特命戦隊ゴーバスターズ

ゴーバスターズ「50 永遠のキズナ」、ウィザード「22 不死鳥の暴走」、ドキプリ「2 正体がバレちゃった」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Final Mission「永遠のキズナ」東映TV朝日
 亜空間で最終決戦だ!
 マサトの自己犠牲で逆転を狙う。
 救うべき世界の中には、マサトだっているんだぞ。
 だが、ヒロムはマサトの覚悟を受け取るのだった。

 代案があるなら今すぐ出せってのは酷だよな。
 私も一週間考えていたがナニもいい案が出なかった。
 もう前提条件が詰んでいるんだよな。

 マサトの覚悟を背負ったゴーバスターズは最強っぽさが上がっている!
 受け継がれる意思こそ、人間の絆だ!
 人間が高い知能を得たのは会話による意思の疎通と記憶によるバックアップができるようになったからだしな。
 ゴーバスターズは強さにも弱さにも、人間らしさがでている。

 今までにやった事のない技を出し、みんなの協力で勝利だ。
 最初に被弾して崩れるのがリュウさんというあたり、実力がこっそりイチバン下だったんだな、と感慨深い。
 勝利はしたが、マサトは帰らず。
 完全なハッピーエンドにはならなかったが、最小犠牲の勝利といったところだろうか。
 親の意思を子が受け継いでいく。
 人間の営みが、そのままゴーバスターズの活動なのかもしれない。

 戦いが終わりみんなは、それぞれの道を行く。
 参加がイチバンおそかったヒロムが、イチバン道が決まっていないってのも皮肉な話ですね。
 逆に、それだけ戦いに集中していたってコトなんだろうけど。
 抜け殻みたいになってい無かったのが救いだった。

・ 仮面ライダーウィザード 第22話「不死鳥の暴走」東映TV朝日
 フェニックスが本格的にウィザードに戦いを挑む!
 ソラとかに踊らされているのが知力低めのフェニックスらしい。
 ワイズマンへの叛乱をソラは企んでいるようだ。
 ソラの正体はチェシャ猫だろうか。

 フェニックスは復活して強くなっている。
 石にされても倒されてもすぐに復活だ。
 MP上限をかなり強化したみたいだな。

 四人分裂でMP切れるまでタコ殴りにして倒すってのでどうか?
 でも、その前に攻撃うけてMP切れそうだけど。
 つまり、この勝負はMPの削り合いだ。

・ ドキドキ!プリキュア「第2話 ガーン! キュアハートの正体がバレちゃった!!」ABC東映
 1話を見逃したので、今回が初見だ。
 うむ、キャラデザが非常に良い!
 スマプリも良かったけど、こっちのデザインのほうが好みかも。
 こりゃ、今年の夏コミも戦わないとな。

 主人公のマナはアホっぽいけど、生徒会長だ。
 優等生が主人公をするのは珍しいパターンだ。
 ハトプリ以来ですね。

 マナは『幸福な王子』症候群らしい。
 どんな人生を歩んできたんだろう。

 でもって、親友の六花はツバメを自負している。
 若いツバメといえば「年上の女性の愛人である若い男性」だ。(若いツバメ - 日本語俗語辞書
 つまり、六花はマナの愛人になりたいと言うコトだな。しかも、男役で。

 そして、いきなりプリキュアをばらしてしまうマナであった。
 ヤバい、脅されるパターンだ。
 このキケンな展開でドキドキさせるのが狙いか!?

ゴーバスターズ「49 覚悟と選択」、ウィザード「21 ドラゴンたちの乱舞」

 『ドキドキ! プリキュア』の録画予約をし忘れた!
 去年も、スマプリでおなじコトやってたよ。
 まったく、なにも成長していない……
 来年こそはしっかりします。

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission49「覚悟と選択」東映TV朝日
 エンターがレッドバスターっぽくなって襲ってくる。
 これは、ファイヤーバスターってところだろうか。
 見た目は怖そうだけど、ヒロムの強さが圧倒的じゃないことを考えると危険度が小さそう。
 みんなの集団タコ殴りで勝利だ!

 けっこうアッサリ勝ったな。と思ったら倒しきれていなかった。
 スゴク強くなったワケじゃないけど確実に強くなっている。
 強さの秘密は不屈の闘志データだ。
 これは厄介なデータを取られてしまった。
 チームによって差があるけど、戦隊の強さの主成分はほとんどコレだもんな。

 ヒロムの中のメサイアカードを抜きだす方法を黒木司令とマサトが同時に思いつく。
 マサトのデータを利用してカードを取り出すのだ。
 う~む、幸せは不幸なしに得ることはできないのか。時代は犠牲なしに越えることはできないのか。
 今川ジャイアントロボ的な展開になってしまいそうだ。

 決行場所は亜空間にあるマサト本体のいるところだ。
 ついでにエンターも連れて行く!
 ムチャにムチャを重ねる展開はまさにクライマックスだ。
 本部も大ダメージを受けている! これこそ破壊のカタルシスだ!
 このために一年間見守っていたと言っても過言じゃない!

 犠牲が予想されるクライマックスだ。
 どんな決着をむかえるのだろう。
 次回、最終回!

・ 仮面ライダーウィザード 第21話「ドラゴンたちの乱舞」東映TV朝日
 凛子はフェニックスと遭遇するが無事にすむ。
 フェニックスをファントムだと気がついていなかったらしい。
 視聴者視点だとフェニックスの正体は丸ワカりだけど、当事者って顔知らないもんな。

 フェニックスはベルゼバブの秘密を凛子に教える。
 ファントム陣営は一枚岩じゃない。
 内部に分裂の兆しがある。
 そこを突けば、ヤれるぞ!
 と考えないのが甘ちゃんの凛子なのであった。

 ファントムとも理解しあえるという考えは間違ってないだろう。
 なにしろ人間の記憶をもっているんだから、元の人間と同じような考えもするハズだ。
 でも、根本的な物の考えかたが人間とはちがうっぽい。
 というか、ファントムって仲間増やす以外になんか目的があるのか?

 ベルゼバブに敗北したウィザードは新アイテムで分身の大勝利だ。
 なんかズルい気もするが、魔法の強さの差だろうな。
 トドメぐらいはビーストに任せてあげればイイのに。
 魔法使いもファントムも、みんな個人主義でバラバラだ。

ゴーバスターズ「48 仕掛けられていた罠」、ウィザード「20 近づく真相」、スマプリ「48 届け!最高のスマイル!」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission48「仕掛けられていた罠」東映TV朝日
 エンターは、こっそりヒロムの中にメサイアカードNo.13を入れていた!
 誰もが思いつく安易な解決方法がヒロムを犠牲にすることだけど……
 矛盾するふたつの案件を成立させるのが優れたアイデアだ。
 …………なにも思いつかない。

 エンターはまたまたエスケイプを復活させる。
 もっとツンデレっぽく!
 いや、厳密にはツンデレじゃなくて、もっと説明しにくい変な感じなんだけど……
 で、やっぱり上手く再現できない。

 エンターもこれにはガッカリだ。
 ガッカリというか、怒っている。
 大いなる力を手に入れて、エンターの喜びは激減してしまったようだ。
 世界征服は過程が楽しいのであって、征服しちゃうと後が退屈ってパターンですかね。

 ヒロムの策はエンターとの炎上心中だ!
 と、見せかけてエンターに自分のカードを抜き取らせようとする作戦だった。
 前のエピソードが伏線だったか!
 さすがヒロム、冴えている。でも、エンターが大人しく計画に乗るのだろうか?

 で、予想外の両者爆発という結末だった。
 これには素でビックリしてポカーンとなったよ。
 だが、ヒロム内のメサイアカードがヒロムを守っていた。
 誰もが考える方法は事前に阻止するというワケか。

 もう完全に上を行かれちゃっている。
 しかもエンターはゴーバスターズに変身するっぽいし。
 まあ、姿を真似られても、そんなに怖くないんだけど。
 問題は倒す方法がないってことだ。
 そこを解決しなければならん。

 しかし、ヒロムと戦っているときのエンターさんは楽しげだな。
 分からず屋の上司を出しぬいたり、ヒロムをからかうコトこそ、エンターの愉悦だ。
 そこを自覚してもらったら、トムとジェリーみたいに仲良くケンカできる仲になるかも。
 ムリか。

・ 仮面ライダーウィザード 第20話「近づく真相」東映TV朝日
 今回のターゲットはウザい女だ。
 ウィザードだけにウザいど……
 ……だめだ、毒された。

 もともとウザい人で自覚もあったみたいだし、周囲に嫌われても、あまり変な感じはしないのかも。
 でも、やっぱり様子が変だし敵の魔法だと気がつくわけだ。
 気がついてからの行動がのんびりしているのは、万能魔法使いゆえの油断だろうな。
 事前の対策よりも事後の処理でなんとかしちゃうのがクセになっている。
 ちょっと悪い傾向だな。

 凛子はフェニックス人間時代の正体にせまる。
 ココまで来たら、フェニックス確定でイイと思う。
 魔法使いに連絡しようよ。
 拳銃なんて、ひのきのぼうぐらいにしか役に立たないぞ。

 そして、餓死が心配されているビーストにも連絡をいれない。
 やっぱ、お前らテキトーすぎる。
 もう少し準備というものを重視しようや。

・ スマイルプリキュア!「第48話 光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!」ABC東映
 これが最後のプリキュアだ!
 ジョナサン・ジョースターをほうふつとさせる最後の一撃である。
 巨大みゆきの博愛固めで圧殺だ。

 これはプリキュアらしい愛の必殺技だな。
 まるで『まどマギ』みたいな女神誕生だ。
 これだけの大技つかったら、そりゃもう再起不能になるよな。
 マックシング・ジャック兄さんみたいに大量ゲロはかなかっただけマシか。

 キャンディとはお別れ、と思わせて再会だ!
 ゆるいなー
 このゆるさがプリキュアか。

 しかし、最終回の絶叫はへんな方向へのサービスだった。
 ゆるさの陰に大きなお友達向けのハードなものがあるようだ。
 最後まで不健全な視聴者ですいませんでした。

ゴーバスターズ「47 リセットとバックアップ」、ウィザード「19 今日の命、明日の命」、スマプリ「47 あきらめない力と希望の光」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission47「リセットとバックアップ」東映TV朝日
 エスケイプの無限復活だ。さらにビート・J・スタッグの愛虫クワガタが敵に利用される。
 圧倒的な絶望感で始まったのだが、さらにヒロムの弱点バレまでしてしまう。
 縛りつけられたところを一方的に殴られているかのような一方的展開だ。

 うむ、早く撤退しよう。
 でも簡単に逃がしてくれないんだろうな……
 って、逃がしてくれた!?
 コレって、どんな孔明のワナだ?

 そして、あわててヒロムのニワトリフリーズの克服特訓をはじめる。
 緊迫した状況下で、この特訓かよ。
 なごんだ。すっかり、なごんで世界の危機を一時忘れた。

 スーツの中で見聞きしているのって、カメラやマイクの拾ったデータを使っていそうだ。
 ニワトリフィルターをかけて自動的に別のものに変換できんものかね。
 データ処理で反応が遅れるからダメだろうか?
 ゲーム機器とかの反応をみるかぎり大丈夫な気もするんだけど。

 エスケイプが従順になったけど、エンターはちょっと不満だ。
 わかるぞ~、君はそういう面倒なトコロに愉悦を感じる男だよな。
 世界征服とかしちゃったらヒマすぎて死にそうになるだろう。
 強敵がいないと燃えないタイプだよな。

 で、とりあえずゴーバスターズは勝利する。
 クワガタも無事でめでたしめだたし。
 と思ったら、エンターも自動復活してしまう。
 エンターのバックアップデータはヒロムの中にある!

 自分の愛する強敵に、自分のバックアップを隠す。
 実にエンターらしい行為だ。
 こいつ、メサイヤやエスケイプよりヒロムのほうが大切なんだろうな。

・ 仮面ライダーウィザード 第19話「今日の命、明日の命」東映TV朝日
 おちついて話したらビースト=仁藤攻介もゲートとファントムの関係をわかってくれた。
 もっともめるんじゃないかと心配してたよ。
 どうせ「みなまで言うな!」と話をさえぎって悪い方向に転がると思っていたんだけど。

 今回は土のドラゴンだ。
 まんま、土竜(モグラ)っぽい!
 両手シャベルで掘りそう。
 脱獄編になったら脱出トンネル作りで大活躍しそうだ。
 いや、脱獄編はないな。

 今回は奈良が意外な活躍をしている。
 いや、活躍じゃなくて提案か。
 ビーストの中のファントムを倒しちゃいなYO!
 限界を感じたら、これでOKだ。
 奈良も侮れないな。

・ スマイルプリキュア!「第47話 最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!」ABC東映
 今回は戦ってばっかりでござる。
 ポップが守るといいながら守れないヘタレ武士道なのが、らしくて笑ってしまった。

 プリキュア合体技だ!
 サニー&マーチ、ピース&ビューティ!
 そして、ハッピーが仲間はずれ状態になっている。
 奇数だから仕方がないのかもしれないが……
 そもそも、ピースとビューティってそんなに仲良かったのか?

 前回感想で「バッドエンドハッピーは愉悦に目覚めていると思ったよ」とコメントいただきました。
 そういえば、ありゃ愉悦ですね。
 今回ぼっちプレイでハッピーの精神が邪悪に染まって、キュアアンハッピーとして単独覚醒しちゃったりして。
 最後に5人そろってパワーアップしたから、バッドエンドは回避されたっぽいですけど。

ゴーバスターズ「46 新たな融合と熱暴走」、ウィザード「18 魔力が食事」、スマプリ「46 バッドエンドプリキュア」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission46「新たな融合と熱暴走!」東映TV朝日
 リュウさん、ヨーコにウザいと言われる。
 反抗期ですかね。
 メサイアカードも、のこり1枚なので将来のことを考えるようになったようだ。
 前回のお見合いも、後のことを考えてセッティングしたのだろう。
 たしかに、あまり考えていなかった先のことを問い詰められるとウザいよな。

 ビート・J・スタッグの飼っていたクワガタは行方不明になり、いなくなっていたエンターとエスケイプが復活する。
 エスケイプは記憶が初期化されちゃったみたいだ。
 リュウさんがエスケイプを気にしているっぽいのは、戦いのなかで友情が生まれちゃったからだろうか。
 エスケイプも潜在意識でリュウさんとの戦いを望んでいるのかも。

 リュウさんは強制的に熱暴走させられる。
 なんかエロ的な表現だな。
 理性でおさえきれない青春の情動を男子はみんな抱えているんですよ。
 ヨーコの気合と根性でリュウさん復活……ってコトはなく、作戦どおりに復活させた。
 決意とか気合があるのは当然の前提として、ちゃんと計画性がある展開がゴーバスターズだ!

 エスケイプを倒したと思ったら、エンターの指先一つで復活した。
 しかも、クワガタも使われちゃったよ。
 あれ、ちゃんとした伏線だったのか!?
 エンターは新しい能力に目覚めたようだ。
 すっごい悪人じゃないんだけど、エンターが好き勝手に行動したら世界はピンチだよな。

・ 仮面ライダーウィザード 第18話「魔力が食事」東映TV朝日
 仮面ライダービーストが新星のように登場した。
 かなりウザい人だよな。
 口癖が「皆まで言うな!」だけど、理解力は低いし。
 しなくていい苦労を背負い込むってのはストレスになるよ。

 でも、ファントムから見れば良いカモなんだろうな。
 相手の弱いところを突くのは戦闘における常識である。
 もっとも弱いのは、ビーストの頭だ!
 平成ライダー史上、もっともバカっぽいヤツだな。

 あっさりダマされ、ライダー同士で戦いそうだ。
 でも、バカだから緊迫感があまり出てこない。
 ビーストは餓死にたいする危機感を感じる脳がないのか、話が暗くならないでイイな。

・ スマイルプリキュア!「第46話 最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!」ABC東映
 黒いプリキュア、バッドエンドプリキュアが登場だ。
 これは燃える。ファイヤーだ。バーニングですよ。
 性格は正反対というより、30度ぐらいズレている感じですね。

 バッドエンドピースは、本体とおなじでドジっぽい。
 最後は雷を自分に落として自爆すれば面白かったんだけど。
 いやいや、燃えるシーンで笑いを過剰に入れるのは良くないか。

 バッドエンドビューティは、美という道を貫いているのかも。
 よく話し合えば、気が合ったかもしれないな。
 バッドエンドマーチが、イチバン変化激しかったかも。
 ギャップ萌えだな。

 キャンディはロイヤルクイーンの娘だった。
 じゃあ、兄のポップは王子なんだよな。
 人間から珍獣が生まれるのか、と思っていたらキャンディが人間姿に転生した!
 なるほど、こうやって女王にジョブチェンジするんですね。

ゴーバスターズ「45 小さな強敵、再び」、ウィザード「17 もう一人の魔法使い」、スマプリ「45 プリキュア対三幹部」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission45「謹賀新年! 小さな強敵、再び」東映TV朝日
 リュウさんとヒロム姉がお見合いだ!?
 ヒロム姉は出版関係で勝負の日なんじゃないかと思うんだけど……
 やっぱ、戦う男には帰るべき港が必要なんだろうな。
 逆にいうと、昔の武将が正月でも家族とすごすヒマさえもらえないと謀反おこしたのも理解できるというものだ。
 戦乱の覇者って、自分が優秀で勤勉で特別な存在だってことを忘れがちという気がする。

 で、なんでリュウさんは素性を隠しているんだろう。
 いつ殉職するかわからない仕事なんだから、最初から伝えとかないとダメだろ。
 でも、ヘタに婚約したら死亡フラグというワナが待ちかまえていそうだ。
 婚約もせず、妊娠するような事もしないまま、生殺しのリビドーをヴァグラス壊滅にぶつけろ!

 リュウさんのお見合いをジャマするでもなく、無事に終わらせようとする皆の友情だ。
 で、リュウさんもまんざらじゃなさそうなのは、やっぱり殺伐とした仕事だから、安らぎたい家庭がほしいのだろうか。
 ウソついているのも、とりあえず好感度上げてしまおうという考えっぽい。

 今回のメタロイドは、消しゴム……じゃなくて、もちだ!
 攻撃が効かない。まるでゴム人間だよ。
 ゴムゴムの実じゃなくて、モチモチの実だけど。

 ヒロム姉は、やっぱり出版関係の話だ。
 リュウさんのお見合い相手は義務でやってきていた。
 新年早々、ちょっとショボーンなオチになってしまったな。
 でも、ヴァグラスを完全にシャットダウンできたら、結婚の芽も出てくるんじゃね?

・ 仮面ライダーウィザード 第17話「もう一人の魔法使い」東映TV朝日
 謎のマヨラーが登場だ。
 ファントムに襲われても、あまりにマイペースすぎるんでタダ者じゃないとワカるって寸法だな。

 油断してウィザードが毒状態になってしまった。
 どくだなんて かっこわるいですよ!
 万能の魔法使いでも解毒はできないのか。
 そりゃ、回復は僧侶の役割だもんな。

 あいかわらずトドメを刺さないファントムであった。
 コイツら、オンリーワンの存在だから、ものすごい個人主義で勝手に動きまわるんだろうな。
 あまり細かいことをいうとヤる気なくして働かなくなりそうだし。
 怪物を率いるのもなにかと大変なのだろう。

 謎マヨラーは仮面ライダービーストだった。
 アニマルパワーの使い手か!?
 ファントムを倒して魔力を喰う!
 魔力を喰えない時は、マヨネーズで紛らわせているってコトかよ。

 ビーストは晴人を見て、一発で魔法使いと見抜いたようだ。
 だから、晴人も自分を魔法使いと認識したと思いこんだのだろう。
 まったく驚いていないから、けっこう魔法使いライダーって各地にいるんだろうな。
 仮面ライダー響鬼なみに、担当地区ごとに戦っていたりして。

・ スマイルプリキュア!「第45話 終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」ABC東映
 黒っ鼻は幹部たちの命を削っていた。
 次で死ぬ!
 いきなり不幸の宣告で、かわいそうだけど笑ってしまったよ。
 さすがバッドエンド王国だ。部下までバッドエンドにしてくれる。

 そして、三幹部が最後の出撃だ。
 文字通り、本当に最後の出撃なんだろうな。
 爆弾かかえて出撃しろと言われないだけマシなんだろうか。

 三幹部たちは、不憫な目にあっている悪役たちの無念から生まれた。
 そんな話を聞かされたら、そりゃボコるの気がとがめるよな。
 ここで和解の心プリキュアですよ。
 暴力で解決するのではなく、寛容の心で解決だ。
 非暴力の偉業をスマイルプリキュアが達成した。

 そう、スマイルだよ。
 笑顔なんだ。
 まさに平和の象徴だ。この勝利を達成するのにスマイルプリキュアほど似合う名前もないだろう。
 うむ、素晴らしい最終回だった。
 じゃねぇー!!
 まだ続いているよ。しかも敵のプリキュアまで出てきた。
 最後の最後で、どんだけ盛りあげるんだ。

ゴーバスターズ「44 聖夜・使命果たすとき」、ウィザード「16 クリスマスの奇跡」、スマプリ「第44話 みゆきと本当のウルトラハッピー」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission44「聖夜・使命果たすとき」東映TV朝日
 エスケイプの操作するロボがメサイヤっぽくなってきた。
 メサイヤ(?)ロボの攻撃でエース中破、ヒロム負傷で無念の撤退だ。
 ヒロムは戦いに対する執念が強いって長所がありますが、引き際をわきまえないという短所につながっている。
 そこいくと おっさん 大人ふたりはクールに退くよな。
 組織にはエンジンとブレーキが必要なのだ。

 そしてメガゾード10体が召喚される!
 10体かよ!?
 ついに二桁か。物量作戦は単純で考えなしの凡策だけど、それだけにスキが無くて対処がむずかしい。
 イチバンやって欲しくない作戦を取られちゃったよ。

 負傷したヒロムを休ませて、のこり全員で総力戦だ。
 10体相手にロボ無双だよ。カエルも出たぞ。
 でも、あっさりやられるメサイヤさんじゃなかった。
 エスケイプも吸収してパワーアップだ。
 う~ん、さすが超ブラック組織だな。組織員を大事にしないどころか、材料あつかいだよ。

 ちょっと休んで元気になったヒロムが合流して最終決戦だ。
 エースは再び中破で置きざりにされる。
 最後に黒木指令あたりがエースに乗りこんで参加するんじゃないかと思っていたけど、さすがにそれはなかった。

 変身がとけてゴーバスターズだちは生身で操縦桿をにぎる。
 この展開は考えた事もなかったよ。
 今までの想いが詰まった一撃は、体重差をこえてはるかに重いぞ!
 クリスマスの最終決戦を熱血勝利でかざるのだった。

 あ、でもエンターが復活しちゃったのか。
 メサイヤよりも厄介なものが残ってしまった。
 これだけ盛りあがり、次回を心配させといて出てきた予告がアレだから、ちょっとのけぞってしまった。
 お正月だから、おめでたい話ってコトですかね。

・ 仮面ライダーウィザード 第16話「クリスマスの奇跡」東映TV朝日
 妙な怪人に襲われて、なんか変身して戦う人に助けられて、それでもファントムを信じない。
 どんだけ硬直した脳をしているんだろう。
 こういう人なら振り込めサギに引っかからないだろうな。
 いや、むしろ常識的なワナにはあっさりダマされるのかも。

 で、今回の絶望キーワードはサンタ・オペレーションの失敗だ。
 アレだね。今回の教訓はリスクマネジメントを考えろってことですね。
 プレゼントを全部当日に買うのではなく、事前にいくつか買っといて当日配送してもらうとか。
 年に一度の希望なのに準備期間が短かったんだな。
 まあ、コミケ準備とか考えると私も大きなコトいえませんが。

 今回はフェニックスがリベンジマッチを挑んでくる。
 フレイムドラゴンが通用しない!?
 同属性だから通用しないのか。
 まあ、そこは素直にウォータードラゴンで撃破だ。
 やっぱ、ちゃんと相性を考えて戦わないとダメだな。

 フェニックスはやっぱり復活してホットに去るぜ。
 復活してMPがなくなったところをガツンとやれば、トドメ刺せンじゃね?
 でも、ウィザードはあいかわらず、その辺が甘いのだった。
 まるでプレーンシュガーのドーナツのように甘いヤツだぜ。

・ スマイルプリキュア!「第44話 笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!!」ABC東映
 みゆきがウルトラハッピーになる歴史秘話だ。
 なんか、いちいちエロネタになりそうな話だった。
 どんなエロいプレイをされても笑顔になればウルトラハッピーだ!

 いっぽうウルフルンは一匹狼をきどって特攻しようとする。
 本当は寂しがり屋っぽいな。
 三幹部たちもプリキュアみたいに協力して戦えばいいのに。
 いつまでたっても敗戦理由を分析しないで、おなじ敗因で負けつづけるのはカッコ悪い……というか頭悪いな。
 頭悪いんじゃ、しかたないか。

 スマイルプリキュアはそれぞれに自分の原点を見つめなおした。
 覚悟完了ってコトだ。
 そして、のこったキュアデコルはあと一つである。
 決着が近い。
 最後まで笑顔でいよう。それがスマイルプリキュアだッ!

ゴーバスターズ「43 決意のクリスマス」、ウィザード「15 ラストシーンの後は」、スマプリ「43 れいかの留学」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission43「決意のクリスマス」東映TV朝日
 クリスマスのゴーバスターズは保育園でクリスマスパーティーを開いている。
 子供の笑顔を守りたいという点で、コイツらは他人事でなく当事者だからな。
 いつも以上にヒロムのコスプレ魂が燃えている!
 あと、エンターとエスケイプもコスプレに燃えていました。

 今回のメタロイドは剣と盾の二体合体だ。
 あしゅら男爵みたいなコトになっている。
 攻撃と防御の特性をもっているから、かなりの強敵だろうな。

 さらに今回の収集データは怒りだ。
 基本的に怒ってばっかりのゴーバスターズにとって相性が悪すぎる。
 怒りが行動の原動力だというのに、怒り禁止とは。

 でも、ヒロムはクリスマスソングを聴くことで、怒りじゃなくみんなの笑顔を守るための心構えになる。
 剣と盾の動きを見切って勝利だ!
 ゴーバスターズはチームワークよりも、こういった個人の強さで勝つことが多いな。
 その辺があまり大人数にならない少数精鋭のプロフェッショナルって感じだ。

 今回もさわやかに勝利したと思ったら、エスケイプが全部さらっていった。
 カードを奪うのはイイとして、エンターまでコキャったよ。
 エンターがメサイヤいじって楽しんでいただけって見抜かれちゃ、こうなるよな。
 メサイヤを手中におさめたエスケイプはどんな暴れっぷりをするのだろうか。
 次回もクリスマスでクライマックスだ!

・ 仮面ライダーウィザード 第15話「ラストシーンの後は」東映TV朝日
 石井悟史がすでにファントムだった時点でイロイロ詰んでいるなー
 とりあえず見えないところで殺して、真中千鶴にはうまくゴマカす作戦か。
 魔法使いなんだから忘却の魔法とかないんですかね。

 忘却といえば北方謙三の楊令伝読本『吹毛剣』(AA)での若手編集者Iとのやり取りが妙にハードボイルドで面白い。
「あれ、出したんでしょうか?」
「多分な、I」
 私は、すべてを忘れることにした。
(中略)
「あんなものを出すなんて、ぼくには信じられません。あんなに大きなものを」
「忘れろ、I」
 梁山泊でもこんなやり取りがあったのかも。
 ちなみに、中国での取材旅行で担当編集者Yが薩摩芋のようなウンコを四つだした時のやりとりだ。

 青のドラゴンフォームはやっぱりメチャメチャに強い。
 海を割って凍らせる!
 やっぱ魔法使いはとんでもないな。
 そのぶん敵も強いから困るんだろうけど。

・ スマイルプリキュア!「第43話 れいかの道!私、留学します!!」ABC東映
 れいかが留学するという話が持ちあがる。
 まさに、ふたつの道だ!
 どっちに進むのか、決めなくちゃいけない。
 れいか話は、とことん道だな。

 部下を使いつぶしたジョーカーはみずから出陣することになる。
 でも悲壮感はない。
 上司が楽しげに働いている場合、ブラック企業だという自覚は生まれないんだろうな。

 れいかは留学してプリキュア卒業するのか?
 ジョーカーはわざわざ、れいかの卒業を祝いにくる。
 力を入れすぎてダメにするパターンだ。
 おかげでプリキュアたちに真情の告白をさせて地を固めてしまった。

 より道もすべて道だ!
 なんかムチャ理論という気もするけど、それが れいかの道ってコトですね。
 道ってのは通ったあとにできるものだ!

 バッドエンドは幹部連中が再び敗退した。
 決着が近いことをイヤでも予感させられる。
 戦いが終わったら、やっぱれいかも留学する気になるんだろうか?

ゴーバスターズ「42 メガゾードの中へ」、ウィザード「14 映画監督」、スマプリ「42 なおと家族のたいせつな絆」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission42「突撃!メガゾードの中へ」東映TV朝日
 今回のメサイヤカードは後ろ向きの心を取りこもうとしている。
 そんなモノを取りこんでイイのか?
 なんか内側から腐っていきそうだ。

 市民を助けるときにヨーコも巻きこまれて取りこまれた。
 うむ、これが逆転のチャンスだな。
 前向き思考のヨーコならなんとかしてくれるハズだ。
 ヨーコはお菓子を配ったり、歌ったりして場を盛り上げようとする。
 けなげだなー。そして、お菓子を配るのは後で困りそう。
 やっぱり困っていた。

 ヨーコを応援する市民の図が燃えるなー
 ゴーバスターズは警察や自衛隊みたいに見える形で市民を守っている。
 その感謝が見える形ででてくるのが良い。
 ところがメサイヤは後ろ向きの気持ちだけでなく、そこから立ちあがる気持ちまで収集していたのだ。

 ピンチをチャンスにかえる人類の良さを逆手に取られた!
 今回のメサイヤはより危険だ。
 とられたデータも厄介だよな。

 エスケイプ姉さんは新型となったメガゾードに乗りこんで暴れる。
 なかなか見た目の良いメガゾードだ。
 一話で破壊されるのがもったいない。
 と思ったら逃げて生きのびる。

 今回は燃える話、と思ったら落とされてしまう敵の強化エピソードだった。
 なんか、まだまだヴァグラスとの戦いが続きそう。
 平和はいつになったらやってくるのか。

・ 仮面ライダーウィザード 第14話「帰って来た映画監督」東映TV朝日
 晴人はコヨミをたまにつれだしてファッションショーをやっているらしい。
 メイクまで変えているのは魔法だろうな。
 魔法、便利だ。さすが魔法使いだよ。

 しかし、コヨミをひとりで行かせるのか。
 晴人はよくコヨミを放置する。
 またメデューサに見つかって吸われたらどうするんだ。
 おなじ襲うならもっとエロスな攻撃でお願いします。
 でも、放置しているのは、ああ見えてコヨミって頑丈で怪力だからかも。

 今回のファントムはリザードマンだ。
 姿かたちは忘れていたけど因縁の相手か。
 今までのファントムは人間を追いこむために外道なことをしていた。
 だが、リザードマンは戦いかたが外道だ。

 しかし、のんびりしたトラップだな。
 魔法使いで万能だから、敵も味方も危機意識に欠けているのかも。
 それにしても、ゴーバスターズにくらべるとファントムの認知度って低いなー
 テレビにも出たりしているのに。

・ スマイルプリキュア!「第42話 守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!」ABC東映
 なおに新しい弟だか妹ができるらしい。
 7人兄弟なんて、ウルトラ兄弟なみだな。
 こんだけ兄弟がいたら、オヤツとかとんでもないことになりそうだ。

 なおは弟妹を守るために戦う。
 変身バレも辞さない覚悟だ。
 やっぱ、人が覚悟完了するときって輝くな。
 最大のピンチで仲間が助けにはいるってのも良い。

 アレだけ覚悟を決めて変身をバラしたのに、みんな夢だと思っているのか。
 どうゴマカすのか楽しみにしていたのに。
 記憶操作とかのゴマかす方法があったら、みんなウィザードなみに平気で変身しちゃうか。

 バッドエンドの三幹部はみんないなくなった。
 彼らはどこに潜んでいるのだろう。
 そして、この状況もジョーカーの筋書き通りなんだろうか?

ゴーバスターズ「41 怪盗ピンクバスター」、ウィザード「13 夢を継ぐ者」、スマプリ「41 やよいマンガ家」

・ 特命戦隊ゴーバスターズ Mission41「怪盗ピンクバスター!」東映TV朝日
 メサイアカードを1000万と引きかえにわたす!
 成金(?)親父がムチャを言う。
 でも、わりと安くないか?
 ガンダムAGE感想でも書いたけど、日本の次期採用の戦闘機F-35は一機約89億円だ。
 もっとも、こんな親父に払いたくはないけど。10万円ぐらいをもらって喜ぼうよ。

 そこに登場したのが怪盗ピンクバスターだ!
 ゴーバスターズにピンクがいないと思って登場しやがったな。
 ピンクバスターは生身なのに強い。強すぎる。範馬の血でも引いてんじゃないのか?

 ヒロムはコスプレしてバスターピンクについていくハメになる。
 隠れコスプレ好きっぽいから、内心楽しんでいそうだ。
 そして、バスターピンクと一緒に戦っちゃう。
 やっぱ、このバスターピンクは範馬DNAをもっているにちがいない。

 そして、マサトの頭脳が光る。
 なんか今まで自称天才だったけど、本当に天才だったんだ。(失礼
 敵の行動を分析して目的を見破り対策する。
 素晴らしい仕事だ。
 でもって、エンターは将来的に人間の技術を全部とりこんで、新人類にでもなるつもりだろうか?

・ 仮面ライダーウィザード 第13話「夢を継ぐ者」東映TV朝日
 誰かが夢を継いでくれるかぎり、誰かが覚えている限り、人は死ぬわけじゃない。
 北方謙三も水滸伝シリーズで「心の中で生きていれば人は死んでいない」という考え方を貫いているそうだ。(吹毛剣 楊令伝読本
 だから、北方水滸伝では人がポコポコ死ぬのか?

 ウィザードはメデューサと初対決だ。
 でも負けました。
 やっぱ幹部強い。ドラゴン使えよ。
 勝ったメデューサはトドメを刺さずに帰ってしまう。
 また、ヘンな余裕だしやがって。
 それとも宗教的な理由でもあるんだろうか。
 ヨコミのスカートの下が暗黒に包まれてなんの光明も見えなかったのも宗教的な理由だろうか。いや、魔法かな。

 メデューサ戦でのテーブルを蹴散らしながらの攻防がイカす。
 ウィザードは戦闘シーンがイイよなー
 アクションやアングルに新しい挑戦が見られる。

 強くて魔法もつかえる晴人だけど、やっぱ限界部分もある。
 足りない所をサポートする手は多いにこしたことないよな。
 奈良は足手まといになるか、ならないかの境界線という感じがするけど。

・ スマイルプリキュア!「第41話 私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!」ABC東映
 やよいがマンガに本格挑戦だ!
 描いたことない人には、そのしんどさがワカりにくい。
 ためしに、マンガのコマ割りと登場人物の位置とセリフをマネして描いてみてみよう(いわゆるネーム状態)。ものすごく大変だから。

 プロはコレを毎週20ページ前後ぐらい描いているのだ。
 アマとプロの違いは、画力もそうだけど生産力がまるでちがうってのも大きい。
 私なんか同人で初めて漫画描いたときは8ページ描くのに一ヶ月ぐらいかかったりしたし。
 だから、プロを目指すやよいが独力で描こうとしたのは正しいと思う。

 やよいは自分の創作したキャラクターに感情移入しているなー
 自分のマンガで泣くような感情移入能力はマンガ家むきかもしれない。
 荒木飛呂彦も『ストーンオーシャン』の最終回で泣いたそうだ。
 冨樫義博も『オカルト探偵団 PART2』(AA)の雑誌後書で泣いたと書いていたし。現在の作風からはあまり想像できませんが。

 こういう作者の熱すぎる想いがメルヘンランドを作り大きくしているのかもしれない。
 もしかすると、やよいこそがスマプリ世界の鍵になる存在だったりして。
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)