2015年08月

ニンニンジャー「27 超絶スター誕生!」、ドライブ「44 だれがハートを一番愛していたか」、プリプリ「30 プリンセスパレス!」、うしとら「9 風狂い」

・ 手裏剣戦隊ニンニンジャー「忍びの27 夏休みスペシャル 夏だ!超絶スター誕生!」東映TV朝日
 狼男はスターニンジャー・キンジの父兄を殺した仇だった。
 みんなはスターニンジャーの気持ちを考えて、スターニンジャーと狼男を戦わせる。
 あんまり私情をはさんだ戦闘は良くないと思うのだが……
 む、やっぱり挑発にのって負けた。

 じっちゃんは、キンジにダメ出しをする。
 たしかに忍者は忍んでこそだろうな。
 身体を隠すってだけでなく、精神的にも心を殺さないと。
 忍者は敵地に潜伏して情報収集するので、揺れない心も重要だろう。

 つうか、天晴とか精神的に未熟すぎる気がする。
 キンジよりもダメダメだろ。

 ところが、キンジにはキンジなりの思惑があった。
 じっちゃんは、そこに気がついていたのだろうか?
 でも、キンジは忍者として覚悟を決めて狼男に勝利するのだった。

 私欲をおさえ、スターニンジャーはついに真の忍者となり、正式に弟子入りだ。
 アホっぽいやりとりもあったけど、きれいにまとまった。
 このまま最終回でも良いんじゃないかというまとまり方だ。
 いやいや、牙鬼軍団がまだ健在だったな。

・ 仮面ライダードライブ「第44話 だれがハートを一番愛していたか」東映TV朝日
 ライダー量産計画はうまく行かなかった。
 でも、ロイミュードはブレンの降伏で超進化体が四人そろったぞ。
 これはブレンの計画っぽいな。

 情報提供者のミスターXってのもブレンか?
 とにかく、皆は約束の地へと終結する。
 ブレンの策は、自分の身を捨てメディックを救うというものだった!
 なんという忠義だ!

 今回のタイトル通り、ハートを一番愛していたのはブレンか。
 所有欲や征服欲でなく、相手が何を望み、なにをすれば相手のためになるのかを考える。
 そして、自己犠牲もいとわない。
 まさかブレンがこんな最後を迎えるとは。

 だが、蛮野の悪だくみはブレンを上回っていた。
 ここまで追いつめても逃げられちゃうのか。
 憎くて強くて汚いという驚異の悪役だな。

・ Go!プリンセスプリキュア「第30話 未来へ!チカラの結晶、プリンセスパレス!」ABC東映
 ロックはディスピアを超えて王になろうとしていた!
 相変わらず、敵組織は野心が強すぎて協力できないんだな。
 ディスピアは、この件にかんしてどう思っているんだろう。
 ロックの監視役とか用意していないのか?

 いっぽう、プリキュア陣営はキーを取り戻すため「ここは俺に任せて先に行け!」状態でのりきる。
 これも自己犠牲だよな。
 ブレンの自己犠牲には負けるが、こっちも立派だな。

 力をとりもどした皆は新合体技プリキュア・エクラ・エスポワールで倒す!
 エスポワールは知っているぞ。
 カイジに出てきた希望の船だな。
 そのせいで、良い意味の単語なのに悪いイメージになってしまった。
 『ハゲタカ』ってドラマで、起業して社名を「エスポワール」と発表した時の残念感とかスゴかったしな。

・ うしおととら「9 風狂い」
 今度は鎌鼬から頼みごとをされる潮であった。
 人間からも妖怪からも頼られて、なにかと大変だな。

 ゴルフ場の開発で鎌鼬たちは住処を追われて、恨みから次男の十郎が人間を殺すようになった。
 その次男を止めてくれと、長男・雷信と末妹・かがりが、やってきたのだ。
 でも、別に人間が好きになったワケじゃないようだ。
 とらにも食ってかかるし。
 400年しか生きていないから、とらのことを知らんのも無理ないか。

 便利さをもとめる人間の行為で迷惑をかけている責任を感じ、潮は十郎に自分を斬っていいという。
 これは自己犠牲をこえた、おぞましい何かだな。
 直接自分と関係ないのに、ここまで言っちゃうなんて潮の人間力はバケモノ級だよ。

 潮の人間力に影響されたのか、十郎も改心……というか、責任とって死んだ!?
 いままで全て丸く収めてきたけど、今回は任務失敗ですな。
 潮であっても不可能なことはある。
 あたりまえの話だけど、厳しい現実を突きつけられた。

刃牙道「74話 友人(ダチ)」感想


2015年8月27日(39号)
第4部 第74話「友人(ダチ)」 (1053回)

 よみがえった伝説の剣豪・宮本武蔵と、現代の達人・渋川剛気が遭遇したッ!
 この仕組まれた出会いは、どんな事件を生みだすのか。
 事件解決をするはずの警察、それもそのトップの警視総監・内海が仕組んでいるというのが罪深い。

 渋川さんは武蔵に気づかないフリをして背中を向けたままだ。
 武術家がわざと背中を見せる。
 これは誘っているな!
 もちろん、武蔵も誘われていると見破っているのだろうけど。

 いや、武蔵の興味はそこじゃなかった。
 達人・渋川の立ち姿に感心している。

(真中に一本――――――――
 しっかり通っとる……!


 体幹というか、重心の位置が良いのだろう。
 重心が安定している。
 それでいて、次の動きに素早く対応できる立ち姿かも。

 合気道は、究極的に自然や宇宙との一体感を得るらしい。
 脳内麻薬の出しすぎかも。
 もしくは禅などの東洋哲学による悟りの境地かもしれない。(史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
 悟りの境地って、武術の究極や、脳科学による意識の説明とそっくりで、もしかしたら同じ現象を違う言葉で説明しているんじゃないかと思えてしまう。

 とにかく、真ん中に一本ですよ。
 ゲバルが失敗した地球拳も、地球との一体感があったかもしれない。(範馬刃牙7巻 52話
 超垂直重心による地球投げとかも完成したりして。

 渋川先生が武蔵をムシしつづけるので、内海は武蔵を紹介する。
 このオッサン、平時に乱を持ちこむタイプかよ。
 だが、渋川さんもタヌキだ。
 笑顔で武蔵に挨拶する。

 まるで初対面のようにふるまっているが……
 渋川さんは烈海王と武蔵の試合を見ていた。
 試合後に控室にも来ていたし。(66話
 まさか、ボケたッ!?

 いやいや、達人は笑顔の時ほど恐ろしい。
 きっと笑顔の下に刃を忍ばせているのだろう。
 スキを見せたら すぐに襲いかかってきそうだ。

「いったい…………」
「どちらが強いのでしょう」


 内海が仕掛けたッ!
 けっきょく、この人も人間を戦わせて喜ぶタイプか。
 コイツが警視総監なんだから、恐ろしい。
 もしかして、地下闘技場が存続できているのは、内海の協力があったからかも?

 渋川さんは、やっぱり笑って流す。
 あやしい。
 なんか狙っていそうだ。
 まさか、となりの部屋に機関銃を装備した本部がひそんでいたりして。

「こうしてお会いできるだけで……」
「光栄の至り…」
「どうか握手をしてもらえませんか」


 西洋式の挨拶だッ!
 武蔵はよくワカっていないようだが、とにかく握手に応じた。
 両者が静かな緊張の中で、手を握る。
 握ったまま、動かない。
 なんだ? 握力勝負をしているのか?
 ではなく、武蔵が手を離せなくなったらしい。

 合気だッ!
 有名な技として、相手に手首を握らせて投げるというものがある。
 投げられるほうが握っているのだが、なぜか手を離せず投げられてしまうらしい。
 相手の動きをコントロールすることで可能というが、ここまで来ると武術というより妖術だ。

 渋川さんは握手のまま武蔵を崩す。
 そして、あおむけに倒した。
 投げたり、関節を極めるのではなく、崩して寝かせた!
 まるで赤子の手をひねるかのように簡単に倒す。

 烈海王は友人(ダチ)だ。
 勝負だからという理屈はワカるけど、割りきれない。
 というワケで倒れている武蔵にダメ押しで拳を叩きこむ達人であった。
 素手勝負で、得意の型に持ちこめば、現代の達人のほうが有利だ!
 次回につづく。


 渋川剛気は真剣勝負で左目を失った経験もある。
 そんなシビアな世界を経験している達人だから、友人の死もドライに受け止めるんじゃないかと思っていた。
 ところがどっこい、熱い友情をもっていたようだ。
 慎重で冷静な人だと思っていたけど、けっこう情熱的なんですね。

 武蔵に攻撃を加えるということは、反撃で斬られる覚悟をするってことだ。
 昔の武士はなめられたままじゃ、士道不覚悟で生きていけない商売だ。
 面子をつぶされたら、倍返ししないと世間体が悪い。
 本気を出す条件がそろった武蔵と戦うことになりそうだぞ。

 合気は武蔵の生きた戦国時代にはなかった技術なんだろうか?
 刀剣はあたりまえ、弓矢・鉄砲だってでてくる。
 そんな戦国時代には合気を磨いている余裕などなかったのかも。
 400年の時はムダじゃなかった。
 新しい技が開発されていたのだ。

 ただ、これで武蔵に勝てるとは思えない。
 武蔵も剣禅一致の境地に達している可能性がある男だ。
 殴られながら、究極の脱力で脱出するかもしれない。

 どっちにしても、武蔵の手が離れて自由に動けるようになったら、渋川ピンチだ。
 剣を持っていなくとも、武蔵は殺気の剣でイメージ斬りができる。
 殴っている渋川さんが有利に見えるけど、実は追い込まれているのかもしれない。

 渋川さんは本当に危険があるなら、その場に近づけない危険回避能力をもっている。
 自動車の自動ブレーキ機能より、ずっと高性能だ。
 その危険回避が働いていないっぽい。
 ならば、安全ってことだろうか?

 渋川さんは、危険を察知してもそのまま進んじゃう人だしな。
 今回も、危険と知りながら、あえて来たのかも。
 というか、渋川さんって危険を感じても止まったことないんだよな。
 なんのための予知なんだか。

 それとも、武蔵が実力を隠して渋川センサーを狂わせたのだろうか?
 あと、最近 本部さんが強いところをアピールしているので、なにが強いのか理解(わか)らなくなっているのかも。


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道 6巻が発売される!
宮本武蔵vs.烈海王の試合は武器解禁で容赦が無い。
武蔵の本気が炸裂するのか!?
6巻は54話から62話までッ!

バキ外伝 疵面-スカーフェイス-(6)(チャンピオンREDコミックス) 6年の長き沈黙をへてバキ外伝疵面6巻が発売だ!
レックスの強さの秘密が、ついに明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない!
グランドマスターも、ついに本気を出すぞ!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道73話 感想追記

追記 (15/8/26)
 板垣先生は極真の人から愚地独歩と大山倍達は別人であると明記してくれと言われたことがあるそうだ。
 独歩は苦戦もするし負けたりもする。(参考
 大山倍達と同一視されたら困るというわけだ。
 板垣先生的には、作中に大山倍達が出てきたので、別人だという証明になっているらしい。

 71話に最後の達人・塩田剛三が出てきた。
 あたりまえだけど、渋川剛気にそっくりだ。
 いや、渋川剛気のほうが似ているんですけどね。

 大山倍達の例を考えると渋川剛気と塩田剛三は別人ですよって宣言かもしれない。
 つまり渋川剛気になにが起きても無関係ですよという予防線だったりして。
 そうでないことを祈りますが。

 元ネタと決別することでかえってピンチになる。
 モハメド・アリに直接攻撃するのはしのびないから、息子を出しちゃえと生まれたアライJr.の末路をおぼえているだろうか。
 やっぱり、元ネタから離れすぎるのは危険なのかも。

 宮本武蔵は元ネタどころか、クローンの本人だ。
 他のキャラよりも元ネタへのシンクロ度が高いから強いのかもしれない。
 これに対抗するには、元ネタそのもの人か、元ネタが存在しない人じゃないとダメかも。
 刃牙も元ネタのある人だから、武蔵がニガテなのかもしれない。



◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
バキ外伝 疵面(スカーフェイス)感想
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (2015/8/25)
トッキュウジャー、仮面ライダードライブ、プリキュア、うしおととら感想 (2015/8/24)


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道 6巻が発売される!
宮本武蔵vs.烈海王の試合は武器解禁で容赦が無い。
武蔵の本気が炸裂するのか!?
6巻は54話から62話までッ!

バキ外伝 疵面-スカーフェイス-(6)(チャンピオンREDコミックス) 6年の長き沈黙をへてバキ外伝疵面6巻が発売だ!
レックスの強さの秘密が、ついに明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない!
グランドマスターも、ついに本気を出すぞ!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

週刊少年チャンピオン2015年38号感想

刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 刃牙道
 73話感想はこちらへ。
 ラスト達人・渋川剛気の登場だッ! ……あらたな犠牲者なのか?
弱虫ペダル(41): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 弱虫ペダル
 鏑木は、どうもイラっとくるなー。
 そして切り札のメモ登場だ。

 指示はアニソンかよ!
 どういう場面を想定していたメモなんだか。
 いったい、何パターン用意していたんだろう。
 間違って買い物メモを渡す展開があったりして。

毎度!浦安鉄筋家族(15): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 浦安鉄筋家族
 山田真夜(享年29歳)が大沢木家の守護霊と化しているな。
 大鉄オヤジは、ダメ人間だけどみょうにモテる。
 幽霊にもモテモテだ。
・ ニコべん!
 そんなにコロッケにこだわるなら、コロッケだけ売ればいいのに。(2回目)
 正直なところ、弁当に求められているモノがなんなのか、わからんよ。
 ちなみに刃牙弁は、タッパいっぱいのオジヤに梅干しとバナナと炭酸抜きコーラだ。

実は私は(13): 少年チャンピオン・コミックス
9月新刊!
・ 実は私は
「全ての人に恋をしなさい」を こじらせて島と結ばれちゃったのか?
 みかんすら震え、獅穂が血涙を流す。
 たしかに、これは深刻な未来かも。
 次回から、未来を変えよう編のスタートか。
 キビしい戦いになりそうだ。

鮫島、最後の十五日(3): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 鮫島、最後の十五日
 人の痛みに敏感ではなく、だれかを傷つけたかもしれないという自分の痛みに敏感なだけだ。
 って、パトリシア・コーンウェルの『検屍官』シリーズにあったな。
 たしかに勝てて悩めているうちは、軽い悩みかも。

 自分の痛みに耐えて勝利をつかむ!
 ヤバい方向に覚醒した、真の巨桜丸が初披露だ。
 これは強そうだな。
 せめて、鯉太郎の次で覚醒してくれればよかったのに。


 だが、鯉太郎なら、その先にある覚醒「相撲は楽しい」に導いてくれそう。
 というか、鯉太郎こそ他人を気づかう余裕ないんだよな。

バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~ 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) ・ バイオハザード ~ヘヴンリーアイランド~
「アレクが時間を稼いでくれる! 今のうちに!!」
 仲間の死体にゾンビが群がっているのを、前向きに表現した!
 深刻なシーンだけど笑ってしまった。

囚人リク(23): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 囚人リク
 写真を撮った人間がいる。つまり、潜在的な協力者だ!
 なるほど、その可能性を忘れていた。
 しかし、毎度の事ながら、一難さってまた一難だ。
 排気ファンをどうかわすのか?
 忘れたころに沢田の出番だったりして。

ハリガネサービス(5) (少年チャンピオン・コミックス) ・ ハリガネサービス
 家守センパイの嫌らしさはイエローカードものだな。
 でも、精神攻撃を狙っているから、イラっとしたら負けなのだ。
 私は負けた。

 そして、先生がまた投げっぱなしモードに。
 せめてヒントをください!
 下平を出しているというところにヒントがあるのか?

・ 藍の時代 -一期一会-
 藍の時代って、そういう意味だったのか!
 昔、北条司梅澤春人が増刊号で『酒呑☆ドージ』掲載の師弟対談をしていた時に、北条司が青はインクのノリが悪いんだよねと発言して、担当者がその件伝えておきますと受け、しばらくしてジャンプから青インクページがなくなったと記憶している。
 そのへんを含めて時代を感じさせるなー

クローバー(41): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ クローバー
 事件の全容が見えていないのに、早くもピンチだよ。
 しかし、エリナはヒドい目にあっても、あまり心が痛まないところがイイな!
 いや、さすがに腹パンでダウンは気の毒だけど。
 助けに入ったのは、真田か?
 妹を追いかけてきた可能性があるよな。

ドカベン ドリームトーナメント編(17): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ ドカベン ドリームトーナメント編
 大前田は選手としての基本能力は高くないが、不思議なアクシデントを生むツキをもっている。
 三塁ランナーがいる状態では、かなり嫌な打者だぞ。
侵略!イカ娘(20): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ イカ娘
 早苗の頭がおかしいのはいつもの事じゃなイカ。
 つまり、本当に危険なのは早苗がまともな言動をしている時だ!
・ 少年ラケット
 互いの武器がわからぬまま、暗闇で斬りあうような戦いだな。
 表裏を自由に使えるようになったら、今度こそレギュラー入りか?
 しかし、試合よりも記憶を戻すための基礎知識を教えたほうが良い気がするぞ。

マジカロマジカル(2): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ マジカロマジカル
 全裸ネコ娘は反則すぎる。
 もとが畜生(どうぶつ)だから、発情期だと大変だろうな。
 うまいことレギュラー入りしてくれないだろうか。
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿
 占い師にダマされる探偵か。
 他人の情報に踊らされるとロクなことがないって事ですね。
 でも、ここまで手が込んでると、そうとう根が深そうな事件かも。
 けっこう恨みを買っていそうだな。
Gメン(3): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ Gメン
 決め技がジャーマン!
 けっこう身体能力高いんですね。
錻力のアーチスト(9): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 錻力のアーチスト
 液体(水)属性は火属性に強いのだ。
 というワケで、第一打席は弐織の勝ちか。
 まだ序盤だと言うのに、アツい戦いだな。
羽恋らいおん(1): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 羽恋ライオン
 なんかエロス過剰な女コーチが誕生してしまった。
 レオはマゾっぽいので、陥落(お)とされてしまいそう。
木曜日のフルット 4 (少年チャンピオン・コミックス) ・ 木曜日のフルット
 とりあえず一勝一敗だと思っておけば良いンじゃね?
 いつもなら負けっぱなしなんだから、一勝分お得だ!

● ヤンジャン
・ キングダム

 桓騎軍と合流だ!
 古代中国の軍隊は略奪しまくりだったらしいから、これが普通なのかも。
 三国志の劉備も略奪したという直接的な記述はないものの、どう考えても略奪したと解釈できる行動しているし。

・ デストロイ アンド レボリューション
 やっぱり慣れないことをするから。
 予行演習もなしに決行というのも良くなかったのかも。

● モーニング
・ グラゼニ

 口約束じゃなくて書面で保障してもらわないと不安になる。
 次の1年半はリハビリ編として、地味なトレーニングをするのだろうか?

・ 宇宙兄弟
 ネットの噂は無責任で信用ならんからな。
 見なければ無いのと一緒ってのは極端だけど、それも良しか。
 ただ、ネットの噂を見て誤解する人への対策はちゃんとやらないと、収集がつかなくなりそう。

ニンニンジャー「26 マタネコ」、ドライブ「43 グローバルフリーズ2はいつ起きるのか」、プリプリ「29 受けつがれし伝説のキー」、うしとら「8 ヤツは空にいる」

・ 手裏剣戦隊ニンニンジャー「忍びの26 夏休みスペシャル 夏だ!ラストニンジャレース中間発表!」東映TV朝日
 ラストニンジャレースの中間発表らしい。
 1位とビリを最後に発表すると聞いた時点で、ビリが天晴と予想できたぞ。
 というか、全体的に順位がおかしい。
 この中間発表自体が冗談だったりして。

 そう思っていたら、正体がネコマタじゃなくて、マタネコだった。
 16話で道場内に侵入するのは大変だと言っていたのに、さりげなく凄い妖怪だな。
 なんか能力の使わせ方が残念だ。

 九衛門の小槌は人間も巨大化できるらしい。
 もとに戻れなくなるんじゃないかと心配だけど、天晴の幸せ脳はそういう部分を気にしない。
 この命知らずの突撃精神は、戦士向けだな。
 逆に、マタネコの正体に気がつく霞は客観的な観察ができる知性派だ。
 やっぱり、ニンニンジャーは武勇と知略のバランスの良い戦隊ですね
 山本選手も全裸で逃げ出すぞ。

・ 仮面ライダードライブ「第43話 第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」東映TV朝日
 メディックを人質にとられた状態なのでハートは蛮野の言いなりだ。
 ブレンさえそろえば、第二のグローバルフリーズが起きるかもしれない。
 でも、こういう予想ほど外れたりしそうなんだよな。

 今のところ蛮野の独り勝ちといえる状況だ。
 切り札の004は、ベルトさんの中身であるクリムのコピー体だった。
 クリムの記憶を握られちゃったら、マズすぎるな。
 ほぼ勝ち目ないんじゃないのか?
 もっとも、ハーレー・ヘンドリクソンや りんなさんというサポートがいるぶん、ドライブ陣営にも勝ち目があるかも。
 蛮野の弱点は自分の能力に対する傲慢さだろう。
 それじゃ、仲間がついてこない。

 ブレンは超進化したのにヘッポコ化が止まらない。
 なんか油断したら、爆死しそうだな。
 ブレンが爆死したら、チェイスが超進化しそうだから大丈夫だ!

 あと、今週のさりげないガッカリで、デスナンバー013が雑魚っぽかったことだ。
 なんか強いロイミュードを期待していたんだけどな。
 人間もライダー抜きでロイミュードを倒せるようになってきたので、これからは殲滅戦かな。
 最後の戦いに向けて壮絶な食い合いが始まっている。

・ Go!プリンセスプリキュア「第29話 ふしぎな女の子?受けつがれし伝説のキー!」ABC東映
 変身キーを奪われてしまい落ちこむ はるかたちであった。
 しかし、トワは独りでも戦う気構えだ。
 さすがリアルプリンセスは心構えが違うな。
 単純な戦力比で無理っぽいけど。

 そして、わりとバレバレですが、先代プリンセスプリキュアの登場だ!
 これは、そのまま主役はれそうな可愛さだな。
 というか、はるかたちが尖りすぎなデザインなのかもしれない。

 先代からもらったキーは、「サクラ」「サンゴ」「ギンガ」だ!
 花、海、星とテーマにはそっているけど、スケールがバラバラだな。
 特にギンガとか、デカすぎだろ。
 ひとりだけ燃えろ小宇宙(コスモ)とか 言い出しそう。

・ うしおととら「8 ヤツは空にいる」
 北海道への旅の途中でも妖怪に襲われる潮であった。
 名探偵が殺人事件を呼び込むように、獣の槍が妖怪を引き寄せているのかも。
 ホント、大変ですね。

 しかし、獣の槍をよく飛行機に乗せられたな。
 古美術品扱いでクリアしたんだろうか?

 今回の妖怪は衾(ふすま)だ。
 オープニングで異常な存在感を見せている巨大妖怪だぞ。
 獣の槍でも、単独撃破が難しいほどの巨大さだ。
 そこは戦闘機のミサイルで爆破ですよ。
 姿さえ見えるのなら、近代兵器は有効ってことですね。
 人間の力もなかなかのものだ。

 今回も潮は少女と仲良くなったりする。
 行く先々で妖怪を倒し、少女にフラグ立てたりしてんな。
 恐るべし、潮の人間力だ。

 潮の支持からすると、獣の槍を直接さわると身体によくなさそう。
 あれだけ外見が変わって肉体も異常に強くなっているから副作用もあるだろうし。
 最近のパターンだと身体の異変は、生きることの根本である味覚異常から始まる傾向があるので、味が薄いとか言い出したら要注意だ。

刃牙道「 73話 実力」感想


2015年8月20日(38号)
第4部 第73話「実力」 (1052回)

 今週の刃牙道は巻頭カラーだ!
 そして、本部がデカい!
 刃牙よりデカい顔して出ている。
 いまの本部は空前絶後の絶頂期だから、大目に見てあげよう。

 そりゃ、チャンピオンおまけのクリアしおりで刃牙・武蔵・本部・勇次郎・烈・花山と6人のラインナップにも入っちゃうよ。
 しかし、あまりに高く持ちあげすぎだな。
 落ちたときのダメージがハンパないぞ。
 いや、本部なら五接地転回法を上まわるニンジャ的な着地で乗りきるかも。

◆大誤算…本部以蔵は強かったッッ!!

 アオリ文句でも書かれちゃった!
 本部はどこへ向かい、なにをしようとしているのか……
 いや、愚問だった。
 守護(まも)るのだ、皆をッ!
 何度聞いても、ウソっぽい。

 現代によみがえった宮本武蔵に竹刀を持たせて試合をさせたら、力任せの一撃で強引に勝利した。
 と言うのが前回のあらすじで今回の前半までの内容だ。
 リプレイ長すぎだよ!
 いくら長期の休み明けだからって、前回のあらすじにページを割きすぎだ。

 普通に考えたら、競技である竹刀剣道で勝負したら、武蔵に勝ち目はない。
 あえて闘気を消すことで、相手の虚をつき、間合いを詰めたようだ。
 競技だろうがなんだろうが、間合いの中にあっさり侵入されたらダメダメだろう。
 武蔵は剣道とはちがうルールで勝負をしかけて勝ったようだ。
 ダマシ討ちなら、武蔵の得意分野だぞ!

 勝利した武蔵は、内海警視総監に帰っていいかと質問する。
 予想していたより ずっとつまらなかったんだろうな。
 私もガッカリだよ。
 折角の高級和牛のステーキにハチミツをかけるがごときだ。
 武蔵の使いかたがワカっていない。

 だが、そこに入ってきた人物により場の空気が一変する。
 合気柔術の達人・渋川剛気だッ!
 武蔵に対抗できそうな数少ない人間の一人がここで参戦かッ!?
 ただし、武蔵が素手の場合に限る。
 日本刀もった武蔵は範馬勇次郎に匹敵する強さを発揮しそうだ。

(久々に――――――
 良い姿を見た)


 達人は立つ姿からして違うのか?
 武蔵は渋川さんの姿をほめる。
 足運びや、体幹の動きがすでに達人なのかも。

 こりゃ、本部の立ち姿も判定して欲しいところだ。
 久々に―― 痛い姿を見たと言われそう。
 最近の本部は増長が服きて歩いているような感じだよな。

 いっぽうの渋川さんは、武蔵がいることに気がついているハズだ。
 しかし、武蔵のほうを見ようともせずに内海警視総監と話している。
 これは誘っているのか?
 興味がないフリをしているっぽい。
 達人によるツンデレ作戦なのか?

 戦国時代の剣豪 vs 現代最後の達人 が内海警視総監の狙いなのだろうか?
 竹刀を持たせるより、数十倍も良いのだが、それでも渋川さんが勝てるとも思えない。
 それとも、素手勝負であれば達人に勝機があるのか?
 次回につづく。


 普通に考えれば達人・渋川と武蔵の対決はイイ勝負になるだろう。
 しかし、本部がはなった呪いの言葉が気になる。
 本部は渋川剛気ですら武蔵に勝てないと断言した。
 もっとも本部の断言はけっこう外れるから、あまり信用していないけど。

 素手勝負なら武蔵にも勝てる。
 そう思わせておいて、ヒモでしばったり、やかんのお湯をかけたりしそうだから武蔵は油断できない。
 本部が言うとおり、武蔵の強さは全方位の戦闘術だ。
 五輪書でも、せっかく二本刀をさしているんだから全部使わないともったいないと主張しているし。
 武蔵は持っている武器は全部使う主義なのだ。

 そうなると、やっぱり武蔵を止めることができるのは本部なんだろうか?
 でも、本部は力士の小指にぶつかって敗北しそうなイメージがどうしても消えない。
 本部流を学んで全方位に強くなった刃牙をぶつけるってのがイチバン現実的な対策と言う気がする。
 使えるものは全部使うのだから、刃牙を使うってのも武だな。
 あとで、勇次郎に激しく怒られそうだけど。


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道 6巻が発売される!
宮本武蔵vs.烈海王の試合は武器解禁で容赦が無い。
武蔵の本気が炸裂するのか!?
6巻は54話から62話までッ!

バキ外伝 疵面-スカーフェイス-(6)(チャンピオンREDコミックス) 6年の長き沈黙をへてバキ外伝疵面6巻が発売だ!
レックスの強さの秘密が、ついに明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない!
グランドマスターも、ついに本気を出すぞ!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道72話 感想追記

追記 (15/8/19)
 宮本武蔵と言う資源をどう使えばよいのか?
 竹刀ふらせるためによみがえらせたンじゃないよね。
 もし竹刀剣道で武蔵に勝っていたとしたら、武蔵より強いんだから武蔵が不要になる。
 警察がなにをやりたいのか、ワカらなくなってきた。

 もちろん、三輪は前フリなのだろう。
 やっぱり三輪程度じゃ相手になりませんね。
 というワケで本命はこちらです!
 渋川剛気+オリバの技とパワーの2000万パワーズの登場だッ!
 とか、無いだろうか。
 渋川先生のことだから、武蔵の危険度にたどり着けなさそうだけど。

 日本刀で容赦なく斬っちゃう武蔵の危険度は渋川先生でなくとも、たどり着けない感じだ。
 歴史的に見ても武蔵は木刀を愛用しているので、木刀勝負に切り替えてもらったらどうか?
 もっとも、木刀だって当たれば充分に人を殺せるのだけど。

 木刀ですら危険と言うことで、武蔵に竹刀を持たせる計画だったりして。
 で、三輪と戦わせて、三輪が死んでなければ成功だ。
 心置きなく、竹刀装備の武蔵と戦える。
 第一候補は園田警視正あたりで。
 そんな計画だったりして。

 刃牙の展開は無計画のようで、ちゃんと理由があったりする。
 武蔵がなかなか烈を斬らなかったのは、ちゃんと計画通りだったし。
 時々、無計画のように見えながら、計画が失敗することもあるけど。
 アライJr.は、完全に計画失敗だよな。
 試練を与えて、化けるかと期待していたら、普通にダメだった。

 武蔵はすべて計画通りとなるのか?
 あと、本部も大丈夫なのか?
 武蔵以上に、本部は読めないんだよな。





◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
バキ外伝 疵面(スカーフェイス)感想
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (2015/8/11)
トッキュウジャー、仮面ライダードライブ、プリキュア、うしおととら感想 (2015/8/18)


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道 6巻が発売される!
宮本武蔵vs.烈海王の試合は武器解禁で容赦が無い。
武蔵の本気が炸裂するのか!?
6巻は54話から62話までッ!

バキ外伝 疵面-スカーフェイス-(6)(チャンピオンREDコミックス) 6年の長き沈黙をへてバキ外伝疵面6巻が発売だ!
レックスの強さの秘密が、ついに明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない!
グランドマスターも、ついに本気を出すぞ!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ニンニンジャー「25 ドラキュラにご用心」、ドライブ「42 女神の真実はどこにあるのか」、プリプリ「28 トワ泳げない」、うしとら「7 伝承」

・ 手裏剣戦隊ニンニンジャー「忍びの25 夏休みスペシャル  夏だ!ドラキュラにご用心」東映TV朝日
 風花が、映画のヒロインオーディションにスカウトされた!
 こりゃワナだな。
 ニンニンジャーは素顔バレしてるんだから、もう少し敵の計略に気をつけないと。

 などと思っていましたが、風花を狙い撃ちではなく、少女を大量ゲットする目的のワナだった。
 ベタな展開! と、思わせてちょっとだけズラす手法か。
 ドラキュラの正体にもダマされてしまった。
 なんか西洋妖怪って、偉そうに登場したわりに、ちょいアホだし。
 『実は私は』でも、吸血鬼は ちょいアホと決まっているしな。

 ちょいアホなだけでなく、西洋妖怪はあまり強くない気がする。
 時差ボケがまだ治っていないのだろうか?
 妖怪って、風土が変わると強さを発揮できないのかも。
 本来の強さを発揮できていないんだろうな。

 有明の方が無能だから助かっている感じだ。
 戦国武将の妻は、奥の家庭を仕切るのであって、表の政治に口出しするもんじゃないんだよな。
 政治面での教育や経験がないから、ろくな結果にならない。

・ 仮面ライダードライブ「第42話 女神の真実はどこにあるのか」東映TV朝日
 メディックは蛮野にとらわれ、再調整をうけて超進化できるようになる。
 だが、洗脳されていて、蛮野の駒になってしまう。
 蛮野が悪人すぎて、ドライブとハートの共闘が現実味をおびてきたぞ。
 いや、ロイミュード抹殺主義の剛がいる限りむずかしいか。

 蛮野の悪人っぷりを知っていたハートは、あらかじめブレンを隠すことで対策としていた。
 ハートは強いだけでなく、誇り高く男気もあり、頭も良い。
 理想に近いリーダーだな。
 それだけに、剛と和解して人間とロイミュードの共存を考えて欲しい。

 超進化したロイミュードが約束の数だけそろうとナニがおきるんだろうか。
 単純にそろうだけでなく、全員集合しないとダメみたいだが。
 神龍でも出てきて、なんでも願いをかなえてくれたりするのか?

・ Go!プリンセスプリキュア「第28話 心は一緒!プリキュアを照らす太陽の光!」ABC東映
 トワさん、しだいにポンコツっぷりが表に出てきているな。
 貴族のたしなみとして、刺繍とかは得意かもしれないが。
 いっぽう、みんなはトワを見守っている。
 こういうのって、つい口を出したくなってしまうのに。
 中学生とは思えない、大人の態度だ。

 プリンセスプリキュアは歴代でも群をぬく強さをもっている。
 戦闘だけでなく、生活態度も含めて。
 去年のハピプリなんて保護者として大人どころか神がついていたのに、すごいダメダメだったのに。

 だが、敵のロックも油断できない。
 戦いで勝つと言うことは、敵を倒すことでなく、敵の戦力を失わせることだ!
 現実的かつ、恐ろしい作戦だった。
 変身アイテムを奪うなんてヒドい攻撃だな。

・ うしおととら「7 伝承」
 潮の父・紫暮がついに真の姿を見せる!
 けっこうヤリ手っぽい雰囲気があったが、やっぱり強かった!
 しかし、隠し事の多い父親だ。

 潮がたくましくなったのは確かだが、とらの変化が大きいな。
 自分を滅しようとしている相手でも殺さない。
 本来は敵同士である、人間と妖怪が手を結ぶことができれば……
 その可能性の姿が、潮ととらなのだろうか。

 で、「白面の者」と呼ばれる強敵の存在が示唆される。
 白は五行思想では西・金・秋を表すシンボルである。
 五行思想は中国で生まれたものだが、大陸から見て東は海であり、その先に仙人が住むという幻想が生まれた。
 反対に西は砂漠や山があり、蛮族の住む未開の地と言うイメージあるようだ。
 金庸の武侠小説『射雕英雄伝』シリーズの、天下五絶の西担当は「西毒」「西狂」と悪そうな通り名なのも、偶然じゃないだろう。
 さらに言えば有名な『西遊記』も、お経をもらいに行くという目的はともかく、西は妖怪だらけと言う道のりの厳しさが、西方のイメージにありそうだ。

 獣の槍は中国生まれと言っていたので、五行思想との関連があるかもしれない。
 西方から、恐るべき者が来るのだろうか?

週刊少年チャンピオン2015年36+37号感想

弱虫ペダル(41): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 弱虫ペダル
 鏑木が予想以上のアホだった。
 青八木さん、早く「先輩は敬うように」というメモを渡してあげて!
 というか、鏑木は相手を見下すと強くなるタイプか。
刃牙道(7): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 刃牙道
 72話感想はこちらへ。
 竹刀で勝負したら武蔵に勝てる見込みは無い。
 そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。
毎度!浦安鉄筋家族(15): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 浦安鉄筋家族
 大食いノムさんは、出てくるたびに進化する!
 飛んできたスイカを一瞬で喰うとか、消力なみの能力かも。
 いや、この場合消スイカか。
実は私は(13): 少年チャンピオン・コミックス
9月新刊!
・ 実は私は
 島のアホっぷりは安心なネタだな。
 そして、意外な展開で恥女力が高まるぞ!
 獅穂がライバルになったら、手ごわい気がするが。
囚人リク(23): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 囚人リク
 レノマと江田の重量級コンビはすごいな。
 イルカショーというよりシャチショーって感じの重量感だよ。
 血シブキが凄そう。
鮫島、最後の十五日(3): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 鮫島、最後の十五日
 類が友を呼んでいる!
 トイレでたまたま偶然となりの個室に大吉がいるなんて。
 それとも、相撲の神が引きよせた必然なのか?

 勝負事って、勝者の数だけ敗者が生まれるしね。
 本当に非情な世界だ。
 でも、非常なのは最初から織り込みずみだし、負けるほうも覚悟しているハズ。

侵略!イカ娘(20): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ イカ娘
 イカ娘の扱いは難しいな。
 人畜無害なんだから放置プレイが推奨だとは思いますが。
マジカロマジカル(2): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ マジカロマジカル
 ネコ耳少女の降臨だッ!
 ああ、うん、ものすごく直球ですね。
 今までで最大級かも。
・ 藍の時代 -一期一会-
「流行に乗っかって読者に媚びた中身のねえもん描いてたらいずれは消える」
 一瞬、納得しかけたが読者を無視した作品描いてもいずれ消えるよね。
 正解はどこなんだろう。

ドカベン ドリームトーナメント編(17): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ ドカベン ドリームトーナメント編
 俊足ランナーを一塁に残すより、鈍足ランナー二塁という選択は、基本的にドカベン世界の正解だ。
 ただ、ドリームチームが相手だから、今回ばかりは失敗しそう。
バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~ 1 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) ・ バイオハザード ~ヘヴンリーアイランド~
 アレク、こんな死に様かよ。
 しばらく生き残りそうと思ったときが死亡フラグだったのか。
 つうか、この船組は全滅エンドに突っ走っているよね。

ハリガネサービス(5) (少年チャンピオン・コミックス) ・ ハリガネサービス
 活環境が特異能力を磨いたってのは、ありがちだけに説得力がある!
 いや、どうだろう。
 同じような練習をしているプロボクサーより性能高いぞ。

 しかし、先生は飴の量が足りないぞ。
 突き放すと、自分で考えさせるってのは違うんだけど。
 だが、ここで下平が覚醒して、何かが変わるのか?
 針金ブロックは朧の計算を狂わせるとか、どうだ。

・ 少年ラケット
 迫力ある卓球バトルだ。
 イチローは実力を発揮しきれず負けているけど、本来の動きを取りもどせば逆転可能か?


クローバー(41): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ クローバー
 飛行機の騒音や、電波障害のためケーブルTV必須の横田基地近隣住民としては最寄り駅が実物を参考にしていなさそうなのが気になるが、吉良のかたくなな理由のほうが、もっと気になる。
 前回は裏切りにあったというのが理由だった。
 今回は人質を取られたとか、そういう外道な策に屈したのだろうか?
Gメン(3): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ Gメン
 やっぱり警察はたよりにならんな。
 そして、瀬名が女教師と言うジャンルに目覚めた!?
 股間が覚醒の瞬間だ!
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿(3): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿
 桃園さんのスタンド、強すぎだな。
 これなら修行無しで霊能力者を名乗れるよ。
 そして、蛍の体さばきは渋川剛気クラスなんじゃないのか?
 残像でてる!?
・ ニコべん!
 弁当やめて、コロッケ専売にすれば良いとか?(逃げの解決方法です)
 でも、正直なところバイトやとわないと客がさばけないほどコロッケ売れるんだから、コロッケだけ売ればいいのに。
 競うな、持ち味をイカせ!

錻力のアーチスト(9): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 錻力のアーチスト
 蓬莱さんのバッティングは難しいな。
 セカンドランナーが気になって集中できないとは。
 根本的な物なのか、たまたまなのか。
 セカンド・ショートが変な動きをしても通じるのか。
 疑問が膨らむ。
 なお、守備が変な動きして打者の集中を妨げるのはNGと、『おはようKジロー』で明智が指摘していた。

羽恋らいおん(1): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 羽恋ライオン
 高校生じゃ、おっぱいガン見で試合にならないのもしかたがないか。
 コートのなかで棒立ちですよ。
 でも、ちょっと楽しそうな特訓だ。
木曜日のフルット 4 (少年チャンピオン・コミックス) ・ 木曜日のフルット
 カッパと言う時点で妖怪で階段になりうるのに、カッパと違うところで勝負している。
 これは異次元の怪談なのか?

● ヤンジャン
・ キングダム

 項燕将軍の名前が出た
  いや、本当に出ただけなんですけど。
 本人より、子孫のおかげで有名な人だけに、項燕自身がどんな人なのか気になって仕方がない。
 項翼が細マッチョの美形よりだから、シュッとしたナイスミドルって所だろうか?

・ デストロイ アンド レボリューション
 相変わらずワンネスでつながっても、ごまかしや隠し事が通用する超能力者たちだな。
 神は全能にして唯一だからこそ、神だ。
 部下たちの行動自体は、動機がなっとくしやすいんだけどね。

● モーニング
・ グラゼニ

 みんなが気にかけてくれるってのは人徳だよな。
 これなら引退して料理屋はじめても、みんながヒイキにしてくれるぞ!
 そんな未来が見えた気がする。

・ GIANT KILLING
 前後にカバーする範囲の広さが椿の武器だ。
 しかも、そこからかわして持っていくってのがスゲェな、これは燃える!
 たとえ決まらなかったとしても、相手は椿を意識せざるを得ない。
 自然とリズムが狂うことを期待しよう。

ニンニンジャー「24 西洋妖怪ぞくぞく来日」、ドライブ「41 黄金のドライブ誕生」、プリプリ「27 応援ひびく夏祭り」、うしおととら「6 あやかしの海」

・ 手裏剣戦隊ニンニンジャー「忍びの24 夏休みスペシャル 夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!」東映TV朝日
 ほう、戦国時代の人からしたら、南蛮妖怪なのか。
 現代感覚がまだ身についていないようだ。
 この辺が弱点になると思えないのが惜しい。

 今回は旋風父さんが風花への家族サービスをするの巻だ。
 後楽園遊園地は今日も家族サービスに奔走するパパ・ママであふれかえっている。
 となりの東京ドーム地下では武器解禁の陰惨な試合がおこなわれているとも知らずに……

 旋風と風花が楽しむのをジャマしないように、のこりの5人でフランケンと戦うのだった。
 5人で戦えちゃうあたり、西洋妖怪ってあまり強くないのかも。
 というか、ごまかしきって勝ったよッ!

 この手のパターンって、いままで気付かずゴメンとメンバー勢ぞろいで逆転がお約束だ。
 そこをメンバー不在のまま勝ってしまう。
 なんか、仕事と家庭を両立させてガンバレという応援歌のような話だった。
 こういうオチもあるんだな。

・ 仮面ライダードライブ「第41話 黄金のドライブはどうやって生まれたのか」東映TV朝日
 蛮野が逃亡したことは置いといて、特状課のお仕事はいつも通りにあるのだった。
 事件はどうもメディイクが超進化するために仕組んだものだったらしい。
 ロイミュードたちも、なかなか一枚岩になって行動できないな。

 ライダーVS蛮野VSロイミュードの三つ巴対決なのだが、どこも共闘できていない。
 利害関係が一致しないからな。
 どこも手を組める気がしない。

 蛮野はロイミュード006の肉体をのっとり、黄金のドライブとなる!
 中国拳法も不意打ちに弱いのか?
 ロイミュード006に期待していただけに、これはこれでションボリだよ。

 だが、悪のライダー誕生は燃えるシチュエーションだ。
 マッハを一蹴するなど実力はホンモノだぞ。
 タブレットだった頃から強かったンだから、肉体を得たらもっと強い。
 三つ巴ではもっとも数の少ない蛮野だが、戦闘力で見たら互角か?
 状況が混沌としてきたな。

・ Go!プリンセスプリキュア「第27話 ガンバレゆうき!応援ひびく夏祭り!」ABC東映
 テニス部のゆうきは練習中に怪我をしてレギュラーを外され落ちこんでいる。
 最近のグラゼニみたいな展開だな。
 いや、アレほど酷くはないけど。

 プロスポーツの世界は肉体の限界ギリギリまで酷使して戦う世界なので、ケガをする場合も多い。
 だからケガをしちゃった場合は、回復期をどう過ごすかを学ぶ練習だと思ってはどうか。
 本当はケガをしないことが一番なんだけど。

 はるかは、キュアフローラとして ゆうきをしかる。
 プリキュアは基本的に熱血系だから、こういう時の励ましが得意なのだろう。
 プリンセスプリキュアは変身前後の姿がずいぶん違うから正体バレの心配しなくて良さそうだ。
 そういう所は便利ですね。

・ うしおととら「6 あやかしの海」
 夏だ! 海だ! 妖怪だ!
 名探偵が旅に出れば、旅先で殺人事件が起こるように、潮が出歩くと妖怪が出るな。
 獣の槍が呼んでいる部分もあるのだろうけどお。

 とらを知る妖怪も出てきた。
 500年も封印されていたから、長生きな妖怪でないと知らないってことか。
 とらぐらい強力な妖怪だったら、もっと有名でもおかしくないんだけど。
 現代に通じる日本文化が生まれた江戸時代をスルーしちゃったのが惜しい。

 獣の槍についている赤い布をちぎったら、なんかパワーアップしちゃった。
 もはや自立型 対妖怪 殲滅兵器の趣だな。
 中国の槍は穂先の根元部分に、布がついていることが多い。
 血が手元に滴るのを防ぐためとか諸説あるんですが、理由は良くわからない。
 良くある、昔は意味があったんだけど、今は前から付いていたという理由で続けているパターンだろう。

 獣の槍には布に意味があるようだ。
 いざと言うときは、布を剥がせば良さそうだけど……
 無差別攻撃で、とらまで串刺しにしたら困るな。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)