2006年04月08日

日本、長寿国世界一

【ジュネーブ7日共同】世界保健機関(WHO)は7日、2006年版の「世界保健報告」を発表した。それによると04年の平均寿命が世界で一番長いのは日本、モナコ、サンマリノの82歳で、日本は「長寿世界一」の座を維持した。

 男女別では日本女性が86歳で最長寿。男性は日本、アイスランド、サンマリノが79歳で最長寿国。

 報告によると、04年には世界192カ国中、日本など16カ国で平均寿命が80歳以上。一方、アフリカの26カ国とアフガニスタンの計27カ国は50歳未満だった。最も平均寿命が短いのはジンバブエの36歳。

 平均寿命が80歳以上の国の数は前年調査より2カ国増加した。しかしWHOによれば、平均寿命はその年に生まれた人が何年生きられるかを予測する数字のため、現在の世界的な高齢化の進行を裏付ける統計とは言えないという。

 今年の世界保健報告は医師や看護師、薬剤師ら医療従事者の不均衡に焦点を絞った。アフリカ南部を中心に57カ国で医療従事者が400万人以上不足していると指摘し、世界各国が人材育成などに一層積極的に取り組むよう求めた。

(共同通信社)

世界的に見ると寿命の格差が大きいですね。
格差は縮小しているのでしょうか?
ikiikihumannet at 02:48│Comments(0)TrackBack(2)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 友達がランキングサイト作ったんだって!!  [ 上原ココア ]   2006年04月08日 13:43
ココアも登録してみたらすっごいアクセス上がったよぉブログのアクセスUPにはサイコーって言ってた☆
2. 友達がランキングサイト作ったんだって!!  [ 上原ココア ]   2006年04月08日 20:24
ココアも登録してみたらすっごいアクセス上がったよぉブログのアクセスUPにはサイコーって言ってた☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔