ちりてのちんならこれ!おっちょこちょいな女を演じて好評な貫地谷しほりの朝ドラ

ちりとてちん(上)
 NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」がスタートして約1カ月。視聴率は目標の20%に届いていないが、「面白い」と好評だ。 ドラマは福井から大阪に出てきて噺家(はなしか)を目指す女の子が、厳しい世界で奮闘する模様を描いている。ヒロインを演じているのは、大河ドラマ「風林火山」で、元気な農家の娘役を演じて注目された貫地谷しほり(21)。「ちりとてちん」では、心配性でおっちょこちょいな女性を演じている。「貫地谷は現在、三菱東京UFJ銀行とNTTドコモのCMで清楚なOLを演じています。



でも、彼女は『ちりとてちん』で演じているような、おてんばな性格の役柄の方が生き生きとしていると思います」(ドラマウオッチャー) 貫地谷が師匠役の渡瀬恒彦、居酒屋の店主役の木村祐一と絡んで、笑ったり、ズッコケたりするしぐさは、コミカルで魅力的だ。作家の吉川潮氏もこう言う。「貫地谷は演技に粗削りな部分もあるけど、精いっぱい頑張っている印象がします。コミカルな演技を見ていると、コメディエンヌとしての才能も感じます。これから、噺家として成長する過程を演じる彼女の演技に注目しています」 貫地谷を温かく見守りながら、陽気な母親を演じる和久井映見も“ハマリ役”と好評だ。貫地谷と和久井のコラボにも注目だ。【2007年10月25日掲載】



(引用 livedoorニュース)


--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔