ブログネタ
隕石少女-メテオガール- に参加中!
mタイトル1

週刊少年サンデー25号より石山り~ち氏による新連載「隕石少女-メテオガール-」がスタートしました。
石山り~ち氏はこれが初連載だそうで、いきなり週刊連載を任されるあたり編集部の期待の高さを伺わせます。
その石山氏ですけど、以前サンデーに読切が掲載されたんですよね。
サンデーが大改革をうたって2016年初頭に新連載を何本もスタートさせたのですが、「天野めぐみはスキだらけ」や「双亡亭壊すべし」などに混じって掲載されたのが石山氏の「マギレモノ」でした。
それから1年以上経過しての新連載となった様ですけど、デビュー即連載というのは現代では難しくなってますし、むしろ順調だと言えるのかも知れません。
まあ、作者本人はそんな事思ってもいないのかも知れませんが(笑)。
ちなみに読切の「マギレモノ」はサンデーうぇぶりで読む事が出来る様です。

少年サンデー2017年春の大攻勢第6弾となったこの作品。
個人的に一番気になったこの作品をいつもの様に少し紹介したいと思います。

m落下2

遅刻になるからと、急いで家を飛び出した主人公の男・岩崎鉄人。
そんな彼を待っていたのは空から降って来た女の子だった!?
危うく事故になりかけた鉄人だが、これがこの世界の日常であり、3年前から突然降る様になったのだという。
しかもそれは生身の人間ではなく構造不明のロボットであり、衝突による事故が世界中で起こる様になったらしい。

そういう異常現象が日常になり、特別驚く事もなく「危なかった」という感想しか持たなかった鉄人。
ロボットだからか、無表情に転がる女の首がこの世界の異常さを物語っています。
m大統領3

それが一体何故起こるのか、結局誰にも分からず世界中で憶測が飛び交う事になったらしい。
何も分からないものの「隕石少女」「METEO・GIRL」という呼称になった事を伝えたドランプ大統領。
このところやたら見かけるトランプ大統領モドキですけど、「ド」ランプってのが一番ありがちかな?(笑)

スマホではメテオガールの落下通知アプリもあり、アラームを入れ忘れたと言って慌てて学校に走って行った鉄人。
街中の至る所で落下したメテオガールが放置されており、それらは業者によって回収されているらしい。
m傘4

そんな異常現象であるメテオガールだが、対策として「MG用傘」というものがあるらしい。
友人のカツミが持っているのを見て「ださい」とからかった鉄人。
同じく「MG用傘」を差している少女を見かけた鉄人たちですけど、これって構造はともかく重さ的には普通の傘と変わらないのかな?
メテオガールがロボットだというのなら軽いはずはないですし、落下速度を考えれば傘でその身を完全に守れるのかは疑問です。

路上に倒れているメテオガールを確認し、不穏な表場を浮かべる傘を差した少女。
防災頭巾を被って登校する少女ですけど、小中学校あたりは外出時の装着が義務になっていてもおかしくありません。
そんなメテオガールだが、教師によると「落ちて来たMG(メテオガール)が動く事はない」「一体一体の姿・形・さらに中の造りも違う」「唯一の共通点は十代半ばの女子の姿である」という事が分かっているだけなんだとか。
どう考えても何かウラがありそうな設定ですけど、少なくともただのロボットではないハズです。
m誰だ5

遅刻をした為にMGの片付けを手伝わされた鉄人。
そんな中、スマホのアラームが鳴り慌てた鉄人だったが、何と見知らぬ女性があわや激突するところだった!?
学校の裏でタバコを吸っており、慌てて身構えた女性だが、何やらこの学校の卒業生だった様子。
山下ユーカと呼ばれる女性で、何と東京で活動している「アルタイル」というグループでアイドルをやっているらしい。

地元のイベントで凱旋ライブをやる為にやって来たらしいユーカ。
有名でない為自分でチラシやポスターを学校に持って来て宣伝しているというユーカですけど、見た目に合わず随分頑張ってる感じがします。
m大丈夫ですか6

部室に行けばチラシがあるからと、山田が所属する天文部にやって来た鉄人。
天文部と知って雰囲気が変わった鉄人ですけど、彼にとって天体観測は特別な意味があったのか?
そこで再び朝に会った少女と出会った鉄人。
「羽根」と呼ばれたちょっと変わった少女だが、鉄人と一緒だったにも関わらず遅刻はしていないのだという。
何やら謎がありそうな羽根ですけど、その名の如く空でも飛んだのかな?
でなければそっくりな別人が存在する事になってしまいます。

アイドルのイベントが天体観測のイベントだという事をチラシを見て知った鉄人。
天体観測には良い思い出と悪い思い出があるという鉄人だが、小学三年生の時に五年生の川満千尋と出会い、仲良くなったのが良い思い出、その彼女が川で死んだのが悪い思い出だった様子。
このあたり断片的に見せているので詳細は不明ですけど、何かただの事故ではなかった様な気がします。
m突き刺さり7

明け方の4時52分、突然アラームが鳴り、布団の中で警戒した鉄人。
轟音と共に一度電気が消え、外に確認しに出た鉄人だったが、何と家のてっぺんにMGが突き刺さってしまったらしい。
てっぺんの玉が落ちており、業者の手抜き仕事だと怒る鉄人の母。
街中でも同じ様に玉がついたとんがった屋根が設置されている様ですけど、これが先生が話していたMG対策の防護屋根なのかも知れません。
m亡くなったのは8

近所の注目を浴びる為、仕方なく自分で取り除く事にした鉄人。
それを心配する母ですけど、こういうのを業者に頼んだら順番待ちで時間がかかったりするのかな?
そんな中、朝のニュースで昨晩都内のアパートで火災が発生し、一人の遺体が見つかった事が報道される事に。
何と、死んだのはタレントの山下ユーカだった!?
火事の後、山下さんと連絡が取れなくなった事から警察が確認を進め、本日未明に確認が取れたらしい。
そんなニュースかせ流れているのをまだ知らずに屋根の上で作業を続けていた鉄人。
固くはまっており、動かすのに苦労する事になった鉄人だったのだが…!?
m目覚め9

何と、刺さっていたのは山下ユーカの姿をしたメテオガールだった!??
しかも何故か動いているらしい。
何やら異様なメテオガールと出会ってしまった鉄人。
これまで落ちて来たMGも架空のものではなく、実在した人間の姿を真似たものである可能性も出て来ましたけど、だとしたら何故いままで誰もその事に触れなかったのか?
あるいは世界レベルで隠ぺいが行われている!?
まだまだ謎が多いので何とも言えませんが、人が死ぬ→??→その人のメテオガールが天から落ち来るという仕組みでこの大天災が起きている様に見えます。

随分前に人間が知らないうちにロボットにすり替わっているというマンガがありました。
今回の連載はそれを彷彿とさせるのですが、だとしても天から落ちて来る意味が分かりません。
そもそもアイドルの件を考えると遺体が別に存在している訳ですから、死んで機械になった「いぬやしき」とも違います。
何やら色々妄想を掻き立てられるのですが、作者のツイッターのプロフィールを見たら「(ホラー)漫画家です。」との事。
このSF的現象がホラーに基づいている可能性もある訳で、もしかすると全く想定外のオチが待っているのかも知れません。

そんなホラー作品(?)「隕石少女」ですけど、週刊連載でホラーをやるとしたら今時かなり珍しい気がします。
まあ、ホラーといっても今の時代に合わせたキツくなり過ぎないホラーなんだろうと予想はするのですが、マイルドに見えて少し不安を煽る感じの絵がいい味を出している気がします。
(昔は「楳図かずお」だの「つのだじろう」だの「古賀新一」だのといったヤバい面子が普通に少年誌で週刊連載してました。)

そんな気になる新連載ですけど、今週は時間に余裕があったのでちょっと紹介してみた次第です。
最近なかなか時間が取れないので来週の約束は出来ませんが、機会があればまた紹介してみたいと思います。

ツイッター:石山り~ち

【ホラー関連記事】
◎往年の名作「漂流教室」未収録181ページを追加した完全版がついに発売!!
◎楳図かずおの名作「洗礼」が未収録カラー&扉絵をすべて収録して全3巻でリリース!!
◎西森博之が「サバイバル」「漂流教室」を熱く語る!


◎ホラーと言ったら楳図かずお。楳図かずおと言ったら漂流教室!
漂流教室 全3巻完結 (ビッグコミックススペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]漂流教室 全3巻完結 (ビッグコミックススペシャル) [マーケットプレイス コミックセット]
楳図 かずお

小学館
売り上げランキング : 94607

Amazonで詳しく見る

◎夜の海が本気で怖かった「うしろの百太郎」。夜寝る時に手の位置を確認したのは自分だけではないはず。
うしろの百太郎全6巻完結(ワイド版) [マーケットプレイス コミックセット]うしろの百太郎全6巻完結(ワイド版) [マーケットプレイス コミックセット]
つのだ じろう

講談社
売り上げランキング : 87357

Amazonで詳しく見る

◎ホラーというよりも「うずまき」だけでよくここまで話を広げられるなーと感心した思い出。
うずまき (ビッグコミックススペシャル)うずまき (ビッグコミックススペシャル)
伊藤 潤二

小学館 2010-08-30
売り上げランキング : 71083

Amazonで詳しく見る


何かリンク貼ってたらこういう昔の作品を紹介するのも悪くないなーと思えて来た(笑)。