ブログネタ
月刊漫画雑誌の感想 に参加中!
hタイトル1

h表紙2島本和彦氏の代表的作品である「炎の転校生」の新作「炎の転校生REVOLUTION」前後編の後編です。
今月は表紙&巻頭カラーで登場しました。

NETFLIXオリジナルドラマを記念して新たなに描かれる事になった「炎の転校生」。
ゲッサン今月号では主演であるジャニーズWESTと作者の島本和彦氏による特別対談が掲載されています。
それによるとドラマ化の話をもらった際に島本先生は「原作そのままやらないでくれ」と言っていたんだとか。
映像化は原作通りを希望する漫画家が多い中での異例のお願いですけど、あまり変え過ぎると「炎の転校生」を名乗らせていいのかちょっと疑問も感じますね。

そんなドラマ化を記念してゲッサン先月号では特別編の前編が掲載された訳ですけど、これは現在発売中の「アオイホノオ18巻」限定版に付いている小冊子として読む事が出来ます。
今回の後編は19巻限定版の付録になるそうですけど、カラーという訳にもいかないでしょうし、ファンの人は今月のゲッサンを保存しておくといいかも知れません。
また、「炎の転校生」の総集編コミックスも発売しており、自分も買ってみたのですが、いやはやコミックス12巻を圧縮して350P一冊にするというのは何か凄いものがありますね(笑)。
カットが凄まじくて初見の人には色々チンプンカンプンになりそうな気がしますけど、雰囲気をつかむだけならそれでも十分だと編集部は考えたのかも知れません。
個人的には買っておきながら色々不満ですがね(笑)。
ボクシングの試合なのにキックで決着した行方戦とか当時興奮した滝沢対技北は入れて欲しかった気がします。
(久々に読んだけど当時かなり力を入れて読んでたからほとんど覚えていて、コミックスで修正された箇所まで憶えてたわ(笑)。)

さて、かつての滝沢の様に巨大な羽ばたく鳥が校舎の上に君臨する種火学園にやって来た真紅駆。
転校生7人で闘う様に命令された駆だったが、理不尽な要求に戦う理由を見つける旅に出てしまう。
校長室に入り、現校長の滝沢昇の人形に出会った駆。
「国電パンチ」を伝授され、学園の平和を守るエージェント「炎の転校生」となった7人の駆だったのだが…!?

h学校3

コードネーム「炎の転校生」として各現場校に3人一組のユニットとして転校して行く事になった駆たち。
7人なのに何で3人一組?という謎はあるが、事件が解決しなければ種火学園に戻れないらしい。
そんな現場校として登場したのが「華麗成学園」「鬼子母学園」「純潔女学園」「OMOTENASHI学園」「火種学園」の五校。
校舎の上に学園のモチーフがどんと乗っかっているのが以前からの特徴でしたけど、開き直っているのかてっぺんしか画面に映ってない学校があったり(笑)。
そんな学校でトラブルにぶつかって行った駆たちですが、ドラマのネタバレを回避しているのかかなり曖昧な内容になっていました。

華麗成学園はゾンビがはびこりそれを紫駆が駆除、鬼子母学園では緑駆が意味不明のバレー対決を制し、純潔女学園では暴力を振るう女を桃色駆が体を張って説得、橙駆は過去にタイムスリップ、青駆はOMOTENASHI学園を美を持って制したらしい。
ちょっとしか描かれていないので本当によく分からないのですが、それが一体どういうものなのか、本当に勝ったのかどうかはドラマで確認してください、といったところでしょうか?(笑)
h真転校生4

何がどうなってそうなったのか、種火学園にそっくりな火種学園にやって来た7人の駆たち。
そんな彼らを待っていたのはまさかの真・炎の転校生だった?
どことなく胡散臭い連中にニセ者呼ばわりされてしまった駆たち。
ヒーローものにニセモノ登場は常套手段ですけど、マンガにもブラック滝沢というのがいましたし、ニセモノと闘うというのはかろうじて原作通りだと言えなくないかな…?(笑)
h末路5

彼らを真・炎の転校生だと決めたのは自分だと言ってみんなの前に姿を現したベレー帽の男。
そんな彼の事など知らないと言う駆たちだが、知られていない事にショックを受ける事に?
「これが…映像化にやすやすと原作権を売り渡した漫画家の…末路というものか!!」
何やら色々ヤバイ感じのセリフを吐いたベレー帽の男。
自分が島本和彦だと言わんばかりの男ですけど、そんな彼を先生と呼ぶ真・炎の転校生はアシスタントでもモデルになっているのでしょうか?(笑)
hぶちまける6

どちらが本物の「炎の転校生」であるかを決める為、様々な競技で勝負する事になった駆たち。
それがどんな競技なのか、これまたよく分からないのですが、結局のところ今回の漫画はドラマで描かれていない部分を描いているのでしょうか?
どういう点数なのか550対45と大差をつけられた駆たち。
最終戦は水中騎馬戦との事ですけど、普通にこの点差で勝負する必要があるとは思えません(笑)。

その水中騎馬戦に駆り出されてしまった黄色駆。
苦手な水中戦で相手の女子選手の帽子ではなく水着をはぎ取って鼻血をぶちまけた黄色駆ですけど、これってドラマでもポロリがあると期待していいのかな?(笑)
そんな最終戦が終わり、何と結果は550対10000で駆たちの勝利となったらしい。
騎馬戦で勝った様に見えませんでしたけど、ホント訳が分からないですね(笑)。
hニセモノだ7

原作権を持つ者としてこの結果に意見しようとしたベレー帽の男。
だが、そんな彼を偽者だと言う者が現れた!?
高い位置から格好つけて姿を現した真・島本先生。
つーか、作中で作者自身を最高にカッコよく描くとかアリなのかな?(笑)
h重力キック8

火種学園のモチーフのところから飛び降りた島本先生。
「シマモト重力キック!」

しかも必殺技でニセ作者を撃退する事に!?
ついに自身の必殺技まで飛び出してしまった島本先生。
よく分かりませんけど、この技は他の作品にも出た事はなかったのかな?

高得点は自分が入れたと言う島本先生。
文句を言う真・炎の転校生を一人で壊滅させた島本先生ですけど、これ駆たち全然いらないよね?(笑)
そんな自分はただひたすらに面白さを追い求める、面白さに飢え乾いているハングリークリエイターだと言う島本先生。
「原作が改変されようが面白ければそれでいい…だがもしそうでないならば…」
「俺のキックがうなる!!」

ニセ島本を駆逐したハングリークリエイターですけど、結局そのキックってドラマスタッフには向かずに済んだのかな?(笑)
hネットフリックス9

駆たちを炎の転校生だと認め、これからも頼むと言って熱い握手を交わしたハングリークリエイター。
そんな彼に「炎の転校生REVOLUTION」が全8話である事を告げた駆だが、この「真・炎の転校生との戦い」が終わったらあと一話分しかないのだという。
「それが何だ!?」
「ネットフリックスはきっと夢を叶えてくれる…俺はそう信じる!」

何と、ネットフリックスに将来を丸投げして来たハングリークリエイター。
と言うより、今回の読切はネットフリックスのただの宣伝漫画だったの?(笑)

『そして7人の駆たちはこれからも勝ち続けるだろう!!』
始まったばかりなのに続編を期待するハングリークリエイター。
つーか、滝沢校長ばかりか前編で騒いだ国電パンチは一体何処に行ったんだ?(笑)
どうやら本編を見ないと何も分からない様ですが、ネットフリックスが次回作を検討してくれるのか、ドラマが好評である事に期待したいですね。

公式サイト:俺は燃えてなどいない!~漫画家島本かず彦のブログ~
公式サイト:NETFLIXオリジナルドラマ「炎の転校生REVOLUTION」【ドラマ24】アオイホノオ

【関連記事】
◎「炎の転校生REVOLUTION」前編~実写ドラマ化記念!島本和彦の伝説的作品が前後編で登場!!


ゲッサン 2017年 12 月号 [雑誌]ゲッサン 2017年 12 月号 [雑誌]

ゲッサン 2017年 11 月号 [雑誌] ゲッサン 2017年 10 月号 [雑誌] ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2017年 12 月号 [雑誌] 月刊少年マガジン 2017年 12 月号 [雑誌] からかい上手の(元)高木さん: ゲッサン少年サンデーコミックス good!アフタヌーン 2017年 12 月号 [雑誌]: アフタヌーン 増刊 ゲッサン 2017年 09 月号 [雑誌] 別冊少年マガジン 2017年 12 月号 [雑誌] QLAP!(クラップ) 2017年 11 月号 [雑誌] FINEBOYS(ファインボーイズ) 2017年 12 月号

◎前編小冊子付き限定版が登場!
アオイホノオ 18 『炎の転校生』完全新作読み切り小冊子付き特別版 (特品)アオイホノオ 18 『炎の転校生』完全新作読み切り小冊子付き特別版 (特品)
島本 和彦

小学館 2017-11-10
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る

◎「必殺の転校生」も収録!島本和彦の原点!!
炎の転校生 (1) (小学館文庫)炎の転校生 (1) (小学館文庫)
島本 和彦

炎の転校生 (2) (小学館文庫) 炎の転校生 (3) (小学館文庫) 炎の転校生 (4) (小学館文庫) 炎の転校生 (5) (小学館文庫) 炎の転校生 (6) (小学館文庫) 炎の転校生 (7) (小学館文庫)