団長だよ。

新年早々、アナルが切れた。

こんな恐ろしい事はないし、自分のボディながら情けない。

アナルは悪くない。必死に頑張った。

出口というか、出荷できる数量は絶対的に決まってるわけで。それは35年間で絶対にわかってるはずだし、脳だってわかってるはずなのに、それを遥かに超える物量を精製する工場が狂っている。

しかも僕は毎日出荷するタイプで、三日間ぐらい出荷が止まってるので仕方なかったんです……というケースなら工場長の話にも耳を傾けるが、毎日出荷してるんだから何をそんなに巨大なもんを精製しとるんやと怒りが爆発している。

いや、量というよりも出荷物の形だ。確実に出口の大きさというか形を無視した太さで仕上げてきた。新しい社員が来たのか?それなら昔からいた現場スタッフが教えるべきだし、もしもそのスタッフたちをクビにしていたのなら、俺は本社にクレームを入れたい。この場合、脳になるのかどうかわからないけど。

途中、気張ってる最中にわかるじゃない。あれ、こいつは大物だぞ。シャレにならんぞ。今の装備じゃ戦えないぞ、って。

にっちもさっちもいかなくなって、身動き一つ取れなくなった時に本気で悩んだよ。新年早々こんな形で救急車を呼ぶのか?って。

何を盛ることもなく、リアルに13分ほど格闘した末、なんとか出荷できたけどさ。やっぱり無茶すっから。出荷口は大打撃を受けたよ。鮮血のアヌス。さながらバルス。

辛いですよ。こんな新年。

あと、初夢って大晦日に見る夢じゃないんだね。1月1日に見る夢なんだね。

35にして、大学受験を目指すって夢でした。初夢。何を暗示してるの?予備校に通ってたけど。

元気でな。みんな。