津波シェルター視察〜南海トラフ大地震にむけて〜

今回は8月21〜22日の両日にかけて大阪府議会都市住宅常任委員会として高知県へ視察。
この視察のテーマは「南海トラフ地震対策」&「空き家対策及び活用について」

初日は、室戸市の都呂津波シェルター(地下シェルター型常見避難施設)へ。
太平洋に面した高知県は「津波」が到来した際には危機的な状況になることが予想される。今回の津波シェルターは8月25日にお披露目公開されるところを事前に視察させていただき、協力いただいた高知県危機管理部の皆様には感謝を申し上げたい。

津波シェルターは、高齢化率が45.2%と高齢化が進む地域。高知県内には155棟の津波への「避難塔」が設置されているとのことだが、高齢化が進んでいるということで高いところへ登らずとも命を守ることができるようにと「津波シェルター」が開設されるということである。

【図1】
imageimage

























図の様に海岸際の町からすぐ近くの山に横穴を掘り、避難スペースを設置。さらにたて穴を掘ることにより必要な空気の確保や湿度管理をするというもの。
特徴としては、
・タワーに登る等の垂直避難に必要な時間が必要なため迅速な避難が可能
・緩いスロープ等で避難が可能なため要配慮者の用意が簡単
・火災発生時の避難者の安全対策が可能
などといった点が挙げられる。

現場をみたところ、避難スペースの空間も広く圧迫感はすくない。
【図2】
imageimage




















また、外部にカメラが設置されていることにより、シェルター内部から津波や避難者の様子が確認できる。


高知県危機管理部によると今回シェルターを選択した理由としては
・津波が到達する時間が16分と早い点
・高齢化が進んでおり、体力的な負担が少ない避難施設が必要な点
・避難場所の選択肢を増やすことも考慮して県がモデル事業として施工
ということであった。

施工費用は約3億円。財源は100%高知県の起債(借金)をしその後、国からの交付金により補填するというもの。
モデル事業としてということであるが、シェルターの設計、費用等を考慮すると設置の条件は限定的なものになるであろう。

避難方法も都市型、地方型と現場現場による対応が必要である。南海トラフ大地震が発災した場合、大阪で多くの被害が出るところは大阪市内、そして大阪の南部の地域であろう。
大阪市内は高層施設が多く、民間施設に協力を得ながら避難想定される府民への周知が必要。南部地域にもそれぞれの特徴があるためニーズに応じた対応が必要である。

初日は津波シェルター、2日目はよりコストの低く設置できる「避難タワー」などの施設や、県庁にてレクチャー。
今後の大阪府の危機管理のためにもしっかりと先進事業や検討材料を仕入れてくる。
imageimage
imageimage

しまもと、健康マイレージ事業スタート。

IMG_8845

 日本人の死亡原因の第1位は「がん」。日本人の2にんに1人は「がん」にかかると言われています。また、生活習慣病である「脳卒中」や「心筋梗塞」も大きな問題。これからの超高齢化社会に向けてはこれらの対策は重要です。日本全体の医療費は高騰する一方。医療費をかけず、元気に長生きする健康寿命を延ばすことが大事です。定期的な健康診断による早期発見、日常的に運動することによる健康づくり。。しかし、「言うのは易し、行うのは難し」

 ということで、今回の健康マイレージ制度、「しまもとスマイル健康ラリー」は住民の皆さんが楽しみながら、健康絵の関心を深めてもらうための事業です。大きい予算はとらずとも住民の皆さんに意識を高めてもらう、実践してもらうことが大事です。
詳しくは・・・
http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/kenkouhukusibu/ikiikikenkouka/seijin_hoken_jigyou/1465872883710.html

をクリックして検索してください。

 昨年の夏に、役場へ赴き地元でやりたい事業、困っていることがないか意見交換した際にでてきたこの案件。当時、府議会の健康福祉常任委員会の担当議員ということもあって府庁、島本町役場の皆さんと調整しながら実現しました。関係者の皆様にはご協力ありがとうございました。これからもご意見いただきながら、様々なことにチャレンジをしていきます。

追伸:川口町長、写真爽やかに映りすぎてるんちゃいます?(笑)


IMG_8844

新名神高速道路・安全対策について(都市住宅常任委員会)

 有馬川落橋現場

上記は神戸市有馬川の落橋現場

57



本年、4月神戸市内の有馬川橋、続いて5月には箕面市内の余野川橋で新名神高速道路に関係する落橋事故が発生した。
 有馬川橋では、大阪府民を含む2名が死亡されるという痛ましい事故、余野川ではケガ人はいないものの箕面有料道路を一時塞ぐというものであった。再び事故が再発しない対策さらに、平成28年度に全線開通予定の新名神高速道路の工事再開&完成時期について、大阪府議会・都市住宅常任委員会で池下は維新の会を代表して質問を行った。

以下、答弁の要旨を掲載しておく。
(池下)
新名神高速道路で発生したこの2件の事故の発生状況・施工会社・工事方法について

(道路整備課長)
神戸市内、有馬川については(発生状況は上述のとおり)、橋桁の製作・架設工事の請負者は、三井住友建設(株)と(株)横河ブリッジの共同体。架設工事は横河ブリッジが担当。

工事方法は主に「クレーン工法」と「送り出し工法」の二つ。有馬川では「送り出し工法」(橋台の後ろ側のスペースであらかじめ橋桁を組み立て、順次、スライドさせて送り出した後、橋桁を降下させて固定する方法。
次に箕面市で発生した余野川橋事故については、(クレーン工法)事故発生当時橋桁が、箕面有料道路の東側の橋脚と西側のベント(仮設橋脚)で支えられている状況であったが、この西側のベントが転倒。

(池下)
事故の原因究明が重要。特に、神戸有馬川では1320トンの橋が落ちている。ネクスコ西日本では事故調査委員会を設置しているとのことだが、現在の調査状況と調査の終了時期、新名神の工事再開の見通しはいかがか?

(道路整備課長)
現在、原因究明のため学識経験者による技術検討委員会を設置し2回の会議が開催されたところ。
西日本高速道路(株)は引き続き事故原因の究明を進めることとしており、現時点では原因特定には至っておらず検討の終了時期および新名神高速道路の工事再開の見通しについては未定としている。

(池下)
事故原因が究明されていない中、府民の安全に関わる事故が再発しないか懸念する。
私の地元高槻市で新名神高速道路に関わる橋梁工事が予定されている。高槻東道路のJR東海道本線を越える橋梁工事についてはJR西日本が受託し、「送り出し方式」(神戸有馬川事故と同じ)を採用している。大阪府はこの橋梁工事についてどのような安全対策を行うのか。

(道路整備課長)
事故を起こした有馬川では、東側で釣り設備により橋桁を吊り上げた上で、支えていた仮受設備の解体作業を進めており、西側では橋桁を仮受設備に載せたまま、吊り上げていない状況であり、吊っている東側の約7mの高さの仮受設備を解体しようとしていた(吊っていない西側が落橋)
一方、(高槻の)JR東海道本線を跨ぐ橋梁工事は、橋桁の両端を吊った状態にし、安全を確保してから、仮受設備を段階的に抜き取り、50㎝毎に徐々に橋桁を橋脚まで降ろすことで、より安全性の高い作業を行うこととしている。
さらに、学識経験者等から助言を求め、橋桁を送り出す歳の沈下や変位を常時計測し、観測値等が一定の値を超えた場合に作業を中止する基準や、中止を判断する責任者を明確にし、迅速な連絡体制を構築するなど安全対策を強化していく。

(池下)
しかしながら、この橋脚工事は列車の運行が停止する深夜の約1時間で送り出すなどの作業を行うことのことである。このような、厳しい時間制約がある中で、特に橋桁の送り出し作業についてどのような安全対策を講じるのか。

(道路整備課長)
委員お示しの作業については5日間に渡って徐々に橋桁を送り出していく無理のない工程としている。毎日の作業後には橋桁をワイヤーで支柱に結びつけるなどで安定させていく。
さらに送り出し作業に橋桁を支える台車についても通常は2台設置が一般的(有馬川も)だが、今回は3台設置し、荷重を分散させ台車走行の安定性をより一層向上させる。

(池下)
有馬川の事故現場を見たところ、平成28年の完全供用開始は遅れると思われる。答弁のなかで、ネクスコ西日本は原因究明を急いでおり供用開始への影響は発表されていないとのこと。

新名神高速道路は国土軸を形成する重要な路線。供用開始が遅れることは大阪のみならず関西圏の経済発展に大きな影響を及ぼす。

工事が完了したところの一部区間だけでも部分的に供用開始を行うべきであり、この点についてネクスコ西日本に対し、府として強く働きかけるよう要望する。

この問題は今後、事故原因が判明したのち、9月議会で議論をさせていただきたい。

都市住宅常任委員会における各会派の態度
議案第3号「工事請負契約の件(都市計画道路止々呂美吉川線(仮称)いずま谷川橋脚上部工事)
議案第4号「工事請負契約締結の件(道路改良工事)

賛成 維新   反対 共産
   自民
   公明