2021年05月09日

極私的〜941

 人の体はだいたい10〜12年周期で、
ボロや綻びが表出してくる傾向があります。
もちろんその合間に物語が溜まり続けた結果です。
 生きて通りすぎてきたすべての物語が、
私たち自身の細胞を日々不確実に変化させます。
 私自身も2008年〜2009年くらいに体調不良が継続した時期がありました。
生まれて一度も経験したことがないような不定愁訴でした。
病院での検査では異常が見つかりませんでした。
 私が経験し通りすぎてきた物語が溜まり続けて、
タイム&タイドで極まった時期に、
何らかのメッセージが体調の変化として表出します。
 あの時期から約12年が経過しました。
時代の雰囲気がずいぶんと変化しました。
私自身も走り続けて通りすぎてきた物語が、
また蓄積し極まってくる周期なのかもしれません。
 「太陽と月の統合」の時期に向けて、
皆さま方にも様々な体調の変化が訪れると思います。
 意識として特に重要なことは、
脊柱から骨盤までの姿勢や流れです。
多くの疾患や不定愁訴は自律神経からの指令でそのように為されます。
 宇宙意識の時代に突入しましたから、
人体のエネルギーラインの使い方が重要になってきます。
皆さま方が輝ける宇宙の星になりえますことを願いながら、
私は人体のエネルギーラインを調整する物語を遂行していく次第です。

ikseitai at 23:34|PermalinkComments(0)

2021年04月30日

極私的〜940

 コロナ禍が継続する三度目の緊急事態宣言中。
4月も朝まで生テレビがある月末を迎え、
なんとかかんとかいんぐりもんぐり、
赤字にならないギリギリのラインで踏ん張っております。
 去年の4月売上の惨状を思えば、
まだなんとかかんとかいんぐりもんぐりであります。
 「なんとかかんとかいんぐりもんぐり」は、
ギリギリ瀬戸際の呪文ですので、
そんなに過剰な期待はしないで下さい。
素直に現状あるがままに受け入れて通り過ぎていきましょう。
 今月もサロン出張共々にご依頼くださったクライアント様方には、
大変に感謝を申し上げる次第です。
なんとかんとかいんぐりもんぐりコロナ禍を通り過ぎて参りましょう。


ikseitai at 18:15|PermalinkComments(0)

2021年04月28日

極私的〜939

 京都でも三度目の緊急事態宣言がスタートしました。
私的な仕事の範疇では法的な休業要請は出されていないので、
第1回目の緊急事態宣言のときとは違い協力金などはありません。
 申請がスタートしている今年1月から3月までが対象の一時支援金に関しても、
https://ichijishienkin.go.jp
売上が前年度もしくは前々年度の同じ月と比べて50%以上の減少にならなければ支給の対象にはならないので、
私が帳簿管理で使用している弥生会計さまが支給対象外であることを示しています。
 つまりこのような緊急事態宣言下でも、
なんとかのらりくらりと生きているわけです。
 最近では京都で若い世代の方が、
2日連続で電車線路への飛び込み自殺をされている記事を拝見しました。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/554090
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/555057
https://www.sankei.com/smp/affairs/news/210427/afr2104270008-s1.html
それぞれ18歳女子高生と18歳男子高生です。
なんともやるせない気分になります。
 その日そのときその瞬間に繋がるタイムテーブルにおいて、
ほんの一瞬の些細な出来事が彼ら彼女らにサンドイッチされ挟まってくれていたら、
この記事内容は消えていたことでしょう。
 人間の思考回路とはそのようなモノなのです。
右足から踏み出すか左足から踏み出すかで、
場面展開が危うくも変わってしまう世界を私たちは生きているのでしょう。

ikseitai at 02:44|PermalinkComments(0)

2021年04月07日

極私的〜938

 2021陽気に春ウララとはイキませんね。
2020・3月コロナがスタートしてから、
「意識の流れ」は紆余曲折です。
世界中が「不安の世紀」ならではのグラフ曲線なのでしょう。
 こういうときは複雑神妙になる必要はないと思います。
できる日常を坦々としながら、
通り過ぎ去るのを待つのみです。
自ずとフィットしていきますから。
 自己免疫作用やホメオスタシス(恒常性)が備わっています。
その限界を超えた先は、
プラスの場合が超えた人(超人)、
マイナスの場合が死となるのです。
 そのこと自体に優劣などはありません。
只々時間差の問題でしょう。
繰り返すタイムループを超えてください。

ikseitai at 20:20|PermalinkComments(0)

2021年04月03日

極私的〜937

 美しい桜が乱れ咲き舞い散る季節になりました。
芽吹きや新緑のような再生ターンオーバーがメタファーです。
 その日そのときその瞬間が、
まるで静止画で撮影されたように固まった風景があります。
その固まった風景はそのまま勝手に何かの仕業で、
違う舞台に引きずり込まれてしまう危うさを秘めているような気がしてならないと思わせる。
 美しい桜の花びらが舞い散る風景に同化し過ぎると、
知らぬ間に思わね展開に引きずり込まれてしまわないようご注意ください。
再生ターンオーバーには喜びと悲しみがありますから。

ikseitai at 19:49|PermalinkComments(0)

2021年03月20日

極私的〜936

 様々な地震周期データから予想・予測されていた通りに、
本日18時9分に宮城県沖を震源に震度5強の地震が発生しました。
 まずは津波被害が無かったことが幸いです。
さらには皆さんもしもの津波からの賢明な避難実行をされたことでしょう。
 NHKによる即座の連続的な地震・津波関連ニュースは、
その後の行動計画に対しての情報源として価値があります。
 ここしばらく日本列島が端から端までうねりに動いています。
そのような地震周期でありそのような地球体表反応です。
 その地球体表で私たちがころがりながら生かされているわけです。
地球体表でころがり続けながら様々なドラマが繰り広げられます。
うまく上手にころがることが秘訣かもしれませんね。

ikseitai at 20:50|PermalinkComments(0)

2021年03月15日

極私的〜935

 毎日の時々刻々がそこまでやり遂げたら自身は終わりだという意識に変化してから、
様々な意識ベクトルが研ぎ澄まされる感じがします。
 ここまでやり遂げてもう十分満足したから、
そのあとはもうオマケみたいなものだよと素直に感じるのです。
だからこれからも毎日の時々刻々がそこで終わりなのです。
 自我が時間の流れに溶け合うような気分にもなります。
だからその時々刻々を素直に受け入れるのです。
 そこには緻密な理論ストレスはありません。
緻密な理論は様々な領域に踏み込んでいきます。
 オマケみたいなものと表裏一体の、
されどワタシされどアナタが存在します。
新月の暗闇が私の頬を照らしている次第です。

ikseitai at 02:00|PermalinkComments(0)

2021年03月08日

極私的〜934

 京都市内にはたくさんホテル旅館がありますえ。
というわけで京都市行政が資料公開してるリストをまとめました。
 コロナ禍で全国の宿泊業界は大変な状況だと思います。
私的にも、京都市内のホテル旅館の御社方々とは、
ルームサービスマッサージの請負で長年お世話になっています。
 まだしばらく厳しい状況が続くでしょうが、
アフターコロナに向けて希望を持ち続けながら、
私的にも新しい試みを抱いているわけであります。
 以下に極私的にまとめた京都市内のホテル旅館リストをリンクしておきます。
●京都市内のホテル旅館リスト
https://ikseitai.jp/private-kyotohotel.htm
http://blog.livedoor.jp/ikseitai/archives/52342312.html
●京都市内の大浴場・天然温泉があるホテル旅館リスト
https://ikseitai.jp/private-kyotohotelwithbath.htm
http://blog.livedoor.jp/ikseitai/archives/52260136.html

ikseitai at 23:33|PermalinkComments(0)

2021年03月04日

極私的〜933

 まだまだこれでもかイヤイヤほんの序の口だよ。
そうまだグレートリセットはスタートしたところです。
まずはこのような時代に偶然にも居合わせたワケです。
見続けてみる価値は十分すぎるほどあるでしょう。
 現在の地球人口は78億人くらいみたいです。
様々なドラマが飛び散りスパークして半端ないでしょうね。
 スパークして半端ないエネルギーは、
天変地異ドカァ〜ンのカオスに向かうのか、
天変地異ポカァ〜ンのコスモスに向かうのか。
 天変地異=天と地の異変にアナタをコネクトしてください。
脊柱や姿勢の歪みを正すイメージも大事です。
深呼吸しながら天と地を心地良く繋いでください。

ikseitai at 03:26|PermalinkComments(0)

2021年03月02日

極私的〜932

 季節の変わる3月がスタートしました。
目の前の風景がナゼか私だけを取り残していくような、
ナゼか私だけを置き去りにするような感じにさせる時節です。
 まだ寒い夜から日が明けてからの昼の暖かさへのギャップが、
その空間内での私の存在をパチパチと揺らめかせ、
私の存在がついたり消えたりを繰り返します。
 3月1日にあった出来事は夜21時半くらいに、
自身車パーキング横の路上で落ちていたアップルウォッチを拾う。
 なるべく早く持ち主様に返却してあげたかったので、
まったく操作方法がわからないシロモノをチョコチョコと触ってみたら、
なんとか持ち主様の連絡先が判明してスグに連絡をしてあげました。
近所に住んでおられるお方でしたのでスムーズに返却できました。
 出来事がもうひとつ、この記事を書いている最中に、
携帯電話に国番号(+33)フランスからの国際電話着信がありました。
3回コール音が鳴り響いて出ようとしたら鳴り止みました。
そのような出来事があった3月のスタートです。
 追伸、そのあと朝4時半くらいには、
国番号(+44)イギリスからの国際電話着信がありました。
1回コール音が鳴り響いて鳴り止んだことを追加に記しておきます。

ikseitai at 03:19|PermalinkComments(0)