2013年06月09日

くるっとくるまるウェブサイト

http://kurumaru.jp/

くるっとくるまるの公式ウェブサイトが出来ました。
皆様応援よろしくお願いします。

いしはらいくろう

iku196 at 06:11|PermalinkComments(0)

2012年11月06日

くるっとくるまるマスコット

6ccf25f7.jpg







UFOキャッチャーとかでゲットできる
「くるっとくるまるマスコット」が届きました。
生産数が少ないので もしお店で見つけることがあったら
是非ゲットしてくださいね。

ちなみにボクが完全監修しました。

iku196 at 20:17|PermalinkComments(0)

2012年10月24日

明日発売!

d8c1d9c3.jpgいよいよ明日「くるっとくるまる」発売です!

正直ドキドキしています。

果たして近所の本屋にあるのだろうか???

皆様応援よろしくお願いします!


いしはらいくろう

iku196 at 22:13|PermalinkComments(0)

2012年10月21日

くるまるに関して〜今のうちに部分訂正

「くるっとくるまる」に関してネット書店等では

「くるまるタウンに住む」

というような表記をされてはいますが、正しくは

「くるっとタウンに住む」が正しい表記となります。

出来るだけ早く表明しておかないと定着してからでは遅いので

ここで記しておきます。


いしはらいくろう

iku196 at 10:47|PermalinkComments(0)

2012年09月30日

絵本作家デビュー

f4766c17.jpg




さて、「謎のお仕事」と称して創作していたお仕事の発表です。

私、この秋 学研教育出版社さんより絵本作家デビューすることになりました。

タイトルは「くるっとくるまる」3冊同時出版となります。


幼児(3歳児くらい)向けのやさしい小さな絵本で
かわいい車(?)達が活躍する楽しいお話です。

沢山の方々に支えてもらいながらやっとここまで
たどり着くことが出来ました。

発売日は10月25日、定価各580円(税抜き)となります。

ネット書店等では予約スタートしています。宜しくお願いします。

あと、主婦と生活社さんから出版される「キャラさがしランド」という
まちがい探しの雑誌にて描き下ろしイラストを作成しました。

10月19日発売の12月号に載るそうです。
本屋さんで見かけたら手にとってみてください。

他にも発表したいことがあるけど今日はこのあたりで。

iku196 at 22:27|PermalinkComments(2)

2012年05月24日

謎のお仕事

久々にブログを更新、アニメやカードイラスト、玩具のお仕事等、
それなりに忙しかったのだけど
昨年からちょっと面白い仕込みを始めています。
9月にお披露目の謎のお仕事、近くなってきたら
ネタばらしも徐々にやっていきますので御期待ください。

いしはらいくろう

iku196 at 00:55|PermalinkComments(0)

2011年03月12日

怖いわい!でも今は無事

最近『twitter』ばかりになっていたので、とりあえずブログの方も更新!
昨日は流石にビックリして慌てて玄関を開けて(脱出可能なように)
部屋着のまま外に出た。部屋が豆腐のように揺れて自分の車が縦に弾む、
ただ怖いだけだった。余震も休む間もなく来るので仮眠がせいぜい。
テレビの惨状は恐ろしすぎるのでラジオとtwitterをメインに何とか過ごす。
独り者はここがツライトコロ。

(ってまた余震)

とにかく全てにおいてこれ以上被害者が増えないことを祈るしか他無い。
自分に出来ることはエアコン切って節電くらいしか出来ない。あと募金か…
絵描きなんて所詮こんなもの、無力でしかないのよ。

4月から大きな仕事が入る予定なのになぁ〜。
でも何とか平常心で生きていくのであります。

iku196 at 15:57|PermalinkComments(0)

2010年08月09日

スキャン2ゴー放映開始!・・・らしい(ただし韓国にて)

今日8/9からボクがメカデザインを担当したレースアニメ
「スキャン2ゴー」が韓国で放映開始らしい(!)です(未確認)。
(実はあまりよく分かってなかったりもする)
2008年末ごろから作業を始めていたのでもう僕の仕事は
ほとんど終了しているというのが現状だけど
韓国を皮切りに世界で放映されるのでこれからが楽しみであり
ドキドキしているんだよな〜

それにしても韓国語がまったく分からないので
サイトが検索できないのが残念なのよね。

人気が出るといいな。

iku196 at 23:51|PermalinkComments(2) アニメ 

2010年03月27日

東京国際アニメフェア2010

行ってきましたアニメフェア!
ビジネスデーのチケットをもらって いざ!ビッグサイトへ!

いきなり最初に自分が担当したアニメのブースへ
マップを良く見るとビジネスデーオンリーらしく
一般の公開日には引き上げているみたいです(泣)。

担当の方にお話を聞いてみると海外からの引き合いが非常にいいみたいで
素敵な笑顔で答えてくれた。

全体を見渡してみて感じたのが異常なくらい3Dアニメが沢山あった事。
眼鏡をかけるタイプのものから裸眼でも視聴可能な3Dアニメまでさまざまな
ものがあって、飛び出し具合や奥行き感も様々、非常に楽しめるものでした。

ただ気になったのが全体のタイトル数の少なさ。一緒にまわってくれた
プロデューサーさんに聞いてみてもすごく少ないらしい。
これが増えるためには景気が良くなってスポンサーが増えるしかないとの事、
確かにそうだよな〜でもどうしたもんか…。

神様お願い、日本の景気を良くしてチョーダイ!

追記:

個人的に一番楽しんでいたのはWACOMのブース
発売したばかりのCintiq21UX
で試し描きが出来たのが一番の収穫だったりもする。欲すぃ〜!






iku196 at 02:46|PermalinkComments(0) アニメ 

2010年03月19日

アニメのメカをデザインしました

2008年の暮れごろから実はアニメのお仕事を始めていました
お仕事の内容は「メカデザイン」少年のころから憧れていた
お仕事でもありました。

オリジナルアニメなので1からデザインできる環境が非常に
ありがたく、今もまだ作業中だけどひょっとしたら今まで
生きてきた中で一番楽しい仕事かもしれないなぁ〜

東京国際アニメフェア2010でベイブレードで有名なd-rightsさんのブースにて出展予定です

(もしかしたらビジネスデーの出展だけかもしれないので確認しておきます)


余談ですが現在掲示板の調子が悪いみたいなので入れないみたいです
ゴメンなさい

iku196 at 02:04|PermalinkComments(0) アニメ 

2009年09月17日

久々の緊張感

詳しくは書けないけど・・・

フリーになっていろんな会社さんを周り
少しずつだが着実に仕事をしてきた僕だけど
さすがに今日は緊張した。

目の前にすごい人たちの並んでいるところで
答えていく緊張感
まるで就職活動の社長面接くらいのドキドキ感でございやした。

自分の力がどれくらい通用するかこれから露骨に試されていく
訳だからこれまで以上に気を引き締めていかないとな〜

その前にこの仕事の山をなんとかしていかねば・・・



iku196 at 21:52|PermalinkComments(0)

2008年10月28日

うほっ!!!

1cebf903.jpg








まことにいい出来じゃのう〜

じゃあの

iku196 at 07:07|PermalinkComments(0) おもちゃ 

2008年09月08日

近況その2

b900edfe.jpg








金曜にバーに行くとお初にお目にかかる常連さんが
僕のボトルに描いてある絵に興味を持ってくれてたみたいで
お話しているとどうやらアニメ制作関係の方らしい
担当されたお仕事をちらっと伺うと「コメットさん☆」

・・・・・・なにぃ〜〜〜〜〜!!!!

ここ10年で一番好きな作品のアニメーションプロデューサー
の方だったのだ。

そこからはもう久々のオタクスイッチがONになってしまい
僕にしては珍しく熱く語りまくるまくるまくる・・・・。

亡くなった脚本家さんへの敬意やら作品のすばらしさを
単なる視聴者でしかない僕がもうベラベラベラベラ・・・
ホントすみませんでした、あんなにオタクモードに入ったのは
いつ以来だろうか。でも嬉しかったなぁ〜

いやホント東京に来てよかった瞬間でした。

iku196 at 05:39|PermalinkComments(2) アニメ 

近況その1

149b7a7c.jpg








先月29日に甥っ子が誕生!
メールに気がついたのが昼ごろだったので
あわてて誕生祝いのイラストを作成&送信
夜は行きつけのバーで僕のおごりでワインを
一本空けてもらい、はるか遠くの鳥取へ常連客の
皆様と乾杯!
楽しい夜を過ごしましたとさ

最近はおもちゃの買いすぎによる物欲魔王っぷりが
再燃中。なんとかせんとな〜。

iku196 at 03:23|PermalinkComments(0)

2008年08月01日

ポ〜ニョポ〜ニョポニョ

火曜日に「ポニョ」を観てきました。
感想は・・・う〜ん良くもなく悪くもなく「微妙」かな?
最初ストーリーを追って理屈で考える見方をしていたので
どう理解していいのか、なぜポニョはそこまでして人間になりたいのか
など突っ込みどころがいっぱいだったが、途中からこんな見方では
駄目だと思い、流れに身を任せて(ホント波乗りみたく)感性だけで
眺める感覚で観ると案外楽しめた。

映画評論家が賛否両論はわかるな〜。

絵や動きは満点レベル、子供の動きの観察力の高さは世界一だとは思う。
音楽は壮大すぎて絵柄との一体感がなく、
今回は久石さん失敗だな〜と感じた。
お話は深いように見えてそんなに内容はないので人によるがボクは物足りない。
子供”受け”を意識しすぎたのかな〜、そこまで意識せずに子供”向け”
くらいにしておいたほうが実はよかったのかも知れない。
ジブリ美術館で見た「いやいやえん」の「くじらとり」を超えてないのが
正直な感想でした。

あとこれまでのジブリ作品のオマージュ的演出は最近のディズニーぽくって
らしくないのでやめた方がいいと思いましたとさ。

iku196 at 06:15|PermalinkComments(0) 映画 

2008年06月23日

好物を作ろう!

7b526811.jpg








一人暮らし歴が長い割に意外と作っていない料理もあったりする
それが大好物とあればなおさらだ・・・って何様だ!

ということで今回は「豚肉の紅茶煮」にチャレンジ!
肩ロースのブロックを紅茶で煮込み
その後調味液に漬け込むというシンプルな料理なんだけど
これさえあればご飯だけでなくお酒もいくらでも進むという
一品なのであります。

出来上がったので試食してみるとやわらかく煮えて本当うまい!
特に白髪ネギとの相性は抜群!

日本酒片手に余は満足じゃ〜




iku196 at 23:52|PermalinkComments(0) 料理 

2008年06月10日

タイヤ交換

b9d0c203.jpg







車を買って5〜6年くらいは経つかな、タイヤがかなり劣化してきたので
思い切って交換。ディーラーで以前見積もりを取ったとき
ビックリする値段だったのでオートバックスに行ってきた。
安い国産にしようと思っていたら5千円追加でミシュランのタイヤが手に入る
みたいなのでこれまでと同じブランドのほうが気分がいいし
ディーラー見積もりの国産タイヤよりもはるかにリーズナブルだったので
こいつに決定!
実際走ってみると雲泥の差だったなぁ〜、劣化していたとはいえ同じミシュラン
タイヤ。まさかこれほどの差とは・・・
地面をスムーズにスイスイ動く。劣化タイヤのゴツゴツ感は微塵も感じない!
走っていて気持ちがいい。やはりタイヤは重要な部品であることを再認識
させられた日だった。

iku196 at 22:11|PermalinkComments(0)  

2008年05月24日

うほほ〜い(傑作)

6e803796.jpg







トミカの新しいシリーズ「ディズニーモータース
その第2弾としてディズニーストアで先行発売されたスクータータイプ
「チムチム」はミッキーとミニーをモチーフとしたミニカーだ。

手袋のシートや靴状のタイヤカバー等に見られるキャラクターのもつアイコン
を一度分解して再構成するそのデザインは特に秀逸と言えよう!

ハンドルとフロントタイヤの連動や細かい箇所まで行き届いた塗装は
小さいながら開発スタッフのこだわりを感じる逸品

価格は他のトミカと比べて若干高いけれども新規金型による造形は
それだけの価値はきっとあると思うのでおススメです

じゃあの

iku196 at 05:49|PermalinkComments(0)

2008年05月13日

常に携帯するもの

1b821c1b.jpg










長年使っている愛用のメモパッドと最近手に入れた小型のボールペン
この2つは常に持ち歩くのが習慣になっている。

これまではパイロットの「Opt」を愛用していたのだけど
やはり携帯するには大きすぎて悩みの種だった。

そんな折、文具屋でぶらぶらしていたときに見つけたオートの
Petit-B
オレンジゴールドのカラーが手帳との相性も良くて収納時のコンパクトさと
伸ばした時のちょうどいい長さがしっくりきた。

そんなこんなで今回のギャラリーのイラスト「海底都市」も
このボールペンでアイデアを練っていたもの
kaiteirafu






具合がいいので予備のカートリッジを沢山注文しに行こうかな

iku196 at 01:40|PermalinkComments(0)

2008年05月09日

相棒〜劇場版〜

「相棒」のプロモーションがすさまじかったので
さすがに観てきた

正直「少林少女」「紀元前1万年」と迷ったけど
今回は相棒を選択

なるほど見終わった感想としては複雑に思わせておいて
わかりやすく順に解決していくので非常に観やすかった

テンポもよかったので飽きることはなかったけど
コミカルな部分をかなりカットしているのは残念だった。
話の流れを優先したんだろうな

テーマもなかなかニクイ所を突いてきて観ている観客に
「おまえらはどうだったんだ?」的なアプローチは映画でなきゃ
できない部分かもしれないな〜

傑作とまではいかないけれどもエンターテイメントとしては
十分面白い作品だったと思う

iku196 at 02:39|PermalinkComments(0) 映画