2005年11月11日

クサボタン

<カテゴリー 生き物2005 >
盆休みの滋賀旅行、伊吹山の山道には、沢山の草花が咲き誇っていました。
彼等を勉強〜♪

クサボタン花1

クサボタン
Clematis stans

・キンポウゲ科
・センニンソウ属
・落葉低木
・漢字・・・草牡丹
・別名・・・無し
・特徴 有毒!
 幹(茎)・・・黄緑〜緑色、全体に毛が生える、直立する、径1〜3mm、高さ〜1m
   下部は木質化して、枯れずに越冬する
 葉・・・3出複葉(複葉久しぶり♪→参照:ナンテン)
  葉序は対生、黄緑〜緑色、長さ50〜150mm
  小葉は、表面はやや光沢のある黄緑〜緑色、裏面は黄緑〜緑色
   長さ40〜100mm、幅40〜100mm、
   卵形で浅く3裂する、先端は尖る、深い鋸歯有り、
   葉脈は粗い網状で葉脈によって凸凹隆起する、無毛、硬質
  葉柄は3枚の小葉の内の中心1枚が、黄緑〜緑色、長さ20〜50mm、
   外側の2枚の葉柄は短く、無い位
 根・・・不明(^^;
 花・・・8〜10月、茎頂や葉腋から集散花序を出し、両性花を多数下向きに
   咲かせる 全体的に、かなり細かい白色の毛が密生して、白っぽい
  雌雄異株、子房上位
  花序は紅褐色、長さ300〜400mm
  花弁は無し!
  萼片は淡紫〜紫色
   釣鐘形で、4裂して先端半分位はだんだんと外側へ反り返る
   長さ10〜20mm、1枚
  花柄は紅褐色、長さ10〜20mm
  雄しべは淡黄〜黄色、長さは萼片よりやや短目、多数
  雌しべは淡黄〜黄色、長さは雄しべに隠れる位、多数、
   花後は、花柱は伸びて約15mmの白色の羽毛状に枝垂れるのが特徴的
  ※雌・雄株共に、雄しべ・雌しべがあるが、雌株の雄しべの葯は貧弱で、
   雄株の雌しべは結実しない
 果実・・・10〜11月、そう果、緑色→褐色、卵形、長さ約15mm
 分布・・・日本原産、北海道、本州、山地の林縁、草原、群生することが多い
・名前の由来・・・葉の形が牡丹に似ることから

クサボタン花2
虫が頭突っ込んでました^^幸せそう〜

クサボタン葉


以上撮影 2005/08/14


この記事へのコメント
Posted by ごまのはぐさ at 2005年11月13日 10:38
こんにちは。
古いほうのブログはチェックしていないんで、
気付くのが遅れましたm(__)m。
細かく詳しく勉強されてますねー。
結構身近にあるのに気付かれない野草ですね。
傷つけると黄色い乳液が出るのが特異な特徴です。
Posted by hanaboro at 2005年11月14日 12:59
こんにちは。
いつもながら、さすがですね!
勉強させていただきました。

クサボタンの不思議な色、結構好きです。
形もおもしろいですしね。
伊吹山もずっと行ってないなぁ。
サラシナショウマやらイブキトラノオなんかの
大きな高茎草原。見ごたえがありますね。
Posted by 006 at 2005年11月15日 21:49
ごまのはぐささんこんばんは^^
ブログに新旧あったんですね〜。
この調べものしていたら見つけたのですが、なんか違うなぁと思って。
身近にあるんですかー??僕は伊吹山で初めてでしたよー。
そうそう、黄色いそうですね〜。また見てみよう。
Posted by 006 at 2005年11月15日 22:02
hanaboroさんこんばんは^^
そう、色が変わってますよね〜。花と花序に赤青黄が入っていてよく見ると奇抜です。
伊吹山は群生する種が多いので、どこも同じような風景だと思いがちですが、
あんな過酷な環境であれほどの草花が生き続けていることを想うと、
ずっと感動しっぱなしでした。

おっ、サラシナショウマも写真あり。今度勉強します。でかい花でした。
Posted by BlogPetのキキ at 2005年11月18日 11:53
きょうキキは、旅行したかもー。
きょうは、北海道まで006が集散しなかった。
この記事へのコメント
 
はじめに
●文字を大きくするには
・Ctrlキーを押しながら、マウスのクルクルを回す
・↑のメニューの「表示」の中の「文字のサイズ」を選ぶ
●感想などはコメントよりもメールの方がありがたいです
i.ko1ecosystem@ジーメール
プロフィール
006
●兵庫県在住●35歳♂
●最近
・須磨に引っ越しました。

Since 2004/08/14
LinkFree

月別記事
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogをチェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogをリーダーに追加