2016年04月

刃牙道「107話 原人(ピクル)」


2016年4月28日(22+23号)
第4部 第107話「原人(ピクル)」 (1086回)

 戦国時代から現代によみがえった剣豪・宮本武蔵 VS. 恐竜時代から現代によみがえった原人ピクル!
 めまいを起こすようなスペシャルマッチも やっと決着か?
 けっきょく本部は間に合わなかったようだ。
 知識が豊富なのに、予想がニガテな本部らしい。

 武蔵がピクルの上に馬乗りだ。
 近代総合格闘技で圧倒的有利といわれるマウントポジションである。
 でも、武蔵は昔の人なので、あまり有利じゃないかも。
 刀を持っていれば、ここでトドメを刺せたんだけど。
 思わず馬乗りになったけど、刀が無くて困っていたりして。

 武蔵も素手のマウントポジションでどう攻撃すれば良いのかワカらんのだろう。
 なかなか攻撃ををしかけない。
 実は追いこまれているのって、武蔵のほうかも。
 決着の方法が思いつかないぞ。

 ここで野々村リーダーが壁の凹みに気がつく。
 ピクルのタックルをくらい武蔵が壁に叩きつけられたときにできたらしい。
 厚さ30センチのジュラルミンが凹んでいる!
 凹ませたピクルのパワーもスゴいが、はさまれても平気な顔している武蔵のタフネスもスゴい!

 野々村に指摘されて徳川さんも よそ見だ。
 雑談できちゃうほど、マウントポジションが膠着しているのだろう。
 やはり武蔵が こまっていそうだ。
 武蔵もピクルも頑丈すぎて決着がつかずグダグダになっているのか?

「徳川」
「この勝負」
「改めてもらえぬか」

「本身(ほんみ)を使用(つか)いたい」


 武蔵の必殺技であるエア斬撃はピクルに通じなかった。
 だから、真剣を使ってピクルを倒したい!
 ッッッ!
 これはッ!
 ついに武蔵が泣きをいれた!

 素手じゃいくら攻撃してもダメージ通らないから、武器を使わせて!
 って事だよな。
 武士としては正しい考えだ。
 剣を倒すなら、槍を。槍を倒すなら弓矢で。弓矢を倒すなら鉄砲を使う。
 手段を選ばず敵を倒すのも武士道だ。(佐伯真一「戦場の精神史」)

 でも、素手じゃ勝てないから自分だけ武器を使いたいってのは卑怯すぎで印象悪い。
 それでも勝てば、富と名声が手にはいるのか?
 富と名声のためには、ただ勝つだけじゃダメだぞ。

 マウントポジションのまま雑談してスキだらけの武蔵はピクルのブリッジで跳ね飛ばされる。
 さすが恐竜にふまれても壊れない原人ピクルだ。
 武蔵も野生の裸馬より上と絶賛を惜しまない。
 これは、あっさりマウント返しされた自分をフォローしているのだろうか?

 パワー勝負ではピクルに負けた武蔵だが、真剣を使っていたら俺が勝っていたよ宣言をする。
 徳川さんも武蔵の言い分を認め、真剣ならばピクルの出血多量死であると判定した。
 なにを今更言う。
 と言うか、武蔵って無刀の奥義は もう諦めちゃったんでしょうか
 剣を究めれば、無刀に至る! でも、やっぱり剣で斬ったほうが強い。

 ただ、武蔵は実際に斬ってみないとピクルを殺せるのかどうかワカらないという。
 また武蔵がムチャを言いだした。
 とうぜん この場で唯一の常識人であるペイン博士が文句を言う。
 いかん! 正論はいたら、今度は左腕を折られるぞ!

 だが、武蔵は自分のエリをつかんだペイン博士の手を押さえて、膝抜きで転ばせる。
 武蔵は達人・渋川さんの合気をくらって倒れたが、その合気を学習したのだろうか?9巻 74話
 この吸収力は、さすが伝説の剣豪って感じですね。
 普通に近代格闘技を学べば、短期間で技術を習得できそうだ。
 もっとも、こういう異色の戦士ってのは、独自色を無くさないほうが強かったりする。
 へんに近代格闘技を学びすぎたら、パワーのある初級者になってしまいがちだ。

 ペイン博士の左腕は折れていないようだ。
 ノーベル化学賞であっても、むきだしの暴力には勝てんか。
 暴力と知力では戦う土俵が違いすぎる。

「決着を畏怖(おそ)れるな」

 武蔵がペイン博士に言い放つ。
 畏怖(おそ)れるなって、ムチャをいう。
 武蔵は真剣勝負なら自分が勝つと確信しているから、おそれなど無い。
 高確率でピクルが死ぬんだから、ペイン博士が嫌がるのは当然だ。

 ペイン博士を暴力と迫力で黙らせた武蔵は刀を所望する。
 やっぱりピクルを斬りたいのか。
 骨まで断たずとも、太い血管を斬れば殺せる!
 理論を実践したくなる心情は、ワカらんでもない。
 ペイン博士だって、実践したい理論がいくつもあるだろうし。

 武蔵が欲するのは徳川さんから借りた国宝・國虎ではない。
 かつて自分が使っていた希代の切れ味をもつ『無銘 金重』だ!(参考
 肥後の国・熊本に眠る、武蔵の愛刀である。

 武蔵は なにがなんでもピクルを斬殺する気だ。
 というか、今から熊本に行く気なのか?
 その場で斬殺できるようにピクルも連れていくのだろうか?
 これは妙な感じで、勝負の一時中断になりそう。

 今の熊本は地震で大変な状態だ。
 作中時間では、まだ地震の発生前なのだろうか?
 変な方向に話が転がりそうな気がする。
 新たな波乱を予感させつつ、次回につづく。


 ピクルが硬くて斬れないので、武蔵が泣きごと言いだした。
 と言う感じですが、わざわざ熊本行ってまで斬殺したいのかよ。
 映画『戦場のピアニスト』(AA)で、並ばせたユダヤ人を順番に射殺しいき、途中で弾を装填しなおして淡々と全員を殺すシーンのような人命をなんとも思わない不気味さを感じる。

 武蔵が熊本に行くのか、誰かが熊本から刀を取ってくるのか、わからない。
 とにかく試合は一時中断だろう。
 つまり、やっと本部が介入するスキができたわけだ。

 今までは秘密施設の地下で戦っていたので、本部が守護(まも)ろうにも場所を知らないという状態だった。
 だが、地上に出て熊本に行くのなら、本部が追跡できる可能性がある。
 ついに本部が活躍するときがきたぞ。……たぶん。

 なんの罪もないピクルが斬殺されようとしている。
 ピクルを守護(まも)ることができるのは、本部しかいない!
 おおッ! まるで本部が少年漫画の主人公のようだ。ヒゲはえてるけど。

 ピクルを折に入れて、みんなで熊本入りした時に地震が起きるかもしれない。
 その混乱をつけば、本部はピクルを守護(まも)ることができるだろう。

 頼んだぞ本部よ。ピクルのかわりに斬られてくれ!
 アラミド繊維上着なら、『無銘 金重』も防ぐことができるような気がする。
 斬れなくても、鉄パイプで殴られるようなものだから、骨が折れたりするかもしれませんが。
 あと、横に斬って首チョンパされたらアラミド繊維上着の意味ないんで気をつけてください。
 ……ダメだ。考えるほどに本部の失敗ばかり浮かんでしまう。
 アラミド繊維でできた『くまモン』をかぶって、奇襲をかけたらどうだろうか?


週刊少年チャンピオン2016年22+23号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2016年22+23号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(11): 少年チャンピオン・コミックス 5/6に刃牙道 11巻が発売される!
本部以蔵の活躍が止まらない!
いったい本部はどこへ行こうというのか?
11巻は90話からッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道106話 感想追記

追記 (16/4/27)
 バキ世界の握力No.1は誰か?
 という話を前回感想で描きましたが、オリバは勇次郎に握力で敗北していると指摘を受けました。(範馬刃牙22巻 183話
 すっかり忘れていましたよ。情報ありがとうございます。

 握力五強候補を範馬勇次郎、花山薫、オリバ、ピクル、武蔵と書きました。
 この中でも、強弱がわかりそうな並びもあります。
 勇次郎 > オリバってのは指摘された通りだ。
 で、勇次郎と対峙した花山は「単純な腕力だけでも格(レベル)が違いすぎる」と栗谷川さんに言われている。(G刃牙14巻 124話)
 その勇次郎もピクル相手をして「俺を技術(わざ)に追い込みやがった」となった。(範馬刃牙11巻 87話
 握力勝負ではないのだが、腕力とだいたい同等と考えれば、ピクル > 勇次郎 > オリバ、花山か?

 鎬紅葉も初登場時に勇次郎と握力勝負できるぐらいのパワーを見せた。(G刃牙 52話)
 だが、勇次郎はあの時からさらに進化している。
 それに対して、紅葉はあまり変わっていないようだ。
 今の紅葉は5強に入ることができない。

 勇次郎と紅葉のドアノブ勝負だが、別の解釈もある。
 もっと雑魚い相手を想像して勇次郎が油断しいた説だ。
 思ったより握力があってビックリしただけ。

 あと、ドアノブが壊れないように勇次郎が加減してドアノブを回した説もある。
 ホテル暮らしの勇次郎にとって、ドアが壊れるのは自宅のドアが壊れるのと同じぐらいの不便だ!
 ちなみに、10歳の花山(5歳という異説もある。アニメ7話を参照)は紅葉が破壊できなかったドアノブを変形させている。(G刃牙14巻 117話)
 ドアノブの材質が違うかもしれないが、握力勝負なら 花山 > 紅葉だろう。

 武蔵ですが、刃牙がその握力を脅威としている。(4巻 33話
 刃牙が言うからには、相当なものなのだろう。
 短時間だがピクルと手四つを維持できたんだし、武蔵の握力はやっぱり強力だ。

 刃牙は型を見直すだけでなくパワーもつける方法を考えたほうが良いのかも。



◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
バキ外伝 疵面(スカーフェイス)感想
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (2016/4/23)
アニメ感想(うしおととら、ジョジョ4部、ガンダムUC) (2016/4/24)
ジュウオウジャー、仮面ライダーゴースト、まほプリ感想 (2016/4/25)


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(11): 少年チャンピオン・コミックス 3/8に刃牙道 11巻が発売される!
本部以蔵の活躍が止まらない!
いったい本部はどこへ行こうというのか?
11巻は90話からッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジュウオウジャー「11 動物大集合」、ゴースト「28 深淵の力!」、まほプリ「12 満天の星空とみらいの思い出」

・ 動物戦隊ジュウオウジャー「第11話 動物大集合」東映TV朝日
 鳥男はやっぱりジューマンだった。
 で、なんかジューマンに冷たい。
 よっぽど嫌な目にあわされたんだろうか?

 いっぽう人間とジューマンの混成戦隊ジュウオウジャーはちゃんと友情をはぐくんでいるようだ。
 帰ることよりも、共に戦うことを選ぶ!
 異種族間で仲良くできるんだから、ジューマン同士も仲良くできたら良いんだが。

 そして、ジュウオウキューブ全部合体でワイルドジュウオウキングの誕生だ!
 この合体シーンは相変わらず妙に燃えるな。
 今後もどんどん合体拡張していくのだろう。
 最終的に、何体合体になるのか、ちょっと楽しみになってきた。

・ 仮面ライダーゴースト「第28話 爆現!深淵の力!」東映TV朝日
 自分の生き方をしたがる眼魔がまたでてきた。
 芸術家タイプは扱いにくいですね。
 絵画(視覚)・音楽(聴覚)と来たから、次は料理(味覚)かな?

 前回オナリに助けられたジャベルが借りを返す!
 オナリも立派だが、こたえたジャベルも素晴らしい。
 ふたりの奇妙な友情がこれからの世界を変えるかも。

 なんか不調になってしまったゴーストにかわり、スペクターが新フォームに変身だ!
 全身トゲトゲで禍々しいデザインだな。
 味方にしておくのが惜しいほどの尖りっぷりだ。

・ 魔法つかいプリキュア!「第12話 満天の星空とみらいの思い出」ABC東映
 リコは人間界の学校でもガンバっているな。
 予習していたにも関わらず、星の名前の違いに気がつかないあたりが、不器用まるだしだけど。
 座学は得意と言うリコのプライドがボロボロだな。

 堅物で理性派のリコと、ゆるい感性派のみらいは互いに補いあえる存在だ。
 みらいも、少しは考える習慣を身につけてくれれば良いんだけど。
 そして、はーちゃんも急激に成長している。
 最終的に3人目のプリキュアになったりして。

うしとら「30 不帰の旅」、ジョジョ4部「4 虹村兄弟2」、ガンダムUC「4 フル・フロンタル追撃」

・ うしおととら「第参拾話 不帰の旅」
 潮の字伏化を食いとめた勇の親代わりである厚沢にジエメイと名乗る女が近づく。
 いや、違う! 声違うから! と言っても知らんだろうしな。
 白面の者は、本当に陰険な作戦ばかり立てやがる。
 そういう意味で、妖怪と言うよりも人間らしい存在なんだよな。

 人間側も流が裏切って白面側につく。
 なんだよ、このムチャクチャは。
 鏢(ヒョウ)さんは恨みが強すぎて妖怪寸前だし、人間側がガタガタだ。

 だが、HAMMR(ハマー)のオッサンたちは無事だった。
 うむ、科学万歳! HAMMRの科学力は世界一ィィィ!
 人間は知恵を出すのが王道だな。

 圧倒的な窮地の潮と とらだが、潮はHAMMRに「石喰いの鎧」をもらい、とらも字伏石を装備する。
 このパワーアップは燃えるな。
 新しい装備を買った後の戦闘は楽しいの法則だ。
 これでチョットは反撃の体勢ができたかもしれない。

・ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「第4話 虹村兄弟 その2」
 戦った相手だろうと、助けようとするのがヒーローの証だ!
 こういう気高き精神はジョースター家の血筋だよな。
 そりゃ、億泰だって恩義を感じるというものだ。

 形兆のスタンドは群体型のバッド・カンパニー(極悪中隊)だった。
 群体型は強いな。防御力はやや弱いのかもしれないが。
 ミサイルの反撃であっさり倒されたのは、やっぱ防御に不安があったためだろう。
 その前に、歩兵60名のうち3名を倒されたので、5%死ぬようなダメージを受けていたのを隠していたのかもしれないが。

 きちっとした形兆は、CDを交換するとき、前のCDをしまってから次を出す。
 でも、億泰は次のCDのケースにとりあえず入れたり、むき出しのままその辺に置いたりしてそう。
 たぶん、そういう積み重ねが億泰ごと攻撃って行動になっちゃったんだろうな。

・ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「4 フル・フロンタル追撃」
 ナレーションで、オードリーの正体言っちゃうんだ!
 いや、ものすごいバレバレですけど、そこは知らんぷりしとかんと。
 女優のナツメ・スワンソンに似ているぐらいのボケをかますんだ。
 ナツメ・スワンソンって、たぶん第一次ネオジオン戦争のドラマか映画に出演した天才子役なんだろうな。

 そして、喋ると急に無能がバレてしまうオットー艦長であった。
 1~3話は、どっちかと言うと袖付きの視点で話が進んでいたから、ロンド・ベルが悪役っぽい感じだ。
 ロンド・ベルのほうがコロニーにダメージ与えていたし。
 でも、話してみるとロンド・ベルの人も良い人なんだよな。
 連邦だ、ジオンだと人は争うが、話し合えば仲良くできるかもしれない。
 その可能性を見せてくれる存在が、ニュータイプだったはずだが……

 ネオ・ジオン残党"袖付き"の首魁であるフル・フロンタルがネェル・アーガマに迫る!
 後続の三倍のスピードだ!
 さらにノーマルスーツを着ないで宇宙戦をしている。
 やっぱり、赤い彗星のシャアであることを強いられている感じだよな。

 人間ってのは、家庭や社会で役割を与えられている。
 バナージがオードリーに言ったように、「しなくてはいけないこと」と「自身がどうしたいのか」ってのは微妙にちがう。
 求められている役割が正しいのか疑い、悩み、それでも より良い方向を探していくのが、ユニコーンガンダムを与えられたバナージの使命なのだ。
 でも、それすらも、求められている役割っぽいのが難しいところなんだけど。

週刊少年チャンピオン2016年21号感想

囚人リク(27): 少年チャンピオン・コミックス
5月新刊!
・ 囚人リク
 沢田へのペナルティーは武装解除だ!
 そういうのもアリなんだ。
 大場の言うとおり、沢田にとってワイヤーを奪われて普通の人になるのが最大の屈辱っぽい。

 仲間との合流を目指してレノマがあがく。
 そして、おじさんっぽい人が再び登場だ。
 やっぱりリクを知っているっぽいぞ。

 だが、これは新たな障害の登場だな。
 大人を信用できないレノマは、新おじさん(?)を信頼できるのか?
 猜疑心と言う敵は内に潜んでいるのだ。
 田中さんの時とおなじように、やっぱ殴り合うしかないのか?

弱虫ペダル(44): 少年チャンピオン・コミックス
3月新刊!
・ 弱虫ペダル
 鳴子が信頼するのは、小野田くんでなく今泉のほうか。
 小野田たちの世代は愛憎関係がけっこう複雑っぽい。
 杉元はそこに入ることができるのか?
刃牙道(11): 少年チャンピオン・コミックス
5月新刊!
・ 刃牙道
 106話感想はこちらへ。
 武蔵とピクルの手四つだ。パワー勝負ならピクル有利だが……
ハリガネサービス(9): 少年チャンピオン・コミックス
3月新刊!
・ ハリガネサービス
 野々原センパイの不審な行動は骨折だった!
 こりゃ、難しい展開だ。
 今日は、あともう一試合あるのに。勝てれば、の話だけど。

 チームの要であるキャプテンの負傷退場に下平が怒ったか?
 あとはサーブで見せるしかないな。
 新型サーブを使うなら、今だ!

・ 猫神じゃらし!
 魚の大サービスだ!
 子供の小遣いを考えると、恩返さないとダメだぞ。
 猫神さまは可愛いってだけで乗り切っちゃうかもしれないが。
 言葉をしゃべる事ができるけど、他に神様らしい能力はあるんだろうか?

毎度!浦安鉄筋家族(17): 少年チャンピオン・コミックス
4月新刊!
・ 毎度! 浦安鉄筋家族
 漫勉五十嵐大介が右手と左手で同時に背景を描くとか異次元な技をやっているの見てビックリしましたよ。
 左で描くと自然な歪みができて良いとか。
 十三階段ベムも、これで二刀流に目覚めたら面白かったのに。
 だが、悪魔の右手が自動で動いちゃう。
 売れないのがベムの運命なんだろうな。

・ 恋愛菌糸きのたけさん
 川村拓の短期集中連載だ!
 キノコ女で胞子とばしてトリップさせちゃう。
 『テラフォーマーズ』に居そうな能力だな。マーズランキング10位ぐらい。
 きのたけさん、ちょろ可愛いぞ。

・ 放課後ウィザード倶楽部
 答えは酸素。ワカったときにはもう遅い。だな。
 夢の世界でも、酸素の影響があるってのか。
 現実との関係がどうなっているのか気になるところだ。
 それはさておき、鎧武者の中身は、意外と美少女だったりして。

小説版『放課後ウィザード倶楽部』はコチラへ。
見所紹介『放課後ウィザード通信(第六回)』はコチラへ。

鮫島、最後の十五日(7): 少年チャンピオン・コミックス
5月新刊!
・ 鮫島、最後の十五日
 横綱・泡影と戦うのは、石川のセンパイである飛天勇だ。
 戦う前から のまれちゃっているな。
 ケガをしないというし、正面衝突をしない柔の相撲なんだろうか。
 立ち合ってみないとワカらん恐怖っぽいな。
 泡や影というより、底なしの沼だか?

実は私は(16): 少年チャンピオン・コミックス
4月新刊!
・ 実は私は
 とりあえず未来が痴女に支配されるってのは実感できました。
 そんな痴女世界を破壊すべく、時間を遡っているのだろうか?
 未来では、葉子がカリスマ痴女2世になっていたりして。
吸血鬼すぐ死ぬ(2): 少年チャンピオン・コミックス
4月新刊!
・ 吸血鬼すぐ死ぬ
 こんな簡単に催眠術が使えるのは、さすが吸血鬼ってところだな。
 そして、ロナウドだと暗示をかけられているけど、軽量なジョンが相手でもすぐ死ぬのもさすがだ。
ドカベン ドリームトーナメント編(21): 少年チャンピオン・コミックス
5月新刊!
・ ドカベン ドリームトーナメント編
 ジャンプしてそのまま投げる!
 さすが忍者だ。
 で、審判侮辱は水島世界じゃ大罪だぞ。
 どうフォローするのか?

少年ラケット(4): 少年チャンピオン・コミックス
4月新刊!
・ 少年ラケット
 イチローの戦型は前衛異質攻守型か!
 複雑なスタイルだな。
 前衛速攻だと裏表の使い分けをするヒマがない。
 まだ、なにか秘密がありそうだ。

・ イタおのこ
 『みつどもえ』の ふたばみたいに、自分のおっぱいが見られている!と興奮するんだ!
 なんか今後も下ネタ事件ばかりに遭遇しそうなオーラを持つコンビ誕生だな。

Gメン(6): 少年チャンピオン・コミックス
3月新刊!
・ Gメン
 もとはGメンも荒れていたのか。
 素直に勝太たちにGメンを継承すれば良いのに。
 強さも人格も文句なしだぞ。
・ ミドリノユーグレ
 一介の女子高生じゃ、できることも少ないよね。
 とりあえずボルテクスカンパニーに侵入するしかないようだが。
 父からの遺産とか無いもんだろうか。

錻力のアーチスト 12 (少年チャンピオンコミックス)
2月新刊!
・ 錻力のアーチスト
 やっぱ、凍り具合でダメージ判定できるのがいいね。
 あまり凍っていないから精神的に互角だ。
 そして、1回は動きのニブかった児島も動きも良くなっているぞ。
 ラストの9回裏、3点差を逆転できるのか?

AIの遺電子(1): 少年チャンピオン・コミックス
4月新刊!
・ AIの遺電子
 メカの病気と言うか、ウイルス感染はこうなるのか。
 ウイルス対策ソフトとか入れられないんですかね。
・ 正義の殺人鬼
 ここは死後の世界だった!
 死後の世界で殺すって、どういう事だよ。
 『Angel Beats!』みたいに成仏・転生前の世界なんだろうか。

ニコべん! (2)(少年チャンピオン・コミックス)
1月新刊!
・ ニコべん!
 さいごに告白して最終回だ!
 やっぱトーナメントで戦わないとダメなのか?
 そして、電子書籍で残りのコミックスも発売決定となった。
 今後はこういう電子書籍でのフォローも増えてきそうだ。

BADBROS(2): 少年チャンピオン・コミックス
5月新刊!
・ BADBROS
 意地の出塁だ。
 普通の神経していたら、ボール当てて殺すってなかなかできないだろうし。
 あと、アウト取れないみたいでプライドが傷つきそうだしな。
 次は甲人だし、ここで突き放したいところだ。

木曜日のフルット(5): 少年チャンピオン・コミックス
12月新刊!
・ 木曜日のフルット
 アシスタントの情報意識低いな。
 素人のオフ会よりもヒドい。
 でも、美人と思われるのなら、そんなに悪くないかも。

● ヤンジャン
・ キングダム

 矛が折れた!
 こりゃ、ついに王騎の矛を引き継ぐ時がきたか?
 とりあえず、目前の敵だ。
 この一戦で、いっきに大将軍へ近づけ!

・ 銀河英雄伝説
 フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト!
 ついに名将の誉れ高きあの男が登場だ。
 その勇猛さは銀河の張飛と言えよう。
 袖を引きちぎり、割れた腹筋さらす着こなしのセンスが名将らしさを演出しているぞ。
 ワイルドだな。イノシシ肉とか食いちぎりながら指揮しそう。

 成果をだすためには、リスクも生じる。
 自分もダメージを受ける覚悟での攻撃ってのは けっこう重宝されるのだ。
 前漢の名将霍去病も被害を出しつつ成果を上げる武将で、皇帝にも愛されていたらしいし。

 戦略的に考えれば、目的であるイゼルローン要塞攻略の前に戦力を消耗したくないという判断もうなずける。
 だが、ワイドボーンも言っていた『ランチェスターの法則』を考えると、兵力を多数揃えたほうが短時間でダメージも少なく勝てるハズだ。
 無能な上司は、敵より厄介ってことですな。

・ デストロイ アンド レボリューション
 童貞(※ 敵を初めて殺すこと)を捨てたか。
 このまま暴走したら、かなりマズいな。

● モーニング
・ グラゼニ

 まだスピードにこだわるのか。
 もうラッキーは続かなさそうだけど。
 試合間隔は大事に扱ってもらえているけど、対戦相手がやりにくい相手ばかりだな。

・ GIANT KILLING
 黒田が出てきたらどうしようかと、本気で心配してしまった。
 サポーターの応援が大事ってのは達海も理解しているだろうし、これは必要な仕事ですね。


週刊少年チャンピオン2016年21号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2016年21号

刃牙道「106話 手四つ」感想


2016年4月21日(21号)
第4部 第106話「手四つ」 (1085回)

 剣豪・宮本武蔵の握力は青竹の節を一瞬で握りつぶすことができる。
 恐竜時代の原人ピクルは恐竜をつかんで捕食してきた。
 握力自慢の二人が手四つで組みあう。
 ここからは純粋なチカラ比べか!?

 両手 を(右手と左手、左手と右手)つかみ合う形が手四つだ。
 プロレスで、もっともシンプルに力比べをする形と言える。
 武蔵とピクル、二人が漢(おとこ)を比べあう。
 手四つはパワー勝負の王道だ!

 二人の筋肉が盛りあがり、きしみを上げる。
 ピクルはツマサキ立ちになり、上から圧力をかけていく。
 対する武蔵はカカトを踏みしめ、跳ね返そうとしている。
 握力だけでなく、全身筋力を考えるなら巨体のピクルが有利か?

 高速回転するコマが静止しているように見えるように、二人の力比べは激しく押し合いながら静止しているように見える。
 見学する徳川さんは大興奮だ。
 格闘技の知識がなさそうな野々村にも、この熱が理解(わか)るらしい。
 シンプルな力比べは、シロウトが見ても理解(わか)るのだ!
 ペイン博士だけ反応が薄い。腕を折られているから、早く治療に行ったほうがイイぞ。

 ピクルが倒し、捕食してきた恐竜は こういう握力を持っていなかった。
 手で物をつかむのは人間の特徴だ。
 恐竜と手四つなんてやらないだろうしな。
 ピクルは人間相手の組み技がニガテなのかも。

 手四つで押し合いながら、ピクルは武蔵が自分のことを大好きなんだと感じる。
 戦士は戦うことで理解(わか)りあえるのだ。
 でも、ピクルの場合は戦う相手を好きになっても、喰って別離(わか)れることになるという矛盾をかかえている。
 ピクルは今日出会った好敵手と、今日別離(わか)れることになるかもしれない。

 と、武蔵は壁を蹴った反動でピクルの鼻に頭突きをした。
 鼻血ほとばしる激痛にピクルの動きが止まる。
 そのスキを逃さず、武蔵はピクルの上に馬乗りになるのだった。
 近代総合格闘技で有利な体勢とされるマウントポジションをとったぞ。
 古流の武蔵も、このポジションで有利なのだろうか?

 真っ向勝負で愛情を感じた瞬間に頭突きをくらって、押し倒される。
 なんかピクルの片思いみたいな展開になってきたぞ。
 武蔵はパワーで勝てないから、技に逃げちゃったんだろうか?
 ピクルの思いをスルーしやがった。

 戦国時代の戦場格闘技は、弱った相手に素早く小刀を刺してトドメを刺すのが定石だ。
 しかし、いまの武蔵は無手である。
 この状態から、どう決着をつける気なのか?
 やっぱり無刀斬で「斬れない、斬れない」を連発するのか?
 次回につづく!


 パワー対決ならピクル有利と思っていたが、武蔵が技に逃げて勝負が流れた。
 握力限定なら武蔵とピクルが互角かと思っていたので、決着がつかず残念です。
 そもそも、握力王者が誰なのか謎ですね。
 範馬勇次郎、花山薫、オリバ、ピクル、武蔵、この5人が5強だろうか。(並びは登場順)
 あと、現在生きているかどうか分からないので除外だけど範馬勇一郎だ。
 花山とオリバの手四つは見てみたいな。

 サムライたるもの、狼藉者を取り押さえて縛る仕事もある。
 武蔵は縄術でピクルを縛るのだろうか?
 ピクルのはいているズボンが凶器に化けるかもしれない。
 戦国時代だと、マウントポジションから殴るとか、あんまりやらないだろうけど。
 『シグルイ』では、マウントから殴っていましたが。

 ピクルは武蔵に好かれていると感じた。
 でも、武蔵が見ているものはピクルを倒すことで得られる富と名声だ。
 武蔵はピクルが好きではなく、ピクルのもたらす富と名声が好きなんだぞ。
 これはピクルの悲しい片思いになりそうだ。

 それとも、武蔵も本当はピクル自身が好きなのだろうか?
 ツンデレって可能性もあるしな。
 戦国時代の割り切りで、好きな相手であろうと出世の手段にしちゃうのかもしれない。
 主君の命令であれば、友だろうが斬らねばならぬのがサムライの生きかただ。
 もっとも、戦国時代だと主君を見限る自由もある。とうぜん失業ですが。
 武蔵はどういう考えなのだろう。

 それにしても、ピクルを守護(まも)る宣言をした本部はなにをしているのだろうか?(99話
 もちろん、ピクルを見失い涙目で街をさまよっているハズだ。
 でも、そろそろ介入しないとピクルを守護(まも)る機会を逃すぞ。
 思い返すと、目の前で烈が斬られるのを見ていただけという実績がある。(8巻 65話
 本部に過剰な期待をしちゃダメかも。

 そして、ピクルがこのまま負けるとは限らない。
 ゾウに踏まれても大丈夫どころか、恐竜に踏まれても大丈夫なピクルだ。
 マウントポジションをブリッジの勢いでハネ返すぐらいできるだろう。

 だが、だが、武蔵も手ごわいはずだ。
 武芸百般にも優先順位があるだろうが、身分ある武士に欠かせないのが乗馬スキルである。
 日本の武士が乗るのは、小型だが去勢をしていない気性の荒い悍馬だ。
 馬術には多くの流派があり、さまざまな技術もある。
 ピクルと言う暴れ馬だろうと、武蔵ならなりこなせるだろう。

 武蔵とピクルの勝負は、どこに着地するのだろうか?
 武芸百般なら、さいごはオモテナシの心・茶道でしめるのもアリかも。
 でも、そこに本部が乱入して煙幕玉を投げこみ、抹茶の粉塵に引火して爆破オチになる可能性があるが。
 とりあえず、徳川光成を巻き添えで倒せたら、世界がすこし平和になるぞ。


週刊少年チャンピオン2016年21号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2016年21号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(11): 少年チャンピオン・コミックス 5/6に刃牙道 11巻が発売される!
本部以蔵の活躍が止まらない!
いったい本部はどこへ行こうというのか?
11巻は90話からッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

刃牙道105話 感想追記

追記 (16/4/20)
 武蔵vsピクルは手四つでパワー対決になりそうだ。
 でも、武蔵もピクルも組み技系じゃなさそうなのに、組んでどうするんだろう。
 互いに苦手な分野で競うのか?
 もっとモチ味をイカそうよ。

 武蔵は何度エア斬をしてもピクルを倒しきれなかった。
 これで、真剣使ったらアッサリ倒せて「やっぱ真剣最強」とかいう展開になったりして。
 骨は断てずとも、肉を斬れば充分なダメージだ。

 武蔵の目指していた無刀斬は真剣よりも強いのだろうか?
 無刀でも戦えて便利ってレベルだったら、今以上の完成度を目指す必要が無い気がするんだけど。
 でも、奥義って言っているんだから、スゴい威力があるのだろう。

 武蔵が無刀の奥義を完成させちゃったら、本部と戦うときも素手になる。
 素手の武蔵vs武装した本部 という、なんか困った状態になってしまうぞ。
 こうなると勝っても負けても本部がいい恥さらしだ。
 でも、そのほうが本部らしいかな。



◎特選・暇つぶしコンテンツ
先週の刃牙道
バキ外伝 疵面(スカーフェイス)感想
駄ネタ過去ログ(範馬刃牙)
駄ネタ過去ログ(バキ)

● blog内容別
週刊少年チャンピオン感想 (2016/4/16)
うしおととら、ジョジョ4部、ガンダムUC感想 (2016/4/17)
ジュウオウジャー、仮面ライダーゴースト、まほプリ感想 (2016/4/18)


------
・おまけ 新刊情報
z
刃牙道(10): 少年チャンピオン・コミックス 3/8に刃牙道 10巻が発売される!
ついに範馬勇次郎と宮本武蔵が出会う!
この二人が顔をあわせたら、勝負しかあるまい。
そして、本部はどう動くのか!?
10巻は81話から89話までッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

『真田丸 13~15回』感想

 第一次上田合戦で真田は徳川を破る!
 『サマーウォーズ』が参考にしていた戦術ですね。
 敵を罠に誘導して攻撃ってのは基本だな。
 真田の戦術は、このパターンを多く使っている印象がある。

 で、真田は大阪の秀吉のところへ行く。
 この頃は幸せな秀吉一族というナレーションで、病死、切腹、憂悶しながら病死、狂死?と死因を思い浮かべて沈んだ気持ちになった。
 だれも平穏な死をむかえていないっぽいぞ。
 でも、みんな歴史上の人物だし、死んでいるのは当たり前なんだよな。

 この頃は石田三成と加藤清正の関係も、さほど悪くなかったようだ。
 でも、まあ、今後の二人は……
 そういえば石田三成と直江兼続は、まだ仲良くなっていない。
 今後の人間関係がダイナミックに変化していくんだろうな。

ジュウオウジャー「10 最も危険なゲーム」、ゴースト「27 覚悟の潜入!」、まほプリ「11 ワクワクのトパーズをゲットモフ」

・ 動物戦隊ジュウオウジャー「第10話 最も危険なゲーム」東映TV朝日
 デスガリアンのボス・ジニスが動く!
 さすがボスだけに作戦が大がかりだ。
 そして怪人も強い。

 ジュウオウジャーがジュウオウキングとジュウオウワイルドの二本立てで戦ったのに負けた!
 二人で操縦すると弱くなっちゃうんだろうか?
 それでも、二対一で負けたのは痛いな。
 デスガリアンに本気だされたら勝てないって事だし。

 瀕死の大和を救ったのは、鳥っぽい人だった。
 これがイーグルパワーをくれた人か?
 って、すでに頭が白髪になっている。
 相当パワーをもらっているようですね。
 これ以上パワーをもらったら死んじゃいそうだ。
 もらうのはアドバイスぐらいにしておこう。

・ 仮面ライダーゴースト「第27話 決死!覚悟の潜入!」東映TV朝日
 眼魔の世界にやってきたタケルとアランは早速みつかって戦闘にはいる。
 アランはこっそり抜けだすのだった。
 信頼できたようで、やっぱり信用ならん男だな。

 でも、タケルは偉人召喚で敵を退ける。
 やっぱり偉人を呼びだせるのは便利だな。
 ヒミコが強いってのは、なんか世界観が揺らぐような衝撃を受けましたが。
 鬼道って、もしかして武術の流派名だったりして。

 マコトは生身として目覚めて、仙人にそっくりなイーディスから新アイテムをもらう。
 なんか、禍々しい雰囲気があるが、使って大丈夫なんだろうか?
 仙人とイーディスが同一人物だとしたら、この騒動を演出しているのは仙人イーディスって事になりそうだけど。

 そのころ、オナリは行き倒れていたジャベルをたすける。
 この慈悲、さすが僧だ!
 恩を仇で返されても受けいれる覚悟を感じたぞ。
 アカリの知略と オナリの気概は、タケルにとって偉人に匹敵する力になるだろう。

・ 魔法つかいプリキュア!「第11話 モフルンの初登校?ワクワクのトパーズをゲットモフ!」ABC東映
 リコも人間界の学校に行くぞ!
 名前は十六夜リコと名乗る。
 ちょっと前までやってたニンニンジャーの敵幹部と同じ苗字だと複雑な気がするな。

 で、やっぱり魔法を人に見られちゃダメってルールがあるらしい。
 そういうことは、ちゃんと伝えてくれ。
 手引きを渡すだけでなく、読み合わせしないとダメだよ。

 モフルン&はーちゃんも学校に行く。
 動くヌイグルミに、飛ぶ赤ちゃんという、超常現象コンビだ。
 魔法バレの危機がおきまくりだよ。
 モフルンが居ないと変身できないから、家に置いとくのも危険だしな。
 魔法つかいプリキュアは敷居を跨げば七人の敵あり、だ。

うしとら「29 三日月の夜」、ジョジョ4部「3 虹村兄弟1」、ガンダムUC「3 それはガンダムと呼ばれた」

・ うしおととら「第弐拾九話 三日月の夜」
 鏢(ヒョウ)さんの妻子を殺し、右目を奪った妖怪は紅煉だった!
 長年狙っていた仇にであい、鏢(ヒョウ)が笑う。
 って、その笑顔はちょっと狂いすぎている。
 放送して良い顔なのか。
 怪物を殺すため、自身も怪物と化してしまったようだ。

 獣の槍を使いすぎると妖怪化して とら のような字伏となる。
 頼もしい戦力かと思ったが、とらほど強くないらしい。
 やっぱり個人の技量が関係するんだろうな。

 いままで起きていた事象が決戦にむけて、集中しようとしている。
 潮に関する記憶を消されたが、新たな活躍で新しい絆を作るんだ。
 決戦まで時間がなさそうだけど、ガンバレ!

・ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「第3話 虹村兄弟 その1」
 前回書き忘れていましたが、オープニングがダサ面白かっこ良いぞ!
 ジョジョの奇妙なポージングはダンスとの相性もバッチリだし。
 康一の姿には成長性を感じるし、今後の変化も楽しみだ。

 そして、新たな脅威が杜王町にあると判明する。
 ディオの影はいつまでもつきまとうな。
 とつぜんディオがスタンドを使えるようになったのは、謎の弓矢によるものだった。
 言われてみたら、とつぜんスタンド能力に目覚めるってのは理由が必要だしな。

 悪人ほどスタンド能力に目覚めやすいってのは困ったものだ。
 自分の欲望に忠実なヤツは攻撃的な精神力も高いって事なのかも。
 戦争が科学技術を発展させる的な感じだろうか。

 その弓矢をもつ虹村兄弟に康一は射られてしまう!
 せめて、もっと安全なところを狙ってくれ。
 致命傷になるようなところじゃないと効果ないんだろうか。

 虹村弟・億泰のスタンド能力は右手で空間を削りとる!
 防御不能の恐ろしい能力だ。
 能力に頼りすぎて、一発で右手がヤバいと見抜かれる当たり、やっぱ頭悪いのかも。
 スタンドは能力だけでなく、使い手の頭脳も重要なのだ。

・ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「3 それはガンダムと呼ばれた」
 ネオジオン残党軍"袖付き"と地球連邦軍ロンド・ベルの戦闘が激化する。
 1話の最初のほうで厳しい授業をしていた先生が生徒をシェルターに押し込み、自分は焼失してしまう。
 大人としての矜持だな。
 あの先生は立派な大人でした。
 そして、どんな人であろうと一瞬で死をむかえてしまうのが戦争だ。

 オードリーを探すバナージは、再びカーディアス・ビストと出会う。
 で、ここでの やり取りなんですが、やっぱり理解(わか)りにくい。
 なに言っているのか、ワカらんのだが、それでも二人が親子であるのが、ワカる。
 この絶妙な加減の会話はスゴいよ。

 ワカったような、ワカらんような この状態があってこその「父さん」発現だ。
 たぶん、アムロの「シャアって言ったな、俺は…」発現のオマージュなんだろう。
 理性ではなく感覚でワカりあえるニュータイプらしい発言だ。

 そして、ユニコーンガンダムが起動する!
 スタークジェガンとは比較にならない推進力で、クシャトリヤを押しかえす。
 OVA1巻はここで変形して終わりと言う、生殺しみたいな状態になる。
 私が見たときは、すでに2巻まで出ていたので、その場で2巻のAmazon注文ボタン連打でしたよ。いや、連打はしていないか。

 過去の戦争で活躍した伝説の機体ガンダムの新たな始動だ。
 万感の思いをこめてオードリーが「ガンダム」の名を呼ぶ。
 ネェル・アーガマのクルーたちもガンダムの登場にどよめく。
 ZZガンダムの後半でガンダムシリーズの母艦となったネェル・アーガマの出現にも因縁を感じる。

 そしてネオジオン残党軍"袖付き"の首魁フル・フロンタルが登場だ。
 どう見てもシャアですね。
 少なくともシャアであろうとしている人のようだ。
 そして、シャアっぽい台詞を言うノルマを課せられているかのような呪いを感じる。
 バナージが未来と可能性の象徴なら、フル・フロンタルは過去と現実性の象徴だな。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)