ミスター・グッドバーを探して

Looking For Mr. Goodbar
タイトルは古いシネマの邦題から拝借しました。柳ジョージ&レイニーウッドの歌にも、
♪ミスターグッドバーのダイアンのようにさ 昼はお堅い仕事で 日の暮れは娼婦さ
とありましたが、心に疵を持つ若い保母が夜な夜な男を求めて街を彷徨います。歌の「ダイアン」とは主演のダイアン・キートン、原作は早川書房のノンフィクションノベルで読み応えあり。ミスター・グッドバーとは素敵なボーイフレンドの事ですが、夜の盛り場で探すのは魚屋でトマトを探すようなもの。
私の場合は bar-log-blog という連想です。停まり木としてのバーは、バレー練習時のバー、飲み屋のバー(足元にある)。元々は丸太、ログでできていました。これが記録という意味を持つのは、その昔、航海時に日数を記録するために丸太に刻みを付けた事から。そして blog は、いうまでもなく web log の略称です。

感嘆符の2連投になりましたが、この数年フィードしている澤藤弁護士のブログ記事から。
「安保関連法賛成議員の落選運動を支援する・弁護士・研究者の会」(略称 落選運動を支援する会)は、本日ホームページを正式に起ち上げ、活動を開始した。
との事です。

澤藤統一郎の憲法日記

続きを読む

いささか遅まきながらメモ。
犬HKの底なしの退行は、口が穢れそうなのでいまさら話題にしたくもありません。しかしそこを職場にしている人達、いったい何を考え、何を感じているのでしょう。それでも、この様な内部告発者がいるのは救いなのかもしれません。タイムズの記事です。
www.thetimes.co.uk/tto/news/world/asia/article4239769.ece
ウェブ魚拓は次行。
megalodon.jp/2014-1021-1603-56/www.thetimes.co.uk/tto/news/world/asia/article4239769.ece
続きを読む

このページのトップヘ