2020年07月05日

極私的〜892

 さてこれから何か新しい行動・活動をしようかな。
そのような私的時期にきています。
 私のサービスを偶々見つけてくれた方が受けに来てくれる。
只々それだけの「偶然の一致」からなるサービスを20年も続けれたことは、
どう考えても何かしらのご加護があったからなのだと思います。
 そしてこの仕事の形態で20年間も生活維持できたことが現実なのか幻想なのか。
想えばたくさんの方々が通りすぎていきました。
車や列車が国道やレールを数えきれない頻度で通りすぎていくみたいに。
 私を媒介した「偶然の一致」がシカケとなるような新しい行動・活動。
近未来につながる痕跡になれたらいいなと、
まずは意識しておきます。

ikseitai at 19:17|PermalinkComments(0)

2020年07月03日

極私的〜891

 散乱している情報を何かしらのタイミングで見てしまう。
冷静に考えればホンッとどうでもいいような情報をです。
誰々が結婚したとか、誰々が不倫したとか、誰々が離婚したとか。
誰々が炎上したとか、誰々が謝罪したとか、誰々が復帰したとか。
 そんな類(たぐい)の情報を人間は何十年も昔から見続けています。
見せている供給者側の意図は「家畜に餌を与える」です。
そしてこれから益々二極化していくでしょう。
 息を整えて冷静に思考して判断してください。
すべての判断基準をわかりやすく簡素化するなら、
「安心安全衛生的」がキーワードです。
コロナ時代においても通じると思います。
 健康的な生活リズム、健康的な食生活、健康的な睡眠、健康的な排泄タイミング。
健康的なエクササイズ、健康的なストレス解消、健康的な社会労働参加。
健康的な掃除、健康的な脳内刺激、健康的な情報摂取、健康的な非日常。
などなど、健康的なあれこれ、まだまだ他にもあるでしょう。
近未来への舵取りを楽しみましょう。

ikseitai at 15:03|PermalinkComments(0)

2020年06月30日

極私的〜890

 コロナ時代を生き残るため、近未来を生き残るためには、
生半可なサービスでは無理なのかもしれません。
近未来がそのようになることは誰もがわかると思います。
 個人でも組織でもすべての範囲でオリジナルが試されます。
誰もがオリジナルの輝きを放ちます。
これは自信過剰のイメージではなく、
透明な分厚いマントのイメージです。
 私的には誰もが宇宙に近づいていくと感じます。
オリジナルエネルギー体が浮遊する旅人です。
星々たちの正体をこれから実感していきましょう。

ikseitai at 18:17|PermalinkComments(0)

2020年06月21日

極私的〜889

 お久しぶりに昨日の午後から読書をスタート。
280頁くらいでサラッと読みやすそうな単行本。
宮部みゆきさんの『今夜は眠れない』。
実家にあったオヤジさまが古本屋で仕入れたモノです。
 予想通りに読みやすい文体とストーリーです。
半読の140頁まで読み進みました。
ここまで読み進むと何かしらの同化・一体化を感じます。
 ここ数日間は気候・大気・気圧がサラッとして過ごしやすいです。
そういう雰囲気のときは仕事は暇になりやすい。
つまり皆さんの体調や気分の変化は、
気候・大気・気圧からずいぶん影響を受けます。
 真夜中の仕事依頼が入らない限りは、
コロナの影響で生活リズムが太陽と月のリズムに一致しました。
作家・五木寛之さんもネット記事に同じことを書いてました。
長年の夜型生活がノーマルになったと。
 この調子なら明日までには読み終えそうです。
部分日蝕も気にはなりますが、
5億円の行方の結末にたどり着くことが只今の意識ベクトルです。
扇風機を稼働させながら、ミスドのコーヒーカップを共に。

ikseitai at 15:04|PermalinkComments(0)

2020年06月11日

極私的〜888

 ジットリとした梅雨シーズンになりました。
コロナ時代の景色と梅雨の景色が交差します。
ジットリとした大気の中で、
マスクをつけている大衆の風景です。
 昭和時代の漫画の風景ならば、
マスクにグラサンは怪しさ満点のキャラクターでした。
 私的にはマスク装着は息苦しくて苦手です。
痒くなったりニキビなどもできやすくなります。
何気なく歩いた短い距離でも、
ナンだか息切れをしてしまうような気だるさがあります。
 トニモカクにも、これから夏場シーズンのマスク着用は、
臨機応変にオンオフをしてください。
熱中症対策として大変重要ですから。
 また今年も異界に引き込まれやすい屈折した次元の波がやってきます。
コロナ時代の夏の誘惑をご無事に通り過ぎてくださいませ。

ikseitai at 16:00|PermalinkComments(0)

2020年06月01日

極私的〜887

 過去の世紀にはおそらく無かったような時代が訪れようとしています。
私的にはこの稀有な時代に舞い戻れて感謝いたします。
 別にこれといった理想や目標などはありません。
只々この世界を徘徊しているジオラマの小さな私で十分満足です。
 日陰の立ち位置からひょっこり危なげに見ている存在です。
喜怒哀楽を感じながらそれでも少しくらいは何らかのアクションをしようかな。
私ができる何かしらオリジナルの時を刻む行為を。
 話は変わりますが、桂川街道八条を少し南へ行った西側沿いに、
こんな場所にと思わせるタピオカ店がスタートしてましたよ。
まさかまさかの終息した流行りが桂川街道に舞い戻ってきました。
 桂川街道に高級食パン屋がスタートしたときと同じような不思議さがあります。
老若男女が楽しめる地域密着型のタピオカ店さんになることを願って応援いたします。
 追伸、店名がわかりましたので以下に。
★タピキング京都桂店★
住所 京都市西京区桂朝日町109
(桂川街道八条下る西側沿いです)
営業 12時〜23時
https://tapiking.com
http://osumituki.com/hack/kyotokanko/cafe/135711.html

ikseitai at 13:35|PermalinkComments(0)

2020年05月26日

極私的〜886

 先週はお久しぶりにサロンにて忙しい日が続きました。
コロナホリデーで鈍りきった体に刺激を与えれた次第です。
 エアコンは内部を凍結し溶かして自動洗浄できるタイプに買い換えました。
もうすぐ業者さんが交換してくれはります。
 コロナアフター時代のエアコンは省エネ効果よりも、
内部自動洗浄機能が優れたのが売れ筋になるでしょう。
さらにSHARPプラズマクラスターみたいな除菌効果が融合されるのがベストです。
クラスターなんて聞いたら感染用語を連想しちゃいます。
 しばらく近所の国道9号線では、
深夜にバリバリ工事をしていて耳につきます。
極私的な近況を急ぎ足で短く書き留めておきました。

ikseitai at 03:26|PermalinkComments(0)

2020年05月13日

極私的〜885

 その日そのときその瞬間の個人の有様は、
結局は気持ち一つでどのようにもなりえます。
しかしその有様が他者とは違うので、
社会は複雑極まりないのです。
 更に言えば、私は私、あなたはあなた、
と見て見ぬフリをすることも可能です。
私の有様とあなたの有様はそもそも違うのですから、
個人の気持ちを最大限に尊重することが、
個人の天下国家を成し得るでしょう。
 生命が他者と繋がっている最大の目的は、
人間以外の生命を見ていたら分かる通り、
次の新しい生命を生み出すためです。
すべての生命がそのベクトル一方通行です。
 そうではない知的生命体が、
ゆくゆくどのような方向性に向かうのかは、
ただ無限の彼方を漂うだけのように感じます。
 気になるのは、無限の彼方を漂う存在には、
愛があるのかないのかです。
もし愛があるのなら、
めんどくさいことになりそうです。
朝が明けたので考えるのはやめておきます。

ikseitai at 05:10|PermalinkComments(0)

2020年05月09日

極私的〜884

 私的仕事のこれまでの基本は、
待つことの連続であります。
ネットからスタンダードな宣伝手法を使う。
それ以外は只々待つことが勝負です。
 私のサービスをたまたま偶然見つけてくれて、
そのサービスを受けてみようと足を運びます。
一期一会、一点突破、出会いと別れ、その繰り返し。
などなどのキーワードが当てはまるかもです。
 コロナ時代においても、
それらキーワードに変わりはありません。
只々何らかの偶然の一致がそうなるのです。
 いつもの見慣れた道を、
右に曲がるか左に曲がるか。
その瞬間にその人のベクトルは変わります。
そのようなことを考え出したら、
無限ループですからやめたほうが無難かもです。

ikseitai at 04:06|PermalinkComments(0)

2020年04月29日

極私的〜883

 コロナ騒動の最中にGWがスタートしました。
日の入りの時間が5時過ぎと早くなり、
心地が良い太陽の日差しがマンション内に注ぎます。
春から夏への気温上昇の変化と共に、
コロナ騒動が終息していくことを願う限りです。
 今遭遇している世界は一体何なんだろうか。
私だけが時空の隙間から滑り落ちて、
違う世界に迷い込んでしまったのだろうか。
長いリアルな夢を見ているだけだったというオチは、
死んであの世に行ってからの結末であります。
 映画の中の風景と比較しても引けを取らないこちら側の風景が、
只々夢のごとく通り過ぎていくのです。

ikseitai at 08:34|PermalinkComments(0)