いけさんフロムエル

NEO RE NEXT!

NARUTO

「BORUTO」~あらゆる人々を支えるために!カタスケの科学ともたらされた任務!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1

週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第19回です。
今回は表紙&センターカラーで登場しました。

月イチ連載でありながらすでにジャンプの顔と化している「BORUTO」。
24日にジャンプギガ新年1号が出ますけど、表紙もボルトで超豪華付録にTVアニメ情報があるそうです。
「NARUTO」2巻表紙の三人の構図を大人バージョンにした再現ポスターが付き、そのイラストを使ったスマホケースプレゼント企画もあるんだとか。
池本氏が描くのか、それとも本家・岸本氏が描くのかは分かりませんが、最近見ていないので出来たら本家のイラストを見てみたいですね。

さて、何も入っていない器を調べている最中、何者かの奇襲を受けた木ノ葉丸たち。
一方、新たな任務としてカタスケの護衛と科学忍具の輸送を言い渡されたボルトは、科学忍具への嫌悪感から困惑する。
それでもミツキの説得もあって電車に乗って霧隠れに行く事にしたボルト。
その車内で障害者として生き残っていた青と出会い、カタスケの仕事の一旦を知る事になったボルトたちだったのだが…!?

続きを読む

「BORUTO」~新たなる任務!力の使い方と16年振りの実戦!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第18回です。
今回もセンターカラーで登場しました。

TVアニメも半年が経過し、新OPに変更になった「BORUTO」。
すでに安定した感もありますけど、結局のところアニメはオリジナルがベースで、時々原作漫画の内容を挟んでいく事になるのでしょうか?
前の「NARUTO」では終盤引き延ばしがひどくで、原作のバトルを中断してまでオリジナル展開に入って行ったのを思い出します。
今ジャンプでやっているエピソードがアニメに反映されるのがいつになるのか、そのまま使われる事になるのかは気になるところですね。

さて、「殻」のメンバーを集め「器」が失われた事を報告したジゲン。
その失態を追及された老忍だったが、仲間のハズの果心居士に始末されてしまう。
一方、父・ナルトと「忍組手」を行ったボルトだったが、ナルトが使った「科学忍具」によって完敗してしまう。
要は使い方だとサスケが説明する一方、墜落した飛行船の調査に出た木ノ葉丸たちだったのだが…!?
bコピー2

それが「殻」の言う「器」なのか、何も入っていない容器ほ発見した木ノ葉丸。
この船はこの容器入っていた「何か」を秘密裏に何処かに運ぼうとしていたと理解する木ノ葉丸だが、その容器にデータユニットらしきものを発見する。
「よし…この形状なら…この巻物メモリで…!」
何と、USBメモリらしきものを使い出した木ノ葉丸。
PCを使ったり、前作の時代とはまた随分と文化が進んだ様ですけど、巻物の形状をしている必要性あるのかな?(笑)

何者かが現れ、目の前で仲間が倒されてしまった木ノ葉丸。
それが誰なのかは分かりませんけど、「殻」の関係者であるのは間違いないハズです。
木ノ葉丸はそれが誰なのか分からなかった様ですけど、意外とナルト世代の者が見たら普通に分かる存在なのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~脅威の名は‟殻”!父に挑む忍と忍び寄る厄災の足音!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第17回です。
今回もセンターカラーで登場しました。

毎回の様にセンターカラーで描かれる「BORUTO」。
今週はまさかの巻末カラーでした。
ジャンプでは正に異例中の異例な事ですけど、人気を反映した掲載位置だとは思えませんし、あるいは巻末の方で定着させる計画でもあるのでしょうか?
月イチ掲載では本当の意味で雑誌の中心になれませんし、ジャンプの後ろの方を活性化させるという意味ではちょっと面白い試みかも知れません。

さて、ショジョジを追い詰めたものの、掌の印が変化し、体に痛みとマヒが走り動けなくなってしまったボルト。
そんなボルトの印に衝撃を受けたショジョジだったが、サラダとミツキの乱入で事なきを得る事に。
サラダがゲキマで「SSR(超激レア)」の大蛇丸を引き当て、それがミツキの親である事を知ったボルトたち。
サスケが拷問に加わった事で、「殻」という名の組織がある事を口にしたショジョジだったのだが…!?
b失われた2

謎の部屋に集結する「殻」のメンバーたち。
全部で何人いるのか、とりあえず今回集まったのは中心に座る「ジゲン」を含めて6人の様子。
「『器』が失われた」
集まった仲間たちに急を要する事態だと説明したジゲン。
「冗談じゃないわ 国ひとつ買えるだけの金をドブに捨てたと言うの?」
紅一点と思われる女性メンバーによると、ジゲンが言う「器」にはとてつもない金をつぎ込んでいるらしい。

そんなメンバーの中で移送中の事故は想定内の事だと、大きな問題ではない事を強調した老人のメンバー。
「そのような甘い認識がこの手の失態を生むのでは」

そんな老人に口を挟んで来た仮面の男だが、何やら最初から気に入らないものがある様子。
この件におけるタイムロスそのものは想定誤差の範囲内だが、防げたであろう人為的ミスによる失敗となると話は別だというジゲン。
何やら今回は老人のミスでリーダーもそれを許すつもりはない様ですけど、どういう経緯でミスになってしまったのかは気になりますね。

アマドと呼ばれるメンバーが不在である事に文句を言って来た老人。
「貴様には関係ない」

そんな老人に冷たく言い放つジゲンですけど、かつての暁の様にこの組織にも色々な事情があるのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~目指すは支う影!ボルトの異変とショジョジの告白!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第15回です。
今回もセンターカラーで登場しました。

毎回の様にセンターカラーで描かれ、そうでない時の方が珍しい「BORUTO」。
ページ数も毎回50P弱の為、コミックスも年に3冊は出せる訳ですけど、月イチでありながらジャンプでは存在感があり、出来れば週刊で読んでみたい気にさせられます。
実際、描けない事もない様な気がするのですが、あるいは原作者の岸本氏から離れている事もあって色々慎重に進めざるを得ないのでしょうか?
週刊連載だとコミックスは平均して年に5冊出せますし、5年連載してコミックスが15冊と25冊ではかなり違います。
この先どうなるのかは分かりませんが、連載に慣れてきたら是非週刊でやって欲しいですね。

さて、テントウのピンチに任務を放ったらかして救出に駆けつけたボルト。
ショジョジを相手に苦戦するボルトだったが、意表を突いたテントウの手裏剣が命中する。
怒りから意識がテントウに向く中、ボルトの螺旋丸を食らってしまったショジョジ。
見事なチームワークで貉の頭領を仕留めたボルトたちだったのだが…!?
b変貌2

ショジョジを仕留め、ハイタッチを決めたボルトとテントウ。
手裏剣で敵の注意をそらせれば十分だったと言うボルトだが、影分身を使った際にテントウに手裏剣を渡していたらしい。
「マジで当てちまうとは恐れ入ったぜ」
土壇場で命中させたテントウを称賛するボルト。
すっかり仲良くなったボルトたちですけど、このテントウの一発芸はこの先にも自分の身を救ってくれるかも知れません。

そんな中、再びショジョジが立ち上がり、戦闘態勢に戻ったボルト。
そのダメージでは風バリアは使えないと、螺旋丸を準備したボルトだったのだが…。
何と、突然螺旋丸が手から消えてしまった!?
体に痛みとマヒが走り、動けなくなってしまったボルト。
何と、掌の印が形を変えていたらしい。

「…お前…まさか…」
「…あの『組織』の…!?」

ボルトの印を見るや、表情が変わったショジョジ。
何やら大きな存在に脅えるショジョジですけど、果たしてこの「組織」が「NARUTO」における暁の様な存在になって来るのでしょうか…?

続きを読む

「BORUTO」~決戦・ボルト対ショジョジ!無敵の風バリアと認識出来ない一撃!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第14回です。
今回もセンターカラーで登場しました。

TVアニメも好調な「NARUTO」新世代編の「BORUTO」。
そのTVアニメで原作者である岸本氏が手掛けた「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」のアニメ化が決定したそうです。
元々原作が足りない事から何処かで挟んで来るんじゃないかと思ってましたけど、やるとすればTVのエピソード用に修正も入るんじゃないかとも思っていました。
元々オリジナル展開でアニメはスタートしていますし、この先は時系列を調整しながら劇場版、そして現在連載中のエピソードなどをアニメにしていく予定なのかも知れません。

さて、新たに「Bランク」任務を言い渡され、やる気に燃えていたボルト。
カードを返しにこっそりテントウを訪ねたボルトだったが、そこで彼はテントウが誘拐されてしまった事を知る事に。
サラダに任務辞退を告げ、一人テントウ救出に向かったボルト。
そのテントウがショジョジに喰われようとする中、ギリギリで駆けつけたボルトだったのだが…!?
b何の用2

どうやって追って来たのか、テントウ救出に現れたボルト。
「護衛の任務は終わったはずだろ…どうしてここにいる」

そんなボルトに質問するショジョジだが、護衛が外れるタイミングを狙っただけに疑問を感じた様子。
「そっちこそオレの友達に何の用だよ 忍者失格のブタ野郎」
そんな相手に自分が来たのは任務とは無関係である事を告げたボルト。
挑発するボルトですけど、この相手が父・ナルトたちが警戒しているショジョジだとまでは分かっていないのかも知れません。

部下達にボルトの相手をさせ、自身は葉巻を吸って余裕を見せていたショジョジ。
だが、部下4人を影分身からの体術であっという間に倒してしまった!?
そんな相手が手応えの無いザコだと断定したボルト。
下忍のボルトに全く歯が立たない様な部下を連れていたショジョジですけど、あるいはすでに仲間の多くが倒されてしまったからなのか?
テントウを解放する条件として現金五百両と特別刑務所「鬼灯城」収監者全員の釈放を要求してましたし、もしかすると貉という組織はすでに末期的な状況にあるのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~こっから先は忍者の仕事だ!誘拐されたテントウと立ち上がるボルト!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第13回です。
今週はセンターカラーで登場しました。

TVアニメもスタートし、ますます好調な「BORUTO」。
惜しむらくは月イチ連載でしか読めない点ですけど、将来的に週刊連載にグレードアップ(?)したりはしないのでしょうか?
人気があるのは確実で、毎回の様にカラーになっている訳ですけど、ジャンプ的にも出来るなら毎号掲載させたいんじゃないかと思うんですよね。
そのせいもあってアニメはオリジナル展開がメインになりそうな感じですけど、そのせいでアニメと原作で温度差が出る様な事にはならないで欲しいですね。

さて、大名まどかイッキュウの息子・テントウの護衛任務を任される事になったボルト。
生意気なテントウに苦戦するボルトだったが、彼のゲキマコレクションの中に求めていた一枚を発見する。
そんなテントウが自分と似た境遇である事を理解し、手裏剣の使い方を教えたボルト。
「オレさ…今はまだこんなだけど…いつかさ…」
「火影を支えるスゲー忍者になりてーんだ」

任務の終わり際、自分の将来の夢をテントウに語ったボルトだったのだが…!?
b新しい任務2

護衛任務を終了し、ミツキ・サラダと共に木ノ葉丸に呼ばれてやって来たボルト。
散らかっている部屋の片づけをやらされるのかと不満を口にしたボルトだったが、わざわざ特務̪室に呼んだのは任務の為なのだという。
「それも『Bランク』のな!」
普通なら中忍以上が担当する高難度任務を用意して来た木ノ葉丸。
ボルトたちなら出来ると判断したと言う木ノ葉丸ですけど、今の彼らの実力はナルトたちが初めて中忍試験を受けた頃に近い感じでしょうか?

今の風影も下忍時代にBランクをクリアしており、そう珍しい事でもないと言うミツキ。
そう言われてやる気になるサラダとボルトですけど、今までの様に簡単にはいかないでしょうし、3人の連携はより重要になるハズです。

期待が大きければ失敗した時の評判の落ち方もハンパじゃないと、浮かれるボルトたちに脅しを入れた木ノ葉丸。
そうならない為にも頑張るしかない3人ですけど、ただのBランクで済まないんじゃないかととりあえず予想しておきます。

続きを読む

「BORUTO」~欲しいモンは自力で手に入れる!ボルトの忍術指導と新たなる絆!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第12回です。
今週はセンターカラーで登場しました。

ついにTVアニメもスタートした「BORUTO」。
その第1話で読者が考えたキャラクターが採用された事がちょっとニュースになっていましたけど、(「NARUTO」でも忍ネタの募集はありましたけど)現実に読者が作品に関われるというのは面白いですね。
「BORUクラ」の名で今もオリジナルキャラクターの募集はしていますけど、「NARUTO」の時とは異なり、原作者が監修の立場になっている事を考えるとこういったものは今後も積極的に使われる事になりそうな気もします。
さすがに「キン肉マン」みたいに読者に大きく依存する事にはならないとは思いますが、キャラデザインや設定によっては重要な役割で本編に使われる可能性もある訳ですし、何かアイデアがあったら応募してみるのも面白いかも知れません。

さて、モモシキの件が気になるものの、新たな任務に就く事になったボルトたち。
強盗を働いた「貉」の3人を仕留めたボルトたちだったが、頭領との接触に失敗してしまう。
手配書の大物であり、殺した人間の姿や声はおろか、「記憶」までもコピーして変化出来る「屍分身」の「ショジョジ」を警戒するナルトたち。
そのナルトが大名のまとがイッキュウとの会談に挑む一方、息子のテントウの護衛任務を言い渡されたボルトだったのだが…!?
bお色気2

ホテルも庭園も貸し切りにしていると聞き、大名のやり方に衝撃を受けたボルト。
そんなボルトに忍術を見せてもらう事になったらしいテントウだが、ボルトは得意の影分身を見せる事に。
5人になったボルトに興奮したテントウ。
「でもアレだな 今の火影は千人以上になるっていうし それに比べりゃ遥かにショボいな!」
一言多いテントウですけど、甘やかされて育った為、他人を思いやる気持ちに欠けているのかも知れません。

そんなテントウに今度は「変化の術」を要求されたボルト。
『よォ――し…いっちょビビらせてやっか!』

何と、ボルトが見せたのはまさかの「おいろけの術」だった!?
自力で開発したのか、それとも誰かに聞いて覚えたのか、父親と同じ術を使ってみせたボルト。
同じ様でナルトとは少し違った女に変化したボルトですけど、今の火影が昔散々使っていたとなればこの術に対する里の人間の反応もナルトの子供の頃とは少し違っているかも知れませんね。

続きを読む

「BORUTO」~七代目カードはハズレ?ボルトの異変と新たなる任務!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1

週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第11回です。
今回は表紙&センターカラーで登場しました。

いよいよTVアニメの放送開始を目前とした「BORUTO」。
「NARUTO」とは放送日時が異なる為、注意が必要ですけど、思えば「NARUTO」本編も最初は18時30分スタートのアニメで後に今の時間に移った経緯があります。
そういう意味では早い時間に戻った感じになりますけど、気になる「NARUTO疾風伝」の後番組は「スナックワールド」なんだとか。
テレビ東京的にはポケモンに合わせてキッズ向けを持って来たかったのかも知れませんけど、個人的には深夜でやって様な密度の高いもので、かつ一般人気を狙えるようなタイトルを夜7時台に残して欲しかった気がしますね。

さて、サスケたちとの連携で巨大螺旋丸を炸裂させ、モモシキを仕留めたボルト。
だが突然時間が止まった世界に放り出され、倒したはずのモモシキと遭遇する。
そんなモモシキに「神」を倒した者は只人ではおれないと警告されたボルト。
「心せよ…その青き瞳はいずれ貴様から全てを奪い去る…」
不穏な宣告を受ける中、爪の跡の様な四角い印が右手の手のひらに残された事に気が付くボルトだったのだが…!?

続きを読む

「BORUTO」~オレはオレの忍道を行ってやる!示された運命とボルトの決意!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第10回です。
今回もまたまたセンターカラーで登場しました。

4月からのTVアニメスタートがすでに発表されている「BORUTO」。
その放送開始日が発表になりましたけど、4/5(水)17:55からになるそうです。
てっきり「NARUTO」の後にそのまま入るんだと思ってましたけど、日曜に移って久しい遊戯王などの例もありますし、時間が繰り上がって来るのはそういう時代の流れなのでしょうか?
周囲を見渡しても夜7時台のアニメは数えるほどになっていますし、「NARUTO」の後番組も普通にバラエティになりそうな気がします。
まあ、「NARUTO」は「NARUTO」で続くなんてオチになったら笑うしかないですが(笑)。
「BORUTO」のアニメは必然的にオリジナルが多くなると思いますし、どういう形で描かれるのか放送開始日を楽しみにしたいと思います。

さて、科学忍具をアピールしようとしたカタスケたちのおかげで完全に復活し、ナルトたちの動きを封じてしまったモモシキ。
そんな窮地に螺旋丸を放ったボルトだったが、途中で消える特殊な性質があり、それは事前にサスケに託されていたものだった。
そんなボルトに手を貸し、巨大な螺旋丸を作らせたナルト。
サスケたちとの連携で巨大螺旋丸を炸裂させ、モモシキを仕留めたボルトだったのだが…!?
b変わらない2

強敵モモシキをついに仕留めたボルト。
そんな息子に笑みを浮かべたナルトだが、今回はさすがの火影も活躍する事は出来なかった様子。
ナルトに手を貸しながらも自分はしっかり立っていると、上から目線で語りかけて来たサスケ。
「…いつまでライバル気取ってんだてめーはよ…」
「…少なくとも お前に勝ち越すまでだな」

仲良くなってもプライドがあるところを示したサスケですけど、この両者の競争は死ぬまで続くのかも知れません。

「忍の本質は変わらない 時代がどう変わろうとも」
「…だよな?お前の言ってたとおりだ」

今回ばかりはサスケの勝ちだと言うナルト。
息子の事がよく見えていなかった事を認めた形になったナルトですけど、そんなナルトをずっと見て来たサスケだけにボルトの事がよく見えていたとも言えます。
また一方で、デスクワークの多い火影のナルトよりも自由に色々なところを見て回っているサスケの方が「今の時代」がよく見えていると言えるのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~負ける気がしねえェ!ボルトの新技と変わらなかった本質!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第9回です。
今回もまたまたセンターカラーで登場しました。

4月からのTVアニメスタートがすでに発表されている「BORUTO」。
圧倒的に原作が足りない事からその内容が心配だった「BORUTO」ですが、何と最初からオリジナルストーリーになるそうです。
オリジナルストーリーは「NARUTO」の時に散々やってますから特に言う事はありませんけど、これってボルトの誕生から詳細に描くという事なのでしょうか?
原作の方は月イチの為、この先もストックは期待出来ませんし、もしかすると1年以上原作から離れるなんて事もあるのかも知れません。

さて、キンシキを吸収してまさかの変貌を遂げたモモシキ。
そのパワーに次々と撃破されてしまった五影たちだったが、そんな相手をナルトはサスケとの連携で吹き飛ばしてしまう。
そんな2人の活躍がある中、突然姿を現わしたカタスケたち。
科学忍具をアピールしようとした彼らのおかげで完全に復活し、ナルトたちの動きを封じてしまったモモシキだったのだが…!?
bどん2

仲間全員が窮地になった時はやる様にと、一番若いボルトに託していたサスケ。
父の危機に自分がやるしかないと理解したボルトは覚えたての螺旋丸を発動させる。
そんな息子が放った螺旋丸に衝撃を受けたナルト。
仕事にかまけて息子の事を放ったらかしにしていたナルトだけに彼が忍としてどれだけ出来るのかロクに理解していないのかも知れません。

そんな螺旋丸を片付けようと右手の輪廻眼を使おうとしたモモシキ。
だが、かなり手前で消滅してしまった!?
「こいつはお笑いだ…よもや届きもせんとはな…」
ボルトの実力の無さに呆れたモモシキ。
だが何と、消滅したはずの螺旋丸によって肩にダメージを受けてしまった!??

その衝撃で五影たちに仕掛けていた影縛りが解けてしまったモモシキ。
決めなければならない場面で決める事が出来たボルトですけど、こういう緊迫した場面で結果を出せたのは彼にとって大きな自信になるのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~TVアニメ化も決定!科学忍具の悪夢と託された男!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1
週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第8回です。
今回もまたまたセンターカラーで登場しました。

すでにニュースにもなっていますが、「BORUTO」のTVアニメ化が決定したそうです。
放送開始は4月という事で、現行の「NARUTO」はあと3ヶ月で終わる事になる様ですけど、今更と思う反面、「BORUTO」とバトンタッチするには少し早かった気もします。
てっきり「BORUTO」のコミックスがある程度たまるまで「NARUTO」で引っ張ると思ってましたけど、結局引き延ばすのも限界が来ていたのでしょうか?
すでに原作最終回以外の全てのアニメ化が完了し、小説のアニメ化にまで手を広げている訳ですが、原作にない話をやるならそれを「BORUTO」でやってもあまり大差はない気もしますしね(笑)。

そんな新アニメ「BORUTO」ですが、現状でスタートを切ればすぐに原作はなくなり、アニメのオリジナルストーリーが展開されるのは間違いありません。
問題はそのオリジナルストーリーが原作にも反映されるのかって事ですけど、連載の脚本を担当している小太刀右京氏とアニメ制作の関係によってはアニメで先に見た話を後で漫画で確認するという逆転現象が起きるのかも知れません。
まあ、それだと漫画に新鮮味がなくなるので漫画は漫画で別に展開してくれた方がいいとは思うんですけどね。
ここ数年の「NARUTO」はオリジナルストーリーの合間に原作を少しずつ消化していた訳ですけど、もしかすると新番組「BORUTO」にもその流れが引き継がれるのかも知れません。

さて、ナルトを救出するため、サスケの輪廻眼の能力で敵地に乗り込んで行ったボルトたち。
五影たちの活躍もあって無事救出されたナルトだったが、助けに来たボルトに謝罪する。
忍術を使えば吸収されてしまう為、術を使わない肉弾戦を強いられたナルトたち。
そんな状況にキンシキを吸収してしまい、まさかの変貌を遂げたモモシキだったのだが…!?
b風影2

モモシキのまさかの変貌に息をのむナルトたち。
いきなり周囲を吹き飛ばしたモモシキだが、間髪入れずに雷影・ダルイが蹴り飛ばされる事に?
さらに砂でガードする風影・我愛羅に襲い掛かったモモシキ。
その砂を超えて自在に伸ばした髪で攻撃し、下に蹴り落としたモモシキですけど、ちょっと我愛羅もあっけないですね。
それだけモモシキが強いという事なんでしょうけど、若い頃の方が強かった様な気がするのは気のせいかな?(笑)
その風影が倒れている事に気が付いた途端にモモシキに蹴り飛ばされた水影・長十郎。
土影・黒ツチも一撃で仕留めたモモシキですけど、今回の五影はいいところが全くなかったですね。

続きを読む

「BORUTO」~五影参戦!“忍者”になった少年と最悪の誕生!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第7回です。
今回もまたセンターカラーで登場しました。

最早カラーでない事があり得ない様な月イチ連載の「BORUTO」。
「NARUTO」というブランドの力をひしひしと感じますけど、これだけ順調にカラーを重ねて来ると将来は画集すら出せそうな気もします。
そんな「BORUTO」のコミックス第2巻もいよいよ12月2日に発売されます。
将来TVアニメになるにはまだまだ原作が足りませんが、元々「NARUTO」はオリジナルが沢山作られているシリーズですし、もしかすると来年にもアニメ化の話を聞く事になるのかも知れません。

さて、ナルトたちに対し、巨大なチャクラのエネルギー弾を放って来たモモシキ。
周囲を気にして大規模攻撃を断念したナルトはみんなを救ったものの敵に連れ去られてしまう。
父の凄さを身をもって知り、ナルトの子供の頃の上着を身に付けたボルト。
ナルト救出に五影たちも集結し、サスケの輪廻眼の能力で敵地に乗り込む事になったボルトだったのだが…!?
b思うなよ2

神樹に手足を拘束され、大筒木モモシキにチャクラを抜かれようとしていたナルト。
作業に手間取るモモシキだが、あまりにもチャクラが大きい為、かなり時間がかかっている様子。
長く続けるのは負担になるのか、一時中断したモモシキ。
「…そう手間なく簡単にはいかねーんだってばよ…!」
「オレら『忍者』ってのはな…!」

減らず口をたたくナルトですけど、仲間が助けに来てくれる事を確信しているのでしょうか?

そんな中、突然神樹が切断され、動けないまま放り出される事になったナルト。
雷影・ダルイと水影・長十郎がモモシキたちを襲撃し、その隙に息子であるボルトがナルトを救う事になったらしい。
「我らより逃げ果せると思うなよ…」
ついに敵の前に姿を現した五影たち。
とはいえ、すでに実績がある我愛羅はともかく、他の3人は前の戦争で目立った活躍をした印象はあまりないですし、これからの活躍で五影らしさを示して欲しいところですね。

続きを読む

「BORUTO」~偉大なる父を救え!動き出す五影と新たなる決意!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第6回です。
今回もまたセンターカラーで登場しました。

最早カラーである事が定番化している「BORUTO」。
月イチ連載としては今回少し遅くなった気がしましたけど、あるいは正月の合併号に掲載出来る様に調整でもしているのでしょうか?
その連載も6回目となった訳ですけど、待望のコミックス第2巻は12月2日に出るんだとか。
計算すると来月掲載分まで収録される事になると思いますが、どちらにせよ今年の年末は「BORUTO」の新刊を楽しむ事になりそうです。

さて、準決勝でシカダイを破ったものの、科学忍具を使っている事を父ナルトに見抜かれ忍者失格を言い渡されたボルト。
そんな会場に現れた侵入者たちだったが、それはサスケが警戒していた大筒木の一族だった。
チャクラの実から「丹」を錬成する事で、自らを強化延命出来るという大筒木キンシキたち。
そんな彼らの攻撃に晒される中、本気の力を解放しようとするナルトだったのだが…!?
n今までのナルト2

ナルトたちに対し、巨大なチャクラのエネルギー弾を放って来たモモシキ。
九喇嘛の力でそれを支えたナルトだが、尾獣玉を発射しようとして直前で中断する事に。
「ナルトがその気になればこんな弾など吹き飛ばせる…ただし辺り一帯ごとだがな…」
周囲を気にして大規模攻撃を断念したナルト。
逆に己の身を盾にして全てのダメージを吸収する事にしたナルトですけど、これだけ沢山の忍が集まっていてナルト一人に託すしかないという状態は以前から何も変わっていない気がします。

自分の目の前で父ナルトが巨大なエネルギー弾を一人で受け止めたのを確認したボルト。
意識を失う直前、父の笑顔を目にしたボルトですけど、その後ろ姿に今まで父の何を見ていたのか改めて思い知る事になったのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~お前は忍者失格だ!襲われた試験会場と七代目火影の戦い!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
bタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第5回です。
今回もまたセンターカラーで登場しました。

連載開始時から別格の扱いになっている「BORUTO」。
今週は「ONE PIECE」が休載だった訳ですが、「BORUTO」掲載のタイミングを狙っていた様にも感じられます。
そんな「BORUTO」ですけど、「BLEACH」や「ニセコイ」など長く続いていた作品が終っているジャンプの現状を考えるとその価値はより高まっている気がします。
アニメ「NARUTO」の方は本編が終盤になってますけど小説のアニメ化も予定されてますし、「BORUTO」の原作がどの程度たまるまで引きのばすつもりなのかは気になるところですね。

さて、問題の科学忍具を使い中忍試験の二次試験を突破したボルト。
父ナルトに直接お祝いの言葉をかけられボルトは涙を浮かべて感激する。
三次試験のトーナメント初戦でユルイを撃破したボルト。
準決勝でシカダイを破ったものの、科学忍具を使っている事を父ナルトに見抜かれたボルトだったのだが…!?
b失格2

哀しい表情で息子の不正の現場を押さえたナルト。
科学忍具の使用禁止を確認するナルトだが、自らのチャクラを使用しない忍具は新しい忍を育てる中忍試験の趣旨に反しているのだという。
その上でボルトを失格とし、奈良シカダイの勝利を宣言したナルト。
火影の顔に泥を塗ったバカ息子に呆れる五影たちですけど、ナルトの息子とはいえ彼らのボルト評は一気に下がったはずです。

「お前は 忍者失格だ」
みんなの前でボルトの額当てを外したナルト。
忍者として死刑宣告されたボルトですけど、火影が人前でやった以上、簡単には覆せない気がします。
試験中だから説教は後だというナルト。
そんなナルトに突然反発するボルトだが、ちゃんと説教されていれば今こんな状況にはなっていないのだという。
そんな息子に言葉を失うナルトですけど、火影の仕事と家庭のバランスが悪かった事を彼も実感したのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~三次試験開始!ボルトの涙と七代目の視線!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
boタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第4回です。
今回はセンターカラーで登場しました。

気が付くと連載開始から毎回カラーになっている「BORUTO」。
月イチ連載でジャンプの期待もかなり高い作品の「BORUTO」ですけど、この調子だと当分カラーは続きそうな気がします。
その「BORUTO」第1巻がついに発売された訳ですが、連載分の3話に加え、岸本先生が描いた外伝「満ちた月が照らす道」が収録されていました。
同じ原作者とはいえ別名義の作品が同じコミックスに収録されるのは異例な気がしますが、原作者が続けて描かない以上、たまに描く作品は今後もこうやって定期的に刊行される「BORUTO」のコミックスに収録される事になるのかも知れません。

さて、紆余曲折を経て中忍試験に挑む事になったボルトたち。
サイが監督する一次試験に挑んだボルトたちだったが、サラダたちのおかげで無事クリアする事に。
そのお祝いのメールを父ナルトからもらい、顔をしかめたボルト。
そんな中、二次試験に挑み、ピンチに陥ってしまった事から問題の科学忍具を使ってしまったボルトだったのだが…!?
bo変わらない2

息子の二次試験の結果が気になり火影室でそわそわしていた七代目ナルト。
そこにシカマルが現れ、ボルトの二次通過を聞かされたナルトですけど、PCを使って仕事をしていたのなら普通にメールとかで情報を得られるんじゃないのかな?
それだけ報告して去ろうとしたシカマル。
「そりゃあ大事な事だからな」
ナルトの気持ちを察するシカマルですけど、報告にくるくらいしか仕事がないんだったら少しは火影の仕事を手伝ったらいいんじゃない?(笑)

その一方でサスケが持って来た巻物の解読を進めていたナルトだが、かなり手間がかかっている様子。
サスケと顔を合わせ、ボルトが世話になっている事で礼を言うナルト。
弟子になった事を木ノ葉丸ルートで知ったナルトですけど、サスケとしてはそこは本人から聞いたと言って欲しかったのか?
「お前の言う通りかもな…『忍の本質は変わらない』」
息子が忍として成長していると感じたからなのか、肯定的な言葉を口にしたナルト。
「…オレは そう信じている」
それに対して何やら含みのある言い方をするサスケですが、今のボルトが科学忍具に頼っている事を知りつつもいずれは覚醒してくれると、何か願望の様なものを抱いている様に感じられます。

いつの間にか父親のナルト以上にボルトを理解するようになったサスケ。
結局、螺旋丸の件で科学忍具について何も問わなかったサスケですが、尊敬するサスケの前では真面目に取り組んでいたため、サスケも特に何も言わなかったのかも知れません。

続きを読む

「BORUTO」~中忍選抜試験開始!動き出したライバルたちとボルトの試練!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
boタイトル1

週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第3回です。
今回は表紙&センターカラーで登場しました。

待望のコミックス第1巻がいよいよ8/4に発売するそうです。
今回分を入れてわずか3回でコミックス化される事になった様ですけど、今回も47Pも描いてますし、このペースが今後も続くのなら年内には2巻目も出る事になるはずです。
となると、いつかはアニメ「NARUTO」の後番組に、という話にもなるはずですけど、普通に考えればコミックスにして10冊近くのストックは欲しいはずです。
毎回47ページ前後なら年間3冊、目標には3年以上かかるはずですけど、さすがにアニメ「NARUTO」をそこまで引っ張るとは思えません。
まあ、いざとなったらあの手この手で伸ばすのかも知れませんが(笑)、どういう形で「BORUTO」に引き継がれるのかは気になりますね。

また、今週号では原作者である岸本斉史と池本幹雄による対談が掲載されています。
「BORUTO」がスタートする事になった経緯などが語られていましたけど、これってコミックスに収録されないのかな?
そんな「BORUTO」の劇場アニメのブルーレイ&DVDもついに発売されました。
自分もブルーレイは買いましたけどまだ開封してはおらず、依然として原作である映画をネタバレ程度しか知らない状態で記事を書いてますのでその点はご了承ください。

さて、サスケに弟子入りを志願し、条件として螺旋丸を要求されたボルト。
木ノ葉丸の指導を受け何とか出来るようになったボルトだったが、その規模の小ささに不合格になったと誤解する。
科学忍具班・班長のカタスケから問題の試作品を受け取り、それを使って螺旋丸を出して見せたボルト。
「…確かに お前はナルトとは違うようだ」
「そう思いたくはなかったが」

失意の言葉を口にしながらもボルトを弟子にしたサスケ。
一方、ナルトとサスケが警戒する大筒木一族だが、すでに八尾がその手にかかっていた様子。
キラービーを倒し、次のターゲットを自分たちが求める最大のチャクラであるナルトの九喇痲に定めたモモシキたちだったのだが…!?

続きを読む

「BORUTO」~そう思いたくはなかったが…!螺旋丸の修業と新たなる危機!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
boタイトル1週刊少年ジャンプ月イチ連載「BORUTO」第2回です。
今回はセンターカラーで登場しました。

池本幹雄先生によって描かれる事になった「NARUTO」新世代編「BORUTO」。
他の新連載と同じ様に二回目という事でセンターカラーの扱いになった様ですけど、有名作品の続編という事を考えればゼロスタートの他の新連載とは根本的に違います。
編集部としてもある程度の成功は最初から計算出来ているはずですし、同時に絶対に失敗出来ないというプレッシャーもあると思います。
そんな状況を考えると池本先生もかなり大変だとは思いますが、何とか期待通りの結果を出して欲しいところです。

さて、カワキという男と崩壊した火影岩で対峙していたボルト。
その少年時代、ボルトは父・ナルトが火影の仕事に追われて相手にされない事が我慢ならなかった様子。
修業しなくても影分身も出来ると、中忍試験の話が出ても気が乗らないボルト。
妹の誕生日を影分身で済ませようとした父に激怒する中、家を訪れたサスケに弟子入りを志願するボルトだったのだが…!?
bo螺旋丸2

突然弟子入りを志願して来たボルトに子供の頃のナルトの姿を重ねたサスケ。
そんなサスケが要求したのはまさかの螺旋丸だった。
出来なければ弟子はないと言われ、慌ててマスターしに出かけたボルト。
そんな姿にナルトが昔の自分とは違うと言っていたのを思い出したサスケだが、この時点ではボルトにナルトと同じものを感じていたはずです。

父・ナルトに対抗できる力を持つサスケに全てを託そうと行動に出たボルト。
かつてのサスケの事などロクに知らないボルトですけど、過去に何があったのか知っていたら積極的に行動出来たのかは気になるところです。

続きを読む

忍の伝説は新たな世代へ!「BORUTO」月イチで連載開始!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
boタイトル1

週刊少年ジャンプ23号より以前からニュースになっていた「NARUTO」の続編「BORUTO」の連載がスタートしました。
新たな時代を描くのは池本幹雄先生との事で、これまで描いて来た岸本先生は監修という立場になる様です。
NARUTOの続編ともなるとジャンプとしては絶対に失敗は出来ない訳ですけど、そんな大役を任せられる事になった池本先生は何と長年NARUTOを支えてきたスーパーアシだったんだとか。
個人的な実績が無いのは少々気がかりではありますけど、実力は折り紙つきの様ですし、誰かにNARUTOの続編を描かせるのならこの人しかいないという事だったのかも知れません。
また、月イチ連載というのは連載の経験が足りない作者に配慮したんじゃないかと勝手に思う訳ですけど、もし順調に続く事になれば週刊連載に変更になる可能性ももしかするとあるんじゃないかと予想しているところです。

そんなNARUTOの続編「BORUTO」ですが、結局のところ岸本先生はあまり関わって来ないのでしょうか?
脚本として小太刀右京の名が出ている事も気になるのですが、あるいは2人には自由にやらせるつもりなのかな?
NARUTOといえば細かい設定や伏線があった訳ですけど、そういった部分が「BORUTO」にも引き継がれてくるのかは気になるところ。
連載が続けば今やっているNARUTOのアニメの後に続くのはまず間違いないでしょうし、そういう意味でもどれだけ続くのかは気になるところです。

ジャンプではあまり例が無い月イチ連載でスタートする事になった「BORUTO」。
月イチといえば「レベルE」ぐらいしかぱっと思いつきませんけど、他に何かあったかな?
そんな連載第一回はセンターカラー59ページとの事。
月イチならこのペースが毎回続くのか、それとも他の週刊連載と同様にページ数を落として来るのかはコミックスのリリースペースにも関わってくるので少々気になります。

そんな気になるポイントだらけの「BORUTO」ですが、今までと同様に第一話をレビューしたいと思います。

続きを読む

「NARUTO外伝 満ちた月が照らす道」~主役はミツキ!週刊少年ジャンプに特別読切が登場!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル1週刊少年ジャンプ21・22合併号に岸本斉史先生による新作読切「NARUTO外伝 満ちた月が照らす道」が掲載されました。
これは連載が完結し、「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」以来約10ヶ月ぶりの新作「NARUTO」になります。
前回は劇場版「BORUTO」の公開に合わせてのシリーズだった訳ですが、今回はその劇場版のブルーレイ&DVDがリリースされる関係での新作といったところでしょうか?
7月6日にリリースされるという事で、こちらも楽しみなところです。

その劇場版での主役はもちろんナルトの息子・うずまきボルトだった訳ですが、それに合わせて描かれたシリーズの主役は同じ木ノ葉丸班のうちはサラダでした。
今回はもう一人の仲間ミツキが主役という事で、これで木ノ葉丸班のメンバーは一通り紹介される事になります。
そしていよいよ次回からの月イチ連載「BORUTO」へ…との事だと思いますけど、今回の作品を読むとまだまだ岸本先生には「NARUTO」を描いて欲しい気がしてしまいますね。
池本先生による「BORUTO」がどんな出来になるのかは分かりませんが、それが本誌に掲載される事で岸本先生はお役御免になる感じがしてなりません。
「遊戯王」の様に何処までも続いていける状況を集英社は狙っているのかも知れませんが、状況に関わらず岸本先生にはこうやってたまには新作を発表してもらいたいものです。

そんな「NARUTO外伝 満ちた月が照らす道」ですが、今回の話は「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」よりも以前の話でした。
センターカラー47Pとなっており、ジャンプでの期待の高さが伺えます。
n大丈夫2

大蛇丸のアジトで目を覚ましたミツキ。
何があったのかずっと寝ていたらしいミツキだが、そんな彼に大蛇丸は親切に接する事に。
その大蛇丸が席を外し、自分が一体誰なのか分からなくなっている事に気が付いたミツキ。
側に居た水月によると大蛇丸とのツーマンセルの極秘任務に失敗し、その大蛇丸が負傷したミツキを抱えてアジトに連れて来たらしい。

そう説明した水月からいきなり攻撃され、反射的に反撃に出たミツキ。
大蛇丸の様に腕を蛇の様に動かし水月を拘束したミツキだが、結局全てが予定されたものだったのか?
「いいね」
ミツキの動きの良さを確認し、軽い笑みを浮かべた水月。
その瞬間、状況を理解して攻撃を止めたミツキですが、まともに判断が出来なければ行くところまでいった可能性もあったのかも知れません。

「体が覚えてるみたいだね 自分が忍者だってこと」
とっさに自分の腕にクナイを刺して攻撃を止めたものの、その腕の傷も水月の水でガードされていた様子。
その水月によればミツキはある男に捕まり、街で記憶を消されたのだという。
「ごめんごめん…ちょっと確かめたくなってね」
「忍の才能まで消えてたら…大蛇丸様ががっかりすると思ってさ…」

何か裏を感じさせる水月ですけど、大蛇丸が復活した時に一番嫌がっていた水月が大蛇丸のために率先して動いてる感じに見えるのはちょっと面白いですね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~お前がいるからだ…サラダ!確かめ合う絆!そして劇場版「BORUTO」へ…!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nお前がいるから1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第10回・最終回です。

敵アジトで一人シンたちと対峙する事になってしまったサクラ。
その危機を救ったサスケだったが、2人の様子にサラダは夫婦の絆を確認する。
一方、ダメージを負い逃げようとしたシンだったが子供たちの反乱にあってしまう。
子供のシンたちが暴れ出す中、母を助けようと鉄拳を放ったサラダだったのだが…!?

その一撃で大勢のシンたちを吹き飛ばしたサラダ。
そんな中、一人のシンがナルトに向かって行ったのだが、その刃を受け止められ同時にその恐ろしさを実感する事になったらしい。
体が震えだすシンの一人。
あるいはナルトを通して九喇嘛の姿が見えたのか?
実力差を実感したのか、結局全員戦闘不能状態になってしまったらしい。

そんなシンたちの処遇を木ノ葉で支援している子供たちの施設の園長に相談すると言うナルト。
写輪眼を持つ者たちだけに心配するサスケだが、ナルトはそこならちゃんとしつけをしてもらえると感じている様子。
一方、サラダが無事で喜ぶサクラだが、サラダは正真正銘自分の子なのだという。
「うん…分かってる…もういいの…」
「ちゃんと想いがあって…気持ちがつながってるのが一番だから…」

ナルトに教えられた事もあって全てを受け入れるサラダですけど、ナルトも神妙な顔をしてますし、サクラの言っている事をそのまま信用している訳ではない様に見えます。
母・サクラが夫と気持ちがつながっていると言っていた事を思い出し、父・サスケの気持ちを問うサラダ。
つながっていると答える父に何故言い切れるのか問うサラダだったのだが…。
「お前がいるからだ…サラダ」
何と、自分の存在こそが2人の絆だった!?
思わず涙ぐむサラダですが、それこそ一番求めていた言葉だったのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~ママは私が守る!捨てられたオリジナルと迸る想い!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nそれだけ1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第9回です。

香燐の机にあったへその緒と自分の遺伝子が一致した事に衝撃を受けたサラダ。
絶望するサラダだったが、ナルトはそんな彼女に何が大切な事なのかを伝授する。
母との絆を思い出し、助けたいという思いから涙をうかべたサラダ。
そんな2人と合流し、須佐能乎で敵のアジトに向かう事にしたサスケだったのだが…!?

敵アジトで一人シンたちと対峙するサクラ。
一人で大勢に囲まれたサクラですけど、そんな状況であっても冷静なのはやはりこの程度の危機は何度も乗り越えてきたという自信の表れなのか?
一方、そんなサクラ救出に向かう事になったナルトたちだが、結局大蛇丸や水月たちはついて来なかった様子。
須佐能乎でシンのアジトを目指すサスケですが、結局彼らのアジトは時空間の何処かという訳ではなかったらしい。

父・サスケがサクラを信頼している様子を目にしてますます分からなくなるサラダ。
写真の女の事を考えては表情を暗くするサラダですけど、そんなサラダの肩をトンと叩くナルトがまた何ともいいですね。
まるで何を考えているのか全て分かっているかの様なナルトですが、本当に頼りになるリーダーになった感じがします。
そんなナルトが自分に言った事を心に刻むサラダ。
『今はただママを助けたい』
『それだけなんだから!』

完全に迷いは消えたらしいサラダですが、同時に七代目との信頼関係はより強固になった気がします。

シンとサクラが闘っている現場に到着したナルトたち。
腕にクナイが刺さったまま闘うサクラだが、やはり写輪眼をいくつも持つ相手だけに苦戦を強いられていたのか?
そんなサクラをアッサリ回収し、シンを須佐能乎の手で握りつぶしたサスケ。
彼女から抜いたクナイをわざわざ天照で焼いたのはシンの瞳術で操られるのを阻止する為でしょうか?

互いに気遣うサスケとサクラを見てフト笑みを見せたサラダ。
「あーもう!なんであたしのパパじゃなくて サラダのパパなのじゃ!!」

何やらうらやましがるチョウチョウですが、彼女からも頼りがいがある様に見えたのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~それが本物だ!サラダの想いと動き出す輪廻眼!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nそれさえあれば1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第8回です。

謎の敵・うちはシンを追い詰めるもサクラを連れ去られてしまった七代目火影・ナルトとサスケ。
アジトで大蛇丸と再会したナルトたちはそんな彼が大蛇丸の元・実験体であり、イタチに陶酔していただけでうちは一族の者ではない事を聞かされる。
そこでは遺伝子の研究が行われており、水月に自分と香燐の遺伝子を調べてもらう事にしたサラダ。
何と、両者の遺伝子が一致してしまい、衝撃を受けるサラダだったのだが…!?

怒りと悲しみから再び写輪眼が発現したサラダ。
その事に自身でも気がつくサラダだが、写輪眼になったら似ているといったナルトの言葉は今では怒りでしかない様子。
火影は里の全ての人が家族みたいなものだと言われてもただの方便だと突っぱねるサラダ。
「アナタは…私と家族じゃない」
引きとめようとするナルトを振り払い、一人で何処かに行こうとするサラダ。
そんなサラダの腕をつかんで離さないナルトだが、人と人とのつながりとは何なのかを知っているナルトがそんな彼女を黙って行かせるはずがありません。

「…お前にとっちゃパパやママとの繋がりは その程度のもんなのか?」
「繋がりってのは時間や血だけじゃねーだろ?それより強えーもんがある!」
「想い それさえありゃあいい」

自分にそれがあるのか確かめる様に言うナルト。
上に立つ者として立派なところを見せるナルトですけど、経験から来る言葉だけに重いですね。
今の若い世代はナルトの実力など知らないハズですが、こういった姿を見せられるなら指導者として信頼される人物にはなれるでしょうね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~サラダの母親は誰?大蛇丸との再会と突きつけられた現実!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第7回です。
今週はセンターカラーで登場しました。

どの程度やるのかと思っていた「NARUTO外伝」も気がつくと7回目になってしまいました。
短期集中連載といえば他誌などでも3~5回程度が通例ですけど、結局コミックス一冊分程度が予定されているのでしょうか?
そのパターンだと近年は鳥山明「ジャコ」のケースがありますけど、それにしても短期連載を銘打った作品が連載途中でカラーをもらえるというのはかなり異例な気がします。
タイミング的に今回の連載は劇場版「BORUTO」の宣伝的な意味もあると思いますが、だとしたら映画の新作が作られる事にでもなればまた外伝連載が再開される事にもなるのかも知れません。

さて、謎の敵・うちはシンと激突した七代目火影・ナルトとサスケ。
写輪眼の能力に翻弄される2人だったが、娘と夫の危機にサクラが現れ、敵を一撃で仕留めてしまう。
そんな状況にサクラ諸共時空間忍術で退却したシンたち。
敵のアジトに連れて行かれ、自分の子供から臓器を取るシンに困惑するサクラだったのだが…!?

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~激突・うちはVS.うちは!家族を救う剛拳と盾にされる者!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n串刺し1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第6回です。

父サスケと再会を果たすも敵と間違えられてしまったサラダ。
娘だと理解してもらったものの、何も語らない父にサラダは失望する。
そんな中、再び現れた敵と交戦状態に陥ってしまったナルトたち。
その一方、娘を心配するサクラは急ぎ塔に向かうのだが…!?

写輪眼をいくつも持つ謎の敵に向かって行ったサスケ。
背後にサラダがいるのを確認してクナイを弾くサスケだが、そこに隙が生まれたのか刀を素手で捕まれる事に。
それに連動してサスケに襲い掛かったシン。
髪の下に隠れていた輪廻眼を使ってかわしたサスケですが、相手は輪廻眼の事までは知らなかったのかな?

サスケの火遁・豪火球の術に対し、瞳術でシンをぶつける事で身を守ったフードの男。
「うちはシン」だと名乗ったフードだが、だとすると親子揃って同じ名前だったのか?
そんな相手を捕らえて本当の事をしゃべらせようと考えていたサスケ。
だが、そのサスケの刀がナルトの体を貫いてしまった!??

一度つかまれた際にマーキングされていたらしく、完全に不意をつかれてしまったナルト。
瞳力で武器を操る事が出来るそうですけど、緊張の続く戦時中だったらこんなマヌケな事にはならなかった気もしますね(笑)。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~お前には関係のない事だ!脅威の暗示と写輪眼の激突!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nサラダ1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第5回です。

サラダとチョウチョウの危機にUターンして駆けつけた七代目火影のナルト。
その圧倒的な力の差に撤退する少年だったが、ナルトはそんな彼が報告のあった忍であると確信する。
ナルトから父の事を聞かされ、ライバルだったという話に笑みがこぼれたサラダ。
一人先行し父との再会を果たすも敵と間違えられてしまったサラダだったのだが…!?

自分を襲ってきた少年の仲間だと思い、サラダを追い詰めようとしたサスケ。
そのサラダが「パパ」と口にした事でサラダだと気付いたサスケですけど、久々に会ってこれでは印象は最悪です。
あまりにもバツが悪いと思ったのか、口数が少なくなるサスケ。
「なぜ子供達を連れて来た!?」
遅れて入って来たナルトに説明を求めるサスケですけど、勝手について来たのはナルトにもどうしようもない気がします。

どうしても聞きたい事があるため七代目を追って来たと説明するサラダ。
「私のママって…本当のママなの?」
「…何があった?」

ストレートに両親の謎に切り込むサラダに対し、そんな事を聞く娘に何かあったと考えるサスケですけど、何やら随分と温度差を感じさせます。
何故ママと一緒に居てあげないのか?
写真に映っている女は何なのか?

ずっと抱えていた疑問を父・サスケにぶつけるサラダ。
「お前には関係のない事だ」
そんな娘にいかにもな言葉をかけるサスケですけど、表情は不思議と優しく、あるいはいずれ娘にもちゃんと伝わると感じているのでしょうか?

その一方で、父の態度に余計に傷つく事になったサラダですけど、さすがにかつてのサスケの様におかしくなってしまうとまでは行かないかな?
子供の頃のサスケとは違って彼女には仲間がいますし、七代目ナルトや母サクラもフォローしてくれるはずです。
かつてのサスケの様に謎の敵が彼女を闇の世界に誘って来る可能性もありますけど、余程の事が無い限り第二のサスケにはならない気がしますね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~サラダのパパってどんな人?七代目の思い出と思いがけない再会!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n万華鏡1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第4回です。

サスケから情報を受け、合流する為に動き出した七代目火影のナルト。
弁当を届けに来たものの渡す事が出来なかったボルトはサラダとチョウチョウに依頼する。
その弁当を届ける途中、謎の少年・うちはシンに襲われたサラダたち。
そんな2人の危機にUターンして駆けつけて来たナルトだったのだが…!?

報告にあった写輪眼の少年から2人を助けたナルト。
そのまま拘束するつもりだったナルトだったのだが…何と、万華鏡写輪眼まで発現させて来た!?
巨大な手裏剣をバラバラにし、クナイの群れと変えてナルトたちを襲わせたシン。
『ナルト…久しぶりに暴れるのか?』
「ほんの軽くな!」

チャクラの手で全て受け取り、さらにシンを捕まえようとするナルトですけど、九喇嘛の言い方からすると火影になってから初めての本格戦闘になる可能性もありそうな気がします。

「いったん退くぞシン こいつはお前だけでは相手にできん」
小さい十尾を通して指示をもらうシン。
何と、オビトの神威の様な術で消えてしまった!?
まさかの時空間忍術ですけど、その眼もシンと同一模様であり、何やらただの写輪眼ではない気がします。
現状では何ともいえませんが、これから合流する事になると思われる大蛇丸なら何か知っているのでしょうか?

「もしかして七代目があちしの本当のパパ?」
急にカッコよく見えたのか、とんでもない事を言い出すチョウチョウ。
人の話なんて聞く気があるのかどうかも分からないチョウチョウですけど、彼女は深刻になりがちなムードを和らげさせる役割なのかな?(笑)。
「お前は何も心配する事はねェ…オレが守ってやるし解決してやるからよ!」
襲われた事に不安になるサラダの頭に手をやって安心させるナルト。
ナルトの笑みに顔が赤くなるサラダですけど、自分の事をちゃんと見てくれる七代目がそのまま彼女の初恋の人になってしまいそうな気もしますね(笑)。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~食べてもらわなきゃ意味ない!襲われた二人と降臨する里の守護者!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nつれて来い1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第3回です。

卒業試験を間近に控えた新世代の忍候補たち。
サスケの昔の写真を瓦礫から見つけたサラダだったが、そこに香燐の姿を見つけ、自分の本当の親が誰なのか分からなくなってしまう。
同じ様に自分は両親の子ではないとチョウチョウの悩みを聞かされ、呆れ返ってしまったサラダ。
その一方、写輪眼を持つ謎の少年にサスケが襲われ、その情報に自ら動き出す事にした七代目火影・ナルトだったのだが…!?

「ボルトに謝っといてくれ…」
謎の言葉を残し、里を後にしたナルト。
少し遅れて姿を見せたボルトとミツキだが、実は弁当を持ってきたらしい。
シカマルの話から父・ナルトが分かっていて行ってしまったと理解し、そのまま戻ろうとしたボルト。
「持って帰って母ちゃんに思い知らせてやる!」
「母ちゃんが作って持たせるの知ってて…これだからよ…」

自分が持っていくと言い出したサラダの好意を断るボルトですけど、里に残した(ハズの)影分身が食べたんじゃダメなのかな?(笑)

一つの弁当を巡って対立するボルトとサラダ。
「届ける人がハッキリと分かってるなら迷う事もないじゃん…それなら…私にだって届けられる!」

意味ありげなセリフを吐くサラダに対し、シカマルは何かを感じた様子。
頭のいいシカマルだけに色々察したんじゃないかと思いますけど、それで何も言わないのは子供の頃のナルトと同じ様にサラダには何も伝えない様にかん口令が敷かれているからなのかな?
作ってくれた人が特別だとちゃんと分かっているお弁当はただ食べるだけではないと言うサラダ。
そんなサラダの話に母ヒナタを思い浮かべるボルトですが、やはり息子として母を悲しませる事はしたくはなかったのかも知れません。

結局、サラダに母の作った弁当を託したボルト。
だが、そんな様子を謎の生物が監視していた!?
まるで十尾の子供みたいな生物ですけど、何か関係あるのかな?
視界を共有し、その情報で写輪眼の少年・シンにサラダ捕獲を指示するフードの人物。
どうやら眼を移植した様ですけど、あるいはカカシが言っていた様に大蛇丸が関わっている可能性があるのか?
そんな彼らがサラダを狙うのはサスケの娘だからだと思いますけど、もしかすると彼らが追い詰める事でサラダの写輪眼が開眼する事にでもなるのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~本当の親は誰?少女の悩みと写輪眼の謎!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n本当の子1

週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第2回です。

卒業試験を間近に控えた新世代の忍候補たち。
その一人、サスケとサクラの娘・サラダは忍になる事よりも父親の事で悩んでいた。
そんな娘に夫婦の事を聞かれ、思わず家を破壊してしまったサクラ。
その瓦礫の中から、サスケが香燐と写っている写真を見つけたサラダだったのだが…!?

何者かの気配を感じてため息をつくサスケ。
その襲撃を難なくかわして見せるサスケですけど、里同士の争いが無くなった(と思われる)時代であっても任務中に襲われる事は多いのかな?
襲ってきた少年の装束にうちはの家紋がある事が気がついたサスケ。
「お前は…誰だ?」
写輪眼まで備えており、これにはさすがに驚いた様子。

そんなサスケの娘サラダは例によって父親の事で悩んでいたらしい。
シズネに父親の事を聞くサラダだが、実は木ノ葉のどこの病院にも自分の出生記録がないのだという。
そんなサラダに対し、何も答える事が出来ないらしいシズネ。
もしかすると上からかん口令が出ているのかも知れませんが、だとすると火影であるナルトに聞く以外に真実にはたどり着けないのかも知れません。

サスケが香燐たちと一緒に写っている写真がキッカケで気になり出した事をシズネに教えたサラダ。
何も変わらなかったところを見ると香燐という名前すら出さなかった様ですけど、結局サラダの母親は香燐であって、彼女に何かがあってサクラが育てていたという事なのかな?
まあ、それだと見たまんまなオチなので違う気はしますけど、何の関係も無いという事もない気がします。
思えば香燐は噛ませる事で治癒させる能力があって自分は「サスケ専用」だとまで言ってましたし、もしかすると何度もサスケに噛ませる一方で自分のDNAも送り込んでいて、そのせいで生まれた子供に多少彼女の影響が出たという事もあるのかも知れません。

朝食の席でチョウチョウ一家と出くわしたサラダ。
いきなりチョウチョウの悩みを聞かされたサラダだったのだが、何と自分は両親の本当の子ではないのだという。
「だってあちしィ…両親と全然似てないと思うの…」
まさかの告白に目が泳ぐサラダ。
それを悲劇のヒロイン症候群だと説明するミツキですけど、結局それはサラダも同じだったという事なのか?

少し前に他里から来たという、何かただならぬものを感じさせるミツキ。
偶然でないとしたらサラダが目当てで近づいて来たのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」~ジャンプに「NARUTO」が帰還!アカデミー卒業試験とサラダの悩み!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル2

n表紙1週刊少年ジャンプ「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」第1回です。
復活の今週号は表紙&センターオールカラーで登場しました。

全700話をもって昨年連載が完結した「NARUTO」が予告通り短期集中連載として帰って来ました。
そのタイトルは「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」との事で、表紙にもありますけど最終回以降の物語となる様です。
すでに息子のボルトを中心とした劇場版が8/7に公開される事が決まってますけど、このタイミングでの短期連載というのはちょっと気になりますね。
映画の特典にコミックスを付けるケースも珍しくないですし、何だかこの連載が終わったら普通に劇場特典にされてしまう様な気もします(笑)。

一方で、TVアニメの方もクライマックスに向かっている訳ですけど、「BORUTO」を8月公開としたのはその頃にTVシリーズが完結する予定になっているからなのでしょうか?
オリジナル展開が長くて終わりが見えそうで見えないのですが、こうやっていくらでも話が作れるところを見ますと、普通にボルト主人公の新番組をスタートさせてもやっていけそうな気がします。

そんな「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」ですけど、結局作者としても新連載につなげる事を考えているのかな?
激しい戦争を経験し、新たな時代に突入したナルトたち。
果たして、そんな彼らの次の世代にもマダラ級の脅威が訪れる可能性があるのでしょうか…?

続きを読む

「NARUTO 秘伝・列の書」もらって来ました

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nパンフ1

この前の日曜日、話題の劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』を観て来ました。
実はこれまで「NARUTO」の映画はDVDは買っても劇場で観た事はなかったんですよね。
夏は仕事が終わるのが遅いですし、そもそも休みを取れないので映画を観る事自体かなり厳しい状況でした。
それが今回に限って冬公開になってくれたおかげで少し無理すれば何とか行ける事になった訳です。

それでも休みは取れないので、早めに仕事が終わる日曜の夜に出かけたのですが、夜7:30に出かけて車で飛ばし、最終が上映される8:25の10分前に滑り込むという強行軍でした。
つくばのシネプレックスはハンターハンターの映画(パート1)を観て以来だったので道を忘れていないか心配だったんですけど、不思議と憶えていましたね。
もし忘れて道を一本間違えていたら間に合わないで呆然となって帰って来るところでした(笑)。

公開から二度目の日曜だった訳ですけど、さすがに人が少なかったですね。
全席指定なのに「どの席でも大丈夫です」と言われて、「ええ?いいの?」と思わず聞き返してしまいましたよ(笑)。
見たところ入場者は20人弱といった感じで、「ほんとにヒットしてるのかコレ?」って思いましたけど、考えてみれば日曜の夜に観に来る人なんてそもそも少ないのかも知れません。

そんな「NARUTO」最終章とはどんな映画だったのか?
という事で、少しネタバレを交えて簡単な感想を書こうと思いますので、まだ観ていない、もしくはこれから観る予定の方はどうかご遠慮下さい。

続きを読む

「NARUTO」~15年の長期連載に幕!新たなる時代と火影になった男!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n兄妹2-1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第700回・最終回です。
2話同時掲載の後半はセンターオールカラーで登場しました。
前半である第699話のレビューはこちらをチェックして下さい。

果たして戦争終結から何年が経過したのか?
忍者アカデミーで若い世代を指導する油女シノ。
その生徒達の中で人一倍目立つボルトだが、何とこの少年こそがナルトの息子だった!?
まさかの息子登場ですけど、恋愛的なシーンゼロでいきなり子供登場というのはドラゴンボールを思い出させます。
最初「え?ラーメンの具材系の名前じゃないの?」と思いましたけど、「ミナト」「ナルト」「ボルト」で、常に父から2文字もらっているんですね。

父親の血がそうさせるのか、イタズラに燃えるボルト。
そんなボルトには妹・ヒマワリがいる様なのだが…。
何と、母親はヒナタだったのだ!!

という事で、サクラかヒナタなのかとファンの間でも議論があったナルトの相手はヒナタで決着する事に。
このあたりもドラゴンボールのブルマとくっつかなかった孫悟空を思わせます。
そんな2人には白眼が受け継がれてない様に見えますけど、日向一族以外の血が入ると発現は不可能になるのかな?
ネジの墓にひまわりを生けるヒマワリ。
思えばヒナタの兄の名はネジですし、ボルトという名前は必然だったのかも知れません。

子供の頃のナルトを思わせるボルト。
そんなボルトは忍としてやはり落ちこぼれなのか?
ナルトと違って両親共に健在の中で育ったボルトがどんな忍に成長するのかは気になるところです。

続きを読む

「NARUTO」~交わされた和解の印と六代目の誕生!愛と憎しみの果てに…!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル1-1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第699回です。
今週は最終回と合わせて2話同時掲載となりましたが、ここではまず第699話をレビューします。
第700話・最終回についてはこちらをチェックして下さい。

今週は最後という事で巻頭から色々な情報が掲載されています。
12月6日の劇場版公開や来年のNARUTO展などが紹介されていましたけど、やはり一番気になったのは来年岸本先生が「NARUTO」新編を本誌で描くという事でしょうか?
今回の最終回のその後を描くのか、誰か特定のキャラにスポットを当てたものを描くのかは分かりませんが、出来ればグルグルの件の様に本編で謎として残っている部分をスッキリさせて欲しい気がします。
また、ジャンプフェスタ2015で衝撃的な重大発表があるんだとか。
重大発表と言うからには映像関係しかないと思いますけど、可能性としては実写化か新TVシリーズでしょうか?
「新時代開幕プロジェクト」を名乗っている事を考えると原作が終わってそのまま終了するとは考えにくいですし、ドラゴンボールの様に新世代をメインにしたオリジナルシリーズが始まると考えた方が自然な気がします。
実際どうなるのかは分かりませんが、もしかすると来年4月あたりから「NARUTO新章」が始まるのかも知れません。

さて、終末の谷で激突するナルトとサスケ。
その激しい激突の末、2人は破壊された像と共に動けなくなってしまう。
サスケの姿を見て自分が痛くなったというナルトの言葉に衝撃を受けたサスケ。
敗北を宣言し、そっと涙を流したサスケだったのだが…!?

互いに片腕を失い、流した血が和解を暗示する様に見えた前回。
実は柱間とマダラの破壊された像の手が重なり、和解の印を結んでいる様な場所に2人で倒れていたらしい。
何とも劇的なシーンですけど、実は作者も最終的にこうなる事を考えて柱間たちの像を設定したのかな?
NARUTOを読んでいると色々な部分に伏線が張ってあっていつも驚かされます。

そんな2人のところにようやく駆けつけたサクラとカカシ。
「やっぱりここか…」

どうやらある程度予想はついていた様ですけど、それにしては来るのに随分時間がかかった気がします。
戦いが終わってすでに2日目ですし、もしすると来るまでに葛藤の様なものがあったのかも知れません。

治療するサクラに謝罪するサスケ。
「すまなかった…」
「…今までの…」

そんな素直なサスケの言葉に涙を流すサクラですが、これまでの事を考えると何とも感慨深いですね。
これまでサスケに何度も期待しては絶望させられて来ただけに、これでようやく全てが報われたと言えるのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO」~ナルトの痛みとサスケの痛み!決着、そして…!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nオレが痛い1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第698回です。

終末の谷で激突するナルトとサスケ。
最強の技「インドラの矢」を放ったサスケだったが、ナルトの螺旋手裏剣と激突し互いに術が使えないレベルまでチャクラを消耗してしまう。
そんなナルトの中でチャクラを練り続けていた九喇嘛。
だが、輪廻眼の力でサスケがそのチャクラを奪ってしまい、力尽き倒れたナルトに最後の千鳥を放って来たのだ!!

絶体絶命の事態に追い込まれてしまったナルト。
だが、サスケも写輪眼の瞳力がかなり弱っていた様子。
その隙をついてカウンターでパンチを入れたナルト。
やはり簡単に諦めるナルトではなかったらしい。

一方、サスケはナルトから奪ったチャクラを自分のものにし、一撃で決めるべく加具土命まで準備する事に。
対するナルトは九喇嘛自身の全てのチャクラをもらう事になったが、これをやると九喇嘛は寝てしまうといい、どうやらこちらも後が無いらしい。
『お前はワシらにとっても唯一だった …だからサスケだってよ…』
自分がそうであった様にナルトだったらサスケも救えると、すでに九喇嘛は確信していた?
そんな両者の激突は谷の柱間とマダラの像を完全に破壊してしまった様ですけど、何やら柱間たちもようやく「里」の呪縛から解き放たれた様な気もします。

月を見上げる様にして目を覚ましたナルトとサスケ。
「そんなになってまで…なぜオレの邪魔をしたがる?」

すでに動けなくなった2人だが、そんな状態になるまで戦ったからこそサスケとしては聞きたかった様子。
「友達だからだ」
何度も口にして来た言葉を吐くナルト。
そんなナルトにそれは一体何なのか、しつこく聞こうとしたサスケだったのだが…。
「お前のそーゆー背負ってゴチャゴチャしてるとこ見てっと…なんでか…」
「…オレが…痛てーんだ」

その言葉はサスケにとって思いもしないものだったのか?
痛くてほっとけないというナルトの言葉に表情が変わるサスケ。
何と、サスケもナルトが苦しむ姿を見て同じ様に痛みを感じていたのだ!!

他人とつながろうとするナルトを見ては自分の家族を思い出し、何故か安心していたというサスケ。
同時にそれは弱さだと感じ修行したサスケだが、ナルトと同じ班になり互いに強くなっていくのを実感したサスケはナルトとも闘いたいと思う様になったのだという。
七班に家族の影を見る様になり、ナルトの痛みが分かった事で初めて仲間だと思えたというサスケ。
ナルトがサスケみたいに強くかっこよくなりたくて後を追いかけていたと言っていたが、サスケもまたナルトに自分にはない強さを感じ、まるでかつての兄の様に自分の前を歩いていると感じていたらしい。

何やら互いに相手の事を認め、追いかけていたらしいナルトとサスケ。
紆余曲折してようやくここまで来た2人ですが、それだけにサスケのこの告白は何とも感慨深いです。

続きを読む

「NARUTO」~チャクラ無き激突と振り下ろす最後の刃!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
o最後の闘い1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第697回です。

終末の谷で激突するナルトとサスケ。
最強の影としてこの世に君臨し、一人で世界を管理しようとするサスケだが、写輪眼から始まり輪廻眼の力まで手にしたサスケには、もはや転生不死など自分が死んだ後でもどうにでもなるという。
封印した九つの尾獣からチャクラを引き出し上手く融合し、須佐能乎をその“器”にしてしまったサスケ。
一方ナルトは分身の九喇嘛3体が合体し、二種類の螺旋手裏剣を作ったのだが…!?

自分が勝ちたいのは今のサスケではないと言うナルト。
その思いを理解するサスケだが、こちらは今ここでの勝負を最後にするつもりの様子。
今自分が放てる最強の技「インドラの矢」を放ったサスケ。
『散れ…』
『散ってくれ!!!』

まるで願っているかの様なサスケですが、自分でもこれを防がれたら相当厳しくなると理解していたのかも知れません。

ボロボロになりながらも互いに耐え切ったナルトとサスケ。
サスケのインドラの矢はナルトにとっても厳しかった様だが、事前に九喇嘛が自然エネルギーを溜めていたのが功を奏した様子。
すでにチャクラが尽きかけ、天照も軽く払われてしまったサスケ。
千鳥も消えてしまい、まともに出せる技すら失ったサスケだが、対するナルトも転んで螺旋丸を消してしまい、どうやらすでに互いに戦える状態じゃないらしい。

そんな2人の戦いは究極レベルからただの殴り合いになってしまった!?
果たしてそれが一体どれくらい続いたのか、夕方になって目を覚ましたサクラ。
前日の長さを考えるとまた随分と一気に時間が経過してしまいましたけど、やはりタイマンの無観客試合では余計なイベントも起こり様がないですし、順調に時間が過ぎたって事なのかな?(笑)
カカシから2人が最後の闘いをしている聞かされたサクラ。
当初はサスケを説得しようとしたサクラですけど、果たして今からでも止めに行こうとするのか?
時間の経過を考えればすでに決着がついている可能性もある訳で、行ったら行ったで結果を見るだけになってしまう気もします。

そんな自身の願いも込められていたのか、子供の頃に和解の印を結び損ねたナルトとサスケの夢を見たらしいサクラ。
果たしてその夢の続きを最高の形で実現させる事は出来るのか?
今の頑固なサスケに和解の印に応じるという柔軟な対応は可能なのでしょうか…?

続きを読む

「NARUTO」~融合されたチャクラと思いを乗せた一撃!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nもっとも強い1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第696回です。

終末の谷で激突するナルトとサスケ。
サスケを殺したくない為、受身にならざるを得ないナルトだったが、また一人になろうしているサスケを放っておけないのだという。
激しい激突の中、精神の中で顔を合わせるナルトたち。
戦いながらも互いの心の内を理解する2人だったのだが…!?

一流の忍同士なら一度拳を交えただけで互いの心が読めるという、サスケとの会話を思い出すナルト。
それでも戦うというサスケだが、ナルトだからこそ切らねばならないのだという。
今まで五里がまとまっていたのは暁やマダラという共通の敵がいたからだと指摘するサスケ。
その共通の敵がいない今、再び各里は対立すると考えるサスケだが、その敵に自分がなるつもりらしい。

「今やっと…今までの点は線となった」
写輪眼から始まり輪廻眼の力まで手にし、もはや転生不死など自分が死んだ後でもどうにでもなるというサスケ。
「オレは今…この世で最も強い」
「そして今ここで影に足を踏み入れる第一歩としよう」

最強の影としてこの世に君臨し、一人で世界を管理しようとするサスケだったのだが…!?

互いに心を通じ合わせながらも戦う事をやめられないサスケ。
その意思は固く、ナルトを殺す事に躊躇はなさそうですけど、そんなサスケの気持ちを残り4週で変えられるのかというと何だか微妙な気もします。
あるいは、完全な決着とはならず、結局両者が里の内と外から見守る様な形に落ち着くのかな?
とはいえ、この厳しい表情を見るとドローではサスケも納得出来ないと思いますし、やはりナルトが一度徹底的に追い込み、サスケにハッキリ「負けた」と言わせないとダメなのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO」~友同士の激突と届いている想い!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル1週刊少年ジャンプ「NARUTO」第695回です。
今週は表紙&巻頭カラーで登場しました。

ついに連載完結まであと5週となった「NARUTO」。
今週は本誌でもそれが発表されましたが、15年も続いた作品だけに何とも感慨深いですね。
劇場版「THE LAST」の情報も掲載されていましたけど、結局ナルトもサスケも残っているという事は今の戦いの最後はナルトの完勝で、2人で無限月読を解いたという事なのかな?
また、随分と間が空いてしまいましたけど、新たなキャラクターオフィシャルBOOK「秘伝 陣の書」が11月に出るんだとか。
ペイン襲撃から第四次忍界大戦終局までの情報をまとめた一冊になるそうで、あるいはキャラBOOKとしてはこれがラストになるのか?
以前発表された「限定月読」の読切作品もこれに入るそうで、全てをコンプリートしたい人にとっても必携の一冊になる様子。
最近このパターンが多い気がしますけど、ジャンプ作品でこういった特別編がいつまでもコミックスに入らない場合、ファンブックなどが計画されていると考えてもいいのかも知れません。

さて、自分の考える火影とは何なのか、イタチの生き様によってその答えを導き出したというサスケ。
イタチこそが火影だったと考えるサスケは「五里全ての闇を己の炎一つで焼きつくし、その灰を喰らって生き続ける者」こそが火影なのだという。
イタチもすでに過去であり、ここで過去の過ち・迷いを全て断ち切ると言うサスケ。
自分にとって最も親しい友であるナルトを斬り、亡き兄を弔う最後の血にするというサスケだったのだが…!?
n激突2

終末の谷で激突するナルトとサスケ。
火遁・豪火球の術で始まり、それをチャクラの手で受け止めたナルトだったが、すぐさまサスケは輪廻眼の能力で背後に回り千鳥を放つ。
完成体須佐能乎に対しては尾獣化で応戦したナルト。
その両の拳が激突し、にらみ合う両者ですが、やはりかつて同じ場所で戦ったとはいえ内容は全く違います。

拳を合わせたからなのか、互いの心の内を見る事になったらしいナルトたち。
事情は異なりながらも一人で生きるしかなかったナルトとサスケ。
そのナルトが受け身になっている事に気がつくサスケだが、やはりナルトとしてはサスケを殺したくはないらしい。
「また一人になろうとしてるお前を…」
「ほっとけねーだろ!」

一人の辛さを知っている者同士として、わざわざそうなろうとしているサスケを止めようとするナルトだったのだが…!?

何やら柱間とマダラが殺し合ったのとはかなり雰囲気が異なるナルトたちですけど、結局サスケを殺したくないと考えるのであればナルトは致命傷になる様な攻撃は無意識に避けてしまうのでしょうか?
今のサスケの実力は十分把握しているでしょうし、尾獣玉程度では倒せない事も分かっているはずです。
完成体須佐能乎の千鳥に対し、尾獣玉をぶつけたナルト。
果たして、この戦いはそんな2人のぶつかる拳が握手となる様な綺麗な決着となるのでしょうか…?

続きを読む

「NARUTO」~サスケが語る火影と友ゆえの戦い!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nその灰を1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第694回です。

今や全尾獣の人柱力であり、そんなナルトの中の尾獣チャクラの全て始末するつもりだと言うサスケ。
必然的にナルトは死ぬと言うサスケだが、仙人の言った通りならナルトの中の尾獣チャクラを使う必要はなく、捕らえた尾獣の方を利用すればいいのだという。
そんなサスケを止めようとしたサクラだったが、幻術によって倒されてしまう。
再び終末の谷で顔を合わせる事になったナルトとサスケ。
そんな中、自分の考える火影とは何なのか、語り出すサスケだったのだが…!?

イタチの生き様によってその答えを導き出したというサスケ。
里とは多くの一族と子供の殺し合いを止めるための、平和への枠組みであると答えた柱間だが、イタチは一人でその平和を支えようとしていたのだという。
犯罪者・裏切り者として全ての憎しみを一身に受けながら火の国と木ノ葉の里を守ったイタチ。
彼こそが本当の火影だったとサスケは理解したらしい。

同時にそんなイタチの失敗は自分を一人残した事で憎しみを分散させた事だというサスケ。
そんな自分には親兄弟も一族もおらず、全ての憎しみを一人だけで背負う事が出来るのだという。
「そう…オレの言う火影とは」
「五里全ての闇を己の炎一つで焼きつくし その灰を喰らって生き続ける者だ」

闇の中の憎しみは消えないと考え、その憎しみを全て自分に集中させ、全ての里を自分が管理すると言うサスケだったのだが…!?

何やら色々と歪んだ結論に至ったらしいサスケですけど、六道の力を手に入れた自分の手で恐怖政治でも行いたいのでしょうか?
聞き様によってはよくいる悪のボスキャラと大差ない様な気もします。
ナルトたちがどう思うかなど全く関係ないと言うサスケ。
制するだけの力もあると言うサスケですけど、だとしたらみんなを復活&五影抹殺の後、反対してきた者たちを例外なく処分するつもりなのでしょうか…?

続きを読む

「NARUTO」~サクラの叫びと約束された戦い!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nうざいな1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第693回です。

ナルトたちに後の事を託し、消えて行った歴代の火影たち。
六道仙人によれば、問題の無限月読の解術については、尾獣全てのチャクラを持つナルトと輪廻眼を持つサスケが互いに子の印を結ぶだけで完全に解けるのだという。
そんな中、無限月読の中の今の五影を処刑すると宣言したサスケ。
地爆天星で全尾獣を封じ込め、ナルトと対峙するサスケだったのだが…!?

今や全尾獣の人柱力であり、そんなナルトの中の尾獣チャクラの全て始末するつもりだと言うサスケ。
必然的にナルトは死ぬと言うサスケだが、仙人の言った通りならナルトの中の尾獣チャクラを使う必要はなく、捕らえた尾獣の方を利用すればいいのだという。
完全に敵対する意思を示すサスケ。
だが、そんなサスケにサクラが涙の訴えを!?
「私は…私にはどうする事もできないって本当は分かってる」
「大好きなのに…!!サスケくんをこんなに想ってるのに…!!」

再び離れて行こうとするサスケを必死に止めようとするサクラ。
少しでも自分の事が心の隅っこにあるならもう遠くに行かないで欲しいと、泣きながら熱い思いをぶちまけるサクラだったのだが…。
「お前は 本当にうざいな」
何と、そんなサクラをサスケが貫いてしまった!??

実は幻術であり、サスケとしてはもう追って来られない様にしたかった様子。
自分には好く理由も好かれる理由もないと言うサスケ。
だが、サクラただサスケを助けたいだけであり、殺されかけた事もあるのに今でもサスケの事を想い涙を流すのにサスケを愛して苦しんでいるかららしい。
「…それが…失敗した過去の…縛りなのかもな…」
死んだ家族の事を思い出し、その場を後にしたサスケ。
そんなサスケを絶対に連れて帰るとサクラと約束した事をカカシに告げ、約束の地に向かうナルトだったのだが…!?

結局、サスケを止める事が出来なかったサクラ。
子供の頃から何も変わっていない様にも見える2人の関係ですけど、これで本当にサスケを連れ戻したら2人の関係は変わるのでしょうか?
今までが今までだけに簡単ではないと思いますし、むしろサスケがサクラの愛を受け入れたら違和感さえ感じる気がします。
今のサスケを形作ったのは過去の愛情の喪失からくるものであり、マダラも同じだったという六道仙人。
自分なりに未来はよいものにしたいと考えナルトとサスケの2人に力を渡した仙人ですけど、その両者が激突する事は事前に分かっていた様ですし、それを考えると最初からナルトが何とかしてくれる事を前提にして2人に力を託したのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO」~明かされたサスケの真意と封じられた尾獣!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n処刑する1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第692回です。

六道仙人が呼び寄せた歴代の五影の協力もあって、ようやく元の世界に戻って来たナルトたち。
それと同時にカカシの中にいたオビトは、待たせているリンのところへと帰還する。
尾獣が抜けた事で死ぬ事になったマダラを友として見送った柱間。
そんな穢土転生された者たちの解放が始まり、消えていく父・ミナトにその熱い思いをぶつけるナルトだったのだが…!?

ナルトたちに後の事を託し、消えていく歴代の火影たち。
笑顔で消えていく一同だが、ナルトとサスケであれば自分達とは違った決着をつけられると感じていた様子。
そんな彼らが抜けた白ゼツはそのまま木になる事に。
一方、解放された尾獣たちは故郷に帰るつもりらしく、長く人に振り回された彼らにも帰るべき場所というのがあったらしい。

そんな彼らの中にあって、ビーのところに戻るという八尾・牛鬼。
一方で、すでに全尾獣のチャクラを少しずつ持っているというナルトだが、尾獣たちの寄り合い所として何か相談事があればナルトの中の己のチャクラを通して各々話し合えるのだという。
その管理役としてナルトの中に居てやる様に六道仙人に指示される九喇嘛。
「もう…苦ではなかろう?」
以前は苦しんでいた事を理解する六道仙人ですが、今の九喇嘛とナルトの関係が良好である事もよく理解している様です。

一方、無限月読の解術だが、尾獣全てのチャクラを持つナルトと輪廻眼を持つサスケが互いに子の印を結ぶだけで完全に解けるのだという。
かつて母がやった無限月読を解術するために調べつくしたという六道仙人ですけど、それって実際には試した事が無いという事なのかな?
現実に無限月読の産物として白ゼツがいる訳ですし、あるいは当時は判明したものの時すでに遅しだったのでしょうか?

カグヤには心が無い様であり、自分の母がクシナで心底よかったと言うナルト。
その母カグヤの変貌についてはっきりとした理由が分からないらしい六道仙人ですけど、このあたりは何とか明確にして欲しいところ。
残されたナルトやサスケでは真実に届かない気がしますし、可能性としてはカグヤの真実を知る新キャラの登場かな?
でなければ無限月読から復帰した者たちが何か情報を持ち帰るケースでしょうか…?

サスケにこれからどうするのか問う六道仙人。
「そうだな…だがまずは…」
「この無限月読の中今の五影共を処刑する」

だが何と、そのサスケの口から衝撃のセリフが!??

サスケがそう言うのをすでに分かっていたのか冷静な表情のナルトと六道仙人。
尾獣も全て自分の管理下に置き、いずれ処理すると言い、一瞥で全尾獣を幻術にかけるサスケだったのだが…!?

何やらこうなる事を分かった上でサスケに力を託したらしい六道仙人。
ならば、カグヤを封印しただけでは終わらない事もナルトは最初から理解していたのか?
すでにこの世に留まる限界であり、じきに消えるという六道仙人。
ナルトに全てを託すつもりらしい六道仙人ですが、だとすると両者の戦いには一切手を出さず、消えるまでただカカシたちと一緒に見守る事になるのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO」~友との別れと戦友との別れと17歳の別れ!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nありがとう1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第691回です。

ついにカグヤを追いつめ、「六道 地爆天星」を仕掛けたナルトたち。
逃げようとした黒ゼツ共々、ついにナルトたちはカグヤを封印する。
一方、カグヤの空間から出られなくなった一同だったが、六道仙人が歴代の五影を呼び出し、そんなナルトたちを口寄せで救出。
世界は救われ、功労者のナルトたちを労う六道仙人だったのだが…!?

ようやく元の世界に戻って来たナルトたち。
六道仙人と初めて出会ったサクラとカカシだが、「おとぎ話」なんて言葉が出てくるところを見ると今回呼び出された歴代の五影であってもその存在を信じてはいなかったのかな?
そんな六道仙人からお褒めの言葉をもらうカカシ。
迷いながらもナルト達の師でオビトの友であり続けたカカシが皆を導かなければカグヤを止める事は出来なかったと感じたらしい。

その一方で、九喇嘛がナルト相手に慌てている様子に笑みを浮かべる六道仙人だが、それこそが思い描いたものなのだという。
「尾獣達でさえ己から協力したくなる…そういう忍が現れたのだからな」

何やらナルトを高く評価する六道仙人。
その一方で、表情が読めないサスケですけど、かつては尾獣を全て始末しようとしていただけに今の状況をどう感じているのかは気になりますね。

また、終盤でその力を発揮したオビトの写輪眼だが、どうやらカカシが使えたのは今回だけだった様子。
今の今までカカシの中に存在し、そのせいで神威を使う事も出来たらしい。
最後は友として別れる事が出来た事を喜ぶカカシ。
「ありがとな…カカシ」
そんなカカシの反応は忍の世界をメチャクチャにしてしまった者としては一番の慰めになったか?
対するカカシもオビトにかなり助けられており、こちらも礼を言う事に。
「写輪眼のカカシも今日で終わりだ」
六道の力を得た眼を急に失ったからなのか、サクラに体を支えられるカカシだったのだが…!?

何やら今後はもう大きな事は期待出来そうもないカカシですけど、こうなってくると六代目火影という訳にもいかないんじゃないのかな?
まあ、これから世が平和になれば、特に強い者でなくても指導者として優秀なら問題ないという考え方はあるかも知れませんがね。
その一方で、一度は火影宣言をしたサスケが今はどう思っているのかは気になるところ。
サスケとナルトに前任者であるマダラの最後を見る様に言う六道仙人。
もしかすると六道仙人はマダラの死を通してサスケに何かを伝えたかったのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO」~合わさる2つの力と帰って来た世界の救世主!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n地爆天星1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第690回です。

六道の力を得た写輪眼によって、完成体・須佐能乎、さらには神威手裏剣を放って来たカカシ。
そんな相手に対し、カグヤは全ての性質を合わせた血継網羅の膨張求道玉を作り出してしまう。
絶体絶命の危機に旧第七班としての最後の作戦を指示したカカシ。
その作戦が成功し、ついにカグヤを追い詰めたナルトたちだったのだが…!?

ついにカグヤを追い詰めたナルトたち。
そんな2人が使ったのは「六道 地爆天星」だった。
陰と陽の2つの力が合わさり、封印されていくカグヤ。
額の輪廻眼がフスマを閉める様に閉じて行くカグヤですが、どうやら本当にこれで最後らしい。

その瞬間、手に付いていたマークが消滅したナルトたち。
そのまま六道仙人に戻った様ですけど、結局封印するまでの期間限定の力だったのかな?
一方、カグヤが封じられた事で十尾も崩壊し、尾獣たちも復活する事になった様子。
マダラも排出される事になった様ですが、カグヤの中にいた時、意識があったのかどうかは気になるところです。

カグヤのちぎれた腕に隠れ、やり過ごそうとした黒ゼツ。
「今までずっと陰に隠れてコソコソしてたお前の事だって 見のがしゃしねーよ!!」

だが、そんな黒ゼツを始末するべくナルトが一人現れる。
お前など自分が作った忍の歴史の一部だと言い張る黒ゼツに対し、忍の歴史はいろんな忍者の生き様と死に様だと反論するナルト。
「親離れもできねェーガキ一人が カン違いしてんじゃねェーってばよ!!!」
地爆天星に向かって放り投げ、ついにカグヤと共に黒ゼツも封印したナルトだったのだが…!?

何やら最後はアッケなく封印してしまったナルトたち。
何だかカグヤの主張のようなものもあまり聞けずに終わってしまった気もしますけど、あるいはこれでもまだ終わってはいないのかな?
黒ゼツも消えた今、その真実を知っているとすれば息子の六道仙人か体を利用されたマダラぐらいのはずです。
あるいは一緒になっていた間、色々な感情がマダラに流れ込み、それによってカグヤを助けなくてはならないと復活したマダラが動く事になる?
実は排出されたマダラが完全にカグヤに支配されているという事はないのでしょうか…?

続きを読む

「NARUTO」~新たな空間の始まりと元第七班最後の任務!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n新たな空間1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第689回です。

リンとの再会を果たしたものの、カカシを助けるために神威でこの世に舞い戻ってきたオビト。
六代目火影になる様にカカシに指示したオビトはお祝いとして自身の2つの写輪眼を贈呈する。
九体の尾獣チャクラを使った「仙法超尾獣螺旋手裏剣」に反応し、いきなり変貌を遂げたカグヤ。
そのカグヤの攻撃により危機に陥ったサクラを完成体・須佐能乎で救ったカカシだったのだが…!?

新たに手に入れた力を存分に発揮してきたカカシ。
何と、神威の力を手裏剣に乗せた「神威手裏剣」を放って来た!?
触れた部分を時空間に飛ばす手裏剣を使いカグヤの手の一本を引きちぎったカカシ。
「思った通りだ 六道の力を得ていた分 瞳力が上がっている!」
いきなり応用を利かせてきたカカシですが、今度の写輪眼はかつてとは違った力を最初から感じていたのかも知れません。

そんな中、尾獣を安定させ再び元の姿になったカグヤだが、始球空間は無限月読の忍たちから直接チャクラを抽出出来るカグヤの特別領域なのだという。
さらに独自の巨大な求道玉まで出して来たカグヤ。
『…風火土雷木 陰陽 全ての性質を合わせた 血継網羅の膨張求道玉』
『新たな空間の始まりだ お前らは その犠牲となるのだ』

何と、全ての性質変化を混ぜ合わせて来た!?
「血継限界」「血継淘汰」を超えた「血継網羅」の力を見せてきたカグヤ。
その「血継網羅の膨張求道玉」は大きすぎてカカシの神威で飛ばす事は出来ず、逆に時空間に一時逃げても今度は戻って来れなくなってしまうらしい。

本体を封印する以外、止める手段はないと判断するナルトたち。
「集まれ 作戦を伝える」
「これがオレ達元第七班としての最後の任務だ!」
「オレ達で世界を救うぞ!」

土壇場でリーダーシップを発揮し、カグヤを封印する為の作戦を伝えるカカシだったのだが…!?

ここに来てカグヤを封印する手段を思いついたらしいカカシですが、やはりオビトの眼を得たのは大きかった様子。
思えばカグヤ登場以来サスケには邪魔者扱いされていましたし、力がない状況では何を言っても聞いてもらえなかった気がします。
そんなカカシの神威手裏剣に対して「サスケのよりスゲー」とロコツに持ち上げてきたナルトですが、やはりサスケに今のカカシが戦力になっている事をきちんと認めさせたかったのか?
そのカカシによると最後の作戦になる様ですし、もしかすると本当にこの戦いも終戦が近いのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO」~6代目の指名と復活の写輪眼!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nカカシって名を1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第688回です。

カカシを救ったもののカグヤの「共殺の灰骨」をまともに食らってしまったオビト。
まさかの判断に驚くカカシだが、新しい世代の支えとしてまだ死なせる訳にはいかないのだという。
その上で必ず火影になる様にとナルトに夢を託したオビト。
ついに命が尽き、リンと涙の再会を果たしたオビトだったのだが…!?

果たして、そこは現世とあの世の中間の世界なのか?
あの世に行く間、少し遠回りして行きたいと言うオビト。
何と、カカシを助けたいのだという。
何もできないで畑に突っ立っている文字通りのカカシみたいなのはなんかシャクだと言うオビト。
「チャクラってのは2つの世界を繋げる力だ」
「カカシに会ってくるよ」

神威を使い、現世のカカシの中に飛ぶオビトだったのだが…。
何やらあっと驚く事をやってのけたオビトですけど、これが出来るって事は好きな時に現世に戻って来れるという事なのでしょうか?
神威というのがそれだけ特殊なんだという事なのかも知れませんが、六道仙人がマダラの下半身から現れたのと似た事がオビトにも出来るのかも知れません。
そんなカカシの精神世界では2人とも子供に戻ってしまいましたけど、あるいは2人にとってリンが生きていたこの年代こそが一番輝いていたという認識なのかな?
ナルトに火影になれと言った事を伝えたオビト。
「ただそりゃ七代目だ 六代目火影はお前がなれカカシ」
何と、カカシを六代目に指名した!?
そのお祝いのプレゼントを先にやるというオビト。
「…そもそも他国にまで轟かせた自分の勇名を忘れちゃいないだろ?」
「“写輪眼のカカシ”って名を!」

何と、カカシの両眼がオビトの写輪眼になってしまったのだ!!

写輪眼を失うどころか両方揃えてしまったカカシ。
写輪眼を失い、これから真の力が試される事になると思ってましたけど、結局オビトに助けられる事になった様です。
その一方で、カカシ自身写輪眼を2つ使うのは初めての経験になる訳ですけど、思うように使えないという事になったりはしないのかな?
オビトが「期限付き」と言っているのもちょっと気になりますし、もしかすると物理的な眼の移植でない事が何か影響しているのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO」~最後の約束と待っていた少女!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n必ず1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第687回です。

六道仙人と遭遇し、作戦を指示された4人の火影たち。
その一方、別空間に飛ばされていたサスケはオビト・サクラと共に元の空間へと帰還する。
そんな状況に空間を変え、「共殺の灰骨」で攻撃してきたカグヤ。
まだ出来る事はあると、体を張ってナルトとサスケを守ろうとしたカカシとオビトだったのだが…。
何と、神威を使ってオビトはカカシを救い、オビト自身はまともに攻撃を食らってしまったのだ!!

自分を救ってくれたオビトに驚いたカカシ。
「お前の力はまだ今ここで必要だ!なぜ役にも立たないオレのために…!?」

敵が空間を操ってくる以上、神威はまだ失う訳にはいかないと考えたらしいカカシだが、結局当のオビトはもう自分の役割は終わったとでも考えたのか?
ナルト・サスケ・サクラが今大切な時だと考えるオビト。
『…カカシ お前は新しい世代の支えとしてまだ死ぬには早い…』
その上で、先を見てカカシを死なせる訳にはいかないと考えた様子。

そんな死に行くオビトに敵味方双方から忌み嫌われ、無様に死ぬだけの男だと罵声を浴びせた黒ゼツ。
「…そうだな…罪人のオレにふさわしい…最後だ」

肯定するオビトに歯軋りするナルトですが、結局彼が死を受け入れていて、それをどうする事も出来ない自分に苛立っていたのかな?
チャクラを練り直すため、始球空間に世界を変えたカグヤ。
そこなら回復も早いという黒ゼツですが、あるいはこの世界で全ての決着を着ける事になるのかな?
何やらドラゴンボールで界王神界で戦う様な最終決戦の空気を感じさせます。

「ありがとな…ナルト」
そんな中、ナルトにお礼を言うオビト。
突然あふれ出す様に自分の本音を語りだしたオビトですが、やはり最後は柱間たちが言うところの「腑」を見せるべきだと考えたのでしょうか?
ナルトの姿を見て、子供の頃火影になった自分を想像していた事を思い出したというオビト。
以前オビトの内側を見たナルトですが、やはり自分が火影になった姿を想像しては心の穴が埋まっていく気がしていたらしい。

ナルトが何度も口にしている「オレの忍道」を再確認するオビト。
「ナルト…お前は…必ず火影になれ」

体が崩れながら自分には届かなかった夢をナルトに託すオビトだったのだが…!?

結局その命を散らす事になってしまったオビト。
これでもう神威に頼れなくなってしまいましたし、もうカグヤの術にはまる訳にはいきません。
一方で、火影の夢を託されたナルトですが、やはり仲間がみんな捕らわれた状態のままで火影を名乗る訳にはいきません。
恐らくは火影たちが六道仙人と行動を起こすはずですが、ナルトがいずれ火影になるにしてもここからが正念場でしょうね。

続きを読む

「NARUTO」~帰ってきたサスケと繰り返された悲劇!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nタイトル2

n表紙1週刊少年ジャンプ「NARUTO」第686回です。
今週は表紙&巻頭カラーで登場しました。

重大発表があるとの事でしたが、何と2年ぶりに劇場版が公開される事が決まったそうです。
NARUTO新時代開幕プロジェクトという事で「THE LAST」というタイトルの劇場版が公開されるそうですけど、あるいは原作における最終回を映画の方で先に映像化するという事なのでしょうか?
岸本先生描き下ろしのナルトは今よりもずっと大人びており、かなり時間が経過した事を感じさせます。
となると、今のカグヤとの戦いが終わった後の話になるのは確実であり、NARUTOとは一体何だったのかを示すような決定版ともいえる劇場版になるのかも知れません。
その一方で、あえて「新時代開幕」と銘打っている事を考えると次の世代が描かれる事も考えられます。
かつてドラゴンボールで孫悟空の息子が出た時は驚かされましたが、もしかするとナルトの子供が新主人公として登場するというサプライズが待っているのかも知れません。

その劇場版特報が7/31放送のTVアニメで流れるそうです。
どういうものになるのか、これはちょっと必見ですね。

また、2015年にはNARUTO展が開催されるんだとか。
これもまた楽しみですが、クライマックスが近い事を考えると場合によれば総決算の様なイベントになるのかも知れません。

さて、ナルトの機転でカグヤの「始球空間」に入り込む事が出来たオビトとサクラ。
百豪のチャクラを受けたオビトは次々と空間を開き、ついにサスケのいる空間を発見する。
力尽き閉じそうになったものの、サスケ自身の能力もあって合流する事が出来たサクラたち。
その一方、4人の火影たちは六道仙人と遭遇するのだが…!?

続きを読む

「NARUTO」~戦うサクラと明かされたサスケの能力!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nありったけ1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第685回です。

覚悟を決めた様子にオビトはもう助からないのだと理解したサクラ。
一方、基本に立ち返る事にしたナルトのオリジナルは多重影分身の術からうずまきナルト一帯連弾を発動する。
空間を開いたカグヤに合わせてナルトが突っ込む一方、神威を合わせてきたオビト。
その行き先の空間でナルトのオリジナルを仕留めたかに見えたカグヤだったのだが…!?

オリジナルが倒され、分身の全てが消え去る事になるかと思えたナルト。
だが、結局カグヤが開いた空間にオリジナルが入る事は出来なかったらしい。
一方、オビトの力で入った入った分身ナルトは一人残ってオビトとサクラが時空間に隠れるのを手助けした様子。
結局、倒されてのは影分身であり、カグヤが去った後、隙をみて「始球空間」にオビトたちは戻って来た様です。

百豪のチャクラをオビトに流し込むサクラ。
全身にチェック柄が入るオビトですけど、これは見た目が面白いですね。
そんなパワーアップオビトでもカグヤが開いた空間を繋げるのはかなり厳しいらしく、写輪眼から血が流れた様子。
改めてカグヤの凄さを実感するオビトですけど、果たしてその正体が明かされる時まで生きているのかどうか…?

最初にいた溶岩の空間が現れ、そこにはサスケを感知出来なかった様子。
かなり力を使うからなのか頭に(?)激痛が走った様ですが、もしかすると死を早める行為になっているのかも知れません。
一方、ナルトの影分身と戦うカグヤだが、オリジナルには求道玉という分かりやすい目印がついている事にようやく気がついたらしい。
正解はこれだよと言わんばかりの目印ですけど、膨大なチャクラを要するのか、オリジナルでなければ使えない力なのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO」~空間を支配するナルトとオリジナルへの殺意!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n連弾1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第684回です。

サスケを別空間に飛ばし、一人になったナルトのチャクラを奪おうとするカグヤ。
一方、目を覚ましたオビトはナルトから今の状況を聞かされる。
カグヤが使っている術が時空間忍術の類である事に気付き、神威を使えばサスケを助け出せるかも知れないと考えたオビト。
「時間のないオレが今さら詭弁を垂れるつもりはない」
「ただ…せめてお前達より前を歩いて…死なせてくれ」

先輩として前を歩いて死ぬ道を選ぼうとするオビトだったのだが…!?

オビトの様子を見て何が起きているのか理解したサクラ。
結局、もう助からない事に変わりは無く、死ぬ気になっていると感じた様子。
そんなオビトに言われるまま肩に触れたサクラですけど、すでに凶悪な敵だったという事は忘れて完全に信用している様に感じられます。
その一方で、カグヤの様子から自分たちの事がバレていると分身ナルトは考えた様子。
神威で別の空間に飛んだ後、感知される事を考慮する必要があるとオビトは考えたらしい。

そんなカグヤと対峙するナルトのオリジナルだが、やはり一番効くのは陽動と体術だと理解した様子。
『オレの基本に立ち返ってやるんだ!!』

追い込んで変な扉から逃げようとした時に一緒に入るのだという。
今でもサスケりチャクラはハッキリ感じているというオリジナルのナルト。
分身ナルトは感知出来ないと言っていましたけど、陰陽の力で本体だけは空間を超えて感知出来るのかな?

五尾・穆王のチャクラを使い、怪力無双で周囲の氷を破壊するナルト。
さらに九喇嘛のチャクラで多重影分身の術を使って来た!?
正にお色気の術に並ぶ自身の代名詞とも言える術を使って来たナルト。
「今ここはァ!オレの空間だっばよ!!」
何と、「うずまきナルト一帯連弾」を使って来たのだ!!

そんな様子にたまらなくなったのか、空間を開いたカグヤ。
同時にオビトは神威を、ナルトもオリジナルが突入して行こうとしたのだが…!?

敵が作った空間を自分のものにしてしまったナルト。
ここに来てものをいってきたのが昔から使っているお色気の術と影分身の術だというのが面白いですね。
結局はそんなナルトの意外性に驚いただけなのかも知れませんが、意外とこんな事の繰り返しがじわじわと相手を追い詰める事になるのかも知れませんね。

続きを読む

「NARUTO」~サスケを救う時空間忍術と同じ夢を見た男の決意!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
nハゴロモ1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第683回です。

神の様な力を振るうカグヤに手が出せなくなるカカシたち。
封印する為に隙を作ろうとしたナルトは何と「おいろけ逆ハーレムの術」を発動させる。
まさかの術で相手の意表をつく事は出来たものの結局空間を自在に移動するカグヤに逆に攻められてしまったナルトたち。
そんなサスケとナルトの2人が一緒にいる事が問題だと理解し、サスケを別空間に飛ばしたカグヤだったのだが…!?

サスケがいなくなった事で改めてナルトのチャクラを奪おうとするカグヤ。
だが、敵を感知する能力が鋭いのか、空間からいきなりつかもうとしても簡単にはつかまらない様子。
そんな事態に空間そのものを使って攻撃を仕掛けるカグヤだが、結局別空間からでもこちらの様子が分かるのかな?
氷を牙の様に四方から襲い掛からせ、拘束した上でチャクラを奪うつもりらしい。

一方、目を覚ましたオビトだが、結局死ぬところだったのをナルトがその能力で回復させた様子。
かなり万能なナルトですけど、だとすると次に輪廻天生を使う者が現れても何とかなっちゃうのかな?
沈んだナルトの表情に何かを理解するオビト。
現場は見ていなかったはずですが、無限月読が発動してしまった事は瞬時に理解出来たはずです。
そんなオビトやカカシたちにも六道仙人やカグヤの事を説明するというナルトですけど、話すとなると結構長くなる気がします。
うちはの石碑が誤った情報である事も伝える事になったと思いますけど、無限月読に長年こだわっていただけにそれに対するオビトの反応はちょっと気になりますね。

一方、完全に置いていかれた感がある火影たちだが、マダラの下半身を発見した様子。
カカシの写輪眼を奪った時にサスケに斬られた下半身がそのまま残っていた様ですけど、今となってはトカゲのしっぽの様な存在でしかないのか?
マダラの生死を確認しつつ事を知る方法としてマダラの穢土転生を提案する扉間。
別の生贄が必要になる事から反対する柱間ですが、彼も穢土転生の術は快く思っていないのかも知れません。

そんなマダラの下半身から出現する事になった六道仙人ハゴロモ。
柱間も初対面の様ですけど、ここで姿を見せたという事はアシュラの前任者の柱間にも何か力を授けるのでしょうか?
あるいは生死不明のマダラを救えるのは親友だった柱間しかいないと考えている?
黒ゼツによればハゴロモも知らない事が色々あった様ですけど、それをどう思っているのかは気になるところ。
恐らくはカグヤの事など色々と教えてくれるんだとは思いますが、それを聞いて四人がどういう行動に出るのかは気になりますね。

続きを読む

「NARUTO」~世界を救うエロ忍術と新たなる世界!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n逆ハーレム1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第682回です。

弾き飛ばされマグマの中に転落しそうになったものの、何とか耐え抜いたサスケ。
だが、突然背後にカグヤが現れ、ナルトとサスケの2人は黒ゼツに覆われてしまう。
黒ゼツとはカグヤの子であり、これまでの全てが母が復活する為の物語だと聞かされたナルトたち。
ナルトたちのチャクラを回収し、ひとつにしようとするカグヤだったのだが…!?

影分身ナルトと共に離れた場所から戦局を伺うカカシたち。
「次元が違い過ぎる…あれはまるで…神だ」

何やら白旗状態のカカシだが、今となってはただ見守る事しか出来ないのか?
一方、救出したオビトだがどうやら意識を取り戻した様子。
手を当てて何かをしていた様ですけど、カカシの目を復活させた様に輪廻天生の術で死ぬしかなかったオビトであっても六道の力で助ける事は可能なのかも知れません。
となると、オビトがこれから参戦して来る可能性もある?
もしかするとその時こそカカシが再び立ち上がる時なのかも知れません。

「…お前!本気か!?」
ナルトの提案に驚いたサスケ。
だが、同時にスキを作る手段としては有効だと感じたのか?
ナルトの術を活かすため、先に天照を仕掛けたサスケ。
その隙に一気に接近し、影分身を作るナルトだったのだが…。
何と、この極限の状況で「おいろけ逆ハーレムの術」を使って来たのだ!!

まさかのエロ忍術を使って来たナルト。
そのナルトに言わせると、おいろけ系は強い奴ほどよく効く傾向があるのだという。
『私は別としてそんな術があんな神みたいのに効くかぁ――!!!』
鼻血を出して影響受けまくりのサクラだが、何とカグヤもこれは全くの想定外だったらしい。
いきなりナルトにぶっ飛ばされたカグヤ。
『チャクラの祖だか何だか知らねーが見たことねーだろこんな術!!』
「これが忍の歴史だコノヤロー!!」

まさかの歴史を語るナルトですけど、エロこそが歴史だと言っているみたいで笑えますね(笑)。

『意外性ナンバーワン!まさかナルトのこのエロ忍術が世界を救うことになるのか!!!』
『見てますか!!自来也先生!!!』

まさかの展開に興奮するカカシ。
つーか、ナルトがエロで活躍するところを自来也に見せたいのか?(笑)
サスケの術でカグヤを目の前に出現させ、一気に左右から封印しようとしたナルトたち。
結局、失敗してしまいましたけど、こうやって隙を作って封印するしかないとなるともう逆ハーレムは通じないでしょうし、それを考えると余計に難しくなってしまったのかも知れません。

続きを読む

「NARUTO」~明かされた忍の物語と母・カグヤの涙!!

ブログネタ
NARUTO に参加中!
n涙1

週刊少年ジャンプ「NARUTO」第681回です。

突然の危機にタカを口寄せして乗り切ったサスケ。
一方、巻物をロープ代わりにしていたカカシだったが、転落してしまい、浮遊する事が出来る様になったナルトに助けられる。
チャクラとは唯一自分のものであり、もう一度ひとつにするというカグヤ。
そんな絶大なる敵に2人が立ち向かう一方、4人の火影たちも動き出すのだが…!?

弾き飛ばされマグマの中に転落しそうになったサスケ。
その瞬間、ナルトの側に現れるサスケだが、例の瞬身の術の様なものを使った様子。
求道玉を引き伸ばした様なものを使って足場にするサスケだが、結局どんな形にも変形出来るのかな?
一方、影分身ナルトはオビトも回収した様子。
普通なら死んでいるはずですが、この気の使い方を考えるとまだ生きているのかも知れません。

敵の攻撃に備えていたナルトたち。
だが、突然背後の空間が裂け、カグヤが現れた!?
触れられただけで動けなくなってしまったナルトたち。
そんな2人にハゴロモとハムラを見たのか、涙を流し始めたカグヤだったのだが…。
その涙は長い間封印されていた悔しさだけでなく、親子の情の様なものもなかったのか?
優しさと怖さを混ぜ合わせた様な表情をしており、その真意は少々計りかねますね。

そんな2人を捕まえていた手が黒ゼツになるカグヤだが、2人から直接チャクラを奪う事にしたらしい。
オビトの時の様に半身が黒ゼツに覆われたナルトたち。
その黒ゼツによると自分はカグヤの子供なんだとか。
さすがに「出産した」という意味ではないでしょうし、ここは「カグヤに作り出された」という意味でしょうか?
「忍の物語は…母が復活する為の物語だ」
突如として饒舌になる黒ゼツ。
その黒ゼツによって語られた忍の物語は2人にとっても衝撃的だったか?
かつて我が子によって封印されたというカグヤ。
十尾自身を地爆天星の核へと変える術によって十尾は月になったのだが、封印の寸前で母カグヤがいつか復活する為に黒ゼツが生み出されたのだという。
「まずは十尾だ…あれの正体は神樹だけではない 母自身でもある」
何と、チャクラの実を取り返そうとしていた神樹の化身だと言われていた十尾だが、本当は2人の子供に分散したチャクラを取り戻そうとしたカグヤの意思だった!?
それはハゴロモすらも知らぬ真実であり、黒ゼツがカグヤ復活の為に動いていた事も知らなかったらしい。

何も知らないハゴロモはインドラとアシュラ、そして忍宗を作ったが黒ゼツによればそれらは母カグヤの復活に大いに利用できたのだという。
インドラをそそのかし、その子孫であるうちは一族を物語のキャストに決めたという黒ゼツ。
ハゴロモが残した石碑にしても無限月読こそがうちはの救われる道だと書き換えてしまい、そのせいでうちはは黒ゼツの思い通りに動いてくれたらしい。

何やらこれまでの全てをコントロールしていたらしい黒ゼツ。
ハゴロモすらも知らない事実を知る事になったナルトたちですけど、黒ゼツがそこまで明かしたのはナルトたちに納得して取り込まれてもらおうという意味だけでなく、全てを知った上でどうするか問いかけているのでしょうか?
黒ゼツの雰囲気がいつもと違うあたり何かの意図を感じますし、もしかすると母を復活させて役目が終われば、その後の事はさほど大事ではないと考えているのかも知れません。

続きを読む
最新記事(画像付)
しりとりでヒマつぶし
コミックキャラクターしりとり掲示板
しりとりでひまつぶし

Twitter
WEB拍手

ブログランキング
連絡情報
【主なスケジュールの目安】
(月)…「ONE PIECE」「Dr.STONE」「BORUTO」(月イチ)「キン肉マン」「パラレルパラダイス」
(水)…「銀の匙」「双亡亭壊すべし」「アド アストラ ペル アスペラ」「アラタカンガタリ」「境界のRINNE」「隕石少女」
(木)…「聖闘士星矢冥王神話」
(土)…「THE超人様」
4日…「プラチナエンド」
9日…「UQ HOLDER!」
12日…「アオイホノオ」「MIX」
19日…「ジョジョリオン」「ローゼンメイデンゼロ」
30日…「ドリフターズ」他、色々と更新しています。

注;申し訳ありませんが、コメントの返信は出来る時に可能な反囲で致します。
twitterTwilogにて、主に更新状況をお知らせしています。
更新情報

当サイトネタその他


8/26 リンクを変更しました。
7/1 リンクを追加・変更しました。
5/7 リンクを修正しました。
3/11 リンクを追加・変更しました。
10/31 リンクを追加しました。
7/4 リンクを追加しました。
5/23 リンクを追加しました。
4/3 リンクを修正しました。
3/30 リンクを追加しました。
2/28 リンクを追加しました。
1/3 リンクを追加・修正しました。
12/20 リンクを追加・修正しました。
10/25 リンクを追加しました。
10/18 リンクを追加しました。
10/4 リンクを追加しました。
8/30 リンクを追加しました。
8/16 リンクを追加しました。
7/21 リンクを追加しました。
7/20 リンクを追加しました。
6/21 リンクを追加しました。
6/14 リンクを追加しました。
6/4 リンクを追加しました。
5/31 リンクを追加しました。
5/6 リンクを追加しました。
4/26 リンクを追加しました。
4/19 リンクを追加しました。
4/11 リンクを追加しました。
3/15 リンクを追加・変更しました。
1/2 リンクを追加・修正しました。
11/1 リンクを追加・修正しました。
10/5 リンクを追加しました。
9/7 リンクを追加・修正しました。
8/31 リンクを追加しました。
8/2 ファンロード改09年9月号~投稿と結果の考察UP
7/6 リンクを追加しました。
6/18 日記を更新しました。
6/15 リンクを追加しました。
5/31 リンクを追加しました。
5/10 リンクを追加しました。
4/6 リンクを追加・修正しました。
3/23 web拍手返信を更新しました。
3/23 リンクを追加しました。
3/15 ファンロード09年4月号~投稿と結果の考察UP
3月2日 リンクを追加しました。
2/15 ファンロード09年3月号~投稿と結果の考察UP
2/9 リンクを追加・修正しました。
1/25 リンクを追加しました。
1/25 ファンロード09年2月号~投稿と結果の考察UP
1/3 web拍手返信を更新しました。
12/31 リンクを追加しました。
12/22 ファンロード09年1月号~投稿と結果の考察UP
12/8 リンクを追加・修正しました。
11/26 リンクを追加しました。
11/17 リンクを追加しました。
11/17 ファンロード08年12月号~投稿と結果の考察UP
11/10 リンクを追加しました。
10/21 リンクを追加しました。
10/18 ファンロード08年11月号~投稿と結果の考察UP
10/10 「アラタカンガタリ」~異世界特集を追加しました。
10/5 web拍手返信を更新しました。
9/15 ファンロード08年10月号~投稿と結果の考察UP
9/14 リンクを追加しました。
8/17 ファンロード08年9月号~投稿と結果の考察UP
7/16 ファンロード08年8月号~投稿と結果の考察UP
7/14 web拍手返信を更新しました。
6/23 いちご100%~見え始めた西野ENDUP
6/23 ONE PIECE~さらば!ニコ・ロビン!!UP
6/23 ブラックジャック~名医は悪質無免許医UP
6/23 勝手に作ろう新コーナー~今月の見せましょうの達人UP
6/23 勝手に作ろう新コーナー~「今月の見たいもの&見せましょう」を語るモノたちUP

6/15 ファンロード08年7月号~投稿と結果の考察UP
6/9 リンクを追加しました。
5/18 ファンロード08年6月号~投稿と結果の考察UP
5/10 DEATH NOTE~粧裕誘拐事件UP
5/10 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~レイとロアノークUP
5/10 焼きたて!!ジャぱん~焼きたて!!25 信濃町編UP
5/10 魁!!クロマティ高校~アジシオ太郎VS.相撲部UP

4/21 web拍手返信を更新しました。
4/16 ファンロード08年5月号~投稿と結果の考察UP
4/14 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~誕生!デュランダル議長!!UP
4/14 勝手に作ろう新コーナー~FR往年の謎「テリオスとはまさかあの…」編UP

4/9 アイシールド21~泥門VS巨深ラスト2秒の死闘!UP
4/9 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~戦えシン!マジで!!UP
4/9 いちご100%~東城告白編UP

4/7 リンクを追加しました。
3/31 リンクを追加しました。
3/16 ファンロード08年4月号~投稿と結果の考察UP
3/10 リンクを修正しました。
2/18 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~三角関係のドラマに発展!?UP
2/17 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~アスランの忠告UP
2/16 ファンロード08年3月号~投稿と結果の考察UP
2/9 web拍手返信を更新しました。
1/20 ファンロード08年2月号~投稿と結果の考察UP
1/5 スティール・ボール・ラン~ジャイロのスタンド!?UP
1/3 機動戦士ガンダムSSED DESTINY~シンとステラとアスランとUP
1/2 DEATH NOTE~正義は勝つ!UP
1/2 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~ネオ大佐の真実UP
1/2 勝手に作ろう新コーナー~今月の焼きたてマメ知識UP
1/2 リンクを追加しました。
1/2 web拍手返信を更新しました。
12/16 ファンロード08年1月号~投稿と結果の考察UP
12/15 DEATH NOTE~復活のキラUP
12/15 DEATH NOTE~第2のキラ復活!UP
12/15 いちご100%~決断はコウモリの如くUP
12/15 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~ラクス暗殺未遂事件UP
12/15 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~ふたりの朝UP

12/15 創刊雑誌特集に3点追加しました。
11/23 創刊雑誌特集に4点追加しました。

11/19 web拍手返信を更新しました。
11/17 ファンロード07年12月号~投稿と結果の考察UP
11/10 リンクを修正しました。
10/16 ファンロード07年11月号~投稿と結果の考察UP
10/15 日記を更新しました。
10/15 DEATH NOTE~出会った頃の2人UP
10/15 道士郎でござる~級長の行方UP
10/15 勝手に作ろう新コーナー~今月の出戻りローディストUP

10/10 リンク集にTS関連カテゴリを作りました
10/7 web拍手返信を更新しました。
10/3 鋼の錬金術師~賢者の石と鎧の巨人UP
10/3 いちご100%~ラブサンクチュアリ編・真中、西野を選択!UP
10/3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~マリューVS仮面の大佐UP
10/3 勝手に作ろう新コーナー~今月の再開!![SBR編]UP

9/16 ファンロード07年10月号~投稿と結果の考察UP
9/10 web拍手返信を更新しました。
9/3 DEATH NOTE~竜崎死す!どうなる捜査本部!?UP
9/3 勝手に作ろう新コーナー~今月のゲゲボツアーUP

8/17 ファンロード07年9月号~投稿と結果の考察UP
8/14 いちご100%~ラブサンクチュアリ編・真中、西野を選択!UP
8/14 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~第2のラクスUP
8/14 DEATH NOTE~ライト・神の一手!UP

8/3 いちご100%~天地君は苦手です。UP
8/3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~プロローグ終了・主役も終了?UP
8/3 今月の某コンビニ「焼きたて!!ジャぱんシリーズ」発売計画UP

8/1 「瞳のカトブレパス」~11回目「目からビーム特集」を修正・更新しました。
7/28 「瞳のカトブレパス」~10回目「ランク特集」を修正・更新しました。
7/24 DEATH NOTE~真相に迫る竜崎!UP
7/16 ファンロード07年8月号~投稿と結果の考察UP
7/5 DEATH NOTE~ミサ、ヨツバキラに出会う!UP
7/5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~ラクス新生!!UP
7/5 いちご100%~ヒロインは東城・真中監督立場なしUP

7/4 「ヤンキーフィギュア」記事内「手のひらヒロイン特集」を修正・更新しました。
7/4 「瞳のカトブレパス」~7回目「治療少女特集」を修正・更新しました。

6/27 web拍手返信を更新しました。
6/16 ファンロード07年7月号~投稿と結果の考察UP
6/4 げんしけん~同人誌を買おう!UP
6/4 鋼の錬金術師~ハガレン式UP
6/4 DEATH NOTE~ヨツバキラ包囲網UP

5/31 いちご100%~ラブサンクチュアリ編・西野ルートUP
5/31 いちご100%~ラブサンクチュアリ編・さつきルートUP

5/28 リンクを更新しました。
5/25 機動戦士ガンダムSEED DESTINY~マリューVSマスクド軍人!!UP
5/25 DEATH NOTE~無敵-キラでありLである者-UP
5/25 いちご100%~真中の嗜好を検証せよ!UP

5/21 「県立地球防衛軍」特集に「しいたけヨーグルト」を追加・更新しました。
5/16 DEATH NOTE~彼女は部外者-ブロークンハート-UP
5/16 ファンロード07年6月号~投稿と結果の考察UP

5/2 web拍手返信を更新しました。
5/1 もう、しませんから。~コミックス推薦文の行方UP
5/1 ブラックジャック~敵はTVコード!?戦えBJ!!UP

4/28 リンクを更新しました
4/18 性転換コミック特集その27修正・更新しました
4/18 リンクを更新しました
4/15 ファンロード07年5月号~投稿と結果の考察UP
4/15 今月のアニメ版ブラックジャックを語るモノたちUP
4/15 今月のFRアミバ伝説に生きるモノたちUP

4/10 ToLOVEる~トラブルは舞い降りた!UP
4/3 アイシールド21~本物は何処だ!?UP
3/30 新訳巨人の星・花形~少年マ●ジンは永遠なりUP
3/30 いちご100%~真中からの告白UP
3/30 web拍手返信を更新しました。
3/26 リンクを更新しました。
1/25 冥王星コミック11度目の更新をしました。
1/8 性転換コミック特集その11その13修正・更新しました。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ別アーカイブ
webコミック リンク
ピンガ
Yahoo!ブックストア
Yahoo!ブックストア 週刊プレイボーイ web comic
comico
少年ジャンププラス
ニコニコでも少年ジャンプブラス
となりのヤングジャンプ
となりのヤンジャン!
グランドジャンプweb
いま、グランドジャンプって!!
ウルトラジャンプエッグ
ふんわりジャンプ
ふんわりジャンプ お出かけ編
ジャンプSQ.ニコニコ静画出張所
集英社マンガネット
VOMIC
週プレNEWSコミック
サンデーうぇぶり
裏サンデー
ウラ裏サンデー
クラブサンデーぷらす+
WEBサンデー名作ミュージアム
ebigcomic4
やわらかスピリッツ
もっとやわらかスピリッツ
マンガワン
マンガボックス
マガジンポケット
ニコニコの少年マガジン
別館月マガ
eヤングマガジン
ヤンマガ一家
少年シリウス
水曜日のシリウス
ギリギリえっぢ
モアイ
ベビモフ
ITAN WEB COMIC
Champion タップ
チャンピオンクロス
チャンピオンクロス&タップ!
カチCOMI!
少年ガンガンちゃんねる
ガンガンONLINE
ヤングガンガン
ビッグガンガンおかわり
ニコニコガンガンJOKER
ComicWalker
コミックnewtype
コミックNewtype ニコニコ静画版
ヤングエースup
異世界コミック
Webコミックアクション
月刊のアクション
ソノラマプラス
webヤングキング
コミッククリア
ニコニココミッククリア
Webゴラクエッグ
ゴラク魂
コミックダンガン
コミックガム
次の日のガム
コミック アース・スター
ニコニコアース
コミックヴァルキリー
コミックファイア
ニコニコファイア
コミックガルド
火曜日のコミックガルド
コミックライド
COMIC リュエル
ニコニコリュエル
COMIC メテオ
COMIC ポラリス
COMICフルール
COMIC it
comicエスタス for ニコニコ
WEBLink
WEBコミックトム
WEBコミック ぜにょん
WEBコミックサイト「Z」
comicリュウweb
コミックフラッパー
ほぼほぼ週刊フラッパー
ニコニコMFC
少年エッジスタ
水曜日はまったりダッシュエックスコミック
ドラドラドラゴンエイジ
デンシバーズ
ヤングアニマルDenshi
金曜日はヤングアニマル
マンガPark
GANMA!
ニコニコGANMA!
comip!
comip!ニコニコ静画版
マグコミ
アルファポリス
くらげバンチ
Bバンチ
週アスCOMIC
ゼロサムオンライン
花Lala ONLINE
フィール・ヤング
なかよし夜カフェ
マーガレットchannel
週漫電子
最前線
最前線 ツイ4
漫画街
漫画onWeb
電撃大王
電撃だいまおうじ
電撃G'sコミックpresents @vitamin
ベストヒットG's
@vitamin
ウェブマガジン ウィングス
楽園
Ohta Web Comic
ぽこぽこ
ぽにマガ
まんがアクセス
Pixiv Comic
Alterna pixiv
DreamTribe
きららベース
まんがライフWIN
まんがライフSTORIA´
まんがタイム彩[sai]
ニコニコキューン
マジキューコミックスWeb
コミックエッセイ劇場
コミックエッセイ猫劇場
コミックエッセイルーム
コミックエッセイ「コココミ」
すくすくパラダイスプラス
主婦と生活社
マンガごっちゃ
コミックHOLIC
マトグロッソ
ニコニコマトグロッソ
トーチweb
水曜トーチでしょう
オモコロ
ゆるっとcafe
放課後ヤングコミック
ニコニコキトラ
サイコミ
藤井組クリップ
コミックいわてweb
コミックチャンプルー
みんなのコミック
みんなのごはん グルメマンガ
少年タケシ
spoma
自衛隊岡山地方協力本部
マンガ・オブ・ザ・デッド
うろんなページ
キタユメ。
ダイナミック企画
壬生義士伝
ワンパンマン
よろしくメカドック ステップワゴン
モヤモヤ・ウォーキング
旦那が何を言っているかわからない件
地獄のミサワの女に惚れさす名言集
マンガで分かる心療内科
GOHOマフィア!梶田くん
キュンパッド KYUNPAD - バレンタインチョコ渡し方漫画レシピ
迷彩バンビ
読解アヘン
ヘッポコロジー
あしたフルチャージ!
蒼い世界の中心で
カソクキッズ
ハートコミックス
マンガ★ゲット
このマンガがすごい!comics
矢立文庫
ニコニコ静画
ニコニコ漫画
マンガ図書館Z
LCスタイル
eBookJapan
リンク
漫画・アニメ総合

JUMP×JUMP
漫画漫画サーチ
nicomi.com-同人総合情報サイト-
TINAMI
AniMap
同盟大好き!
検索にゃ。
マガジンサーチ
Sunday Navigation
朝目新聞
かーずSP
ゴルゴ31
裏ドラゴンボールマニア
おもしろまにあっくす
CG定点観測
最後通牒
最後通牒・こぼれ話
マンガ☆ライフ
カトゆー家断絶
バーチャル2ちゃんねらー裕子
MOON PHASE
OHP
マンガがあればいーのだ。
カートゥン☆ワールド-漫画の世界-
にゅーあきばどっとこむ
大炎上
快男児ルーム
じろグ!
360度の方針転換
ふぇいばりっとでいず
わいーる(*´ー`)
萌えプレ
廃人遊記
天涯の森
MOON CHRONICLE
Tentative Name.
News人
まさか勝てるとでも?(私が)
魔法先生リリカル☆ハギま!
魔法結社ふゆMA!
MADの日々
アーリオオーリオ
Outstrip the shining wind
春が大好きっ
プリキュア様崇拝日記
BLACK徒然草
痕跡症候群
くまニュース
ゲ~ムやマンガのきゃらと~く
日本視覚文化研究会
究極最終兵器2ndWeapon
ゲーム動画ブログ
愉快そうな日記
TALKING MAN
アキバBlog
こんがり焼あじ
Blue Twin Tails
英語で!アニメ・マンガ
欧米での日本のアニメ
雑誌感想、、、
キャまのほんや
ZETの町
テニス漫画レビュー
黒猫コミック館
マンガナビ
漫画家小辞典
カズの熱血!漫画道。
無表情
ごった煮
Hematuria
たまごまごごはん
酔拳の王 だんげの方
ただいま、MANGAノ発掘中~
FRISKELION
memo(´し_`)mon
マンガとかラノベ等の感想ブログ
しあわせのマテリア
忘☆備忘録
ワルキューレBlog
萌えアニメで楽天生活
日々遊ぶ所存!!
旭タイムズ
アニメ無料動画が見れる「アニポケット+」
†漫画しかないや†
なめくじ長屋奇考録
漫画のおすすめ
2次元ワールド
動画屋総合~NET.com~
ねこ屋
アニメレビューブログ
Anime速報.com
このマンガ、どうだろうか (´-`)?.。oO
古本コミック通販リポート
マンガ版 シャッフルあんてな
絶対のクリスマスウォー
青天のへきれき
かずっぺの隠れ家
まとめブログアンテナ
まとめいと
アニメカレンダー「あにかれ」
萌え返しアニメ@2chまとめ
どうでもいいマンガ紹介所
良いコミック
だって1巻が好きなんだもん!
マンガの名言
漫画をせーのっ!で一気読み♪
勝手御免のアニメ独善批評!
漫画ッ娘
そらのおとしもの徹底解析!
傑作漫画データベース
【ジャンル別映画・時々深夜アニメ】30歳A型独男の「今日はな~に観よっかなぁ~」
がんばれ夏目!
アニメ・漫画・ゲーム・特撮・必殺技辞典
seiyu fan
K-Love
アニメ・コミックキャプレビューリンク集

FR

アホリアSSの館
in the WATER.
大林憲司の隠れ屋敷
BE HAPPY
ガンダム大好きゲームも大好き特撮魂
混沌庵
福猫web通信
ミネラルチキン
有無
ローディストウェブリング

TS関連(一部18要素注意)

あむぁいおかし製作所
真空キューブ
みのむーのTSFな日記
TSモノマンガを探す!
TS解体新書
TS部屋
入れ替わりマニアックス
八重洲メディアリサーチ
酢豚にパイナップル
性転換の館
T‐STYLE
りこれく
symats' Forced Feminization Stories
TSFラジオまとめサイト
TS性転換作品リスト集
TS・女装・入れ替わり作品収集所
女装・女性化作品フォーラム
男装・男性化作品フォーラム

JOJO

ジョジョサーチ
ジョジョの奇妙なサーチエンジン
飛呂サーチ
@JOJO
鋼鉄の街
ゲス14歳
究極スタンド大全
あなやしき
DIOの息子同盟
真珠の趣味部屋
JET BABY
微妙に緑
リンゴテイ
なんでもアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリーヴェデルチ!!
CTYPE
キラークィーン
WE LOVE JOJO!!
ジョジョの奇妙なガイドライン
ジョジョの奇妙な元ネタ
ジョジョ百科事典~スティール・ボール・ラン~

ラブひな・ネギま!

ネギま!サーチ
ALNSearch
ネギのス
ハチミツヒマワリ
やくろあんてな
ネギま部屋(楊さんのページ別館)
じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~
ネギま!で遊ぶ
魔法先生ネギま!同盟
このせつ同盟
猫とネギま!と声優さん
楓の箱リロLive対戦日記
まいぺーす日和
URA-CH@OS
aqua stripe
暗宙飛躍
ACGギリギリ雑記
うわっつらな進化する日々
Crazy Dance
十兵衛の呟きじゃあ!
イラスト絵我道GAI
杉原館長活動報告書
新・サンザイオーブログ
けいちゃん
抹茶コーラ飲むですか?
リードマンのまとまりのない日記Return!
赤松健作品総合研究所

ONE PIECE

OPSE
ONE PIECE・ワンピース画像ギャラリー
LogueTown Links ~ ワンピースサイト・サーチエンジン
ONE PIECE ART WEB
ワンピ大好きオトナクラブ
SAZOL RING
ONE PIECE海原
モヤモヤぶろ~ぐ2
ONE PIECE掲示板

BLEACH

死神代行応援日記

ToLOVEる

To LOVEる -とらぶる- 考察
ToLOVEる☆LOVE
ToLOVEる画像漫画
もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!

極黒のブリュンヒルデ・ノノノノ

続・黒のノエル
冨樫、岡本倫大好き
角沢研(仮)

るーみっく・りんね

るーみっくさーち
うる星やつらホームページ
うる星やつらの博物誌
うる星やつら Fan's Page
うる星やつらの小部屋
うる星やつら親衛隊
うる星やつら7ミュージック・コンプリート
うる星やつら&めぞん一刻憩いの場
初期ラムちゃん部
飛鳥杏華のホームページ
卓上打算機
ゲロ甘クラブ
ココロの星
ムシマルのイラスト棚
G.A.M
Oshow
CARAT5つの味
こんにちはページR2
峠の虎の造形工廠
めぞん一刻Homepage
めぞん一刻小辞典
らんま1/2サーチ
Ranma Navi
らんま/考
我愛らんま1/2!
犬夜叉考察
犬追者
りんね/考
るーみっくわーるど
るーみっく@やまだ
けも・こびるの雑記帳
Urusei Yatsura and Ranma 1/2

改蔵・絶望先生

改蔵サーチ!!
雨天結構。
新・改蔵界に君臨する五大勢力の興亡!!
ちいさな妄想~Lock's HP~
絶望同盟
トラウマ先生

いちご100%

西野つかさヒットカウンター
いちご畑からの風
いちご100%で、いいじゃない!?
Strawberry room
IHP-net
りりむ召還っ!
河下水希同盟

SEED

GUNDAM SEED WEB SEARCH
GUNDAM SEED:D SEARCH
SEED GIRLS SEARCH
アスカガサーチ
カガリサーチ
マキシマムディアッカ
ぴん☆ハロ

おジャ魔女どれみ

おジャ魔女どれみどっとじぇいぴー Ver.2
DODODODODO
サイ・コロ プラネット
ふれんず
プクリンネットワーク
見習達の語り場
フラフィー世界

ヒカルの碁・デスノート

ヒカルの碁ONLY検索碁会所
DEATH NOTE非公式ファンサイト
キライト同盟
デスノ板(ィ反)
深山堂本舗
r.o.p.h.
デスノート/アオリ・ハシラ・予告集/始めと終り

鈴木央作品

なかぽたっ!

CLAMP作品

ツバサ・クロニクル ファンサイト
Tsubasa To…
CLAMP「ツバサ」ウェブリング
さくら同盟
LOVE TSUBASA UNION
こばと(仮)同盟
WESTの着のみ気のまま
あぁ、素晴らしきCLAMP
CLAMP EXPRESS
二次創作と著作権-CLAMP作品のパロディについて-

クロ高・未来町内会

野中ロジック
MGA
MIT
魁!!クロマティ高校非公式ファンページ

ETC.

燃えろ!炎プロダクション
MISDIRECTION (ミスディレクション)
StrongBluebook ─レッツ・カンニング─
森羅万象ドットコム
おもトピ!
ぽわぽわっといこう
コロコロザイーガ
初音島情報局
星を見る人
怪奇鬼太郎劇場
himazin.jp
HK-DMZ PLUS.COM
mzm-gm.com
hard で loxse な日々
teiou
cotinus
シャブ壱inDEEP
駿河電力/スク水.jp
( ゚Д゚)⊃旦 気まぐれ
萌えよ!アキバ人ブログ
ちゃんぷる~

掲示板

2ちゃんねる
Yahoo!掲示板
大好きな作品の話を聞かせて下さい☆

公式サイト

ONE PIECE
べるぜバブ
レベルE
SKET DANCE(スケット・ダンス)
トリコ
青の祓魔師(エクソシスト)
遊☆戯☆王ゼアル
バクマン。
ぬらりひょんの孫
よんでますよ、アザゼルさん。
デッドマン・ワンダーランド
神のみぞ知るセカイ
侵略!イカ娘
けんぷファー fur die Liebe
みつどもえ増量中!
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 
フリージング
GOSICK-ゴシック-
君に届け 2ND SEASON
おまもりひまり
放浪息子
スイートプリキュア♪
ロッテのおもちゃ!
異国迷路のクロワーゼ
猫神やおよろず
まりあ†ほりっく あらいぶ
フラクタル
これはゾンビですか?
ドラゴンクライシス
Rio RainbowGate!
魔法少女まどか★マギカ
夢喰いメリー
ジョジョの奇妙な冒険 s-manga.net
スティール・ボール・ラン
魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A
TV東京・魔法先生ネギま!
ラブひな温泉街へようこそ
いちご100% avex mode
いちご100% POP WEB JUMP
いちご100%ストロベリーダイアリー
いちご注意報!!
WEBサンデー
アニメ・ツバサクロニクル
アニメ・×××HOLiC
劇場版ツバサ&HOLiC
カードキャプターさくら
NHKアニメワールド・カードキャプターさくら
DEATH NOTE 劇場版
おジャ魔女どれみ
おジャ魔女どれみ#
おジャ魔女どれみナ・イ・ショ
OH!スーパーミルクチャン公式HP
TV東京・魁!!クロマティ高校
StarChild:魁!!クロマティ高校

漫画家・著名人公式サイト

押井守公式サイト ガブリエルの憂鬱
島本和彦外伝
原哲夫公式HP
寺沢武一公式サイト
井上雄彦HP INOUE TAKEHIKO ON THE WEB
北条司公式HP
車田正美公式HP UNDER THE SUN
江口寿史 KOTOBUKI-STUDIO
新谷かおる公式サイト 八十八夜
吉崎観音HP M-NET
六道紳士HP 六道館
萩原一至公式HP HAGIPAGE
恋緒みなとHP
赤松健公式HP AI Love Network
八神健公式HP 8th GOD's room
山崎さやか スキマのひとり言
藤沢とおる ふじプロ
CLAMP-NET.COM
漫画家公式サイトリンク集

アニメ制作会社・ビデオ版元

AIC
GAINAX
GONZO
SUNRISE
XEBEC
スタジオジブリ
タツノコプロ
ぴえろ
Production.IG
東映アニメーション
STARCHILD
VAP
バンダイビジュアル
ソニーピクチャーズ
Geneon
m-serve
NHKアニメワールド
@animatin通信

出版社

集英社
小学館
講談社
秋田書店
白泉社
徳間書店
角川書店
少年画報社
新潮社
幻冬舎
一迅社
大都社
メディアワークス
スクウェアエニックス

扱っている作品の数に対してリンクが足りないという状態を解消する為、誠に勝手ながらテキストリンクに戻させて頂きました。さらなる充実したリンク集を目指し今後も拡大する予定です。尚、今までのリンク集はここに移動しています。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


06 03/25 FC2カウンターを利用開始!
06 07/26 NEO・REスタート!

14 08/07 1億HIT
14 10/11 1億100万HIT
14 12/21 1億200万HIT
15 03/18 1億300万HIT
15 06/05 1億400万HIT
15 08/29 1億500万HIT
15 12/02 1億600万HIT
16 03/14 1億700万HIT
16 07/03 1億800万HIT
16 12/03 1億900万HIT
17 06/17 1億1000万HIT達成!!
いつもご来訪ありがとうございます!


Amazon検索
プロフィール

いけさん

Clock
記事検索
Amazon商品
注目のアニメブルーレイ

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド Blu-ray BOX<初回仕様版>(第1部&第2部 Blu-ray BOX連動購入特典:アニメ描き下ろし収納BOX)(引換シリアルコード付)
第1部・限定版BOX
第1部・初回版BOX
第2部・限定版BOX
第2部・初回版BOX
第3部・限定版BOX
第3部・初回版BOX
第3部エジプト編・限定版BOX
第3部エジプト編・初回版BOX

【Amazon.co.jp限定】DRIFTERS Blu-ray BOX (特装限定生産)(特典:「特製ドラマCD」&「描き下ろしキャラファイン[豊久×信長]」&漂流者特製イラストカードセット付き)
限定版BOX 通常版BOX

【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]
【早期予約特典あり】 弐 1 2 3 4 5 6 7 8 9
限定版 弐 1 2 3 4 5 6 7 8 9

【Amazon.co.jp限定】ユーリ!!! on ICE 1 (全巻購入特典:「久保ミツロウ描き下ろしマンガ(メーカー特典)」+「アニメ描き下ろしアクリルスタンド3セット」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
限定版 1 2 3 4 5 6
通常版 1 2 3 4 5 6

【Amazon.co.jp限定】モブサイコ100 vol.001<初回仕様版>(各巻購入特典:「アニメイラスト描き下ろし缶バッジ」)(全巻購入特典: 「アニメイラスト描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付)【Blu-ray】
限定版 1 2 3 4 5 6
初回版 1 2 3 4 5 6

【Amazon.co.jp限定】 魔法少女育成計画 第1巻(完全生産限定版)(全巻購入特典:「特典未定」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
魔法少女育成計画 限定版 1 2 3 4
通常版 1 2 3 4

【Amazon.co.jp限定】響け!ユーフォニアム2 1巻(全巻購入特典「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
限定版 1 2 3 4 5 6 7
通常版 1 2 3 4 5 6 7

【Amazon.co.jp限定】灼熱の卓球娘1 (初回生産限定版)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
限定版 1 2 3 4 5 6
通常版 1 2 3 4 5 6

【Amazon.co.jp限定】競女!!!!!!!! Vol.1(初回仕様版)(全巻購入特典:「アニメイラスト描き下ろし全巻収納BOX(キャラクター:のぞみ、さやか、風音、のん)」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
限定版 1 2 3 4 5 6
初回版 1 2 3 4 5 6

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO Blu-ray プレミアムBOX vol.1(初回仕様版)(各巻購入特典:描き下ろしアニメイラストB2布ポスター)(vol.1&2連動購入特典:新規描き下ろしアニメイラスト(あおい&絵麻&矢野&小笠原)全巻収納BOX引換シリアルコード付)
限定版BOX 1 2
初回版BOX 1 2

【Amazon.co.jp限定】夏目友人帳 伍 1 (オリジナル特典:「デカ缶バッチver.1」付) (全巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
限定版1 2 3 4 5
初回版1 2 3 4 5

【Amazon.co.jp限定】食戟のソーマ 弐ノ皿 1 <初回仕様版>(全巻購入特典:「アニメ描き下ろし全巻収納ボックス」引換シリアルコード付)Blu-ray
限定版 1 2 3 4 5 6 7
初回版 1 2 3 4 5 6 7

【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 1 (特装限定版) (全巻購入特典:「録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付)
限定版 1 2 3 4 5 6 7
特装版 1 2 3 4 5 6 7

甘々と稲妻 Blu-ray BOX
甘々と稲妻 BOX

11月1日~11月30日のコミックス

11月1日

麻雀小僧 15
ネトラセ契約 2

11月4日

LOVELESS 13巻 特装版
LOVELESS 13巻 特装版 (ZERO-SUMコミックス)
LOVELESS 13
Fate/Grand Order コミックアンソロジー VOL.3
TIGER MASK -シャドウ・オブ・ジャスティス- 1
TIGER MASK -シャドウ・オブ・ジャスティス- 2
監獄学園 23
みだりにみだらな黒雪姫 online 1
御手洗潔@星籠の海 2
アルキメデスの大戦 4
DVD付き ハンツー×トラッシュ(11)限定版
DVD付き ハンツー×トラッシュ(11)限定版 (プレミアムKCライツ)
ハンツー×トラッシュ 11
よしふみとからあげ 4
Kiss×sis 17
BLEACH―ブリーチ― 74
BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)
いいよね! 米澤先生 4
バイバイ人類 2
ONE PIECE 83
ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)
銀魂 65巻 アニメDVD同梱版
銀魂 65巻 アニメDVD同梱版 ([特装版コミック])
銀魂―ぎんたま― 66
食戟のソーマ 21
磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 12
火ノ丸相撲 12
僕のヒーローアカデミア 11
僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!! 2
この音とまれ! 13
プラチナエンド 4
プラチナエンド 4 (ジャンプコミックス)
症年症女 2
カラダ探し 10
群馬アイドル神話 馬セブン
ドラゴンクエスト 蒼天のソウラ 8
誰が賢者を殺したか? 1
憂国のモリアーティ 1
天神─TENJIN─ 5
冒険王ビィト 13
冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックス)
たくあんとバツの日常閻魔帳 2
悪魔のメムメムちゃん 1
彼方のアストラ 2
こちら葛飾区亀有公園前派出所 ∞
こちら葛飾区亀有公園前派出所 ∞巻 (ジャンプコミックス)
かわいいひと 3
京・かのこ 2
オトナの小林くん 2
31☆アイドリーム 4
一の食卓 4
すぴすぴ便り ~白文鳥偏愛通信~
オットに恋しちゃダメですか? 5

11月5日

禁猟六区 0: ヒーローズコミックス
ソードガイ エヴォルヴ 2
BABEL 5
実録 安藤組 ~餓狼の系譜 愚連隊結成編~:
インド夫婦茶碗 22)
ツキウタ。つぶやきマンガ-ツキツイ。-

11月7日

ウィッチクラフトワークス 10
巨娘 3
ミザントロープな彼女 2
空挺ドラゴンズ 1
平松っさんの心理学 1
新装版 パジャマな彼女。 上
新装版 パジャマな彼女。 下
ラブコメのバカ 3
嘘つきボーイフレンド 6
もんもんモノノ怪 あのなつ。 2
孤島の鬼 2
小松田くんは謝らない 雨宮もえ短編集 (KCx)
宇宙海賊キャプテンハーロック〈完全版〉 2
心にしみる味 「ブリ大根」ほか
極乳女子の愛欲デイズ
ゾンビが出たので学校休み。 3 完結 (バンブーコミックス
寄性獣医・鈴音 7
Beauty Mark 2
恋愛ラボ 12
軍神ちゃんとよばないで 3
ローカル女子の遠吠え 2
のちの真田幸村である 2
なり×ゆきリビング 2
新コボちゃん 36

11月8日

チキン 「ドロップ」前夜の物語 19
ハカイジュウ 19
弱虫ペダル 47
囚人リク 30
ドロップOG 16
ドカベン ドリームトーナメント編 24
クローズZERO・ 鈴蘭×鳳仙 11
サンセットローズ 17
少年ラケット 7)
吸血鬼すぐ死ぬ 4
六道の悪女たち 1
六道の悪女たち 1
ビンゾー(1): 少年チャンピオン・コミックス
レイリ 1
レイリ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
レイリ 2
そろえてちょうだい? 0
ミッドナイトブルー
わたしはあなたの犬になる 3
タニクちゃん 2

11月9日

29歳独身中堅冒険者の日常 2
リュウグウノツカイ 1
怪貌綺譚 2
ふらいんぐうぃっち 5
学戦都市アスタリスク外伝クインヴェールの翼 4
恋と嘘(5)特装版
恋と嘘(5)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)
恋と嘘 5
DVD付き アルスラーン戦記(6)限定版)
DVD付き アルスラーン戦記(6)限定版 (講談社キャラクターズライツ)
アルスラーン戦記 6
穴殺人 8
天空侵犯 10
ダンガンロンパ害伝 キラーキラー 2
まがつき 12
CD付き 妖怪アパートの幽雅な日常(12)特装版
CD付き 妖怪アパートの幽雅な日常(12)特装版 (講談社キャラクターズA)
妖怪アパートの幽雅な日常 12
大江戸妖怪かわら版 7)
蒼穹のファフナー 5
小説 進撃の巨人 Before the fall 1
オーイ! とんぼ4
銀河英雄伝説 4
トレンチフラワーズ 2
山と食欲と私 3
少女終末旅行 4
応天の門 6
向ヒ兎堂日記 7
軍靴のバルツァー 9
働かないふたり 9
ぷち本当にあった愉快な話 病院で殺されかけましたレポ
銀牙~THE LAST WARS~ 8

11月10日

妄想テレパシー 2
妄想テレパシー 2 (星海社COMICS)
Fate/Grand Order アンソロジーコミック STAR 3
猫mix幻奇譚とらじ 10
キミはそのときケモノになる もっと×2
婚活~幸せになるための4つの嘘~
突然ですが、明日結婚します 6
突然ですが、今夜攫いにいきます:
蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~ 3
きっと愛してしまうんだ。 2
純愛大吟醸 1)
コーヒー&バニラ 4
取り急ぎ、同棲しませんか? 1
ふるぎぬや紋様帳 2
たそがれ橋駅前 おもかげ食堂 2
温泉卓球☆コンパニオンズ! 3
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 「本がないなら作ればいい3」
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 「本がないなら作ればいい3」
ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 4
ちちこぐさ
レイン 13
PSYCHO-PASS サイコパス 2 4
路地裏ブラザーズ 2

11月11日

さばげぶっ! 12
出口ゼロ 12
ライアー×ライアー 9
私たちには壁がある。 6)
まいりました、先輩 1
ピーチガール 新装版 8
ピーチガール 新装版 9
黒崎くんの言いなりになんてならない(8)特装版
黒崎くんの言いなりになんてならない(8)特装版 (プレミアムKC 別冊フレンド)
黒崎くんの言いなりになんてならない 8
神木兄弟おことわり 4
顔がいいから許しちゃう 2
影野だって青春したい 9
コミンカビヨリ 6
七つ屋志のぶの宝石匣 3
生徒諸君! 最終章・旅立ち 21
明治メランコリア 9
イシュタルの娘~小野於通伝~ 14
アトリエ777 4
傘寿まり子 1
おこしやす、ちとせちゃん
缶バッジ付き あんさんぶるスターズ!(3)特装版
缶バッジ付き あんさんぶるスターズ!(3)特装版 (プレミアムKC ARIA)
あんさんぶるスターズ! 3
王子が私をあきらめない 1
「ちはやふる」公式百人一首かるた ちはやふるかるた 新版
「ちはやふる」公式百人一首かるた ちはやふるかるた 新版 (講談社キャラクターズA)
LiLy 1
ヒトクイ-origin- 6
テラモリ 5
給食の時間です。 1
あやしや 9
月曜日は2限から 7
忍者シノブさんの純情 4
恋情デスペラード 3
弁天ぼたん 1
ロメオがライバル 3
ありごけ 2
ZZZのZ~ねむりちゃんとおやすみ~ 1
咲いたコスモス コスモス咲いた 1
ダンジョンのほとりの宿屋の親父 1
オンライン The Comic 6
最弱無敗の神装機竜《バハムート》 7
アリスと蔵六 7
モンスター娘のいる日常 第11巻 OAD付き特装版
モンスター娘のいる日常 第11巻 OAD付き特装版 (リュウコミックスプレミアム)
モンスター娘のいる日常 11
あせびと空世界の冒険者 6
バタフライ・ストレージ 1
バタフライ・ストレージ 1 (リュウコミックス)
異形ちゃんといっしょ
ファイブ+ 1
ニヴァウァと斎藤 2
青春のアフター 3
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 7
何も悪さはしてません
王様ゲーム 臨場 4
新書判)BARレモン・ハート 極上のカクテルに秘められたメッセージ・編
鬼が出るか蛇が出るか 4
ウィーンで歌ってみて 1
球詠 1
理系が恋に落ちたので証明してみた。 1
姫じゃなければ殴ってる 1
ゆーあい 3
鬼役 8
怨ノ介 Fの佩刀人 1

11月14日

まんがどうかしている悪人たち 壊れてる人 人間廃業して悪魔になったヤツら
桃色メロイック 10
猫絵十兵衛 御伽草紙 17
きょうのにゃこ譚 ゆるっと 2
ひとりごはん 大好き ラーメン
黒森さんの好きなこと 2

11月15日

あまいぞ!男吾 傑作選 2
おぼっちゃまくん 傑作選 1
死.tv 1
むこうぶち 45
鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編 5
とりの、いそじさん。 1
新戸ちゃんとお兄ちゃん 4
けんえん。 3
ベジちゃんねる

11月16日

シカバネ★チェリー 3
君とレモンの星 2
薔薇監獄の獣たち 2
高階良子新選集 悪魔たちの巣 3
天を見つめて地の底で 10 新装版
サチのお寺ごはん 3
海獣さん 1
ドクターM ~ダーク・エンジェル・~ 6
寝台鳩舎
図書館の主 14
ピアノのムシ 9
マネーフットボール 7

11月17日

猫ヶ原 2
淫らな青ちゃんは勉強ができない 2
僕らは自分のことばかり 1
都会のトム&ソーヤ 2
冥銭のドラグーン 1
鉄拳チンミLegends 21
明智警部の事件簿 5
エリアの騎士 54
もののて 1
Dr.プリズナー 2
この剣が月を斬る 2
星野、目をつぶって。 3
金田一少年の事件簿R 11
ドメスティックな彼女 11
魔法先生ネギま!BOX付き UQ HOLDER!(12)限定版
魔法先生ネギま!BOX付き UQ HOLDER!(12)限定版 (講談社キャラクターズライツ)
UQ HOLDER! 12
リアルアカウント 12
ベイビーステップ 42
DVD付き FAIRY TAIL(58)特装版
DVD付き FAIRY TAIL(58)特装版 (講談社キャラクターズライツ)
FAIRY TAIL 58
FAIRY TAIL外伝 3
爆音伝説カブラギ 17
CV.オレ! 2
君が死ぬ夏に 3
あひるの空 BIGTIME CHANGES 46
[R-16]R 5
ちぃちゃんのおしながき 繁盛記 8
お姉ちゃんが来た 8
Powder Snow Melancholy 2
恋を履かせる最高の条件
猛毒シュガーシロップ
初恋ダブルエッジ 6
メイクドクター 化粧心療士・加賀見耀子 1
マダム・ジョーカー 19
黒き海 月の裏 3

11月18日

ウルトラマン超闘士激伝 完全版 7
ウルトラマン超闘士激伝 完全版 8
DEAD Tube 6
ふかふか放課後パンくらぶ 2
ふたごはん ~ふたりでゆる楽 しあわせレシピ~
博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1
デメキン 16
クズ!! ~アナザークローズ九頭神竜男~ 10
凍牌 ~人柱篇~ 14
OUT 11
アイドルな彼女とヲタクな僕と 3
みなみ先生は勉強熱心! 1
きゅぽかの
けもっ娘どーぶつえん! 1
捏造トラップ-NTR-3
ゴーストライター 3
煉獄ゲーム 6
火葬場のない町に鐘が鳴る時 7
キマイラの爪痕 2
不能犯 5
タネも仕掛けもないラブストーリー 2
干物妹! うまるちゃん 9
ウイナーズサークルへようこそ 9
群青戦記 グンジョーセンキ 13
今日のテラフォーマーズはお休みです。 6
源君物語 10
嘘喰い 44
テラフォーマーズ 19
ひゃくにちかん!! 2
EX-ARM エクスアーム 6
怨み屋本舗 EVIL HEART 7
秋田妹! えびなちゃん 1
秋田妹! えびなちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス)
La Vie en Doll ラヴィアンドール 4
文句の付けようがないラブコメ 1
文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックス)
ノー・ガンズ・ライフ 4
元ヤン 6
ゴールデンカムイ 9
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic 8
妹さえいればいい。@comic 2
Cue 2
ジャジャ 21
らんま1/2 6
機動戦士ガンダム アグレッサー 5
うしおととら 完全版 19
うしおととら アニメバックステージガイド ~熱~
幻魔大戦 Rebirth 4
電波教師 24
MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 7
BE BLUES!~青になれ~ 25
天使とアクト!! 8
ふれるときこえる 4
マギ 31
マギ シンドバッドの冒険 11
らいち!! 2
らいち!! 2 (少年サンデーコミックス)
暁の暴君 5
秋月さんは大人になれない 3
Helck 8
送球ボーイズ 3
市場クロガネは稼ぎたい 13
Sレア装備の似合う彼女 2
ツーリングEXP. Euro 8
高嶺と花 6
黒伯爵は星を愛でる 7
I-アイ- はこにわぐらし 2
おちくぼ 3
蜻蛉 2
ぬこづけ! 6

11月19日

あかりとシロの心霊夜話 裁きの雨 23
慚愧の扉 ~家政婦が視たものは・・・~:
義風堂々!!直江兼続 ~前田慶次花語り~ 8
疫病神とバカ女神 2
おはようとかおやすみとか 4
いぶり暮らし 5
モノノ怪-鵺-
白竜LEGEND 46完
ラブラブエイリアン 3
極!!男塾 7
新・校内写生 2
馬なり1ハロン劇場 2016秋

11月22日

スターマイン 7
くらまちゃんにグイってしたらピシャってされた! 2
悟れ!弥勒ちゃん 1
鬼灯の冷徹 シロの足跡 1
鬼灯の冷徹 シロの足跡(1) (KCデラックス なかよし)
CD付き 鬼灯の冷徹(23)限定版
CD付き 鬼灯の冷徹(23)限定版 (講談社キャラクターズライツ)
鬼灯の冷徹 23
クッキングパパ 139
GIANT KILLING 43
ギャングース 14
グラゼニ~東京ドーム編~ 9
バトルスタディーズ 8
疾風の勇人 3
先生の白い嘘 6
ふつつか者の兄ですが 4
恋のツキ 2
遠野美術館 2
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 3
学生 島耕作 5
卓上カレンダー付き いとしのムーコ(10)限定版
卓上カレンダー付き いとしのムーコ(10)限定版 (プレミアムKC イブニング)
いとしのムーコ 10
めしにしましょう 1
海賊とよばれた男 9
トップウGP 1
トップウGP(1) (アフタヌーンKC)
げんしけん 二代目の十二 21
ヒストリエ 10
ソフトメタルヴァンパイア 1
ソフトメタルヴァンパイア(1) (アフタヌーンKC)
マージナル・オペレーション 7
零崎軋識の人間ノック 4
波よ聞いてくれ 3
葬送のリミット3
BLACK‐BOX 3
ライフ 11
ライフ 12
ライフ 13
新装版 薬師寺涼子の怪奇事件簿 6 夜光曲
新装版 無限の住人 8
新装版 無限の住人 9
新装版 ウッディケーン・下
新装版 超武者ガンダム 武神輝羅鋼
新装版 SDガンダムフルカラー劇場 夏やすみ
ベアゲルター 3
銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~ 5
イヌカイ×トライヴ 3
イヌカイ×トライヴ 4
僕のランチを邪魔するな! 2
ななしのアステリズム 4
クラスメートは全員メガネ? 3
とある魔術の禁書目録 18
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 3
天誅×神曲《アイウタ》 2
恨み来、恋、恨み恋。 6
ハッピーシュガーライフ 4
いなかのおまわりさん 1

11月24日

サモンナイト6 コミックアンソロジー
【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(7) 描きおろしショートストーリーつき
浅見光彦ミステリースペシャル 25 「坊っちゃん殺人事件」「美濃路殺人事件」

11月25日

ファイアーエムブレムif コミックアンソロジー 集いし仲間・子世代編
ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:大学選抜
テイルズ オブ ベルセリア コミックアンソロジー
瞬間ライル(2) 特装版
瞬間ライル(2) 特装版: IDコミックス/ZERO-SUMコミックス
瞬間ライル 2
腐男子高校生活(3) 特装版
腐男子高校生活(3) 特装版: IDコミックス/ZERO-SUMコミックス
腐男子高校生活 3
ボクラノキセキ(15) 特装版
ボクラノキセキ(15) 特装版: IDコミックス/ZERO-SUMコミックス
ボクラノキセキ 15
彼は羊を被った狼
初恋のカタチは△
菜の花の彼─ナノカノカレ─ 11
雛鳥のワルツ 7
僕に花のメランコリー 4
森のたくまさん 4
ショートケーキケーキ 4
アナグラアメリ 3
悪魔にChic×Hack 2
町田くんの世界 4
ほしとくず─Don't worry,Be happy!─ 3
これは愛じゃないので、よろしく 2
理想的ボーイフレンド 1
林檎と蜂蜜walk 10
初めて恋をした日に読む話 1
クローバー trefle 7
わたしの上司 4
ダメな私に恋してください 10
チョコミミ 9
キミとだけは恋に堕ちない 3
有菜の種 ~まったり日常編~
花に染む 8
日曜日はマルシェでボンボン 5
クイーンズ・クオリティ 3
好きしか言わない 1
となりから流れ星
うちの浅野がすみません
君は、俺が好きだって言ったらどんな顔するだろう。 2
初恋とくちづけ
ういらぶ。ー初々しい恋のおはなしー 6
37.5℃の涙 8
邪神の花嫁 2
煩悩パズル 7
ヒミツのヒロコちゃん 1
執事たちの沈黙 1
スウィート・ビタールーム
キヨハルなんか大嫌い!
24Hダーリン ~キケンなアイツにちゅ!~
禁.断.婚.約. 3
12歳。10~ヒミツ・ヒミツ~ 限定版BOX
12歳。10~ヒミツ・ヒミツ~ 限定版BOX (特品)
リア充なので爆発します!!
16歳、彼に秘密で君とキスした
キスさえ知らない少女漫画家
パパとママ(仮)はラブラブ中!?
+チック姉さん 10
メメメメメメメメメメンヘラぁ… 1
文具少女ののの 2
プリンセスビヨリ 2
八雲さんは餌づけがしたい。 2
SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん 7
ご注文はうさぎですか? チマメ隊 アンソロジー~Happy Diary!~
AGHARTA - アガルタ - 【完全版】 5
AGHARTA - アガルタ - 【完全版】 6

11月26日

ヒロインボイス 2
八十亀ちゃんかんさつにっき 1
ろんぐらいだぁす! (8) 特装版
ろんぐらいだぁす! (8) 特装版 (REXコミックス)
ろんぐらいだぁす! 8
ホリミヤ 10
ホリミヤ 10.5 OFFICIAL FANBOOK
ホリミヤ 10.5 OFFICIAL FANBOOK (Gファンタジーコミックス)
妖怪学校の先生はじめました 4
雨水リンダ 2
ひだまりスケッチ 9
魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ 3
オリーブ! Believe,"Olive"? 2
こはる日和。 2
ハートオブtheガール 2
やさしい新説死霊術 2
ステラのまほうアンソロジーコミック 1
魔法少女のカレイなる余生 1
魔法少女のカレイなる余生 (1) (まんがタイムKRコミックス)
ラストピア 1
高1ですが異世界で城主はじめました 2

11月28日

アクリルキーホルダー付き はたらく細胞(4)特装版
アクリルキーホルダー付き はたらく細胞(4)特装版 (講談社キャラクターズライツ)
アクリルキーホルダー付き 転生したらスライムだった件(3)特装版
アクリルキーホルダー付き 転生したらスライムだった件(3)特装版 (講談社キャラクターズライツ)
犬擬人化漫画略して犬漫画 1
学生パパとおいしい男
舟を浮かべて
ゼルダの伝説 4つの剣+ 完全版
パーマン 7
怪盗ジョーカー 24
マジで!! まじめくん! 3
星のカービィ! もーれつプププアワー! 13
キョーフくん 2
4コマ妖怪ウォッチ ゲラゲラマンガ劇場 2
一騎当千 龍図の巻
新装版 GODEATH ~女神の血脈~ 上
妖の華 2
熱風・虹丸組 8
モテるマンガ 4
マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)
鬼門街 4
ときめきごはん わたしの冬物語
SUPERフリテンくん
ばつ×いち 6
なぎさ食堂 3
ななこまっしぐら! 9
男塾外伝 伊達臣人 4
ダブル~背徳の隣人~ 6
SALAD DAY single cut~由喜と二葉~ 1
中卒労働者から始める高校生活 7
龍眼RT‐ドラゴンアイ‐ 2
初めてのあの日、ぼくらは 2
結んで放して
ファイブ 9
監禁嬢 1
奈落の羊 3
ルパン三世 ITALIANO 4
学園×封鎖 7
少年アシベ 6
ゲッターロボアーク新装版 2
CA)アタック!! 伝説の始まり編
めしざんまい ごはんのおとも
ひめごと~浮世艶草子~
真・犬神 1

11月29日

終わる世界でキミに恋する 3
原宿キャンディキッチン
極楽!!めちゃモテ委員長 2
12歳。10
ヒャッハーだよ♪ ふなっしー しおりちゃんとの日々
シグナル100 4
人魚姫の水族館 1
魔法人妻マナミ
モトヨメ エリート女医編
新ナニワ金融道R(リターンズ)6 ファイナル号

11月30日

はたらく細胞 4
転生したらスライムだった件 3
20世紀少年 完全版 11
テンプリズム 11
あいの結婚相談所 3
1518! イチゴーイチハチ! 3
日々ズレズレ
17歳のチズ 上
100万円の女たち 4
あさひなぐ 21
猫のお寺の知恩さん 2
しあわせアフロ田中 5
忘却のサチコ 8
かなたかける 3
るみちゃんの恋鰹 3
第3のギデオン 4
響~小説家になる方法~ 5
なぎさにて 3
フォーシーム 10
総務部総務課山口六平太 80
ショパンの事件譜 2
細野不二彦短編集 2
どうらく息子 16
フルーツ宅配便 2
土竜の唄外伝 狂蝶の舞~パピヨンダンス~ 7
死んじゃうくらいの快楽を 1
肉女のススメ 2
アオバ自転車店へようこそ! 16
はやめブラストギア 1
蒼き鋼のアルペジオ 13
東京No Vacancy 1
動物たち
風雲児たち 幕末編 28
焔色のまんだら
いちげき 1

Amazon商品【限定版】
【限定版コミックス】

3月4日
食戟のソーマ 11 ドラマCD同梱版
食戟のソーマ 11 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)
ハイキュー!!第15巻アニメDVD付予約限定版
ハイキュー!!第15巻アニメDVD付予約限定版 (ジャンプコミックス)

3月6日
CD付き ハンツー×トラッシュ(7)限定版
CD付き ハンツー×トラッシュ(7)限定版 (プレミアムKC )
DVD付き 昭和元禄落語心中(7)特装版
DVD付き 昭和元禄落語心中(7)特装版 (講談社キャラクターズA)

3月9日
妖怪アパートの幽雅な日常(8)特装版
妖怪アパートの幽雅な日常(8)特装版 (プレミアムKC 月刊少年シリウス)

3月10日
初回限定版 魔法少女プリティ☆ベル16巻
初回限定版 魔法少女プリティ☆ベル16巻 (BLADE COMICS)
ハイスクールD×D DX.1 【BD付限定版】
ハイスクールD×D DX.1 【BD付限定版】
棺姫のチャイカXII Blu-ray付き限定版
棺姫のチャイカXII Blu-ray付き限定版

3月12日
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

3月13日
初回限定版 metro 4
初回限定版 metro 4 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)

3月17日
DVD付き ダイヤのA(46)限定版
DVD付き ダイヤのA(46)限定版 (講談社キャラクターズA)

3月18日
絶対可憐チルドレン 41 週めくりスクールカレンダー付き特別版
絶対可憐チルドレン 41 週めくりスクールカレンダー付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
ハヤテのごとく! 44 スクールカレンダー付き限定版
ハヤテのごとく! 44 スクールカレンダー付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

3月20日
未確認で進行形 特装版(6)
未確認で進行形 特装版(6): IDコミックス/4コマKINGSぱれっとコミックス

3月23日
のんのんびより8巻 イヤホンジャックフィギュア付き特装版
のんのんびより8巻 イヤホンジャックフィギュア付き特装版 (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 12 小冊子付き特装版
僕は友達が少ない 12 小冊子付き特装版 (MFコミックス アライブシリーズ)
Re:ゼロから始める異世界生活 第一章 王都の一日編 2 ラバーストラップ付き特装版
Re:ゼロから始める異世界生活 第一章 王都の一日編 2 ラバーストラップ付き特装版 (MFコミックス アライブシリーズ)

3月24日
おとめ妖怪ざくろ (10) 限定版
おとめ妖怪ざくろ (10) 限定版 (バーズコミックス)

3月25日
猫と私の金曜日 8 ドラマCD同梱版
猫と私の金曜日 8  ドラマCD同梱版 (マルチメディア)
セキレイ(17) 初回限定特装版スクールカレンダー付き
セキレイ(17) 初回限定特装版スクールカレンダー付き(雑誌扱いコミックス)
いいんちょ。 【初回版】 7巻 〔完〕
いいんちょ。 【初回版】 7巻 〔完〕 (ガムコミックス)
トリニティセブン 7人の魔書使い(11) ブルーレイ付き限定版
トリニティセブン 7人の魔書使い(11) ブルーレイ付き限定版 (ドラゴンコミックスエイジ)

3月26日
あかいいと 8 ドラマCD&生写真1枚付き限定版
あかいいと 8 ドラマCD&生写真1枚付き限定版

3月31日
【小冊子付】花は咲くか (5) 特装版
【小冊子付】花は咲くか (5) 特装版 (バーズコミックス ルチルコレクション)

4月3日
ニセコイ第17巻アニメDVD付予約限定版
ニセコイ第17巻アニメDVD付予約限定版
銀魂 第58巻アニメDVD付予約限定版
銀魂 第58巻アニメDVD付予約限定版
終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版
終わりのセラフ 8 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)
To LOVEる-とらぶる-ダークネス 13 アニメDVD同梱版
To LOVEる-とらぶる-ダークネス 13 アニメDVD同梱版

4月6日
DVD付き Kiss×sis(14)限定版
DVD付き Kiss×sis(14)限定版 (講談社キャラクターズA)

4月7日
きぐるみ防衛隊(3)限定版
きぐるみ防衛隊(3)限定版 (講談社キャラクターズA)

4月9日
DVD付き 進撃の巨人(16)限定版
DVD付き 進撃の巨人(16)限定版 (講談社キャラクターズA)

4月10日
初回限定版 PSYCHO-PASS サイコパス 監視官 狡噛慎也 2
初回限定版 PSYCHO-PASS サイコパス 監視官 狡噛慎也 2 (BLADE COMICS SP)
初回限定版 学園さいこぱす 1
初回限定版 学園さいこぱす 1 (BLADE COMICS SP)

4月16日
名探偵コナン 86 DVD付き限定版
名探偵コナン 86 DVD付き限定版 (少年サンデーコミックス)
マギ シンドバッドの冒険 6 オリジナルアニメDVD付き特別版
マギ シンドバッドの冒険 6 オリジナルアニメDVD付き特別版 ([特装版コミック])
姉ログ 7 OVA付き限定版
姉ログ 7 OVA付き限定版 (少年サンデーコミックス)

4月17日
七つの大罪(14)限定版 マスキングテープ付
七つの大罪(14)限定版 マスキングテープ付
AKB49~恋愛禁止条例~(24)特装版
AKB49~恋愛禁止条例~(24)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)

4月20日
神様はじめました 21 巴衛と瑞希のお月見ラバーストラップ2個付き特装版
神様はじめました 21 巴衛と瑞希のお月見ラバーストラップ2個付き特装版 (花とゆめコミックス)

4月22日
一週間フレンズ。(7) 完 初回限定特装版ラバーストラップ付き
一週間フレンズ。(7) 完 初回限定特装版ラバーストラップ付き(SEコミックスプレミアム)

4月24日
オオカミ少女と黒王子 12 OAD同梱版
オオカミ少女と黒王子 12 OAD同梱版 (マルチメディア)

4月25日
カーニヴァル 15巻 特装版
カーニヴァル 15巻 特装版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
ストレンジ・プラス 16巻 特装版
ストレンジ・プラス 16巻 特装版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

4月27日
放課後のプレアデス Prism Palette (1) 特装版
放課後のプレアデス Prism Palette (1) 特装版 (IDコミックス/REXコミックス)
おくさまが生徒会長! (7) 特装版
おくさまが生徒会長! (7) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)

4月30日
ひとりじめマイヒーロー 4巻 特装版
ひとりじめマイヒーロー 4巻 特装版 (IDコミックス gateauコミックス)

5月1日
DVD付き みなみけ(13)限定版
DVD付き みなみけ(13)限定版 (講談社キャラクターズA)
うそカノ 5巻 ドラマCD付き特装版
うそカノ 5巻 ドラマCD付き特装版 (花とゆめコミックス)

5月13日
CD付き 血とチョコレート(2)特装版
CD付き 血とチョコレート(2)特装版 (講談社キャラクターズA)

5月15日
DVD付き 山田くんと7人の魔女(17)限定版
DVD付き 山田くんと7人の魔女(17)限定版 (講談社キャラクターズA)
DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版
DVD付き 四月は君の嘘(11)限定版 (講談社キャラクターズA)
新 仮面ライダーSPIRITS(11)特装版
新 仮面ライダーSPIRITS(11)特装版 (プレミアムKC 月刊少年マガジン)

5月22日
カードゲーム付き 宝石の国(4)特装版
カードゲーム付き 宝石の国(4)特装版 (プレミアムKC アフタヌーン)
DVD付き 鬼灯の冷徹(18)限定版
DVD付き 鬼灯の冷徹(18)限定版 (講談社キャラクターズA)
少女ファイト(12)特装版
少女ファイト(12)特装版 (プレミアムKC イブニング)
氷室の天地 Fate/school life (8) 特装版
氷室の天地 Fate/school life (8) 特装版 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
アイドルマスター ミリオンライブ! バックステージ (1) 特装版
アイドルマスター ミリオンライブ! バックステージ (1) 特装版 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
繰繰れ! コックリさん 9巻 初回限定特装版根付マスコット付き
繰繰れ!  コックリさん 9巻 初回限定特装版根付マスコット付き (SEコミックスプレミアム) (ガンガンコミックスJOKER)

5月27日
学園天国パラドキシア 特装版(10)
学園天国パラドキシア 特装版(10): IDコミックス/REXコミックス
ろんぐらいだぁす!(5) 特装版
ろんぐらいだぁす!(5) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)

5月30日
初回限定版 煉獄に笑う 3
初回限定版 煉獄に笑う 3巻 (マッグガーデンコミックス ビーツシリーズ)

6月5日
CD付き 忍び、恋うつつ(3)特装版
CD付き 忍び、恋うつつ(3)特装版<完> (講談社キャラクターズA)
天元突破グレンラガン 男どアホウ! 編(3) フロイラインリボルテック“ヨーコ"セーラー服ver.付 特装版
天元突破グレンラガン 男どアホウ! 編(3) フロイラインリボルテック“ヨーコ
ラストゲーム 8巻 ドラマCD付き特装版
ラストゲーム 8巻 ドラマCD付き特装版 (花とゆめコミックス)

6月12日
CD付き 四月一日さんには僕がたりない(2)特装版
CD付き 四月一日さんには僕がたりない(2)特装版 (講談社キャラクターズA)

6月17日
DVD付き 七つの大罪(15)限定版
DVD付き 七つの大罪(15)限定版 (講談社キャラクターズA)
AKB49~恋愛禁止条例~(25)特装版
AKB49~恋愛禁止条例~(25)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)

6月18日
ハヤテのごとく! 45 三千院ナギの4コマ漫画練習帳付き限定版
ハヤテのごとく! 45 三千院ナギの4コマ漫画練習帳付き限定版 (少年サンデーコミックス)

6月23日
DVD付き 山賊ダイアリー(6)特装版 オリジナルダブルコースター入り!
DVD付き 山賊ダイアリー(6)特装版 オリジナルダブルコースター入り! (講談社キャラクターズA)
チーズスイートホーム(12)限定版<完>
チーズスイートホーム(12)限定版<完> (講談社キャラクターズA)

6月25日
ボクラノキセキ 12巻 特装版
ボクラノキセキ 12巻 特装版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

7月25日
咲-Saki- 14巻 初回限定特装版『咲日和』オリジナルアニメDVD付き
咲-Saki- 14巻 初回限定特装版『咲日和』オリジナルアニメDVD付き (SEコミックスプレミアム)

8月7日
DVD付き 昭和元禄落語心中(8)特装版
DVD付き 昭和元禄落語心中(8)特装版 (講談社キャラクターズA)

8月21日
DVD付き 鬼灯の冷徹(19)限定版
DVD付き 鬼灯の冷徹(19)限定版 (講談社キャラクターズA)

Amazonランキング
コミックTOP10

アニメBD・DVD TOP10

ゲームTOP10
タグクラウド
ACR
このサイトについて
このサイトで使用されている記事の画像は、それぞれの出版物等から引用しています。引用物の著作権は作者・出版社等に準拠致します。もし関係者に問題のある画像及び記事がございましたら御連絡頂ければ速やかに対処致します。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ