2018年12月07日

極私的〜804

 2018年もあっという間に師走になりました。
五条春日(佐井)から南側のロームストリートでは、
例年通りに、クリスマスまでは、
ジャンジャかジャラジャラ、
京都市最大級のネオン電球数で、
その場所を“通り過ぎる人たち”をお迎えしてくれます。
 夜のホテルマッサージの仕事で、
9号線・五条桂川街道から五条通りを、
真っ直ぐ東へ向かいますので、
11月23日からクリスマスまでの期間中は、
ほぼ毎晩、ロームイルミネーションを見ることになります。
ちなみにローム(ROHM)は、
京都市を代表する精密機械の会社です。
 とりあえず、年末恒例の、
なんちゃって大掃除をスタートしました。
まずは一番大変なキッチンの換気扇を取り外して、
重曹を使ってキレイさっぱり磨きました。
換気口に新しい油吸着用の綿を装着して、
キッチン周りのなんちゃって大掃除が終了しました。
 年末までに終わらさないといけない残りの雑務は、
窓拭きとバスルームの掃除、そして車のメンテナンス。
ピクシスエポックの磨り減ったタイヤ交換とオイル交換です。
 慌しい雰囲気の師走は、
年間通しても、車の事故が増える時期みたいです。
人の意識が慌しく振動する12月ですので、
年末を通り過ぎ、穏やかな新年を迎えるために、
様々なリスク管理を行動前に意識してください。
すべての現象は、“通り過ぎる人たち”の意識ですから。


ikseitai at 20:33|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

極私的〜803

 温感重視の温める施術の季節になりました。
寒い季節の施術は、
とにかく冷えを感じないように、
空調、ベッド、施術オイル、などの、
温感調節に意識を払います。
 密室空間において、
気(マインド)の流れ、
空気の流れ、
音の流れ、
照明(光)の流れ、
香りの流れ、
時間の満ち引き(タイム&タイド)の流れ、
などが手技を通じて、
施術者と受け手の69にどのようにコラボできるのか。
 施術はエンターテイメントである、
という私的意識を、
寒い季節も温め続けたい次第です。


ikseitai at 19:59|PermalinkComments(0)

2018年11月29日

極私的〜802

 人の世の基本的流れは、
三欲を満たすこと。
そのために、心身健康を維持しながら、
社会流儀の範囲内で、
人智行動を遂行します。
 可能性は無限大∞です。
個性的流儀は様々です。
焦らしながらキワキワを攻め続けて、
ギリギリ極致を往来するのが、
私的流儀です。
 人間の深部感覚を揺さぶり続けたいと思います。
揺らぎの時代ですから。


ikseitai at 23:38|PermalinkComments(0)

2018年11月20日

極私的〜801

 秋深まる京都市内、ですが。
紅葉の色づきに関しては、
私的には、絶好の色づき具合には、
とどいていない様相に感じます。
 ホテルルームでマッサージした、
札幌市から来ていたお客様も、
京都には毎年来ていますが、
以前のような感動的な紅葉色には出会えない、
という感想を仰っていました。
 とにかく、どこに行っても、
人ヒトひとの混雑状況の景色が、
まるで紅葉色を代替するかのような、
オータムファッションカラーです。
 人は時間の隙間を埋めるために、
何かを求めて活動します。
その源泉は欲求エネルギーです。
快を求め、不快を避ける。
消費行動の原則。
 その最終的統合の先は、
永久の揺らぎです。
風、波、周波、振動、脈動、惑星の動き、宇宙の拡大伸縮、など。
「揺らぎの時代」に突入していることを、
申し上げておきます。


ikseitai at 19:35|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

極私的〜800

 ありがたいことに、
ホットペッパーからの予約依頼が好調で、
3月から掲載して、
10月が一番たくさんご来店いただきました。
誠にありがとうございます、感謝しています。
 私のリラクゼーション施術は、
基本ロングコースですので、
昼下がりの時間帯は2人まで、
真夜中の時間帯は1人まで、の人数制限となります。
 私的タイムテーブルとして、
21時〜25時くらいまでは、
京都市内の70軒くらいのホテル旅館などで、
ルームサービスマッサージ事業に委託従事していますので、
もしその時間帯に宿泊先のホテル旅館で、
私のマッサージを受けたい場合は、
ご指名してくださいませ。
 委託業者が契約しているホテル旅館なら、
フロントさんを通じてスムーズに入れますので、
是非ともよろしくお願いいたします。


ikseitai at 19:34|PermalinkComments(0)

2018年10月23日

極私的〜799

 1年を通じて、季節の流れを通じて、数年単位を通じて。
などなどの、変化を感じ経験しながら、
その間に、どんなことに時間を費やしてきたかで、
その人の人的蓄えがこしらえられる。
年輪のように、ブレイン神経細胞や肉体に刻み込まれ、
その継続性に体感的官能を感じます。
 安住の場での安らかな眠りを。
充足した食事でエネルギーを。
そして人的蓄えが臨界点を超えた先の、
意識がコミットしつながる有意義な時空間が、
どのようなイメージなのかがポイントです。
 肉体的な欲求と重なりながら超えることが可能なのか。
体感的官能と越えた先の融合が、
これからイメージしてほしい段階です。


ikseitai at 19:59|PermalinkComments(0)

2018年10月15日

極私的〜798

 もう既に、10月中旬を迎え、
2018年の師走へとカウントダウン的な様相です。
気温の変化も、朝晩はヒンヤリとした感じになり、
施術ベッドの温熱シートにも電源を入れました。
 これからは、温め対策、寒さ対策、が必須の季節です。
とくに、体感温度アップダウンによるギャップ対策が重要です。
施術内容によるヒートアップとクールダウンの落差があります。
季節変動による気分の落差。
月の満ち欠けによる気分の落差。
人間関係による気分の落差。
環境雰囲気による気分の落差。
 人生には様々な気分の落差があります。
その気分の落差が原因となり、
右へ行くか左へ行くかの選択肢をチョイスしています。
伸るか反るか、丁か半か。
気分の落差が人生の大きなタイムテーブルですね。


ikseitai at 20:09|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

極私的〜797

 行楽シーズンの過ごしやすい10月突入です。
3連休でウヒヒの皆様、お疲れ様です。
10月から11月にかけては、
季節変化による意識変化も起こりやすいです。
 9月中は夏の余韻が残り、
そして10月はその余韻が過去に溶け込み、
その人の年輪やシワを刻んでいきます。
 夏の蓄積した疲労物質は、
乾燥しやすい冬に向けての秋の水分補給で、
浄化していきましょう。
 万物は元素によって成り立っています。
たまに、理科で習った元素配列を見るのも、
脳内刺激や深層意識に良いかもです。
万物はこれらによって成り立っているのね、
という極当たり前のネイチャーです。
 体内環境、ホメオスタシス、恒常性維持、など。
元素が結合して万物へ。
結合する瞬間の一点突破をお楽しみください。


ikseitai at 19:40|PermalinkComments(0)

2018年09月21日

極私的〜796

 2018年3月号からスタートした、
ホットペッパーのキャンペーン掲載契約が終わり、
10月号からバリューダウンしますので、(とほほ・・・w)
掲載内容量のボリュームがずいぶん少なくなります。
クーポン掲載は3枚に、フォトギャラリーは6枚に。
特集情報とブログ機能はなくなります。
ブログは引き続きライブドアの「極私的 京都 kyoto」をご覧下さい。
 10月号の掲載は9月27日(木)スタートです。
これまでのクーポンメニュー内容を、
正規メニューに振り替えたりしますので、
サービス内容・価格は、
これまで同様に受けれるようにします。
クーポンメニューと正規メニューの両方を見てくださいね。
 これからも、リラクゼーションの進化・新化を思案中です。
その時その瞬間にアイデアが生まれます。
私的な取り付き・憑き物にも触発されますし、
セッション相手からもインスパイアーされます。
そのときの一期一会が、
私とあなたを明日へつなげます。
様々な仲介を通り過ぎていきましょう。


ikseitai at 20:28|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

極私的〜795

 8月のお盆休みバブルの再来で、
3連休中と前後は連日、
施術ルームが忙しかったです。
 出張施術に関しては、
初めて、阪急嵐山駅近くの、
マンションをリノベーションしたホテルに行きました。
20代後半くらいのお2人女性、姉妹さんでした。
 部屋には三つベッドがあり、
シンプルながらも、とても広い空間でした。
無駄のない、そして必要なものは揃っている。
 マンションをリノベーションしたホテルの場合は、
エントランスからのロビーやフロントの設置雰囲気が、
やはり、なんとなく、元々マンションだったんだな、
という設計者の強引な駆け引きの意識を感じます。
それはそれで、そのホテルの個性でしょう。
 マンションであった残影+今の私はホテルなのよ。
そんな意識があるのかないのかは、
私的な勝手な想像です。
京都市内のホテル建設バブルは、
まだまだこれからが本番ですよ。


ikseitai at 19:36|PermalinkComments(0)