2006年04月14日

薬使わず拒絶反応抑制 京都大、リンパ球培養で

臓器移植を受ける患者の特定のリンパ球と提供者の細胞を一緒に培養、免疫細胞が移植された臓器を攻撃しないようにし、拒絶反応を抑える方法を開発したと小柴貴明(こしば・たかあき)京都大助教授(移植免疫学)が12日発表した。

 免疫抑制剤を使わずにすむ方法で、ブタで安全性や有効性を確認後、2008年度から臨床試験をしたいとしている。

 小柴助教授らはマウスで皮膚移植の実験をした。移植を受けるマウスの血液からリンパ球の一種「制御性T細胞」を取り出し、皮膚を提供するマウスの血球と一緒に培養し増殖させた。このリンパ球を体内に戻した上で皮膚移植をすると、80%のマウスで拒絶反応が起きなかった。

 このリンパ球が、移植臓器を攻撃する免疫細胞を抑えているという。

 ブタでもほぼ同様の方法で肺、肝臓、小腸の移植をする。

 京都大で生体肝移植を受けた約1000人のうち、免疫抑制剤なしでも拒絶反応が起きなくなった55人で制御性T細胞が増えているのが分かり、この方法の研究を始めた。

(m3.com)(共同通信社)

画期的な方法ですね。
早く実用化されると良いと思います。
ikiikihumannet at 10:15│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヵヮィィ☆ブログランキング   2006年04月14日 13:27
5 突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「美容・コスメ」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔