追い込まれた末の虐待…ネグレクトの防ぎ方

世話をしなければならないのにできなくなり、虐待するケースも多い■ネグレクトとは

 近年、報告が急増している児童虐待。2009年度に全国の児童相談所で対応した虐待相談件数は4万4210件に上り、10年前(1999年度)の約4倍になっています。児童虐待防止法によると、児童虐待は身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の4種類に分けられます。これらのなかでも、「ネグレクト」という言葉は、耳慣れないと感じる方が多いでしょう。ネグレクトとは、正常な発達に必要な食事量を与えず、長時間放置するなど、保護者として必要な育児を放棄することです。

 ネグレクトは、子どもを憎んで苦痛を与えたい、または子どもを利用して自己愛や快楽を満たしたいという、利己的な欲求から始まる虐待とは限りません。世話をしなければと思っているのに、手がつけられない。当初は真摯に子育てに取り組んでいたのに、育児ができなくなってしまう。このように、ネグレクトのなかには、精神的に追いつめられた状況から育児ができなくなることで、結果的に虐待につながってしまうケースが、多分に含まれているのです。

■「他人事じゃない」とつぶやく母親たちの本音

 ネグレクト事件が報道されるたびに、世間は震撼し、怒りと侮蔑の言葉が飛び交います。しかし、多くの母親たちの心に湧く本音は、「たしかにひどい。でも……他人事じゃない」という思いではないでしょうか。泣きやまない子どもを抱えて、眠れない毎日。夫は家にはほとんどおらず、たまに帰ってきても、妻にも子どもにも無関心。実家にも嫁ぎ先にも、頼れない。近所とも交流はなく、友だちとの語らいもない。密室での育児。気晴らしをするお金もなく、生活はいつも苦しい。こうした状態では、理性的な判断能力が働かなくなってしまうのも無理はありません。

 たとえば、子どもを置き去りにして、1人夜の街に逃げ出してしまう母親とはどんな心境なのでしょうか。泣き叫ぶ子どもの声に耳をふさぎながら、玄関の扉を開けて真夜中に1人で外に飛び出す。そこには一番輝いていたころの自分が笑いころげながら歩いていた街が広がっている。久しぶりに知る1人で歩く身軽さ。繁華街のネオンが街の深部へと誘いこむ。一時の享楽が、永遠になるかのように幻惑される。

 逃避から現実に戻れなくなった母親は、子どもから急速に心が離れます。罪深い行為ではありますが、「他人事じゃない」とついつぶやいてしまう母親たちの心情にも、私たちはもっと耳を傾けるべきではないでしょうか。

■ネグレクトを防ぐために大切な2つのこと
 
 子育てで追い込まれてネグレクトをしてしまう前に、次の2つのことを知っておいてほしいと思います。

□話をしっかり聴いてもらうことが大切
 実際に、ネグレクト加害者を前にしたとき、世間の人々はどんな言葉をかけるでしょう。「親のくせに」「自分で産んでおきながら」こんな自己責任を問う言葉が飛び交うのではないでしょうか。たしかに、養育の義務を放棄する母親の責任は重く、その罪は甚大です。しかし、正論や説教は健康的な精神状態の人には効果を発揮しますが、追いつめられて出口を見失っている人たちには、刃でしかありません。

 むしろ切実な心境にこそ、フォーカスすべきです。「そこまで追い詰められていたんだね」――こんな言葉を投げかけられれば、張り詰めていた心は氷解していくでしょう。

 そもそも子育てで追いつめられる状態の人は、誰かに悩みを聴いてもらうような経験をほとんど持っていないのではないでしょうか。友だちや家族など身近な人のなかには、きっと適当な聴き役などいないのでしょう。

 そこで頼れるのは、やはり社会資源なのです。地域の保健センター、子育て支援センター、男女共同参画センター、女性センターなどに育児の悩みについての対面・電話での相談窓口が設置されています。住んでいる地域の相談窓口を検索して、まずは電話をしてみるといいでしょう。相談対応の教育を受けているプロなら自己責任論を押し付けず、まずは心情を受け止めてくれるはずです。
12


http://news.livedoor.com/article/detail/5253851/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








kirakirasmile4さん

ママと赤ちゃんの頼れるサイトを探しています!ママはカラダや健康美容で、赤ちゃんは育児悩み、離乳食など…
調べているんですが何がいいのか迷っています。




ベストアンサーに選ばれた回答

ma_08biguzamu_hiroさん

ベネッセの「ウイメンズパーク」はおススメですよ。
カテゴリもたくさんあります。例えば、出産後ですと生後1ヶ月の赤ちゃん
のママの部屋から高校生のママの部屋まで月齢ごとにあり、先輩ママの
意見が聞きたければ、自分の子と違う月齢のお部屋(カテゴリ)におじゃま
して質問したりできます。自分のすむ地域(都道府県)の部屋や趣味の部屋
今日の献立や離乳食に役立つ部屋など多種多様です。

ママの健康や女性の悩み、オシャレやブランドのお部屋もあります。

登録、利用は完全に無料。電話の登録も必要ですが、実在の人物かの
確認のためで登録後日、ベネッセから確認はがきが来ます。しっかりしてる
サイトだと思います。

アンケートに答えたり、いろいろな場面でポイントがもらえ、たまるとプレゼントが
もらえます。今は毎月ビンゴ大会が開催されていますよ(自動)

離乳のことや、育児のこと、家族の悩みやダンナへの愚痴など吐き出すことが
出来るサイトです。完全女性のみの登録ですので、安心ですよ。
今一番オススメです^^



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1238964547
※この記事の著作権は配信元に帰属します



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110131-00000024-rbb-ent

子どもは、ハジケた笑顔がいちばん! (ブックドクターあきひろの絵本の力がわが子を伸ばす!2)


思春期のこどもたちの心は、とっても繊細です。
お父さん、お母さん、何か良い絵本を探しているなら読んでみてはいかがでしょうか。

絵本の魅力ってなんでしょうかね?

わくわくどきどきする楽しい本、大好きなどうぶつやくるまが描かれている本、
ちょっぴり不思議な本、時には悲しい本、そして勇気をくれる本もあるかもしれない。

色彩がとってもきれいで、心があたたかくなるようなやさしい絵。
一言一言が心に沁み込んでくる言葉の数々。


一冊でも多く、読み聞かせてあげたい。

落ち込んだとき、背中を教えてくれるような本を読んであげたい。

一生大切にしたい絵本に出会わせてあげたい。

これからも、もっとたくさんの本をこどもたちには、読み聞かせてあげたい。


世の中には、読み聞かせ屋さんやブックドクターと言われる方達がいるそうです。
本日は、そんなブックドクターあきひろ氏の一冊。

育児で悩んでいるお母さんに、魔法の薬ともいえる一冊を紹介して、
母子ともに治してしまう、そんな素敵なあきひろ氏。

思春期のこどもたちの心は、とっても繊細です。
大人が理論的に言っても、なかなか通じません。
そんなとき、絵本の力を借りてみてはいかがでしょうか。
こどもといっしょに絵本を読む時間を過ごすだけで、通じ合えるかもしれません。

そんなヒントやお薬本が紹介されている本です。
お父さん、お母さん、何か良い絵本を探しているなら読んでみてはいかがでしょうか。

【ざっくり目次】
1.絵本だから知っている、こどもの気持ち

2.絵本の力で育つ、たくましたと勇気

3.はじめの一歩を踏み出すために、読みたい絵本

4.へこたれない心を育むために、読みたい絵本

5.親子でハジケる、休日に読みたい絵本
(元記事を開く)

評価:

書名:子どもは、ハジケた笑顔がいちばん! (ブックドクターあきひろの絵本の力がわが子を伸ばす!2)
著者:あきひろ(ブックドクター)
出版社:アールズ出版

レビュアー: ライトニング95
基本的にビジネス書が好きです。
小説では、東野圭吾さんや伊坂幸太郎さんなどメジャーところも好きです。

読んだ感想をブログに書いていきます。

よろしくお願いいたします。

【関連リンク】
『子どもは、ハジケた笑顔がいちばん! (ブックドクターあきひろの絵本の力がわが子を伸ばす!2)』の詳しい書籍情報
ライトニング95の書評一覧



http://news.livedoor.com/article/detail/5268297/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








mama20071218さん

双子、育児、悩み………
2歳になったばかりの男女の双子をもつシングルマザーです。
娘は産まれた時から一緒で、息子は小さく産まれたため1ヶ月入院し、入院中は抱っこもできませんでした。
退院してから息子に関してはホントに苦労しました…
常に泣いてるような感じで、声もすごく、「こんな子みたことない」とか「この子すごいね」と周りに言われた事もあります…
娘の方は穏やかで赤ちゃんの時からすごく育てやすかったです。
それが原因かは分かりませんが、1ヶ月入院の壁は今思えば大きいように思います…
なんとか今までやってきましたが、双子を平等に愛する事ができません……
娘を一番に考えてしまいます

最低な母親です。

結婚してた頃に、旦那にも指摘された事もあります。

このままではいけないと頭ではわかってるのに前に進めません。精神科に行ってみようかとも考えてます…

今は自分の状況的(前質問参照)に苦しいので余計にそう思うのかな…

双子育児というのもあり、出産後からいまだに心に余裕がないからでしょうか…

出産する前まではホントに子供が大好きで早く子供が欲しいとあんなに思ってたのに…

正直今消えてしまいたいです…




ベストアンサーに選ばれた回答

yasuo4himeさん

日々、双子育児おつかれさまです。

双子が2組います。父親です。
上の2人は、生後3週間NICUに入りました。妻は病院も別だったため、まったく顔も見ることなく入院中の10日間を過ごしました。自分は生まれた日からほぼ毎日通っていました。長女は8ヵ月で母乳を拒否し、次女は逆に8ヵ月くらいまでは母乳を受け付けませんでした(どちらも母乳を与えている時期も、粉ミルクと混合でした)。
下の子は保育器に入ることもなく、数日後からは母子同室で過ごし、3歳くらいまで授乳をしていました。2人いることもあり手もかかりましたが、上の子たちは「こんな子みたことない」と言われるような子たちでしたので、とても育てやすく感じました。

上は小1になりましたが、以前妻はたまに「長女が可愛いとおもえない」と漏らすことがありました。思えば、上記のような差が影響しているのかな、と思ったりもしました。それでも冷たく当たるわけでもなく、可愛くなくても腹が立っても必要なことはこなしていました。最近では、単に可愛いだけの時期を過ぎたせいか、特に気にならないようです。ちなみに自分は三女がむかつきますが、これはただ単に頑固娘だからだろうと思ってます。

双子といっても二卵性、性格も体格も(質問者さんの場合は性別まで)違います。育てやすさももちろん違いますし、育てにくければ疎ましく思ってしまうのも人間だったら仕方ないと思います。でも、ちゃんと今まで育ててきたんじゃないですか。胸を張っていいことだと思いますよ。

双子に限らず、自分の子どもを完全に平等に愛することなんて誰にもできないと思います。平等に目がいくあまり、力量差や性格差を無視してしまって逆に不平等に映ることだってあり得ます。娘さんには娘さんへの愛情を、息子さんには息子さんへの愛情を、精一杯注いであげればいいじゃないですか。

2歳の双子を1人で育てていれば、余裕なんてどこにもありませんよね。そうした余裕のなさからくる不安感なのかな? という考えは、自分も同じように感じました。不安になったら、寝ているお子さんの顔をじっと見つめてあげて下さい。これまでの苦労は、全て愛情ゆえだと思えば、逆に手のかかる息子さんの方に愛情を多く注いでいたとも取れますよね?

お子さんが生後半年の頃、1歳になった頃、そして今。比べてみて下さい。楽になったこと、逆に新しく増えた苦労、いろいろあると思います。でも、確実に楽になってきているはずです。3歳、4歳と成長するにつれ、もっと楽になっていきます。お子さんの心の栄養は、お母さんの笑顔ですよ。手を抜けるところは手を抜き、楽しみながら育児ができるといいですね。応援してます。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135229666
※この記事の著作権は配信元に帰属します



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ