土岐の田の麗子の水着の話題なら・・・中田に先輩ロッテ西岡が“かわいがり”

中澤裕子/辻希美/GyaO オリジナルドラマ 道徳女子短大 エコ研 第三話「東京
 人気面でも最強のデブを目指します。日本ハム高校生ドラフト1巡目の中田翔外野手(18=大阪桐蔭)が7日、大阪府大東市の大阪桐蔭グラウンドで自主トレを行った。同時刻に姿を見せた先輩のロッテ西岡剛内野手(23)には「(ライバル球団なので)教えられない」とアドバイスを拒否されたが、球界でもトップクラスの人気を誇る同内野手と別の路線で人気を獲得し、「もてぷよ」として渡り歩くつもりだ。

 中田が大阪桐蔭グラウンドで、プロの“洗礼”を浴びた。同校OBの中日平田と3人で並んだインタビューでのワンシーン。「シーズン前の過ごし方」を尋ねると、初対面だった西岡から真顔で「教えられません」と言われてしまったからだ。





 通常なら「何でも聞いてこい」などと、先輩が後輩に気を使うケースが多い。実際、インタビューに答えている最中には「(発言が)硬い」と、テレビ慣れした大先輩が助け舟を出してくれたほどだ。ただ本業の野球の話は別。西岡にしてみれば「日本ハムは連覇しているし、そのチームに入る選手ですから。ロッテが不利になることは教えられない」と、プロとして当然のことをしたまでなのだ。

 この日が初対面。怪物といえども、グラウンドに5年先輩の西岡が姿を現すと自然とオーラを感じた。フェンス越しにカメラを抱えて黄色い声援を送るギャルファンまで登場。

 中田「西岡さんは野球選手じゃないですよね。モデル系です。それで野球もできるし女の子からしたら完ぺきなんじゃないですか?」

 羨望(せんぼう)のまなざしで見つめていたが、単純にまねはできない...



ニュースの続きを読む



(引用 yahooニュース)


--------------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔