暑い暑い

自動販売機
いやぁー暑い一日でしたね。
福岡は、38.3℃を記録したとか。
観測を始めて以来の記録という話。

これだけ暑いと、街の風景もどこか違って見えました。
空気が揺らいでいるようなヘンな気分です。

我が家のネコも、寄る年波もあって、ぐったり。

暑さでやられるのは、ほ乳類ばかりはなく
蚊も活動が弱るらしいです。

30℃を超えると、血を吸う気が失せるのだとか。
ニュースで言ってましたが、
ホントなのでしょうかね。
竪抗櫓

この暑さ、何でも、太平洋高気圧だけでなく、
チベット高気圧と言うのまでが張り出してきて、
ダブルで日本付近をがっちり押さえ込んでいるからだそうです。

おかげで、台風も近寄れずに避けていくのだとか。

こんな大気の構造、教科書にはありません。
なので教えられません。
そういう意味でもマイリます。

まだまだ続きそうですが、
水分補給を怠らないように、お気をつけ下さい。


写真について
田川は自動販売機にも炭坑節です。
ちょっと楽しい!

次は、伊田炭鉱の竪抗やぐら、
人が乗り降りするエレベーターもついていますが、
採掘するための、排気と換気のための通気口だとか。

掘削深度362mとありました。
やはり大変な重労働だったのでしょうね。

来週からは、夏期講座。
職員たちのがんばりのおかげで準備はバンタンです。
クーラー全開でがんばります。


高校の先輩にもあたる、
日本昔話の常田富士男さんが亡くなられたとか。81歳。

相方だった市原悦子さんのコメントが感動。
「あちらでお会いしましたら、
また一緒に昔話の語りをやりましょうね。」


ご冥福をお祈りします。
お会いしたことはありませんが、
楽しい話をありがとうございました。

ようやくセミが

モニュメント 夏田川美術館の玄関近くにあった彫刻
モアイのような石像、存在感あります。

田川だけに、
石炭をイメージする黒なのでしょうか。、

去にし日々に思いをはせるかのようです。


芸術作品は、どう受け止めようが、見る側の自由。
自分のイメージの範囲で理解すればいいのです。

この彫刻のミニチャアがあったら欲しいですねぇ。

台座には、
夏 Aug.91 k.ikematsu

k.ikematsu
調べてみますと、福岡の彫刻家
池松一隆先生とあります。

私が出た大学の教官をされていたとか。

そういえば、池松という名前は聞いたような、、、
どこかでお目にかかっているのかも。

さて、本日、ようやくセミが鳴き始めました。
もう、鳴かないのかと、あきらめていましたが、
何とか帰ってきてくれました。

報道によりますと、
異常豪雨の後は、異常の暑さだとか。
ラジオからは、熱中症対策の声しきり。

がんばり過ぎないように、
細目に水分補給をとか、

ビールは水分補給にはならないようです。
残念ながら、、、。

どなた様もご自愛ください。


本年度福岡県入試平均点判明

今年3月の入試の正解率が発表されました。

本年度平均点



全体の平均点は、昨年より約3点下がって、
161.3点。
試験日に報じられた県教委の予想が平均点165点、
大手塾の予想が157点で、いずれも4点以内の誤差で、
私の勘の155点前後よりは、確度は高かったようです。

しかし、
記述式の問題の採点で
偏差値67の高校と45の高校で、
本当に同じ基準での採点が出来ているのでしょうか。

私は違う採点基準になっていると思います。

平成20年度からの平均点をグラフ化すると、

平均点の推移







「ゆとり教育」見直し政策以降、
どんどん難しくなってきてたことがお判りでしょう。
27年の反動は、数学と理科で基本問題が増えたことが主な原因です。

さて、今年の難化の特徴は、一番が国語でした。
それは、次回に。

参照 本年度版「合格をめざして」(塾生限定)から
合格をめざして





田川美術館

田川美術館の空

田川美術館へ行ってきました。
いい空と雲でした。
目的は、
本橋成一写真展「在り処(ありか)」を見るため。




鞍手 19657月11日西日本新聞に紹介されたこの写真。
鞍手 福岡 1965年炭住に住む兄妹を撮ったもの。
会場へ入ると、巨大に引き延ばした
屈託ない笑顔の、この写真が出迎えてくれます。

本橋さんの写真は、筑豊だけでなく、
北海道や与論島、上野駅やサーカス、
大道芸人、大阪の牛の屠殺場、
チェルノブイリの原発事故で汚染されたベラルーシの村、などなど、
あらゆる場面で、懸命に生きている「人間」がテーマか、と思われました。

特に印象に残ったのは、
炭鉱事故で亡くなった父親の遺影を持つ少女と家族の写真。
この世の不条理に抗議する視線には、
どのような言葉も意味を持たないように思いました。

可笑しかったのは、1980年の東京上野駅。
時間待ちで荷物を横に構内で寝ている人、
これだけでも充分仰天の写真ですが、
「白線までお下がりください」と言われる、
あの場所に新聞紙か何かひいて座って列車を待っているおばさんなど、、、。

1980年=昭和55年というと、オイルショックも過ぎ、
バブルへ突き進みだす時期なんですが、
まだ世の中は、こんなだったのかと思いました。

本橋成一展は、22日までとか。おすすめです。

これから英語が、、、

これから英語教育が、とんでないことになります。

現中学生は別として、
これをよまれているあなたは、
英語の勉強はラクにやれてましたか。
と言いますのは、こんなことです。

「ゆとり教育」以前、文部省が指導要領で、
中学生たちに示した単語の数は、610語でした。

それが1990年代のゆとり全盛期には490語になり、
その数年後に507語になりました。

それでも、多くの人が英語には苦労したのではないでしょうか。

現在は、どうなっているかと言いますと、
なんと1200語なんですね。

今の中学生たち、ちょっと、かわいそうだと思いませんか。

ところが、ギッチョン
2020年度からの次期指導要領では、
もっとすごいんですね。

小学校5,6年で、600〜700語、
さらに中学校で、プラス1600〜1800
中学卒業までに、2200〜2500語マスターさせる、
というんです。

とても正気の沙汰とは思えません。
ホントに生徒たちを指導したことあるんでしょうか。

現在、3000語程度知っていれば、
医学部を除くたいていの国立大学なら勝負できるといいます。

これからの子どもたちは、
どうなるんでしょうかね。

ともかく、しっかりサポートする必要があると思っています。

台風一過

昨日は、台風の影響を考えて休校にしました。

定期保護者面談に入っていますが、
せっかく時間設定していただいた保護者の皆様には
やむを得ず、日延べをお願いしました。


職員たちとは、台風接近の4時半まで
夏の準備すしました。


概ね、大したことはなかったですが、
夕方から夜は、それなりの風が吹いていましたね。
この間、台風休校は、空振りが多かったのですが、
今回は、正解でした。


さて、
問題練習を指示すると、すぐやり始める子と
グズグズして、なかなか手が動かない子がいます。
さすがに、拒否する者はいませんが、、、。


そんな時にいう言葉、


「はい」という素直な心が
君をどこまでも伸ばします。


「やりたくない」という怠け心で、
君の可能性は縮まります。


どちらを選ぶかは、
きみが決めなさい。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ