2008年04月09日

四面楚歌に一筋の光?

d87be88b.jpgFIA会長のマックス・モズレーはスキャンダル発覚以降、各方面から「F1の品位が落ちる」「スポンサーが降りかねない」と辞任要求突きつけられているが、ひとり違った見方をする関係者が・・・

それはフォース・インディアのマルヤ共同オーナーである。

彼はこのスキャンダルによってF1がダメージを受けることはないと信じている。これによってダメージを受けるのはこのスポーツ全体ではなく、モズレー自身のみであると。

「今のみんなの関心事は、マックスの将来がどうなるかだよ。今回起こったことによって、このスポーツの人気や将来は問題になることはない。F1は偉大であり、発展しつつあり、非常に人気があり、ファンタスティックなものだ。そして、ビジネスはこれらすべての上に展開する」

まあ結局の所、目の付け所が違うだけで彼もモズレーの味方というわけではないですね(苦笑

※写真はGP UPDATEから

F1 - livedoor Blog 共通テーマ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikesanikesan/51588389
この記事へのコメント
ライコネンは次のように言ってましたね。「彼のプライベートはどうでもいいじゃないか。ビジネスの世界と、彼のしたいことは違うんだ。個人のことに立ち入る必要はないよ。」みんなが、このように考えてくれるとよいのですが。
Posted by anno at 2008年04月11日 21:45
本来はその通りなんですよね。

ただ問題なのは、彼が要職に就いていること。
日本的に言えば「右翼ばりばりな上司について行けるか」というような問題なんでしょうね。
そういう人が社長をやってる会社じゃ、取引先に逃げられるから、社長を辞任してください。というお話ですよね。

まあどのように決着をつけるのか、見せてもらいましょう。
Posted by いけさん at 2008年04月12日 03:45
自分はこのように考えているのです。彼は、SMプレーのなかで、雰囲気を盛り上げようと、ナチスの格好をしていただけなのだと。ただこのような映像が出たことは、大変マズイですよね。彼の父が英国ファシスト党の党首だったということもあり、子供もナチスかと思われてもしかたがない。ナチスに対する嫌悪は強いですし。要職にある人が迂闊だった、とのそしりはまぬがれないでしょうね。彼は本物のナチではない、と思いたいです。
Posted by anno at 2008年04月12日 06:02
本当に冗談ではすみませんよね。
Posted by anno at 2008年04月12日 06:07
本当にナチス的な嗜好があるのかどうかは問題ではないでしょうね。
そういう人間と思われてしまったことが大きな失敗と言うことで。
その後の彼を見ていても、彼について行こうとする人間は少ないでしょう。
そういう意味でも辞任はやむを得ないかと。
Posted by いけさん at 2008年04月12日 16:14