ヒーロータイム

スタプリ「16 まどかの一矢」、ジオウ「36 ハツコイ、ファイナリー!」、リュウソウジャー「10 無敵のカウンター」、風都探偵、ガンダムORIGIN「4 さよならアルテイシア」感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第16話 目指せ優勝☆まどかの一矢!」ABC東映
 まどかの弓道を応援だ!
 みんな勉強や部活に家の手伝いとプリキュアで大変だな。
 まどかは武道経験者だからか、やっぱり頼りになる感じがする。
 ひかるは、いまだにアホみたいにツッコンで行くし。
 でも、勇気あるファーストペンギンが必要な時もあるハズだぞ!

・ 仮面ライダージオウ 第36話「2019:ハツコイ、ファイナリー!」東映TV朝日
 初恋の女王は普通に頭のおかしい人だった!
 最近のマンホールの蓋は40kgぐらいあるが片手で振りまわしているぞ!
 なんか、ガイアの人格が出てきているからアドレナリンの大量分泌で限界を超えたパワーを出していそうだ。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第10話 無敵のカウンター」東映TV朝日
 今回の怪人はボクサーから生まれたので、カウンターが得意だ!
 ならば、合気返しで対抗しよう!
 いや、達人じゃ無いから無理か。
 ボクサーだから寝技に持ち込んだら勝ちとか、そういう展開でも無かったな。
 勝利を目指す執念が生んだラッキーでした。

・ 風都探偵 感想
 尊敬する人の死に責任を感じつつ、その重みを背負いながら、我が罪を数えながら変身だ!
 仮面ライダーW誕生の瞬間である!
 祝福せよ! いや、それはジオウだ。

 ワカっちゃいたけど、やっぱりグッとくる変身だった。
 今でも思いだせば涙が流れる悔恨のビギンズナイトだ。
 その無念を力にかえて、風都を守れ!

・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星「第4話 さよならアルテイシア」
 キャスバルとアルテイシアを送りだした母アストライアは幽閉と病気により衰弱しているのだった。
 ローゼルシアが死んだんだから、もっと良い環境にしようよ。
 これは全部ザビ家が悪いと恨まれる原因になったんだろうな。

 母の死を知ったキャスバルは、今までに見せたことの無い動揺をする。
 やっぱり、母の死はキツかったんだろうな。
 ここで妹と慰めあって涙に暮れていれば宇宙世紀も少しは平和だったかもしれない。
 だが、キャスバルは不気味な精神成長を遂げるのだった。
 エドワウ・マスとして通っていた学校の校長先生からも、怖いと言われるほどの逸材になってしまう。

 自分たちを監視しているらしき男をエドワウは殺害寸前まで追いつめる。
 この後に出てくるエピソードもあるので、男が監視者だと思っていた。
 だが、コメンタリーによれば、この男が監視者かどうかは不明で、本当に無関係な人かもしれないらしい。
 そう考えると、本格的にヤバすぎる人間だ。

 キャスバルは正当防衛とはいえ、すでに殺人を経験している。
 そのせいで殺人のハードルがムチャ下がっちゃったんだろうな。

 キャスバルは唯一の肉親となったアルテイシアとも別れ、お世話になったアズナブル家の息子シャアを利用して、入れ替わる。
 恐るべき復讐鬼シャア・アズナブルの誕生だ。
『「悪」とは てめー自身のためだけに 弱者を利用し ふみつけるやつのことだ!!』と空条承太郎は言っています。
 シャアは、もろこの条件満たしちゃっているよね。

 ただ、シャアにしてみれば、今まで利用され ふみつけられていた。
 今度は自分が利用して ふみつける番だと思っているのかも。
 いずれにしても、宇宙世紀がまた少し危険になってしまった。

スタプリ「15 お宝争奪!宇宙怪盗参上☆」、ジオウ「35 ハツコイ」、リュウソウジャー「8 奇跡の歌声」、風都探偵、ORIGIN「3 エドワウとセイラ」感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第15話 お宝争奪!宇宙怪盗参上☆」ABC東映
 宇宙アイドルのマオは親切だ!
 だけど、人の親切に裏があると読むのが勝負漫画の鉄則である。
 やっぱり正体は宇宙怪盗ブルーキャットだった。
 今のところ敵でも味方でもない存在のようだが、お宝争奪の観点からすると敵だよな。
 ルパンレンジャーとパトレンジャーは最後まで和解できなかった。
 こっちの怪盗は、どうなる!?

・ 仮面ライダージオウ 第35話「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」東映TV朝日
 今度はキバだ!
 って、ちゃんとお供を連れている!
 4人がかりは強いですね。

 その一方で仮面ライダーギンガなる新キャラも出てきた。
 相手が宇宙なら、こっちも宇宙フォーゼで対抗するんだ!
 フォーゼ使ってタイマンはったらダチになる作戦は有効だと思うんだけどな。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第9話 怪しい宝箱」東映TV朝日
 今回は怪しい宝箱の罠だ!
 少しは考えて行動せ、209歳よ!
 と思っていたけど、肉体的に強いので失敗だらけでもなんとかなる人生を送ってきたら、こういう209歳になるのかも。
 漫然と年をとっても大人にはなれないんだな……

・ 風都探偵 感想
 おやっさん、死す!
 そして、相棒と新たなる力の誕生か。
 大きな失敗と後悔があっても、それを糧に立ち上がるしかないんだ。
 いつか帽子の似合うハードボイルドに。
 また、ハードじゃないけど!

・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星「第3話 エドワウとセイラ」
 地球に逃れたキャスバルとアルテイシアは、マス家の子となりエドワウとセイラに名前を変えた。
 おお、この人がマスさんか!
 ここに、のちのホワイトベースのクルーであるセイラ・マスが誕生したのである。

 エドワウは、早くも成人したような声だ!
 むむっ、十代の少年にしてはちょっとキビしい声かもしれないが……
 でも、コメンタリーによればちゃんとオーディションを受けて合格したそうです。
 1話の少年キャスバルには、オーディション申し込まなかったらしいが。

 地球に亡命してもキャスバルたちに安住の地はなかった。
 自分と妹の命を守るため、キャスバルは童貞をすてる!(※ 敵を初めて殺すこと)
 宇宙に破壊を呼ぶ冷酷な復讐者シャア・アズナブルの成分がひとつ完成した瞬間だ。

 いっぽうジオンに残ったランバ・ラルは新兵器開発に立ち会うこととなった。
 まだまだ不格好なロボットだが人型ロボットには少年心がうずく!
 兵器の革新ってのは機動力の向上か、火力の向上だと言われている。
 このロボットだと、どっちもイマイチっぽいですね。
 まあ、将来的に機動力と火力が上がるのだろう。

スタプリ「14 家族のソンリッサ」、ジオウ「34 ヘイセイのオニ、レイワのオニ」、リュウソウジャー「8 奇跡の歌声」、ORIGIN「2 母との約束」

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第14話 笑顔 de パーティ!家族のソンリッサ☆ 」ABC東映
 ソレイユ=えれな、は6人兄弟だ! 多いな、バレーボールができるぞ!
 えれな弟の とうまが抱える悩み、自分たちが普通じゃあないってのは姉にとっては通過済みだ!
 お年頃になると大なり小なり、普通でないことに悩んだり、普通であることに悩んだりするもんだ。
 でも、宇宙人から見ると誤差範囲の普通だよね。
 変人はより大きな変人で打ち消すことができるのだ!
 痛みをより大きな痛みで打ち消すみたいなムチャなので使いすぎには注意だぞ。

・ 仮面ライダージオウ 第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」東映TV朝日
 京介、自分が一人前じゃあないのに弟子をとったのか。
 やっぱ、性格に難ありだよな。
 でも、弟子を育てるのは自分が育つことにもなるので、最悪ではないのかも。(※ 良いとは言えない)

 けっきょくヒビキさんは出てこなかったか。
 ヒビキさんは弟子を育成途中で放り出したりしないだろう。
 つまり、現在出てこないのは、……殉職なのか?

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第8話 奇跡の歌声」東映TV朝日
 ワイズルーは妹を人質に取っていた!
 名前の通り悪いやっちゃなー。
 でも、リュウソウジャーも頭を使って罠を回避した。
 そこは素晴らしいのだが、人質解放前に、今のはニセモノだ! と名乗り出るのはタイミング早くないか?
 わりと自慢したがりな騎士竜戦隊であった。
 戦功アピールは騎士っぽいのかも。

・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星「第2話 母との約束」
 後のシャアであるキャスバル・レム・ダイクンは母アストライア、妹アルテイシアと一緒に、父ジオン・ズム・ダイクンの正妻ローゼルシアのもとに引き取られる。
 ローゼルシアは、公式で解説されていますが、女傑にしてキッツイおばちゃんです。
 地上波で、なぜかカットされているんですが、ローゼルシアはアストライアを詰問するんですよ。
 子を産めなかった正妻が、子を産んだ妾に詰めよるという生々しいやりとりが好きだったんですが。

 なお、ローゼルシアの物言いをキッツイおばちゃん と笑って見ていたんですが、新規ガンダムファンに対する物言いがローゼルシアに似てしまうという事に気がつき、反省する材料になりました。
 新規ファンに「言ってごらん、ミノフスキー粒子がもたらした戦場の変容をッ!」という前に、ローゼルシアの姿を思い出そう。
 誰だって最初は初心者から入るんだから。

 もう一個オマケですが、BD特典のコメンタリーで、「なんでジオンの子が産めなかったのよ!」と怒るローゼルシアに対し……
 「顔だろ」と無慈悲なツッコミが入っていました。
 みんな、思ってはいても口に出さなかったことを……

 母アストライアは、キャスバルとアルテイシアを逃がすために強硬策をとる。
 だが、おそらく、これが今生の別れとなるであろう。
 アルテイシアは泣いてすがる。
 キャスバルは遠くを見ていた。

 聡明なキャスバル少年は、おそらくこれが最後の別れになると理解しているのだろう。
 だが、妹が泣きすがっているので自分は冷静になるしかない。
 この年齢で早くも自分の置かれた立場と、ふるまうべき行動を考えて演じているのだ。
 でも、ここで母にすがれなかったことが、ゆがんだマザーコンプレックスになったのかもしれない。
 最終的に「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」とか言っちゃうんだよな、コイツ。

 などと、キャスバル少年の将来を憂慮していたらガンタンクで強行脱出だ!
 ガンタンクッ!
 ここまで、ロボらしいロボが、ガンタンクしか出てねェよ!
 なんで1話冒頭のちょっと未来の戦闘シーンをカットした!?
 ガンダムがタイトルなのにガンダムが出てこないのは良いとして(時期的に、まだ開発もしていません)、でてくるのがガンタンクだけかよ!

 そして、キャスバル少年が未来のエースパイロットの片鱗を見せるようにガンタンクを駆るッ!
 キャスバル君…………
 もうザクに搭乗はしたのかい?
 まだだよなァ
 初めてのモビルスーツはザクではないッ!
 このガンタンクだ――――ッ!
 と言うわけで、後に輝かしい武勲をあげる名パイロットが最初に乗って最初に倒したのは、どちらもガンタンクでした、と。

 そして、今回ラストでキャスバル少年は、初めて見る宇宙・地球・月に感動する。
 このころは純真な少年の面もあったのに。
 成長した彼は、宇宙・地球・月を見てどう思ったのだろうか。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1

 なぜか見どころがカットされているので、一度くらいは見るのもお勧めです。
 あと、コメンタリーも。

スタプリ「13 ララの初登校」、ジオウ「33 いわえ!ひびけ!とどろけ!」、リュウソウジャー「7 ケペウス星の王女」、ORIGIN「1 ジオンの子」感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第13話 ララのドキドキ初登校☆」ABC東映
 宇宙人のララが学校に初登校だ!
 ララは二桁の足し算もできない!
 さすがに、それぐらいは暗算できないと不便そうだ。
 ちょうど最新の『ドラゴン桜2』で、数を制する者が組織を制すと言っていたが、まあそんな感じだ。
 ララは地球で修業したら母国で大活躍できそうだぞ!

・ 仮面ライダージオウ 第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」東映TV朝日
 今度は響鬼の世界、というか響鬼のその後ですね。
 響鬼たちは日本に出現する妖怪を退治するため、野外にテントを張って活動していた。
 そして、変身すると全裸になってしまうので、テント内で変身解除して服を着るのが定番だ。

 響鬼を名乗る当時の響鬼の弟子・桐谷京介と轟鬼が登場する!
 轟鬼さん、ダメだ!
 おむけで変身解除したら前が見えてしまう。うつ伏せで、尻なら出して良いから。尻なら実績あるし!
 だが、トドロキさんはちゃんと服を着ていた。
 う~む、鬼たちも進化したようだ。

 桐谷京介はちゃんと響鬼を襲名できなかったようだ。
 いまだに白い変身体だし、やっぱり大成できなかったか。
 問題の多い性格がなおっていないのが、その理由だ!(偏見による断定)

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第7話 ケペウス星の王女」東映TV朝日
 ティラミーゴが喋った! レッド・コウは209歳だ!
 なんか衝撃の事実がつづく。
 リュウソウジャーたちは年齢相当の分別とか知識・経験を持とうよ。
 というか、209年生きて修行して、ああいう戦闘しかできないのか。
 切ないほど人材不足だったのかも。

・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星「第1話 ジオンの子」
 オリジンがTV放送されるので、ついでに感想書きます。
 みなさん買って観て、コメンタリーで観て、友人きたら観てで、3回以上は観ているんでしょうけど、初心にかえった気持ちで観よう!

 というワケで、宇宙世紀0068年サイド3(スペースコロニーを安定的に配置できるラグランジュ・ポイントのうち地球から一番遠いL3)が、地球からの独立と宣戦布告をしようとしている所から話が始まる。
 ジオン・ズム・ダイクンは名前が良くでてくるシャアの父にしてジオン創立の父なんですが、かなり狂信的な人ですね。
 でも、地球からの独立とかムチャをするには「正気にては大業ならず」なのかも。

 長い目で見ると、この時点で独立戦争をしかけてもジオンの勝ち目はかなり薄い。
 ダイクンの死は運が良かったのかも。
 でも、ダイクンの家族にとって、父の死は天地がひっくり返るような事態だ。
 父の死すら、ザビ家とラル家の勢力争いの道具になっている。
 少年キャスバルは、運命を自分のモノにするために強さや権力が必要だと思いこんじゃったのかもしれないな。

スタプリ「12 映画監督は宇宙人」、ジオウ「32 アンノウンなキオク」、リュウソウジャー「6 逆襲!タンクジョウ」感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第12話 さよならララ!? 映画監督は宇宙人☆」ABC東映
 たまたま通りかかったように見えた映画監督P.P.アブラハムの正体は小っちゃい宇宙人だった!
 『メン・イン・ブラック』とか『実は私は』とかに出てくるタイプの宇宙人だ!
 名前はJ・J・エイブラムスみたいですが、外見がジョージ・ルーカスですね。
 早い話、スターウォーズ監督と思っておけば良い、と。

 宇宙人騒動を映画の撮影と言うことで乗り切ってしまおう作戦だったが、脚本とララの立ち場が同じだったので、思わぬ名演技になってしまう。
 そりゃ監督だって泣くよ。
 これは演技じゃ無い!
 アブラハムも映画監督だし、良い絵が撮れたら許しちゃうんだろうな。

・ 仮面ライダージオウ 第32話「2001:アンノウンなキオク」東映TV朝日
 津上翔一、20年近くたってもまだ現役だ!
 そういえばアギトも三位一体トリニティフォームだぞ!
 トリニティの共演だ!
 久しぶりの仮面ライダーアギトはちゃんとカッコ良い!
 主題歌も良いよな~~。

 アギトのみんなは、わりと普通に暮らしていて一安心だ。
 ギルスのその後が気になりはしますが。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第6話 逆襲!!タンクジョウ」東映TV朝日
 敵怪人のケルベロスマイナソーは双子で、毒も消えていない。
 しかも、この毒は感染する!
 いきなり大ピンチだが、コウとメルトの根性で解毒剤をゲットした。
 そして、ついに騎士竜戦隊リュウソウジャーが5人集合だ!

 仲良くなるのが、簡単じゃなかっただけに感動も大きい。
 ロボも全部合体でキシリュウオーファイブナイツだ!
 さすがにパーツが多すぎて軽快な動きはムリか?
 でも全身兵器みたいで攻防一体の強さがある。
 騎士だけに、重武装の重騎士ってところですか。

スタプリ「11 サザンクロスの力!」、ジオウ「31 めざめろ、そのアギト!」、リュウソウジャー「5 地獄の番犬」、風都探偵 感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第11話 輝け☆サザンクロスの力!」ABC東映
 あまい見こみで敗北したスタプリたちは落ちこむ。
 ひかるも凹んでいる。
 ピンクが落ちこむには、まだ早い気もするが、早目に打たれたほうが強くなるぞ。
 そして、ヒーローは自分が不利になるときでも戦うのだ。
 義を見てせざるは勇無きなりの精神ですね。
 たとえ負けてもスタプリはより強くなって立ちあがる!

・ 仮面ライダージオウ 第31話「2001:めざめろ、そのアギト!」東映TV朝日
 今度はアギトの時代か。
 と、思ったらガッツリと現代のアギトですね。
 G3まだ現役だったのかよ!
 機械化強化歩兵として優秀な兵器だから、実用されているなら活躍していそうなんだけどな。

 兵器は命がかかっているだけに、安定性や実用実績を重視する。
 18年前の兵器G3が現役でもおかしくない。
 戦闘機のF-15なんて運用開始が1976年で、まだ現役だ。
 でも、日本じゃ活躍の場が少ないだろうな。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第5話 地獄の番犬」東映TV朝日
 バンバとも協力してロボはキシリュウオーミルニードルになった!
 この動きは相撲か!?
 バキ道だけでなく、世界が相撲に変化(かわ)って行く……

・ 風都探偵 感想
 やっぱり怒られてしまったか。
 でも、尊敬できるところがあると言ってもらえた!
 ちょっと嬉しい事を言われた感じは死亡フラグっぽいよな。

スタプリ「10 惑星クマリン」、ジオウ「30 トリニティ」、リュウソウジャー「4 竜虎!」、風都探偵 感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第10話 キラッキラ☆惑星クマリンへようこそ!」ABC東映
 ロケットとか不審に思われているが、また星空界に行く。
 ひかるの おバカパワーは事態を強引に進めてくれるけど、安全運転じゃないから事故も起こすのか。
 やっぱり、アクセルもブレーキも必要なんだ。

 惑星クマリンは重力が二倍ある!
 ここで修行したら強くなれそうだと考えてしまうのがバトル物大好き脳だ。
 でも、重力二倍だと内臓の重さも二倍になるから、内臓に直接ダメージ行きそう。
 痔になりそうで危険だな。

・ 仮面ライダージオウ 第30話「2019:トリニティはじめました!」東映TV朝日
 仮面ライダー剣の世界のバッドエンドで世界が終わってしまいそうだ!
 だけど、うまい具合に剣崎と始のジョーカー能力を消して血の色が赤に戻り、敵も倒してハッピーエンドを向かえる。
 仮面ライダー剣の世界とは違う世界線かもしれないが、救いが生まれて良かった。
 そして新パワーアップの仮面ライダージオウトリニティだ。
 新フォームのペース早すぎないか!?

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第4話 竜虎!!最速バトル」東映TV朝日
 コウは、トワとバンバを仲間にしたい。
 熱烈アプローチで好感度アップなのか?
 やっぱ、タイマン張ったらダチじゃ! 的な感じですね。
 そして新騎士竜タイガランスの登場だ!
 サーベルタイガーは恐竜でもないし時代も違うとツッコミたかったのだが、オリジナルの恐竜らしい。
 やっぱ、カッコ良さ重視ですね。

・ 風都探偵 感想
 ここで少年を追うべきか、追わざるべきか?
 チャンスは活かすべきだから追いたい。
 でも、翔太郎がこの場に居ることが、おやっさんの想定外だ。
 その上にさらなる想定外を重ねるのは良くないんだろうな。

スタプリ「9 友情のリング!スタードーナツ」、ジオウ「29 ブレイド・ジョーカー2019」、リュウソウジャー「3 呪いの視線」、風都探偵 感想

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第9話 友情のリング! スタードーナツ☆」ABC東映
 まどかはお嬢様らしく習い事が多い。
 人間にどんな才能が眠っているかワカらんから、いろいろ試すのは有りだよな。
 でも、あきらかにオーバーワークだ。
 そういう大変さを感じてフォローするのがプリキュアピンクです。
 ひかるは良い仕事をする。
 いつか、ピンクもくじける時が来るだろうが、その時のために励ましの貯金だッ!

・ 仮面ライダージオウ 第29話「ブレイド・ジョーカー!? 2019」東映TV朝日
 今度はブレイドの時代、じゃあなくて、現代のブレイドだ!
 人類を含めた生物の支配権をめぐるブレイド世界の戦いは、ブレイドが全ての矛盾を抱えて消えることで停戦となったのだが……
 ブレイドが復活しちゃったら、マズイんじゃないのか!?
 と言っても、ブレイド剣崎の自己犠牲は気の毒すぎるから、救いがあっても良いと思う。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第3話 呪いの視線」東映TV朝日
 新しい騎士竜の登場と、新しい仲間だ!
 と思っていたけど、どちらも簡単にはいかないのか。
 トリケラトプスの角が剣になっているのはデザインとしてカッコ良いな。
 デザインはカッコ良いんだけど、お前らは行動が未熟だ。
 未熟だからこそ、今後の成長に期待なんですね。

・ 風都探偵 感想
 運命に導かれるかのように、みんなが集まっていく。
 いや、これは運命ではなく目的を果たそうとする確固たる意志の集合だ。
 だからこそ、これから起こるであろう事件は重い物になるのだろう。

スタプリ「8 ケンネル星はワンダフル」、ジオウ「28 オレたちのゴール2019」、リュウソウジャー「2 ソウルをひとつに」

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第8話 宇宙へGO☆ケンネル星はワンダフル!」ABC東映
 宇宙へ行ったプリキュアたちは犬っぽい生物のすむケンネル星に到着する。
 原住民との文化交流は難しい。
 土地には土地の価値観があって、それを踏みにじって良いもんじゃないんだ。
 相変わらずプリキュアは高い次元での戦いをしているな。

・ 仮面ライダージオウ 第28話「オレたちのゴール2019」東映TV朝日
 ジオウとゲイツの第一次最終決戦だ!
 でもって、ふたりは友達だぞ!
 そうか、ふたりとも友達がいなかったのか。
 でも、王こそ友達のいない孤独な職業だぞ。
 とりあえず友情パワーで和解したけど、根本解決していないから、いつか第二次決戦が起きそうだけど。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第2話 ソウルをひとつに」東映TV朝日
 新米戦士リュウソウジャーの三人は仲間を探しつつ、敵と戦う。
 やっぱり新米だから戦いかたが下手だな。
 連携がなっていないぞ!

 だが、ティラミーゴから変形したキシリュウオーはスゴい!
 走る、飛ぶ、自由なアクションだ。
 キシリュウオーは身長50mぐらいあるらしい。
 そのサイズで、あの動きしたらソニックブームが出まくっているんだろうな。
 ロボなしでも巨大敵と戦うし、リュウソウジャーは巨大戦闘が熱いッ!

スタプリ「7 ロケット修理大作戦」、ジオウ「27 すべてのはじまり2009」、リュウソウジャー「1 竜装者(リュウソウジャー)」

・ スター☆トゥインクルプリキュア「第7話 ワクワク! ロケット修理大作戦☆」ABC東映
 ララの世界では、なんでもAIの指示で動いているらしい。
 ヤバい文化だな。
 停電とか故障でAIが止まったら死ぬぞ。
 AIの指示から自立してロケットデザインを決めるようになったのは良い傾向だと思う。

 ロケット完成で宇宙へ!
 イスにそんなシートベルトで飛ぶのか!?
 お前ら第二宇宙速度(マッハ33ぐらい)をナメてんだろ。
 でも、そこは宇宙人の技術でカバーなんだろうな。
 宇宙人は便利だ。

・ 仮面ライダージオウ 第27話「すべてのはじまり2009」東映TV朝日
 2000年生まれの少年たちのなかに魔王となる男がいる!
 バス事件の黒幕はスウォルツだった。
 因果関係がややこしいな。

 黒ウォズは策をめぐらし、変身アイテムを奪う。
 過去ライダーのパワーだけでなく、変身アイテムも奪いあいか。
 ライダーサバイバルはより激化しているな。

・ 騎士竜戦隊リュウソウジャー「第1話 ケボーン!竜装者(リュウソウジャー)」東映TV朝日
 今度の戦隊は恐竜で騎士だ!
 カッコイイ要素をくっつけているから、鉄板のカッコ良さか。
 でも、ときどき獣電戦隊キョウリュウジャーのようなサンバのリズムが入っているぞ。
 戦士になりたての若者を残し師匠たちが死亡するという重いスタートだが、このリズムがあるうちは明るくやっていけそう。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)