生きてく自分。

2009年2月に受けた検査でHIV感染が判明。2012年1月から抗HIV投薬を開始。HIV陰性の彼と犬2匹と同居生活中...そんなトレーニング好き・見た目元気、中身「鬱」持ちおっさんゲイのブログ。2012年より記事をカテゴリー別にし、日々の日常等々を書いてま。

熱唱の後の長閑さ。

昨日の昼カラ・・・

弘田三枝子の『人形の家』で幕を開け、

松山千春の『私を見つめて』で絶唱し、

やしきたかじんの『なめとんか』で歌い切りましたわ


昨日は、カラオケ2時間後、そのまま買い物しましてね、
姉を招いての家呑み食い宴。

餃子やらカニ玉やら焼きそばを食べ、
適度に呑みで、イイ宴でしたわ


明けて、今日、

彼の有休消化期間もそろそろ終盤、

自分も彼も今日は、どこへも出かけないので、
まるで日曜の様な1日を過ごしてま

今宵の晩飯は、
昨晩、酔った勢いで言った、
『ハンバーグ』を作る予定。

人生50年、初ハンバーグ作り。

基本のレシピ通り作成し、
基本のハンバーグを食べる予定也。。。

昼カラ中〜♬。

image


気張りま👍。

『カラスの親指』 道尾秀介。

友達お薦めの道尾秀介氏を初読破、

160926『カラスの親指』。

カラスの親指


人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年2人組。
ある日、彼らの生活に1人の少女が舞い込む。
やがて同居人は増え、5人と1匹に。
「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、
残酷な過去は彼らを離さない。
各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?
息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。
「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、
最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。
↑amazonより。

いやぁ〜騙されましたよ、ものの見事に。
お初の作家さんだったので、
読む方も探り探り読んでましたが、
中盤から終盤にかけての畳み掛けるような展開と、
種明かしはお見事。
で、少し切ないラストが印象的で、
読破後の余韻に暫く浸りましたわ。

彼の作品は、
「どれを読んでもハズレが無いよ〜」と薦められましたのでね、
引き続き、道尾秀介・・・読んでみようと思ってま

因みに今作、阿部ちゃん主演で、
2012年に映画公開されてるみたいなんだけど、
何と上映時間が160分ですと
ちょっと長過ぎなんで、観ないかなぁ。。。
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ