ブログネタ
週刊少年マガジン に参加中!
y電子レンジ1

吉河美希の少年マガジン連載「山田くんと7人の魔女」第11回です。

さて、キスをすると人格が入れ替われる特殊能力がある事が発覚した私立朱雀高校に通う超常現象研究部2年生・山田竜。
白石うららに入れ替わりを依頼された山田だったが、実はうららはカゼをひいており、入れ替わった途端にダウンしてしまう。
一方、その山田の能力が肉体ではなく精神の方にある事を実証する為、宮村と伊藤の三人で入れ替わりまくる事に。
その上で、思ったよりカゼが重症である事から先生に帰る様に言われてしまう山田だったのだが…。
「だって家にいてもどうせひとりだし」
実はうららが病気でも学校に来たのはひとりになりたくない為だったらしい。

そんなうららの病気も全快し、超常現象研究部も通常体制に戻る事に。
山田は部室を食事に使い、うららは勉強と、正にいつもの風景となっていた様なのだが…。
「部費が下りねえだぁ!?」
実はそんな環境でも伊藤雅は一生懸命活動していたのか?
生徒会長に部費を申請しに行ったところ、はぐらかされてしまったと言うのです!

「資金ねぇ…つーかそんなもんこの部に必要かァ!?」
「…そうね山田君がいれば問題ないわね」

最早ここは「入れ替わり部」だと認めているかの様なうららの発言。
というより、それ以外何もしてないなこの部(笑)。

実は伊藤はこの殺風景な部室に色々並べたかったのだという。
研究のための資料や道具はもちろん、お茶を飲むためのポットにソファー、そしてテレビとかなり希望があったらしい伊藤雅。
そんな話に「楽しい部室になりそう」と、何やら乗り気になる宮村とうららだったのだが…。
「ちょっと待て それは電子レンジもか…?」
何やら1人だけ目の付け所が違う山田竜。
「そう!!電子レンジさえあればなぁッ」
「昼休みに冷たいパンや弁当食わずに済むってことだろーがよォッ!!!」

食へのあくなき野望を語る山田竜。
つーか、部費で電子レンジという発想はなかったわ…(笑)。

「よし決めた!!」
「俺が会長から部費をいただいて来てやるよ!!!」

レンジが手に入るかも知れないと知り、俄然やる気を出す山田竜。
生徒会役員である宮村を引きずり、生徒会室に乗り込む事にした山田だったのだが…!?

それにしても実際に電子レンジが入ったら、口コミで伝わって昼休みに部室に部外者が集まって来ないのかな?
それこそ、「ちょっと使わせて」とばかりに行列になり、思うように使えないで山田がイライラする事になりそうな気がしますね(笑)。

y生徒会長2

生徒会長に直談判する事にした山田竜。
何度か出たメガネの男がそうで、3年生の山崎春馬というらしい。
そんな彼の前で部費を出す様にスゴむ竜。
だが、書類を前に仕事を続け、話しかけてもまるで上の空なのだ!!

「そうなんだ…ウチの会長は無類の女好きでな」
「男にはまったく無関心なんだよ…!!」

まさかの人格者に度肝を抜かれる竜。
ならば、女の伊藤雅はどうだったのかというと、さんざんムダ話をされた挙句断られたらしい。
そんな理由で生徒会役員は宮村以外全員女なんだとか。
この朱雀高校の生徒会長は前任の完全指名制である為、そんな人物でも会長になってしまったそうです。

ならば、脅せばどうだとばかりに机に足を乗せる山田竜。
しかし、そんな彼を「鈴木君」呼ばわりしたりと、全く話にならないらしい。
y決まってんだろ3

そんな状況に最後の手段に出る山田竜。
相手が女好きだというなら、女の姿で交渉すればいいのだ!!
「女にゃ男心ってモンがわからねーんだよ」
男のツボを押さえた女ならイケると踏んだ山田竜。
宮村も伊藤になり、二人で再び生徒会長に会いに行く事になったのだが…。

はて?
4人とも入れ替わってますけど、どうやったらこんな状況になるんだ?
まず能力者は山田だけですから、山田は最低3回キスした事になります。
しかも、うららが山田になっているという事は、一番最初にキスしたのは間違いなく彼女のはずです。
山田は全員の体に一度は入るはずですから…。
①山田の体(山田)⇔白石の体(白石) 伊藤の体(伊藤) 宮村の体(宮村) 
②山田の体(白石) 白石の体(山田)⇔伊藤の体(伊藤) 宮村の体(宮村) 
③山田の体(白石) 白石の体(伊藤) 伊藤の体(山田)⇔宮村の体(宮村)
④山田の体(白石) 白石の体(伊藤)⇔宮村の体(山田) 伊藤の体(宮村)
⑤山田の体(白石) 白石の体(山田) 宮村の体(伊藤) 伊藤の体(宮村)

と、何故か四回もキスしているんですよ!
これは一度白石うららになっておきながらわざと出て戻らなくてはならないからで、もし山田が伊藤の体で良しとするのならまた違っていたはずです。
その時は…。
①山田の体(山田)⇔白石の体(白石) 宮村の体(宮村) 伊藤の体(伊藤) 
②山田の体(白石) 白石の体(山田)⇔宮村の体(宮村) 伊藤の体(伊藤) 
③山田の体(白石) 白石の体(宮村) 宮村の体(山田)⇔伊藤の体(伊藤)
④山田の体(白石) 白石の体(宮村) 宮村の体(伊藤) 伊藤の体(山田

と、最低の三回のキスで済んだはずです。
それでも白石うららになったのは、基本的にうららの体は山田のものだという事なのか?
それこそ「僕が一番この体をうまく使えるんだ!」とでも言うのでしょうか?(笑)
yパンツ4

「オマエ…女のしぐさってモンをわかってねえな?」
女性化の先輩として宮村に注文をつける山田。
そんな山田に女らしさなんてあったとは思えないのだが、そんな彼に言わせるとパンチラ(チラどころじゃないけど)こそが女らしさらしい(笑)。
正に男が喜ぶ女の姿を見せた山田竜。
つーか、うらら的にこういう事を許していいのか?(笑)
y脱いだだけ5

そんな山田に負けないところを見せた宮村。
何と、廊下で上着を脱いで肌を露出!
そんな宮村に負けてたまるかと、脱ぎ脱ぎ合戦になってしまったのだ!!(笑)

正に見ている方としては楽し過ぎるこの状況。
結局、伊藤が止めに入りましたけど、放っておいたら全裸まで行ったかも知れませんね(笑)。

それにしても今やすっかり入れ替わりに慣れてしまった感じですけど、自分の体で何かHな事をされてしまうのはある程度織り込み済みなのかな?
それこそ、「あなたの体を使わせて。代わりに自分の体を自由にしていいから。」という暗黙の了解がなければ入れ替わりなんて楽しめませんからね。
yまた6

かくして再び生徒会室に飛び込んだ山田と宮村だったのだが…。
「何だ…誰が来たのかと思ったら…」
「また山田君か」

何と、生徒会長は見抜いていた!?
思いもしない返事に冷や汗が噴出す山田竜。
これは…何か彼にしか見えないものでもあるのか!?

終始下を向いたまま、山田の正体を指摘する生徒会長。
あるいは、常に作業を続けたたまま話している事から、人間を気配で判断する術でも身につけている!?
でなければ本当の能力者で、うららに取り憑いている山田の霊みたいのが見えるのでしょうか?

果たしてこの生徒会長にはどんな秘密があるのか?
そして結局、この会長もタイトルの「7人の魔女」の1人という事なのでしょうか…?

【関連記事】
◎“ヤンメガ”吉河美希がマガジンに復帰!“心と体の入れ替わり”「山田くんと7人の魔女」連載開始!!
◎「山田くんと7人の魔女」~再びボディチェンジ!退学の危機と撃退する女!!
◎「山田くんと7人の魔女」~生徒会・宮村の罠!再びの盗撮犯と確信する男!!
◎「山田くんと7人の魔女」~早くも入れ替わりが発覚!才女のプライベートと不法侵入する男たち!!
◎「山田くんと7人の魔女」~部活動へのお誘い!キスする部屋と発覚する新たなる可能性!!
◎「山田くんと7人の魔女」~第2の入れ替わりが発生!?ヒラが副部長で副部長がヒラで!!
◎「山田くんと7人の魔女」~新たな部員はオカルト女子!?失われた自由と許されないスクープ!!
◎「山田くんと7人の魔女」~才女・うららの危機?バラまかれた噂と山田・第3の入れ替わり!!
◎「山田くんと7人の魔女」~炸裂・竜巻滅殺脚!消えた山田とオカルト少女の秘密!!
◎「山田くんと7人の魔女」~入れ替わりカルテット!病気の彼女と共有する超常現象研究部!!


◎ついに第1巻リリース!
山田くんと7人の魔女(1) (週刊少年マガジンKC)山田くんと7人の魔女(1) (週刊少年マガジンKC)
吉河美希

講談社 2012-06-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

ヤンキー君とメガネちゃん(1) (少年マガジンコミックス)ヤンキー君とメガネちゃん(1) (少年マガジンコミックス)
吉河 美希

ヤンキー君とメガネちゃん(2) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(3) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(4) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(5) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(6) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(7) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(8) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(9) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(10) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(11) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(12) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(13) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(14) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(15) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(16) (少年マガジンKC) ヤンキー君とメガネちゃん(17) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(18) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(19) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(20) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(21) (少年マガジンコミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(22) (講談社コミックス) ヤンキー君とメガネちゃん(23)<完> (少年マガジンコミックス) 週刊少年マガジン『ヤンキー君とメガネちゃん』公式ガイドブック 紋白高校入学のススメ (KCデラックス)