IkkoNaganoの写真日記

永野一晃公式サイト HPの補助として出来るだけ毎日更新していく予定です。 2005/8/14開設 テクノラティプロフィール
写真日記ランキングに参加しました。クリックお願いいたします。にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
© 2005 IkkoNagano Photo office . All rights reserved.

午後から石清水八幡宮に出かけてスナップをしてきました。4

01--紫式部午後から晴れとの予報でしたがほぼ曇り空の一日となりました。午後から石清水八幡宮に車で出かけて夕方まで境内でスナップをして帰宅しました。画像は、色付いてきた紫式部の実。





01--団栗
切り株に転がっていた団栗の実。






01--竹林
竹林。






01--アジサイの花の残り
剪定されずに残っていた紫陽花の花。






01--蜘蛛の巣に架かった桜の落ち葉
蜘蛛の巣に架かった桜の散り落ち葉。






01--山茱萸の実
山茱萸の実。






01--夕空
夕方の雲、雲の切れ目から少し光が漏れていました。




生駒市高山に取材に出かけ、スナップをしながら戻ってきました。4

30--クロンド池の釣り人朝から生駒市内の蕎麦屋さんに移動して骨董品の取材を済ませた後、近くの高山竹林園で暫くスナップをしたあと帰途につきました。画像は、道中にスナップした、くろんど池と釣り人。





30--稲田と蔵の有る家
蔵の有る家、稲穂が輝いていました。





30--結界に守られた小屋
高山八幡宮の結界に守られた小屋。





30--竹公園の彼岸花。
高山竹林園に咲いていた彼岸花。






30--ユリの種に止まる赤とんぼ
ユリの種にとまっていた赤トンボ。





30--生駒市高山の棚田
道中の棚田。





30--雲間から見えた三日月
雲間から少し見えた三日月。

以前からお世話になっている丹波市立中央小学校の岸田校長先生の校長日記。この四月に着任されてから毎日学校の様子を書いておられます。9月26日に公益社団法人・日本写真家協会の写真学習プログラムの一回目の授業の様子を書いていただきました。ご協力に感謝するとともにご紹介いたします。PDFでの掲載なので当日の日記とともにHPをご紹介します。更新情報から校長日記をご覧ください。http://edu.city.tamba.hyogo.jp/chuo-es/
学習プログラム当日の模様はこちらから



病院からの帰途に隣接する樟葉東公園に寄ってスナップしながら戻りました。4

29--荒地の盗人萩午前11時から男山病院で腹部MRI検査と胃カメラ内視鏡検査をしました。入り口にポリ-プ゛がひとつ出口付近に軽い胃潰瘍が見つかり摘みとって精検に出すとのこと。帰途に隣接した樟葉東公園に寄ってスナップをしながら帰宅しました。午後から車で六地蔵の実家に寄って様子を見てから戻ってきました。画像は、公園にもはびこっていました。帰化植物のアレチノヌスビトハギの実。





29--露草
露草の花。





29--かえでの葉
かえでの葉。






29--ハナミズキの実
赤く実ったハナミズキ。






29--蓮の葉
蓮の葉と実の影。





29--色ついてきた蔓草の実
蔓草の実。



現像所でプリントチェックの後、曼殊院の周辺と赤山禅院でスナップをしてきました。4

a href="http://livedoor.blogimg.jp/ikko_nagano/imgs/a/6/a678c469.jpg" title="28--金木犀の花" target="_blank">28--金木犀の花午前中に現像所でフォト・ニコニコの作品展ようのプリントチェックをすませて昼食後に曼殊院の周辺と赤山禅院に寄ってスナップをしてきました。今日も良い天気の一日となり日没まで雲のない青空が見られました。とこからとも無く金木犀の花の香りがして花もほぼ満開になっています。画像は、満開の金木犀(きんもくせい)の花。





28--山茱萸の実
色付きはじめていた山茱萸の実。





28--トンボの産卵
トンボの産卵。






28--コスモスの花
コスモスの花。






28--モミジ葉
紅葉し始めていたモミジ葉。






28--赤山禅院ちょうちん
赤山禅院の堤燈。






27--不思議な空間
以前にJPSのShouzoFukushimaさんのFaceBookwで見て気になっていた京都市内に有るヨットの浮かんでいた場所に出かけてきました。何年も前から放置されているのにもかかわらず、綺麗な水で青空か水面に映りこんでいました。不思議な場所でもあります。














日帰りバスでの撮影会で岩座神石垣棚田から夜久野と清住コスモス園に出かけてきました。4

27--岩座神の棚田朝から大阪梅田に出かけて。 たびぱるバスでの日帰り撮影会。 岩座神の石垣棚田から昼食は夜久野峠。其のあと丹波市の清住コスモス園へと移動して撮影をしてきました。秋晴れの爽やかな天気の一日となりました。






27--棚田の彼岸花
刈り取られた稲田の畦に咲く彼岸花。






27--夜久野の蕎麦
夜久野の蕎麦の花と実。






27--棚田ア-sト
田圃ア-トの作品。





27--ススキと黄花コスモス
黄花コスモスとススキ。






27--コスモス
コスモスの花。





道中でスナップをしながら丹波市内の小学校に出かけてきました。4

26--長岡彼岸花と稲午前9時過ぎに車で出発して長岡京IC〜亀岡ICまで京都縦貫道ここから篠山ICまで下道を走り春日ICから氷上ICを経由して午後1時半に丹波中央小学校に到着。5時間目と6時間目を利用してJPS写真学習プログラムの一回目の授業をさせていただきました。生き生きとして元気な子供達にこちらも元気をもらって帰途につきました。画像は、丹波市に移動中に大山崎でスナップした稲穂と彼岸花。






26--丹波栗
弾けて飛び出しそうな丹波栗の実。






26--豊作
刈り取りを終えて稲架干しされていた稲穂。






26--柿木と蔵
蔵の間に実っていた柿の実。






26--菊芋の花
菊芋の花。






26--今日の空
丹波市の今日の空、上空の風が強くて雲が早くながれていました。




午後から松花堂庭園に出かけてきました。4

25--白い彼岸花未明までの激しい雨も上がり天気は回復したと思いましたが上空が不安定で゛晴れたり曇ったりの天気となりました。午後から松花堂庭園に出かけてスナップをしてきました。画像は、庭園内のヤマモモの樹の下に群生して咲いていた白い彼岸花。





25--モミジ葉
少し色付いてきたモミジ葉。






25--萩の花
萩の花。






25--梅もどきの実
赤く色付いたウメモドキの実。






25--ハゼ蘭の花
まだ咲いていたハゼランの花。






25--卯安定な空
今日の空は不安定。上空の雲が2層に別れてそれぞれか違う方向に流れていました。




アルカスホ-ルに出かけてWSに向けての下見がてら周辺を歩いてきました。4

24--京阪特急朝から曇り空の中、電車で寝屋川市まで出かけて、アルカスホ-ルのスタッフとともにワ-クショップの下見。周辺をスナップしながら歩いてきました。寝屋川市には楠木が多くあり八坂神社には大きな楠木が15本もありました。何とか雨にも降られずに戻ることが出来ました。画像は、京阪寝屋川市駅ホ-ムから見た特急電車。






24--寝屋川河川敷公園
寝屋川駅前の河川敷公園、ビオト-プも作られています。川に沿って赤いのは彼岸花です。






ベル大利商店街
活気の有るベル大利商店街、自転車が沢山走っているのには驚きました。






24--駐輪場
駅前の駐輪場には自転車が無し。






24--もみじアオイ
喫茶店に咲くモミジアオイの花。






24--お地蔵さん
ピルの中に並んでいるお地蔵さん造花の花とペットボトルがお供えしてありました。





24--側面
お店の側面の配線と配管。





お彼岸と言う事で、真如堂に墓参りに出かけて境内をスナップしました。4

23--山吹の実今日は良い天気で気温も高くなりました。午後から真如堂に墓参りに出かけておえてから、境内をスナップしてから六地蔵の実家に寄って帰途に中書島を経由して戻りました。画像は、山吹の黒い実。






23--彼岸花
白い彼岸花。






23--モミジ葉
少しだけ色付いたモミジ葉。





23--ヒメアカタテハ蝶
フジバカマの花で吸蜜中のヒメアカタテハ蝶。





23--タンポポ
タンポポの種。






23--塔
今日の空と三重塔。




午前中に奈良市内での取材を終えて桜井市笠の蕎麦畑を見に行きました。4

22--稲架に架けの稲午前中に奈良市内での取材をすませて笠山荒神前の蕎麦屋で昼食の後、棚田で咲き始めた蕎麦の花を見てきました。笠地区のでは稲刈りもほとんどが終わり彼岸花も終わりかけでしたが、蕎麦の花は今が見ごろで写真愛好家の方が来られていました。笠山荒神前の蕎麦屋は地元の人たちでやっておられて安くて美味お勧めです。画像は、稲刈りのあと稲架(はざ)に架けて干して有る稲穂。





22--コスモスの花
コスモスの花。






22--笠地区の蕎麦畑
笠の蕎麦畑、花が見ごろとなっていました。





22--斜面のススキ
棚田の斜面のススキ。






22--アカネトンボ笠
アカネトンボ。






22--天理の棚田
山から少し下った天理市内の棚田。






22--流れる雲
帰途に見かけた風で流れる雲。




午後から八幡市内を巡りスナップをしてきました。4

21--稲田に咲く芙蓉の花朝から良い天気に恵まれました。午後から車で八幡市内の田園地区を巡ってきました。流れ橋にも寄ってみましたが、休日とあって大勢の観光客が来られていて中州では宴会をしている人たちもおられました。画像は、稲田に咲く芙蓉の花。





21--彼岸花
流れ橋の近くの竹林に咲いていた彼岸花。






21--ダリア
最近あまり見られなくなったダリアの花。






21--朝顔の花
朝顔の花。






21--マネキン案山子背景は向日葵
稲田にたつマネキンの案山子、背景は小さな向日葵の花。






21--木津川の流れ
夕方の御幸橋から見た木津川の川面。




気温24.2℃と秋らしくなってきました。午後から京田辺市内に出かけてきました。4

20--近鉄特急しまかぜ曇り空の一日となりました。午後から車で京田辺方面に出かけてスナップをしてきました。画像は、木津川堤防を散策中に偶然に遭遇した近鉄観光特急「しまかぜ」急いで何とかスナップしました。10月10日から京都初着の便が定期運行されます。






20--赤とんぼ
アカネトンボ。






20--彼岸花
彼岸花。






20--風船葛の花と実
風船葛(ふうせんかずら)の花とこれから膨らむ実。





20--紫苑の花とセセリ蝶
紫苑の花で吸蜜中のセセリ蝶。






20--鶏頭の花
鶏頭の花。





奈良での取材を終えてから本薬師寺跡と明日香の稲渕に寄ってきました。4

19---ホテイアオイの花午後から奈良市内での取材を終えた後、橿原市の本薬師寺跡のホテイアオイの花と明日香町稲渕の彼岸花を見に出かけてきました。どちらも平日にもかかわらず多くの写真愛好家の皆さんで賑わっていました。稲渕では明日と明後日と彼岸花祭が行われるようで準備作業中でした。画像は、ホテイアオイの花。






19--元薬師寺彼岸花とホテイアオイ
彼岸花とホテイアオイの花。






19--元薬師寺萩と池
萩の花とホテイアオイの池。






19--稲渕の棚田
明日香町稲渕の棚田。






19--案山子の道
稲渕の案山子ロ-ドには変った案山子が並んでいます。






19--白の彼岸花
白の彼岸花。






19--スケッチをする人
自転車を止めてスケッチをする人。




午後から車で亀岡市内に出かけて穴太寺近くの集落で彼岸花をスナップしてきました。4

18--彼岸花の咲く町今日の京都の最高気温25.1℃と涼しくなってきました。午後から亀岡市内に移動して彼岸花をスナップしてきました。穴太寺のあたりには幟をたててアピ-している場所もありますがそこは写真愛好家の方たちでいっぱい、少し離れた集落にお邪魔してきました。夕方には半袖では寒いくらいに冷え込んで一気に秋らしくなってきました。画像は、畦に咲く彼岸花。






18--秋の空と彼岸花
秋の空と彼岸花。






18--アメジストせ-ジの花
アメジストセ-ジの花。






18--稲刈り後に咲く彼岸花
早稲の刈り取り後の稲田沿いに咲く彼岸花。





18--風に吹かれてコスモス
風に揺れるコスモス。






18--秋明菊の花
秋明菊(別名・貴船菊)の花も咲き始めていました。






18--寒気が入り込み風の強い秋の空
亀岡の夕方の空、上空の風か強くて雲が流れていましたが京都市内に戻ると晴れていました。


実家に寄った後、真如堂に出かけてきました。4

17--酔芙蓉の花午後から六地蔵の実家に寄って機材を下ろしてから京都に出かけ夕方の真如堂でスナップをしてから車を御池地下駐車場に止めて読売新聞京都総局で行われた京都YPCの例会とコンペの審査に出席してきました。画像は、真如堂本坊前に咲く酔芙蓉の花。






17--彼岸花
彼岸花。






17--山門
境内参道から見た山門。






17--朝顔の花
茶屋の屋根に伸びる朝顔の花。






2
萩の花。







17--サルスベリ
三重塔横のサルスベリの花と紅葉し始めた葉。




Recent Comments
Profile
タグクラウド
訪問者数
  • 累計:

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
楽天市場
QRコード
QRコード

ハンドルネーム占い結果
http://hname.net

(3)(2)
総運:16

大吉

信望が厚く、リーダーとして適した運気。
チャンスに恵まれ、ハプニングには強く、
どんな困難にも冷静に対処できます。
派手さはありませんが、
一歩一歩確実に進めるでしょう。

  • ライブドアブログ