ブライアン ポケット

ブライアン(♀)とたら(♂)ののほほん日記

関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE 2019年11月20日(水)熊本 荒尾総合文化センター

恐ろしく忘れっぽい私が、この思い出だけは残しておきたい!!と、思ったライブ。

毎度、5万人規模のドームをいっぱいにしてきたエイトちゃんが、1204人収容のホールでライブ!?
当たるわけないと思ってたチケットが奇跡的に当たり、実感ない中ひとり参加してきました。

同じ熊本でも、福岡寄りの荒尾は私の住んでるとこから移動で2時間。
私のとこも相当田舎だけど、さらにのんびりした風景の続く荒尾は、競馬場とグリーンランドという大きな遊園地があるところです。

荒尾駅に着いてもシャトルバスなどはなく、数人のファンの方たちと本数少ない路線バスに乗り(席いっぱいで立ってた)、途中乗ってこられた地元のご年配の方に、ファンの方が席を譲るなど、ほっこりした気分で会場近くのバス停で下車(運転手さんもそれとわかってて、そこからの会場までの道を教えて下さった)

そっから歩いて向かっていると、大きな車道の向こうに会場が見えてきたんですが、道を挟んだ遠目にすらっとした男性と、それをハンディカメラで映してる男性3人が…。
キャップをかぶってサングラスをし、青っぽい服を着て歩いてたその男性は…大倉さん?か、横山さん…?(遠目で顔は全然わからなかったけど、なぜかすぐにメンバーだと思った)

一緒に歩いてたファンの方たちも気づいたようで、しかし、誰も騒ぐこともなくヒソヒソとそうだよね?って、ニコニコしてて、スマホで写真撮る人もなく、我々、これからグッズ列に並ぶために先を急いでますんで、じゃ、みたいな感じで通り過ぎて、ファンのマナーの良さにまたまたほっこりいたしました。
(その人物はやはり大倉さんでした。メイキングか何かの撮影だったのかな?)

さて、グッズ列はチケットがある人とない人用に分かれていて、本日2公演(熊本と福岡)のため、公演開始時刻が1時だった参加組の私も、あせることなくグッズを買うことができました。
しかも、グッズ売り場が会場内地下の小ホールにできていて、売り子の方たちも寒くなくてよかった。

と、ここまでは順調だったのです…が!

入場のため並び、スマホのQRコードを出そうとするも!つ な が ら な い!
まさかの電波障害!?
急遽、スタッフさんの指示で、QRコードが出せた人と出せない人で列を並び直し、出せない私も内心あせりましたが、念のために撮っておいたQRコードのスクショで入ることができました。

スクショ撮ってなかった人も、最終的には会員証や身分証明書などで無事に入ることができたようです。
良かった〜〜。

そして…当たった席がなんと 前から8列目の真ん中あたり。

はい、今年の運、すべて使いました私〜〜。

ドームと違って小さい会場の8列目は、本当に近かった。
ステージも狭いから、常に視界に5人全員が肉眼でちゃんと見えてる状態。

熊本人はシャイな人が多いから、ちゃんとエイトコールできるかな〜と心配でしたが、想像以上に盛り上がってて安心しました。


前置き長くなりましたが、こっから本編です(前置き長っ)
セットリストはネットに上がっていたのを参考にしましたが、MCは自分の記憶なので全然正確ではありません。

あと、ネタバレ回避中の方はこっから先はご注意を。
最近はブルーレイになるからセットリストやMCはくわしく残してなかったんだけど、この長いツアーではセットリストも微妙に変わってるみたいだし、47都道府県分のMCは収録されないだろうなぁと思うんで、自分の思い出用に残しておきたいと思います。




ヾ心遒良饌
幕がバッ!と上がって舞台上のメンバー見えた瞬間に脳みそ吹っ飛びました(笑)

みんな白っぽいキラキラした衣装で、歌い始めたのがこの曲。
テレビのスポーツ番組のテーマソングで未音源化のこの曲は、この苦しさを力に変えて頑張っていこうぜ!って歌詞で、まさにこのツアーにぴったりのオープニングで、今だからこそエモくとらえられますが、リアルタイムの私は目の前のメンバーに興奮しててそんな余裕もありませんでした(笑)


これはニセアキラさんこと星野源さんが作ってくださった歌で、歌も振り付けも大好きな曲です。
せっかく目の前で踊ってくれてるのに、興奮しててあんまりいろいろ記憶にない(オイオイ)
私、大倉さん推しではあるんですが、いわゆる箱推しで、メンバー全員を見ようと視線がキョトキョトしてたかも。
しかし、最後の指さすキメポーズでは、しっかり大倉さん見てました。

EJコースター
これもポップなダンス曲で、関ジャニズムというアルバムに入ってます。
途中にセリフがあるんですが、「ずっとここにいてくれへん?」って大倉さんに言われたら、そりゃぁキャー!ってなりますわな。

●MC
メンバー「こんばんはー!」に、え?ってなる客席(笑)
昼公演久々やから〜(ニヤニヤ)なエイトちゃんたち。

「今日は平日やろ?みんな無職かぁ〜?」な村上さんの客席いじり、いただきました(笑)

あと、前のほうにいらした海外の女性に「どっから(出身)来たん?…京都?!あ、京都から熊本に引っ越したん?」

ちなみに、この日は開演が少し遅れたんですが、舞台の建て込みに時間がかかったからか?
リハ始まったのが11時過ぎで、リハ終わったのが12時過ぎだったか?
とにかくギリギリだったと大倉さん。

都合でバンドセット組めなくて、バンド曲はなしとのこと(キッスをパロった企画もなし)
今日はもう、このあとMCだけでええやろ?言われてエ〜〜〜!な会場。

「今日、QRコードも読めなかったんでしょ?電波障害あったよね」
「僕らも一時期ライフライン止まってた」
「シャワーのお湯も出なかったんですよ」な、横ちゃんは頭だけ水で濡らしたと。

(バンドない代わりに)企画いきますとのことで、次の曲は皆さんで決めていただきます。
次の3曲の中で、1番拍手が多かった曲をやると。
 1番はcool magic city
 2番はEightopop!!!!!!!
 3番は一秒KISS
会場の雰囲気的に1番かな?って感じだったんだけど(私もこれだった)、メンバーが一秒KISSで「この曲はメンバーのここが好きやろ」ってちょけだすから、拍手の多さが1番と3番で同等に。
結果、2番の拍手少なかったから、曲を作ったヤス君が「もう曲、作らんからな!」ってすねだして、メンバーにすねるなよ〜言われてました。

cool magic city
これはエイトちゃん初期の頃の作品で、サビでの観客一体となったお手振りが気持ちいい曲です。

ド眄ね戰螢咼
これも初期の作品です。バンドがないから、今回は踊る曲多かったな〜。

Εングオブ男!
これ!
この曲の、決めのとこ。
メンバー7人の頃は、すばる君と亮ちゃんが歌ってました(二人で手をガッシと握るフリあり)
すばる君がいなくなってからは、亮ちゃんひとりで(手を握るフリなし)
そして今回はなんと!
かつての亮ちゃんのとこは丸ちゃんが、すばる君のとこはヤス君が!(手をガッシと握るフリもあり)
そりゃもう、客席大盛り上がりでした!

DONAI
この曲、丸ちゃんのこぶしの利いた歌い方が大好きなんですよね〜。
ダンスもセクシーだから、これまたファン大盛り上がり。

WASABI
これも、めっちゃくちゃカッコイイダンス曲です。

ダンスといえば、今回記憶にあるのがやっぱヤス君のダンスはキレがあるな〜とか。
丸ちゃん、今回ちょっとしんどそうだなぁとか。
あと、村上さんはやっぱジャニーズだなとあらためて思った!(コラコラ)
ダンスもさることながら、今回、長めの前髪サラッサラで!!
最近、きれいに分けてかためてるイメージあったから、今回、踊るたびにさらりと前髪が目にかかってるのがたまらなくセクシー信五でした!!!
私、気づいたら帰りに村上さんのグッズ買い足してましたもん。

myself
前の曲でワッと盛り上がって終わってからの、スローテンポのちょっと切ない曲。
この曲の歌詞の中に「君だけが足りない世界で僕は生きてる」って歌詞がまたね…
ちなみにこの曲の時に、村上さんがすごく情感たっぷりに歌っててどきっとした。

●MC
そしたらさっそく村上さんが、「WASABI」終わったあとの(会場の)余韻がすごく良くて、そのあとの「myself」が気持ちよく(だったか、気持ち込めてだったか)歌えたわ、ありがとうなぁ〜。やっぱ(ライブは)みんなで作るもんやからなって。
それ聞いてメンバー笑ってたけど、ライブ終わりではける時にも言ってたから、村上さん的に本当に気持ちよく歌えたんだろうなぁ〜と。
いやでも、ライブはみんなで作るものっての、すごくわかります。

ちなみにMC中、客席にも座るよう言ってから、横ちゃん以外のメンバーもステージに座ってドリンク飲んだりしてしゃべってて、家かっ!ってくらいのくつろぎ方がすごく良かった。

あと、舞台が狭いからおのずと立ってるメンバー間の距離も狭いからか、MC中に、村上さんが隣のヤス君の肩や背中に手を置いてる姿が多く見られ、ヤス君をさりげなく気遣ってる風でステキだった(もしかしたら無意識で、意味はなかったのかもしれないけど)

横ちゃん「もうすぐ39(才)になります!」って言ってからの、「横山39(サンキュー)ツアーやらな」「4539ツアーや」で悪乗りするメンバー。

悪乗りといえば、村上さんがなんかのときに言った「ワイルドだろう〜?」を、メンバーみんなが横ちゃんにもふって。
最初は照れて言わなかった横ちゃんだったけど、1度言って盛り上がったら、そっから何度も「ワイルドだろう〜?」使ってて、めちゃくちゃ横ちゃんらしくて可愛らしかった♪

そんな横ちゃんはドラマ「絶対零度」、クランクインしたと。
大倉さん「ひとりでクランクインしたの〜?」
横ちゃん「いやなんか、犯人の人を追っかけるシーンを撮った」
村上さん「犯人、誰〜?」
横ちゃん「教えるか!」

あと、私は購入しなかったけど、熊本でCD予約したらついてくるバッジがくまモンと大倉さんのキャラのツーショットで、お伺いたてたらOK出たと。

ヤス君「(熊本の)市長はやっぱくまモンに似てるん?(←天然)」

あと、グリーンランド内で撮影(関ジャニTV)したいと言ったんだけど、外からはいいけど中はダメってなって、「もう行きません!」とオコな大倉さんとか(笑)
そのグリーンランド内のお化け屋敷には、本物のおばけが出ると…
「本物出たらあかんやろ〜」
「おばけノーギャラや」
村上さん「俺はおばけアカンわ〜。絶対アカンわ〜」
横ちゃん「僕はおばけも高いところも大丈夫です」
村上さん「雨の中も傘、ささずに歩きますもんね」
横ちゃん「ワイルドだろう〜?」

横ちゃんと丸ちゃんが衣装替えのためにいったんはけます。

村上さんから「ドームでのライブはして欲しい?」に大きな拍手が。
「冬と夏、どっちがええ?」に「冬ー!!!」の声多し。
「やっぱ夏は台風とかあるからかなぁ」に、遠い目になるメンバーと客席。
「どっかのグループと合同でやるのは?」って提案には「いやー!」と客席。
「フェスみたいのは?こっちの会場ではウエストで、こっちの会場で関ジャニみたいな」不満げな客席。
村上さん「こっちで関ジャニが歌って、あっちでハイヒール姉さんが漫才するのは?」拍手が起こる客席。
「それはいいんや〜(笑)」

横ちゃんと丸ちゃん出てきて、村上さんとヤス君と大倉さん衣装替えへ。

横ちゃん「丸はようファンのこと妻って言うよな」
丸ちゃん、ドームではなかなか自分の妻全員にファンサできなくて(申し訳なさそう)
でも、この狭い会場だとそれができてうれしい…みたいなこと、言ってました(妻思い)
確かに、ちょっと怖いぐらいの強いまなざしで、自分あてのうちわ探したり、こまめにファンサしてたなぁ〜。
ちなみに横ちゃんは「俺は妻って思ってないもん。彼女と思ってる」で、客席きゃー♪ってなってました。

さて、衣装を変えた残りメンバーも合流。
全員赤の衣装になってるんですが、大倉さんの衣装の背中側のすそ部分に、商品タグみたいのが下がってて、客席静かにザワザワ…

それに気づいたメンバー、なんかついてるで?ってなって。
タグか?そういうデザインか?って感じになって、デザインやと主張する大倉さんに
横ちゃん「それ引っ張ると、なんか出てくる(ネタ的な)んやろ?(ニヤニヤ)」
に、対して「なんも出てこないよ!!」と焦る大倉さん。
そっと自分の後ろに回り込もうとする丸ちゃんの手をつかんで「アカンて!」「やめて!」と本気で焦ってる大倉さんがめちゃめちゃ私の大好物な大倉さんで萌えました(コラコラ)

結果、舞台袖でスタッフさんにそのタグっぽいデザインの飾りを切ってもらった大倉さん、無事に次の曲へ。

My story
そのまま座ったままで聴いて言われて始まったのが、次のシングルのカップリング曲。
大倉さん作詞でヤス君作曲のミディアムテンポの曲。
ファンに向けて書かれたと思われるその歌詞は実に素直な言葉でつづられてて、ちょっとぐっとくる内容なんだけど、ヤス君の曲がホンワリとしたちょっとハワイアンで明るめな曲調なので、エモ過ぎずにやさしくこちらに届いてくるような、そんな曲でした。

faaaaal in Love
これはダンス曲で、新曲だったと思う。
えっと、何かの…USJのだったかなぁ?
この曲だったかな?
丸ちゃん、フリ間違えてニヤリとしてたのは。

そういえばMC中にも、丸ちゃんここ間違ってたで〜言うて、大倉さんとフリの練習してた。
楽屋でやってくれ、言われてた(笑)

ナントカナルサ
タイトル通り、元気なダンス曲。
ここでだったか?
丸ちゃんお得意のしゃかりきダンス出てたのは(笑)

夢列車
あ!ヤバイ!
今、イヤホンでこの曲聴いてるんですが
「気持ちだけでどんな逆境も乗り越えられる気がしたんだよ」
「いつだって最高の仲間たちがそばで笑ってたあのころ」
で、ぐっときてる自分がいる(泣きそう)

ドームとホールの違いってここかもなぁ。
私の場合はメンバー近いと、聴覚より視覚が無意識に優先されちゃうみたいで(誰でもそうか)
ドームだと、完全に音の世界に浸ってしまうから、エモくなりがちなんです。
ドームでは彼らの歌によく泣かされてる私ですが、今回のライブはただただ楽しいー!!って。
本当に、ひたすら楽しかった。
もっと感傷的になる瞬間とかあるのかな?って思ってたけど。
大好きなバンドが聴けなかったけど、それでも大満足でした。

友よ
ヤス君の歌声で始まるこの曲は、やはりここ最近テレビでも歌う機会が多いからか、みんなの歌声が1番安定してました。
だって、そうですよね。
5人になる前の曲は、歌の割りふりやダンスやフォーメーションなど、すべてやり直しで覚えなおしですもんね。
ゼロ(5人体制になってからの新曲)から始めるより絶対に大変。
ダンス覚えるのが苦手と言ってる丸ちゃんが、MC中にふっと、ジャニーズって大変ってこぼしてましたもん。
でも、丸ちゃんのダンス、セクシーで私は大好きです。

(アンコール)無限大
これはもう!今回のライブで唯一、涙腺やばかった曲です。
なんだろう。本当にしみじみ良い曲なんですよね〜。
彼ら5人が、関ジャニ∞を続ける選択をしてくれて、本当に感謝しかありません。


最初に、5人になって47都道府県ツアーやります!って知ったときは、その強行スケジュールに彼らの体調が心配で、やめときなよ〜、無理しないでよ〜って思ってた。

だけど、今回のツアーに参加して思いました。
まさにこれは、新しい関ジャニ∞をアップデートさせるためのツアーなんだなと。

7人だった時の曲を5人で、言うたら、ライブやりながらメンバーが体にアップデートさせてく。
ファンに対して直接いろいろ質問しながら、ファンとの関係をアップデートさせてく。

歌は、正直まだまだ不安定で(それはもうしょうがない)
でも、彼らは全然変わらない姿で、気さくで楽しくて笑顔と元気をたくさんくれる人たちで。
これからの関ジャニ∞が、またあらためてすごく楽しみになりました。

横ちゃんも最後のあいさつで、いろんなことがあった僕たちですが、これからもよろしくお願いしますって。

日常に戻っても、思い出すのは彼らの笑顔だなぁ〜。
特に私は大倉さんの、ゆったりとしたたたずまいと、あの笑顔が大好きで。
ヤス君も、最後にニパッと笑ってて、その笑顔も自分の中に残っています。

最後は「(今から福岡に)行ってきまーす!」なメンバーに、
「いってらっしゃーい!」で送り出したライブでした。
そこには、とっても和やかでやさしい空気が流れていました。

長くなりましたが、ここまで読んでくださった方がいらしたら、ありがとうございます。
明日からもまた、がんばるぞ!(明日は日曜日だけど)笑

BiSH ~NEW HATEFUL KiND TOUR~2019年10月13日(日)熊本市民会館

台風の影響で、会場2時間遅れて始まったライブ。

最っっ高でした!

以前、友人に誘われて初めて入った彼女たちのライブはライブハウスで、歌は生歌だったけど、バックは生ではなかったんです。

でもそのパフォーマンスはまさに楽器を持たないパンクバンド。
ギュウギュウのライブハウスでその歌声とダンスに圧倒されて感動して。
これは!もっと大きい会場で、生バンドでパフォーマンスする彼女たちを見たいぞってなって。

友人にも話してたんですが、それがまさに現実となりまして。
友人がチケット入手してくれて参加の運びとなりました。

ホールの2階席。
ステージ全体が見渡せる席でそれは始まりました。

おお!1曲目からパンクじゃん!
バンドの音に負けてないじゃん!
わー!やっぱ生バンド最高!!

ハードな曲から涙腺崩壊もののバラードまで。
全力で歌い踊る、彼女たちのステージ。
間にほっこりゆる〜いコントコーナーはさみながら、あっという間の2時間でした。

特に印象的だったのはやはり、アイナさんの歌声で。
ハスキーな彼女の声や歌い方は、耳というより魂に響く。
これはもう、天性のものでしょうな〜。

日本だけじゃもったいない。
このグループを世界にも知ってもらいたいな〜と、またあらためて思いました。

いや〜、自分の年を忘れてはねたり踊ったりしてきましたよ。
まだまだ大丈夫だな、私(翌朝、ふくらはぎに筋肉痛少々)

あと、ライブハウス参加時にも思ったけど、このグループのファンの方たちの印象も良くて。

今回、会場前で2時間待たされることになったのですが、ファン、誰一人騒ぐことなく。

あと、待ってるときに、アユニちゃんというメンバーの誕生日を祝ってサプライズでこの曲のときにサイリウムを振っていただけませんかと、ファンの方が自分で準備なさってであろうサイリウムを渡され。
ライブでこれがその曲の時に見事に点灯し(もちろん私も参加)
会場中がサイリウムの光でそれはそれはキレイでした(ちなみに人生初サイリウムでした)
しかも帰りにはその使い終わったサイリウムをファンの方が回収してくれるという…ファンの鏡だな。

とにかく最高に楽しい時間でした。
BiSHさんたちも清掃員さんたち(ファンの方の呼び名)も、本当にありがとうございました。

また是非、熊本へ!!

超特急 TOUR EUPHORIA 2019年8月13日(火)熊本市民会館

友人がファンでして。
ライブ、彼女は2回ほど参加したことがあるのかな?

彼らのライブが熊本では初めて開催されるということで誘われまして行ってきました。

ジャニーズ以外の男性アイドルさんのライブは今回初めて。
しかも、彼らの名前はわかるけど、それ以外のことは友人からの情報以外はほとんど知らない状態。

エイトちゃんのライブでもよく、エイトちゃんよく知らんけど、誘われたから参加したよ的なお父さんや彼氏さんらしき方の姿見るけど、今回の私はまさにそんな感じ。

曲は知らないけど、友人から借りたペンライト振って参加。

彼らはボーカルひとり(ダンスもする)で、他のメンバーはダンスのみ。
バックバンドはなくて、でもちゃんと生歌。
激しめの曲が多い中、ひとりで歌って踊る姿に、うわ〜大変そう〜って老婆心から心配しちゃう。

ファン層は圧倒的に若い女の子!
やはり反応や歓声のパワーが凄いですな。
でも、曲の演出で途中、客席あたりからメンバーが出てくる…みたいのがあったけど、混乱もなく、ファンマナーいいなぁと感心しました。

そうそう、メンバー生で拝見できたけど、皆さんきれいな顔されてますよね〜。

MCも面白かったですよ。
いい青年たちだなぁ〜と。
これからも、ファンの方たちに笑顔を届けていってくださいねと(←お前誰やねん)

こちらのグループも、ボーカルさんが抜けて大変だった過去があるから、ちょっとそこ、他人事とは思えなくて。

やはり、応援してくれるファンのためにも続けていっていただきたいなぁと思いました。

関ジャニ∞「十五祭」続き

今日、前記事を読み返して、けっこう時間使って書いたのに、なんだこのうっすい内容…って、自分の語幣力のなさにガッカリ。

自分自身がのちのち読み返して、あの時はあんなだったなぁ〜と浸る用の記事なのに、これでは未来の私がご立腹。

エイトちゃんのライブがあまりにも良すぎて、それを記録する言葉を私は見つけられないでいるのだ!

と、壮大な言い訳したとこで、脳みその中にかろうじて残ってるものを記録しとこ。


※こっから下はネタバレも含んでいるので、ネタバレ回避中の方はご注意を


1日目はバックステージがわスタンドの奥のほうだったけど、ふかふかピンク、ハートの背もたれした3人がけソファ席で、遠かったけど全体が見渡せて快適でした。
クーラーもよく効いてたな〜。
MCのとき、エイトちゃんたちも、ここの会場はエアコン効いてていいわ〜みたく言ってました。
座っていい?つって、MCのとき自分たちも座ってくつろいでた(はい、かわいい♪)

ヤス君のWANIMA化がさらにすすんでたなぁ。
いやしかし、すっごい元気で、本当に楽しそうで、見てる私もうれしくなりました。
去年は大怪我で思いっきり動けなかったから、その反動とか、動けるうれしさとかあったのかもなぁ。

2日目はバックステージ寄りのアリーナ(お友達が当ててくださった♪)だったから、踊るヤス君を肉眼で見れたんですが、長い衣装の裾をひるがえしながら、とってもキレのあるダンスしてました。

いやでも、ダンスもさることながら、そのボーカルのすばらしさよ!
もともと上手な人ではあるんですが、伸びのあるハイトーンボイスが、時に激しく、時にやさしく、表現力も豊かだし。

私世代はご存知、懐かしのラッツ&スターみたいな楽曲を彼らも持ってて、それを披露してくれたんですが、もうしびれました。
グッとき過ぎて涙出た。
ソロパートもさることながら、彼ら6人の声の重なりの気持ちよさよ。

声といえば、しゃべる声で歌うと、私の中ではおなじみだったはずのヒナちゃんの歌声が変わってた!
ものすごくうまくなっててびっくりした!(←失礼すぎる)
歌い上げるパートのとこでも伸びやかに歌ってて、うわ〜♪ってなりました。

そんなヒナちゃんとヤス君は二人で曲中、ボケたりふざけたりしててかわいかったな〜。
二人に限らずエイトちゃんたちは、油断するとステージ上で誰かと誰かがちょけて笑いあってるからもう、目が離せません♪♪

アコースティックのコーナー。
CMでもおなじみの「デイドリームビリーバー」を披露してくれて。
これがもう、聴いてて本当に心地よくて。
亮ちゃんだったかな?も、披露したあと、気持ちいいね〜♪って言ってました。

バンドはやっぱいいですよね。
私は特に、彼らのバンドが大好きなんで、バンドのコーナーではぶちあがりました!

全力でコールアンドレスポンスして、途中、酸欠で頭クラクラした(笑)
バンドも最高だったなぁ〜(脳内で反芻中…)
丸ちゃんのベースがまたかっこよくて♪♪
リズム隊の音がしっかりしてるから、安定感がある。

そういやどっちの日のMCだったか?
丸ちゃんが超細くて短いネックレス(首回りキツキツ)してんのを亮ちゃんが見つけて、それ突っ込んでて。
他のメンバーが「犬や」って言ってて、笑ったな〜〜。

二日目のMCでは前日のライブ後に中打ち上げがあって、そこで大倉さんが乾杯の音頭とったんだけど、何度かやりなおして、やりなおしのたびにヤス君が律儀に乾杯して飲んでくれて。
そんなヤス君に大倉さん「ヤスは心がきれいやから」

反対に、そんな大倉さんの乾杯に、すべってたでって言ってた丸ちゃんには「丸ちゃんとはいつかケンカするわ」と、オコな大倉さんでした。

あ、そこで恒例ビンゴ大会もあって、スタッフに当てて欲しいから、メンバーは遠慮するのに、丸ちゃんだけは全力で参加していたと(笑)
「景品のマウンテンバイク(だったかな?)や空気清浄機が欲しかってんもん」な丸ちゃんは、外れて、全力で悔しがっていたそうです(笑)


ライブの最後の最後は「ひとつのうた」
大好きな曲です。
歌の途中、メンバーが歌ってる後ろで、ららららら〜とファンのみんなで歌うんですが、タイトル通り、会場全体がひとつになってぐっときます。


何度も唄うよ
君を想いながら
ここはかけがえのない
みんなと居る場所
誰もが皆
ひとりじゃないんだよ

きっとまたここで
会いたいな

また、来年もこの場所で会いたいな。

エイトちゃんたち、スタッフさんたち、素敵な関西のお友達、福岡でお会いした方々…
最高に素敵な時間をありがとうございました!!!

関ジャニ∞「十五祭」2019年8月3日(土)・4日(日)福岡ヤフオク!ドーム

たっぷりうれしい3時間のライブに帰宅が遅くなり、ブログ書けず。

翌日の仕事では台風前でお客様が多く、残業でブログ書けず(あまりの忙しさにライブの記憶も余韻もかなりの量吹っ飛ぶ)

今日、台風の為自宅待機となり、おし!書くぞ!と思ったけど、お腹を壊し、トイレ往復してる間に職場からヘルプの電話が鳴り、体調不良のまま出勤(午後には台風も通り過ぎた)

てなわけで、今回は脳内だけにとどめておくか…とも思ったのですが、自分のこの熱い気持ちだけは記録しておこうと、久々にパソコン引っ張り出しました。


福岡!暑かった!!!熱かった!!!!最高だった!!!!!!

1日目から、横山君にびっくりされるほど、ヤス君のテンション高かったし。
2日目には、前日の中打ち上げで飲んだせいか?前半は若干しんどそうだった亮ちゃんが後半には変なテンションなって、白目むいて地味にボケてる姿がメインスクリーンにチラッと映ってたり。

メンバーみんなが楽しそうで、それ見てる私も幸せ〜♪みたいな。

だけど今回のセットリストは凄かった!
懐かしい曲、定番の曲、ライブではお初の曲、あったかいアコースティック、大盛り上がりのバンド、クールでセクシーなダンス、ゆる〜いMC。

このグループはどんだけ引き出し持ってるの?って、あらためて驚かされるし、誇らしいし。
おまけに、どれもがすべて進化してるんですよ。

去年参加したライブ。
すばる君がいない初めてのライブに、寂しさで号泣した私。
この時はどうしても、披露される昔の曲の中にすばる君の声がないことに胸がキュッとなってた…。

だけど今回のライブでは、ごく自然と、6人の歌声を楽しんでいる。
バックスクリーンの中に、昔の映像が流れて、その中で笑ってるすばる君見ると、ちょっとキュッとなる瞬間もあったけど。

そう、すばる君の映像もごく自然に使われているの。
そこにすごく、スタッフさんやメンバーの愛情を感じてうれしかったな〜。

愛情と言えばもう、エイトちゃんたちのファンに対する愛情と感謝。
それがひしひしと伝わってくるライブでした。

ヤス君が、ボクらを15周年まで連れてきてくれてありがとう。みたいなこと言ってくれてたけど。
こちらこそ、15年も続けてくれてありがとうです。

本当に愛しい人たちです。


今夜は遅いので、この辺でUP。

令和始め

15567114655160
令和に乗っかって、何か始めたいなぁとうっすら思ってました。

そんな時にふと脳みそよぎったのが、友人の言葉。

最近のブラちゃんのブログ、短っ!
まるでインスタみたいじゃん。
インスタ始めたら?

確かにな〜。
ブログって、写真加工したり、タイトルや文章考えたりと、わりかし手間がかかるんです。

若い頃は何でもなかったんだけど、最近はそれがしんどいなぁと感じる事が増えてきて。

でも、やめたくはないから、もっと簡単に気楽に続けたい。

おし!
この連休にインスタはじめてみるか。

てことで、インスタ始めました。
まだ初心者なので、いろいろわからんことだらけですが、今後はこちらがメインになると思います。

ほぼほぼ、愛猫たらちゃんの写真です。

今後、映画の感想とか、長文になりそうなものはこちらのブログにアップすることもあるかもです。



ちなみにこちらが私のインスタです→https://www.instagram.com/brian_tara_2019/
気楽にのぞいてみてくださいませ。

さて、明日は仕事です。
行きたくない〜(笑)
そのあと4連休だから、頑張ろ。

愛猫の誕生日
過去の日記
歴代のご主人様(ハムスター)

1代目ポール(シルバー)
2代目オリバー(ノーマル)
3代目ナポリタン(キンクマ)
4代目ミツ豆(ノーマル)
5代目くろごまだんご(ブラック)
6代目ユズ(キンクマ)
7代目カラアゲ(キンクマ)
8代目テリヤキ(ノーマル)
マイ ブログ リスト
最新コメント
2004.10.3より
いただきもの
ナポ写真集(Sacchan作)
  • ライブドアブログ