今日は午前中久々に岩盤浴ー♪
毒の汗がいっぱい出ましたよ。
下に敷いてたバスタオルを顕微鏡で見たら「毒」ってみっしり書いてる?
ウヒョー!グレイト!義太夫!

昼の汽車で帰宅して、フト思い立ちまた外出。
そういえば今朝花火が鳴ってたっけ。
余の足は、家から徒歩10分ほどの母校へと向かっていました。
我々きょうだいも、おとっつんも出身の小中学校。
児童生徒の減少により今年度をもって閉校が決まっているそうです。
で、今日は最後の運動会が開催されていたのです。
卒業してから行く機会がなかったので学校を訪れるのは十数年ぶり。
それにしても…
かつての通学路を歩いていたのですが、誰もいない。
異様なまでの静けさ…。
きょ、今日ホントに運動会やってるの!?
(朝の花火は開催の合図)

校舎全景やってた(笑)
全校生徒18人だそうだから、やっぱり人少ないなあ…!
ていうか当然の事ながら誰も知ってる人がいない。
生徒も先生もみんな変わっちゃってるものね。
あやしいトレンチコートの女がカメラ片手にウロチョロしてたら通報されかねんので誰かにことわってから校舎入ろうと思ってインターホン押。
中から校長先生?があらわれた。
にこにこしててやさしそうな先生。
余「すみません、卒業生なんですが…校舎に入ってもいいですか?」
先生「どうぞどうぞ、今日はフリーですから、ゆっくり見てって下さい」
余「ありがとうございます♪」
先生「ひょっとして閉校の関係ですか?」
余「そうですね、なんか久しぶりに学校見たくなって…」
そうですか、とどこかさみしそうな笑顔の先生。
お言葉に甘えて早速中へ。
ああ、変わってないねえ…!
基本的に余がいた頃のままだわ。
体育館
まずは玄関から廊下を真っ直ぐ歩いて体育館へ。
びっくりするくらい何も変わってなかった。
床に貼ってあるテニスとかバレーボールのラインもそのまま。
友達が光速で猫ふんじゃったを弾いていたアップライトのピアノも。
ひー、なつかし…!

校歌
た〜いへいよ〜ぉの〜あーさぼーらぁけ〜♪♪
不思議と十なん年も歌ってなくても忘れないもんですねい。
同級生や先輩後輩の殆どは地元に残ってないけど皆どうしてるだろ。
みんなおじんやおばんになっただろうか(笑)
ところで今更だが『朝ぼらけ』ってなんだろう…。

チャンマの卒業制作
階段の踊り場に1学年下のチャンマさんのクラスの卒業制作発見。
わし卒業しちゃってたからこれ見るの初めてだ。
おお、細かいトコまで手が込んでますねい。
そういえばわしの代の卒業制作ってなんだったっけ。
確か木でできた外に置くタイプのなにかだった気がするんだけど…
お、思い出せない(笑)
でも屋外に木製の作品はそう永くは置けないだろうからもう朽ちてしまっただろうか。
さっき4学年上の兄上に卒業制作何作ったか訊いたが忘れてた(笑)

2、30分ほど学校内を探索させてもらいました。
誰もいないからっていろんな教室こっそり入っちゃった。
生徒が少ないから空き教室がいっぱいだったなあ。
使ってない教室は多目的室になってた。
廊下が1階も2階も相変わらず薄暗くて、そーそー、こんなんだったよ、と昔にトリップしてました。
校内1周したので校長先生?にごあいさつして帰ることに。
先生「近くに住んでいらっしゃるんですか?」
余「はい、駅の近くなんで10分くらいですね」
先生「よかったらまたいつでも来てください。」
やさしそうなさみしそうな笑顔でそう言われて、なんかうれしいようなさみしいような悲しいような、表現しにくい気持ちになりました。
訪れることはなくてもそこに在るのが当然みたいな学校だったから、こうして本当に閉校してしまう現実を目の当たりにすると複雑な心境になりますですね。
写真見せたらチャンマさんもすごく行きたがってたから、今度はふたりで行こうと思います。
チャンマは本日会社の行事で木を植えに行ったので只今撃沈中