勝パターンを考えることができたかもしれない。
 もっとも、今回のトカッチも作戦を相談してなかったケドな。

 でも、仲間のフォローを信じて戦っている。
 こういう発想がイマジネーションだ。
 気合でなんとかしろっていうムチャな精神論とはちがう、これが烈車戦隊のイマジネーションかッ!?
 ムチャとイマジネーションは違うってことですね。

・ 仮面ライダー鎧武 第27話『真実を知る時』東映TV朝日
 紘汰は光実に背中から撃たれてしまう。
 さらに、光実はトドメを刺そうとする。さすがミッチ、容赦ないな。  だが、それを止めたのは戒斗だった。

「俺の敵とは 強い者を背中から撃つような奴だ!」

 わりと武士道っぽい考えをもっているんですね。
 背中から斬りつけるのは卑怯なんで嫌がる武士も多い。
 葉隠でも声をかけてから斬りつける描写がある。
 だが、勝利こそ至上って考えもあって、背後から不意討ちしている人もいる。
 主義や行動が一貫していないのが、武士の行動の記録っぽい。

 九死に一生を得た紘汰は偶然ドリアンと出会う。
 ドリアンはロックシードの果実を食べそうになっていたが、戦場のオキテで思いとどまる。
 SASだと、どうしても拾い食いするときは食べ物を腕の皮膚にはりつけて異変がおきないか確認して、次に小片を口中に入れてようすを見て……と安全性を確認するらしい。
 と、たしか『最新SASサバイバル・ハンドブック』に書いていた。
 よく初めてフグ食った人ってスゲーなって話をしますが、それって常に店で食べ物買っている文明人の発想なんだろうな。

 ちがう文化の人とは常識がちがったりして、なかなか理解しあえない。
 オーバーロードとも、難しい関係になってしまったが……
 紘汰と貴虎は、オーバーロード対策を通じてかなり好感度をUPさせた。
 上手くいかない関係もある一方で、この二人のように協力できる時もある。
 未来にも少し期待がもてそうだ。

 でも、紘汰と貴虎って作中随一のおバカ コンビだよな。
 ダマされそう。
 紘汰は光実に失望されてダマされ、貴虎は戦極に失望されてダマされている。
 人間同士でさえ、なかなか協力できないんだから、オーバーロードと仲良くなるのも大変だろうな。

・ ハピネスチャージプリキュア!「第13話 強敵登場!キュアフォーチュンVSプリキュアハンター!」ABC東映
 プリキュアハンター・ファントムがキュアナイルを倒した!
 キュアナイルはぼっちプリキュアだったから弱かったのかも。
 プリキュアは二人以上になってこそ強さを発揮するんだし。

 幻影帝国のクイーンミラージュはブルーと因縁があるようだ。
 ブルーを殺すことはクイーンミラージュの望みじゃないらしいし。
 クイーンミラージュは、ものすごいヤンデレなのか?

 襲ってきたファントム相手に、キュアラブリーが戦闘状態にはいる。
 だが、ファントムは強い。
 キュアフォーチュンが加勢に入ったけど勝てないし、ダメージも与えられなかった。

 ふたりのプリキュアでもダメなのか。
 人数を増やせば大丈夫なんだろうか?
 四人がかりでも倒せる気がしない。
 新しい技を開発しないとダメっぽいな。

刃牙道「11話 仏作って魂入れず」感想


2014年4月24日(21+22号)
第4部 第11話「仏作って魂入れず」 (982回)

 範馬勇次郎は"地上最強の生物"と呼ばれている。
 巨大な北極熊、未知の生物っぽい夜叉猿、怪物のようなゾウ、その他あらゆる動物を屠ってきた。
 さらに強い相手をもとめて、素手のまま戦場へッ!
 素手でありながら、一国の軍隊に匹敵する戦闘力と評価される。

 そんな範馬勇次郎と戦いたいと言う漢(おとこ)があらわれた。
 花山薫。
 素手喧嘩(ステゴロ)にこだわる喧嘩最強ヤクザである。

 だが、すでに花山は勇次郎に敗北しているのだ。
 それも、はっきりとした惨敗である。
 子供が大人に勝てないような、歴然としたパワー差を見せつけられた。
 なのに、また戦うのか?

「範馬勇次郎と闘いたいと……………」
「そんな勇ましい言葉」
「久しく耳にしとらんでの」


 花山の願いを聞いた徳川さんは嬉しそうだ。
 徳川さんは自分が闘わないから、わりと人をけしかけるのが好きだよな。
 数万の血を吸い、天下を喰らった巨凶・徳川の血がなせる技なんだろうか。

「武道家は特攻隊じゃない」「勝算のないケンカはせんよ」

 とは空手の達人・愚地独歩のセリフだ(G刃牙6巻 48話)
 冷徹に勝利を追及する武、ではなく信念をつらぬく侠に生きる花山だから勝算のないケンカもするのだろう。
 過剰なまでの男らしさは、同時に理性の放棄にも見える。
 男らしく生きるのは、難しい……。というか、考えちゃう時点でムリだな。

 徳川さんの見立てだと、花山は勇次郎に勝てない。
 うむ、そうだろうな。

「もはやそれは試合とは呼べぬ」

 そこまで言っちゃうのかよ!
 つうか、鯉にエサをやりながら言うから、イメージ良くないぞ。
 餓えた犬と人間を戦わせて、人が生きながらに喰われるさまを見て喜ぶ悪の水戸黄門みたいな雰囲気を感じてしまう。
 勇次郎が鯉で、お前がエサッ! それを見て喜ぶのがワシじゃ! ……みたいな感じだ。

 徳川さんは調べていた5年前の花山 vs 勇次郎の顛末を語る。
 両手・両足を折られ、子ども扱いされた。
 花山は現役引退のダメージを受ける。
 でも、いつの間にか復帰していますが。

「生涯に渡りトラウマとなるほどの圧倒的決着」

 そこまで言うのかよ!
 勝手にトラウマ認定しやがって!
 あとな、花山はその後、勇次郎にまきぞえ的にボコられている。(G刃牙20巻 173話)
 そこで受けた心身のダメージも考慮してください。
 色つきのシャツに白ズボンの組み合わせは花山だけだから、174話で尻をあげてダウンしている人が花山っぽい。

 だが、花山はこのトラウマを克服しているハズだ。
 脱獄した最凶死刑囚5人のうち一人、深海の怪人スペックとの戦いで、花山は勇次郎にうけた屈辱を思いだしている。
 そして、その体験を克服するように逆転した。(バキ5巻 38話

 このときの花山は、精神に刻まれた範馬勇次郎の影に勝利しているのだ。
 内面世界だけの話かもしれないが、花山は勇次郎を克服した!
 なので、生涯のトラウマはとっくの昔に無くなっているのじゃよ。
 花山の精神力はトリケラトプス並みだ。
 知らない人には意味不明だろうが、迫力があるので説得力も増しているのだ!

 花山は自慢話をしない。
 徳川さんは花山の事情を知らないようだ。
 と言うわけで、勇次郎への恐怖について誤解があるまま話が進んでいる。
 精神的に克服できたが、ケンカで勝てるところに至ってないから、まあイイか。

 勝ち目のない戦いを挑む理由、それは"退屈"だッッ!
 死ぬかもしれない恐怖を上まわるのは、退屈と言う緩慢なる毒である。
 人間は、なにもやることが無いのは最大の苦痛らしい。
 辞めさせたい人間を送りこむ仕事のない追い出し部屋とかの話もある。

 退屈するぐらいなら、範馬勇次郎と闘ったほうがイイ!
 ~~~~~ッッ、いい、のか?
 戦士たちの思考は常人にはワカらないから、しかたがない。

「実はワシも」
「オーガを東京へ呼びたかった」
「花山 薫の名なら あの男も動く」


 けっきょく徳川さんは武蔵のコトしか考えていないっぽい。
 勇次郎と武蔵を闘わせたら、どっちが強い!?
 そんなコトばっかり考えているんだろうな。
 徳川さんも、退屈と言う魔物から逃れようとあがいている人なのかもしれない。
 他人を巻きこむぶん、迷惑度も大きいけど。


 さて、肝心のクローン武蔵ですが81時間たっても、まだ目覚めない。
 作るだけ作っといて、これザマかよ。
 ここのメンバーは、思った以上にボンクラだった。

 人間の赤ちゃんだって、胎内にいるときから意識はあると言う。
 胎教の科学的根拠はやや怪しいが、ありそうな話だ。
 クローン武蔵を出してから悩むってのは、困った連中だ。
 勝算考えずケンカするヤツらばっかりだな。

「仏作って魂入れず」

「数字や科学では辿り着かない領域がある」

「ワシには一人 姉がおる」
「職業 霊媒師」


 ここで徳川さんが出てきた!
 って、姉の存在かつ、霊媒師かよ!
 亀仙人と占いババみたいな関係だろうか。
 どこかに ただよっている宮本武蔵の霊魂を呼ぶんでしょうか?
 江戸時代の日本人はみんな寺に所属する仏教徒だったので、輪廻転生の死後をむかえていると思う。
 タイミング悪く、どっかに転生していたりしないんだろうか。

 とにかく、勇次郎が来る前に武蔵を目覚めさせないと、もったいない!
 科学では辿り着かない領域ってことで、ここでも凶なる徳川の血に頼ることになりそうだ。
 ドーピングを乗りこえたジャック・ハンマーみたいなコトを言い出したから、薬漬けにした反作用でも狙うんじゃないかと心配しちゃったよ。

 クローン武蔵の復活は、徳川姉の手にゆだねられようとしている。
 そんなコトより、範馬勇次郎と言う超パワーが接近するほうが武蔵の復活に影響しそうな気もするんだけど。
 花山は武蔵復活のためのイケニエとなるのか?
 徳川姉は間違ってK-1戦士のほうの武蔵を呼んじゃったりしないのか?(※ まだ、生きてます)
 混迷のまま、次回につづくのだった。


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

真・餓狼伝 5 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝5巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘もクライマックスだ。
そして、丹水流の不気味な闇が迫ろうとしている……
5巻は37話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道10話 感想追記

追記 (14/4/23)
 クローン武蔵の出現に全グラップラー注目だ!
 と、見せかけて花山が勇次郎と闘う気になった!
 このスペシャルマッチは実現するのか?

 花山vs勇次郎をブチ上げたのは、ピクルの時にあまりにピクル中心で話が進んだことへの反省なんだろうか。
 複数の話を用意すれば、どれかがクライマックスになって盛りあがりを維持できそうだし。
 今の武蔵は赤ちゃんみたいなものだから、成長していく必要があるだろう。
 武蔵が成長するまでは、平行してドリームマッチ開催だと嬉しいな。

 過去に勇次郎と良い勝負できたのは、独歩と郭海皇だ。
 どちらも当時の最強クラスだと思う(当時の独歩はバキより強かったと思っている)。
 そうなると、花山はちょっと力不足じゃなかろうか。

 今の勇次郎と闘えるのはピクルぐらいだろう。
 花山もピクルと力比べできたから、闘える可能性はあるんだけど。
 日本刀をパキパキ折られてショック受ける本部、みたいな姿をさらす花山は見たくないな……。
 本部の姿は、なんであれ見たい。解説する姿なら、なお良し。

 掲示板で花山を闘わせるならオリバという意見があった。
 花山 vs オリバ!
 これは見たい。超規格外のパワー対決だ。

 どっちも暗黒街が似合うアウトロー対決である。
 酒場でであって、飲みながら殴りあったりしそうだ。

 blogのコメントに書かれていた意見で「武蔵を刃牙が育てる」ってのがあった。
 これも、ちょっと面白い。
 勇次郎がライバルを求めて刃牙を育てたように、刃牙もライバルを育てる!
 タイトルの「刃牙道」が、刃牙の流派だと考えるなら、武蔵を育てることこそ刃牙道なのかも。



◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

(14/04/18) 今週の真・餓狼伝 感想を更新

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (14/4/22)
トッキュウジャー、仮面ライダー鎧武、ハピプリ感想 (14/4/20)


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年20号感想

・ 弱虫ペダル
 小野田くんはメンタルと戦術はD(ニガテ)だ。
 自動操縦型スタンドのように単純な命令を与えた方が強いってことですね。
 総北のスタイルは、受け継ぎ・つたえる!
 一番人気の巻島から受け継いだ心を、20位の鏑木に伝えるんだ!

・ 浦安鉄筋家族
 鈴木鈴さん、けっこうカワイイ外見ですが、久我重明みたいな危険性をもつ女だ。
 小鉄よ、そのダメージはただ事じゃないぞ。

・ 刃牙道
 10話感想はこちらへ。
 クローン武蔵を放置して、まさかのスペシャルマッチか!?

・ クローバー
 潮が釣りを呼んでいる!
 やはり、この漫画は釣り漫画ってことだな。

・ 実は私は
 新手の悪魔ッ!?
 と、思ったら天使かよ。しかも、堕天使かよ。
 この人は、いままでになくダメな人っぽい。

・ バチバチBURST
 なんだ、この相思相愛と言うか、実は理解し合っていたっぷりは。
 土俵という限定空間で裸になってぶつかり合うと、すべてワカってしまうモノなんだろうか。
 自分への侮辱には耐えられても、虎城への侮辱でキレる。
 火竜はそこまで虎城のことを理解していたのか。

 そして、思いはまだ途切れていない。
 火竜の無念は息子の鯉太郎が晴らす!
 つまり親の代でできなかったことを子供たちに実現させようと。リキシクラフトワークス!

・ イカ娘
 美少女二人だけど、あまり家にあげたくないコンビだな。
 とくに早苗は煮ても焼いても食えない感じがする。
 って、問題は早苗だけか!

・ 囚人リク
 とりあえず、探りの結果は問題なし。
 それでも、まだダマされている気がする。
 みんなでポージングして、看守があっけにとられているスキに脱出とかじゃダメっスか?

・ ペーパーブレイバー
 ビカリさんの信用度ゼロは今までに積み上げてきた実績のおかげだ。
 少しぐらいじゃ揺るがぬ信頼度ゼロだぞ!
 最後のあがきは、魔王を魔法シールドで閉じこめて、強制デスマッチに持ちこむとか?

・ 名探偵マーニー
 ゆりかちゃんもマーニーの苦労をワカってくれれば……
 と、思ったら自力で解決しちゃったよ。
 ゆりかちゃんって、けっこう侮れない能力をもっているな。

・ 思春鬼のふたり
 油断とかはあるけど、戦闘力はハンパないですね。
 前回の裸を初めて見るってところをちゃんとチェックしていたのか。
 まあ、思春期だしな。

・ 錻力のアーチスト
(この俺に膝をつかせるとは…)
 投げたボールへの衝撃が、ピッチャーに伝わるってのは、量子力学的な理論で説明できるのだろうか?
 EPR理論による影響とかで。
 それはさておき、脱衣が止まらない!
 下まで破ききる思いっきりのよさが発揮されたときこそ、勝利につながるのか?

・ 青果人
 ヒロインに対して、容赦ない顔面攻撃だな!
 浦安鉄筋家族なみだ。
 ……これがチャンピオンの王道なのか?

・ 真・餓狼伝
 51話感想はこちらへ。
 嘉納治五郎が『東天の獅子』時代より、格段に強くなっていやがる。

・ いきいきごんぼZ
 わずか二週前の『雨天決行』ネタだと!?

・ ウチコミ!!
 体格、経験、すべてにおいて負けているんだから、当然の結果だ。
 なのに、悔しいと思える精神性は将来有望な異形といえる。

・ 雨天決行
「君はエイヴァンの笑顔に"悪"があったっていうのか!?」
 は、良いツッコミだな。
 そして、見事な感動的最終回だ。
 消化不良のぶぶんもありましたが、おおむね良しの終わりだったんじゃないでしょうか。

・ フルット
 無為に流してしまった時間を自覚するのって、最強のホラーだよね。

● ヤンジャン
・ キングダム

 実は敵の副将(?)のほうがヤバくないか?
 武と知がそろっている強敵だな。
 この戦、思っていたよりずっと大変そうだ。
 いきなり計画失敗のピンチですよ。

● モーニング
・ グラゼニ

 グラゼニBL編「きのう何投げた?」が始まる!?
 BLとは、凡田LOVEの略称だったのか。

・ ジャイキリ
 あの激闘もニュースだとこんな感じに略されちゃうのか。
 王子が最後まで好調に活躍していたと思われそうだぞ。

 この順位、いちおう優勝可能圏内なのか?
 かなり厳しそうではありますが。

鎧武『26 バロンのゲネシス変身!』、ハピプリ「12 プリキュア失格の危機」

・ 烈車戦隊トッキュウジャー 第9駅『思いは片道切符』東映TV朝日
 なんか開始1秒で録画が止まってしまったらしく、冒頭のCMすらうつっていなかった……

・ 仮面ライダー鎧武 第26話『バロンのゲネシス変身!』東映TV朝日
 紘汰は精神的に弱いので、ちょっと舞に追いつめられただけで全部のヒミツをゲロってしまうのだった。
 12話で「絶対にバレる」と予想したけど、まさかバラすとは思わなかった。
 これには温厚な光実もブチキレる。
 もう、何回キレたことらや。

 ヘルヘイムとユグドラシルの真実をあきらかにしようとする舞を光実は妨害する。
 直接ユグドラシルが手をださないってコトは、あまり真剣に隠蔽する気がないのだろうか?
 本気で情報を隠したいのなら、部外者である紘汰と戒斗には監視をつける必要がある。
 そのへんがユルくなっているのは、そろそろ人類60億人の排除にかかるからだろうか。

 60億人殺すってのは、なかなか大変そうだ。
 やっぱ感染力が強く死亡率の高いウイルスを散布するのがいいんだろうな。
 高価なワクチンを売れば、自然と貧しい者を選別することできるし。
 製薬会社でもあるユグドラシルも儲かる。
 現実的に考えるとこんなプランだろう。やっぱ、ユグドラシルは潰さないと。

 紘汰はアホだけど、誠実に舞と向きあった。
 光実は紘汰を責めるばっかりで、自分勝手に見えてしまう。
 ちょっと心配していた「光実が舞にフラれて裏切る」展開がついにきた!
 しかも、隠れて攻撃するコトで、自分の悪事もごまかすという陰湿な行動だ。
 う~~ん、ミッチーなんかイイ死にかたできなさそうだ。

 鎧を装着する前に鎧武は背中を撃たれてしまう。
 そのまま落下して着水……じゃねェ!?
 水、水ないよッ!
 マズイッ!
 平成ライダーの生命をなんども救ってきた水に落ちたら生存フラグが機能していない!
 かつてないほどの危機感を見せつけて、次回につづくのだった。

・ ハピネスチャージプリキュア!「第12話 めぐみピンチ!プリキュア失格の危機!!」ABC東映
 めぐみが、学校のテストで学年でビリになっちゃった!
 プリキュアのピンクはアホの子という伝統がハピプリでも根づいている。
 てっきり、ひめのほうがアホの子だと思ったんだけど。

 ひめは教えることの喜びを知ったらしい。
 上から目線の快感があるってのが、王族の証だろうか。
 でも、人に教えるコトは、自分が学ぶことにも通じるし、いい傾向だろう。

 しかし、打率が計算できるで喜ぶってのはレベルが低すぎじゃねぇか?
 確率計算は効率化とかに使ったほうがイイぞ。
 勉強は面白くない事も多いけど、たぶん人は死ぬまで何かを学習していかなくちゃいけない。
 だから、勉強する訓練や習慣を身につけるのはイイことだ。

 配球を読めたってのは、なんか勉強とチョットちがう気もするけど、知性派の勝利だ!
 って、今のプリキュアメンバーって、アホの子ぞろいなのか!?
 キュアフォーチュンが合流したら、頭脳的な負担が全部フォーチュンに行ってしょっちゅうキレることになりそうだ。
 それこそ、フォーチュンの言う大きな災いだったりして。

真・餓狼伝「51話 嘉納治五郎の柔道」感想


2014年4月17日(20号)
第五十一話 嘉納治五郎の柔道

 講道館柔道の創始者嘉納治五郎が、米国戦士をおもてなしする!
 米国大使の息子クリス・バーナードは、ボクシングとレスリングのチャンピオンだ。
 どちらも試合でもまれ磨かれるスポーツでありあなどれない。
 だが、嘉納治五郎は国際オリンピック委員でもあり、西洋の格闘技にも通じているのだ。

 クリスは左右の連打を撃ちこむ。
 激しいラッシュだ。
 だが、嘉納はスウェー、ダッキングっぽい動作でかわす。
 クリスの打撃はジャブってワケでもなく、やや雑な感じだ。
 むしろ嘉納の動きのほうが高度なボクシングっぽい。
 嘉納治五郎は、ボクシングもできるのか!?

 そして、左のカウンターだ。
 相手の攻撃を全部かわし、嘉納が狙い済ました反撃をした。
 左といっても嘉納はサウスポースタイルで構えているので、腰の入った打撃になっている。

 それでも体重差はいかんともしがたいようだ。
 クリスはひるんでいるが、あまり効いていないっぽい。
 逆にクリスのパンチをくらったら一発でダウンしちゃうんだろうな。
 優勢なようでも、キケンな綱渡りである。

 クリスは打撃じゃ分が悪いと感じたのか、こんどはタックルできた。
 嘉納の身体が宙にまいそうな弾丸タックルだ。
 だが、嘉納はクリスの身体を上からかかえこんで後方に投げる!
 投げたッ!
 この体重差でッッ!

 相手の動きを利用した投げだろうか。
 まさに芸術的な投げだ。
 タタミでなければ、この一撃で終わっていただろう。

 命拾いしたクリスは嘉納に組みつく。
 体重差をもっともシンプルに利用する気か!?
 だが、嘉納もアッサリ組まれた。
 なにか策があるのか?

 クリスは腰投げっぽく、嘉納を投げようとする。
 だが、嘉納は裏投げで投げ返した。
 この体重差で返したのか!?
 どんなマジックを使ったんだ?
 肝心な部分が描かれていない。そこが秘伝ってことですかね。

『今日使われているレスリングの「バックドロップ」…ルーツは柔術の「裏投げ」である』

 そうだったのかッ!?
 キケンな角度で落とし、クリスをダウンさせた。
 完全に勝負アリだ。
 これこそが、投げで一本と言う状態ですな。

 柔道における一本は、本来充分なダメージで戦闘不能になるから一本なのだ。
 嘉納治五郎は理論派の創始者で、戦闘は弟子の四天王のほうが強いかと思っていたが、そんなコトなかった。
 いや、四天王のほうがもっと強いんだよな、たぶん。実績的に。
 と、思ったが世代交代が進みつつあるから、前田光世あたりが台頭してきているのだろう。

 勝海舟は嘉納治五郎に、丹水流のウワサを伝える。
 でもって、その日にちょうど丹波久右衛門がやってきたのだった!
 横山が、好人物と見て案内しちゃったらしい。
 う~む、横山さん、見る目ありますね。

 今日の丹波久右衛門は刺客なのだが、本質的に好人物だ。
 本来ならキケンなところなど微塵もない。
 だが、今日の久右衛門が刺客であるのは揺るがない真実だ。
 どうやって今日の問題を解決するのだろうか。

 現在の話は回想であり、久右衛門が死ぬのはほぼ確定であるのだが……
 問題なのは久右衛門の息子・文吉が嘉納治五郎をカタキと狙っているコトだ。
 とてもキレイに決着がつくとは思えない。
 久右衛門、せめて苦しまないで死ねれば良いのだが……

------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道「10話 最強という言葉」感想


2014年4月10日(19号)
第4部 第10話「最強という言葉」 (981回)

 宮本武蔵のクローン体を作りあげるッ!
 神や倫理も恐れぬ極秘プロジェクトも、ついに佳境をむかえた。
 培養タンクから、クローン武蔵が出産する!
 武蔵がボチャっと落ちた。

 横たわる武蔵は無言だ。
 ちゃんと自立呼吸できているのだろうか?
 いちおう擬似出産というスタイルで生みだしているのだから、産声で肺呼吸をはじめる必要がありそうなんだが。

 クローン武蔵は診察台(?)に横たえられている。
 全裸でッ!
 台がムキだしなんですが、マットとか敷いてもらえないですかね。
 あと、股間もムキだしだ。
 パンツとか、はかせてもらえないですかね。

 武蔵は培養液のなかで髪もヒゲもツメも伸び放題だった。
 ヒゲは意外と伸びてないな。
 けっこうヒゲのうすい人だったのかも。
 なんか、男性ホルモンのカタマリみたいな人で、ヒゲもスゴイかもと思っていたのだが。
 たとえば、三国志の関羽ぐらいに。(ヒゲありすぎ)

 みんなは、クローン武蔵のツメを切る。
 ニッパーっぽいものを使う。
 そんなに武蔵のツメは丈夫ってコトなんだろうか。
 全身凶器っぽい! これは強さが期待できそうだ。
 ところで、股間の凶器が出しっぱなしなんですけど。

「なんか」
「この手デカいことはデカいけど」
「意外にフツウっぽいというか…」


 そりゃアンタ、ずっと液につかっていたんだ。
 ハシももったことない。
 赤ちゃんの手ですよ。
 刀をにぎったタコとかも無い、まっさらな手だ。
 あと、陰部もまっさらに さらしっぱなしですよ。

 そろそろ、出しっぱなしの陰茎と向き合おうか。
 誰も隠そうとしていないから、こちらもツッコまないワケにいかない。
 もっとも、隠したら怪しんでツッコムんですけど。

 デカカァァァァァいッ説明不要!!
 手よりチ●コの大きさにビビるよ。
 なんで誰もそこにふれない。
 ココだけでも最強という存在感がある。

 あと、武蔵にはスネ毛がありますね。
 15歳の花山にもスネ毛があったのだが、19歳になったら無くなっていた。
 身だしなみを考えて脱毛したのだろうか?
 力士は激しい稽古でワキ毛などがすりきれてしまうらしい。
 花山も激しい脱ぎかたをするので、自然に脱毛しちゃうのかも。

 とにかく、見た目は最強っぽい宮本武蔵が誕生した!
 いや、まだ眠っているからノーカウントだな。
 最低限、自立歩行しないと目覚めたとはいえない。
 クローン武蔵の覚醒はいつになるのだろう。
 あと、パンツはかせてあげてッッッ!


 そのころ、花山薫はアクビをしていた!
 素手喧嘩(ステゴロ)にこだわるヤクザ・花山薫は、根性の特攻隊長・柴千春と飲みにきている。
 アウトローな二人がそろうとキケン度があがるな。
 だが、花山はアクビが止まらない。

 クローン武蔵の製作を受けて強者たちはアクビをするようになっている。
 花山にも症状がでていたようだ。

 だが、柴千春はアクビをしていない。
 う~む、千春は有資格者じゃ無かったのか?
 キケンの察知を根性で押さえ込んでいるのかも。

 自分のとなりで花山がアクビを連発している。
 この状況が千春にとって腹立たしい。

「自分が退屈させてんなら消えちまいましょうかッッ」

 千春が吼えた!
 花山に憧れているが、ただ背後にしたがうのではなく、対等の立場で並び立とうとする気概を感じる。
 範馬勇次郎がストライダムを側近とするために、挑戦しろといっているようなものだ。(範馬刃牙23巻 188話

 花山は自分が退屈しているのは千春のせいじゃないと言う。
 おととい拳銃(チャカ)もった男に襲われたのだが、そこでもアクビをしてしまったらしい。
 相手の攻撃にたいして防御をしない脅威のタフネス・花山薫でも銃で撃たれたら厳しいのだろう。
 花山の身体には弾痕があるから、過去に痛い思いもしたんだろうな。

 しかし、そんな状況でもアクビがでちゃう。
 花山はアクビをしながら相手の拳銃ごと相手の手を握りつぶすのだった。
 口が開いていると、噛みしめられないのでパワーが半減すると言いますが……
 そんな状態でも軽々と拳銃を破壊できてしまう。
 花山薫、やはり恐ろしい男だ。

 花山に気づかわせてしまった。
 柴千春は申し訳なさで涙する。
 任侠の世界だから、義理と人情で熱いヤツらだ。

(この退屈……)
(あの人の前だと…)
(どうなるんだ…………)


 花山が思い浮かべたのは地上最強の生物・範馬勇次郎であった。
 15歳のとき、勇次郎に挑み、実力の差を思い知らされている。
 実力の差、というより単純に腕力の差を見せつけられた。
 この地球上で、もっとも強い生物の前でも退屈なのだろうか?

 なんか今日の花山はいつになくデンジャラスライオンだ。
 自分から千尋の谷に飛びこむライオンと言うか、地雷原を歩きたがるライオンってところ。
 花山に限らず、誰も範馬勇次郎に勝てるとは思えないのだが……
 拳銃を前にしてもアクビがでてしまうのだ。
 ならば、拳銃よりキケンな刺激を受けるしかあるまい。

 思いたった花山は行動が早い。
 武蔵クローン計画でている御老公に直談判だ!

 範馬勇次郎と試合がしたいッ!
 まさかの、スペシャルマッチ依頼だ!
 なんで、直接勇次郎を狙わないのかと言うと、探しても見つからないからだろうな。
 勇次郎はホッキョクグマからアフリカゾウまで、地球中を飛びまわって野生動物と戦っている。
 さらに、西に紛争があると聞けば駆けつけ参加するような生活だ。
 地球中を回っているので、個人のチカラで探すのは難しいのだろう。

 ご老公なら、範馬勇次郎の居場所を知っているにちがいない。
 花山はそう確信したのだろう。
 だが、徳川さんが今執着しているのは宮本武蔵のクローン体作成だ。
 勇次郎の情報を集めていないかもしれない。

 花山薫は勇次郎と闘うことができるのか?
 それとも、徳川さんに利用されて宮本武蔵と戦わされる運命なのか?
 次回につづく。


 範馬勇次郎と闘ったら、どうなるのだろう?
 疑問に思ったらすぐ実行しちゃう男らしさだ。
 普通なら範馬勇次郎と闘ったら死にそうだ、と理性が中止命令をだす。
 まして、花山は15歳で闘ったときは再起不能のダメージを負わされた。
 治ったあとに、さらにボコられている。

 花山の心には、敗北のダメージがないのだろうか?
 結果は関係ない。
 闘いたいと思ったら、闘うしかないのだ。
 純粋な闘争心が花山の行動を決定している。

 この花山みたいなメンタルが刃牙にもあれば……
 ……あれば、『範馬刃牙』は32巻258話)から37巻312話)のコミックス5巻ぐらいで終わっていたかもしれない。
 それでも、本気で闘いはじめてから5巻必要なのか。

 ところで、勇次郎は闘ってくれるのだろうか?
 刃牙と親子ゲンカして、心満たされて闘争心が無くなっている可能性がある。
 宮本武蔵の存在を知ったらヤる気を出すかもしれないが……
 やはり、宮本武蔵か。
 みんなが武蔵をまっている!

 はやく目覚めるのだ。
 そして、パンツはけ。


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!
27話から36話まで!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道 9話感想 追記

追記 (14/4/9)
 ついにクローン武蔵が出産だ!
 でも、クローン体じゃ技術知らないワケだし、あまり強くないよな。
 そこは板垣先生のムチャ理論でなんとかしてくれそう。そのためにもあまり生物の勉強しない方が良いと思います。

 宮本武蔵という素材は超一流だ。
 あとは、これをどう育てるのだが……
 思い切って本部さんに預けてみたらどうか?
 話題にのぼっている戦士たちのなかで、もっとも武器に精通している人だし。

 それに最初が本部だったら、ガッカリした結果になっても、次があると希望がもてる!
 ジャック・ハンマーに預けて失敗したら、薬漬けになっているから再起が難しい。
 リハビリからはじめないとダメだ。

 などと、武蔵育成計画を考えるとなかなか楽しい。
 徳川さんはプロモーターからトレーナーに転職したいのかも。
 つまり「強いヤツらの戦いが見たい」から「強いヤツを育てたい」という欲望の変化だ。
 最高の素材を、オレ理論で最強に育てたい! ……なんかスマフォのゲームみたいだ。
 でも、現実の欲望をフォローするってのには需要があるハズ。

 現代によみがえる宮本武蔵という妄想だけでなく、宮本武蔵に現代の技術を教えると言う妄想も満たせるのかも。
 それだけでなく、既存戦士のパワーアップと言う妄想も満たして欲しいなー
 本部さんに武蔵細胞を注入して、二刀流本部の誕生とかできないんですかね。

 オバマ大統領の訪日に備えてSPが訓練しているというニュースが流れてた。
 SPと言えば天内を思いだす。
 本来なら死刑囚編でこそ活躍できたであろうキャラなんだよな~。
 今度こそ復活するか?



◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

(14/04/04) 今週の真・餓狼伝 感想を更新

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (14/4/15)
トッキュウジャー、仮面ライダー鎧武、ハピプリ感想 (14/4/13)


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

週刊少年チャンピオン2014年19号感想

・ クローズ EXPLODE -外伝-
 クローズ ZERO IIの一ヵ月後の話らしい。
 鈴蘭の最寄り駅はハンパない荒れっぷりだな。

・ クローバー
 悪いイメージしかでてこない綾瀬チームはどんなワナを仕掛けるのか?
 デザートに一服もって差し入れすれば、ミサキチームは全滅すると思う。
 宿と食事は危険がイッパイだから、花京院に拾われたのが今日イチバンのラッキーですね。

・ 浦安鉄筋家族
 芸能人にはうといつもりだが、珍しく男 ヒロミが全員わかった。
 天田ヒロミ選手とか、懐かしいな。
 ちなみに天田ヒロミの名前は『板垣恵介の激闘達人烈伝』16ページにも出ている。けっこう有名な選手ですね。

・ 刃牙道
 刃牙道9話感想はこちらへ。
 ついに出た。

・ 弱虫ペダル
 ついに秘密のお面をとったハコガクの6人目!
 その正体は新開の弟だ!
 これは強そうだ。鏑木より、すくなくとも1.3倍ぐらい強そう。
 でも、兄とちがってクライマーなので、相手は小野田くんですかね。

・ バチバチBURST
 虎城にとって、火竜こそが自分のなりたかった姿なのか。
 本当は誰よりも火竜のことが好きだったくせに。
 近親憎悪よりも、もっと深く熱く暗くてドロドロした感情っぽいな……
 バチバチ過去編はBLではない。もっとおぞましい何かだ。

 相撲に正解など無いと思う。
 やりかたはともかく、周囲の期待にこたえて見事な成績をのこした虎城はまぎれもなく立派な横綱だ。
 なのに虎城が火竜にこだわるのは、嫉妬であり未練だよな。
 その狂った愛憎が火竜の息子にまで及んでなければイイんだけど。

・ 囚人リク
 原田はケシ畑への栄転(?)で極楽気分か?
 偶然にしちゃできすぎだ。盗聴男の密告だろうか?
 そして、田中さん、謎のポージング!
 ページめくったら、コミックス予告でもポージングしていて、おかしさ倍増だよ。
 最近、ちょっとクセになってるでしょ?

・ イカ娘
 イカ娘の地元情報が気になる。
 やっぱり大量のイカ娘がいるんだろうか。
 オスはイカ息子ですかね。

・ 実は私は
 メガネ神、こんなにいるのかよ!?
 そして、どれもこれも迷惑そうだ。
 メガネの歴史を考えると、メガネ神って比較的若い神っぽいからまだ実力不足なんだろうか。

・ ブレイブマンと女王様
 変身ヒーロー×男装お姫さま!
 ものすごい組み合わせだな。
 それにしても、姫様目つき変わりすぎだ。
 面白い設定だけに、もっと長く読みたい話だった。

・ 錻力のアーチスト
 こりゃ、マネージャーを寝取ったら寝取ったでジェラシットに燃え上がりそうだ。
 そして、左薙のときもそうだけど、なんか全裸野球へのシフトチェンジが始まっているような(※ 脱衣はイメージです)

・ 思春鬼のふたり
 殺人(未遂)鬼とワカっていて、ちょっと油断しすぎ。
 なのは置いといて、ウェディングドレスで新婦入刀かよ!
 斬新すぎる、夫婦最初で最後の共同作業だな。

・ 名探偵マーニー
 二次創作の闇ですな。
 でも、多勢の人間に娘をさらせばどうなるかも自明のことだしな。
 芸能界とかもきれいごとじゃ済まないだろうし。

・ ペーパーブレイバー
 まゆ剃りより刺す方が楽そうなのを考えると、殺人を嫌がっていると思うのだが。
 と言うか、そう思って。深読みしてくれ。
 魔王さん、子供なのにみんなよりずっと大人でいらっしゃる。

・ ウチコミ!
 左右だけでなく、押す引くでも逆の動きか!
 練習でやったこともない動きだけに実戦で成功するかビミョウだけど……

・ 少女発明家の本音
 14号に掲載された「猫と人とアレルギーと」につづく、福地カミオの読み切りだ。
 逆ギレ本音は萌えるなー
 とても良いオチでした。

・ 雨天決行
 人と人型の間だから、人間とな!?
 あーでも、人間にはちゃんと作ったのと量産型があるって神話(貴族と庶民を正当化する神話)もあるし、それに近いかも。
 人、最後のテクノロジーは過去改変システムときましたか。
 どっちを選んでも、幼馴染を救えないんですけど……
 なんて選択肢だよ。

・ 木曜日のフルット
 こんなこと言われても怒らないなんて、さすが大御所ですね。
 チャンピオンの某先生なら剛体術ぐらいはかましますよ。(※ 個人の妄想です)

● ヤンジャン
・ キングダム

 龐煖(ホウケン)と互角に戦えたなら、もう怖い相手はほとんど居ないハズ。
 いまの信は見ていて安心できる強さがある。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 本当にダイジェストだよ。
 強敵たちも順調に強く活躍していますね。
 椿は、持田といっしょのチームになって闘っていけるのか?(チキンハート的な問題で)

・ グラゼニ
 凡田の特殊能力を久しぶりに見た。
 マイナーだと年俸が下のヤツらばっかりで、強いんだろうな。
 BL(ボーイズラブ)っぽさを間違っているあたり、凡田はBLに興味なさそう。

・ 宇宙兄弟
 ヤる気を出したけど、もう間に合わないって言われそうな予感がちょっとする。
 そこを上まわる、なにかを見せることができるのか?
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)