このエントリーをはてなブックマークに追加

Buzz Aldrin on the Moon

2012年9月30日をもって、株式会社ホットココアを設立し、2年半が経ちました。

会社設立当初は、いわゆる「イマドキの起業のしかた」を実践していこうと日々、頑張っていました。

私が思う、「イマドキの起業のしかた」というのは、
・1円起業(できるだけ、ローコストでスタートし、固定費をかけない会社運営)
・webサービスを運営し、CGMやSNSと言ったユーザーがコンテンツを作るサービスを運営する
・webサービスの収益源は、AdSendといったアドネットワーク
・世界を狙える、スケールするサービスモデル
・「あっ!」と驚かすビジネスモデルを持ち、資金調達をし、ガンガン、レバレッジを掛けていく
です。

1つの超理想的なスローガンとしては、『facebookを越えるSNSを作る!』というものが具体的な目標です。

しかし結論から言うと、2年半経った今、「イマドキの起業のしかた」はほぼ実践できていません。また、方向性としてはそのスタンスを貫くことができていません。

今回のエントリーでは、2年半の経過と、今どのようなスタンスで会社運営をしているかを、皆さんと共有出来ればと思います。

あと最近、会う人会う人に、「えがちゃんって、まだ生きてたんだ!今、何してるの?」と言われるのでそれに対する解答にもなればなと。。

会社設立から半年

設立当時は、『起業』というもの自体が新鮮で、「色々やってみよう!」というテンションでした。
最初の半年間は毎日が楽しく、もともとアフィリエイトでの収益をもとに脱サラをし、会社運営をしていたので、あまった時間で「よっしゃー!なんかやったるでー!」と毎日葛藤をしていました。

そして、半年後に起業して挫折を経て分かった、「好きを貫いて気分よく生きる」事の難しさ。 というエントリーでも記載しましたが、半年間何も生み出せないことに対し、勝手に自分で作りだしたプレッシャーに押しつぶされていました。

「一発勝負するぞ!」で人生を賭けたサービスは全て失敗

もともと、中学生時代からwebサービスを作っていたため、webサービスをリリースすること自体は慣れているのですが、やはり会社単位としてリリースするのはかなり気合いが入ります。

個人も含め、私のリリースしたサービスの歴史としては、
▼個人時代
・2003年8月1日〜  ≪Radio I.K.I.≫

・2006年8月1日〜 ぽっちゃりSNS (現在も個人で運用/追記: 現在は譲渡し運営から外れております)

・2008年11月25日〜 非モテSNS (現在はホットココアが運営)

▼法人時代
・・・>webサービス
・2011年9月1日〜 非モテ+

・2011年8月17日〜 Ad-Trade
 
・2011年12月21日〜 非モテインタビュー

・2012年5月8日〜 メンズファッション+
と言う形です。

「法人でサービスを運営する上での失敗」の定義として、難しいのですが、私としては
・サービスの利益のみで、スタッフ5人以上がフルコミットできる状況
or
・(webサービスに限っては)月間、1億PV以上のアクセスがある
が、「達成されていない状況」を勝手に、「失敗」と考えいます。
あくまで自分として、また会社規模としての「失敗」ですので、私以外には当てはめていません。

現状、運営webサービスは累計して3,000万PV程度で、もしかしたら、諦めなければ、上記の「失敗」から脱することができるのかもしれません。

しかし、考えに考え抜いた結果、今は「webサイト制作事業」と「広告代理店事業」を行いつつ、男性服の通販サイトである『メンズファッション+』に1番の軸足として運営しています。


いわゆる、webサービスというものからは一旦、足を洗った形になります。


現在のスタンスと考え方

現在はどのようなスタンスかと言いますと、
▼現状のスタンス
・『メンズファッション+』という、ECサイトを運営に軸足を置き、会社運営を行っていく
・BtoBである、「webサイト制作事業」と「広告代理店事業」も継続して続けていく
です。ちなみに、服の在庫は全て買い取りで社内で持っています。

つまり、「イマドキの起業のしかた」で掲げていた、webサービス運営でもなく、ランニングコストや在庫リスクもあり、SNSのように世界を狙えたり、スケールが底なしに見えるビジネスというものはできていません。

ただ1つ誤解をされると悲しいのですが、「イマドキの起業のしかた」というスタンスでは現状はないのですが、現状のスタンスに満足をしていないわけではありません。
むしろ、今は『メンズファッション+』を全力で大きくしていくのは今までの人生で1番楽しい行為です。また、「選択を間違った!」という風にも思っておらず、現状この選択が最善だというスタンスに立っています。

しかし、やはり『facebookを越えるSNSを作る!』というものが叶うのであれば、1番やりたいことではあります。
ただ、お金やチャンス、リソース、時間は全て無限にあるわけではありません。あらゆるものが無限にチャレンジできるのであれば、もしかしたら現在も「イマドキの起業のしかた」を続けていたかもしれません。

「イマドキの起業のしかた」スタンスを貫き通せなかった理由

現在ホットココアは、私を含め8名のスタッフ(アルバイト含め)で頑張っていますが、メンバーのパーソナリティやスキルを加味した上で、今の時代性や現実性を考え、相対的に「SNS」よりも「EC」であると選択しました。

その背景には、14歳から11年間webサービスを運営してきた上で、

「やはりwebサービスでの、大成功は難しい」

と言うのが、根っこの部分であります。ただ、もちろん「ECは大成功するのは簡単である!」と言っているつもりもなく、私の現在の状況においてはという意味です。

周りのベンチャー企業を見ていても、webサービスをリリースし、数年経っても結果、会社としては1人のスタッフもフルコミットできる収益も生まず、倒産してしまった会社も多くあります。資金調達をしても、調達についてニュースメディアに取り上げられるだけで、結果webサービスがヒットしなかったり、リリース時をピークに恒久的な成長を続けられず、身内でしか名前を聞かなくなっている会社も多いです。

ただ、倒産や、うまくいっていないという理由には、大成功以前にwebサービスはマネタイズが見えづらいことや、1ジャンルで成功できる企業数が極めて少ないという特性もあるかもしれません。PVベースの収益は、思っている以上に難しいですし、お金を稼ぐというのは、当たり前ですが超大変です。

「えがちゃんって、まだ生きてたんだ!今、何してるの?」

私自身も、ヒットサービスは出せておらず、昔から知っている人には「えがちゃんって、まだ生きてたんだ!今、何してるの?」と、よく言われます。

「そんな声は気にしなくてもいいじゃん!」という意見や、「個人で(1人で)webサービスを運営していくならば、ランニングコストもかからないし、自分の好きなことだけやれるよ!」といった意見もありますがやはり、個人でwebサービスを運営していくよりも、やはり組織として大きな規模でサービスを運営していきたいと思っています。

もともと、個人でwebサービスを運営していた経験からすると、やはり、沢山の人に影響を与えることをやるには相対的に組織で取り組んだ方がいいと思っています。

まとめと今やりたいこと

ここまでのエントリーを読んでいただくと、「なんだ、夢を諦めて結局お金か」と思われるかもしれませんが、『メンズファッション+』は実は会社としては一生やり続けていく覚悟が出来ています。

この「一生やり続けていく覚悟」が出来たのでこのエントリーを書いたというのもあります。また、実は既にもう相当な金額を投資しています。また、今後も可能な限り投資を続けていきたいと思っています。

実は2年半の間、模索をし続け、このサービスに一生軸足を置いていこう!と覚悟できたサービスは今まで1つもなかったです。心のどこかで、「まだ様子見」というところがありました。
メンズファッション+はまだ1日2〜4万円程度の売り上げしかなく、まだまだ赤字なのですが、今回「一生やり続けていく!」と覚悟した理由は、「メンズファッション+は多くの人々に価値を提供できる」ことを確信したからです。

今回のビジネス的なエントリーの文脈からは外れてしまいますが、ファッションはまだまだ改善できる業界だと思っています。私自身も、半年前は、服に興味がまったくなかったですが、オシャレに興味を持ち人生が変わりました。しかし、このような成功体験は既存であるファッションに関するサービスでは、再現が難しいと思っています。私は、自身の成功体験を誰でも、簡単に再現できるように、頑張っていきたいと思っています。

また、大きな目標として根底にある〜世界から「さびしい」をなくす〜という企業理念のもと、非モテ+非モテSNSも、社内の優先順位は下がってはしまいましたが、改善を続けていきたいと思っております。
手前味噌ですが、何気に非モテ+とかは他にはない独特な文化や世界観があり、機能も色々面白いんですよ。まったく収益化できていないので、自己満足なのかもしれませんが。。


ということで、2年半会社運営をしてきて、結果、周りからは「夢を諦めた」「webサービスから逃げた」とよく言われますが、今の会社のメンバーやサービスを使ってくれているユーザーさんなど、身近な人々を幸せにすることは2年半前よりも少しずつ出来てきたのかなーと思っています。

相変わらず、鳴かず飛ばずな会社というのは重々自覚していますので、引き続き頑張っていきたいと思います!!!よろしければ、応援いただけると嬉しいです!


記事の内容にちょっとでも共感してくれた人は、↓からコンタクトくださいませ!

Webサービス周りの事を日々つぶやいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加